Google
 

高島彩 エピソード&プロフィール

高島 彩(たかしま あや、1979年2月18日 - )は、東京都江東区出身(目黒区出生)でフジテレビアナウンサー。


【プロフィール】
■バラエティから報道までオールラウンドをこなすアナウンサーである。

■愛称:アヤパン(#経歴参照)。なお、後輩の女性アナウンサーからは“彩さん”と呼ばれることが多く、先輩や男性アナウンサーからは“高島さん”“高島君”が多い。

■身長:162.8cm

■血液型:B型

■好きなもの・こと:窓を開けてのお昼寝、ショッピング、カラオケ、ドライブ(お気に入りは、深夜の首都高ドライブ)。

■嫌いなもの・こと:ちょうちょ、鶏を触るのが苦手。

■好きな本:死に行く妻との旅路、マザー・グース

■好きな映画:アイデンティティー、キューブ、アイ・アム・サム、火垂るの墓

■ファッション:スカートよりパンツの方が好み。

■髪形:髪をサイドテール状に束ね、左肩から前に持ってきていることが多い。

■趣味・特技:ショッピング、競馬、麻雀、パチスロ、風船アート、手話、飲酒、スクーバダイビング、料理、等々、多彩な趣味・特技を持つ。また、最近はもの集めが好きと語ったことがある。

■長短所等:いいかげんな所(特に直す気はないとのこと)、負けず嫌い。

■その他:人を驚かすのが好きであると語っていた。(なお、当人は入社後しばらく番組内でだまされ続けた経験がある)

■父親は、故・竜崎勝で、5歳の時に父と死別。


【経歴】
■成蹊小学校・中学校・高等学校、成蹊大学法学部政治学科卒業後、2001年4月フジテレビにアナウンサーとして入社。

■入社1年目にして、自らの名前を冠した番組「アヤパン」を担当した。これにより「アヤパン」という愛称で呼ばれるようになった。前番組が千野志麻担当による「チノパン」であった。このチノパンは、千野とパンツの一種「チノパン」をかけたもの。後番組担当が高島彩であるためアヤパンという名前が作られた。共にフジテレビ編成制作局バラエティ制作センター室長(港浩一)が命名したものである。

■アヤパンの企画で歌ったことをきっかけに、「着信のドレイ」でCDデビューを果たすことに。それ以後は多くの番組・特別番組等で起用された。

■2003年4月から「めざましテレビ」の司会を担当。同年12月3日、“K&T/T.N.T”としてCDをリリース。

■2005年1月から「平成教育予備校」の助手を務めるほか、現在、多くの番組・特番で活躍している。クイズ番組では、他の女子アナウンサーやタレントより高い正解率を出すことが多い。「クイズ!ヘキサゴン」では他人の心理を読みとり、1回も失格になることなく勝率は100%となった。番組自体が現在の形(「クイズ!ヘキサゴンII」)にリニューアルしたため、現在もこの記録は破られていない。


【人物・エピソード】
■雑誌社の知人に誘われ、高校時代などは雑誌の読者モデルを経験した。その経験からかめざましの「早耳トレンドNO.1」でファッション関係を取り上げると、商品のモデルになる事が多い。また秋元康のオーデション受験経験もある。

■文章を書くことが好きで、雑誌記者志望であった。大学時代に、出版社でアルバイトをした経験もある。

■テレビ朝日アナウンサー試験の最終面接(3次面接試験)を受けた帰り、フジテレビから内定の電話をもらったため、テレビ朝日に断りの電話をした。(実際に局アナになる人は、2局以上、3次面接試験に進むことが多い)

■経歴の通り、"アヤパン/K&T/T.N.T"としてCDをリリースした経験があり、高く澄んだ声と共に歌唱力もかなり高く評価されている。続編がリリースされなかった理由は、ニュースが読めなくなると危惧した上層部の判断によるものである。

■普段はコンタクトを着用しているが、「めざましテレビ」ではごく稀に眼鏡姿を披露する事もある。ちなみに兄である元・俳優の高島郷は現在眼鏡店を経営している。

■入社以前から先輩アナウンサーの小島奈津子を目標にしていたと語り、めざましテレビのキャスターになることを志望していた。就任後、バラエティー番組の中で、「このポジションは誰にも渡しません」と宣言している。

■めざましで共演している中野美奈子とは年が近いことや血液型が同じB型で息が合うのか、フジテレビアナウンス室のサイトにて「めざまし双子姉妹(ツインズ)」と表現されるほどの仲の良さである。双子ぶりとしては、鞄が同じだった、携帯が同じだった、着メロまで同じだった等々。また、ここ数年共に年賀状の写真を撮りあったり、めざまし以外の番組で共演することが多い。

■2007年3月9日放送の「めざましテレビ」において、アンジェラ・アキの結婚報告のブログを読み上げ生本番中であるにも拘らず涙している。さらに、2007年3月30日放送の「めざましテレビ」で4月からの新テーマソングを披露するためにアンジェラ・アキが生出演し、熱唱したときにも思わず涙していた。

■新人時代、「とんねるずのみなさんのおかげでした」の宝くじ企画で、アナウンサーの立場を忘れて人一倍興奮していたことがある。

■「SMAP×SMAP」の「BISTRO SMAP」に出演した際、試食の時のコメントで、『お皿がそのまま春みたいですね。』や『草原に迷い込んだ人魚姫のような味です。』などとたとえたが、最後に木村拓哉から「普通に言えよ!」とツッコミを入れられた。また、中居正広からは「たとえがわからなくて真実味がない」と冗談交じりに言われた。

■武幸四郎、野尻佳孝などとの交際が雑誌などにスクープされるなど、社外交際でも人気がある。

■26時間テレビで共演した中居正広とロビーですれ違った際、中居のことを「ばんどうさん」と言ったことがある。

■「爆笑そっくりものまね紅白歌合戦スペシャル」の「顔だけそっくりさん」のコーナーで唐沢寿明のそっくりさん(幼稚園児)に「好きな子いる?」などと質問攻めをして困らせたことがある。東野幸治から「先輩おかしい!」と突っ込まれた。

■お酒好きで酒豪。「日刊フジアナBB」(現在のフジテレびーびーの前身)に森本さやかと共に出演した際には、森本に「同期でお昼ご飯を食べに行くと、この人だけやたら酒飲むんですよ」とその酒豪っぷりを暴露されていた。(ただ早朝番組を担当する高島にとっては、昼食が一般のサラリーマンにとっての晩酌に相当することに留意が必要である)

■「めざましテレビ」出演の関係で、通常勤務の場合午前3〜4時ごろ出勤し、昼12時過ぎに帰宅する勤務体系になっていることから、夜8時に寝て、深夜2時40分頃に起きる。

(出典:Wikipedia)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?b=20070525-00000005-oric-ent

[PR]

■HP売上プラス パーソナルプラン





ホームページのアクセスアップ・売上アップに役立つ

ホームページ売上アップドットコムにパーソナルプランが1,980円で登場!



(ホームページ売上アップドットコムは

キーワードアドバイスツールプラス
提供している会社が運営するサービスです。)



パーソナルプランは、アフィリエイト・ブログサイトに

最適なSEO対策ツールが20種類以上揃っており、アクセスアップのための

アドバイスも行ってくれるのでアフィリエイターに心強いサービスです。



使っているサイトは、みるみる検索エンジン上位表示されています。

利用者のキーワード順位実績はコチラ→ホームページ売上アップドットコム





HP売上プラス パーソナルプラン





SEO対策に強いホームページ制作会社をお探しの方はホームページ制作 検索ドットコム


篠原涼子 エピソード&プロフィール

篠原 涼子(しのはら りょうこ(本名:市村 涼子)、1973年8月13日 - )は、日本の女優、タレント、歌手。

群馬県桐生市広沢町出身、群馬県伊勢崎市生まれ。桐生第一高等学校中退。ジャパン・ミュージックエンターテインメント所属。夫は俳優の市村正親。身長162cm。体重45kg。血液型B型。


【略歴】
■1989年「高速戦隊ターボレンジャー」(テレビ朝日系)第33話「奪え! 洋平の顔」にて、武蔵野学園の生徒役でゲスト出演した。

■1990年4月、アイドルグループ「東京パフォーマンスドール」(TPD)の初代メンバーとして参加し、5月21日『ジャスト・ライク・マジック』をグループ内の3人組ユニット「ゴルビーズ」名義で発売し歌手として芸能界デビュー。初ステージは6月。

■1991年12月より、フジテレビのバラエティ番組『ダウンタウンのごっつええ感じ』にレギュラー出演し、様々なコントに挑戦する。ダウンタウンの二人にシバかれる、ほんこんに唇に吸い付かれるなどアイドルでありながら汚れ役も嫌がらない姿勢が人気を博し、タレントとして知名度を得る。

■1994年7月、小室哲哉プロデュースによる篠原涼子 with t.komuro名義で『恋しさとせつなさと心強さと』(長編アニメーション『ストリートファイターII MOVIE』主題歌)を発表、2年越しのロングヒットで売上200万枚を超えるメガヒットとなり、その年の『紅白歌合戦』に出場。

■その後、タレントとしては低迷の時期を過ごしたが、2001年から本格的に女優に移行し、徐々に人気が回復。2004年に初主演したドラマ『光とともに…〜自閉症児を抱えて〜』(日本テレビ)で自閉症児の母親役を演じその演技力が高く評価された。その後は演技派女優として、anegoブームを巻き起こした『anego』(日本テレビ)や、新境地開拓と話題になった『アンフェア』(関西テレビ)などに主演。

■2005年、市村正親と結婚。

■2006年、TBS系列初主演作のテレビドラマ『花嫁は厄年ッ!』(2006年7月-9月)ではかつてフジテレビのドラマ『マザー&ラヴァー』で共演する予定だった大物女優・岩下志麻と共演。同年の『24時間テレビ』(日本テレビ)でチャリティパーソナリティーを務めた。

■2007年、日本テレビ系ドラマ『ハケンの品格』に主演。3月公開の『アンフェア the movie』で初の映画主演を務める。


【人物】
■生家の家族は父親と兄・姉。母親は篠原が2歳の頃に交通事故で亡くなっている。以来、父親の男手ひとつで兄姉とともに育てられる。篠原の得意とする料理も父親から伝授されたもの。そんな環境からか、篠原にはファザコンの一面も見られる。

■デビュー(16歳)してからブレイクするまでは、ときどき寿司屋でアルバイトをしていた。これはTPDのプロデュースの一環として事務所から「やらされていた」面もある。

■歌手中森明菜を厚く信奉する後輩タレントの一人としても知られ、デビューのきっかけとなったオーディションではその憧れの中森明菜の「スローモーション」を歌って合格した。

■天然ボケでもあり、バラエティ番組で共演中の中居正広が中指を複雑骨折した時、「それ、突き指?」と言うほど。他にも『空飛ぶグータン』で、井上和香と大阪は暖かかったと話した際に「(大阪は)南の方だから(暖かかった)かな?」と言って、「西じゃないんですか?」と訂正されたり、尾崎豊の楽曲『15の夜』のサビを「すさんだバイクで走り出す〜」と思いっきり間違えて歌ったりしている(本当は「すさんだ」ではなく「盗んだ」)。『ごっつええ感じ』で九九が判らないことや、やきゅう(野球)、はな(鼻)の漢字を知らないことも判明した。「アンコウさばくの見たことある?」と浜田雅功に聞かれたときは、「あんこはちょっと…」と返していた。

■下ネタ好きである。レギュラーを務めていた『空飛ぶグータン』では、三船美佳、仲根かすみと何の恥じらいもなく「アソコってかなり敏感じゃない?」と言ったり、城之内早苗が寮の一人部屋に何故か布団が二つ敷いてあったと語ると「誰か呼び込んで『どうぞ』みたいな?」と発言している(後に城之内は河合その子と相部屋だったと語っている)。また、叶恭子が「早い時はすぐに終わる」と、男と会う時間の話をしていたら何を勘違いしたのか「早いって何が!?」と一人で大騒ぎしだしたりもした。しかし、『ごっつええ感じ』のコントの中で松本人志が連発する下ネタには若干引いていた。篠原が「夏になるとものを口に含むのもおっくうになりますよね」と言うと、松本が「自分は含んでるくせにねェ」などといっていた。

■自然体で気取らないキャラクターや、ドラマ『anego』の影響のためか、女性からの人気が極めて高い。

■演技力に定評があり、演じる役の幅が広い事が大きな特徴。その演技力が評価され、ザテレビジョンドラマアカデミー賞の助演女優賞を2度、主演女優賞を3度受賞。

■ナチュラルメイクで、太目の眉、ボリュームのある唇が特徴。

■タモリは篠原を「しのりょう」と呼んでいる。TPD時代にも「しのりょう」と呼んでいたファンが多かったが、タモリの影響というよりは、TPDには他にも篠原姓のメンバーがおり(篠原リエ、篠原礼(あや))、区別のために呼び始めたと思われる。

■小室ファミリー・日本の女性歌手のシングルCDで初めてダブルミリオン(200万枚)を記録した歌手でもある(1994年発売の『恋しさと せつなさと 心強さと』)。

■『anego』や『ハケンの品格』など数々のヒットドラマに出演し、女優としての活躍が目立つが、とんねるずのみなさんのおかげでしたに出演した際、木梨憲武に「篠原さんの本業は何ですか?」と聞かれると、「本業は歌手です」と答えている。

■「ハケンの品格」での演技が認められ、2007年に産業能率大学が新入社員に対して行った「あなたがこんな女性上司の下につきたい、と思う人を著名人で言うと誰?」の第一位に選ばれた。

(出典:Wikipedia)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?b=20070601-00000000-sanspo-ent

[PR]
鹿児島の黒酢もろみ・新発売好評中!

藤本美貴 エピソード&プロフィール

藤本 美貴(ふじもと みき、1985年2月26日 - )は、日本の歌手、アイドル。女性歌手グループ、女性アイドルグループのモーニング娘。の第6期メンバー・第3代サブリーダー・第5代リーダー。北海道滝川市出身。血液型はA型。身長は155cm。芸能事務所アップフロントエージェンシー所属。


【人物・エピソード】
■「負けん気」の強さはハロー!プロジェクトでも随一である。そのためスポーツフェスティバルやフットサル(ポジションはピヴォで、特に突進力に定評あり)では「ファイティングガール」と紹介されることが多い。

■松浦亜弥とは藤本がデビューをした頃に出会い、当時ハロー!プロジェクト内では数少なかったソロ歌手同士ということもあって親交を深め、現在では自他共に認める大親友という間柄である。また、フットサルチームGatas Brilhantes H.P.メンバーとは総じて仲がよく、特に吉澤ひとみとは、キャプテン・副キャプテンという間柄であり、モーニング娘。内でもリーダー・サブリーダーであったため非常に仲が良い。

■トーク番組において持ち味を発揮する。大物芸能人の前でも物怖じせずに話し、共演するハロー!プロジェクトメンバーの魅力を引き出す話術も持ち合わせている。一方、バラエティ番組で出番が回って来ない時等に、珍妙・不機嫌そうな表情が映されることもある。

■絵を描くセンスはあまりなく、ハロー!モーニング。のコーナーで色々と絵を描いたが誰も判らなかった。しかし本人は、絵が下手という自覚はあるものの「藤本画伯」と名乗ったりして楽しんでいるようである。「自分の絵は生きているうちには評価されない」とのコメントも。

■ボーイッシュさを売りにしているわけではないが、中身は吉澤ひとみと並ぶ男前キャラとの声も高い。公衆の面前でも平気で鼻をかんだり、仕事先にボサボサ髪のジャージ姿で来たり、家で寝ながら新聞を読んだりと、アイドルらしからぬ行動をよくする。しかしそんな“らしからぬ”所も魅力の一つと言われる。これらの言動に反して「トイレットペーパーを買うのは恥ずかしい」と語ったことがある。

■子供の頃はお婆ちゃんの影響で演歌歌手になりたかったそうである。

■ソロ時代からの目標は「カッコかわいい人」になること。

■食べ物の好き嫌いが激しい。好きな食べ物は焼肉、特にレバ刺し(滝川駅前の焼肉店「食道園」は親戚が経営している)。同じく焼肉好きな松浦亜弥とは、プライベートで誘い合って食べに行くという。また納豆も好きで、毎日のように食べていたら、納豆が嫌いで食べられなかった田中れいなが少しではあるが食べられるようになったというエピソードもある。逆に嫌いな食べ物は、タマネギを除くネギ系のものやカリフラワー、ブロッコリー、里芋等。ジンギスカンに関しては(地元にはジンギスカンを扱う最大手会社の本社がある)「美少女教育II」で「食べません!」と言っていた(羊に扮していたのもある)。その後りんねが「ラム美味しい!」と言った途端に表情が強張ったが、実際に好きか否かの詳細は不明。しかし地元では、団体活動のイベントにもよるが、場合によって食事がジンギスカンしか出ないこともあるため、全く食べられないわけではないと思われる。

■石川梨華卒業後、モーニング娘。現役メンバーの中で最年長である。

■石川梨華と一時期あまり仲が良くなかった(2005年5月7日石川卒業式での藤本コメントより)。そのために番組に影響が出たことも(「娘DOKYU!」両角プロデューサーのコメントより抜粋)。石川の卒業コンサート以降は仲が修復されたようで、フットサルの試合でPKを決めた石川を藤本が抱きしめる場面等も確認されている。

■2006年新春開催の「Hello! Project 2006Winter 〜ワンダフルハーツ〜」で衣裳に付けられていた番号は「32」。出自は公にはされていないが、説の一つとしては「3(み)き・2(ふ)じもと」の語呂合わせではないか、というものもある。

■2007年5月25日発売の『FRIDAY』で、庄司智春(品川庄司)との交際が報じられた。


【愛称】
■最も知られている愛称は「ミキティ」。ファンから「ミッキー」等の在り来たりな愛称を付けられそうだった為、デビュー前に使われていたミキティと言う愛称を使う様に呼びかけた。ハローキティが大好きである為、ミキとキティを合成したと本人が『HEY!HEY!HEY! MUSIC CHAMP』出演時に語っている。

■もともとの命名者は、デビュー前から「ミキティ」と呼んでいた姉らしい(ラジオ番組「ドキ♥みきNight」での発言より)。

■フィギュアスケート選手の安藤美姫も一部マスコミ等により「ミキティ」と呼ばれているが、これについて藤本は「ミキティと呼ばれる人が増えるのは新しい親戚が出来たみたいでとても嬉しい」と自身のラジオで話している。又、「本家ミキティ」(若しくは「元祖ミキティ」)として頑張るとも言っている。

■仲の良い松浦亜弥からは「みきたん」或いは「たん」、もしくは「みきすけ」と公私共に呼ばれていたが、2005年以降は松浦も「ミキティ」と公の場で呼ぶ様になった。しかし、ラジオ番組でのトークなど”素”の出る場面では今でも「たん」と呼んでいることがある。

■他に普及しつつあるのは新垣里沙が使っていた「もっさん」や、名字が同じFUJIWARAの藤本敏史の愛称を転用した「ふじもん」など。

■その気の強いキャラクターからか、一部のファンから「美貴様」(みきさま)とも呼ばれる事もあり、ここから派生して「美貴様美貴様お仕置きキボンヌ」などというオタ芸も誕生している。なお、本人は「美貴様」と呼ばれることについて、2005年11月20日の横須賀でのコンサートのMCにて複雑な心境を吐露していたが、2006年頃からハロモニなどでネタ的に「美貴様」と呼ばれる機会が増え出し、コーナーで競演していた亀井絵里などは度々「美貴様」と呼んでいる場面が目撃されている。


【モーニング娘。「中途採用」の影響】
2002年のデビューから約1年の間はソロ歌手として活動していたが、2003年1月にモーニング娘。に加入することが電撃的に発表された。

公式発表では「モーニング娘。加入後もソロ活動は平行して行う」とアナウンスされていたが、加入後は個人名義でのCDリリースはなく事実上ソロ活動は休止されている。

よって、加入後のソロ名義での活動は、写真集やカジュアルディナーショーなど非常に限定的であるが、2005年以降はモーニング娘。コンサートにおいて毎回ソロ名義の曲やGAMの曲を歌っており、ソロ歌手藤本美貴を見ることの出来る貴重な機会となっている。


【来歴】
1999年
■8月、「avex dream 2000」に参加。最終選考まで行く。

2000年
■4月、モーニング娘。第3回追加オーディションの最終選考(合宿前)で落選。だが、事務所は将来性があると感じ、レッスン生とした。

2001年
■4月、当時通っていた北海道赤平高等学校(北海道立)を中退し、上京。

■10月、テレビ東京『新・美少女日記』で先ず女優としてデビュー。

2002年
■1月2日〜2月17日、「Hello! Project 2002 今年もすごいぞ」に初出演し、『新・美少女日記』のオープニングテーマ曲『Let's Do 大発見!』を披露(この曲はデビューシングルのC/Wとして収録されている)。

■3月13日、『会えない長い日曜日』でソロデビュー。(オリコン初登場13位)

■3月30日〜4月28日、「モーニング娘。CONCERT TOUR2002春”LOVE IS ALIVE!"」にゲスト出演。『会えない長い日曜日』を披露。

■6月12日、2ndシングル『そっと口づけて ギュッと抱きしめて』リリース。

■9月4日、3rdシングル『ロマンティック浮かれモード』リリース。

■10月、「藤本美貴 ハート・デイズ・レディオ」、「藤本美貴のドキ♥みきNight」のラジオレギュラーが相次いでスタート。

■11月7日、4thシングル『ボーイフレンド』リリース。

■12月、「FOLK SONGS 3」発売記念ライブを中澤裕子、後藤真希と共に全国4会場で行う。

■12月4日、松浦亜弥、後藤真希と共に、ごまっとうとして、シングル『SHALL WE LOVE?』をリリース。

■12月31日、NHK紅白歌合戦に初出場。紅組のトップバッターとして『ロマンティック 浮かれモード』を披露。

2003年
■1月、モーニング娘。への電撃加入が発表される。

■2月6日、5thシングル『ブギートレイン'03』リリース。

■2月、18歳の誕生日翌日に当時放送されていた「藤本美貴 ハート・デイズ・レディオ」を生放送で行い、その後の「矢口真里のallnightnippon SUPER!」にも生出演し、生放送の深夜放送に進出。

■2月8日〜4月29日、初のソロコンサートツアー「藤本美貴 ファーストコンサートツアー2003春 MIKI?@」を行う。

■2月26日、1stアルバム「MIKI?@」をリリース。

■5月、道重さゆみ、亀井絵里、田中れいなと共にモーニング娘。の第6期メンバーとしてお披露目。

■6月、ミュージカル「江戸っ娘。忠臣蔵」に出演。他の6期メンバーより先にモーニング娘。に本格合流する。

■7月、「カントリー娘。に紺野と藤本(モーニング娘。)」としてもデビュー。

■8月16日〜10月18日、「モーニング娘。CONCERT 2003 "15人でNON STOP!"」にて『ブギートレイン'03』をソロで歌う。

■9月、モーニング娘。の一時的な分割(「さくら組」と「おとめ組」)では「おとめ組」に所属した。

2004年
■2月、Gatas Brilhantes H.P.に加入。

■4月17日、「MBSヤングタウン土曜日」にレギュラーとして出演開始。

■12月、明石家さんまのクリスマス特番で久々のごまっとう揃い踏みで歌唱を披露。

2005年
■3月5日〜5月7日、「モーニング娘。コンサートツアー2005春〜第六感 ヒット満開!〜」にてモーニング娘。加入後初めて『ロマンティック 浮かれモード』のソロを披露。場内は大歓声に包まれた。

■7月、日本テレビ系の深夜番組「音楽戦士 MUSIC FIGHTER」内でリーダーの吉澤ひとみよりサブリーダーに昇格していた事が発表される。

■8月31日、第33回フジサンケイクラシックのプロアマトーナメントに出場。

■8月20日〜11月27日、「モーニング娘。コンサートツアー2005夏秋『バリバリ教室 〜小春ちゃん いらっしゃい!〜』」にて『そっと口づけて ギュッと抱きしめて』をソロで歌う。

2006年
■2月25日〜5月7日、「モーニング娘。コンサートツアー2006 春 〜レインボーセブン〜」にて『銀色の永遠』をソロで歌う。

■2月26日、「モーニング娘。コンサートツアー2006 春 〜レインボーセブン〜」ハーモニーホール座間公演。自身初の誕生日公演となる。

■6月15日、松浦亜弥とユニットGAMを結成。9月13日、初シングルとなる『Thanks!』をリリース。

■7月、「Hello! Project 2006 Summer〜ワンダフルハーツランド〜」にて『ブギートレイン'03』を徳永千奈美、中島早貴、須藤茉麻、有原栞菜と歌う。

■8月、「リボンの騎士 ザ・ミュージカル」に出演。魔女へケートを演じる。

■9月30日〜12月3日、「モーニング娘。コンサートツアー2006秋 "踊れ!モーニングカレー"」にて『Thanks!』をソロで歌う(10月21日からは『メロディーズ』に曲目変更)。

■10月29日、「松浦亜弥コンサートツアー2006秋『進化ノ季節・・・』」東京厚生年金会館公演にゲスト出演。GAMとして『Thanks!』を歌う。

■12月13日、モーニング娘。ミニアルバム「7.5冬冬モーニング娘。ミニ!」リリース。「藤本美貴 With 岡井千聖&萩原舞(℃-ute)」名義で『寒いから冬だもん!〜どうもこうもないっすよミキティ〜』が収録される。

■12月26日、「MATSUURA AYA First Dinner Show 2006 Winter」の大阪公演にゲスト出演。

■12月31日、「GAM&モーニング娘。」として第57回NHK紅白歌合戦に出場。史上5人目(女性では3人目)となる「三度目の別名義出場」を達成した。
松浦亜弥と同時の達成となるが、ここでは便宜上初出場が早かった松浦を4人目(女性2人目)とする。

2007年
■1月、現リーダー吉澤ひとみの卒業に伴い、モーニング娘。リーダーに就任することが発表される。

■1月2日〜21日、「Hello!Project 2007 Winter 〜ワンダフルハーツ 乙女Gocoro〜」にて岡井千聖、萩原舞と『寒いから冬だもん!〜どうもこうもないっすよミキティ〜』を歌う。

■3月17日〜5月6日、「モーニング娘。コンサートツアー2007春 〜SEXY 8 ビート〜」にて『幼なじみ』をソロで歌う。

■5月、モーニング娘。第5代リーダーに就任。

■5月26日〜7月3日、「GAM 1stコンサートツアー2007初夏 〜グレイト亜弥&美貴〜」公演。(予定)

(出典:Wikipedia)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?b=20070601-00000166-sph-ent

[PR]
1回で-8cmのチャンス体験!"速攻サイズダウンコース"1回1050円!

