Google
 

小倉弘子 エピソード&プロフィール

小倉弘子(おぐら ひろこ、1974年9月4日 - )は、TBSの女性アナウンサーである。 本名は、水内弘子(旧姓:小倉)。


【来歴・人物】
東京都江東区出身。 身長:174cm。 血液型:A型。京華女子中学校・高等学校→ 東洋英和女学院大学社会科学部卒。 1997年、TBSに入社。特技は水泳。TBSの女性アナウンサーの中で最も身長が高い。学生時代には日本テレビの『恋のから騒ぎ』に出演したことがあるが、記念すべき第一回の説教部屋行きだった。

TBSの面接に凄く短いスカートで現れ、後に面接官だった小林豊にパンツがチラチラ見えてたと暴露されたことがある。

2005年3月28日からは、『イブニング・ファイブ』のニュースキャスターを勤めている。2005年4月に元プロサッカー選手、水内猛と結婚。

2004年5月に開催した『アテネオリンピック・バレーボールアジア最終予選』の期間中にTBSと共同放送したフジテレビでの特別番組で、フジテレビの渡辺和洋と共にキャスターを勤め、フジテレビの番組にTBSのアナウンサーが現れるという共同放送の象徴となった。その為、地上デジタル推進大使候補の1人だったが、休暇中に後任に竹内香苗を指名して退任(事実上辞退)した。

朝の情報番組『はなまるマーケット』の第2部「クイズママダス」(現在は終了)では、新人アナのお披露目と場慣れさせるためとしてアシスタントを半年間ほど新人アナウンサーに務めさせており、2代目新人アナアシスタントとして小倉、安住紳一郎、伊藤隆太の3人が出演した(ちなみに初代は木村郁美と広重玲子)。彼らの強烈な個性が功を奏し、翌年以降もこのパターンは続けられた。小倉は当時から新人とは思えない読みの安定感を見せ、その安定感は当時の進行役斎藤哲也以上とも言えるほどの評価があった。(その為か、爆笑問題カーボーイで「小倉アナの野望」というコーナーが作られる程人気だった)

同期入社のプロデューサー石丸彰彦が手がけたドラマ作品(『世界の中心で、愛をさけぶ』『白夜行』など)のDVD-BOX用の特典映像集で、ナレーションを務めることがある。女性アナウンサーとしては、異例な程の太い声で江角マキコに声が似ている。

(出典:Wikipedia)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?b=20070930-00000049-sph-ent

川村カオリ エピソード&プロフィール

川村カオリ(かわむら-、1971年1月23日 -)は、日本で活動する歌手。モスクワ生まれ。ロシア人とのハーフ。英国四天王寺学園(四天王寺国際仏教大学)高等部卒業。


【略歴】
1988年にシングル『ZOO』および同名アルバムでデビュー。

『神様が降りてくる夜』が「邦ちゃんのやまだかつてないテレビ」で使われヒットする。代表曲は『翼をください』(赤い鳥のカヴァー)、『I'LL BE THERE』(日本語カバー)など。

また1989年4月から1991年6月までニッポン放送「オールナイトニッポン」土曜2部のパーソナリティを務めた。

ファッションモデルとして、雑誌やファッションショーなどにも登場している。 1999年、活動形態をソロユニット"SORROW"に変更したのを機に川村かおりから川村カオリに改名。 パンクバンド SOBUT のギタリストであった夫のモトアキとともに SORROW でインディーズで活動。

2006年、映画「BLACK KISS」出演。また、先日出たエッセイ「Helter Skelter へルタースケルター:宝島社」では、少女期のいじめと乳がん発病とその闘病生活などを赤裸々に語った。

2007年6月にモトアキ氏と離婚していた事が2007年9月28日に報じられた。

(出典:Wikipedia)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?b=20070927-00000027-dal-ent

[PR]

三井住友銀行グループのさくらカードは、世界190の国と地域、1,222万店で使える便利なJCBカード!JCB加盟店でお得にショッピングができたり、JCBトラベルで役立つ情報が満載です。

松本康太(レギュラー) エピソード&プロフィール

松本 康太(まつもと こうた、男性、1979年5月16日 - )は日本のお笑い芸人。レギュラーの坊主頭(丸刈り)の方。所属事務所は吉本興業所属。本名同じ。


【人物】
■ボケ・ネタ作り担当。立ち位置は向かって左。NSC大阪校21期生。

■京都府乙訓郡大山崎町出身。身長170cm。血液型B型。

■現在京都美山高等学校学校長である、大野実の教え子である。

■衣装はワイシャツにネクタイ。衣装は汗でかなり臭いらしく、河本準一が罰ゲームで松本の服を着ることになったとき、本気で嫌がっていた。

■1998年、西川晃啓とコンビ「レギュラー」を結成。2003年ごろ持ちネタである「あるある探検隊」がうけ、大ブレイク。

■気絶ネタは最初は彼がやっていたが、このネタが元で扁桃腺を腫らしてしまい手術。以来相方の西川がするようになった。

■非常に歌が上手い。尾崎豊のものまねや徳永英明が得意。

■中学時代は今よりもやせていてロン毛であり、袴田吉彦似であるとよく言われ、ファンクラブがあった程モテたと本人は言っていたが、後日テレビ番組による裏づけで実はそうでもなかったと判明。

■小学校5年生から歯を磨いたことがないが、歯医者も認める強力な唾液の持ち主の為、虫歯にもならなければ口臭も無いらしい。

■だが、本人がそう言っているだけだと指摘する人もいる。又、自分の口の方が汚染されている事にも気づかずに、人と鍋を食べる事は嫌がる。歯周病が心配である。

■ガチンコファイトクラブの漫才道に出演しており、オール巨人に「君、面白いって言われるやろ?」と言われていた。

■京都発!吉本決死隊(雨上がり決死隊とバッファロー吾郎のラジオ。KBS京都)、ロンドンブーツ1号2号のオールナイトニッポン、雨上がり決死隊べしゃりブリンッ!!のラジオ番組でハガキ職人をしていた。ラジオネームは「焼肉パンチ」。

■年齢よりも遥かに老けて見えるとよく言われている。

■次長課長の井上聡に「まっちゃん」と呼ばれて、売れる前から可愛がられている。

■次長課長の井上聡に半年間、河本準一に一年間ほど居候させてもらっていた。

■河本宅に居候していた頃、細かく貯金をすれば将来に役立つと言われ、貯金箱に貯金をしていた。居候ができなくなり、銀行でお札にしようとかなりの重さになった貯金箱の中を銀行員の前で出したところ、中がゲームセンターのコインにすり替えられ、河本に持ち去られていた。金額は数万円だったらしい。

■ますだおかだ・岡田圭右が主催する食事会(通称「岡田会」)に参加している。

■潔癖症。潔癖症すぎてキスするのが嫌だったほど。ファーストキスは23歳。ディープキスが「ずんべらぼっ」と入ってくる事に恐怖を覚えたらしい。

■下積み時代に今の妻に逆ナンされ、長期間同棲していた。

■一発ギャグが得意(例えばスーパーマリオブラザーズのマリオがジャンプする時の音など)。

■初Hの直後、よく恋愛相談をしていた先輩に報告をしようと思い、麒麟の川島明に電話をかけた。しかし気が動転してしまい、川島が電話に出た瞬間「お疲れ様でしたっ!」と言ってしまった。

■現在の妻との交際は初対面時の彼女の告白から。若手でお金もなく食事もろくにしていなかった松本にびっくりドンキーで食事をごちそうしたうえで、「そのかわり私を幸せでおなかいっぱいにしてください」と彼女に言われ、交際が始まる。

■2006年5月1日、大阪で出演していた舞台上で長年交際していたその彼女に公開プロポーズした。実行した理由は、彼女の父親が結婚に反対していたうえ、無許可で女性を東京に連れて行ったことで父親がさらに態度を硬化させていたため大勝負をかける意味をこめて。プロポーズすることを隠して、彼女とその両親を舞台に招待し、公開プロポーズは成功した。しかし、そのことが報道され、彼女が「私はお笑いのネタじゃないのよ!」と激怒しスムーズに結婚できなかった。真相は、スポーツ新聞数社が彼女の実名を掲載した事が直接の理由らしく、松本に落ち度はなかった。その後結婚。笑いの金メダルにて顔と名前を公表した。結婚会見では、キャイ〜ンが取った手法をパクり駄々スベリ。新聞では散々叩かれた。その後、『ド短期ツメコミ教育!豪腕!コーチング!!』で松本が料理を披露するために夫婦共演を果たしている。

■安田美沙子の大ファンである。

■太ったロナウドに似ていると言われる。

■笑金の共演者でたむらけんじとクロちゃん(安田大サーカス)は松本に結婚のお祝いを贈っていない(たむらは費用を捻出できなかったと弁明。さらに替え歌を披露した後で、三宅裕司も松本に結婚のお祝いを贈っていない事を自ら告白した)。

■地理が大の苦手。NSC大阪校を出ており、出身地も隣の京都府(しかも市町村で見ても大阪府に隣接)であるにもかかわらず、笑金の「都道府県クイズ」にて大阪府の日本地図上での位置を当てるのに山勘だった。

■出前の料金をすべて相方に払わせる、東京での仕事の際はホテルの歯ブラシなどを必ず持って帰るなどかなりのケチ。

■妻はバラエティ番組で乳デカ妻として紹介されたことがある。

■関西ローカルのマルコポロリの内で、松本がどの程度お金に執着心があるかを調査するためにドッキリ企画を敢行。仕掛け人の小籔千豊司会に扮し、クイズ対決で勝利すれば賞金が貰えるというウソの企画を松本の楽屋まで持ち込み、軽く打ち合わせした後、小籔がわざとクイズの答えが記された司会者用のカンペを残して立ち去った。案の定、松本はそのカンペを見逃さなかった。隠しカメラには、クイズの答えを熱心にカンニングする松本の姿が映し出され、さらに中身を開いて見たことが悟られないように、折り畳み式のカンペを上から体重をかけて証拠隠滅を図るという醜態までもが映し出されていた。クイズは松本と、相方の西川(こちらも仕掛け人)と争う形で行われた。クイズが始まると、松本は当然答えを知っているので、次から次へと正解していく。しかし、司会の小籔は途中から答えがカンペに記されていない別の問題を出題し始める。今度は予め答えを教えられていた相方の西川が正解し始める。正解を重ねていき、遂に西川が勝利。勝利を奪われた松本はどうやら本気で悔しがっていたようだが、その後ネタばらしされると、松本は笑って誤魔化すしかなかった。

(出典:Wikipedia)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?b=20070928-00000011-oric-ent

[PR]

国内旅行、バスツアー、海外旅行と豊富なツアー情報満載!!季節ごとのお薦めツアーや観光情報など盛り沢山!24時間インターネットにて予約可能です。

瀬戸朝香 エピソード&プロフィール

瀬戸 朝香(せと あさか、1976年12月12日 - )は愛知県瀬戸市出身の女優、タレント。本名は家田 恵美(いえだ えみ)。所属事務所はフォスター。左利き。


【来歴・人物】
芸名は出身地の瀬戸市からきている。中学生のとき自宅でスカウトされ、中学卒業と同時に上京し芸能界入りした。デビュー以来、コンスタントにテレビドラマや映画の出演を続けている。

愛車はトヨタのセルシオであったが、現在はアメ車の四駆を所持している。車の運転と実家をこよなく愛し、暇があると3匹の愛犬を連れて実家に愛車で帰省している。デビュー前、地元ではどちらかといえば不良娘であったが、一方で酒は飲めず、夜遊びも好まない。

10代はアイドルとしての扱いだったが、1996年のTVドラマ「Age,35 恋しくて」で男に依存しない未婚の母を演じて以来、一本筋の通った芯の強い女性の役柄で女優として独自の境地を開いた。

その後、強い女性のイメージの定着を避けるためかさまざまな役に挑戦するが、2005年の「離婚弁護士II」以来、再びこうした役柄も演じている。

香取慎吾と並ぶ芸能界きってのマヨラーであり、松村邦洋のオールナイトニッポンでは毎週のようにネタにされていた。

2007年9月28日、かねてから交際中だったV6の井ノ原快彦との結婚を発表した。

(出典:Wikipedia)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?b=20070928-00000190-sph-ent

[PR]

「豆乳クッキーダイエット」祝1500万食突破!2006年、楽天年間ランキング総合第1位受賞商品です!!12秒に1箱売れてます☆
たったの146キロカロリーなのに、栄養も満足感も◎!!