ジョニー・デップ エピソード&プロフィール

ジョニー・デップ(Johnny Depp、本名:John Christopher Depp II(ジョン・クリストファー・デップ・二世)、1963年6月9日 - )はアメリカ合衆国ケンタッキー州オーウェンズボロ出身の俳優、ミュージシャン。身長178cm、体重70kg。


【来歴】
■生い立ち
土木技師のジョン・クリストファー・デップと、ウェイトレスのベティ・スー・パーマーとの間に生まれる。4人兄妹の末っ子で9歳上の兄ダン、7つ違いの姉デビーと2つ違いの姉クリスティーがいる。

両親の離婚後、ミュージシャンを志し高校を退学、各地を放浪する。この頃、バンド「The Kids」をリードギタリストとして率い、イギー・ポップの前座を務めたこともある(近年では、オアシスの曲やローリング・ストーンズのアルバムにもギターで参加している)。尚、1995年にはバットホール・サーファーズのギビー・ヘインズと共に「P」というバンドを結成しCDも発売している。

■キャリア
一時期デップと婚姻関係にあったロリ・アン・アリソンの元恋人だったニコラス・ケイジと出会い、彼の勧めで俳優に転身する。友人のオーデションについていった際にその監督から「君も出ないか?」と言われて、映画『エルム街の悪夢』でデビューし、数本の端役を経てTVシリーズ、『21ジャンプ・ストリート』に主演、一躍ティーンズのアイドルとなる。実はこの作品の出演にはあまり乗り気ではなかったという。一度断ったがプロデューサーに説得され結局出演したが、元々テレビに出たくなかったため、やる気のない演技をしたり小細工をしたという。デップ自身は、商品として自分が扱われることを好まず、その後『クライ・ベイビー』や『シザーハンズ』を初め、次々と個性的な作品に主演しアウトローな役柄を好んで演じた。独特の作品選び・徹底した役作り・優れた演技力・容姿の美しさ等、デップを認める人間は少なからずいたが、1990年代半ば以降の出演作品は商業的にはさほど結果が出なかった。

1994年の『エド・ウッド』からティム・バートン作品によく出演している。

そんなデップが2003年、彼にとって異例とも言えるディズニーの娯楽超大作『パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち』に出演。商業的にも大成功を収めたこの作品で、デップは独創的なキャラクター造形で海賊ジャック・スパロウを演じ、アカデミー主演男優賞にノミネートされた。俳優としての爆発的な人気を得た上に、翌年の『ネバーランド』で同賞にノミネートされ、実力派として認められた。『パイレーツ〜』に出演したのは、自身の子供に勧められたからという。デップは子供を持った事で父親のイメージが出来て人気が上り、子供に勧められた作品で爆発的人気を得たことになる。

俳優業の傍ら1997年には『ブレイブ』で初めて監督を務めている。母方の出自からインディアンの問題に関心を持ち、(母方の曾祖母ミニーは純血のチェロキー族であり、父親もチェロキー族の血を引いている)この映画では、居留地で希望も無く暮らすインディアンの現実を、同じくインディアンと縁の深いマーロン・ブランドの共演で描いている。

■私生活
先に挙げたアリソンの他、女優ジェニファー・グレイ、シェリリン・フェン、ウィノナ・ライダーや、スーパーモデルケイト・モスとも交際していた。ちなみにウィノナ・ライダーと交際中、腕に「ウィノナ・フォーエヴァー」と刺青を施したが、破局後「ワィノ・フォーエヴァー(アル中よ永遠に)」に修正。その後は恋人の名を刺青にしていない。

現在、パートナー(入籍はしていないが事実婚)であるヴァネッサ・パラディと、二人の子供リリー=ローズ・メロディ・デップ(1999年5月27日生)とジャック・ジョン・クリストファー・デップ・3世(2002年4月9日生)とともにフランスに住み、アメリカと南フランスの両方で生活をしている。


【人物】
■ローリング・ストーンズのキース・リチャーズのファン。インタビューでも彼を「僕の生涯において、最高にすばらしい人」と絶賛していた。『パイレーツ・オブ・カリビアン3』でキースが出演するのはジョニーの強いリクエストに応えてのものであるが、そもそもジョニー自身がインタビューなどで、同シリーズのジャック・スパロウの役作りの際に「気ままに見えるジャックには、自らの美意識に忠実な現代のロックスターに通ずるものがあるのではないかと考えた」と述べ、資料から得た海賊の知識に加えてキースのイメージもダブらせていることを明らかにしている。

■癖のあるキャラクターを好んだり、自分が演ずる人物に対する役作りのアプローチが独特なこと(例えば上記のジャック・スパロウ)がよく語られるが、『ネバーランド』で作家ジェームス・マシュー・バリーでの正統派の演技が評価されるなど、手がかりとなりそうな資料は全て目を通し、その人物をよく把握した上で説得力のある演技を見せることができるうまさを持つ。

■母親の名と、二人の子供の名、数字の3、またアルファベットの刺青を施している。なおアルファベットについては、単純に好きな文字だからと話している。

■ホテルで暴れて備品を壊すなどの事件も起こし、逮捕されたことがある。

■アウトロー的な自身の性格や過去についてよく語っている。14歳でドラッグを覚えたとのこと。しかし、リバー・フェニックスと共同でハリウッド・サンセット大通りに経営していたロッククラブ「バイパールーム」で、フェニックスがドラッグの過剰摂取により急死する事件にショックを受け、ドラッグとの縁を絶ったと言う。

■両親の離婚歴などのためか大変な家族思いで、「家族は世界で一番大切なもの」と語る。「僕の人生は1999年5月27日(=長女誕生)を機に180度変わった。それまでの人生は霧の中にいるようなものだった」と新しい家族を得た幸福感を語り、先の刺青の他、長女が作った黄色や水色やピンクなどのカラフルなビーズで出来ているブレスレットをよく身に付けている。

■米某有名雑誌で「世界で最もセクシーな男性」に選ばれたことがある。また、別の雑誌では「どん底から這い上がった男優」第2位に選ばれている(第1位はエミネム)。両親の離婚や生活苦から少年時代に放浪生活を強いられたため、「荷造りを見ただけでノイローゼになる」と告白している。

■ホテルに滞在する時の偽名は、「サンタ・デル・バッチォ」もしくは「オプラ・ヌートルマントラ」。※現在も使用しているかは不明。

■子供の頃から切り裂きジャックに興味を持ち、関連本を25冊以上持っているという(切り裂きジャックを題材にした映画『フロム・ヘル』にも出演している。)。

■本人曰く、ピエロ恐怖症らしい。しかし、なぜか連続殺人鬼ジョン・ゲイシーの描いたピエロの絵を気に入り、作品を数点所有している。

(出典:Wikipedia)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?b=20070524-00000005-flix-movi

[PR]

■ホームページ制作検索ドットコム





キーワードアドバイスツールプラスで有名なEC studioが

SEO対策に強いホームページ制作会社を検索できる検索サイトを立ち上げました。



ホームページのアクセスアップ・売上アップにお悩みの方は

デザイン×マーケティングのプロに制作依頼してみませんか?



全国地図から最寄のホームページ制作会社を見つけましょう!



ホームページ制作 検索ドットコム

小西真奈美 エピソード&プロフィール

小西 真奈美(こにし まなみ、1978年10月27日 - )は鹿児島県川内市(現・薩摩川内市)出身の女優、元・モデル。本名同じ。CATAMARAN所属。旧所属はユマニテ。

愛称はこにたん(リリー・フランキーが命名)。薩摩川内市立川内中央中学校、鹿児島県立川内商工高等学校卒業。


【プロフィール】
愛称: こにたん
生年月日: 1978年10月27日
現年齢: 28歳
出身地: 日本 鹿児島県
血液型: AB型
公称サイズ(出典不明)
身長 / 体重: 168 cm / 55 kg
BMI: 19.5(普通体重)
スリーサイズ: 80 - 59 - 88 cm


【来歴】
エリートモデルルック日本代表を経て雑誌などでファッションモデルとして活躍。

その後、当時同じ事務所であった牧瀬里穂が演技講習を受けていた関係から「北区つかこうへい劇団」に入団し女優に転向、「寝取られ宗介'98」で女優デビューする。同劇団在籍時からテレビでの活躍が多くなり、フジテレビ系『ココリコミラクルタイプ』で一躍人気を獲得。女優としても、同時期にNHK朝の連続テレビ小説『ちゅらさん』に出演し、ヒロインの恋敵となるクールな女医を好演。同ドラマがブームとなったこともあり、認知度も高まった。清純な女性役が多いが、『ココリコミラクルタイプ』におけるコントでのボケ役などを始め、多面的な演技者としての顔を見せている。

2002年公開の初出演映画「阿弥陀堂だより」において、2003年第26回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。喋ることができない難病を抱える少女役を演じた実績が認められての受賞。

2006年6月16日に、2000年頃から6年をかけて撮影した、自身初の写真集「27」を発売。ただし本人曰く「写真集は一生に一回でいい」とのこと。

香川県の讃岐うどんをテーマにした映画『UDON』(2006年8月26日公開:東宝、フジテレビ)ではユースケ・サンタマリアと共に主役を演じる。また、この映画のカンヌ映画祭の新作映画ラインナップ発表会が2006年5月20日(日本時間21日)に行われ、ユースケ・サンタマリアと共に出席した。

2006年より出演したアサヒビール製造・販売の第3のビール「ぐびなま」のCMが反響を呼び、売り上げの向上に貢献したのではないかと言われている。このCMの影響からか日本地ビール協会によるアンケートで2006年の「ビールが似合う女優」第1位([1])、2006年6月のCM好感度調査でも第2位に選ばれた。

2007年にはTBS系列のドラマ『きらきら研修医』で連続ドラマ初主演を果たす。その役作りのため、デビュー以来では初めてショートカットになった(本人によれば、40cm近く切ったとのこと)。同年2月より九州新幹線「つばめ」のイメージタレントとして起用される。

2007年3月28日、前述のココリコミラクルタイプはこの日の放送をもって卒業となった。


【人物】
■趣味は夜間にドライブをすること。愛車は4WDであるが今現在明らかにはなってはいない。

■きらきら研修医の撮影中、共演のウエンツ瑛士が話しかけても「さらっと笑顔で人の話を聞いていない(ウエンツ談)」ことがしばしばあるらしい。(ハプニング大賞内のVTRより)

■理想の男性はジョン・カビラで、小西があっぱれさんま大教授(フジテレビ)出演時に本人が登場し、驚きを隠せなかった。

(出典:Wikipedia)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?b=20070523-00000002-sanspo-ent

[PR]

■SEO対策ドットコム & SEO対策キーワード辞典





【SEO対策ドットコム】



SEO対策ドットコムは、SEO対策方法をテキストによる説明ではなく、

FLASH動画で説明している点が一番の特徴です。



FLASH動画の説明がある事で、従来のテキストによる説明より

わかりやすくSEO対策方法を学ぶことができます



SEO対策ドットコム





【SEO対策キーワード辞典】





SEO対策で最初につまづくのは、難しい専門用語ではないでしょうか?

SEO対策キーワード辞典では、SEO対策に関連の高いキーワードを解説しています。



キーワード検索機能もついていますので、辞典としてご利用いただけます。



SEO対策キーワード辞典





SEO対策に強いホームページ制作会社をお探しの方はホームページ制作 検索ドットコム

松本人志 エピソード&プロフィール

松本 人志(まつもと ひとし、男性、1963年9月8日 - )は、日本のお笑い芸人、映画監督。

通称は「松ちゃん」。兵庫県尼崎市出身。血液型B型。左利き。逆子だった。現在、独身であり未婚。身長172.8cm。

お笑いコンビ・ダウンタウンのボケ担当。

相方は「浜ちゃん」こと浜田雅功で、1982年にコンビ結成。吉本興業(大阪本社)所属で、吉本総合芸能学院(NSC)の第1期生。


【概要】
1990年代以降のお笑い界で絶大な人気を得ているお笑い芸人。そのためミュージシャンや俳優、作家などにも多くのファンを持つ。

「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!」でのフリートークにおける即興的な笑いのスタイルに特徴を持つ。

また、コントでの役になりきる自らのスタイルを「憑依芸人」と名づけている。

「寒い(サブい)」「ブルーになる」「逆ギレ」「へこむ」等の新語の創作者としても知られる。また、性癖に限らず人をSとMに分ける考え方を広めた。松本自身は芸能界を代表するドMである。

自身のレギュラー番組や舞台などには出演者としてだけでなく、制作にも積極的に関わる。

漫才師として、自身、または浜田が裏番組に出ない限り、連年、M-1グランプリ決勝の審査員を務める。


【略歴】
■1982年に兵庫県立尼崎工業高等学校を卒業後、中学時代からの友人であった浜田雅功と共に吉本総合芸能学院(NSC)に入学(同校の1期生)。入学当初から浜田とコンビを結成。

■ダウンタウンとして様々なテレビ番組にレギュラー出演。「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!」(日本テレビ系列)「ダウンタウンのごっつええ感じ」(フジテレビ系列)等では出演のほか番組の企画・構成も担当した。

■1994年から1995年にかけて、松本が週刊朝日に連載していたエッセイを単行本化した「遺書」「松本」がベストセラーになる(「遺書」は250万部、「松本」は200万部)。また、1994年度の高額納税者番付でタレント部門の1位になる。

■1990年代後半より、「一人ごっつ」シリーズ(フジテレビ系)、入場料1万円のコントライブ「寸止め海峡(仮)」、料金後払い制ライブ「松風'95」、コントビデオ「松本人志VISUALBUM」など、個人での活動を主に行うようになる。

■1997年10月、「ダウンタウンのごっつええ感じ」スペシャルが、松本への事前連絡無しにプロ野球の優勝決定試合に差し替えられたこと等を理由に、同番組の打ち切りを決定する。(本人はそれ以外の理由があったと話している。)その後のフジテレビとの関係が心配されたが、この打ち切りは日曜20時枠とコント番組に対しての撤退に限定したもので、その他のレギュラーの降板は無かった。

■1998年、「ガキの使い」内のトークコーナーにおいて「髪を坊主にしたい」と発言し、その後に実際に坊主にし、現在に至る。又、雑誌「コマネチ」で因縁深いビートたけしとの初対談が掲載される。

■1999年、松本に密着したドキュメンタリー番組『松本人志の本当』(NHKBS)放送。

■2000年、自身の原案で『伝説の教師』(日本テレビ系、SMAPの中居正広と共演)に主演。

■2001年、構成作家の高須光聖とラジオ番組「放送室」(TOKYO FM)を開始。

■2001年10月12日、復活スペシャルとして「ダウンタウンのものごっつええ感じスペシャル」が放送される。視聴率は9.0%。期待していたものより高くなかったのと、フジテレビの編成や制作のまずさを指摘、「本当に面白い事はテレビではもう出来ない」と発言。そしてダウンタウンとしてはテレビ向けコントを制作しないことを宣言する。

■2006年、第2日本テレビの中でVODにて新作コント「Zassa(ザッサー)」を配信。

■2006年、レンタルビデオ店のアダルトコーナーにいる姿の写真を雑誌FLASHに無断で掲載され、その写真が防犯カメラの記録ビデオから転載したものであったため発行元の光文社らを訴え、勝訴した。これにより、「防犯カメラのビデオ映像からの写真転用は訴えられるほどの悪事である」という主張が認められた。

■2007年、本人が企画、脚本、監督、出演の四役を務めた映画「大日本人」を発表。


【人物】
■少年時代に漫画「天才バカボン」(赤塚不二夫作)等に影響を受け、漫画家を目指すが、赤塚不二夫著の漫画家教本に「漫画家は算数(九九)が出来なければならない」と書いてあり、九九が苦手だったことから漫画家への道を断念したと語っている。

■父親の仕事の関係上、様々な公演チケットがよく手に入る環境にあり、吉本新喜劇などの舞台をよく観に行っていた。テレビのバラエティ番組も好きで、ザ・ドリフターズなどの番組もよく観ていたほか、笑福亭仁鶴らの落語も好んで聴いていた。また小学校時代、友人と漫才コンビを組んで実際に人前で演じるなどしていた。

■裕福な家庭ではなかったため、限られたものを使って自分で遊びを発明するなど創意工夫の中で発想力や想像力が鍛えられたと語っている。

■特技は自動車の運転。趣味はビリヤード、ゲーム。

■フィンセント・ファン・ゴッホ、アンネ・フランク、黒田官兵衛を好み、NHK BSの番組『松本人志の本当』でアムステルダムにあるゴッホ美術館とアンネの隠れ家を訪れている。

■5人家族の末っ子。家族構成は父、母、兄、姉。家族の話を番組ですることが多く、番組に出演させることもある。

■実兄はヒューマックスの取締役であり、2007年に歌手デビューをした松本隆博。

■影響された芸人と公言しているのは藤山寛美、島田紳助、志村けん等。

■アダルトビデオ、風俗好きを公言している。

■AV女優・松本コンチータの名付け親である。

■毛じらみをうつされた経験があり、一時期自身の番組などで何度もネタにしていた。

■プロ野球をはじめ、スポーツ嫌いで有名だが、友人に辰吉丈一郎がいるように、ボクシングなど、一部格闘技は好む。ボクシングには自身も挑戦したことがあり、その習得する様子を番組にしたこともある。

■番組ではスーツを着用することが多く、ネクタイの先をズボンに入れている。

■ヘビースモーカーだったが、2003年から禁煙をしている。

■ザ・クロマニヨンズ(元THE HIGH-LOWS・THE BLUE HEARTS)の甲本ヒロトと親交があり、番組での共演や、ハイロウズのアルバムジャケットのデザインや、CM出演などをしている。

(出典:Wikipedia)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?b=20070520-00000003-flix-movi


[PR]
犬好き集まれ! 愛犬とオーナーのためのお役立ち情報いっぱい!

久本雅美 エピソード&プロフィール

久本 雅美(ひさもと まさみ、1960年7月9日 - )は、日本のタレント、司会者、コメディアン、女優である。愛称は「ヒサモト」、「マチャミ」。大阪府大阪市平野区(生まれた当時は東住吉区)出身。WAHAHA本舗所属。創価学会員としても有名。身長154cm、体重37kg、血液型A型。大阪市立加美小学校、大阪市立加美中学校、大阪府立勝山高等学校、金蘭短期大学国文科卒。実妹はタレントの久本朋子。両親は徳島県出身。


【略歴】
■短大卒業後、上京して佐藤B作の主宰する劇団東京ヴォードヴィルショーに入団。 

■1984年、同劇団のメンバーだった柴田理恵や佐藤正宏らと共にWAHAHA本舗を設立。以後、舞台だけでなくテレビ番組の司会やゲスト、ドラマ,CMへの出演などで知られる。また、柴田は親友でもある。

■創価学会の熱心な活動家としても知られ、現在は学会内の全国副芸術部長である。

■1993年4月から『笑っていいとも!』に出演中で女性レギュラーでは最長である。


【WAHAHA本舗】
WAHAHA本舗(ワハハほんぽ)は、日本の劇団兼芸能事務所。所在地は東京都渋谷区渋谷二丁目5番7号。英表記はWAHAHA-HOMPO。

事務所側は、表記に関して“ワハハ本舗”でも“WAHAHA本舗”でも構わないとしている。


【概要】
小劇場ブームのおこった1980年代に産声を上げる。放送作家として第一線で活躍し、劇団東京ヴォードヴィルショーの若手公演の演出を手掛けていた喰始と、同劇団の若手団員であった佐藤正宏・村松利史(退団)・柴田理恵・久本雅美・渡辺信子(退団)らが意気投合し1984年に創立。旗揚げ公演『村の力』には、林家こぶ平時代の林家正蔵も参加していた。


エネルギッシュさとパワフルさ、そして何事もまるごと楽しむポジティブ思考を信条とし、観客と一体となるステージ構成は高い人気を持つ。 近年の劇団主催公演は、各メンバーのユニット&ソロ公演を含むと年間公演数は20公演以上になる。なお発足時から現在まで通じて下ネタが非常に多く、放送禁止用語を連呼したりするため、公演の大半はテレビでは放映できない(以前放送されていた北野ファンクラブの1コーナー「亀有ブラザーズ」や「全裸体操」を観客がいる舞台で演じているものと考えるとよい)。
1994年、元日夜に放送された『北野武政界進出宣言!?ビートたけしのお笑いウルトラクイズ』(日本テレビ)の中で、梅垣義明を筆頭にメンバー9人が「イヨマンテの夜」を唄った。その際、金粉を全身に塗り、コテカと半纏をまとい、腰を振り踊った。 その表現に対し、アイヌ民族の団体「レラの会」等が、差別的であるとして日本テレビ本社へ抗議に訪れた。

2000年以降、それまでオホホ商会で括られていた若手団員がワハハ本体に合流し、2006年2月にて合計28名となる。

2003年4月からWAHAHA本舗の新セクションとしてWAHAHA商店が誕生し、ガッポリ建設、猫ひろし、コラアゲンはいごうまんらが所属している。

(出典:Wikipedia)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?b=20070518-00000018-spn-ent



[PR]
☆★☆新規お申込みの方15〜18%!!☆★☆

◎こんなに便利なライブドアクレジット◎

☆使い道は自由!

ご利用使途はお客様のライフプランは併せてご利用下さい。

☆パート・アルバイトの方でもOK!

20歳以上の方で定期的な収入のある方であればお申込出来ます。
もちろん自営業の方やご主人がお勤めに出られている主婦の方でもお申込み
できます。

☆会員の方にはお電話1本でお振込!

ご契約後もお電話一本でご登録頂いたお口座へお振込いたします。

★お申込みはココ★
http://ad.affipa.ne.jp/LK00078066/PS00026557/click.cgi
あのライブドアのクレジットサービスです!
[PR]

氣志團 エピソード&プロフィール

氣志團(きしだん)は、千葉県木更津市出身と鹿児島県出身のヤンキー系ロックバンド。東芝EMI社所属。

自らのロックをパンク・ロックとヤンキーの融合「ヤンク・ロック」と提唱する。
1980年代の不良行為少年を髣髴(ほうふつ)とさせるリーゼント&学ラン姿とそれに反して甘い青春を歌い上げる彼らは、KISSES(キッシーズ)と呼ばれるファンから熱狂的な支持を受けている。

『めちゃ²イケてるッ!』の人気コーナーだった「数取団」のモデルである。彼等も公認(ナインティナインと綾小路翔が「オールナイトニッポン」のパーソナリティ同士としてつながりがあったため)しており、同コーナーにゲスト出演もしている。


【メンバー】
■綾小路 翔(翔やん):VOCAL,DRAGON VOICE,MC&GUITAR
「房総の狂犬」(1976年4月26日生まれ- B型) 誇り高き團長。千葉県君津市出身。DJ OZMAとは同一人物である。永遠の16歳。184cm、59kg。

■早乙女 光(ひかる):DANCE&SCREAM
「森の堅者」(1月24日生まれ- A型) 千葉県木更津市出身。精神年齢4歳。173cm、62kg。

■西園寺 瞳(トミー):GUITAR
「多摩の大巨人」(10月23日生まれ- B型) 東京都多摩市出身。早稲田大学卒との説あり。209cm、72kg。

■星 グランマニエ(ランマ):GUITAR
「薩摩隼人は泣きの竜」(3月1日生まれ- A型) 鹿児島県鹿児島市出身。187cm、56kg。

■白鳥 松竹梅(マツ):BASS GUITAR
「はちみつ大好きこぐまちゃん」(3月17日生まれ- A型) 鹿児島県鹿児島市出身。178cm、59kg。

■白鳥 雪之丞(ユッキ):DRUMS&DRUNK
「美しき野獣(のけもの)」(1976年5月24日生まれ- A型) 千葉県君津市出身。183cm、57kg。
※生年が書かれていないものはいずれも生年非公表。


【来歴】
木更津の不良界にカリスマ的存在として君臨した、「スーパースターヤンキー」綾小路“セロニアス”翔によって1997年結成される。名前の由来には「キシリトール、ダンケシェーン説」、「くるりの岸田君のファンだから説」(いずれも綾小路の発言)等が有るが、実際はマンガ『本気!』の“気志団”から来ているらしい。また、当時の通称は「房総の狂犬」だった。

「大胆かつハレンチに、Vのベルトはバレンチノ!!」を合い言葉にライブハウスで熱いGIGを展開する。なお、ライブやコンサートのことをGIGと呼ぶのは、BOØWYに倣ってのことである。

2000年10月にはファーストミニアルバム『房総与太郎璐薫狼琉』をティンスターからリリースする(「璐」(U+7490)は「玉偏に路」の字だが、この字はJIS X 0208にないため一部では「路」で代用されている)。なお、このアルバムは当時150枚程度しか売れておらず、倉庫には4000枚程度が眠っている、ということを綾小路自らが当時の深夜放送で語っていた。

2001年6月22日には大ヒット曲『One Night Carnival』をリリース(ティンスターより)。同年7月1日には、渋谷ON AIR WESTにてワンマン・ギグ“氣志團現象〜ハイウェイに乗る前に〜”を決行。GIGは大盛況となり、入りきれない関係者からクレームを受ける程となった。

人気を知った業界各社からオファーが殺到、母が死の間際に言い残した「もしも綾小路が女の子に生まれたなら、エミ(EMI)と名づけられた」という言葉を理由とし、他のオファーを断り東芝EMI社と契約する。(これも綾小路の冗談で、彼の母は今も健在。) 今一つの俗説として、綾小路が東芝EMIから千葉のロックシンガー・ジャガーのビデオを途中まで見せられ、「この先はハンコを捺してくれたら!」とビデオを止められたため、という物も流布されている。

2002年、テレビドラマ『木更津キャッツアイ』に出演。このドラマで氣志團の知名度が更に向上した。その翌年には同ドラマが映画化され、その映画内で氣志團が木更津で野外ライブを行った。

2002年3月7日、NHKのトップランナーに出演。この番組で、トークのおもしろさが知れ渡り、バラエティ番組のオファーが来るようになった。

2002年3月30日、代々木公園野外ステージにてフリーGIG・3.30原宿暴動を敢行。2万人の集客を得る。代々木公園野外ステージでのフリーライブは、他にもthee michelle gun elephant や175Rが行っている。

2003年2月7日「筑紫哲也 NEWS23」の「金曜深夜便」にて民放の地上波に初出演。 筑紫哲也氏を木更津に招待し思い出の地を回った。 このとき初めて氣志團万博の計画を明かしている。

2003年8月30日に、ロックフェスティバル氣志團万博を開催。4万人の集客。前座はGLAYが務めた。その際、「あの宇多田ヒカルが『君が代』を歌うらしいよ」、「あの森山直太朗が『さくら (独唱)』を歌うらしいよ」との噂が流布したが、この噂の発端は綾小路らしいと言う説が有力である。

2004年1月3日、1月4日には、念願の日本武道館でGIGを敢行。アンコールでは爆風スランプの「大きな玉ねぎの下で」を熱唱した。

その後、アメリカで行われたSxSWに出演、言葉の違うアメリカで、ヤンク・ロックを魅せつけた。

2004年7月24日、7月25日は国立代々木競技場第一体育館でGIGをし、この模様はNHK(BS2)でも放映された。

最近では、CM出演、更にゴールデンタイムの番組にもゲスト出演などしている。

2004年11月25日にはベストアルバム発売、同日・弟分の微熱DANJIが氣志團の名曲「甘い眩暈」でデビュー。

2004年11月27日、一連の氣志團現象を総括する氣志團現象最終章のツアーファイナルは、当初幕張メッセと発表していた会場を変更し東京ドームでGIGを敢行。ギターの星グランマニエが転落事故(通称【ポトリコポトリカ事件】)で入院したため5人でのGIGとなったが、無事成功に終わった。年末には初となる紅白歌合戦にも出場した。星グランマニエの立ち位置には、彼を模した人形の安全太郎君がいた。ドラマ冬のソナタでブレイクしたペ・ヨンジュンが7人登場する等その年の出来事を基にしたパフォーマンスが話題を呼んだ。

2005年12月31日、2回目の紅白歌合戦出演。曲目は昨年と同じ『One Night Carnival』(スキウタで選ばれたため)。フルメンバーとしては初の紅白出場である。紅白ではリーゼントのカツラをとるパフォーマンスを見せたがリーゼントは本物である(2004年の紅白歌合戦でも同様のパフォーマンスを披露した)。実際紅白で普段一時間以上かかるリーゼントを六分で仕上げたという記録の持ち主でもある。

2006年8月26日、27日の二日間、極東NEVER LAND(通常は富士急ハイランドと呼ばれている)にて『KISHIDAN 10th ANNIVERSARY SPECIAL 氣志團万博2006“極東NEVER LAND”』を開催。これで全都道府県を制覇した。

余談だが、彼らの身長は全てリーゼント込みなので、実質−10〜20cmである。


【豆知識】
■綾小路と白鳥(雪之丞)はまちゃまちゃの君津市立周西中学校時代の同級生。同校所在地は君津市のため、二人は正式には木更津市出身ではなく、隣町の君津市出身ということになる。綾小路と木更津の繋がりとしては、幼少時の一時期、同地に預けられていた過去がある。

■綾小路は高校時代の卒業アルバムの写真が丸坊主である事を「高校生当時は真面目な生徒であり卒業アルバム撮影前に同級生の不良から坊主頭にされてしまった」と言っている。実際、先述した「木更津の不良界にカリスマ的存在として君臨した」という公式の略歴はあくまでも彼のキャラクター作りの一環で、テレビ番組で当時の同級生達と同席した際にからかわれていたことがある。

■宇多田ヒカルは綾小路の実家に遊びに行った事がある(2005年11月10日放送の「うたばん」より)。

■彼らの曲のタイトルや歌詞は模倣が多いが、パロディとしてこれは誰にでも解るようにしているためである。特に綾小路が1980年代に活躍したミュージシャンを好きであることもあり、BOØWY、尾崎豊からの引用が多い。

■綾小路は自分のアイドルとして岡村靖幸の名を挙げTM NETWORKファンである事を公言している。彼等をトークの話題に出す事も多い。

■シングルやアルバムのジャケットも、過去の名盤のパロディである事が多い。メジャー第一弾アルバムは町田町蔵がリーダーだったINUの『メシ喰うな!』が、続く第二弾アルバムはブロンディの『妖女ブロンディ』(邦題)がモチーフになっている。ユニコーンの『服部』のパロディである『TOO FAST TO LIVE TOO YOUNG TO DIE』のジャケットには『服部』と同じ鳶職人のお爺さんの写真が使用されている。

■メジャーデビュー前にウルフルズの「事件だッ!」のミュージック・ビデオに全員そのままの格好で出演している(不良生徒役)。

■綾小路はB'z(主に稲葉浩志)好きとしても有名。

■「SECRET LOVE STORY」のPVに出演している女優(メイン)はドラマ『タイヨウのうた』主演の沢尻エリカ。

■綾小路と同一人物であろうとと言われていたDJ OZMAは、友人という発言をしていたが、結局彼の結婚報道でやはり同一人物という事が判明した。ちなみにDJ OZMAは『第57回NHK紅白歌合戦』における騒動を起こし、のちにNHK会長橋本元一が「現場で使いにくい状況だと思う」と述べ、これにより綾小路・DJ OZMAおよび氣志團がNHK出入禁止となったと報じられた。また、公式ブログでもこの騒動について「モラルは大事」とコメントした。

■綾小路が最も尊敬する人物は映画ビーバップハイスクールのヒロシ役でおなじみ清水宏次朗である。

■綾小路は2006年12月7日に入籍、12月8日の公式のブログにて発表した。

■氣志團のファンを総称して“KISSES(キッシーズ)”と呼ぶ。

■メンバーの半分は本名と自称している。

(出典:Wikipedia)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?b=20070517-00000019-spn-ent



[PR]
☆★☆新規お申込みの方15〜18%!!☆★☆

◎こんなに便利なライブドアクレジット◎

☆使い道は自由!

ご利用使途はお客様のライフプランは併せてご利用下さい。

☆パート・アルバイトの方でもOK!

20歳以上の方で定期的な収入のある方であればお申込出来ます。
もちろん自営業の方やご主人がお勤めに出られている主婦の方でもお申込み
できます。

☆会員の方にはお電話1本でお振込!

ご契約後もお電話一本でご登録頂いたお口座へお振込いたします。

★お申込みはココ★
http://ad.affipa.ne.jp/LK00078066/PS00026557/click.cgi
あのライブドアのクレジットサービスです!
[PR]

横峯さくら エピソード&プロフィール

横峯 さくら(よこみね さくら、1985年12月13日 - )は、鹿児島県鹿屋市出身の女子プロゴルファー。身長155cm。血液型はAB型。エプソン販売所属。ゴルフ好きの父親横峯良郎の影響で8歳からゴルフを始める。長姉横峯留衣もプロ。鹿屋市立田崎小学校 ・ 田崎中学校、明徳義塾高等学校卒業。


【記録】
■2002年、日本ジュニア(15〜17歳女子の部)、サンスポ女子アマ優勝。2004年4月には「再春館レディース」で不動裕理らとプレーオフを演じた。8月プロテスト合格、チャレンジツアー(下部ツアー)の「穴吹工務店レディースカップ」でプロ初優勝。12月、当該年度のプロテスト合格者による「日本女子プロゴルフ新人戦・加賀電子カップ」優勝。2004年の獲得賞金は1734万7584円で27位。

■プロテストには2位で合格したため、当初はツアーの残りのうち前年成績によるものを含め3試合しか出場権を得られなかった。しかしデビュー戦の「フジサンケイレディスクラシック」で4位に入ると、続く2試合も10位、2位と健闘。更には「穴吹工務店レディースカップ」での優勝でツアー3試合の出場権を獲得、その試合も活躍し2005年のシード権を得た。

■2005年1月には米男子ゴルフ「ハワイ・パール・オープン」に参戦。予選で一時暫定5位につけるなど健闘し、通算6アンダーで17位(優勝記録は14アンダー)。ドライバーは男子顔負けの飛距離で、地元紙などで絶賛された。同大会では前年にミシェル・ウィー(アメリカ)が38位に入ったが、これを大きく塗り替える記録となった。

■2005年4月8日〜10日の「スタジオアリス女子オープン」はトップで最終日を迎えたがスコアを大きく落としこの大会での初優勝はならなかった。しかしその1週間後、前大会までキャディを務めていた本仮屋沙織に代わり父親がキャディーの下、2005年15日〜17日に行われた「ライフカードレディス」で、念願の国内女子ツアー初優勝を決めた。

■初優勝後はなかなか優勝争いに加わることができず、予選落ちも経験したが、2005年9月23日〜25日に行われた「ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープン」で見事2勝目を上げた。しかも父親以外のキャディーでの優勝ということもあり、プロゴルファーとして自立への一歩となった。

■2005年度ツアーの獲得賞金は6934万7016円で4位。

■2006年のニチレイレディスで2006年度初優勝を達成。自身初の完全優勝となる。

■2006年のベルーナレディースカップゴルフトーナメントで年間2勝目を達成。トーナメントレコードを更新し2位に5打差をつけて自身の目標だったぶっちぎり優勝を達成する。

■2006年の最終戦LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップでメジャー初優勝。年間3勝の目標を達成する。

■2006年度ツアーの獲得賞金は9638万7662円で3位。


【特徴】
■テイクバックでヘッドが地面を刺すほどの超オーバースイングが特徴。素人はおろか、他のプロにも真似のできない独特のスイングは、父・良郎がゴルフを生業とする人間(プロゴルファーやティーチングプロなど)でなかったからこそ生み出されたものだと言える。

■横峯は小学4年生で出場した全国小学生大会で優勝している。この時2位だったのが宮里藍。宮里とは同学年で、中学、高校と鎬を削った良きライバルである。女子ゴルフ新世代を担う2人として大いに期待されている。

■2004年、イチローの名付け親の仰木彬の勧めで、翌シーズンの選手登録名を「さくら」で申請したが、認められなかった。

■2005年、マイクロダイエットで有名なサニーヘルス(株)と所属契約を結ぶ。

■2005年プロ野球オリックス・バファローズの春キャンプ紅白戦MVP加藤大輔に横峯さくらと1日デート権が贈られた。

■2005年ツアー第1戦「ダイキンオーキッドレディス」の最終日を72以下で回ることができず父親に罰金290万円を科された。

■賞金は父が管理し、成績に応じて「給料」が支払われる。「ライフカードレディス」で国内女子ツアー初優勝したときの賞金1080万円は父親と折半し、全額の5%に当たる約50万円を専属キャディーである本仮屋沙織に支給している。これは、横峯さくらの取り分から控除している。

■「有限会社さくら」の社員。社長は父、副社長は母、社員に他姉2人。横峯の名前が有名になってからは「さくらゴルフアカデミー」という中学生を対象とした食堂・浴室付き全寮制の練習場を父親が立ち上げた。ただし、横峯さくらが教えに来る訳ではない。

■故郷、鹿屋市には父親が山林を切り開いて作った専用練習場がある。その恵まれた環境を生かして全長20m、幅5cmの竹をドライバーで打って割る「竹割り特訓」という練習法を行っている。横峯はこれを3回目でクリアした。

■2005年3月、各地へ移動するための空港も港も至近距離にあり、かつゴルフを練習する環境にも恵まれている宮崎市に移住した。

■父親である横峯良郎がガミガミうるさいらしく、よく良郎のことを「ウザい」とマスコミの前で言うことがあったり、キャディを務める父と試合中に大げんかして父を蹴る姿も目撃されている。「めちゃ2イケてるッ!」の企画でナインティナインの岡村隆史と対決した際に、岡村側のキャディーである良郎が文句を付けてきたために「ウザいんだけど…」と発言していた。ただそこまで嫌っているというほどではなく、父娘でのCM競演を果たしたり今でもキャディを務めたりしている。ちなみに岡村はこのゴルフ対決以降、ゴルフに夢中になり良郎とゴルフを回ったりしているらしい。

■マイクロバスを改造した自作キャンピングカーで各大会を転戦し寝泊りしていたとき、まずスーパー銭湯を探すのが習慣になり、試合会場となるゴルフ場近くのスーパー銭湯を制覇してしまった。スーパー銭湯にこだわったのは試合の疲れをいやすため、ジャクジー設備を必要としていたためだった。

■高校時代に靭帯を断裂する大怪我をして選手生命の危機となったが、怪我で練習ができなかった際、父・良郎が「椅子に座って打て!」という無理難題をさくらに課した。そのおかげで治癒後、ドライバーの飛距離は落ちるどころか逆に20ヤード伸びた。

(出典:Wikipedia)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?b=20070520-00000017-nks_fl-golf


[PR]
ゴルフを楽しむ専門ギア情報 -ゴルフ用品界社-

織田裕二 エピソード&プロフィール

織田 裕二(おだ ゆうじ、1967年12月13日 - )は、神奈川県川崎市多摩区出身の日本の俳優、歌手。


【プロフィール】
・出生地: 日本, 神奈川県川崎市
・血液型: A
・生年月日: 1967年12月13日
・現年齢: 39歳
●活動
・ジャンル: 俳優、歌手
・活動時期: 1987年 -
・活動内容: 1987年:俳優デビュー
・1991年:『東京ラブストーリー』
・1997年:『踊る大捜査線』
・1998年:日本アカデミー賞受賞
●主な作品:
映画
『湘南爆走族』
『踊る大捜査線 THE MOVIE』
『踊る大捜査線 THE MOVIE2』
『ホワイトアウト』
『T.R.Y.』
ドラマ
『振り返れば奴がいる』
『東京ラブストーリー』
『お金がない!』
『踊る大捜査線』
『ラストクリスマス』
CDシングル
『LOVE SOMEBODY』
『Last Christmas』
●受賞:
ベストドレッサー賞(1991・1999)
ベストジーニスト賞(1992)
日本アカデミー賞主演男優賞
(1998・2001・2004)
報知映画賞最優秀主演男優賞
(2000)
第43回ブルーリボン賞
最優秀主演男優賞(2001)
第48回アジア太平洋映画祭
最優秀主演男優賞(2003)
日刊スポーツ映画大賞
石原裕次郎賞(2000・2003)
●その他
『世界陸上』キャスター


【人物・来歴】
身長177.5cm。体重70kg。左利きだったが、現在は主に右を使う。釣竿は左用を使っているなど今でも左を使う時がある。視力は右1.2、左1.2。血液型A型。

桐蔭学園中学校・高等学校卒業。中学1年から高校1年までテニス部に所属。

ピッツバーグ大学日本校中退後、役者の道へ。

最初にテレビに登場したのは、1986年、おニャン子クラブを生み出した『夕やけニャンニャン』内で行われた、その男版の息っ子クラブのメンバーの募集に応募。見事勝ち抜きメンバーになる事が決まったが、メンバー入りは辞退する。

その後、1987年4月に東映映画『湘南爆走族』で俳優デビューし、江口洋介と共演。1990年頃には吉田栄作・加勢大周とともに平成御三家とも呼ばれた。

子供から大人まで幅広い年齢層に人気を持つ。デビュー当初はトレンディ路線とアイドル色が強かった為、主に20代女性層を中心にブレイクしていたが、その後は積極的にコメディや映画にも出演している。

役作りでは、服装や小道具にこだわり、キャラクターをつかむのに時間がかかるタイプ(本人談)。なので、脚本は出来る限り早く欲しいそうでそれが企画、脚本段階から作品に関わる理由のひとつだそうである。続編(パート2)嫌い、というより「同窓会的」なゆるい作品作りが嫌いらしい(『踊る大捜査線』に関するインタビュー等)。役作りや演技へのこだわり、作品作りにかける意気込みの強さ故、共演者やスタッフからの評価は高いものの、批判的な見方もあり、ことあるごとに週刊誌のネタとされる。生真面目な性格ととるか、単なる傲慢ととるかで評価が分かれる俳優である。特に金子修介監督から、痛烈な批判を浴びたことがある。

主な出演作品に、ドラマ『東京ラブストーリー』、ドラマ『振り返れば奴がいる』『お金がない!』『踊る大捜査線』シリーズなど多数。

歌手としては1987年4月にデビュー映画『湘南爆走族』の挿入歌のシングルCD「BOOM BOOM BOOM」でデビュー。その他の代表曲に「Love Somebody」(1997年1月)などがある。俳優の余技ではなく、表現手段として音楽活動をする数少ない俳優でもある。2005年ゴールドディスク賞受賞。

主演ドラマの主題歌に本人の曲が使われる事が多い。これは、主題歌・挿入歌も歌うことを条件にドラマに出ているからである。そのためにドラマ出演は減りつつある。

2001年のドラマ『ロケット・ボーイ』で主演を務めるも、椎間板ヘルニア(持病の腰痛が悪化)による緊急入院で撮影を中断する事態となった。そのため『ロケット・ボーイ』は全11話の予定だったものが全7話に再構成され、第2話放映後の4週分は『ロケット・ボーイ』を休止し、同作共演のユースケ・サンタマリア、市川染五郎の新撮シーンを加えた『踊る大捜査線』の再放送で穴埋めするという異例の措置が撮られた(結果、この視聴率が高かったため「踊る」人気が不動のものということを証明することにもなる)。

基本的に20代から容姿・風貌が変わっておらず、外見的に年齢を見分にくいタイプである。20代前半なみの持久力と肺活量をもつスポーツマンでもある。2007年4月19日放送『うたばん』では、本人に説明なく行われた体力測定で実年齢39歳にして25歳と診断されていた。

俳優の石黒賢とは互いに親友の仲である。映画『ホワイトアウト』で石黒を親友・吉岡役に抜擢したのは織田らしい(『ホワイトアウト』公開当時の各媒体インタビューより)。 葉巻にはまっている(TVでの織田裕二ドキュメントにて。)

2004年、『東京ラブストーリー』以来13年ぶりに月9ドラマ『ラストクリスマス』に出演することになったが、13年もの間月9に出演していなかったことについて、本人はインタビューで「月9はドラマの王様であり、特別なものだと思うからあえて出演しなかったんです。だから僕は反対勢力にたって、レジスタンス的活動をしていたんですよ」と語っている(ちなみに『東京ラブストーリー』に関しては途中から役柄をつかみきれなくなり(原作と脚本と自分のイメージとのギャップが原因)、結果として演技的に失敗だったとしている(本人の弁によれば「途中放棄」とのこと))。この作品経験をターニングポイントとして、以降の作品では脚本段階から作品に関わる姿勢を強めることになる。 (NHK『トップランナー』での発言より)。

ファンや芸能界からも「主役なタイプ」と評され、あらゆるドラマ、映画では常に主演、主演級で出演。今現在でも、主演格俳優として織田主人公のドラマや映画が多い。2003年1月公開の映画『T.R.Y.』では、中国上海でロケを行い、中国語の台詞に挑んだ。演技面や性格面で、息がぴったりだった女優は、深津絵里だと言われている。大森一樹監督曰く「日本映画界で数少ない、名前で客を呼べる俳優」。

上半身裸での撮影を拒否していることで有名で、今までも自分の上半身裸の写真や映像の撮影を一切したことが無い。

基本的にバラエティ番組(特にお笑い系)へは出演しない方針で、「SMAP×SMAP」で、香取慎吾が「踊る!大捜査線」のパロディで織田の物まねをしている時に、本人には内緒でゲスト出演した際、織田は出演時に「バラエティは、ダメなんだよ。苦手。恥ずかしい。」と、しきりに言っていた。


【その他】
■世界陸上キャスター(1997年 - 、TBS)
中井美穂と共に二年に一度行われる世界陸上のメインキャスターとして活躍しており、軽妙なトークとおもしろおかしい語り口は、お茶の間の多くのファンを魅了している。その一方で、ハイテンションぶりが話題になり、陣内孝則や関根勤にものまねされるほど。織田いわく「自然に出てしまう」らしい。単純なキャスターだけにとどまらず、選手などの分析も細かく行っている。ちなみに、同番組中に織田が「この後すぐ!」と競技開始の予告をすると基本的に待たされることが多く、長い時で数時間後だったことがある。

■映画バック・トゥ・ザ・フューチャーの主人公マーティの吹き替えを担当したことがある。1990年4月のフジテレビ放映分を担当。ドク役は三宅裕司。Wユウジ吹き替えに挑戦! としてPRされた。その後もフジテレビでの放送の際にはそのまま放送されたたが、近年ではフジテレビでの放送はなく、今後もしフジテレビでの放送があれば視聴できる可能性があると見られる。

■スズキのCMに出演していた縁もあり、一時期ダートトライアル競技に出場していた。結果等についてはほとんど公にはされていないものの、通信教育のユーキャンのCMにおいて一瞬ではあるが運転シーンが挿入されていた。

(出典:Wikipedia)



[PR]
☆★☆新規お申込みの方15〜18%!!☆★☆

◎こんなに便利なライブドアクレジット◎

☆使い道は自由!

ご利用使途はお客様のライフプランは併せてご利用下さい。

☆パート・アルバイトの方でもOK!

20歳以上の方で定期的な収入のある方であればお申込出来ます。
もちろん自営業の方やご主人がお勤めに出られている主婦の方でもお申込み
できます。

☆会員の方にはお電話1本でお振込!

ご契約後もお電話一本でご登録頂いたお口座へお振込いたします。

★お申込みはココ★
http://ad.affipa.ne.jp/LK00078066/PS00026557/click.cgi
あのライブドアのクレジットサービスです!
[PR]

青田典子 エピソード&プロフィール

青田 典子(あおた のりこ、1967年10月7日 - )は、日本のタレント、女優。本名、森田 典子(もりた のりこ)。なお、本名の森田典子の名義で活動していた当時のプロフィールによると、生年月日は1966年10月7日 となっている。

愛媛県松山市出身。東京都立八王子東高等学校卒業。戸板女子短期大学中退。オスカープロモーション所属。


【プロフィール】
生年月日: 1967年10月7日
現年齢: 39歳
出身地: 愛媛県松山市
血液型: O型
公称サイズ(1995年時点)
身長 / 体重: 164 cm / ― kg
スリーサイズ: 88 - 58 - 85 cm
靴のサイズ: 23.5 cm


【略歴】
1990年にオスカーが主催したコンテスト「日本美人大賞」準グランプリ。その後1991年に同コンテストの上位入賞者で結成されたC.C.ガールズの初代メンバーに選ばれる。当時の愛称は「てんこ」(メンバーに同じ「のりこ」である原田徳子がいたため)。同年日本テレビ音楽祭新人賞、1993年にはゴールデン・アロー賞グラフ賞、1995年にはハット(帽子)グランプリ特別賞を受賞した。

1996年にC.C.ガールズを卒業後はソロでの女優・タレント活動を開始。映画・Vシネマのヒロインクラスの役を務めるほか、バラエティーのMCなど幅広く活躍。

ちなみにC.C.ガールズデビュー前は本名の「森田典子」として、フジテレビの深夜番組『オールナイトフジ』にレギュラー出演しており、当時はモデルやコンパニオンで構成される“シーエックス”というグループのメンバーだった。また、1986年から1987年にかけ、『BUNTA』『月刊プレイボーイ』誌上で、森田典子としてヌードグラビアも披露している。

2004年頃から、「結婚を諦めて」(本人談)なりふり構わず仕事の幅を広げ、バラエティ番組『ロンドンハーツ』に出演。「格付けしあう女たち」のコーナーで、そのキャラクターから「L'amant(ラマン)青田」「バブル青田」と呼ばれ人気になり、2005年冬スペシャルでは、バブルを代表する画家、ラッセンにヌードの絵を描いてもらった。 また同コーナーの中の決めゼリフ「ジーザス・クライシス♥」が大爆笑をとりブレイク。 さらに、同番組の企画で、小室哲哉の楽曲提供を受け、「バブル青田」の名で「ジーザス」というタイトルで2006年4月19日にソロCDデビュー。この企画の一部始終は同年4月11日の『ロンドンハーツスペシャル』で放送された。詳細は下記を参照。

女性セブン2007年5月31日号で1歳年下の実業家との04年11月〜05年秋までの結婚歴があることが報道された。


【エピソード】
C.C.ガールズで人気が高かった頃、写真週刊誌『FOCUS』に整形の過去があることがすっぱ抜かれた。青田は子供の頃両親が離婚し母親は現在も福山市に住み、度々ここを訪れたためかデビュー時のプロフィールでは広島出身とされている記事もあった。そういう関係でとても腕がいいと評判だった広島市の美容外科で手術を行った。顔だけで20ヶ所と記事に載っているが、院長が自慢し「それがウチの特徴なんです。少しづつ施術してまわりの人には分かりません」とベラベラ喋っていた。それだけ喋ったらまわりの人に分かってしまうが、更に美容学会で青田の写真を持ち出して発表し大きく世間に知られることとなった。青田自身「それの何が悪いのよ!」と開き直っていた。青田以外の大物芸能人、ジャニーズ系もお忍びで手術に訪れたという噂があったがこの病院は現在は廃院となっている。


●バブル青田
バブル青田とは、彼女の歌手としての別名。青田は元々歌手志望だったが、C.C.ガールズ時代にリリースした曲(初期は「D.D.GAPS」のユニット名でリリース)はヒットしなかった。そこでロンブーの田村淳が『ロンドンハーツ』(以下『ロンハー』と略)で青田を「バブル青田」としてソロCDデビューさせようと企画。プロデューサーは、淳と同じ吉本興業所属で、青田自身も大好きという小室哲哉だった。

…というのが一連の流れとなっているのだが、実際の所は淳も含めた番組サイドからのブッキングという訳ではなく、小室側から出た企画とも(番組内で「小室さんから声がかからなかったら実現しなかった」との発言有り)。

小室は全盛期だった1997年(後で1996年と分かったが)の未発表曲を提供。作詞は、青田のカラオケの十八番『Chase the Chance』(歌・安室奈美恵)を作詞した前田たかひろ。タイトルは、前述の『ジーザス』がそのままタイトルになった。

青田はカラオケBOXで練習をしたり、カウンターテナーの米良美一などからボイストレーニングを受け、レコーディングに挑んだ。

CDデビュー会見で『ロンハー』メンバーに初めて報告。またそこで同じ日に『ロンハー』で共演している熊田曜子もCDデビューすることが分かり、二人は発売後一週間の売り上げ記録で勝負し、負ければ故郷で『ジーザス』を披露することに(結果、青田が12位、熊田が15位となり、熊田が自らの故郷・岐阜で披露)。さらに、幕張メッセでデビューライブを行うことも通達された。

振り付けはTRFのSAM、ETSU、CHIHARUが担当。ダンスレッスンを受け、ジュリアナ時代に流行した“ジュリ扇”を使ったダンスが完成した。曲の最後の決めポーズは「イナバウアー」ならぬ「イナバブル」。

ライブに向けて青木さやかと同じケビン山崎のジムで体を絞り、ウエストを68cmから60cmにしダイエットにも成功。

9000万円の費用を投じた幕張メッセのステージは見事成功。そこでCDジャケットが披露されたが、ジャケット撮影の時間がなかったため青田の運転免許証の写真(スッピン顔)が使われた。

『ロンハー』共演者の青木さやかは『ジーザス』がお気に入りと公言している。

(出典:Wikipedia)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?b=20070518-00000007-nks-ent



[PR]

ネイルチャンピオンが作ったネイル検定対策DVD!更にネイルチャンピオンのサポート付!