井ノ原快彦 エピソード&プロフィール

井ノ原 快彦(いのはら よしひこ、1976年5月17日 - )とは、日本の男性アイドルグループV6のメンバーである。ジャニーズ事務所に所属。血液型はA型。V6でのメンバーカラーは青。愛称は「イノッチ(いのっち)」。本人も気に入っているのかコンサートの自己紹介でも使っている。 トニセンのメンバー等からは「ヨッちゃん」と呼ばれる事も。 また、J-Eleven時代はメンバーから「爆弾野郎」と呼ばれていた。

生まれは東京都台東区浅草だが、幼少の時に引っ越したため、育ちは品川区の団地。「嵐」主演の映画「ピカ☆ンチ」シリーズは、彼が過ごしたこの品川の巨大な団地でのエピソードを描いている。


【来歴】
■小学生の時にジャニーズ事務所に入る。八潮小卒。品川区立八潮中学校へ進む。

■1995年11月1日:「MUSIC FOR THE PEOPLE」でデビューする。当時19歳。

■この頃、東海大学付属望星高等学校通信制中退。

■2004年4月:高校卒業という父親との約束を守るために科学技術学園高等学校に入学。2005年3月、28歳で卒業。

■2007年9月28日:かねてから交際中であった女優の瀬戸朝香との結婚を発表。


【性格・特徴】
■昔は連続ドラマの出演が多かったが、最近は舞台やミュージカルの出演が多くなっている。

■Jr.時代ではSMAP学園に在籍。

■トイレが近く、CMに入る時にトイレに行く仕種が時々見られる。他、同様の芸能人には徳光和夫がいる。

■V6の中でも坂本昌行と並ぶ歌唱力を持っているため、ソロパートが多い。

■交友関係が広く、特に森山直太朗と御徒町凧と武蔵は親しい友人である。DJ OZMAとも親交があるが、例の件に関しては知らされていなかったが、OZMAの関係者から、「サンバで使う羽持ってませんか?」というメールが来たという(2007年2月3日放送のチューボーですよ!による)。

■TOKIOの国分太一とは「たいのっち」というコンビ名で「たいのっちのオールナイトニッポン」(2003年7月24日、12月19日)を行い、現在はR30という番組のホストを務めている。

■TOKIOの山口達也とは唯一事務所入りが同期である。

■TOKIOの松岡昌宏とは親友である。

■V6のムードメーカーであるが一人のときは静かであるという。また、トニセンといるときは静かだがカミセンといるときはうるさい(坂本・長野談)とも。

■大のWWE好きで、特にヒールレスラー・トリプルHが大好き。2005年2月4日・2月5日さいたまスーパーアリーナでのテレビショー日本公演では、フジテレビで確保した最前列に陣取って観戦。

■5歳上の姉、1つ下の妹、15歳下の弟がいる。

■イクラアレルギー。

■島田紳助に「あいつは凄いえぇ奴、性格が男前や!」と絶賛されたことがある。

■意外に肉体派である。『スポーツマンNo.1決定戦』の第4回芸能人サバイバルバトルに出場した事があり、見事4位に入った(ちなみに3位はTOKIOの山口)。

■デビュー直前の頃は、大友克洋原作のアニメ映画『AKIRA』の大ファンであった。東京-大阪間の新幹線での移動の最中、スタッフと延々『AKIRA』だけの話題で語れるほどであった。ただし、本人曰く『ガンダム』などほかのアニメにはあまり興味がなく、あくまでも『AKIRA』のファンであるとのこと。

■実は一番最初に坂本昌行とグループを組みたかった。

■ミニチュアダックスフントのネルを飼っている。

■体が弱い。(インフルエンザや肺炎等で入院多数)

■「学校へ行こう!MAX」でのコメントカラーは赤。

(出典:Wikipedia)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?b=20070928-00000190-sph-ent

[PR]

19800円〜より変則ギア付きビーチクルーザーの完全オリジナルカラーをご用意しており、大胆な色使い等、遊び心のあるデザインも大きな特徴。これからの季節にぴったりのビーチクルーザーがそろってます。

橋下徹 エピソード&プロフィール

橋下 徹(はしもと とおる、1969年6月29日 -)は日本の弁護士、タレント。大阪弁護士会所属、橋下綜合法律事務所代表。早稲田大学政治経済学部経済学科卒業。所属芸能事務所はタイタン(業務提携。同社の顧問弁護士でもある)。東京都渋谷区幡ヶ谷生まれ、大阪府大阪市東淀川区東中島で育つ。血液型はB型。身長174.5cm。


【略歴】
渋谷区幡ヶ谷生まれ。小学6年生時に大阪へ移住。中学3年生時に母が再婚。大阪市立中島中学校を経て大阪府立北野高等学校卒業。中学・高校時代の同級生には現自民党衆議院議員の川条志嘉がいた。中学校・高校時代はラグビー部に所属[1]。北野高校3年時には、第67回全国高等学校ラグビーフットボール大会大阪予選を勝ち抜き全国大会に出場。3回戦で伏見工と対戦し敗退。後に高校日本代表候補に選ばれ東西対抗にも出場する。

高校在学中に、日本テレビの『全国高等学校クイズ選手権』に出場し、地方予選で敗退[2]。

高校での成績は進級が危ぶまれるほどだった。現役時代は早稲田大学の2学部のみを受験するも失敗し、1年間の浪人生活を経て、再び早稲田大学5学部を受験。全て合格した中で、早稲田大学政治経済学部経済学科に入学。大学時代に革ジャンの卸売業に携わっていた際、200万円の不渡り手形をつかまされた際に手形法などを勉強したのがきっかけで弁護士になることを決めた。1994年に司法試験に合格。


【人物】
ペ・ヨンジュンのような外見から「法曹界のヨン様」「弁護士界のヨン様」と呼ぶ人もいるが、これは「行列のできる法律相談所」での島田紳助の発言から広まったもので、本人は「似てない」と否定している。しかし「まさかのミステリー」でマフラーを巻いてモノマネをしたこともある。また、『週刊文春』の調査で、女性30-50代が選ぶ「テレビ出演しているイケメン文化人ランキング」で堂々の1位に輝き、日本テレビ『行列のできる法律相談所』では「茶髪の風雲児」と称されている。ハーレー・ダビッドソンを運転する。

政治スタンスは反米反中の立場。

申告漏れを報道されたため、産経新聞のことを嫌っているが、政治スタンスが近いため産経新聞を購読していると語っている。 競争の土俵に上がれる者は、徹底的に競争させるべきとの立場で、ニートにも厳しい立場。しかし、競争の土俵に上がれない人へのサポートは厚くすべきと主張。生活保護について「病気や障害・高齢者などでスタートラインにすら立てない人を『自己責任』として放置するのは健全な競争社会を破壊する」と発言している。

教育問題に関しては、厳しいしつけや体罰を肯定する発言が多く見られる。テレビ朝日の特番「発足!芸能人PTA」では、子供を50分近くも投げ続けたことを告白し、教育評論家の尾木直樹と議論になった。また、「たかじんのそこまで言って委員会」、「ムハハnoたかじん」等でも、田嶋陽子、原口一博と戸塚宏等と議論をしたことがある。

日本の単独自衛を主張しており、『たかじんのそこまで言って委員会』では「日本の一番情けない所は、単独で戦争ができない事だ」と述べた。核兵器保有を肯定し、テロ対策法などを一方的に批判する意見には反発している。男子皆兵制の復活を主張することもある。

反米左派で護憲派という弁護士が多い中では橋下は上記のように改憲・右派という数少ない部類にある。実際、地方での講演依頼の中には「憲法9条反対」や「核廃絶」などについての依頼もあって、「私は改憲派だし核保有肯定します」と断りを入れると先方がびっくりしていると常々関西ローカル番組内で語られている。そのためか政治的な内容の講演はなるべく関西を中心に「そこまで言って委員会」のネットエリア内に限られ、それ以外の地域では政治的な内容以外の講演なら引き受けている。


《テレビ・メディアへの進出》
大阪で弁護士活動をしている中、高校時代の先輩からラジオの代理出演を依頼され、偶然その時の放送を聞いていた朝日放送のプロデューサーに出演依頼を受け、朝日放送『ワイドABCDE〜す』にジャーナリストの大谷昭宏と共に出演するようになる。大谷とはその後もスーパーモーニングやムーブ!で共演するなどしている。この番組で火曜に出演していたデーブ・スペクターが橋下の存在を知り、東京に出演テープを送ったことから在京キー局各社に名前が知られるようになった。

2003年4月に全国ネットで日本テレビ『行列のできる法律相談所』に久保田紀昭弁護士に代わりレギュラーに、同年7月に読売テレビ『たかじんのそこまで言って委員会』のレギュラーになった。番組内での言動で次第に全国的に知名度があがり、同時期にデーブと共にレギュラー出演したTBS『サンデージャポン』での発言が問題となり降板した(詳細は後述)。

その後関西ローカルの番組を中心にレギュラー番組を持つようになる。現在、大阪を拠点とした弁護士活動、レギュラー番組の出演、また全国で講演会活動などを行っている。2005年10月24日放送の自身のレギュラー番組であった『笑っていいとも!』を過労により倒れたため休んでしまった。

芸能プロダクション・タイタンにマネージメントを依頼し、バラエティ等に積極的に出演している。

しばしば下ネタや、タレント・文化人を批判する発言(特に『行列のできる法律相談所』ではしばしば発言が問題になる)をする一方、ワイドショーなどでは事故・事件・時事問題に対し強く言及する行動も見られる。また、司法問題や法曹界全般、弁護士・裁判官の資質に至るまで幅広く批判している。そのため、所属の大阪弁護士会には懲戒請求が絶えないという。(本人談)

大阪に事務所があり、出演前後に公判を入れることがあるため、出演は関西ローカルの番組が多い。


《所得申告漏れ事件》
2006年5月23日、大阪国税局から本業である弁護士業務の経費計上等にかかわる約2500万円の申告漏れを指摘され、修正申告に応じたことが報道された。以降、出演番組(特に『たかじんのそこまで言って委員会』)で「脱税弁護士」「脱税の出来る法律相談所」「昔はトライ、今は税金ノックオン」等と揶揄されることがある。また、事件についての報道がされなくなった後も、島田紳助などにはこの件についてしばしば「税金を理解していない弁護士」などと揶揄されている。また、この件を報道した産経新聞をブログ内で批判し、それを報道した週刊文春にも、ブログ内で批判した。最終的には産経新聞に訂正記事を掲載させた。


《子沢山》
1998年に大阪市内に橋下綜合法律事務所を設立する。高校時代から交際の続いていた女性と同棲を経て結婚した。3男4女の父親であり、子だくさんとしても有名だが、2007年8月に7人目(四女)が誕生した。本人と夫人曰く「ライバルは笑点の山田隆夫と堀ちえみ」(子沢山で知られる山田隆夫は4人、堀ちえみは5人で、合わせて9人である)。

2006年6月、父の日にちなんで毎年日本で最も素敵なお父さんを選ぶベスト・ファーザー イエローリボン賞を受賞。この日の前日には、第六子(三女)が誕生したばかりであった。2006年、フジテレビ『スタ☆メン』の番組内で阿川佐和子に対し、ギャグとはいえ「今からでも阿川さんを妊娠させることができますよ」と発言し、周囲を唖然とさせた。

2007年の夏に、第7子が生まれることが「そこまで言って委員会」(2007年3月23日収録・3月25日放送分)収録中にやしきたかじんから暴露され、それを聞いていた勝谷誠彦によって、収録翌日関西ローカルの生番組で明らかにされた。行列の出来る法律相談所ではゲストが驚いたと同時に島田紳助からは「ワンボックスカーに乗れない家族なんて考えられない」と言われた。尚、橋下は同番組で島田紳助から「子供を作る過程が好きじゃないの」、「妻が妊娠している状態じゃないとまともに歩けない」と番組内で散々ネタにされている。丸山和也からは「8人を目指せ」などと言われた。


【発言】
■2006年10月2日放送の『徹子の部屋』で、戸籍での本来の苗字は「はしした」であったが、「はしした とおる」では「橋の下を通る」という意味になってしまうため、住民票を提出する際に「はしもと」へと変更したと語っている。

■『サンデージャポン』で日本人団体による中国広東省珠海市での集団買春問題に関して、「日本人による買春は中国へのODAみたいなもの」と発言し批判を受け、生放送で降板を宣言した(正確には降板させられた)。その後、2006年中期から時々ゲスト出演しており、その時には「青空有罪・無罪」の有罪という扱いで出演する(無罪は八代英輝)。先に『たかじんのそこまで言って委員会』で全く同様の発言をしたがこの時は問題に問われなかった。

■イラク戦争には反対の立場であり、「大量破壊兵器が無いのに戦争を仕掛けたブッシュ大統領こそA級戦犯として処刑されるべき」と発言している。

■建築偽造問題について、マンション住人に自己破産を勧める発言をし批判を受けた。その後、ベリーベリーサタデー!内において、「自己破産によって住人の負担を無くし、特例として再度ローンを組ませるという案があってのものである」と弁明した。

■附属池田小事件発生時、被告人を速やかに死刑にすべきという寄稿を週刊誌上で行った。その後、死刑を望んでいた被告人から弁護人を通じて早期の死刑実現への援助を依頼する手紙が届く。橋下は、遺族への謝罪という条件付で了承する旨、返答したが、折り返し被告人から来た手紙には、人生への恨みや苦しさが書かれていたが謝罪や反省のコメントは書かれていなかった。橋下は2004年に『たかじんのそこまで言って委員会』でこの手紙の内容を公開・朗読し、また、被告人に対して同情的発言をしていた真宗大谷派の僧侶を指して「こんな手紙を送る奴を援護する京都のクソ坊主に腹立つ」と発言した。