[PR]
☆★☆新規お申込みの方15〜18%!!☆★☆

◎こんなに便利なライブドアクレジット◎

☆使い道は自由!

ご利用使途はお客様のライフプランは併せてご利用下さい。

☆パート・アルバイトの方でもOK!

20歳以上の方で定期的な収入のある方であればお申込出来ます。
もちろん自営業の方やご主人がお勤めに出られている主婦の方でもお申込み
できます。

☆会員の方にはお電話1本でお振込!

ご契約後もお電話一本でご登録頂いたお口座へお振込いたします。

★お申込みはココ★
http://ad.affipa.ne.jp/LK00078066/PS00026557/click.cgi
あのライブドアのクレジットサービスです!
[PR]

インリン・オブ・ジョイトイ エピソード&プロフィール

インリン・オブ・ジョイトイ(Yinling of Joytoy, 垠凌, 本名 顔 垠凌=イェン・インリン、Yan Yinling, 公称1978年2月15日生まれ。 台湾の台北出身(所属事務所は「中国人」と表記している)で、現在は主に日本において活動するタレント、グラビアアイドル、歌手、女優。歌手としてはビクターエンタテインメント所属。

「インリン」は本名の一部である。「ジャイアントロボ THE ANIMATION -地球が静止する日」に登場する銀鈴の中国語読みから付けられたとの説もあるが、俗説に過ぎない。


【プロフィール】
愛称: インリン
生年月日: 1978年2月15日
現年齢: 29歳
出身地: 台北
公称サイズ(2007年4月時点)
身長 / 体重: 163 cm / ― kg
スリーサイズ: 86 - 59 - 86 cm


【経歴】
■実家は写真館を経営していたが、10歳の時、日本に移住する。「エロテロリスト」を自称する。セミヌードであるが、写真集等での過激な衣装やM字開脚が話題となる。

■一時、吉岡美穂や榎木らんの3人で「ミイラン」(ミ=美穂、イ=インリン、ラン=榎木らん)という期間限定ユニットを組んでいた。なお吉岡とはレースクイーン:マリオレーシングギャルズでも同期だった。

■2004年頃からテレビのバラエティ番組に多数出演するようになった。ジョイトイとしては平和主義・戦う女を前面に出した作品が多いが、インリンが単独でマスメディアに出演するにあたっては「大胆なセクシーポーズも取るバラエティアイドル」的なポジションで振る舞うことがほとんど。

■ジョイトイの平和主義的信条から、フジサンケイグループのメディアでは原則として仕事をしないことを表明していた(参考:『「ミイラン」問題の概要』)。だが、2005年春ごろから規制をゆるめたらしく、フジテレビ系『ココリコミラクルタイプSP』(2005年3月30日、2006年1月1日)、『森田一義アワー 笑っていいとも!』(2005年4月26日、7月19日、12月8日、)、『空飛ぶグータン〜自分探しバラエティ〜』(関西テレビ制作。2005年5月11日)にゲスト出演している(加えて、後述する『ハッスル』はフジテレビ系列の東海テレビ(ただし、東海テレビは中日新聞グループ)が主催している。事実、『ハッスル』のPRのため、ニッポン放送の『ナインティナインのオールナイトニッポン』に「インリン様」としてゲスト出演している)。また、2005年7月23日に放送されたフジサンケイグループの文化放送『高田純次・河合美智子の東京パラダイス』にもゲスト出演している。それ以前にも『SPA!』(扶桑社)にグラビアや反フジサンケイグループについても語るインタビューが掲載されたことがあるが、この時は例外措置という断りが付記されていた。

■アニメ『アークエとガッチンポーてんこもり』では、チェルシー役で声優に挑戦している。

■2005年、国際的に活躍する中国系芸術家18人の1人に、アカデミー賞・グラミー賞受賞のタン・ドゥンらとともに選ばれ、台湾金門島にて反戦と反差別のためのパフォーマンスを行う。期間中、金門トーチカ芸術館・18の個展にインリン自身によるオブジェと記録映像作品が展示された。

■2007年、サンテレビほか関東と関西の独立UHF局で放送されるお色気番組『インリンのM時ですョ!』で初の司会を務める。


【人物】
■「ジョイトイ」とはКуратанов(クラタノフ: 写真家・作詞作曲家)とインリンが結成したユニットの名前である。つまり、インリン・オブ・ジョイトイとは「ジョイトイプロジェクトの一員であるインリン」という意味。ユニットとしては、独自の世界観を有し、写真・映像や音楽による表現活動を展開する。

■イメージDVD作品は、テレビではオンエアできないほどに過激で、パンツの中に手を入れて性器を激しく愛撫しながらのオナニーシーン等、男性には性欲の対象(オナペット)として期待通りのパフォーマンスを見せ、女性には性愛の主導が男だけではないとメッセージを与えてくれる。自ら「エロテロリスト」を称しているもののそれは逆説的なパロディであり、本人は礼儀正しく常識的で、年齢の離れたうつみ宮土理との親交もあり、うつみの主催する「生け花会」によく参加しており、常連でもある。

■着衣でのM字開脚は有名。しかし最近テレビ番組で体が硬く、実は苦労していることを告白した。

■普段よく聴く音楽は、Kiroroである(「明石家さんちゃんねる」より)。


【愛のエプロンでのエピソード】
■料理は大の苦手で、出演している「愛のエプロン」では、常に順位が下の方で最下位が多く、その割にはワーストエプロン大賞を取ったことは一回もない。

■同番組内では危険な料理を作る事が多く、いつまで経っても料理が上達しないと紹介されたこともあった。

[例]
・魚介料理で内臓を取ることを全く知らなかった為、見た目が「グロテスク」である。

・番組内で自分が作ったカニクリームコロッケを自分で食べてエチケットタイムになった(= 吐き出した)ことがある。

・和田アキ子がインリンの料理を食べて声を枯らしたこともある。

・酢豚を作った時には、審査員を全員エチケットタイム行きにしたこともあった。

・その上で何がいけなかったのかを全く理解していない。

・ただ見た目はグロテスクだが味は悪くないというものを作ったことが数回あった。

■プライベートで炊飯器の使い方を知らず、壊してしまったこともあるという。その為、エロテロリストをもじって、「食テロリスト」と呼ばれたこともある。

■しかし2006年6月28日放送の愛エプ杯争奪SPの予選で作った海鮮あんかけ炒飯では料理女王杉本彩と2点差(86点)の84点といった上エプクラスの評価を受け、司会の磯野貴理子をはじめとするメンバーを感動させた。本人曰く「お母さんが炒飯を作る姿をいつも見ていた」とのこと。しかし他のメンバーが次々と高得点を出した為、結局予選落ちとなってしまったが総合第5位にランクインするまでとなった。

■現在番組が愛のエプロン芸能界料理頂上決戦の予選となり成績が得点制となっているが、2007年3月21日放送のチャンピオンズリーグへの最後の切符を賭けた敗者復活戦では自身の最高記録である98点(特エプレベル)という高得点を叩き出したが惜しくも青田典子に1点差(99点)でチャンピオンズリーグの切符を逃す。

■2007年1月17日の放送では自宅のキッチンと冷蔵庫が番組内のVTRで初めて公開された、本人曰く「番組内で「料理が下手」だと散々言われ続けてきたので、みんなを見返してやりたいと言う気持ちで最近は料理を頑張っている。」と語っていた。また番組宛てに来たインリンのファンである小学生の女の子からの手紙が紹介され、それを聞いたインリンはとても感激したと言う。

■2007年3月21日のチャンピオンズリーグ予選敗者復活戦では、海鮮あんかけチャーハンでジャッジマンをうならせる出来も見せる。しかも、その前にカニクリームコロッケを作った安藤和津の90点。麻木久仁子の96点。海鮮あんかけチャーハンを作った夏樹陽子の91点を超える98点をたたき出した。これによりほぼチャンピオンズリーグ出場を手中に収めたかと思ったが、最後に料理を披露した青田典子の海鮮あんかけチャーハンが99点になり、まれに見る大逆転の連続に終止符が打たれ、インリンはまたも1位をとることが出来なく悔し涙を見せる。しかし、ジャッジマンたちからはよくがんばったとスタンディングオベーションを受けた。(服部幸応がもらい泣きするほど感動的だった)

■また最近では「インリンより不味いのは恥である」というのが番組で定説になっていて長瀬智也(TOKIOのメンバー)が自身の作った料理が「インリンより不味い」という評価を下されて凹みリーダーの城島茂から料理指導を受けたという逸話もある。


【立ち位置】
■所属事務所、並びにジョイトイは、フジサンケイグループ(フジテレビ、産経新聞社など)を、歴史教科書問題により軍国主義的と看做し、仕事のオファーは原則的に受けず、またその言動は以前からネット上で話題になっていたが、ブログ開設によりインリン本人もブログで同様の考え方で発言している。(インリン・オブ・ジョイトイの日記:S cawaii)政治的発言を行わなかったり、単に前総理大臣小泉純一郎(自民党)を持ち上げる発言をする人が多い日本芸能界にあって、この姿勢・立場は比較的露出の多いタレントとしては少数派であり、今までファンでなかった人が注目し始めたケースも少なくない。なお、コメントに投稿する際「支那」と書くと検閲に引っかかる。

■2006年3月18日、イラク戦争開戦3周年(2006年3月20日)を控え、東京・日比谷野外音楽堂を結集場所として行なわれたデモ「ワールド・ピース・ナウ」にメッセージを寄せ、米国大統領ブッシュの戦争政策とそれに追従する日本政府を批判している。(参考:「ワールド・ピース・ナウ」インリンさんよりいただいたメッセージ)。])。「ワールド・ピース・ナウ(WORLD PEACE NOW)」とは2003年にブッシュ政権によるイラク攻撃に反対するために結成された市民団体・労組・NGOの連合体であり、世界的にイラク反戦運動が高揚した2003年春には最大約5万人が参加した「非暴力」を掲げる反戦運動イベント。公安調査庁の発行する「内外情勢の回顧と展望(平成18年年度版)」によると「(ワールド・ピース・ナウは)過激派が関与する団体(「内外情勢の回顧と展望」によると「JRCL(旧第四インター派),政治グループ・蒼生(旧共労党)などの過激派やアナキストグループ」)や反戦市民団体などで組織(されている)」としているが、「ワールド・ピース・ナウ」の参加構成団体にかつて内ゲバ殺人や爆弾闘争を行ってきた中核派、革マル派、革労協などの左翼政治セクト系列の団体を確認することは出来ない。

■掟ポルシェと、イベント(有)申し訳ナイトで共演した際、「今から登場するオマンコはそんじょそこらのオマンコとは違う!」とインリンを紹介した掟ポルシェの言葉に対し、インリンは楽屋で「下品な表現は明らかなセクシャルハラスメントであり女性に対する侮辱である!」と激怒し、掟はインリン公式ホームページの掲示板で謝罪文を書かされた(現在は削除済み)。このエピソードは、「公式ホームページでの謝罪文」の件も含めロマンポルシェ。のライヴMCで時折聞くことが出来る。ちなみに当日のインリンのパフォーマンスは、自身のバンド「JOYTOY」を従えて「赤いビキニの紅衛兵姿[要出典](毛沢東政権末期、共産党による一党独裁主義の象徴であり、文化大革命による民衆の虐殺と弾圧の象徴である紅衛兵姿は、インリンの出身である資本主義の台湾政権を全面的に否定し、民主主義の弾圧と反対意見者の虐殺を意味する。これはあくまでパロディとする意見が多く、事実その通りと思われる。しかし同様に紅衛兵運動を扱ったジャン=リュック・ゴダールの「中国女」と比較すると、インリンの解釈はあまりに皮相的・表層的に過ぎるとの意見もある。)で反戦反差別メッセージ色の強いオリジナル曲」を歌うものであった。この件について、掟の発言は「性的な表現をする以上、事前の打ち合わせを欠いていた」事が指摘される反面、ロマンポルシェ。ファンの間では、「このイベントは政治色が皆無のJ-POPイベント(モーニング娘。に代表される様々なJ-POPが高速でメドレーされるイベント。インリンはライヴゲストであった)であるため、掟は咄嗟に場を読んでインリンを盛り上げるために発言した。もし、あの場でいきなり紅衛兵姿のインリンが出て来て(さらに紅衛兵とは主旨が正反対の)反戦ソングを歌われては会場は引いていたはず。(掟ポルシェはライヴMCで、ほぼ同趣旨の発言をしている)」と言う擁護意見が多数である。しかし「あくまでファッションにしか過ぎない紅衛兵姿の是非を理屈だてて追求するのは野暮。掟がフォローに回ったとしても、もう少し言い様があったはず。」と言うインリン擁護派も多い。インリンと掟、双方の妥当性について意見の分かれる所である。そもそも、インリンとJOYTOYの世界観を理解した上でゲストとして参加を求めたのか?主催者側の責任が大きいと思われる。なお、補足すると掟ポルシェは日本における代表的左翼パンクミュージシャンである遠藤ミチロウ(表層的ではない政治的思慮がある)と深い交流があり、今後のJ-POPの発展を考えると掟ポルシェとインリンとの和解が望まれる。

■BUBKA紙上にて「日本軍のコスプレが似合う女優」としてインリンを取り上げた辛酸なめ子に、「中国人であり、反軍国主義を標榜している私に対する侮辱である!」と猛烈に抗議。辛酸なめ子はインリン公式ホームページの[要出典]掲示板で謝罪文を書かされた(現在は削除済み)。なお、上記の「掟ポルシェとの確執」にあるインリンの紅衛兵姿を「あくまでファッション」と解釈すると、日本軍のコスプレを持ち出した辛酸にインリンが抗議する理由はなく、インリンのロジックが破綻する。このあたりに、インリンとしては何らかの理由があると推測される。本人のコメントが望まれる。

■クイック・ジャパン52号に掲載されたインリンと菊地成孔とのデート企画での後記で、菊地がインリンに向けて「アメリカは嫌いだが、プレイメイトは素晴らしいと思っている」というインリンの矛盾を興味深く感じている」と発言したところ、インリンは自身の公式ホームページの掲示板で「アメリカ的性愛表現とアメリカの政策はまったく別。私の発言内容に矛盾はなく、菊地の発言は侮辱」と猛反論。菊地がインリン掲示板で反論の書き込みを行ったため、ネットバトルの様相を呈し、菊地サイドから「webでの論争は不毛。公開論争を行わないか?」との提示があったものの、インリンは拒絶。最終的に菊地が謝罪し、論争は収束した。なお、この件以降、クイック・ジャパンではインリンに関する記事はない。

■以上のことから、インリンは、「一方的に他人を落とすことで商売するキャラクター」が嫌いであることが証明された。ただし、ミュージシャンとしてインリンを評価する発言もしていた菊池が、辛酸や掟同様の経緯で行動したかどうかは意見の分かれるところである。

■2006年6月23日、テレビ番組『太田光の私が総理大臣になったら…秘書田中。(NTV系)』にて小泉総理の靖国神社参拝問題に関して不支持を表明し、「東アジアは日本のこの行動に対して好ましく思っていない」と靖国参拝に対し否定的な発言を行った(この発言にそれらの問題に詳しい金美齢は「アジアで靖国神社参拝を好ましくないと思っているのは、韓国と中国だけ。」と反論した。)。


【年齢】
1978年2月15日生まれで2006年に28歳となっているが、2000年、K1ガールをしていた頃は、76年生まれになっている。なので2006年で30歳という事になる。普通この場合事務所は全否定するが「78年生まれというのはあくまで営業用のプロフィールです。このことは公式サイトでも報告していて、ファンならみんな知っています」(担当マネージャー)と語って年齢詐称を認めている。公式サイトを見るとプロフィールの欄に注意書きとして「営業年齢設定を継続使用中」と記されている。事務所側は年齢詐称はプロジェクトの一環と発言している。その為「最年長グラビアアイドル」を標榜するほしのあきよりもインリンの方が年上といった説もあるが、ほしのあきにも同様の年齢詐称説があるので、実際はどちらが年上なのか関係者しか分からない。


【格闘技活動】
格闘技『ハッスル』の地上波放送で進行役を務めたことが縁で、2004年12月の「ハッスル・ハウス クリスマススペシャル」」(12月24日 後楽園ホール)より、悪役集団「高田モンスター軍」のナンバー2であり、同時に高田アマゾネス軍(モンスター軍の女子部門)のトップであるインリン様として登場。入場テーマ曲はモーリス・ラヴェルの『ボレロ』。2006年4月20日のハッスル16(大阪府立体育会館)からはNEWインリン様、略してニューリン様として、よりパワーアップしたキャラクターで参戦中。


●インリン様
インリン様はM字ビターン(M字開脚による洗脳)のスキルはきわめて高いものの、格闘技のスキルが無いために、「体の一部」として鞭の使用が許可されている。ハッスル7(2005年2月11日 愛知県体育館)で、6人タッグマッチながら小川直也との異色の対決が実現、デビュー戦にして小川からM字固めでピンフォールを奪って勝利した。同年7月のハッスル11(7月15日 大阪府立体育会館)では川田利明ともタッグマッチで戦い、こちらはM字固めを回転エビ固めで返されピンフォールを奪われたものの、直前に投げ放った「体の一部である鞭がロープにかかっていた」として奇跡的なロープブレイク・無効試合の裁定が下っている。その後、「ハッスル・マニア2005」(11月3日 横浜アリーナ)ではレイザーラモンHGとの6人タッグマッチが組まれた。結果はレイザーラモンHGがインリン様をHG三角締めで失神させフォール勝ちし、「インリン様」は黄泉の国に旅立った。

それから暫く姿を消していたインリン様は、「ハッスル・ハウス クリスマススペシャル 涙のラストM字ビターン」(2005年12月25日 後楽園ホール)にて「この世界で使えるM字パワーが底をついた」と引退を宣言、ロープにムチを掛けると『さよならの向こう側』に乗せて山口百恵のようにリングを去っていった。なお、この大会でインリン様が最後の力を振り絞って産み落とした卵であるイン卵様から孵化した生命体が、日本のプロレス界を根こそぎ壊滅させるだろうと高田総統は断言した。

格闘家としてのインリンは「インリン様」というキャラクターを演じきり、なおかつ出場した3試合全てで大会のメインイベントを務めたかと思えば、同時にM字開脚によって「暇で(異性に)もてない」格闘技ファンを洗脳するという、WWEに於けるディーヴァの役割を担っていたと言える。(ちなみに彼女がリングサイドで他の試合を優雅な椅子に座り観戦する事を「インリン様がご覧になる試合」、略してイン覧試合という。)そのキャラクターの徹底ぶりや、屈強な格闘家を向こうに回しての大立ち回りという話題性、そして僅か一年という短い期間で電撃的な引退という印象的な活動をして、単なる色物としてではなく、れっきとした格闘家「インリン様」として高く評価する格闘技ファンも少なくない。

東京スポーツ新聞社主催「2005年度プロレス大賞」にて「プロレス話題賞」受賞。


●ニューリン様
その後、興行や会見で披露される度に鶏卵大〜1メートル超にまで成長を続けたイン卵様だが(通常、卵が産み落とされてから大きくなる事はない)、ハッスル16のメインイベントにおいて孵化、インリンはイン卵様から生まれたニューリン様としてハッスルのリングに再登場。生後5分強?にして母の敵であるHGから勝利を奪った。またこの試合は自身初のシングルマッチであり、鋭いミドルキックを放ったり器用に丸め込んだりと、より戦闘的で凶暴なキャラクターに生まれ変わったという設定を表現するためにトレーニングを積んできた様子がうかがえる。

ニューリン様は母であるインリン様と比較して粗暴なキャラクターという設定であり、より攻撃的なファイトスタイルや下品な言葉遣いが特徴。コスチュームもピンヒールから動きやすいブーツに、また卵生であるが故、鳥類の羽をモチーフにした意匠が伺える。しかし粗暴なキャラは対外アピール向きではないとの判断からか、記者会見やイベント等には母であるインリン様が登場する場合が多い。

なおニューリン様はイン卵様の中に居た頃に、外部から何らかの衝撃を受けた影響で額に傷を負っており、その傷を隠すために顔半分を覆うマスクを着用している。その傷はモンスター軍が勝利する度に癒えていくという設定である。

ハッスル18(7月9日 パシフィコ横浜 国立大ホール)のメインイベントで高田総統に反旗を翻しモンスター軍を離脱。その原因は、額の傷が高田総統によるものだと知ったためである。その後ハッスル・ハウスvol.17(7月11日 後楽園ホール)でHGの呼び掛けに応えてハッスル軍に入団、ハッスルポーズとM字開脚を披露した。

ハッスル・マニア2006では、6人タッグマッチでカイヤを撃破するも、高田総統の化身ザ・エスペランサーのレーザービターンを受け右胸が爆発、意識不明の重体のうえ乳輪を失ってしまった。


●再びインリン様
2007年2月16日に都内で行われたハッスルの記者会見において、突如インリン様が復活。この直前に高田総統がハッスルを買収したことから、インリン様は「総統がハッスルを支配する以上、私がお手伝いするのは当然」と語り、3月に行われる『ハッスル・ハウス22』(3月15日、後楽園ホール)及び『ハッスル21』(3月18日、愛知県体育館)への参戦を発表した。なおインリン様によれば、ニューリン様は現在あるところに監禁されており「心変わりするまで外には出さない」という。

(出典:Wikipedia)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?b=20070514-00000027-dal-ent



[PR]
合計5万9700円相当の無料プレゼント!
■無料プレゼント1】『裕福になるための10の方法』CD版-ダンケネディ
■無料プレゼント2】海外インターネットマーケティング情報をダイレクトに
仕入れる。“TOPGUNニュースレター”3か月分を無料でプレゼント!
■無料プレゼント3】再販売権付Eブック『100年前から伝わるダイレクトマ
ーケティングの真実』世界No.1のインターネットマーケター-ヤニクシルバー
■無料プレゼント4】音声セミナー『失敗知らずのインターネット起業法』
-インターネットマーケター宮川明(40分42秒MP3)
■無料プレゼント5】一日一分英語で学ぶマーケティング
なくならないうちに今すぐゲットしてください。
>>http://www.123marketing.jp/promo/index.php?jvcd=9909

小野真弓 エピソード&プロフィール

小野 真弓(おの まゆみ、1981年3月12日 - )は、日本のグラビアアイドル・女優・歌手である。千葉県流山市出身。血液型はO型。サンミュージックブレーン所属。十文字学園女子大学短期大学部卒業。


【プロフィール】
生年月日: 1981年3月12日
現年齢: 26歳
出身地: 千葉県流山市
血液型: O型
公称サイズ(2006年時点)
身長 / 体重: 159 cm / 43 kg
BMI: 17(低体重)
スリーサイズ: 82 - 56 - 85 cm
靴のサイズ: 23.5 cm


【来歴】
■1998年、サンミュージックの新人タレントオーディションに合格。レッスンを経て芸能活動開始。

■初期には井村有希、猪浦里沙とともに、「リアリー・オムレット・パズル」(略称オムパズ)を結成、セガ・アミューズメントテーマパーク「ジョイポリス」のキャンペーンガールを務めたこともある。

■2002年からの、消費者金融・アコムのコマーシャル(CM)で社員役を演じ、「天使の笑顔」と評されて一気にブレイク。瞬く間に知名度も上がり全国的な脚光を浴びた。当然ながら間髪を入れず「はじめての××〜」をキャッチコピーとした写真集やDVDを発売。ドラマでもゲスト出演を経てレギュラーへ、また一方では映画や舞台へと活動範囲を一気に拡大した。なお、同コマーシャルに於いて小野は、初めの頃は制服に「佐藤」と表示された名札を着けて登場していたが、小野の知名度の上昇に伴い「小野」の名札を着けて登場するようになった。実在の社員だと思い込んだ他のアコム女子社員から所属支店を尋ねられ、止むを得ず「四谷」(サンミュージックがあるため)と答えたところ、“合コンに参加しないか”と誘われた事があるという(インタビューより)。

■2004年3月17日CDデビュー。

■現在は関西のテレビ出演が多く、上沼恵美子の番組に出演することが多い。

(出典:Wikipedia)




[PR]
合計5万9700円相当の無料プレゼント!
■無料プレゼント1】『裕福になるための10の方法』CD版-ダンケネディ
■無料プレゼント2】海外インターネットマーケティング情報をダイレクトに
仕入れる。“TOPGUNニュースレター”3か月分を無料でプレゼント!
■無料プレゼント3】再販売権付Eブック『100年前から伝わるダイレクトマ
ーケティングの真実』世界No.1のインターネットマーケター-ヤニクシルバー
■無料プレゼント4】音声セミナー『失敗知らずのインターネット起業法』
-インターネットマーケター宮川明(40分42秒MP3)
■無料プレゼント5】一日一分英語で学ぶマーケティング
なくならないうちに今すぐゲットしてください。
>>http://www.123marketing.jp/promo/index.php?jvcd=9909

丸川珠代 エピソード&プロフィール

丸川珠代(まるかわ たまよ、1971年1月19日 - )は、兵庫県神戸市出身の元テレビ朝日アナウンサー。


【経歴】
神戸大学教育学部附属住吉中学校→大阪教育大学教育学部附属高等学校池田校舎→東京大学教養学部文科V類入学・東京大学経済学部経済学科卒業。1993年4月にテレビ朝日へ入社。

東京大学の同級生に法学部出身のテレビ朝日アナウンサー西脇亨輔がいる。いくつかのゼミで一緒だったそうだ。ただ、西脇は大学在学中に司法試験に合格し、第47期司法修習を終えた後、1995年にテレビ朝日に入社した為、後輩になる。

『やじうま6』の司会を務めた後は報道番組を中心に活躍し、『朝まで生テレビ』で渡辺宜嗣アナウンサーと共に進行を務め、『スーパーJチャンネル』でも、『ザ・激戦区!』のリポーターなどで務めた。

チャームポイントの左目下のホクロがシンボルマークである。

昼間のANNニュースを境に髪型を右分けから、左分けに変えている。英語も得意。2003年6月にニューヨーク支局に赴任し、2004年5月、平石直之に引継ぎ帰国した。

同年12月より地上デジタル放送推進大使のテレビ朝日代表となる。なお、5月15日付で、テレビ朝日を退職したため、他のアナウンサーに変更となる。

入社1年目の時、生中継で熱々のたこ焼きを食べて大悶絶した。その後も中継を続けたのだがその時すでに、食道を火傷すると言う大事件に見舞われすぐに病院に搬送。13日間入院した経験がある。

2007年5月2日から3日間風邪をこじらせてしまっため、ANNニュースを、坪井直樹アナウンサーが代理担当。

2007年5月2日参院選の東京選挙区に自民党から出馬する予定であることが報道された。

2007年5月16日テレビ朝日を依願退職し、同日中に安倍晋三首相と会談したが、参院選の立候補については明言をさけた。

■参院選東京選挙区に出馬する予定であることから5月15日からテレビには出演していない。

■5月16日付で依願退職した。

■担当していたANNニュースは坪井直樹アナウンサーが担当することになった。

■丸川アナの情報、担当番組も16日付でテレ朝ホームページから削除された。

(出典:Wikipedia)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?b=20070523-00000002-ykf-ent

[PR]
ミナト製薬から無料サンプルプレゼント!