■2004年球界再編問題における選手会のストライキに際し、「野球選手がストライキをすると単なる労働者に成り下がってしまう。球団から一々指揮命令を受けないためにも労働者になるべきではない。個人の事業主として集団で契約更改を拒否すればいいだけである」と発言した。

■母親が再婚する間に、生活上の金銭の問題で市営団地に住む事を希望したがすぐに入居できなかった。その際地方の共産党に頼んだら入居できたので「共産党は国政では活躍しないが、その下では弱い人間のためになってるので必要」というスタンスを取っている。(たかじんのそこまで言って委員会談)

■関西系の情報番組で、飛鳥会事件が取り上げられた際、「私はこの飛鳥地区で育ち、ど真ん中で差別も利権の構造も見てきた。親の世代はまだまだ差別に苦しんでいた。」と体験談を語った。

■石原慎太郎を尊敬しているが2006年12月17日の『スタ☆メン』で当人が数々の疑惑を弁明するため生出演した際共演していた橋下は「失望した」と批判した。

■たかじんのそこまで言って委員会その他ニュース系の番組の中で、いわゆる学者の発言・言動に対して批判的であり、学者の研究活動に関して、「お金の無駄遣い」と発言している、

■橋下は、2007年2月23日のスーパーモーニングにおいて、共演者の大谷昭宏が「性的な乱れを助長するから」という理由で「赤ちゃんポスト」に反対したのに対し、「子供の命が最優先」として賛成を表明した。

■2007年4月12日の『ムーブ!』で、尼崎小学生女児暴行事件について「女の子が服を脱がされたのか、自分から脱いだのかによって話が変わってくる」と述べた。

■2007年5月27日放送の『たかじんのそこまで言って委員会』において、「あの弁護団に対してもし許せないと思うんだったら、一斉に弁護士会に対して懲戒請求をかけてもらいたいんですよ」と山口県の光市母子殺害事件の弁護団に懲戒請求を行うよう視聴者に呼びかけた。これにより大量の請求書が弁護士会に届き、有志弁護士508人が6月19日、「被告が弁護を受ける権利を否定する言動に抗議し、直ちに中止を求める」と緊急声明を発表した。これに対し、光市母子殺害事件弁護団懲戒請求運動の支持者は「懲戒請求は弁護士法で定められた制度である」として反発している。また、2007年7月28日放送の『あさパラ!』で、この508人から懲戒請求を受け、懲戒請求委員会にかけられる予定であることを公表した。さらに、この件で弁護団の今枝仁、足立修一ら数名から「理由なき懲戒請求を煽動し、業務を妨害された」として損害賠償請求を広島地裁に提訴された。

(出典:Wikipedia)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?b=20070927-00000903-san-soci

[PR]

【シューストップ】体臭に効果的なサプリメント販売サイト。突然ですが、おなら、体臭、口臭、加齢等、ニオイっていろいろとありますよね。 周りの人達はあなたのニオイを気にしています!!

久保恵子 エピソード&プロフィール

久保 恵子(くぼ けいこ、本名:北 恵子 旧姓:久保 1972年3月19日 - )は日本のタレント・女優(通称:クボケイ)。所属事務所はサンミュージックプロダクション。神奈川県出身、上智大学理工学部化学科および明治薬科大学薬学部卒業。薬剤師免許所持。

1992年、上智大学のミス・ソフィア(ミス学園祭)に選ばれ(この際ミス発表前の段階で久保は自分がグランプリである事を知らされていたという。)、その後フジテレビ系列の情報番組「おはようサンライズ」のお天気キャスターとしてテレビデビュー。

上記の通り大学を二度卒業し、薬剤師免許も持つ才媛であるが、なぜか気象予報士資格は取っていない。

その後も情報番組のレポーター等で活躍し、近年は女優としての活動も展開。ドラマ、写真集、舞台と幅広く活躍している。

2006年4月17日、バスケットボール・JBLスーパーリーグの東芝ブレイブサンダースに所属する北卓也選手との結婚が明らかになり、2006年5月13日に入籍した。

(出典:Wikipedia)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?b=20070927-00000064-sph-ent

[PR]

【ナチュラルガーデン本店】ホームページをリニューアル記念に、おトクなキャンペーン実施中!しかも、税込5,250円以上ご注文で送料無料!!

波岡一喜 エピソード&プロフィール

波岡 一喜(なみおか かずき 1978年8月2日-)は大阪府出身の俳優である。えりオフィス所属。178cm、A型。


【概略】
2005年に『パッチギ!』のモトキ・バンホー役で注目を集め、続いて『幻星神ジャスティライザー』で神野司郎/デモンナイト役を好演。2006年10月から12月まで初主演作となる『ライオン丸G』が放送された。その後も映画やテレビドラマにと活躍中。いわゆる不良役のイメージが強いが、クールでシリアスなダークヒーローから、コミカルなホストヒーロー、不器用なやさしさを示す好青年など、幅広い演技をこなす。

2006年11月11日に一般人の女性と入籍。2007年9月24日に一児(女児)の父親となる。


《デモンナイト》
波岡が演じたこのキャラクターは、主人公たちの味方に転じて「リゲル」という本名を名乗ってからも、クレジットで「デモンナイト」と表示されたことが語り草に。波岡ファンの間では、彼の出演シーンの画像に「デモンナイト」のロゴをかぶせる遊びが、ネットで流行。現在も続いている。


公式ブログ「天下統一ゆえノ刻印

(出典:Wikipedia)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?b=20070927-00000000-oric-ent

[PR]

【住信カード】世界発行枚数No.1VISAカード 〜ドライバーの皆様へ〜ドライビングサポートVISAカードがダブル機能で誕生!!【話題のETC】と【無料ロードサービス】がセット

稲垣吾郎 エピソード&プロフィール

稲垣 吾郎(いながき ごろう、1973年12月8日 - )は、日本の男性アイドルグループSMAPのメンバーである。ジャニーズ事務所に所属。血液型はO型。愛称はゴローちゃん。最近は「ほんとにあった怖い話」の影響か吾郎さんと呼ばれる事も。 身長176cm。 SMAPでの初期からのイメージカラーはピンクだが、ビストロSMAPの時のみブルーである。


【来歴】
■東京都板橋区の高島平団地で育つ(稲垣がTV番組の中で発言)。

■ジャニーズ事務所のオーディションを受けたのは、同グループの木村拓哉・香取慎吾と同日。姉が黙って写真を送り、「ゲームを買ってあげる」と言って連れて行かれた場所がオーディション会場だった。この時の稲垣の様子を香取が何度か再現している。香取によると香取がオーディション会場に向かう途中に前を歩いていたのが稲垣と、稲垣の姉と、稲垣の姉の友達の、計3人で、稲垣が「お姉ちゃん、ファミコンのカセットをレンタルするところに連れてってよ〜」と言っていたのを聞いた香取は「こいつファミコン好きなのか、俺と友達じゃん」と思ったとのことである。

■SMAP内では一番早く世に知られブレイクした。

■1988年 スケートボーイズの12名の中からSMAP結成。

■1992年、堀越高校卒業。

■1993年映画関連として初のソロCD「If You Give Your Heart」を発売。

■2001年 8月24日 東京都渋谷区内で、放置駐車に端を発した道路交通法違反、公務執行妨害罪、傷害罪で現行犯逮捕された。

■2002年1月14日謹慎明け。

■2004年1月 ドラマ『僕と彼女と彼女の生きる道』(草g剛主演)の主題歌『WONDERFUL LIFE』を&G(アンジー)名義で歌う。オリコン初登場1位を獲得。

■2006年、映画『ONE PIECE カラクリ城のメカ巨兵』に声優として出演。

■同年、日本で開催されたFINAシンクロワールドカップの公式サポーターとしてマーメイドプリンスを務める。これは自身初の単独公式サポーターである。2007年も世界競泳2007の公式サポーターとしてマーメイドプリンスを務める。


【性格】
■イメージアイテムともなっているワインとはドラマでソムリエの役を演じたことをきっかけに出会い、かなりの知識を持っている。この知識は数々のバラエティ番組で披露されている。お酒は飲んでも全く酔わず、お酒での失敗もないらしい。歴史マニアという一面も持ち、平安時代や戦国時代など日本史が得意で、草g剛が時代劇に出演するようになってからは知識指導していた。

■基本的にSMAP内では比較的控えめな性格である。しかし多少天然ボケなところもあり、番組ではよくいじられている。クールでナルシストなイメージがあるが、実際は自他共に認めるおしゃべりで、メンバーの中でも陽気な性格である。最近は自身の番組などで「クールかと思ったらお喋りな方なんですね」とゲストによく言われている。

■癖毛な為、髪型を気にしている。SMAPライブのMCやバラエティなどでそのことで頻繁にいじられており、本人も「この髪質で生まれてきたこと自体が失敗」と語る。髪の毛をセットしていなかったり寝癖がついたりしたままTVに出ることはありえないらしく、SMAPライブの舞台裏を放送した番組ではセットをしていないという理由からか本人の帽子のみの出演となっていた。

■デビュー当時はスポーツ歴で「散歩」と言っていたほどスポーツには縁が無い。しかしマラソンはSMAP内で一番速く、体力がある。また、近年はゴルフに熱をあげていて時間を見つけてはゴルフ場や練習場に出かけているらしい。メンバー内で同じくゴルフを嗜む木村拓哉とは何度か一緒に練習場に出向いている。いずれは共にゴルフ場へ行くこと、更にはSMAP杯を開くことを目標にしているらしい。

■踊りに癖があり、ほかのメンバーの踊りを見ながら踊っている。このことでは髪の毛ネタと同じくらいいじられていて、ライブMCの定番ネタである。特に特徴のあるその移動方法はメンバーに鳩移動と名づけられ実演された。SMAPメンバーの中居正広は「疲れた時は吾郎のダンスだけを見る。そうすると元気が出る」と語っている。これはネタの可能性もあるが、このように彼の踊りの隠れファンもいる。近年はゴルフやマラソンを始めたことからか大分改善されてきているのだが、このネタの浸透率は高く、それはそんぽ24CMのオリジナルキャラクター・ハナコアラの中の踊りの苦手なコアラがゴローと名づけられていることからも分かる。(その他の2匹はセンタロー・ライタローといい、この方式でいえば本来もう1匹はレフタローと名づけられるはず?)

■利き腕は左。

■SMAP内では比較的女性関係が華やかで話題を振りまいてる。しかし、30歳を超えた頃からは落ち着いてきており、以前のような話題提供は減っている。

■中居正広とは合宿所仲間でもある。当時、協調性がまるでなかった稲垣はよく中居に怒られていた。そのことを今では感謝しているらしい。

■プライベートでは、幼少時から現在まで木村拓哉とよく遊んでいる。

■草g剛とは同じ堀越高校に通っていたことがあり、当時先輩アイドルにいじめられていた稲垣を草gがいつも助けていた。ちなみに草gは稲垣より1学年下である。また、SMAP×SMAPの楽屋は草gと一緒である。近年草gが稲垣のことを「吾郎ちゃん」ではなく「吾郎さん」と呼び始めており、よくそのことをツッコまれている。

■香取慎吾とは同じ日に事務所入りしたこともあり、入所後はよく遊んでいたらしい。現在は気が合うのか合わないのか分からない不思議な関係を確立している。趣味は意外と合うようである。

■意外と大食い。しかし腹八分目を心がけている。

■貴公子のようだが、おもしろい一面もある。

■よくMっぽいと言われるが、本人いわくSでもなくMでもないN(ニュートラル)らしい。

■家族仲が非常に良く、毎年新年は両親や姉家族と共に旅行に出かけている。ゴルフを始めたのも両親とコミュニケーションをとるためだったとか。番組内でも家族のことをよく語っていて、お姉さんに子供が出来た時は様々な音楽番組などでそれを報告していた。甥っ子にゲームを買ってあげるなど良い叔父さんぶりを披露している。この時買ったWiiを稲垣は「ウィル」だと思っていたらしい。

■稲垣のお姉さんが木村拓哉のサインを貰った初めての人だという。

■幼いころは奔放な性格(いわゆるわがまま)だったが、何故か許されてしまう得な性分だったので他のメンバーに羨ましがられていた。その奔放ぶりからジャニー喜多川氏に「Youこの世界に入って正解だよ」(つまり他の世界ではやっていけない)と言われた。ちなみにジャニー氏はその頃稲垣が木村拓哉のファッションを真似している事について、木村に「Youが吾郎をだめにする」と苦言を呈していたらしい。

■現在はマイペースぶりはあいかわらずだが、ユーモアを持った大人の男性へと成長している。落ち着いた態度で場を取り成すこともしばしばあるようで、木村に「カウンセラーのようだ」と評されている。聞き上手である。

■話をする時「意味わかる?」と聞く癖があり、草g剛にそれがちょっとイヤだと指摘された。この癖は堂本兄弟に出演した時にも話題となり、「意味わかりる?」と言ってみてはどうかと提案された。今現在稲垣が「意味わかりる?」を使っているかどうかは謎である。