苦くない青汁を無料サンプルでお試しあれ

スピードワゴン エピソード&プロフィール

スピードワゴンは、井戸田潤と小沢一敬からなるホリプロコム所属のお笑いコンビ。以前は名古屋吉本に4年間在籍していた。略称は「SPW」「スピワ」「スピワゴ」「ワゴン」。事務所の社長からは「スピード」と呼ばれている。


【メンバー】
■井戸田潤(いとだ じゅん、1972年12月13日 - 愛知県小牧市出身)ツッコミ担当。立ち位置は向かって左。

■小沢一敬(おざわ かずひろ、1973年10月10日 - 愛知県知多市出身)ボケ、ネタ作り担当。立ち位置は向かって右。


【来歴】
両者とも名古屋吉本の養成所に通っており、共に吉本興業名古屋事務所の2期生。小沢は幼馴染とオーディションを受け、井戸田は高校時代の同級生とコンビを組む予定であったが、オーディションにその同級生が現れず、結局1人で受ける。受験番号が前後であった事、小沢のコンビのネタの完成度が高かった事、井戸田は声も出ており陽気で騒いでいた事などから、互いに印象に残っていた。養成所では常にライバル関係で、名古屋に所属している芸人のオーディションがリーグ戦形式で行われ、小沢のコンビは毎回優勝、井戸田のコンビは、毎回2位(小沢のコンビが出場しなかったら1位)であった。余談だが小沢は名古屋吉本在籍時に「オールザッツ漫才」に出演した事がある。また、吉本時代は、育ての親である吉本興業の新田敦生(大阪制作チーフプロデューサー、当時は名古屋吉本の所長)に非常に世話になり、ホリプロに所属してからもラジオで共演を果たし、プライベートでも親しくしている。

その後、井戸田は上京、アルバイトをしながら活動。この頃、小沢がコンビを解消したと聞き、以前より小沢とコンビを組みたいと考えていた井戸田は、小沢に声をかけた。しかし、腰の重い小沢は名古屋からなかなか出ようとせずコンビ結成に意欲を見せない為、井戸田がトラックをレンタルして名古屋まで小沢を迎えに行き、小沢は身ひとつで上京した。小沢は住まいが見つかるまで井戸田の家に居候し、井戸田は小沢の昼食を作る為にアルバイトの昼休みに帰って来ていた。そして、1998年12月11日にスピードワゴンを結成。当時のM2カンパニー(現・ホリプロコム)社長の宮原匡彦に誘われ、同社所属タレントとなる。

仕事も無く、月給3000円が続いていた頃、転機となったのは2002年『M-1グランプリ』へのワイルドカード(敗者復活)での出場である。無名コンビであった為、注目度も高まり、給料は30倍になったという。この時に小沢が井戸田に何のネタをするか話した際、井戸田は「来年から忙しくなるよ」と声を掛けた。その言葉通り、テレビ出演も増え、知名度も上がった。同年の大会では立川談志に「俺、下ネタ嫌いなんですよ。」とネタを酷評された。だが後日、談志に実力を認められ評価された。2003年には『M-1グランプリ』への敗者復活でない決勝進出を果たした。同年に『爆笑オンエアバトル』(NHK)でファイナル2位。勝率0.750、オンエア率15/20でゴールドバトラーの称号を与えられ、同番組の黄金時代を支えた芸人の1組でもある。

小沢がプライベートで使用していた「甘い言葉」をネタに使用、一気にブレークした。『爆笑オンエアバトル』では漫才でそれなりの定評を得ており、本分は漫才である為、古株のファンからは安易なネタに走りすぎたとの指摘もあったが、良くも悪くも、更に知名度、人気を上げるきっかけとなった。また若手芸人の登龍門的存在の『エンタの神様』(日本テレビ系列)に出演した事も知名度向上に大きな影響を与えた。同ネタを番組内で使ってもらおうと始まった(後に趣旨はずれるが)『激あま〜い』(TBS)に出演、キー局での初メインレギュラー番組となった。余談であるが、以前スピードワゴンと名古屋の正月特番で一緒になったナインティナインの岡村隆史は「正直、やっぱスピードワゴンって名古屋でくすぶってた感ありましたもん。」と発言しており、M-1決勝進出からこの時期にかけてが、やっと東京で花開いた時期でもある。

2005年9月14日、井戸田が安達祐実と入籍。この日は安達の誕生日だった(安達はこの時点で妊娠2ヶ月で、2人は「できちゃった結婚」となった)。また安達の母親で井戸田の義母である安達有里がヘアヌード写真集を発売した事や写真集発売とほぼ同時期に井戸田の不倫疑惑が写真週刊誌に報じられた事で、何かと話題を集め、メディア露出が格段に増えた。その一方で、井戸田と安達の芸能人としてのランクの格差を指摘する人達が多く、「現時点で女優と結婚する事が甘い」とギャグ交じりに皮肉られたり、「来年消える芸人ランキング」の上位にランクインし始めた。「甘い言葉」は以前からしていたネタであるが、井戸田が結婚してから出演するバラエティ番組で毎回と言っていい程、頻繁に使い、漫才を知らない人からは「甘い言葉」しかネタが無いと思われる事がある。漫才が色あせ始めたと指摘するファンが多く、「甘い言葉」でファンになった人と、漫才を好むファンの間で多少の意見の食い違いが生じている。

2004年の「M-1グランプリ」に出場するも、準決勝止まりで敗者復活戦も辞退(福岡でイベントがあった為辞退したという説が有力)。2005年も期待されていたが、不出場。ファンの間では、井戸田が結婚したおかげで決勝まで行けたと言われるのを嫌ったから、だとの憶測が飛んだが真相は不明である。何れにせよ、何の報告も無かった為、賛否両論を巻き起こして、ファンの間に波紋を広げた。2006年も未出場。スピードワゴンは2008年まで出場可能であるため出場を期待しているファンも多い。2006年12月27日放送回の「スピードワゴンのキャラメル on the beach」で、2007年に出場する(会話の流れで、という可能性もある。)という会話をし、ファンを驚かせた。


【特徴・芸風】
■小沢が荒木飛呂彦の漫画『ジョジョの奇妙な冒険』のファンであり、コンビ名は作中に登場する架空の人物・ロバート・E・O・スピードワゴン及びその人物が設立した財団の名称、スピードワゴン財団に由来する。その縁で、2007年公開の映画『ジョジョの奇妙な冒険 Part1 ファントムブラッド』にゲスト出演するが、皮肉にも構成上の理由から(元ネタの方の)スピードワゴンは登場しないことになった。

■「名古屋市出身のお笑い芸人」と紹介される事があるが、実際は小牧市と知多市出身である。しかし両市とも名古屋市に比べると余り知られていないため、2人共「名古屋出身」と言っている。

■自ら「態度の悪い芸人」と称している。

■東京を拠点としているが、地元愛知県の仕事も多い。

■コンビ仲が良く、プライベートや性格のことを互いにネタにしあっている。小沢が井戸田を支えている様に見られる事が多いが、実は人見知りな小沢を井戸田が持ち前の愛嬌でカバーし、精神的な面は井戸田が支えている。一方で、井戸田の天然ボケ(バカともいえる)を小沢がフォローしていたりする。これが井戸田が「スピードワゴンの愛嬌」、小沢が「スピードワゴンの頭脳」といわれる所以である。

■「甘い言葉」のネタしか知らない人と、漫才を知る人では、かなり評価が分かれるコンビである。

■ノーナ・リーヴスの西寺郷太から「スピードワゴンは、家族感覚みたいなきもちで見てしまう。他の芸人さんは、ネタがつまらなかったら『つまらなかった』で済むけど、スピードワゴンは心配になる。」と評されている。

■最近、井戸田は「ハンバーグ師匠」というキャラを確立、そのキャラに扮した時は小沢のことを「よぉ、ライス!!」と呼ぶ。井戸田はこのキャラが気に入っていて熱くなるが、それに反比例するかのように小沢は冷めた態度をとる。


【漫才】
コント「甘い言葉」がよく知られているが、本分は漫才である。漫才には定評があり、M-1覇者であるますだおかだが自身のラジオで「スピワはM-1十分狙えるコンビ」と評価している。フリ、ボケなどがしっかりして、分り易い、割りと正統派な漫才をするが、ベタなボケと大声で特殊なツッコミから、「新感覚のポップ漫才」「妄想漫才」と称されることがある。ネタは青臭いものが多く、空想に入り込んだ小沢を井戸田が「小沢さーん!」と名前を呼んで現実世界に戻すのが特徴的。本人達曰く「グダグダ」である。また、非常にマイナス思考でブラックなネタも多い。

本人達は漫才に対し「素を出せる漫才はネタじゃない」「井戸田と小沢を知ってもらってる、という前提(で漫才すること)が恥ずかしくて仕方ない」と語り、マネージャーにすら漫才の練習を見せない。


【甘い言葉】
1.井戸田が小沢に対し「さん」付けで呼びかけ、「全くモテない」または「自分もモテたい」という内容の話を振り、小沢に「モテる方法」のアドバイスを仰ぐ。

2.井戸田の質問に小沢は、『甘いセリフ』をサラッと言う事が、モテる上で大事だと答える。

3.井戸田を女の子に見立て『甘いセリフ』のレッスンが始まる。
・【旅行の計画】や【クリスマス】など様々な設定で行い、小沢が『甘いセリフ』を言うたび、井戸田が「甘い(甘過ぎる)」という内容で絶叫。
・小沢が両手を挙げて十字架のようなポーズを取り、それを井戸田が拝む。
・井戸田が『凍らせたスポーツドリンクの最初の溶けかけ』や『生類憐みの令』に例え、小沢のセリフの甘さを讃える。

4.途中、小沢が誰もが認めないことを言うと、井戸田が手を上げながら、認められない趣旨の突っ込みを追加。

5.最後に井戸田が、これで自分もモテるかどうかを小沢に聞くと、その考えが甘い、または井戸田に対して甘いという事を補足。

6.井戸田が「いい加減にしろ」、もしくは軽くコケながら突っ込み、幕。(後者は『エンタの神様』などで多く使われた)

・井戸田が結婚してからは、最後に井戸田が自らの新婚生活になぞらえて絶叫し、小沢がキレる、という締め方も生まれた。

・井戸田がオチで無い所で絶叫してしまう事が多々ある為、小沢が指を鳴らしたら絶叫、という形式にしている。

・このネタは漫才の途中で行っていたネタであるが「エンタの神様」(日本テレビ)で個別でやってから、確立した。ただ、同番組に出演し始めた時は本来しているネタや芸風と異なるネタをさせられていたので、「甘い言葉」もやらされた可能性が高い。

・ダイノジの「もてる〜」というネタを似ている為、ファンの間で議論された時期がある。ダイノジが先にしている為、スピードワゴンがパクッたと言われているが、両コンビとも別物だと考えている様で、きちんと和解もしている。

・甘い言葉の前は小沢のオカマキャラでネタにはいっていき、最終的に井戸田が「あたし認めなーい」というネタだった。

・井戸田が結婚後初めて『笑いの金メダル』に出演した時、「俺モテたいよ」と言ったところ、観客からブーイングが起こり、小沢が「逆に教えてくれよ」と発言。オチでは井戸田の「俺の新婚生活くらい甘いよ」と言う台詞に小沢が「いいかげんにしろよ!」とキレて終わった。


【エピソード】
■以前は2人とも名古屋吉本(吉本興業名古屋事務所)に所属していた。当時はブレークしなかった為、雨上がり決死隊から「ギャラが安いから、お前ら辞めて正解だったよ」とも言われている。名古屋の番組では雨上がり決死隊と共演していたため、雨上がり決死隊とは仲が良い。

■ 両者とも相当な下ネタ好き。過激すぎる事がある為『芸能人専用タクシー し〜たく』(テレビ東京)では「危険コンビ」とまで称された。「M-1グランプリ2002」では、敗者復活で出場するものの、立川談志に下ネタを酷評されたことがあるため、以降下ネタを控えめにしている(酷評したのは立川がフェミニストであるからだと思われる。後日、立川から改めて認められた)。その反動か自身のラジオ番組「スピードワゴンのキャラメル on the beach」では下ネタのオンパレードである。

■M-1グランプリ2003のDVDでは、ネタの音声が著作権の関係で大幅にカットされてしまった(童謡「サッちゃん」の替え歌を扱ったネタだったため)。

■楽屋でテレビを見ていてどちらかが寝ると、小沢は音量を小さくし、井戸田は構わずそのままの音量で観続けるが、小沢に毛布をかけてあげるらしい。

■自身のラジオ番組で、番組内の自分達の駄目な所はどこかとリスナーに募集したところ、「私語が多すぎる」との意見が殺到したらしい。

■井戸田は小沢が大の犬嫌いにも関らず、引越し祝いとして犬を安達と共にプレゼントした。折りしも井戸田と安達が週刊誌で報道された直後であり、小沢が「本当に付き合ってるんだ…」とショックを受けていたことも相まって、犬をプレゼントされた事に対し「俺が犬嫌いなの知ってるじゃん!」と怒った。さらに「ボケに命を使っちゃ駄目だよ!」と井戸田にその犬を持って帰らせ、帰りの車内で井戸田と安達は喧嘩になった。その後、その犬は友人であるウエンツ瑛士に引き取られ、「オザワ」と命名されたらしい。テレビでも、度々登場している。

■『Qさま!』(テレビ朝日系列)で「解散する」旨のドッキリを仕掛けられた井戸田は、小沢を傷つけないように優しく説得し、相方思いの一面を見せた。一般的には小沢がフォローしているように見える関係だが、このドッキリで実は逆である事が明らかとなった。なおこの時、小沢は井戸田の「スピードワゴン面白いよ」という言葉に感動して泣いてしまった。

■関西テレビ「南海パラダイス」にて森下千里にアイドル食いまくってる芸人として挙げられる。ただしイニシャルトークなので真相は不明(お笑いコンビSのI、Oとして紹介)。森下は独身時代の井戸田に告白されたことがある為、何かにつけてこの話をする。

(出典:Wikipedia)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?b=20070513-00000155-sph-ent



[PR]
☆★☆新規お申込みの方15〜18%!!☆★☆

◎こんなに便利なライブドアクレジット◎

☆使い道は自由!

ご利用使途はお客様のライフプランは併せてご利用下さい。

☆パート・アルバイトの方でもOK!

20歳以上の方で定期的な収入のある方であればお申込出来ます。
もちろん自営業の方やご主人がお勤めに出られている主婦の方でもお申込み
できます。

☆会員の方にはお電話1本でお振込!

ご契約後もお電話一本でご登録頂いたお口座へお振込いたします。

★お申込みはココ★
http://ad.affipa.ne.jp/LK00078066/PS00026557/click.cgi
あのライブドアのクレジットサービスです!
[PR]

夏川 りみ エピソード&プロフィール

夏川 りみ(なつかわ りみ、1973年10月9日 - )は沖縄県石垣市出身の歌手で、本名は兼久 りみ(かねく りみ)。旧芸名は星美里。
所属事務所は三井エージェンシー→フリー(ビクターエンタテインメント預かり、2007年1月〜)


【概要】
■幼少期から父親に連れられて各地ののど自慢大会に出場して主に民謡を歌い多数の賞をもらう生活だった。そのためねたみから地元でいじめにあうことが多く、早く石垣島を出たかった。中学時に上京、田辺エージェンシーに所属。堀越高等学校に入学し、ポニーキャニオンから演歌歌手星美里としてデビュー、ぱっとしないまま、一時帰郷し、姉の飲食店を手伝ったりラジオのアシスタントをして、再デビューした。

■『涙そうそう』で一躍有名となり、それ以降、「童神〜ヤマトグチ〜」、「ココロツタエ」、「愛よ愛よ」などのヒットを放つ。堀越高校卒業で、SMAPの稲垣吾郎とは高校の同級生(修学旅行で一緒の班だった)。

■現在では沖縄県出身であることを再認識し、沖縄関係のコンサートへの出演が多く、また沖縄関係の雑誌にコラムが載ることが多い。

■天性の歌声と実力がありながら、リリース曲の多さの割にそれらが生かされた曲にそれほど恵まれてはいない、という評価も多い。

■最近では、特に「涙そうそう」を歌うときなど、三線を弾きながら歌うことも多い。


【特徴】
■歌う時、手話のような振りをする時がある。「童神」での赤ん坊を抱く様子や、「さようなら ありがとう」での“笑ってね”という歌詞に合わせた“笑う”という手話、など。2006年の紅白歌合戦で「花〜すべての人の心に花を〜」を歌唱したときも、歌詞にあわせて手話を行なった。

■コンサートなどでは鼻緒付きの履物を履いていることが多い。沖縄の特産品であるおとひめサンダルを履いていることが多い。


【涙そうそう】
オリコンシングルチャートトップ100登場の歴代2位(2005年10月24日付現在で147週ランクイン)、オリコンカラオケチャートで37週1位(2005年11月14日付現在、ただし連続ではない)を記録しているロングセラー。

BEGINが歌っているのを耳にした夏川が、自身も歌いたいと申し出た。偶然にも、BEGINのメンバーと夏川の姉が同級生であったことも幸いし、BEGINも快諾したことから夏川の歌手人生が大きく変わりだした。

(出典:Wikipedia)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?b=20070514-00000005-ykf-ent



[PR]
☆★☆新規お申込みの方15〜18%!!☆★☆

◎こんなに便利なライブドアクレジット◎

☆使い道は自由!

ご利用使途はお客様のライフプランは併せてご利用下さい。

☆パート・アルバイトの方でもOK!

20歳以上の方で定期的な収入のある方であればお申込出来ます。
もちろん自営業の方やご主人がお勤めに出られている主婦の方でもお申込み
できます。

☆会員の方にはお電話1本でお振込!

ご契約後もお電話一本でご登録頂いたお口座へお振込いたします。

★お申込みはココ★
http://ad.affipa.ne.jp/LK00078066/PS00026557/click.cgi
あのライブドアのクレジットサービスです!
[PR]

小池栄子 エピソード&プロフィール

小池栄子(こいけ えいこ、1980年11月20日 - )は、東京都世田谷区出身のタレント、女優。所属事務所はイエローキャブ。血液型はAB型。

イエローキャブの系列会社であるサンズに所属していたが、2004年11月に両社の社長であった野田義治がイエローキャブを辞任したことをきっかけとして、イエローキャブへと移籍した。

左利き。若干、右も使える。


【プロフィール】
・生年月日: 1980年11月20日
・現年齢: 26歳
・出身地: 東京都世田谷区
・血液型: AB型
・公称サイズ(2006年時点)
 身長 / 体重: 166 cm / 50 kg
・スリーサイズ: 91 - 59 - 87 cm
・靴のサイズ: 25 cm


【人物像】
場に応じた物怖じしないトークが印象的なためかバラエティタレントというイメージが強いが、女優としての仕事も多く、特に”狂った女”の演技には定評がある。

実家は幼少期はパチンコ店で、現在ゲームセンター。世田谷区立代沢小学校、和洋九段女子中学校・高等学校卒。中学・高校時代に創作ダンス部に所属していたこともあり、ダンスが特技。

デビュー後しばらく水着のグラビア仕事が多かったことからは信じ難いが、幼児期に溺れかけた体験があるため現在でも水恐怖症である。

ちなみにデビューはグラビアアイドルながらも、スカウト時に水着はやらない条件で芸能界入りしたのに、実際にはグラビアアイドルとしてデビューさせられたため「事務所に騙された」とTVでコメントしている。デビュー当時のキャッチフレーズは「宇宙一のメロンパイ」

巨乳ブームの火付け役的存在。だが、デビュー当時のグラビア写真では、現在のような巨乳はない。巨乳ブームが訪れたときに突然巨乳アイドルとして活躍を始めた。これによって世間には小池栄子偽パイ疑惑が存在するが、野田義治社長は「X線写真を撮ってでも偽パイ疑惑を晴らしたい」と言っている。実際に「アッコにおまかせ!」の中でX線写真を撮ったことがあり、偽パイではないことが証明されたが、乳が垂れていることが発覚してしまった。

井上和香とは同じ畑で活動していることから時折ライバルとしてネタにされるものの、実際はプライベートでMEGUMIと3人で一緒に食事することが多い。また、グラビア系ではないが矢沢心とは高校時代からの親友である。巨乳グラビア系ではカリスマ的存在で、乙葉、熊田曜子、磯山さやかも彼女が近くに来ると必ず挨拶をしていると言う。あからさまな巨乳のため、某ページで胸の手術を受けたのではと掲載され、これに小池が激怒し、裁判沙汰になったことがある(その後掲載者に不利な証言が多数得られたため、地裁判決直前に掲載者が謝罪して和解)。また、この間に、テレビに出演する女性の肖像権を管理すべきと発言し、2004年に肖像権を守る会設立の裏の主役となり、更に、CMやポスターでモーニング娘。らと共演。

顔に関しては、島田紳助からよく新幹線やウミガメに似ていると言われている(“癒し系”ならぬ“威圧系”の顔とも言われる)。また、テレビ番組「SMAP×SMAP」にゲスト出演したとき木村拓哉からミートくん(漫画・キン肉マンに登場するキャラクター)似と言われた。その他「悪いウルトラマン」「仏像」などと言われることも多く、本人も時折トークでネタにしている。他に米倉涼子に似ているとも言われる。そして山口智充によく顔真似をされている。

岡村隆史などからよくいじられる。

余談だが、小池がレギュラーおよびゲスト出演した直後の一部の番組は出演後1年以内に終了してしまうという妙なジンクスがある(例:日本テレビ「ウリナリ!!」や毎日放送「ジャングルTV〜タモリの法則〜」、フジテレビ「クイズ$ミリオネア」(ミリオネアにいたっては末期にあたる2007年3月8日にゲスト出演)など)。

歌うことについてはかなり音域が狭く声がひっくり返りやすいため、強い苦手意識を持っている。また、ウリナリの社交ダンス部ではゴルゴ松本とのコンビでは1級を獲得し、国内タイトルも獲得した。2005年にイギリスで開かれたブラックプールダンスフェスティバル(全英オープン大会 杉本彩・南原清隆組も)に出場する快挙も成し遂げた。

現在の恋人は、リングス(前田日明主宰、現PRIDEヘビー級王者エメリヤーエンコ・ヒョードルなどが在籍した総合格闘技団体)出身で、現在はDSEのハッスルを主戦場とし、ZERO1-MAXにも定期参戦するプロレスラーの坂田亘。実際、ZERO-ONE(ZERO1−MAXの前身団体)の会場に小池を観戦させ、リング上で坂田が告白したという時があった。(実際は小池がプライベートで坂田に告白した)

PRIDEでゲスト解説をしており、アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ(ノゲイラ兄)の熱烈なファンでも有名。解説者として仕事をするには、建前上、公平な解説をするのが原則なのだが、小池が、あまりにもノゲイラ兄を一方的に応援する為、それを非難する格闘技ファンも少なくない。ノゲイラ兄とミルコ・クロコップが対戦した時、ノゲイラ兄は一方的にミルコに攻められピンチに陥るが、見事な逆転勝利を収めた。その直後、小池は大声で奇声をあげながら泣き喚いた。不快に感じる視聴者は多く、小池への非難意見が殺到した。放送サイドからも相当叱られた(叱られた趣旨の話をジャンクSPORTSで話していた)のか、それからの小池は解説席でもめっきり大人しくなった。そのおかげかノゲイラ兄vsミルコ戦の時と比べると、小池への非難の数はかなり減ってきている。

「ワンナイR&R」でSせんと言うキャラを演じていたほか、「堂本剛の正直しんどい」で躊躇なくアンガールズの田中卓志をビンタする姿から実際にSなのでは?といわれることもある(「めちゃ²イケてるッ!」でも同じようなことがいわれた)。ただ、「ロンドンハーツ」の「格付けしあう女たち」コーナーに出演した時は「私は極上のM」と発言している。それを裏付けるかのように「踊る!さんま御殿!!」では「彼氏にはお前と呼ばれたい。(彼氏の)所有物になったような気がしてすごくいい」とも発言したこともあった。

CHAGE and ASKAのASKAの大ファンであり、本人によると小学生のころは「絶対結婚するんだ」と言っていたらしい。2005年11月に自身のラジオ番組にASKAがゲスト出演した時はとても感激し、放送終了後も暫くスタジオ内で余韻を味わっていたという。またその時の番組内のトークで2004年8月に行われたCHAGE and ASKAの「熱風コンサート」にひとりの客として聞きに行っていたことが判明。ASKAは「全然分からなかった」と驚いていた。

「結婚を夢見ていた」ほど浅草キッドの水道橋博士の大ファン。

ブレイク後も長らくグラビアを続けていたがイエローキャブ分裂を機に事実上グラビアからは引退した。


【エピソード】
■本人曰く、中学三年生までおねしょをしていたらしい。

■以前、爪を噛む癖があった。

■2007年2月現在、自動車の運転免許を持っていないが、本人曰く「2007年中に取る」とのこと。 

■「徹子の部屋」(テレビ朝日系列)に出演した際「日本の女優は演技人が少ない、私は(演技で)求められればヌードになっても良い。」と演技にかける情熱を語った。この熱意が高い演技力と評価に繋がっている。

■初体験は高校生らしい。(2006年9月20日放送「水10!ワンナイ3時間超人気者全員集合SP」より)

■好きな体位は基本的に正常位らしい。

■祖父はパチンコ屋の創業者。(2006年11月20日放送「カンブリア宮殿」より)

■現在は、ゲームセンターとなっている。これも小池の実家の経営。

■幼少時は一輪車に乗るのが得意で、地元の下北沢中を一輪車で走り回れるほどの腕前だったらしいが、テレビで再び挑戦したところ乗れなくなっていて本人も相当のショックを受けていた。(2007年2月7日放送「わたしが子どもだったころ」より)

■今まで生きてきた中でアルバイトはわずか5時間しか経験しなかった。(2007年2月15日放送「ダウンタウンDX」より)

■ベッカムがかっぱ巻きを食べた箸を持って帰った。(2007年3月18日放送「ジャンクSPORTS」より)

■芸能界デビュー前にカットモデルの仕事をしていたことがある。また15歳のとき「バスト93センチGカップ女子高生」として、雑誌及びTV番組「1億人の大質問!?笑ってコラえて!」に出たことがある。

■「ワンナイR&R」で共演した宮迫博之とは仲が良く「彼氏ができたときは必ず宮迫さんに紹介している」と「あっぱれさんま大教授」出演時に語っている。

(出典:Wikipedia)



[PR]
☆★☆新規お申込みの方15〜18%!!☆★☆

◎こんなに便利なライブドアクレジット◎

☆使い道は自由!