■中居いわく、最初稲垣はSMAPのメンバーではなかった。

 SMAP5人(中居、木村、草g、森、香取)が取材で呼ばれたときに吾郎が呼ばれてもないのに来ていて、取材陣が「せっかくきたのに何もしないのはかわいそうだ」といって、一緒に取材を受けたのだという。それからずっと吾郎がついてきてSMAPに入ったのだという。


【演技】
■初期の頃は顔立ちから育ちの良いお坊ちゃん役が多かったが、以降のドラマでは悲劇的な男の役や、いじめられ役が多い。世にも奇妙な物語の「顔を盗まれた」で主演した際には、共演女優の国分佐智子から引っ叩かれた挙句に濡れ衣を着せられなじられるというシーンも見られた。最近はシリアスよりもコミカルな演技の評価が上がっている。

■10代の頃よりSMAP内でいち早くドラマ出演、多くのドラマや映画に出演してきた。NHK、映画出演はSMAP内で一番多い。

■ドラマや映画もクールでナルシストな役所が多いので一般的にもそのイメージが定着しているが、実生活のイメージもそれに近いもので、基本的にクールでマイペースな人柄。近年のドラマ・映画では女性にいたぶられる役柄も多い。

■近年は実話に基づいたヒューマンドラマ路線も開拓しており、9.11(2004年9月11日 フジテレビ系)飛鳥へ、そしてまだ見ぬ子へ(フジテレビ系)などでの家族を愛するヒューマニティ溢れる父親役での評価も高い。

■片岡鶴太郎からの引継ぎとなった金田一耕助シリーズ(フジテレビ系)が新たな代表作になりつつある。以前には明智小五郎も(テレビ朝日系にて)演じており、岡譲司、小野寺昭に次いで金田一・明智の両方を演じた史上3人目の役者となった。なお、2007年1月から片岡がSMAP×SMAPの準レギュラー(「ろくろの王国」の師匠役)となったため、珍しい金田一経験者同士の共演が実現している。


【特徴】
■ワイン好き。家にワインセラーを持っている。

■ダンスが苦手。だが覚えるのは意外に早い。

■愛車はシトロエン・DSである。

■クールなイメージだが意外によくしゃべる。

■髪型をよく気にする。湿気などの具合や風向きが分かるらしい。

■デビュー当時から他のメンバーに比べてほとんど髪型が変わっていない。だが本人は変わっていると言っている。

■モーニング娘の新垣里沙に似ていると言われるらしい(2003年の年末のスマスマにて)。新垣が「ガキさん」と言われる前までは、彼が、ナインティナインの矢部浩之に「ガキさん」と呼ばれていた。

■石原良純・椎名林檎・平井堅などのものまねをたまにする。SMAP×SMAPでは彼が即興(風?)でものまねをするコントが増えている。

■フジテレビ系列の春及び秋の新ドラマ対抗で優勝を争う「笑っていいとも!春・秋の祭典スペシャル」の名物コーナー・いいともアーチェリーでは、2005秋・2006春の史上初の連覇を達成。2006春は前回王者という事もあってか大トリを担当した。

■中学の同級生に4コマ漫画家のみずしな孝之がいた。いまも交流がある。

■高校の同級生に夏川りみ、佐藤アツヒロ、赤坂晃、桜井幸子がいた。

■クラゲに刺されたことがある。

■普通自動車運転免許はオートマチック限定である。

■東京ヤクルトスワローズのファンであり、日テレでの野球中継にSMAP全員で出演した時、野球に疎い香取がヤクルトのマスコットを「スズメ」と言った後に激怒したほどである。

■機動戦士ガンダムの熱狂的ファンであり、宇宙世紀の歴史に大変詳しい。しかし一番好きなのは機動戦士Ζガンダム。Zガンダムの映画三部作ならば月イチゴローで問答無用で1位にしたがるくらい好きである。いつかどういう形でもいいからガンダムに関わりたいらしい。

■装甲騎兵ボトムズに対しても熱い思いを語っており、芸能人でファンを公言する数少ない人物として、一般のボトムズファンにも知られている。実写化の際には主人公のキリコ役を是非演じたいと発言している(作品ファンからは、より容姿が近いライバルのイプシロンが適役との声も強い)。

■声が甘いエンジェルボイス(木村拓哉命名)。

■合宿所時代、城島茂と同じ部屋だった。ちなみに二段ベットの上と下。

■視力が悪い。メガネを多数持っている。

■爪を噛む癖がある。

■メールについては「博士」。(Goro's Barで言われる。)

■料理が好き。その腕はSMAP×SMAPで披露している通りだが、番組だけでなく家でも凝った料理を作る。

■シンクロワールドカップ2006公式サポーター「マーメイドプリンス」である。シンクロソムリエ等自身で考えた候補の中からスタッフと話し合うも自分で決断、命名。本人がライブMCで公表。話すほど客がひき、木村に指摘された。

■2006年9月9日、SMAP15周年の国立競技場ライブでは、10周年時は活動を休止していたため、10周年に参加できなかったため感慨深い、嬉しい、とコメント。

■SmaSTATION-5の「月イチゴロー・イナガキベスト5」のコーナーでは、映画に対して非常に含蓄のある鋭いコメントをしており、SMAPでの活動とは違う面が伺える。

■映画鑑賞も趣味としており、映画批評関連の仕事もあることから月に何本も映画を見ている。基本的にホラー映画は好まず(怖いから)自主的に見ることはあまりなかったようだが、月イチゴローで香取慎吾がホラー映画をよく選ぶため最近は慣れて怖くなくなったらしい。クリント・イーストウッドが好きで、幼いころは1人でダーティー・ハリーごっこなるものをしていた。

■子供のころから読書をよく嗜んでいた。

■中学時代はテニス部に入っていたが、坊主にするのが嫌で1週間でやめた。


【逮捕事件】
2001年8月24日、東京都渋谷区内で、車を30分ほど停めてたが、警察の駐車違反の取り締まりにあった。運転免許の提示を求められても車に籠城して婦人警官がいるにも関わらず車を動かし、婦人警官に全治5日間のケガを負わせたため、道路交通法違反と公務執行妨害容疑、傷害罪で逮捕された。

翌8月25日は名古屋でSMAPの10周年のコンサートがあったが、稲垣を除いた4人で行った。ツアーグッズ売場からは稲垣関連商品は除かれた。ステージ上ではSMAPの4人が稲垣の不祥事と4人だけのステージになってしまったことをファンに詫びた。また、当面は4人でSMAPのコンサートを完遂することを宣言した。稲垣が出演していた様々な番組への出演は取りやめになった。

8月26日、稲垣は処分保留のまま釈放され、記者たちを交えた謝罪会見が行われた。ここで、稲垣は無期限の謹慎になることが発表された。

この事件を受けて、SMAPの冠番組「SMAP×SMAP」は稲垣が出演予定であった放送を中止し、4回分を稲垣が出演していない過去のスペシャル企画を放送した。「SMAP×SMAP」が稲垣抜きで再開したのは10月8日からであった。9月21日、容疑に起訴猶予処分が下った。

2002年1月9日、稲垣は「SMAP×SMAP」のビストロスマップの収録(放送は1月21日)で芸能活動を再開する。翌週の1月14日、「SMAP×SMAP」で「稲垣がいなかった4カ月」をテーマに稲垣抜きの4人で踏ん張ったSMAPを回想した後で稲垣が視聴者やファンに向けて生で謝罪する場面を設けて、本格的に復帰した。

この事件報道の際、通常は「稲垣容疑者」とされるところであるが、テレビ局では、ジャニーズ事務所への配慮から「稲垣メンバー」なる不自然な呼称が用いられた(報道におけるタブー、推定無罪を参照。新聞などでは「稲垣容疑者」と記された)。2ちゃんねるでは利用者がこの「稲垣メンバー」という呼称を朝日新聞社主催「ワード・オブ・ザ・イヤー2001」にランクインさせようという動きが起こり、結果3位にランクインされた。呼称としては風化しているが、ネット上では蔑称として現在も使用されている。

(出典:Wikipedia)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?b=20070927-00000006-sanspo-ent

[PR]

敏間肌だけど美白したい!そんな悩みをお持ちのアナタ、諦めないでください!優しいだけじゃなく、美白効果もキチンと実感できる!ぜひミラクルホワイトお試しキャンペーンであなたの望みを叶えてください♪

石塚英彦 エピソード&プロフィール

石塚 英彦(いしづか ひでひこ、1962年(昭和37年)2月6日 - )は、日本のお笑いタレント。所属事務所はワタナベエンターテインメント。お笑いコンビ「ホンジャマカ」のボケ担当。愛称は「石ちゃん」。神奈川県横浜市保土ケ谷区出身。血液型O型。横浜市立岩井原中学校、横浜市立桜丘高等学校卒業。2年間の休学期間を経て、関東学院大学経済学部卒業。


【経歴】
高校時代に自主制作映画で才能を開花させ、20歳のときに劇団ひまわりに入団し、基礎からレッスンに専念する(現在でも俳優業などでは、当時の役者志向の片鱗を見せることがある)。

大学卒業後は渡辺プロダクションに所属し、お笑い集団「ホンジャマカ」のメンバーとしてデビュー。当時は痩せた二枚目タイプで、立花理佐のバックダンサーをしていたこともある。しかし当初男女混合の10人組グループだったホンジャマカだったが、次々とメンバーが脱退し、最終的に相方恵俊彰とのコンビとなり、その後人気を爆発させる。

現在でもホンジャマカとしての単独ライブなどで活躍しているが、近年ではソロ活動も目立つようになり、個性を発揮する。特に見た目を活かしてグルメ番組にピンで出演することが多い。ただ食べるのではなく、「駄洒落」を言いながら食べることが視聴者に受け、更にテレビ東京で放送していた深夜番組『debuya(現:元祖!でぶや)』での「まいうー」(「美味い」の業界用語)という言葉を世に広めるなど、「駄洒落とデブ」のポストを確保している。

ビデオリサーチが春と秋の年2回に行う「テレビタレントイメージ・男性部門」の2007年秋の調査でイチロー、明石家さんまを抑えて初の好感度1位に選ばれた。


【人物】
■その好人物そうな顔つきとキャラクターで、近年はビデオリサーチによる「テレビタレントイメージ」調査の上位に定着。2007年8月期調査では男性タレント部門の1位となった。[1]

■周囲の証言では実際に普段から好人物であるらしいが、車の運転中は性格が一変してしまい、歩くのが遅い老人に対して「バカ野郎!!」と怒鳴ることがあると暴露された。また相方の恵によると、ロケで車移動をする際も、自分が乗るロケバスの前を走る車が遅いと、放送禁止用語を連発するらしく、運転に限らず車に乗車するだけで性格が変わるようである。

■尊敬している人はウガンダ・トラであると称している。彼の「カレーは食べ物ではなく飲み物」という発言を受けてのこと。

■柏原芳恵の大ファン。2005年7月の元祖!でぶやの奄美大島編において、収録途中に周囲から柏原芳恵がゲストだと聞かされ「冗談だろ。こんな所に来たんじゃ仕事が釣り合わないだろ。どうせまた斎藤こず恵さんが・・」と言った瞬間に「石ちゃん」の掛け声と共に本人が現れ、何とも言えない素の石塚が垣間見えた。

■野球好きで、地元横浜ベイスターズのファンであることが、2005年8月5日放送の元祖!でぶやにて石塚本人の口から語られた。その日のでぶやで、ついに念願叶って、横浜スタジアムの始球式を、石塚が担当した。

■テレビ出演時は、真冬でもタンクトップとオーバーオール(柄はホルスタイン柄や迷彩柄など様々)を着るのが基本。たまにタンクトップ無しのオーバーオールのみ(上半身は裸)の場合がある。

■一年の内約半分は番組のロケで日本全国を食べ歩いており、仕事柄ありとあらゆるものをこれまで食べてきて嫌いなものはまず無いらしいが、唯一駄目な食べ物は長ねぎだと言う。ラーメンや蕎麦といった麺類の薬味として、少量の刻んだネギがのっているだけでもテンションが下がる。ただ、自由が丘にある漢江という焼肉屋のネギタン塩にのっかっているネギだけは食べられる。(TX「石塚英彦&パパイヤ 大東京!秘密の裏メニュー食べまくり大作戦」で放送)

■そのため料理にネギが使われている場合、平静を装い誰にも分からないようカメラの死角にネギを隠し、料理を食べるというテクニックを独自に習得している。だが2007年3月20日放送の、でぶや二時間スペシャルの伊勢編にて、伊勢うどんを食べるシーンで、薬味の青ネギをパパイヤ鈴木に取って貰っている場面が、偶然にも画面に映り込んでしまった。


【エピソード】
■体格の変化については、今の夫人とデートしていた際に、作ってくれた弁当を多いと思いながらも全部食べているうちに弁当の量がどんどん増えていき、結果太り始めたというのが石塚の弁。なお相棒の恵が痩せてからは「彼の分まで食べたので太った」というネタを披露することもある。