ご利用使途はお客様のライフプランは併せてご利用下さい。

☆パート・アルバイトの方でもOK!

20歳以上の方で定期的な収入のある方であればお申込出来ます。
もちろん自営業の方やご主人がお勤めに出られている主婦の方でもお申込み
できます。

☆会員の方にはお電話1本でお振込!

ご契約後もお電話一本でご登録頂いたお口座へお振込いたします。

★お申込みはココ★
http://ad.affipa.ne.jp/LK00078066/PS00026557/click.cgi
あのライブドアのクレジットサービスです!
[PR]

宇多田ヒカル エピソード&プロフィール

宇多田 ヒカル(うただ ひかる、1983年1月19日 - )は、日本の女性シンガーソングライターである。本名:宇多田 光(読みは同じ)。アメリカ合衆国ニューヨーク州出身。身長158cm。血液型A型。コロンビア大学中退。日本とアメリカの二重国籍である為、日本人であると同時に日系アメリカ人でもある。


【来歴・概要】
演歌歌手であった藤圭子の娘としても知られる。愛称は「ヒッキー(Hikki)」で、ニューヨーク時代に友人からつけられた。 邦楽において、他の追随を許さない独自の音楽性によってカリスマ的な存在感を持ち、「日本の歌姫」と称されるほどの実力派女性シンガーソングライターである。 また、身近な出来事の中にある深層心理を描いた歌詞世界は宇多田ヒカル独特の雰囲気を形作っている。 10代から40代と幅広い人気を誇るシンガーである。

所属事務所は「U3MUSIC」で、父親で音楽プロデューサーの宇多田照實がU3MUSICの代表取締役で、母親で演歌歌手の藤圭子はU3MUSICの役員として所属し、宇多田一家の音楽活動およびそのサポート業務を行っている。レコード会社は主に東芝EMI。

●1993年〜2000年
■米国居住時代の1993年、U3(父:宇多田照實と母:藤圭子とのファミリーユニット)名義で『star』を発表。また同じく米国で1997年にCubic U(宇多田家の3乗の意味)としてソロシングル『Close To You』とアルバム『Precious』を発表。なお、日本では1996年に「藤圭子 with cubic U」としてシングル『冷たい月〜泣かないで〜』を発表、1998年5月28日に「Cubic U」としてNHK-BS2の番組「真夜中の王国」にテレビ初出演をしている。

■1998年12月、宇多田ヒカルとしてシングル『Automatic / time will tell』でデビュー。プロモーションはラジオ出演のみだったが、印象的なR&Bのサウンドやプロモーションビデオ、また宇多田が弱冠15歳で作詞作曲を手がけ、アメリカでデビューしている帰国子女である事や、かつての演歌歌手・藤圭子の娘だという事など、多くの話題性で一気にその存在を強く印象づけた。その結果、デビュー曲でいきなりのミリオンセールスを記録。

■1999年3月、1stアルバム『First Love』を発売。日本で860万枚以上(オリコンの売り上げデータは765万枚)、国外を含めると990万枚以上を出荷し、国内アルバム売り上げ史上歴代1位となる超メガヒットとなる(現在もこの記録は破られていない)この年に帰国し、活動拠点を日本に移す。それまでラジオ以外メディア露出はほとんどなかったが、6月18日の「ミュージックステーション」を皮切りに、「HEY!HEY!HEY!」「SMAP×SMAP」などのテレビ番組にも出演。いずれも番組最高視聴率を叩き出した。

■2000年、調布市野水のインターナショナルスクール「アメリカンスクール・イン・ジャパン」を12年生で卒業し、米国の名門コロンビア大学に入学。その後、約1年で退学。同大のジェラルド・カーチス教授の発言により退学していたことが露呈するまでの間、日本国内では
2002年から休学中であるという風に思われていた。「大学には私がおばあちゃんになったら戻るかもね」との発言をしている(アメリカの大学制度は、一度入学して在籍すると、復学が日本と違い容易。スティーブン・スピルバーグは、中途退学後に復学して卒業した。デーブ・スペクターによると、アメリカでは社会人の復学が多いとのことである。)。

■2000年7月、初めての全国ツアー「BOHEMIAN SUMMER〜宇多田ヒカル Circuit Live 2000〜」を開催。7月1日の国立代々木競技場 第一体育館を皮切りに、全国10ヶ所で開催。徳島公演の際には腰痛でダウンするという緊急事態もあったが、見事乗り越え、名古屋レインボーホールでの最終公演の後、千葉マリンスタジアムで3日間にわたって追加公演を行った。いずれの公演のチケットもプラチナチケットと呼ばれ、電話予約開始から瞬時に完売、ネットオークションなどで高値で広く出回った。千葉マリンスタジアム3日目の公演では、この日のためにJam_and_Lewis が初来日し、演奏に参加した。“最初で最後の全国ツアー”などとうたわれたが、2006年夏に2度目のツアーを開催した。

●2001年〜2003年
■2001年3月、2ndアルバム『Distance』を発売。発売日が浜崎あゆみのベストアルバム『A BEST』と重なり、「歌姫対決」と話題を集める。結果『Distance』の発売1週間の売り上げ枚数はオリコンで300.3万枚(邦楽アルバム初動売上1位)、プラネットで262.9万枚、サウンドスキャンで244.3万枚を記録し、日本の3大チャートのすべてで宇多田が浜崎を上回った。最終的に双方とも売り上げ400万枚を超える大ヒットとなり、結果的には宇多田が勝利した。売り上げ約450万枚(オリコン)。オリコン年間アルバムチャート1位獲得。

■2001年6月8日に起きた、附属池田小事件の被害者の1人が宇多田ヒカルのファンであったこと知り、本来リリースする予定であったシングルカット曲『DISTANCE』をバラード調の曲に作り直し、この子に捧げる曲『FINAL DISTANCE』としてリリースする。

■2001年7月、Tezuka Osamu @ Cinema企画のインターネットアニメ「ブラック・ジャック」で、ピノコ役の声優に起用される。声優の仕事は本人初の試みである。

■2002年1月、アメリカ合衆国のレコード会社「Island Def Jam Music Group」と契約。アメリカでのアーティスト名を「Utada」とし、本格的に米国進出を果たす。

■2002年4月、卵巣腫瘍(良性)と診断され摘出手術を受ける。テレビ出演などプロモーション活動の中止を余儀なくされ、出演予定だった「笑っていいとも!」のテレフォンショッキングは、急遽父親宇多田照實が代理で出演。術後も薬の副作用で体調が思わしくなくしばらく休養。

■2002年6月、3rdアルバム『DEEP RIVER』発売。テレビ出演はなかったが、雑誌・ラジオ番組でプロモーション活動を行った。発売1週間の売り上げ枚数はオリコンで235万枚、プラネットで189万枚を記録した。売り上げ約360万枚(オリコン)。オリコン年間アルバムチャート1位獲得。

■2002年9月6日、写真家で映画監督の紀里谷和明と電撃結婚する。
紀里谷はアルバム『Distance』のCDジャケットや『traveling』『光』『SAKURAドロップス』3rdアルバムのタイトル曲となった『Deep River』などのプロモーションビデオを手がけた。

■2003年1月19日、自身20歳の誕生日に、ライブストリーミング・イベント「20代はイケイケ!」を開催。トークの他ミニライブも行われ、井上陽水の「少年時代」のカバーなど全3曲を披露。約2130万件という驚異のアクセス数を記録している。

●2004年〜現在
■2004年3月、コンピレーションアルバム『Utada Hikaru SINGLE COLLECTION VOL.1』を発売。4週以上に渡ってオリコン1位を独走。250万枚以上のセールスを記録し、年間アルバムチャート1位に。

■2004年2月、3日/4日/7日/8日/10日に、ライブ「ヒカルの5」開催。武道館での5日間限定ライブ。定員5万人に対して100万件以上の応募があり、プラチナチケットとなった。

■2004年4月、シングル『誰かの願いが叶うころ』を発売。夫・紀里谷和明の初監督映画『CASSHERN』のテーマソングで、映画に関しては自ら音楽番組などでプロモーションに務めたおかげで興行的に成功したが、内容については評価が分かれた。(→CASSHERN参照)

■2004年10月、幾多の延期を経てアルバム『EXODUS』で全米メジャーデビュー。収録曲「Devil Inside」のリミックスシングルがダンスチャートで1位を記録するものの、アルバム自体はビルボードチャートで最高160位。2005年10月には同アルバムで全英デビュー。日本では全米発売から4週間早い2004年9月8日に先行発売され、全英語詞にも関わらずミリオンセラーを記録するヒットとなった。オリコンチャートで1位獲得。これ以降、日本でのシングルリリースがしばらく見られなくなる。

■2005年9月にシングル「Be My Last」を発売し、その後も立て続けにシングルを発売。再び日本での活動が盛んになった。また、プロモーションで出演したTV番組内で「去年診断された、慢性すい炎が少し良くなっていた。」と明かした。卵巣の摘出手術以降も体調はすぐれないものと思われる。2月リリースの「Keep Tryin'」は200万ダウンロード突破。その後NHKみんなのうたで、ぼくはくまが起用される。

■「誰かの願いが叶うころ」「Be My Last」「Passion」「Keep Tryin'」など、最近のシングルは作詞・作曲に加え編曲も宇多田自身が担当しており、活動の範囲を確実に広げている。NHK「トップランナー」では“シンガーソングライター”ではなく“音楽家”として紹介された。

■2006年6月14日、4年ぶりとなる4枚目のオリジナルアルバム『ULTRA BLUE』リリース。この発売に先駆け、収録曲「This Is Love」を配信限定シングルとして販売した。このアルバムは初動50万枚を突破し、1stアルバムからの初動50万枚突破記録を更新し、歴代1位となった。オリコン2週連続1位獲得。

■2006年、6年振り2度目となる全国ツアー「UTADA UNITED 2006」を開催。7月1日の宮城県総合体育館からスタートし、9月10日の代々木体育館まで全国11箇所全22公演行われた。国内でリリースされた曲の他にUtada名義でリリースした曲も披露し、まさに“集大成”となった。演出にはアリーナクラス最大規模のLEDを使い、夫・紀里谷和明もこれに演出監督として参加している。7月28日には、ZEPP大阪で限定シークレットライブ「One Night Magic」を開催。12時間の応募期間にも関わらず1万通を超える応募があり、プラチナチケットとなった。

■テトリスが好き。本人曰く「5才の頃から毎日プレイしている」ためか腕はかなりのもので、ニンテンドーDS版では、カンスト[1]を達成している([1])。2006年8月、任天堂が主催したイベント「宇多田ヒカルとテトリス対決!!」に参加。抽選で選ばれた一般者とテトリス対決を行い、26勝4敗という好成績を残した。テトリス開発者との対決も行い、1勝1敗。また、「テトリスはスポーツ」と発言している。

■2007年3月3日、仕事などお互いの生活のすれ違いを理由に夫・紀里谷和明と3月2日に離婚したことを、U3MUSIC公式サイトの日記「Message from Utada Hikaru/Utada」にて報告した。

(出典:Wikipedia)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?b=20070514-00000000-sanspo-ent



[PR]
☆★☆新規お申込みの方15〜18%!!☆★☆

◎こんなに便利なライブドアクレジット◎

☆使い道は自由!

ご利用使途はお客様のライフプランは併せてご利用下さい。

☆パート・アルバイトの方でもOK!

20歳以上の方で定期的な収入のある方であればお申込出来ます。
もちろん自営業の方やご主人がお勤めに出られている主婦の方でもお申込み
できます。

☆会員の方にはお電話1本でお振込!

ご契約後もお電話一本でご登録頂いたお口座へお振込いたします。

★お申込みはココ★
http://ad.affipa.ne.jp/LK00078066/PS00026557/click.cgi
あのライブドアのクレジットサービスです!
[PR]

宮崎あおい エピソード&プロフィール

宮ア あおい(みやざき あおい、1985年(昭和60年)11月30日 - )は、日本の女優。

東京都出身。所属事務所はヒラタオフィス。血液型O型。身長163cm。趣味は写真。特技はネイルアート。俳優の宮崎将は実兄。


【来歴】
■4歳の時、子役デビュー。主にCMを中心に活動。ドラマや映画にも出演していたが、名前の付かない役が多かったため、子役時代の彼女を知る人はあまり多くない。役名をもらい、本格的に女優業を始めたのは1998(平成10年)〜1999年(平成11年)頃。

■2000年(平成12年)、映画『EUREKA(ユリイカ)』における秀逸な演技力が高く評価される。(映画公開は2001年(平成13年))

■2001年(平成13年)、映画初主演の『害虫』で、第23回ナント三大陸映画祭コンペティション部門主演女優賞を受賞。(映画公開は2002年(平成14年))

■2002年(平成14年)、『EUREKA』で第16回高崎映画祭最優秀新人女優賞を受賞。
同年10月、BS-i連続ドラマ『ケータイ刑事 銭形愛』に主演。

■2003年初舞台で主演をつとめたミュージカル『星の王子さま』で、第41回ゴールデン・アロー賞演劇新人賞受賞。

■2004年(平成16年)、NHKドラマ『ちょっと待って、神様』の主役を務めて好評を博す。

■2005年(平成17年)、中島美嘉とダブル主演を務めた『NANA -ナナ-』が、2005年度実写邦画観客動員数第2位の大ヒット。社会現象になり、彼女の大ブレイクのきっかけとなった。

■2006年(平成18年)、NHK朝の連続テレビ小説『純情きらり』で、ヒロイン・有森桜子役を好演。知名度がさらに上昇した。そしてその演技が評価され、第44回ゴールデン・アロー賞放送賞(ドラマ部門)を受賞。

■同年10月、日韓合作の映画『初雪の恋 ヴァージン・スノー』に出演決定。京都、ソウルなどでロケを行い、2007年(平成19年)5月に日韓同時公開予定。

■2008年(平成20年)に放送予定のNHK大河ドラマ『篤姫』で、主人公の篤姫を演じる。放送開始時の年齢は22歳1か月であり、大河ドラマの主役としては歴代最年少になる。また、朝ドラのヒロイン経験者が大河ドラマの主役を単独で務めるのは初めてである。


【人物】
■蒼井優と仲が良い。(蒼井は映画『害虫』やCMで共演している。)お互いを「あおい」「優」と呼び合う。

■2000年に放送していた秘密倶楽部o-daiba.com及び株式会社o-daiba.com美少女IT戦士リアルシスターズで共演した、栗山千明、須藤温子、ベッキー、松本まりかとも仲が良い。誕生日にはお互いに各メンバーのお祝いをしに行くほどである。

■写真が趣味で、NikonFM3A(シルバーボディ)を愛用。常用レンズはAi Nikkor 45mm F2.8P(どちらも発売終了)。DVD「OLARE」「foto por favor」が契機となった。ストラップは、自分で麻ひもを編んでつくったものを使用している。(宮崎あおいファンである香椎由宇も同じシルバーモデルを使用していると自分の番組で話していた。また、黒川芽以も宮崎あおいがシルバーモデルを使用しているのを見て、ブラックモデルを購入したとニコンのHPにあるインタビューで語っている。)なお、ポラでも写真を撮っていて、PolaroidのSX-70を愛用している。また、こうした写真愛好家である一面から、オリンパスのデジタル一眼レフカメラ、E-410/510のイメージキャラクターに起用されている。

■同世代の女優の中でも抜きん出た演技力で、各方面から高い評価を得ている。また、「純情きらり」に出演して以来、ファンの層を一挙に広げ、知名度も上がったことにより、CM等での活躍も多くなった。

(出典:Wikipedia)



[PR]
☆★☆新規お申込みの方15〜18%!!☆★☆

急な出費に今すぐお答えいたします! 融資額 1万円〜100万円!!

※新規お申込みのお客様に限り年率15〜18%にて契約中!!

http://ad.affipa.ne.jp/LK00078067/PS00026557/click.cgi

ご融資条件と商品のご案内

■実質年率 15.00%〜29.2%
■遅延損害金 21.9%〜29.2%
■申込対象 20歳以上70歳未満で定期的な収入のある方
(正社員・パート・アルバイト・派遣社員・主婦の方・自営業)
■契約期間 5年ごとの自動更新
■返済方式 借入金額スライドリボルビング方式
■必要書類 健康保険証・運転免許証・パスポート等身分を証明できる
 書類・通帳(キャッシュカード)のコピー
■資金使途 原則として使途自由
■融資限度額 1万円〜100万円
■担保・保証人 原則なし
(高額のご融資に関しましては収入証明・源泉徴収・給与明細・担保・
 保証人等が必要になる場合がございます。)

★お申込みはココ★
http://ad.affipa.ne.jp/LK00078067/PS00026557/click.cgi

滝沢秀明 エピソード&プロフィール

滝沢秀明(たきざわ ひであき、1982年3月29日 - )は日本の俳優、タレント、歌手。東京都八王子市出身。ジャニーズ事務所所属。愛称は「タッキー」(Tackey)で、タッキー&翼としても活動している。身長169cm 血液型A型。最初はO型だったらしいが、調べなおしたらA型だったらしい。(本人談)


【来歴】
1995年、13歳でジャニーズ事務所に入った。 ちなみに同期は今井翼と屋良朝幸で事務所に入所した日が同じである(滝沢・今井談:ザ少年倶楽部プレミアムより)。同年フジテレビ系の『木曜の怪談』における主演を経て、1998年、鈴木保奈美と共演した『ニュースの女』で特に一般主婦層の間で美少年と認知され人気を得た。

その人気はジャニーズJr.始まって以来の中でも最も高いものの一つになるとも言われ、ジャニーズJr.を詳しく知らない人でも滝沢秀明と言う名前を知っているほどであった。

2002年9月、同期で当時同じくジャニーズJr.内で人気を得ていた今井翼とタッキー&翼として歌手デビュー。その後も俳優・バラエティの仕事も並行して精力的に続けている。2005年にはNHKの大河ドラマ、『義経』の主役に抜擢された。

2007年、鼻筋の骨が折れる事件があった。


【参加ユニット】
・怪談トリオ
・TOKYO
・タッキー&翼
・NO BORDER
・ジャニーズ草野球チーム


【人物】
●家族
■3人姉兄の末っ子。家族には「秀明」、親戚には「秀君」と呼ばれている。

■兄弟けんかばかりしていたが「お兄ちゃん大好き」「お姉ちゃん大好き」でもあり、いつも一緒に遊んでいた。今でも家族の事を「お姉ちゃん」「お兄ちゃん」「お母さん」「おばあちゃん」と呼んでいる。

■中学2年生からギャラを貰い16歳で1人暮らし開始、10代の頃から諸先輩方と長者番付に名を連ねていた。「1度でいいから孫と住みたい」という祖母の願いを聞いて、23歳で3億円とも言われる豪邸を都内に建て、親と祖母にプレゼントした。

■地元八王子市を愛しており、公式携帯サイトの自身の日記でもたびたび「八王子大好き」という発言をしている。

■小学生の頃は八王子市内の少年野球チームに所属していた。当時のチーム監督が経営しているラーメン屋には彼のサインや写真が飾ってある。

■作詞・作曲するときは「LaVenDer」という名前を使うことがある。

●趣味・嗜好
自分では「綺麗な男性」「美形」「美少年」といわれるのはうんざりしているらしく、自称「もっと男っぽい」との事。 理想の女性のタイプは「華奢な肩」「気配りの出来る人」で、巨乳には興味がなく、信号待ちの内股に女らしさを感じるとの事。理想のタイプの芸能人としては松下由樹の名をあげている。また、ズバリ言うわよ!内でヤンキー系が好きと発言しており、自分の顔の前で放屁されても構わないという。無邪気で何でもぶつけてくれる子が好き。(Myojoより)

又、業界でも有名なプロレス好きで、小学生の頃大仁田厚の追っかけをしていたほか、2000年には「力道山メモリアル」でアントニオ猪木とエキシビジョンマッチで戦い(レフェリーを務めた藤原喜明の高速カウントの助けもあって)勝利したこともある。

既に解散したがヴィジュアル系バンドPIERROTが好きだったとのこと。自身のPVや振り付け、衣装などにその片鱗をちりばめるなど、リスペクトしている。

かにが大好きで、よく富山に食べに行くらしい。

靴下が大嫌いで家に帰るとすぐに脱ぐ。

●特技・資格
18歳で普通自動車免許取得し、母親を乗せて1人暮らしの兄宅を訪ねた(「お兄ちゃんより先に免許をとった」と言う事を兄に自慢したかったらしく、悔しそうな兄を見て満足したとの事)。

●相棒・今井翼との関係
今井翼曰く「滝沢は、白い国の白い王子」「スターになるために生まれてきた」そうである。

●他の芸能人との関係
■ジャッキー・チェンと映画共演の構想がある(2006年1月20日に中国マカオ「グランド・エンペラー・ホテル」開催セレモニーにおける共同会見、および2006年3月3日に東京都内で開かれたジャッキー・チェン主演の「THE MYTH 神話」プレミア上映試写会における舞台挨拶より。特に後者では「脚本構想中」とジャッキー・チェンは述べている(デイリースポーツより)が実現するかどうかはまだ未知数である)

■バラエティー番組で共演している作家、タレント、占星術師である細木数子のお気に入り。

■大河ドラマ『義経』での共演者たちとは今でも仲良しで飲み会や旅行をしたりしてている。特に南原清隆、伊藤淳史とは仲良しな模様。

■NO BORDER(佐藤アツヒロ、山口達也、山下智久、村上信五、堂本光一、松本潤、Jr.の生田斗真)のメンバーでよく中飲み会をしているらしい。(支払いは割り勘との事)

■山下智久の山P、北山宏光のキタミツというニックネームは、タッキーがつけた。

■内館牧子とはプロレスマニア仲間。2006年7月3日に大田区体育館にて開催された全日本プロレスの興行「CROSSOVER'06最終戦」を並びの席で観戦している。

●その他のエピソード
■V6の三宅健に騙され、『学校へ行こう!』で素人の女性と合コンをさせられたことがある。ちなみに本人は最初乗り気だったらしい。

■当時の主題歌「One Day,One Dream」を歌った縁で日本テレビのTVアニメ『犬夜叉』147話・148話「めぐり逢う前の運命恋歌(さだめのこいうた)」声優を務めた(2004年4月)。本編から50年前を描く特別篇におけるシャコ(「珊瑚」の祖父にあたる妖怪退治『里の当時の統領)役である。ただし2005年01月19日に発売されたDVD版では他の声優で吹き替えられている。

■Mステでオリジナル曲を歌う等、ソロとしても十分な人気を誇っていたが本人は5人程度のグループを結成してデビューすることを夢見ていた。

■一時期、関西Jr.時代の渋谷すばる(関ジャニ∞)と人気を2分し、「東の滝沢」「西の渋谷」と異名をとっていたこともある。

■2006年、病院の待合室の椅子で生まれたことや学生時代の苦労など、自分自身の生い立ちなどテーマにした舞台「one」を上演。

■2007年2月に階段から落ちた際に顔を床に強く打ちつけ、鼻骨にヒビが入る全治1ヶ月半の重症を負ったが、本人の意向でタッキー&翼としての全国ツアーを続行した。その影響でファンを魅了した。

■2006年放送の「里見八犬伝」で共演したYa-Ya-yahの山下翔央が、最初なじめなかったとき、出演者全員で食事に誘い、それで打ち解けたという。(ザ・少年倶楽部より)

(出典:Wikipedia)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?b=20070513-00000030-dal-ent

[PR]
食べるフレグランスカプセル(バラの香り)

1日1粒飲むだけで吐息がカラダがバラの香りに。

板倉俊之 エピソード&プロフィール

板倉俊之(いたくら としゆき、1978年1月30日 - )は、お笑い芸人でインパルスのボケ担当。吉本興業所属。東京NSC4期生。兵庫県宝塚市生まれ埼玉県志木市出身。私立獨協埼玉高等学校卒。血液型B型。


【人物】
■同期の堤下敦と1998年インパルスを結成。結成前は、同期で現ロバートの秋山竜次・馬場裕之と「ゼナイル」というトリオを組んでいた。 その時はツッコミをやっていたが、ボケがやりたくなり解散、現在は念願かなってボケに転向する。ネタ作りも担当。ゼナイル時代はくりぃむしちゅーの上田に憧れていた。

■3人兄弟の次男。しかし、兄弟としては下にいくに連れてどんどん馬鹿になっている。板倉曰く「弟は完全にバカ」。

■禁煙に挑戦するも失敗。

■アンガールズの山根良顕の髪を触るのが好き。本人曰く「女の髪みたいでムラムラしてくるから」。またアンガールズよりは年下だが呼び捨てにしている(芸歴では先輩。アンガールズは2002年デビュー)。

■爆笑問題の太田光によく似ていると言われる。たいがー:りーやロシア大統領ウラジミール・プーチン、フードファイターの山本卓弥に似ているとの声もある。(うま年)

■自ら「鶏ガラ」と呼んでほしいと言っていた(番組内)

■「インパルスのブタじゃない方」と呼ばれたことに対して。ちなみに相方堤下はよくブタ扱いされ、「指がヒヅメ」「ブヒブヒ鳴く」「トリュフを探すのが得意」「ヒヅメなのにどうやってモノ持つの?」「ラードの汗が出てくる」等のネタで弄られることが多々ある。この「堤下弄り」は板倉自身もよく使う手。

■中学校の頃は頭は良かったが高校に入学してからは随分変わってしまった(女の子がいないと話にならないということで近くの学校には行かず、少し遠い所にした)卒業式は8人だった(メンバーはバカと問題児) 本人の問題っぷりに、両親が学校に呼ばれてしまったり、家庭訪問もした。しかし、ご両親は「本当に踏み外す事はない」と思っていたので心配はしていなかったそう(ラジオ内で話す)

■かなりの沖縄好きであり、長期の休みがあると毎回のように沖縄へ行く。2007年の年始にも家族で沖縄旅行をしたが、初日にノロウイルスを発症し、そのまま入院した。


【評価】
■コントには定評があり、様々なキャラクターを演じる(女装率高め)。2006年2月放送の「はねるのトびらスペシャル HANETORINO2006 お笑いフィギュア選手権」では、レイザーラモンHGにアドバイスをもらい、「ことわざの先生」というキャラクターを演じて優勝した。

■吉本興業の情報誌「マンスリーよしもと」内の吉本男前ランキングで、2年連続上位にランクされている。これについて「ヨシモト∞」の番組内で本人は「僕が入るのはおかしい、何かの陰謀じゃないかと思う」と発言。

■即席で出た言葉を変え、何気ない言葉を組み合わせ大爆笑を生む事から「言葉の魔術師」と称される。


【エピソード】
■2005年7月に「はねるのトびら」スペシャルにて、「ABUCHANS」でゲストの石橋貴明が打ったボールをエラーしてしまい、罰ゲームとして石橋に前髪を剃られ、東国原英夫或いは矢部太郎、アート・ガーファンクルのような頭になった。それではあまりに格好悪い為、やむなくメンバーによって坊主頭にされた。ようやく髪が伸びてきた10月、「とんねるずのみなさんのおかげでした」の「新・食わず嫌い王決定戦」にインパルスが出演。石橋は開始からバリカンを構えていた。対戦相手の内山理名に、板倉は実食一度目で梅干茶漬けが嫌いである事を当てられる。罰ゲームで石橋に前髪を剃られ、結局2度目の坊主頭になった。テレビ番組上の罰ゲームで1年で2回も丸坊主になったというのはよゐこの濱口優以来の快挙となる。

■「はねるのトびら」の企画「ハッピーバレンタインデー」(2006年2月8日放送、バレンタインデーに因み女装し、俳優達にチョコを受け取ってもらうという企画)で、一番最後までチョコを受け取って貰えなかった為に「お仕置き」としてプチ整形させられ、短期間だが一重になった。

■コントに度々登場するキャラクター、ヨハン・リーベルトは浦沢直樹の漫画『MONSTER』の同名のキャラクターがモデル。

(出典:Wikipedia)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?b=20070529-00000001-gen-ent

[PR]
約8割の人が効果ありと認めた消臭サプリメントとは??