■関東学院在学中にラグビー部春口監督に入部を勧誘された事があるらしい。

■仕草にいくつか癖がある

■駄洒落を言った後に、笑いながら人差し指を前に出す。

■おちょぼ口にして少しずつ食べ物をほおばっていったり、舌を出し、舌の上に乗せてから口の中に運ぶ食べ方をする。

■手のひらが地面に平行になるように手首をそらして歩いていることが多い。

■テレビ番組で食べ物を食べる時に、よく『まいうー』を使うが、本当においしかった時は普通に『うまっ』と言ってから『まいうー』を使っている。すぐに「まいう〜」と言う時はあまり美味しいときではないらしい。なお大食いキャラとはいえ、流石に全部は食べきれずに料理を残すこともあるらしく、その処理をスタッフがしている事が明らかになっている。

■お笑いウルトラクイズの人間性クイズで、ホモ役のポール牧に迫られるという設定のどっきりにはまり、覚悟を決めて布団にもぐりこんだこともある。

■伊集院光・松村邦洋と共に「デブタレ御三家」、さらに内山信二、またはパパイヤ鈴木を加えると「デブタレ四天王」と呼ばれている。年齢順では石塚が最年長だが、体重順からいくと伊集院光の次に重い、125kgである(松村邦洋も以前は体重が最高140kgあったが、2006年初頭から大幅な減量を行っており、現在は石塚よりも体重は軽く90kg台になっている)。テレビでこの4人が揃って共演することはめったにない。伊集院、松村とは2001年12月29日放送・日本テレビの『マジカル頭脳パワー!! 復活スペシャル』(『スーパースペシャル'2001 マジカル頭脳パワー!! 21世紀芸能界No.1頭脳決定戦スペシャル』)やキリンビールのCMで共演していた。又、内山とは『元祖!でぶや』で共演中である(内山は現在レギュラーでない)。

■デブタレ界で伊集院は『反町隆史』(内山談)、石塚は『横綱』、松村邦洋は『KING』、ウガンダ・トラは『会長』、高木ブーはデブタレの間でも別格で『神様』という序列がある。

■元祖でぶやでは共演のパパイヤ鈴木から「お父さん」と呼ばれている。

■以前元祖でぶやの横浜編で、番組出演した地元のタカナシ乳業の担当者が石塚の高校の同級生で、石塚が「君はタカナシに入っていたの?俺ホンジャマカに就職しちゃった。」と言い爆笑を誘っていた。

■創造性IQが高く、フジテレビの「IQサプリ」で好成績を残している。ただ問題に納得がいかないとモヤッとボールの入った箱ごと投げる事も(通称「箱投げ」)。さらに石塚の娘が石塚に内緒で問題を考えたサプリ文字を今田耕司が答えてしまい、不機嫌そう(番組内では顔に怒りマークが付いていた)にモヤッとボールを投げていた。

■生放送中、自分の股間に虫刺され薬を塗り、悶絶したことがある。

■ある肉の名産地にロケに行き、肉を店頭で焼いていた店員に「肉は好きですか」と質問された石塚は「肉が嫌いでこんな体格をしている訳がないじゃないですか。」という周囲や視聴者を納得させる答えで即答。爆笑を誘っていた。

■よく母校である関東学院大学をネタにする事がある。

(出典:Wikipedia)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?b=20070927-00000066-sph-ent

[PR]

「豆乳クッキーダイエット」祝1500万食突破!2006年、楽天年間ランキング総合第1位受賞商品です!!12秒に1箱売れてます☆
たったの146キロカロリーなのに、栄養も満足感も◎!!

森昌子 エピソード&プロフィール

森 昌子(もり まさこ、本名:森田昌子(もりた まさこ)、1958年(昭和33年)10月13日 - )は、栃木県宇都宮市出身のアイドル・演歌歌手・女優。宇都宮市立細谷小学校から御田小学校に移り卒業、港中学校(現:三田中学校)から小野学園女子高等学校に進学し、堀越高等学校に移り卒業。前夫は森進一。元NEWSの森内貴寛(但し、親権が昌子側に行ったため、現在は森田貴寛)は長男。


【経歴】
■栃木県出身。本名、森田昌子。小学校4年生のとき東京に引っ越す

■1971年(昭和46年) 12歳で日本テレビ系スター誕生!(1971年10月開始)に出場。初代グランドチャンピオンとなる。ホリプロダクション(現ホリプロ)に所属。

■1972年(昭和47年)7月1日 徳間音工から「せんせい」で演歌歌手デビュー。翌年デビューした同学年の山口百恵、桜田淳子とともに「花の中三トリオ」と呼ばれる。尚、この中三トリオで最初にNHK紅白歌合戦に初出場を果たしたのも彼女であり、15歳最年少での出場であった(1973年)。

■1973年(昭和48年)、松竹の「男じゃないか・闘志満々」で映画デビュー。初々しい演技が好評を博した。同年、「としごろ」で主演に抜擢された

■1975年(昭和50年)、「花の高2トリオ・初恋時代」で初めて山口・桜田と共演。また、この年3〜4月に開催された、春のセンバツ高校野球大会に「おかあさん」が入場行進曲に選ばれ、森もセンバツ大会の開会式にゲスト出演した。

■1977年(昭和52年)、堀越高校を卒業。同期卒業生には岩崎宏美、岡田奈々、池上季実子らがいる

■1977年(昭和52年)の「なみだの桟橋」以降、本格的な演歌歌手への道を歩み始め、「彼岸花」など難易度の高い曲を歌いこなすことのできる実力派へと成長。1981年(昭和56年)の「哀しみ本線日本海」で出場9回目、弱冠23歳にして初の紅白・紅組トリを務め、1983年(昭和58年)の「越冬つばめ」で第25回日本レコード大賞・最優秀歌唱賞を受賞した。このほか、TBSの金曜ドラマ「想い出づくり」などドラマにも出演、女優としても活躍した。

■1979年(昭和54年)、新宿コマ劇場で史上最年少女座長として「森昌子公演」を行う

■1983年(昭和58年)、「越冬つばめ」で第25回日本レコード大賞最優秀歌唱賞を受賞。感激の余り受賞時に嬉し涙を流しながら歌ったが、何故かその後の紅白歌合戦でも、途中泣きながら唄い続けていた。

■1984年(昭和59年)、NHK「みんなのうた」で、「海へ来て」を歌う。放送期間は、1984年(昭和59年)8月1日〜9月30日。(再放送は5回。)

■1985年(昭和60年)、紅白歌合戦で初の紅組司会及びトリを務めた。「愛傷歌」を号泣により途中歌えなかった彼女の姿は、紅白史上に残る名シーンとして語り継がれている。

■1986年(昭和61年)10月1日 演歌歌手の森進一と結婚。これに先立ち8月、引退コンサート及び引退記念曲「〜さようなら〜」を発表し歌手業を引退。

■2001年(平成13年)12月31日 紅白歌合戦へ16年ぶりに出場。これを機に限定的ながら復帰(※夫婦共演形式でのコンサートツアー及びCD吹き込みのみ)。

■2005年(平成17年)2月 自宅で薬物を大量に飲んで倒れ、緊急入院。わずか1日で退院。さまざまな憶測がワイドショーや週刊誌に取り上げられることが多く、この事が後の離婚騒動に発展した。この頃から森進一との不仲説が大きく報じられる。

後にこの時、神経症であるパニック障害を発症したことが明らかになった。

■2005年(平成17年)3月 森進一と別居。

■2005年(平成17年)4月19日 離婚を発表(親権は長男が昌子側、次男と三男が進一側。養育権は3人とも昌子側)。ソロ歌手としての復帰が噂された。

■2006年(平成18年)3月27日 旧所属事務所のホリプロから歌手として復帰することを正式発表

■2006年4月、幻冬舎から初エッセー集「明日へ」を刊行。その後、和田アキ子・片平なぎさ・榊原郁恵らにより、「おかえり!昌子 激励の会」が開かれ、関係者700人が詰め掛けた。

■2006年(平成18年)5月、「NHK歌謡コンサート」でテレビに復帰。「哀しみ本線日本海」・「越冬つばめ」・「父娘草」を涙ながらに熱唱した。以降意欲的にテレビ出演などの活動を行う。

■2006年(平成18年)6月7日 古巣のポニーキャニオンから20年ぶりの新曲「バラ色の未来」をリリース(初登場14位で、初登場としては過去最高の順位。)

■2006年(平成18年)12月31日 年末恒例の紅白歌合戦へ5年ぶりに出場、「バラ色の未来」を歌唱する。元夫・森進一との競演が注目されたが、結局順序をずらしての出演となり、二人が同じステージに出演する場面は一度も無いままに終わった。

■2007年(平成19年)4月 NHK朝の連続テレビ小説「どんど晴れ」で女優業を本格再開。

(出典:Wikipedia)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?b=20070926-00000138-sph-ent

[PR]

【シューストップ】体臭に効果的なサプリメント販売サイト。突然ですが、おなら、体臭、口臭、加齢等、ニオイっていろいろとありますよね。 周りの人達はあなたのニオイを気にしています!!

佐藤藍子 エピソード&プロフィール

佐藤 藍子(さとう あいこ、1977年9月26日 - )は日本の女優、タレント。神奈川県川崎市幸区出身で血液型はAB型。身長164cm。極度の近眼である。また、巨大な耳の持ち主である。日出女子学園高校卒業。所属事務所はオスカープロモーション。ハードロック・ヘヴィメタル好き(ガンマ・レイ、ハロウィンなど)でも知られていた。


【来歴・人物】
1992年、第6回全日本国民的美少女コンテストでグランプリ受賞(同期に米倉涼子)。デビュー後しばらくは低迷し、企画ユニット「ICEBOX」(森永製菓の氷菓のCMキャラクター。岡田理江、中森友香と共演)のメンバーとして一時期活動していたが、1996年にドラマ「変[HEN]」で中性的キャラクターの男子高校生役を演じ、話題になる。その後「国民的美少女」のイメージを覆すボーイッシュなキャラクターが人気を博し、一時はCMに引っ張りだことなり「CM女王」の異名を取った。

フジテレビ系「奇跡体験!アンビリバボー」司会や、NHK連続テレビ小説『ちゅらさん』でヒロイン・恵里の看護師としての上司(後に義姉となる)役を演じるなど、幅広い活動を展開し、第6回国民的美少女コンテスト入賞者の中では米倉涼子同様に知名度が高く、歴代コンテスト受賞者の中でも知名度の高さはトップクラスである。

「奇跡体験!アンビリバボー」の番組内での退行催眠により、その前世はエジプトの貴族の娘「エイン」だということが判明。ちなみに「エイン」とはアラビア語で「目」の意。現在でもエジプトでは、古風な名前として存在する。

また、馬と競馬にも造詣を持ち、「メントレG」でゲスト出演した時に、競馬場へ行く等の逸話が紹介された。

横浜ベイスターズのファンである。所謂にわかファンと思われがちだが、大洋時代からファンだと、ベイスターズが1998年に優勝する以前から番組等で公言していた。

また、勝気な性格である。

なお、30歳の誕生日である2007年9月26日、趣味である乗馬クラブで知り合った男性と電撃入籍を発表した。結婚後も「佐藤藍子」として芸能活動を続けている。

(出典:Wikipedia)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?b=20070926-00000921-san-ent

[PR]

1日1粒飲むだけで吐息がカラダがバラかほる。アロマ効果もあるこの「バラかほるサプリ」は春に向けて”華やかを目指す女性”に大人気間違いなしの商品です♪

時東ぁみ エピソード&プロフィール

時東 ぁみ(ときとう あみ、1987年9月25日 - )は、日本の歌手、タレント、グラビアアイドル。 東京都出身。

愛称は「ぁみにぃ」。 本名は非公開。

旧芸名「小松幸江」、「朝倉ひかる」。 

シャイニングウィル、ジェイピィールーム株式会社、TNX(ティーエネックス)株式会社所属。


【プロフィール】
愛称: ぁみにぃ
生年月日: 1987年9月25日
現年齢: 20歳
出身地: 日本・東京都
血液型: O型
公称サイズ(2006年時点)
身長 / 体重: 154 cm / 46 kg
BMI: 19.4(普通体重)
スリーサイズ: 85 - 58 - 85 cm
ブラのサイズ: D


【来歴】
■家族構成は、両親と姉の4人家族。

■2005年、ミスマガジン2005つんく賞を受賞。それを機に「時東あみ」から「時東ぁみ」に改名。

■2006年11月、オフィシャルファンクラブ発足。

■2007年、社団法人日本ボウリング場協会主催の第14回ボウリング・マスメディア大賞でグランプリを獲得。


【人物】
■バスケットボール部に所属していた。現在「月刊バスケットボール」で連載も持っている。

■芸能人女子フットサルチーム「ミスマガジン」に所属しており、ゴールキーパー(ゴレイロ)を務めている。背番号は1。バスケットボール経験者ならではの反応の鋭さと強肩でスフィアリーグではトップクラスである。

■東大阪市テーマソング『東大阪めっちゃ元気な「まち」やねん』を、作曲を手がけたつんく、稲葉貴子、松井雄飛らと歌っていたこともある。

■「小松 幸江(こまつ ゆきえ)」名義でセントラル子供劇団に所属する子役として芸能活動をしていた。 1998年の小学5年生の時には、TBSドラマ『先生知らないの?』に生徒役でレギュラー出演し、第6話では草g剛演じる担任に告白する役を演じた。

■フジテレビ系『くるくるドカン』の「グラビアアイドル変顔選手権」にて、顔の筋肉のみで「変顔」を表現し、優勝。

■ハロー!プロジェクトの辻希美と交友関係が有る。2007年4月にギャル曽根を含めた3人で、ギャルユニット「ギャルル」を結成している(辻の妊娠脱退により安倍麻美が交代参加)。ここでの芸名は「ぁみみ」

■tvkの「saku saku」の司会者の中村優とは、同年度にミスマガジンを受賞し、フットサルでもチームメイトという仲である。サクサカーである。

■フジテレビ系のトーク番組「ごきげんよう」で、つい最近まで日本の総人口を「2万人」だと思い込んでいたことを明かし、司会の小堺やゲストを驚かせた。他にも「県庁所在地」を「県庁素材地」などと勘違いしていたという。


《メガネ》
メガネは時東を語る上で重要なアイテムであり、メガネに纏わるエピソードは数多い。メガネっ娘アイドルとして著名な存在になったが、本人の公式ホームページでのプロフィールやTV番組出演に於いて、両目とも視力1.5であると自ら公表しているように視力は良い。使用している眼鏡はレンズの入っていない、フレームだけのダテメガネである。本人曰く「眼鏡さえ有れば、恥ずかしくない」とのこと。

■眼鏡にレンズを入れていない理由は、撮影等の際、光がレンズに反射するのを防ぐ為。縁なし眼鏡の場合は乱反射防止コーティングを施している。感激して溢れた涙をレンズの無い眼鏡の上から拭こうとした、等の失敗談も有る。

■眼鏡繋がりで、大相撲力士の高見盛が時東のファンである事を、あるテレビ番組で告白している。それが縁で2006年の夏場所に時東が高見盛を応援に行った事が有る。1度きりの様でそれ以降音沙汰ないと高見盛は語っている。

■ユニセフに寄付する目的で本人使用メガネをオークションに出品したことがある。

■テレビ朝日系バラエティの『アメトーーク』では、アイドルメガネと言っている。

■フットサルの練習時や試合中は、危険防止の為、メガネの替わりにゴーグルを着用。

■タモリのジャポニカロゴスに出演中の言語学者・町田健が番組内で時東ファンである事を番組内で公言している。理由は「眼鏡がいいですね」(町田はメガネフェチである)。

■メガネは芸名を時東ぁみに改名した際に着用し始めたもので、別名義で活動をしていた時期には使用していなかった。そのため「人気取りのために眼鏡を使用しているだけで、本当のメガネっ娘アイドルではない」とする意見もある。

(出典:Wikipedia)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?b=20070925-00000049-spn-ent

[PR]

宅配DVD&CDレンタル『TSUTAYA DISCAS』 は、 ネットで借りてポストで返す、日本最大のレンタルショップです。今なら無料でサービスをお試しできる“フリートライアルキャンペーン実施中!

田村裕(麒麟) エピソード&プロフィール

田村裕(たむら ひろし、1979年9月3日 - )は日本のお笑い芸人。麒麟のツッコミ担当。所属事務所は吉本興業。大阪NSC20期生。立ち位置は向かって左。相方は川島明。


【概要】
大阪府吹田市出身。大阪府立吹田高等学校卒。身長180cm。血液型O型。
愛称は「タム」、「タムちゃん」(笑い飯の哲夫が呼んでいる)、「タムさん」(主に後輩芸人が呼んでいる)。

NSC願書の自己PRでは「人は笑っている時が一番幸せだと思います。だから少しでも長く、多くの人が笑えるようにしたいのです」と書いている。


【エピソード】
《極貧時代》
■学生時代は貧乏だった(幼少時代は、そこそこ裕福だったという)。幼少期に母を病気で亡くし、中学生の頃に父親が病気を患い、その入院費がかさんだ。それを埋めようと貯金を切り崩すが底をつき、家が差し押さえられてしまい父親が蒸発、家族が『解散』した。しばらく兄、姉、田村それぞれが一人で生活する日々が続いた。この時期に田村は公園に住んでいたことがある(それゆえに当時の家の間取りを1Pと表現した)。その公園は「まきふん公園」と呼ばれ、一風変わった滑り台があり、市は巻貝をモチーフにしてたらしいが、当時、色が茶色(現在は水色)でまきまきのうんこに見えることからそう呼ばれている。その後友人の親の厚意でアパート住まいはできるようになったが、高校卒業まで生活費に苦労する日々が続いた。

■高校時代は昼の弁当を持って来られなかったため、教室で同級生が昼食を摂っている姿を見るのが辛く、昼食抜きで昼休みは一人で体育館でバスケットボールの練習に励み、レギュラーの座を獲得した。

■父を除いた家族3人で、近所のおばちゃんが借りてくれたアパートに住んでいた頃は家具が無く、粗大ゴミ置き場に家具を拾いに行った。その様子を当時の好きな子に見られてしまい「なにやってたの?」という質問に、「家具がないから家具を拾ってた」といったら、口をきいてくれなくなった。

■蒸発した父親は、現在も消息不明である。(田村曰く、「テレビを見られる状況に無い可能性がある」という)クイズ!ヘキサゴンIIに出演した際、「お父さんのことは恨んでないから、どうか僕の前に出てきてください」と再会を訴えていた。

■衝撃の解散の後、たった一度だけ父親に会った事がある。友達の家にいた時、散髪しに行く途中で再会した。だが父親にどこに行くかを尋ねられ、田村が答えた後、再び『解散』した。

■2007年3月15日に放映された「いきなり!黄金伝説」で、田村と同じアトピー性皮膚炎の息子を持つ松居一代に亡き母の自分に対する想いを代弁されて、号泣する場面も見られた。

■昔、川島が弁当のから揚げを公園の砂の上に落とした際、捨てようとした川島の手を止めて、「落ちて1分はありやろ」と言った(通常の「3秒ルール」が田村家では「1分ルール」)。

■ふりかけのせいで親友と絶交したことがある(「明日持って来たる」と言ったのに、友達が忘れてきたため)。

■公園に住んでて食べ物が全く無い時、あまりの空腹に周辺に落ちていたダンボールを水につけて食べた事がある。田村曰く「まずい!!(匂いもダメ)」らしい。しかし学校へ行こう!MAXであらかじめ用意されたダンボールを食べ、「おいしい」と言った。理由はダンボールが新しいと、特有の臭いが無いから。

■公園時代は、雨で体を洗っていた。彼曰く、夕立が一番嬉しかったらしい。逆に腹が立つのは、『やや降り(小雨)』。その際に、天に向かって「降るなら降る!降らへんなら降らへん!」と怒った事がある。


《芸人時代》
■一発ギャグなどでよく滑るが、天然ボケからなるアドリブは得意である。

■タムちゃんダンスと言う変わった踊りのネタがある。

■漫才中、相方川島のオチで笑ってしまい、お辞儀もせずに舞台袖に帰ったことがある。


《極貧時代の影響》
■川島と麒麟東京進出を考え、東京に居を移す計画をするもお金が無く(タクシーに乗るのにはまってしまったためと、後輩の面倒見がよく、おごりすぎたため)断念したことを新年早々生番組である第40回爆笑ヒットパレード2007とメントレGで話している。また、年明け前にも吉本お笑いオーケストラIIなどで話していた。

■お金があることが不安になり、使ってしまうことも告白している。

■M-1グランプリ2006の決勝進出者の記者会見で、賞金の使い道を聞かれて「中学のときに家がなくなって一時期公園に住んでいたので、優勝したら相方と2人でその公園を市から買い取りたいです!」と語った。

■貧乏キャラのため劇団乙女少年団などのコント劇団のキャラでは服が茶色の布に紐でしばったような服やダンボールで作られた服を着せられることが多い。

■「アメトーーク!」では「実家ビンボウ芸人」というカテゴリーで出演。他にメッセンジャー黒田、小沢一敬、中川家、熊谷岳大も出演していたが、エピソードの凄まじさから雨上がり決死隊からは黒田とともに「あの2人だけ別格やわ」と言われた。画面では田村と黒田のところにスポットが当たって「特A」というテロップもつけられていた。

■その壮絶な極貧エピソードの数々はいわゆる「鉄板」であり、人志松本のすべらない話でも披露され、田村は初出演ながら見事その回のMVP(ゴールド印)を獲得した。

■食事をまともにしていなかった為か、かなりの小食であり、味覚も若干おかしい。過去に川島にいたずらで焦げたキャベツを『トリュフ』だといわれ、全く気付かずにとても美味しそうに食べていた。

■2007年8月1日に放送されたクイズ!ヘキサゴンIIクイズパレード夏の超クイズパレード最強おバカ決定戦SPでの「おいしいクイズ」というコーナー内で、同じチームの成績下位4人(田村も含む)が選んだ漢字表記の材料で作ったミックスジュースを、他の人は「マズイ!」と言ったが、田村だけ「全然いける!」と絶賛していた。ちなみに材料は、桜桃(おうとう)・栄螺(さざえ)・韮(にら)・胡桃(くるみ)だった。

■小学校頃から高校ぐらいまでのメディア系の知識にまで影響が及んでいる。音楽に関して言えば、イントロクイズ等はほとんど答えられない。チャゲ&アスカの「SAY YES」、福山雅治の「イッツオンリーラブ」、ゴダイゴの「ガンダーラ」、ブルーハーツしか知らなかった時期がある。


【その他】
■兄はフロントストーリーの清水健次とコンビを組んでいたことがある。コンビ名は「マジェスティ」。

■学生のころ家庭の事情により自殺を考えたことがあり、教師に相談したら「田村君の笑顔でクラスが和むんだよ」と言われ思いとどまる。これがきっかけで芸人を目指すことを決意。

■タクシーが大好きでしょっちゅう乗っている。本人曰くジェットコースターよりおもしろいとのこと。

■ヘビースモーカーであり、銘柄はマルボロライトメンソール。

■体内時計が正確で麒麟・千鳥の二笑流TVではたびたび正確な体内時計を見せた。

■10歳の時サッカー部に入るも、なんとなく退部。以降はバスケット一筋。中学、高校ではレギュラーだった。

■ルービックキューブが得意。三分で六面揃える事が出来る。

■ご飯をずっと噛み続けると甘味が増した後、徐々になくなっていくが、極限まで噛み続けると、ほんの一瞬だけ味が復活する事を発見する。田村家ではそれを「味の向こう側」と呼んでいる。

■現在借りている自宅マンションの前の住人は、フットボールアワーの岩尾望。

■ココリコミラクルタイプで菅野美穂に「田村君は良い子だ!!いいこいいこ!!田村君はほんとに良い子だ!!」とべた褒めされたことがある。

■水をいきなりかけられる事が怖い。

■過去、彼の兄によって布団に包まれたせいで暗い所が苦手。

■高校時代、生徒会長になり意見箱を設置していた。そこに投じられた意見から、女子の体操服をブルマーから膝丈のジャージに変更した(学校へ行こう!MAXより)。

■高校時代の一番の御馳走は、学校の近くの商店街で売っているコロッケだった。

■家族は皆白いにもかかわらず、田村だけが黒い。小学校の低学年から黒いらしい。

■実は皮膚の色が黒い(茶色い)のは、体調不良によるもの。ある日腰痛のため、針治療に行った際先生に「これは地黒ではない。」と言われ、治療してもらった所、すごく綺麗な肌色になった。しかし、着替えて外に出る頃には元の色に戻った。

■死んだ、と思うことが多々ある。昔友人達と酒を飲んだ翌朝、酔った友人達に服を脱がされごみ置き場に放置されていた。裸で人気の無い街を見て死んだと思った。

■他にも川島とネタ作りの途中に田村が別室で鏡を背にして寝ていると、鏡が倒れ頭に引っかかり「人」の字の様になったが、田村は起きなかった。少しして目を覚ますと、自分の体と地面が見え「死んだ!」と思ったと言う話がある。

(出典:Wikipedia)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?b=20070925-00000046-sph-ent

[PR]

国内旅行、バスツアー、海外旅行と豊富なツアー情報満載!!季節ごとのお薦めツアーや観光情報など盛り沢山!24時間インターネットにて予約可能です。

大場久美子 エピソード&プロフィール

大場 久美子(おおば くみこ、1960年1月6日 - )は、埼玉県川口市出身の歌手、女優。公称サイズは身長153cm・バスト80cm・ウエスト58cm・ヒップ83cm。血液型はA型。鳩ヶ谷市立中居小学校・鳩ヶ谷市立八幡木中学校を卒業し、その後東京成徳短期大学付属高等学校(現:東京成徳大学高等学校)普通科入学(芸能界本格的デビューの為、転校)→堀越学園卒業。料理の他に日本舞踊やダンス、30年以上も続けている洋裁など、多くの趣味・特技を持つ。好きな色はピンク色。鳩ヶ谷市の名誉市民である。


【略歴】
■1970年に劇団東京宝映に入り、児童タレントとして活動。堀越高校在学中に「あなたをスターに!」で特別賞を受賞したのを切っ掛けに芸能活動を開始。

■1977年、『あこがれ』でデビューした後は、「一億人の妹」というキャッチフレーズの下、立て続けにヒット曲を生み出す。また、1978年から放送されたTBS系のテレビ番組「コメットさん」のヒロインを務め、全国的にその名が知れ渡り、ブロマイドが爆発的に売れ、一躍トップアイドルになる。