杉浦太陽 エピソード&プロフィール

杉浦 太陽(すぎうら たいよう、本名すぎうら たかやす(漢字同じ)、1981年3月10日 -)は、岡山県出生、大阪府寝屋川市出身の俳優。大阪産業大学附属高等学校出身。


【略歴】
1998年テレビ朝日系ドラマ『おそるべしっっ!!音無可憐さん』でデビュー。

2001年に毎日放送系ドラマ『ウルトラマンコスモス』で主演。

『ウルトラマンコスモス』放送当時までは、本名である杉浦太陽(すぎうらたかやす)として活動していたが、同番組放送期間中の2002年6月14日、2000年頃に起こしたとされる知人(実弟の友人)への傷害・恐喝容疑で逮捕されたことから、メディアで名前が公表されることが急増。その後、傷害行為について被害者の狂言(おそらくコスモスでの人気を妬んだ物と思われる)であった事が判明し、処分がそれぞれ不起訴・起訴猶予として確定。処分確定後の心境を語るため、生出演したワイドショーにおいて、名前が読みづらいと指摘され、また自身もファンから「たかやす」と正しく呼ばれることは少ないとして、読みを「たいよう」と改めることを発表した。

このようなトラブルがあったものの、ウルトラマン関連のイベントに好意的に出演している。

実弟は、ミュージシャンであり、俳優の杉浦太雄。2002年には兄弟で「Ex.Bold(エクスボールド )」を結成し、音楽活動を開始した。

彼の父親と大平サブロー(吉本興業のお笑いタレント)は、太陽が生まれる以前から親友の間柄であり、自身も日頃から親交が深い。

辻希美と結婚すると、2007年5月8日の一部スポーツ紙で報道された。なお、勘違いされやすいが、彼は2007年の自身の誕生日(つまり報道の2ヶ月ほど前)にプロポーズを行い、辻が受け入れており、妊娠が発覚したのは5月であり、俗に言うできちゃった結婚ではない。最初の報道では、会見前であったこともあり、情報の混乱も多少見られた。その後、双方の事務所とも結婚を正式に認めた。会見は5月10日に行なわれる。

(出典:Wikipedia)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?b=20070524-00000027-dal-ent

[PR]
犬好き集まれ! 愛犬とオーナーのためのお役立ち情報いっぱい!

木村佳乃 エピソード&プロフィール

木村 佳乃(きむら よしの、1976年4月10日 - )は、ロンドン(父親の赴任地)生まれで東京都育ちの女優、歌手。トップコート所属。血液型はA型。学歴は成城大学文芸学部英文学科卒業。学位は学士(文学)(成城大学)。


【略歴】
■成城大学文芸学部英文学科卒業。学位:学士(文学)。シンガーソングライターの森山直太朗とは、成城学園で小中高大とすべて同期で、木村は成城学園初等学校時代同級生でクラスメイトだった。森山直太郎曰く、彼女は「優秀だった。」と述べていた。

■第21回日本アカデミー賞新人賞受賞。

■2004年には日韓共同訪問年広報大使、2005年からは日豪交流年観光大使などを務める。

■世界のホラー映画の巨匠13人が競作する「マスターズ・オブ・ホラー」シリーズ第2弾に、「DREAM CRUISE」(2007年公開予定)に主演し、ハリウッドデビューする予定である。


【人物・来歴】
■日本航空社員であった父親の転勤で乳児期はロンドン・中学時代はニューヨークですごした帰国子女。小学校から成城学園に通い、大学は成城大学文芸学部を卒業している。

■ニューヨーク時代に映画やブロードウェイミュージカルに親しんだことが女優志望のきっかけとなった。

■「幼少のころ、宝塚ファンの祖母から宝塚受験をすすめられていた」という長身(169cm)を生かし高校2年生のときアルバイト感覚で父親が勤務する日本航空のCMに出演。高校、大学時代はJJ、CanCamなどの読者モデルとして活躍していた。1996年、NHK総合テレビ「ドラマ新銀河 元気をあげる」で女優デビュー。その後女優と歌手の活動を並行して行う。

■高校では、馬術部に所属し、全日本高校馬術選手権女子ジュニアで4位入賞。

■28歳頃から髪型をおでこを全部出したものに変えた。

■「もう一人の愛する家族」はシェットランド・シープドッグのソロちゃん。

■30歳を越えた頃から大胆な露出(へそピアスや上半身セミヌード)を披露しておりイメージチェンジを図っていると思われる。

■自他共に認める体育会系で、共演者やファンから「もう少し色気が欲しい」と言われている。

■出演作品の関係などでの下ネタに類する演技・せりふ・本編以外のインタビュー等に対しても 意外なほどにあっけらかんとしているとのことで、外見とのギャップが 一部の人気を集める要因の一つともなっている。

■祖父はJNTO(国際観光振興機構)の理事を務めていた。

■母・姉は日本航空で客室乗務員として勤務していた。

■かなりの負けず嫌いである。

■ドリーム・クルーズで初共演する石橋凌は「木村佳乃さんは、流暢な英語で喋っていて羨ましかった」と言われた。


【その他】
■2005年の日韓国交正常化40周年記念「日韓共同訪問年」広報大使の日本側の代表に選ばれた。(韓国側はチェ・ジウが就任する)

■2006年の日本・オーストラリアの友好協力基本条約締結30周年などを記念した「日豪交流年」の日本側の「日豪交流年観光広報大使」に任命された。

(出典:Wikipedia)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?b=20070508-00000022-spn-ent

妻夫木聡 エピソード&プロフィール

妻夫木 聡(つまぶき さとし、1980年12月13日 - )は、福岡県山門郡三橋町(現・柳川市)出身で神奈川県横浜市戸塚区育ちのホリプロに所属する日本の俳優である。本名同じ、血液型はO型。 神奈川県立舞岡高等学校卒業。愛称はブッキー。


【公式サイズ】
身長171cm
体重55kg
チェスト81cm
ウエスト68cm
ヒップ83cm
靴27cm


【人物】
■1997年に300万人が応募した「スタアオーディション」でグランプリを獲得。

■1998年にドラマ『すばらしい日々』でデビューし、2000年に出演した『池袋ウエストゲートパーク』(TBS)でブレーク、2001年には『ウォーターボーイズ』(東宝)で映画初主演を果す。以後数々のドラマ・映画の主演で脚光を浴びた。代表作に、『池袋ウエストゲートパーク』(TBS)、『ブラックジャックによろしく』(TBS)、『ウォーターボーイズ』(東宝)など。

■兄はミュージシャンの妻夫木晋也でかつてRubii(現在は解散)というバンドに所属していた。現在ははなわのバックバンドを勤めるなど活動している。

■父は全日空の航空整備士。

■TBSの安住紳一郎アナウンサーや嵐の櫻井翔と仲が良い。

■日本だけでなく、韓国、香港、台湾などでも大変人気がある。1980年生まれであるので、いわゆる「松坂世代」といわれている。

■RADWIMPSの大ファンである。またMr.Childrenのファンでもある。

(出典:Wikipedia)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?b=20070601-00000007-sanspo-ent

[PR]
スジナシ 笑福亭鶴瓶×妻夫木聡×宮藤官九郎

スジナシ 笑福亭鶴瓶×妻夫木聡×宮藤官九郎

藤井隆 エピソード&プロフィール

藤井 隆(ふじい たかし、1972年3月10日 - )は、大阪府豊中市出身のお笑いタレント・俳優・歌手。吉本興業に所属している。血液型はA型。身長 173.8p 。妻はタレントの乙葉。


【略歴】
豊中市立南丘小学校、豊中市立第九中学校(女性シンガーソングライターの矢井田瞳も同校の出身)、大阪市立西商業高等学校(現・大阪市立西高等学校)卒業。高校在学中に阪神百貨店の「学生禁止」のアルバイトにあえて応募、接客テストで学生でない他の応募者より優秀だったのと、「顔が学生的ではない」という特別理由で採用された。

高校卒業後の数年間は化学薬品会社の経理課に勤務していた。1992年、サラリーマンを続けながらYSP(吉本新喜劇プロジェクト)へ。同年、毎日放送の「テレビのツボ」でテレビデビューを果たし、これを機に仕事を吉本興業に一本化。吉本興業の同期にはココリコ・中川家・陣内智則・たむらけんじらがいる。

新喜劇の全国展開が活発になってきた頃、中堅クラスの多くが遠征で不在で座長と二線級以下のYSPメンバーばかりで演じなければならない時期があった。この期間、ある病院で内場勝則の同室の病人が全員オカマというシナリオで、それまでゲジゲジ眉毛しかギャグがなかった藤井がオカマキャラを見事に演じ、出演メンバーの層の薄さに急激に冷め始めていた客席を異常に沸かせることに成功。そのままオカマの藤井として一気にブレイクし、わずか一ヶ月ほどの間に中條健一らと番組の冒頭で番組紹介をするほどになる。

一時オランダを放浪していたが、1997年、全国放送となった超!よしもと新喜劇番組内で演じたオカマキャラでブレイクした。同番組ではダウンタウンがゲスト出演した際に、松本人志の仕掛けにはまって浜田雅功とキスをするはめになった。これがきっかけでブレイクして以来、ダウンタウンの番組にも多数ゲスト出演。2001年には4年ぶりに復活した「ダウンタウンのものごっつええ感じスペシャル」に元々のレギュラー達と並んで出演している。

毎日放送ラジオの人気番組「オレたちやってま〜す」でも活躍し、藤井は、林原めぐみと水曜日を担当。アシスタントには初代に原史奈を迎え、以後周防玲子・藤本綾・加藤明日美と順に交代している。この時に林原と親交を深め、後年、林原が雑誌『NEWTYPE』に連載していた対談コーナーの最終回に藤井が迎えられ、また藤井の結婚式にも林原が出席した逸話もある。

2000年、浅倉大介のプロデュースによるシングル「ナンダカンダ」で歌手デビューし、同年「紅白歌合戦」(NHK)に初出場。この時ほかの出演者から「お前の歌なんて誰も聞かねえよ。」と言われビビっていたとか。翌年もRe:Japanのメンバーとして2年連続出場(ウルフルズとコラボレーション)し、「明日があるさ」を熱唱した。歌手としては2004年上海、ロサンゼルスでワールドツアーをおこなった。

2001年に放送がスタートし、一時はゴールデンタイムに進出した『BEST HIT TV』シリーズ(2006年終了)でマシュー南というキャラクターとして司会を務め人気を集めた(後述)。

2004年、劇場版アニメ「マインド・ゲーム」で初声優を務める。

2005年4月2日から、関西テレビ制作のフジテレビ系列で毎週土曜日の朝8:30からの情報系番組「ベリーベリーサタデー!」(『いつでも笑みを!』の後番組)の司会を鈴木杏樹とともに務めていた。(2007年3月で終了)

2005年5月7日に、乙葉との婚約を発表。同9日に会見を開いた。

2005年7月29日に入籍、翌7月30日に都内のホテルで挙式・披露宴を行った。

2006年6月2日、映画『カーテンコール』(2005年11月公開)の演技で、第15回日本映画批評家大賞 新人賞(南俊子賞)を受賞。


【人物】
■原則的に、ハイテンションで高慢で、ややオカマっぽい口調のキャラクターを常に演じている芸風。実際の性格は全く正反対で、とてもおとなしく礼儀正しい。テレビ出演初期は、その素の部分との落差を先輩に指摘されるというのもネタのひとつとしてあり、ブレイクのきっかけにもなった。ブレイクとともに芸風をスライドさせていったため、現在ハイテンションになることはめったにない。

■左の生え際にある直径1センチほどのホクロが特徴。

■趣味は音楽鑑賞・プラモデル作り・移動などの待ち時間の読書。特に氷点シリーズを愛してやまない。好きな写真集にちんかめシリーズがある。

■持ちギャグはや「フォ――!!」など。2001年ごろまではテレビでの登場の際、ほぼすべての出演番組で「HOT!HOT!」といいながら出演することが多かったが、最近は売れてきたためかあまり言わなくなった(最近では2007年に出演した「恋のから騒ぎ・・・ご卒業SP」「雨上がり決死隊のトーク番組 アメトーーク!」にて披露)。

■「オレたちXXXやってま〜す」初回、藤井隆が中心になる初めての番組という事で心配したよゐこが隠れゲストとしてゲリラ参加した際、よゐことしては、「必要ない!!」とツッコんでほしかったそうだが、藤井は感激のあまり放送中泣き出してしまい、結果その回は最後までよゐこが仕切り、藤井は聞き役に回った。また、この後のスペシャルウィークでは、再びゲストとして登場したよゐこに対し「一人でやって行けることを証明する」と宣言、張り切りすぎた結果、聴いているリスナーにとってはそれが“藤井一人の勝手な暴走”と映ってしまい、ラジオ中から次の週にかけて大量の苦情、批判がよせられ、翌週放送上で謝罪、それでも気がすまないとハガキを送ってきたリスナーに対しては自ら謝罪文を書いて返信するという事態になった。

■2005年10月22日にテレビ朝日系列で放送されたプロ野球日本シリーズ第1戦「千葉ロッテマリーンズvs阪神タイガース」の始球式を「マシュー南」として務めた。しかし、野球、ロッテとは何の関連もない番宣目的での始球式であること、これから試合が行われるマウンドに落書きをしたことなどが一部の野球ファンなどから顰蹙を買った。

■病的なまでに人見知りで、プライベートではスイッチが切れたように大人しくなる。結婚するまでは、仲のいい友人はココリコ田中直樹、ロンブー田村亮、YOU、 吉村由美、西川貴教程度であった。

■また、非常に几帳面な性格でも知られる。きれい好きで有名な今田耕司からも「家政婦みたいや」と絶賛されるほどである。

■母親が阪神タイガースの大ファンであり、藤井の阪神情報は全て「ベリサタ」で共演していた金村義明からではなく母親伝いで入ってくる。

■礼儀正しく、腰が低いことでも有名である。取材でも記者との待ち合わせ時間に遅刻することはまずなく、相手の記者がたとえ5分でも早く来ていたときは「お待たせして申し訳ありませんでした」というらしい。そのため、同僚からもマスコミやスタッフの評判も非常に良い。吉本新喜劇の共演者からも「藤井くんはみんなに好かれているから、いいフリがたくさん来るんや」と評されていた。

■最近は司会の仕事が多いが、彼が司会を務める番組は全て視聴率が今ひとつで、「藤井隆は司会者には向いていない」などと言われる事が多く司会者としての評価は低い。かつて笑っていいとも!のレギュラーの時にタモリにはあまり評価はされておらず、それが当たってしまった形になっている。最近は「藤井は俳優に転向させた方が良いのでは」という声が多い。

■誰に対しても人当たりの良い人柄ではあるが、「HEY!HEY!HEY!」の企画でkiroroの玉城千春と何も知らされずお見合いさせられた時は乗り気ではないリアクションを連発し、最終的には「こっちにだって断る権利はあるのよ!」とややおカマ口調で言い放ち、交換した電話番号のメモを破り捨てるというギャグをかまし玉城を泣かせてしまった。ダウンタウンにも「それはあかん!」と頭をはたかれまくられ、本人もやりすぎた事を自覚し平謝りしていた。また、再度出演した際に、今度はこれまたファンだという花*花と一緒になったが、こじまいづみに対してまたもや乗り気ではないリアクションを見せてしまい、こじまに「もういやや」と散々言われた挙句「(電話番号のメモを)破って捨てるんでしょ?」と突っ込まれていた。

■デビュー曲「ナンダカンダ」の衣装をきた藤井のフィギュアが海洋堂で作られることになったのだが、「サイズ通りのバランスで作ると頭が大きくて倒れてしまうのでサイズを修正してよいか」と言われてショックを受けたらしい。藤井はこのことについて番組で「隆はこれで生きているんです!」と絶叫した。

■オカマキャラは彼の代表作だが、「テレビのツボ」では普通の好青年だった。さらに、このキャラは後の夫人となる乙葉が嫌っていたらしく、一定の人気を得たことと共に徐々にこのキャラ色を消していくことになる。

■オカマキャラだが、なぜか一人称は「わたし」ではなく「僕」。但し、オカマキャラを演じるとき、自分のことを「隆」と呼ぶこともある。

■視力が悪く、コンタクトレンズを使用している。

■非常に髭が濃く、朝に剃っても夕方には青くなっている。


【主な持ちギャグ】
現在はタレント活動が主でギャグを見られる機会は少ない。

■「フォーーーッ!!」
共演者が藤井の胸を触り「アッ、アッ、アッアッアワワワワワワッ・・・」と喘ぎながら手が股間に達した時に叫ぶ。ただし、最後に口を押さえられることがあり、その時は他の共演者が「フォーーーッ!!」と叫ぶことになっている。

■HOT!HOT!ダンス→「○○に出会えてよかった、うれしはずかしオーマイハート、○○に出会えてうれしい僕の体の一部がHOT!HOT!」(共演者に突っ込まれるまで「HOT!HOT!」を繰り返し続ける)。
前振りとして「この喜びを踊りで表現したいと思います!」と言い、ダンスが始まる。
パターンは「○○探して歩いた、右へ左へレフトandライト〜」など複数ある。
トーク番組などで意味を聞かれると、「単に股間が勃起した様子を言ってるだけなんですけどね・・・。」と気恥ずかしそうに答えている。

■「フレーッシュ!」

■(共演者)「お前オカマやろ?」(藤井)「僕はオカマじゃありません、ホモです!」
逆のパターンも存在する。

■退場する時に誰かを紹介するように手を前方に差し出して「誰紹介してんねん」とツッコまれる。

■ヤクザなどに蹴られまくった際に尻を突き出して「も、もっと〜〜!」

■「藤井さん、ハーフなんだって?」(藤井)「ええ、そうなんです。男と女の。」

■「時間が経つごとに髭が濃くなり始める」と言われると口元を隠しながら「12時までのシンデレラ!」


【マシュー南】
マシュー南とは、テレビ朝日系列のバラエティ番組「BEST HIT TV」シリーズ(「BEST HIT TV」→「Matthew's Best Hit TV」→「Matthew's Best Hit TV+」→「Matthew's Best Hit UV」)で藤井が演じたキャラクター。

チェリストである日本人の父と、元伯爵家令嬢であるイギリス人の母との間にイギリスで生まれ、フルネーム「Matthew・G(弦也)・南」。イギリス出身であるにもかかわらず日本の歌謡曲や芸人、80年代アイドルなどに精通しており、特にWinkの振り付けにおいては右に出るものがいない。これは10代を京都に住む父方の祖母のもとで過ごしたためだという。自身が司会する「Matthew's Best Hit TV+」は現在世界28か国で放送されていると主張する。

番組内ではマシュー南と藤井隆が同一人物ではないということになっている(松浦ゴリエと同様)。その為、ゲストもマシュー南と藤井隆が同一人物であるような発言をしないように気を付けなければならない。CGによりマシューと藤井がトークしている映像も収録された。なお、モーニング娘。の高橋愛は、マシュー南がピンで初出演した際「藤井さん」と言ってしまい、マシュー南に「言っちゃだめ」と注意された。マシューのキャラクターぶりでは、やしきたかじん、所ジョージ、ネプチューン、くりぃむしちゅーなどからは、批判を述べることが多い。

要潤を「キャナメ」、上戸彩を「ウェッティ」(当初は「ウェット」)、釈由美子を「シャックス」と呼ぶなど、ゲストを奇妙なあだ名で呼ぶことも多い。

また清涼飲料水、自転車、絵本、文房具などマシュー関連のグッズを何種類か出している。

以下に、マシュー南としての活動を挙げる。

■2004年の米アカデミー賞脚本賞を受賞した映画『ロスト・イン・トランスレーション』に、マシュー南として出演した。

■2004年秋、童話作家ハンス・クリスチャン・アンデルセン生誕200周年を記念した「2005アンデルセン親善大使」の一人にマシュー南として任命される。

■2005年4月6日に放映された「徹子の部屋」にマシュー南として出演した。

■2005年5月11日に「Matthew's Best Hit TV+婚約会見スペシャル」では、ゲストとして招かれた藤井隆がマシュー南と共演。マシュー南が藤井隆に乙葉との婚約について質問した。

■2005年10月22日には、テレビ朝日系列で放送されたプロ野球日本シリーズ第1戦「千葉ロッテマリーンズ vs 阪神タイガース」の始球式をマシュー南として務めた。しかし、野球、ロッテとは何の関連もないキャラクター名義での始球式であること、これから試合が行われるマウンドに落書きをしたことなどが一部の野球ファンなどから顰蹙を買った。特に星野仙一は「あんなピエロみたいな奴に投げさせるとは何事か」と自分のサイト内で苦言を呈した。

■2005年10月28日放送のクレヨンしんちゃんの終盤で、Matthew's Best Hit TV+のゴールデン進出を記念しマシュー南として出演した。

(出典:Wikipedia)


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?b=20070507-00000015-oric-ent

ベッキー エピソード&プロフィール

ベッキー(1984年(昭和59年)3月6日 - )は、神奈川県出身の女性タレント・女優・歌手。当初は「コメディエンヌ」(女性コメディアン)を名乗っていた。血液型はAB型。本名非公開。亜細亜大学経営学部経営学科卒業。学位は学士(経営学、亜細亜大学)。


【略歴】
■父親はイギリス人、母親は日本人。妹が1人いる。

■日本とイギリスの二重国籍だったが、20歳を機に日本国籍を選ぶ。

■サンミュージック所属。

■特技はピアノで、NHKきよしとこの夜では、氷川きよしやグッチ裕三が歌う際、ピアノ伴奏をこなすこともある。

■テレビ東京の児童向け早朝番組「おはスタ」のマスコットガールOhaガール出身。

■ポケモンの名前の英語バージョンを紹介するコーナー「ポケモン・ザ・ワールド」でデビューする。

■以降バラエティー番組を中心に活動している。

■タレント活動と学業を両立させながら、2006年3月に修業期限内(4年)で亜細亜大学経営学部経営学科を卒業した。将来、雑貨屋の経営を目指しており、ビジネスや起業を学ぶため経営学科を選んだ。この際、学費を全て自分で払っていたことを明かした。本人は「私は半分社会人ですし、当然です。親には今まで小中高と沢山お金を払ってもらいましたから」とコメントしている。また、在学中、友人に「本当に普通に学校に来てるね」と驚かれたり、学内で『ベッキー双子説』が流れたりしていたらしい。

■波田陽区に「(元気キャラと言うけど)ウザいだけですから!」と斬られたことがあり、その時は激怒し本当に落ち込んだとのこと。しかし、後に明石家さんまから「斬られたということは、それだけメジャーになったことだから」と言われ、今では斬られたことに感謝しているらしい。

■持ちネタは、「Don't Touch Me!」と「Shut Up!」である。

■頬がふっくらしているところから何度かTVのダイエット企画を持ち込まれたこともあるが、体自体は細く、「本当は細いんです!」と腕を見せながら語ることもあった。

■2005年と2006年度ネイルクイン(タレント部門2年連続)受賞した。浜崎あゆみ以来の連続受賞者である。

■アドリブが苦手。

(出典:Wikipedia)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?b=20070506-00000000-sanspo-ent