■1979年の「さよならコンサート」で、「私は女優の世界にお嫁に行きます」との言葉を残し、歌手としての活動を一旦終了した。

■1984年発売の写真集『大場久美子』では、大胆なヌードを披露した。

■1990年からサイドビジネスで静岡県でレストランを経営していたが、経営不振のため2年で閉店になり、実質的な経営者まで失踪してしまった為、名義上の社長になっていた大場に1億2000万円の借金が残された。その後大場は分割で月600万円ずつ計1200万円を返済したが、借金はまだ1億400万円あり、体力的にも精神的にも限界に達し、1994年4月12日に自己破産申告が認められた。

■1999年に6歳年下のダンサー兼振付師の高橋てつやと結婚。

■2000年には林寛子、あべ静江、沢田亜矢子と共に自称“熟女ユニット”『女盛りゲザデレタ』を結成してCDをリリースした。

■2007年9月23日、関西ローカル番組の「週刊えみぃSHOW」でのVTR(収録)出演時に、2年前に離婚していたという事実(親戚にもまだ話してないという)を告白。

(出典:Wikipedia)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?b=20070924-00000047-spn-ent

[PR]

コンビニでのおにぎりやジュースなどちょっとした買い物から海外旅行まで、いつでも、どこでも、かしこく使える計画的なあなたにぴったりのKARUWAZAカード!サークルK、サンクスでもお得に使えます。

SHOGO(175R) エピソード&プロフィール

SHOGO(ショーゴ、本名:木下 将吾 (きのした しょうご) 1980年3月24日 - )は、日本のミュージシャン・歌手。175Rのボーカル。福岡県北九州市小倉北区出身。豊国学園高等学校卒業。

元妻は歌手の今井絵理子。2004年6月に結婚。同年10月に長男が誕生したが、2007年9月24日に離婚を発表した。


【概要】
2006年3月には初のソロ名義で「AM(ありがとう みんな)1242」をリリース。 他にも小久保淳平とのアコギユニット「THE無法松」、西川貴教、土屋礼央、グローバー義和とのユニット「しぐれに」、元JUDY AND MARYのTAKUYAとのユニット「Fever The Quareter」など活動範囲も幅広い。 過去にSHOGO本人役としてのドラマ出演や、探偵R571役として林海象監督の映画「探偵事務所5」にも友情出演。 2005年からは作詞・作曲のクレジット名は「shogo. k」である。 自身がレーベルプロデューサーを務めるBUG ROCK RECORDSではジェット機、ニューロティカなどをプロデュース。 尾崎豊の影響を強く受けたらしい。


【来歴】
■1998年10月、ロックバンド175R結成。インディーズで活動。絶大な人気を誇る。

■2002年10月、自身がパーソナリティをつとめるニッポン放送系『SHOGOのallnightnippon-r』がスタート。当時は火曜27:00-28:30。

■2005年~2006年3月「SHOGOのオールナイトニッポン」として、土曜25:00-27:00を担当。

■2003年
・1月6日、シングル『ハッピーライフ』でメジャーデビュー。
・12月31日、第54回NHK紅白歌合戦に初出場。

■2006年3月、シングル「AM (ありがとう みんな)」でソロデビュー。


【交友関係】
交友関係は幅広く音楽界ではGLAY、谷村新司、MCU、ORANGE RANGE、mihimaruGT、exJUDY AND MARYのTAKUYAなど その他、俳優の山崎裕太、お笑い界では、久本雅美、安田大サーカスのHIROなど。 スポーツ界では北島康介、稲本潤一、小林大悟など。

(出典:Wikipedia)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?b=20070924-00000902-san-ent

[PR]

PCソフト、PCゲーム、写真集、動画から音楽まで無料お試し版や有料ダウンロードが楽しめる総合ショップ。おすすめ商品からランキングまで何でも揃う人気・実力ナンバー1の本格的な総合ダウンロードショップ!

今井絵理子 エピソード&プロフィール

今井 絵理子(いまい えりこ、1983年9月22日 - )は、日本の歌手・女優である。沖縄県那覇市出身。八雲学園高等学校卒業。沖縄アクターズスクール出身。血液型O型。

結婚、出産を経てelly名義で音楽活動を再開。


【人物】
■1996年 SPEEDのメンバーとしてデビュー。

■1998年 SPEEDのシングルのカップリング曲でEriko with Crunch(エリコ・ウィズ・クランチ)として初ソロ曲を出す。

■1999年4月-6月 TBS系テレビドラマ「L×I×V×E」でドラマ初主演(新垣仁絵と共演)。

■2000年 SPEED解散後、ソロ歌手としての活動を開始。2000年発売のマキシシングル盤「in the Name of Love」より歌手活動名義も今井絵理子で統一。

■2004年5月 人気ロックバンド175R(イナゴライダー)のヴォーカル・SHOGOとの結婚を発表(当時妊娠5ヶ月)。出産と育児のため一時休業。2004年10月18日、第1子(男児)を出産した。

■2005年6月 elly名義で音楽活動を再開。

■2006年2月 ミドリカワ書房とのデュエットCDを発売。

■2007年7月 2歳の長男とともに夫SHOGOと別居していることがわかった。

■2007年9月24日 自身の公式ウェブサイト上で正式に離婚を発表した。


【交友関係】
女性芸能人では、宇多田ヒカルや中島美嘉、安達祐実など。男性芸能人では、自身のLIVEでChorusを務めるteam-Fなどがいる。女子プロレスラーの伊藤薫選手とも7年近い付き合いになる。

(出典:Wikipedia)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?b=20070924-00000902-san-ent

[PR]

「豆乳クッキーダイエット」祝1500万食突破!2006年、楽天年間ランキング総合第1位受賞商品です!!12秒に1箱売れてます☆
たったの146キロカロリーなのに、栄養も満足感も◎!!

佐藤隆太 エピソード&プロフィール

佐藤 隆太(さとう りゅうた、1980年2月27日 - )は、日本の俳優である。東京都目黒区出身。日本大学櫻丘高等学校、日本大学芸術学部映画学科卒業。血液型A型。ケイファクトリー所属。
身長:179cm。体重:62kg


【略歴・人物】
■1999年に舞台『BOYS TIME』で俳優デビュー。2000年TBSテレビドラマ『池袋ウエストゲートパーク』に出演し、注目を集める。その後もテレビドラマや映画、舞台、CMで活躍する若手人気俳優。劇中においては主人公のけんかっ早い弟分もしくは善良なキャラクターの暑苦しい脇役を演じることが多い。

■2003年、陣内孝則監督の映画『ROCKERS』内で結成された同名のバンドの一員として音楽活動を行い、『ミュージックステーション』等の音楽番組に出演した。その後の音楽活動としては、2004年にPUFFYの吉村由美と「ザ・テンパーズ」というユニットを結成していたことがある。

■アフロのような髪型は天然パーマ。昔グレていたのか剃りこみのあとがある。

■趣味は野球。阪神タイガースのファンである。

■第一回日芸賞受賞者。三谷幸喜と共に授賞式に臨み、本人はこれが始めての賞だと大変喜んでいた。

(出典:Wikipedia)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?b=20070921-00000005-sanspo-ent

[PR]

「豆乳クッキーダイエット」祝1500万食突破!2006年、楽天年間ランキング総合第1位受賞商品です!!12秒に1箱売れてます☆
たったの146キロカロリーなのに、栄養も満足感も◎!!

イ・ビョンホン エピソード&プロフィール

イ・ビョンホン(李炳憲, イ・ビョンホン, 1970年7月12日 - )は、韓国の俳優である。漢陽大學校仏語仏文学科卒。中央大学新聞放送学科大学院卒。身長は177pで、体重は72s。仏教徒。渾名はビョンホンシ、ビョンビョンなどがある。


【経歴】
1992年にドラマ『アスファルト、我が故郷』で俳優としてデビュー。以降演技派として、人気・実力を兼ね備えた俳優として着実にキャリアを重ね、1990年代は主にドラマで活躍。2000年の映画『共同警備区域JSA』では韓国軍兵士を演じ、印象的な演技が注目を集め、第1回釜山映画評論家協会賞・主演男優賞を受賞。2005年主演した「甘い人生」で映画評論家協会賞をはじめ3つの主演男優賞を受賞。確かな演技力に加え、どんなジャンル・キャラクターも演じられることから、「千の顔を持つ俳優」と称され、国内だけではなく海外からの出演オファーが来ている。

ハリウッドの大手エージェンシーの一つエンデヴァー・タレント・エージェンシーと契約。韓国人俳優でアメリカのエージェンシーと契約したのはウィリアム・モリス・エージェンシーと契約したキム・ユンジンに次ぎ2人目、男優では初めてとなる。


【日本では】
チェ・ジウと共演したテレビドラマ「美しき日々」で、主に中高年の女性たちから支持されて人気を獲得した。また、NHKが同ドラマを放送した縁もあり、2004年の紅白歌合戦にゲストとして出演し、スピーチを行った。 独特のユニークな顔立ちと、役作りに対する徹底的な拘りから「韓流四天王」と称され、韓流を象徴する芸能人の1人として、頻繁にメディアに取り上げられている。


【その他】
■2000年「公益勤務要員」として6ヶ月間軍役。

■会った人誰もをファンにする「キラースマイル」と呼ばれる笑顔で有名。

■実妹は、韓国でモデル・タレントとして活動しているイ・ウニ(イ・ウンヒ, ???)。(1996年度ミスコリア真(グランプリ)受賞。)

■北野武のファンで、パジャマをプレゼントされたことがある。

■10年以上ユニセフの活動に参加、2003年からユニセフカード広報大使を務め、2005年12月にユニセフ特別代表にも任命され、活動している。

■2006年、韓国映画産業を保護する「スクリーンクォータ制廃止」反対のデモに参加した。

■2006年5月3日 、「Lee Byung Hun in Tokyo Dome」開催。東京ドームにて日本では初めてのファンミーティングを行った。4万2千人のファンが集まった。

■2006年10月、フランスまたは世界の芸術と文化に著しく貢献したとして、フランス政府から文化芸術勲章を授与された。

■2006年12月、カプコンのゲームソフト「ロスト プラネット エクストリーム コンディション 」に主役として出演(発売わずか1ヶ月で100万本を出荷)。

■映画「甘い人生」での演技が高く評価され、韓国の映画賞で、映画評論家協会賞など、最優秀主演男優賞3冠。

■日本のジュエリーメーカーサマンサ・タバサと契約し、ビョンホン自身がデザインしたジュエリーを販売している。

■2007年7月12日、日本武道館にて写真集発売記念イベントを行った際、武道館アリーナに掲げられた日本国旗を白旗に改変した写真をイの所属事務所が著作権表記をした上で通信社に提供し、議論を呼んだ。7月17日になり、「手違い」により日本国旗に修正を加えたことを事務所側が認め、謝罪した。

(出典:Wikipedia)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?b=20070921-00000059-mai-soci

[PR]

敏間肌だけど美白したい!そんな悩みをお持ちのアナタ、諦めないでください!優しいだけじゃなく、美白効果もキチンと実感できる!ぜひミラクルホワイトお試しキャンペーンであなたの望みを叶えてください♪

坂井泉水 エピソード&プロフィール

坂井 泉水(さかい いずみ、本名:蒲池 幸子(かまち さちこ)、1967年2月6日 - 2007年5月27日)は、日本の歌手、作詞家。音楽グループZARDのボーカリスト。 ビーイングの関連会社「泉水」に所属し、同社の副社長を務めた。レコード会社はビーインググループの「B-Gram RECORDS」に所属。


【人物】
両親・弟妹の5人家族。20代前半まではモデルとして活動していたが、歌手になりたいという強い希望を捨てず、1991年2月、ロックバンド「ZARD」のボーカルとして歌手デビューを果たす。数多くのヒット曲を生み出し、世代を超えて高い支持を集め、人気、実績とも1990年代を代表する女性シンガーとなった。

その一方で、初期のころに数回テレビ・ラジオに出演した他はほとんどマスメディアに登場せず、ライブも殆どしていない。「負けないで」で大ブレイクして以降は全盛期にメディア露出やライブを全くしなくなった。そのように表舞台に登場せず音楽制作に専念するスタンスを徹底したことに加え、あえて私生活や経歴を公開して来なかったたため、謎の多いミステリアスなアーティストと見られてきた。

2007年5月、再起に向けて、癌克服のための闘病生活中に、階段からの転落によると見られる脳挫傷が原因で死去(後述)。


【経歴】
《デビュー前》
福岡県久留米市生まれ、神奈川県平塚市、神奈川県秦野市育ち(小学校4年より)。秦野市立西小学校、秦野市立西中学校、神奈川県立伊志田高等学校卒業。中学時代は陸上部、高校時代は硬式テニス部に所属していた。松蔭女子短期大学を卒業後、不動産会社にOLとして約2年間勤務した。