吉澤ひとみ エピソード&プロフィール

吉澤 ひとみ(よしざわ ひとみ、1985年4月12日生まれ )は、女性歌手グループ、女性アイドルグループのモーニング娘。の4期元メンバーでグループの第4代リーダー。よっすぃ〜、よっちゃんなどの愛称で知られている。同期は石川梨華・辻希美・加護亜依(いずれもグループを卒業)。ハロー!プロジェクトのフットサルチームGatas Brilhantes H.P.(ガッタス ブリリャンチス エイチピー)のキャプテンも務める。埼玉県入間郡三芳町出身。血液型はO型。モーニング娘。の結成時期・吉澤ひとみの加入時期の解釈によってはモーニング娘。の在籍期間最長となる。(モーニング娘。のメジャーデビュー日を結成日、吉澤ひとみのオーディション合格直後を加入日と解釈した場合は飯田圭織よりも在籍期間は長くなる)


【注意】
■本人の話によると吉澤のよしの字は正確には上のつくりが『士』ではなく『土』である。(異体字)

■出演映画『ピンチランナー』のスタッフロールではざわの字が「沢」と明記されているが、正確には「澤」である。

■本人が名前を書く時は「吉」の字は正確に書いているが、「澤」の字を「沢」と略す事もある。


【人物・エピソード】
■オーディション時につんく♂に「天才的に可愛い」とまで評されるほどの美少女メンバーとして知られていたが、宝塚歌劇をモチーフにした「Mr.Moonlight〜愛のビッグバンド〜」(2001年10月)で男役のセンターポジションを務めて以降は男前なキャラとしてのイメージも定着する。同性ファンからの支持も高いが、メンバーの間では実は繊細で女性らしいとの声もある。

■幼年の頃から男子に混じってドッジボールやサッカーをやるほどのスポーツ少女で、特に小学校2年生から始めたバレーボールではスポーツ推薦で名門中学校に合格し、全国大会のメンバーとして選ばれるほどの腕前を持つ。これらの経験を生かして現在はハロプロのフットサルチーム、ガッタスのキャプテンとしても活躍している。

■ハロー!モーニング。でのコントにおいても「頑固一徹」や「ジョン・トラブルタ」など芸人顔負けの強烈なキャラを演じ、お笑いができるメンバーとしても認知されている。

■苦手なものは「ジェットコースター」などの絶叫系マシーンと蛇などの爬虫類。

■モーニング娘。のメンバーでは藤本美貴、プライベートではココナッツ娘。のアヤカやカントリー娘。の里田まいと仲が良い。プッチモニ時代は後藤真希とも仲が良かった。

■モーニング娘。の現行メンバーの中では最も長身の164cm。

■生まれた時に目が大きかったという事で、当初女の子ならと予定されていた『さやか』(漢字不明)を変更し、「ひとみ」と名付けられた。

■遠い親戚に、2000年のシドニーオリンピックの女子マラソン・ゴールドメダリストの高橋尚子と、ノーベル化学賞を受賞した白川英樹がいる。

■「しげさん(道重さゆみ)」の名づけ親。

■趣味はらくがき、特技は運動。


【略歴】
■2000年4月 テレビ番組『ASAYAN』内で行われた「モーニング娘。第3回追加オーディション」にて石川梨華・辻希美・加護亜依と共に合格。この時、番組内で吉澤の教育係として矢口真里がつけられた。

■2000年5月 『モーニング娘。コンサートツアー春 ダンシング ラブ サイト』の 日本武道館での公演でコンサートデビュー。

■2000年7月 プッチモニに加入。

■2001年10月 13thシングル「Mr.Moonlight〜愛のビッグバンド」でメインパートをつとめる。

■2002年1月 TBSの『モーニング娘。新春! LOVEストーリーズ』内の『はいからさんが通る』に「北小路環」役で出演。

■2002年12月 TBSの『モーニング娘。サスペンスドラマスペシャル』内の『おれがあいつであいつがおれで』に主役の「斉藤一美」役で出演。

■2003年11月 フットサル・ハロプロ選抜チーム(後のGatas Brilhantes H.P.)のキャプテンとなる。この月からモーニング娘。と共に2つの人気グループのリーダーとして2足の草鞋を履く。

■2003年12月 当時放送されていた『あなたがいるから、矢口真里』にゲストとして登場し生放送の深夜放送に進出。

■2004年5月 NHK総合テレビの連続ドラマ『もっと恋セヨ乙女』に受付嬢「深沢泉」役で出演。

■2005年1月 矢口真里が当時リーダー飯田圭織の卒業に伴いサブリーダーからリーダーに昇格したため第3代サブリーダーに就任。

■2005年4月 矢口真里の脱退に伴い、急遽4代目リーダーに昇格(一時サブリーダーが空席となるが、後に藤本美貴が就任)。

■2006年1月 アディダス主催のベストジャージスト賞にガッタスが特別賞を受賞。その代表として石川梨華・藤本美貴とともに表彰式に参加。

■2006年1月 「Hello! Project 2006 Winter〜ワンダフルハーツ〜」で全体のリーダーを務める。

■2006年1月 「Hello! Project 2006 Winter〜全員集GO〜」内で28-29日の2日間限定で2期プッチモニが復活。3期のメンバーと共に「BABY!恋にKNOCK OUT」を歌う。

■2006年4月 なでしこリーグのオフィシャルサポーターに任命される。

■2006年5月 西が丘サッカー場で行われたモックなでしこリーグ
2006の開幕戦で始球式を行う。

■2006年7月 「Hello! Project 2006 Summer〜ワンダフルハーツランド〜」で全体のリーダーを務める。

■2006年10月 早稲田大学スポーツ科学部の『トップスポーツビジネスの最前線』と題した講義で特別講師を務める。

■2006年11-12月 世界バレーのオフィシャルサポーターとなり、小林麻耶アナウンサーが不在時に番組の司会進行を務める。

■2007年5月6日 さいたまスーパーアリーナで行われる『モーニング娘。コンサートツアー2007春〜SEXY 8 BEAT〜』ファイナルでモーニング娘。を卒業。今後はソロとして活動する。

(出典:Wikipedia)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?b=20070514-00000001-ykf-ent



[PR]
☆★☆新規お申込みの方15〜18%!!☆★☆

◎こんなに便利なライブドアクレジット◎

☆使い道は自由!

ご利用使途はお客様のライフプランは併せてご利用下さい。

☆パート・アルバイトの方でもOK!

20歳以上の方で定期的な収入のある方であればお申込出来ます。
もちろん自営業の方やご主人がお勤めに出られている主婦の方でもお申込み
できます。

☆会員の方にはお電話1本でお振込!

ご契約後もお電話一本でご登録頂いたお口座へお振込いたします。

★お申込みはココ★
http://ad.affipa.ne.jp/LK00078066/PS00026557/click.cgi
あのライブドアのクレジットサービスです!
[PR]

杉田かおる エピソード&プロフィール

杉田 かおる(すぎた かおる、本名:橋本 薫(はしもと かおる)、1964年11月27日 - )は、日本の女優・タレントである。血液型はB型。左利き。 東京都新宿区出身。明星学園高等学校中退→日本放送協会学園高等学校(NHK学園高等学校)卒業。


【略歴】
7歳の時に日本テレビドラマ『パパと呼ばないで』に出演し、天才子役の名をほしいままにする。当時の月収は約1000万円だったと自称する。しかし収入の大半を母に使われてしまい、杉田自身は苦しい生活をしていたという。やがて仕事が激減し、両親は離婚。

その後、母に嫌気がさした杉田は、新しい芸能事務所を設立するが倒産し、13歳にして借金300万円を背負う。借金を返済するため新しい事務所に入って借金を立て替えてもらい女優業を再開。1979年から1980年に放送されたTBSのドラマ『3年B組金八先生』で妊娠する中学生を演じて再び話題を集めた。

1980年、日本テレビドラマ『池中玄太80キロ』などに出演し、その挿入歌として歌った「鳥の詩(とりのうた)」をリリースしてヒットするなど人気を集めたが、月給13万円のままで不満を持っていた杉田は事務所を出奔。しかし、事務所に買ってもらったマンションのローン約2000万円を背負うことになってしまった[要出典]。

新たに借金を背負った杉田は再び独立。写真集のグラビアモデルを皮切りにドラマ・映画出演でギャラをアップさせることに成功。更に残ったマンションを売却したお金で不動産の転売を続けたことで利け、借金を返済した[要出典]。

1982年には映画「青春の門 自立編」でヌードを披露。

26歳の時、父親の連帯保証人で再び借金1億円を背負う[要出典]。大半の財産を失い、残った全財産は小銭入れの中の800円だけだったという。当時は仕事も激減してどん底に。

1995年、それまで入信していた創価学会を脱会。日蓮正宗の信徒となる。

1998年、篠山紀信撮影による初のヘアヌード写真集「女優ごっこ」を出版した。17歳時に撮影したヌード写真と、34歳を迎えるに当たって撮り下ろしたヘアヌード写真で話題を呼んだが、武田鉄矢に酷評される。

2000年頃からそれまで殆ど出なかったバラエティ番組に進出。『わらいのじかん』などに出演し、毒舌キャラが人気となりお笑いタレントとしてブレイク。「無頼派タレント」の異名を取るようになり、出演番組も激増する。

2004年7月14日にかつてヒットした「鳥の詩」をポニーキャニオンから再リリース。オリコンチャート(週間)では初登場40位だった。ジャケットは、杉田のマネージャーを務める実妹によるデザイン。この時の印税は、現時点で7300円だった事をダウンタウンDXにて告白。

2004年8月21日〜8月22日に放送の日本テレビ「24時間テレビ」で24時間チャリティーマラソンに挑戦。女性としては2001年の研ナオコ、2002年の西村知美、2003年の山田花子に次いで4人目だった。番組開始が15分遅れたため、20時5分のスタートとなったが、見事100kmを完走した。記録は25時間15分。

2005年1月11日に、日産コンツェルン創始者・鮎川義介の孫である鮎川純太(株式会社テクノベンチャー会長兼社長)と結婚し、1月13日にマスコミ各社にFAXで発表した。これをワイドショーは「セレブ婚」と騒ぎ立てたが、結婚生活は順調とはいかず、同年6月30日に夫が離婚を決意したと報じられた。杉田は「離婚は誤報」と生放送で語ったが、2005年7月25日に関西のローカル番組で、芸能ジャーナリストの井上公造が鮎川が家庭裁判所に離婚調停を申し立てたことを暴露する。結局、結婚から7ヵ月後の2005年8月11日に離婚。

なお、杉田との離婚騒動の際に、杉田が関西テレビの「たかじん胸いっぱい」に出演して鮎川との結婚生活等を赤裸々に語ったことに関し、鮎川が「バラエティー番組における元妻の発言等によって、名誉・プライバシー権の侵害を受けた」として放送倫理・番組向上機構の人権委員会に訂正放送や謝罪などの人権救済の措置を申し立てた。委員会は検討の結果、杉田の発言が人権侵害に該当すると認定し、編集によるカットを怠った関西テレビに名誉・プライバシー侵害の責任があるとした。これにより関西テレビは、人権委員会の処分では最も重い「勧告」の処分を受けることとなった。これにより、みのもんたは杉田と、やしきたかじんの番組を批判した。

2005年頃からは再び女優としてテレビドラマに出演するようになり、『不信のとき〜ウーマン・ウォーズ〜』などに出演。

杉田かおる自身の借金については、テレビ朝日系バラエティ番組『愛のエプロン』内で完済したと語っていた。

杉田かおると母との関係は現在修復し、一緒に酒を飲みに行く仲になっている。だが、飲み屋で母が酔って若い男をナンパして困ると語っていた(ちなみに本名の橋本姓は母親の姓である。)。

2006年11月23日にザ・ワイド生放送中の日本テレビのスタジオに乱入。司会の草野仁を殴ろうとしたがマッチョな体系を見たためやる気をなくし結果未遂に終わっている。


【キャラクター】
■テレビ朝日系バラエティ番組『ロンドンハーツ』のコーナー「格付けしあう女たち」で、青田典子が、「今すぐその元カレの電話番号を教えて。今すぐ電話をかけるから」と言ったことを暴露したが覚えていないらしい。さらに、ロンドンブーツ1号2号の田村淳が、「杉田さんは酔っ払うと凄い。男の人にあんたとねぇ、SEXしたい。11月2日空いてるわ。この日にしましょう」と言ったことを暴露したが、本人は全く覚えてない。他にも日本テレビの深夜番組にて、偶然新幹線で出会った男とその日のうちにホテル街へ消えたことも自ら暴露した。最近では2006年9月25日に50代で妻子ある男性と路上でキスをしたり派手に痴話ケンカをした末、ラブホテルに入っていく姿を写真週刊誌に取られた。その後に開かれた記者会見の中で「お城みたいな建物だったのでついつい入ってしまった」「嫌いな人間に対して激しくキスしてしまう」「ラブホテルの中では相手は服を脱いだが、自分は服を脱いでいない」などと発言した。

■『愛のエプロン』の常連出演者で、57回で番組史上最多出場になるのだが料理はほぼ失敗している。結婚を機に一時番組を降りていたものの離婚したという事情もあり、2005年8月24日の放送分から復帰したが初登場から現在まで同番組内でのエピソードは事欠かない。しかしまれにみごとな料理を作るらしく、数回ほど中エプになったことがある。またワーストエプロン大賞候補に入っているもののワーストエプロン大賞は一度も取ったことはない。
[例]

■復帰第1回の料理はどじょうを使った柳川鍋と唐揚げだったが、やはりというべきか拙い物で、細川茂樹らをエチケットタイム行きにしている。細川からは「回し蹴りに対抗してライダーキックをかます!」(細川は同年に仮面ライダー響鬼を演じている)と怒りをぶちまけ、それを聞くや「そうきたか…」と愕然としていた。

■杉田の母と共に同番組で親子で出演し料理を作ったが、母も料理がへたで娘と同様の評価を受けてしまい、後日娘と共に同番組の企画で料理修行の旅へ行かされた。

■お米を炊くこともまともにできず、ご飯を炊けばかならずベチャベチャになる。

■2006年3月15日の放送に出演した片岡鶴太郎のブログには、料理がすさまじいと書かれている。そして、ランキングには多岐川華子と最下位に並んだ。

■その次の回では、カレー南蛮うどんを作ったが、カレーうどんが好きだった男に嫌なことをされたことがあったため、その時の恨みが出てしまったせいか、食べた人はみんなとり憑かれたのように苦しんだ。

■2007年のお正月スペシャルでは、うなぎを動かなくなるまで足で踏みつけたことがある。

■2007年3月21日の放送では「何故初出場から数年経った今でも料理が上達しないのか?」を検証するため、杉田の自宅のキッチンと冷蔵庫がVTRで初めて公開された。しかし冷蔵庫の中は、「味噌」がいっぱい入っており、野菜室には泥つきレンコンとゴミが入っており、冷凍庫には大量のお茶が入っていた。

■しかし2007年5月2日の放送ではたこの唐揚げとたこ飯を作ったのだが奇跡が起こり、あの神田川俊郎先生も「見直した!!」と言われるほどの美味しい料理を作り、95点を叩き出しこの日の大会のトップ賞に輝いた。ちなみに杉田が奇跡で美味しい料理を作ったのは1年前に作った鶏の釜飯以来。

(出典:Wikipedia)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?b=20070504-00000019-spn-ent

横山ノック エピソード&プロフィール

横山 ノック(よこやま ノック、本名 山田 勇(やまだ いさむ)、1932年1月30日 - 2007年5月3日)は、お笑いタレント、元参議院議員、元大阪府知事。兵庫県神戸市出身。愛称は「ピッカリくん」「タコ小僧」「明石のタコ」「ノック先生」。個人事務所のやまだ真企画に所属していた。長男は、ラジオDJの山田一貴。


【来歴】
1932年1月30日神戸生まれ。神戸市立楠木高等小学校卒業後、米軍施設に勤務後、1955年に宝塚新芸座に入団、吉本興業に所属。秋田Aスケ・Bスケの2代目のBスケに弟子入りし、秋田Kスケの名で漫才コンビ「秋田Oスケ・Kスケ」としてデビュー。解散後、友人である関西テレビの石田プロデューサーのツテで彼の実父・横山エンタツに再入門。横山ノックの名で漫才コンビ「横山ノック・アウト」を結成。解散後、1959年横山フック(初代・故人。のちの青芝フックは2代目)、横山パンチ(伊井パンチ・上岡龍太郎)と漫画トリオを結成し、ニュース漫才で話題になった。漫画トリオ結成当初は吉本興業に所属していたが、後にフリーとなり、東京新宿の松竹文化演芸場にも連続出演。同演芸場のレギュラーだった立川談志(当時・柳家こゑん)と兄弟分になる。平成14年タレントとして舞台復帰。平成19年、活躍を期待されつつも逝去。


【漫画トリオ】
ノックがボケ、フックとパンチがツッコミ。かつてトリオ漫才と言えばかしまし娘、フラワーショウ、ちゃっきり娘、三人奴、宮川左近ショーなどのように楽器を用いた音曲漫才であったが、ノックがトリオで正統漫才をやりたい、とこだわって編み出した。

レツゴー三匹と並び称されるところがあるが、レツゴー三匹が正児とじゅんの正統漫才に長作が歌や合いの手を入れるのと違い、あくまでも3人がタイミングよくネタをまわし続け、休む人物が基本的に発生しない。

例)ノック「今日」パンチ「君(ノック)んとこ行ったけど」フック「おらなんだ」

ノックが米軍に勤務し、パンチがジャズ喫茶に出入りしていたことからテンポを重視する傾向があったものと思われる(フックが代替わりしたのも、初代がノックの理想のテンポについていけなかったからである)。また、ノックがコンビ別れを繰り返し、今のスタイルではだめだ、と考え、新しいスタイルを模索していたことも遠因である。

ネタ自身もその影響が濃く、洋楽や米軍式行進なども取り入れていた。ニュースネタもそのノックの提唱した「新しいスタイル」の一環である。ネタはまず、パンチが右手、フックが左手を斜め上に差し出し、(3人で)「パンパカパーン、パンパンパ、パンパカパン」「今週のハイライト」と言って始まる。このニュースネタ収集のため各種のニュースに触れていった結果、ノックは政治家への転身を考えるようになる。

当時のノックはすでに禿げ上がっていたが、後頭部からヘアピンを使ってナポレオン1世のようなピンカールを付けていた。ところがある時、海外公演があり飛行機に乗ることになったため、探知機に引っかからないようヘアピンを外しピンカールかつらを付けることになった。帰国後、それを忘れていたパンチが「ええかげんにせぇ!」といつものように突っ込むとピンカールが観客めがけて飛んでいき、観客が「ギャー」と驚いたことがある。


【漫画トリオ解散・参議院議員に】
1968年に漫画トリオを解散し、参議院議員選挙全国区に無所属で立候補し当選。以後は参議院議員としては分かりやすい政治の広報として、また、タレント業も継続し、『ノックは無用!』などのトボケ司会、上方漫才での大御所「先生」の称号を得るようになりながらも、相変わらず(後輩芸人からも)激しい突っ込みにさらされる親しみやすさでで人気を博した。歌手としても 1976年にレコード『ガンバレ! たこやきちゃん』を発売、関西を中心にヒットした。参議院議員は全国区2回(1968年・1977年)、大阪選挙区で2回(1983年・1989年)の当選を重ねた(1974年は全国区立候補も落選)。院内では第二院クラブ、民社党・国民連合に属した。


【参議院議員辞職、大阪府知事へ、そして転落-頂点からどん底へ】
1995年参議院議員を辞職の後、政党に頼らない無党派であることを旗印にし、大阪府知事に当選。ほんの一部を除いてタレント業を封印し、大阪府の赤字解消を目標に掲げて施策を行った。当初は議会のほとんどが野党という状態ではあったが、芸人としての知名度と愛着の持たれるキャラクターから府民の人気は高く、APECの成功など実績も評価されて1999年の2期目選挙には235万票という大阪新記録の得票によって当選した。しかしその選挙活動の際に自陣営の運動員をしていた女子大生にセクハラをしていたことが選挙終了後すぐに発覚し、当初は否定して2期目に就任したものの、同年12月に強制わいせつ罪で在宅起訴され、2000年1月に辞職した。この時AERAは「タコの次はイカす知事がいい」と広告を載せた。在宅起訴時、ノックは心労から病院に入院をし、心臓の手術を受けている。


【判決・芸能活動自粛】
2000年8月、女子大生に対する強制わいせつ罪により懲役1年6ヶ月・執行猶予3年の判決を受けた。判決を聞いた、当時吉本興業社長の林裕章は「二度とあの方には協力しない」と真剣な表情でコメントし、ノックと吉本との協力関係を解消した。また、松竹芸能は「うちも協力する意向はない」とコメントした。また、太田房江知事はコメントを拒否した。また、世間から「エロダコ」「エロダコハゲ」「エロダコノック」等の汚名をつけられた。NHKや在阪民放(準キー)各局も拒否反応を示して事実上、芸能活動を自粛する。


【執行猶予満了後、晩年、そして最期】
2003年、執行猶予も満了し芸能活動を再開した。晩年はラジオや他の著名人の講演会等で地道な活動をしていた。執行猶予期間満了直後の2003年10月に、KBS京都のテレビ番組『とっぴもナイト』にゲスト出演し、テレビ復帰するという話があったが、視聴者からの反感が大きかったため放送が見送られた。2006年7月にラジオ関西の番組にゲスト出演をし、7年ぶりに公の場に現れた。これが最後のラジオ出演となった。そして、同年9月には生國魂神社の「彦八まつり」にゲスト出演、漫談を披露した。これが最後の舞台となった。
2007年に入り体調不良などもあって、露出は大幅に少なくなる。同年2月に中咽頭ガンと判明、弟子たちにガンに侵されている事を告げ、そして「横山と言う名前を残したいんや」と告げ、復帰したいと言う意気込みを告げたが、2007年5月3日7時15分、中咽頭ガンのため兵庫県西宮市の病院で死去。享年75。

最後のテレビ出演は2006年2月18日にスカイパーフェクTV!で上岡龍太郎の弟子で気が知れた後輩のぜんじろうが司会のぜんタネが最後となった。


【関係する人物】
■桑原征平 (元関西テレビアナウンサーで、ノックが選挙活動時の「ノックは無用!」(番組タイトルもロックは無用!に変更される)の代役)

■西川きよし(弟子の横山やすしの元相方で、参議院議員の後輩でもあり、慕っていた人物)

■板東英二(ノックを芸能界の師匠と慕っていた人物)

●かつての相方
■秋田Oスケ 解散後、松竹芸能に移籍。平和ラッパ(初代)とコンビを結んで平和日佐丸(3代目)に改名。「ラッパ・日佐丸」の全盛期を築くが、ギャラの配分を巡って紛糾し、コンビを解消。のち、美人漫才師であった夫人とコンビを組むが、夫人が不倫の末駆け落ちして失踪しそのまま心中。これにショックを受け自殺した。1966年以降の演芸ブームに登場した「ラッパ・日佐丸」の日佐丸は4代目である。

■横山アウト 解散後、千日前・千日劇場の「センニチコメディ」に出演。コメディアンに転身する。千日劇場閉鎖後は梅田トップホットシアターに出演。「コマ新喜劇」の常連となるが、同演芸場閉鎖と共に引退。息子は東京のコメディアン、田中章(プリンプリン)。

■横山フック(初代。故人) 漫画トリオ初期メンバー。売れ始めた頃、ノックの志向と異なったのか解任され、そのまま引退。

■横山フック(二代目) 梅田OSミュージックでコメディアンをしていたところをスカウトされ、漫画トリオに合流。解散後青芝フックと改名し、当初赤井タンク、次に高校の後輩、青芝キックとそれぞれ漫才コンビを結成。和光プロダクションに所属し、道頓堀角座を中心に活躍した。現在はコンビを解消し、テレビ司会者など単独で活動。※

■横山パンチ のちの上岡龍太郎※

■横山ひとり

※青芝と上岡がノックの弟子と思われがちであるが、実際は師弟関係ではなく、漫画トリオ結成の時からの仲間である。

●弟子
・横山やすし(故人)
やすしの告別式で、ノックは「君の芸はとっくに僕を追い越していたよ。やすきよの漫才は漫画トリオをとっくに追い越していたよ。僕が死んだ時は一緒にネタ合わせして漫才をやろう」と弔辞を読んだ。
・横山プリン
・乃木貴寛
・旭堂南北
・横山なつ吉
・横山ひとり

●孫弟子
・横山たかし・ひろし
・横山ひとし

●曾孫弟子
・横山まさみ

(出典:Wikipedia)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?b=20070503-00000031-dal-ent

阿部美穂子 エピーソード&プロフィール

阿部 美穂子(あべ みほこ、1975年9月4日 - )は東京都出身のタレント、女優。身長160センチ、体重43キロ。


【来歴・人物・エピソード】
「王様のブランチ」のブランチレポーターとして活躍後、番組アシスタントや女優として真面目路線で活躍。

2003年、NHKのハングル講座の韓国ロケで知り合った元韓国代表のサッカー選手である崔成勇(チェ・ソンヨン)と結婚し、韓国に生活拠点を移す。

そのチェは2006年に横浜FCへ移籍したため、それに併せて阿部も帰国した。

2006年11月2日午後4時46分に、3,136gの第1子(男児)を出産。名前は「知暁(ヂヒョ・ともあき)」。

千葉県立実籾高等学校、和洋女子大学短期大学部を卒業。趣味は水泳。

スポーツBOMBER!では天然ボケキャラを続出。その出演中にやじうまプラスの司会者の起用が決まったために競演していた清水圭から不安視がられた。

1996年3月頃に放送された「クイズ日本人の質問」(NHK総合)でブルマーに関する問題では、アシスタントで一緒だった夏川真紀と2人で体操着ブルマー姿で登場した。1人は濃紺のブルマーに白の襟付き半袖体操シャツ、白のソックス、運動靴を着用し、体操シャツはブルマーの中に入れ、頭には赤のハチマキをして登場。もう1人は濃紺のちょうちんブルマーに白の開襟シャツ、運動足袋、白のハチマキをしていた。

愛称は「阿部ちゃん」。王様のブランチに出演していた頃はリポーター仲間やファンから「あべこ」と呼ばれていた(名付け親は坂下千里子)。

(出典:Wikipedia)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?b=20070504-00000012-sanspo-ent

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。