《モデル時代》
■街頭でスカウトされ、スターダストプロモーションに所属し、本名「蒲池幸子」でモデル活動を行う。

●1989年
■1月2日、テレビドラマ『春燈』(ANB系の新春3時間スペシャルドラマ、原作:宮尾登美子)に、東北地方から売られてきた少女役で出演。

■1990年にかけて、山下直美とともに「東映カラオケクイーン」となる。カラオケビデオ(Winkの「ONE NIGHT IN HEAVEN 〜真夜中のエンジェル〜」、中森明菜の「CARIBBEAN」、永井真理子の「23才」、薬師丸ひろ子の「手をつないでいて」、やしきたかじんの「未練〜STILL〜」)に出演。カラオケ機器の販売促進用のパンフレットにも写真が掲載される。東映カラオケのPR活動などで地方のカラオケ店を巡業する。この企画はZARDでの歌手デビュー後の1991年3月まで続いた。

■6月7日、クイズ番組「クイズ!年の差なんて」の「見返り美人」のコーナーで、『カラオケクイーンに選ばれたのは誰』という設問として取り上げられる。

■バラエティ番組『とんねるずのみなさんのおかげです』(フジテレビ系)の「仮面ノリダー」でマリナ(渡辺満里奈)の知人役で出演(第40話「恐怖シャワー男」と第49話「恐怖ゴルフ男」)。

■日本エアシステムのフルロードキャンペーンのキャンペーンガール。

■1990年にかけて、日本エアシステム系のJAS CARGOのキャンペーンガール。

●1990年
■日清カップヌードルレーシングチーム(2輪)のレースクイーン(岡本夏生と並び、ハイレグのコスチューム姿の写真が残っている)。

■2月17日 TBS系ドラマのドラマチック22「渋谷・青春坂・ラブホテル」で端役で出演。

■6月、写真集『Body Works』(大陸書房、トップモデルシリーズ)出版。

■6月21日、ビデオ『SEXY SHOOTING』(サザンクロスビデオアーツ)発売(森村咲、大林美可と共演)。

■7月24日、写真集『NOCTURNE』(撮影:清水清太郎、白泉社)出版。

■冬にフジテレビ系番組『オールナイトフジ』のグラビア美少女のコーナーに出演。

■その他、雑誌グラビアなどに多数掲載される。


《歌手デビュー》
■1990年8月にビーイングのオーディションを受ける。ビーイング社長の長戸大幸に才能を認められ、坂井泉水を中心とした音楽ユニット「ZARD」結成の準備に入る。

■1991年(24歳)
2月10日、シングル『Good-bye My Loneliness』でデビュー。


《闘病生活》
●2006年-2007年(39、40歳)
■6月から子宮頸癌の治療のために入退院を繰り返す(2007年5月28日の所属事務所の発表による)[3]。病巣の摘出手術を受けて一時退院したが、肺への転移が見つかり、2007年4月慶應義塾大学病院に再入院。抗がん剤による治療は良好で、秋発売予定のアルバム製作と3年ぶりのコンサートツアーに向けて作詞を行うなど、始動していたとされる。


《入院中の転落死以降》
●2007年(40歳)
■5月26日朝、病院の敷地内で仰向けに倒れているのを通行人に発見される。同病院の集中治療室で緊急に処置を受けたが、翌5月27日午後3時10分、スロープから転落した際の後頭部強打による脳挫傷で死去した。享年41(40歳没)。

■5月28日、所属事務所が「坂井泉水が数々のヒット曲とともに、いつまでも皆様の心の中に生き続けることを願ってやまない」とのコメントを出す。

■ZARDのヒット曲の多くを作曲した織田哲郎、詞の提供を受けた森進一、同じビーイングに所属していた大黒摩季らが坂井の死を悼むコメントを出した。

■5月30日、東京都町田市の斎場において、近親者のみの密葬として 葬儀・告別式が行われた。

■また、東京と大阪に設置した献花台には合計約10000人が献花や記帳に訪れたほか、昨年10月発売のベストアルバム『Golden Best 〜15th Anniversary〜』が、オリコン史上初の300位圏外から3位に急上昇し、さらにその翌週からは2位に浮上した。

■海外でも、大韓民国、台湾などのメディアで一斉に報道された。

■6月1日、テレビ朝日の『ミュージックステーション』で、追悼の意を込めて、1992年の初登場時と1993年の最後の出演時を中心とした映像が流された。その後、視聴者からの反響を受け、6月29日の2時間スペシャルで再放送された。

■6月18日、NHKの『クローズアップ現代』で、『時代を励ました歌 〜ZARD 坂井泉水さんが遺したもの〜』が放送された。その結果、この番組の視聴率は11.5%を獲得した。

■6月26日、東京・青山葬儀所で「ZARD/坂井泉水さんを偲ぶ会」の関係者向けの音楽葬が開かれ、大黒摩季や織田哲郎、池森秀一、森友嵐士、浅岡雄也ら著名人が出席。また、これと同じくして、B'zの松本孝弘・稲葉浩志、倉木麻衣、読売巨人軍終身名誉監督の長嶋茂雄が追悼コメントを寄せた。

■6月27日、一般者向けの音楽葬が開かれ、40,100人が来場した。この人数は美空ひばり(42,000人)・吉田茂(40,000人)・尾崎豊(37,000人)に匹敵する規模である。

■8月19日、『24時間テレビ 「愛は地球を救う」』の20時台冒頭で追悼コーナーが設けられ、『マイ フレンド』・『揺れる想い』・『負けないで』がスペシャルメドレーとして出演者に歌われた。また20時30分頃に、「負けないで」が例年通りフルコーラスで歌われた。さらにこの年のマラソンランナーである萩本欽一が24時間テレビの放送時間内にゴールできなかったため、その後の『行列のできる法律相談所』の生放送で「負けないで」がもう一度歌われた。結局「負けないで」は3回歌われるという異例の事態となった。


【エピソード・その他】
■“蒲池”という本名の苗字と“福岡県久留米市”という出身地が同じである歌手の松田聖子(蒲池法子)とは従姉妹であると噂された。松田聖子は柳川の蒲池氏の子孫であり、先祖が同じであるとも言われたが、坂井泉水の場合、正確なことは不明であり、二人は従姉妹でも親戚でもない。但し、当人の意思か事務所の方針かを問わず、モデルデビュー当時よりグラビア等で、“蒲池”“福岡県久留米市出身”を強調していたのは事実である。※蒲池氏#子孫たちも参照されたい。

■モデル時代の公式プロフィールでは1969年生まれとなっていた。

■ミリオンセラー歌手となってからも、レコーディング等に行く際は電車で移動していたという。

■モデル時代の関連品は、お宝モノとして高額で取引されている。特に写真集「NOCTURNE」は定価1800円であったが、坂井が歌手として大ブレイクしてからは中古市場で10万円を下回ることがないほど高額品となっている。これらの関連品は坂井の死後は中古市場でより高騰した。

■音楽葬の際に無料で配られた配布物までもが高額で取引されるという事態に至っている。

■死後ZARDのCDが急激に売れ、「Golden Best 〜15th Anniversary〜」の初回盤が中古市場で高額がつく現象が起こり、初回盤を再生産するという異例の措置になった。

■嫌煙家であり、アルコール類も好まず、健康管理には気を使っていた。但し、「新しいドア〜冬のひまわり〜」がサッポロビール、「もっと近くで君の横顔見ていたい」「今日はゆっくり話そう」が、月桂冠のCMソングとして、起用された事があった。

■歌手デビュー以前の経歴は、公式に発表されて来なかった。生前から一部の雑誌メディアでしか報じられていなかったが、死後、新聞・テレビのニュース番組でも報道された。

■ファンクラブ会報に記されていた「皆さんお元気ですか? 味わい深い日々を送ってくださいね」が、ファンに向けて発せられた最後のメッセージとなった。

(出典:Wikipedia)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?b=20070915-00000046-spn-ent

[PR]

PCソフト、PCゲーム、写真集、動画から音楽まで無料お試し版や有料ダウンロードが楽しめる総合ショップ。おすすめ商品からランキングまで何でも揃う人気・実力ナンバー1の本格的な総合ダウンロードショップ!

華原朋美 エピソード&プロフィール

華原 朋美(かはら ともみ、1974年8月17日 - )は、日本の女性歌手、タレント、 ミュージカル女優。東京都江東区出身、千葉県浦安市育ち。血液型はA型。獅子座。愛称は「朋ちゃん」。

代表曲に『I'm proud』『I BELIEVE』『Hate tell a lie』など。かつてのプロデューサー・小室哲哉に「愛を歌うことが出来る人」と称された。


【プロフィール】
東京都江東区亀戸生まれ、千葉県浦安市育ち。松蔭中学校・高校卒業。身長156.7cm(公称160cm)。体重44kg。スリーサイズB86・W58・H84。

3才頃、「あれに乗りたい!」の一言で始めた趣味の乗馬は、高校3年生の時に国体で第4位という成績を修めた。5才頃には、突発性血管性紫斑病に罹り、3ヶ月間無菌室に入院していた。その後は乗馬で身体も鍛え筋力もつき、2005年に発売した初の写真集では引き締まったプロポーションを披露した。また、将棋の級(日本将棋連盟ジュニアクラス1級&一般クラス3級)も持っており、NHK衛星第2テレビの将棋特番で司会も務めた。

かつては、三浦彩香や遠峯ありさなどの芸名でグラビアアイドルタレントとして活動。「さんまのナンでもダービー」などでアシスタントを務めた。遠峯時代に小室哲哉に見出される。小室との出会いは、華原(遠峯)に興味を持っていた小室が、当時青山にあった小室の店・TJMに華原を呼んだことがきっかけ(引き合わせたのは、きくちP)。そして2人は親交を深め恋愛関係に発展した。また華原は女優志望だったが、交際中、偶然カラオケでtrfの曲を歌い、それを聴いた小室が“涙腺を刺激する歌声”と称し、歌手デビューが決定。ちなみに、初めて買ったCDが中山美穂の「50/50」(小室作曲)で好んで歌っていたというから、まさに運命的な出会いであったと言える。また、デビュー直前に2人の関係をすっぱ抜いた週刊誌の記者に対し、小室は“アーティストに手をつけたのではない、恋人に曲を書いてデビューさせただけだ”と語っている。

小室プロデュースの作品でミリオンセラーを連発し、一躍トップアーティストの仲間入りを果たす。1995年に発売したシングル『I BELIEVE』で新人賞を総なめにし、2作目にしてミリオンを突破するなど新人としては異例の快挙を達成。1996年に発売した3枚目のシングル『I'm proud』は140万枚を売り上げ、名実共に代表曲に。ファーストアルバム『LOVE BRACE』も250万枚突破の記録的なヒットとなり、1997年に発売したCDは全てチャート首位を獲得。中でも『Hate tell a lie』は小室プロデュース作品としては最後のミリオンシングルとなっている。そのドラマティックな半生は、各曲の歌詞・歌声に表れている。また、透明感溢れる澄んだハイトーンヴォイスに、ブランドスーツ・ワンピースを着こなすセレブなファッションなど、同性から強く支持され、安室奈美恵の“アムラー”に対しては“カハラー”と呼ばれた。平成のシンデレラとも呼ばれた。ハローキティ再流行のきっかけ(当時、サンリオ社長も華原朋美効果を認めた)や、牛丼の「つゆだく」、1998年に自身が出演した“ヒュ〜ヒュ〜”でお馴染みのCM・JT「桃の天然水」が大ヒット商品になるなど、ブームリーダーにもなった。なお、桃の天然水は2006年に発売10周年を記念して復刻版として再発売され、そのCMキャラクターにも再起用され、8年前23歳だった自分との共演を果たしている。また、自分の一人称を「朋ちゃん」と呼ぶなど、ぶりっ子ともとれる態度も本来であれば女性から非難を浴びる所ではあるが親しまれた。

1999年には小室との破局から体調を崩し、睡眠薬などに頼る体質から度重なる事故騒動などで世間を騒がせた。2000年には再度休養に入り、このまま活動停止・引退と心配されたが、休養先のカナダから一時帰国中に「進ぬ!電波少年」から全米デビュー企画のオファーを受け渡米。2001年に凱旋帰国後は歌手業だけではなく、バラエティ番組への出演や司会業など活動の幅を広げマルチに活動。デビュー10周年を迎えた2005年からはミュージカルの舞台にも進出し、ミュージカル女優としての活動も本格化させていた。同じく2005年、パチンコ機「CR華原朋美とみなしごハッチ」(フィールズ)でキャラクターものとしてパチンコ機化。メインはみなしごハッチだが、リーチアクションなどで華原が出てくることもある。華原が歌うトランス調にアレンジされた「みなしごハッチ」テーマソング収録のCD(未発売)や、ストラップ、トースターなどグッズも作られた。


《所属事務所との専属契約解除》
2007年6月29日、所属事務所のプロダクション尾木が6月28日付で専属契約を解除した事を発表。前年末の主演ミュージカル公演中に気管支炎などを患い一部休演後、年明けから4月いっぱいまで3度目の休養に入り、心身の回復に努めていた。5月には仕事を再開しTV復帰するも、番組のリハーサルやゲスト出演などを無断欠席し、突然の仕事キャンセルが相次いでいたと報道されている。19日には酩酊状態のまま倒れているところを保護されたという。警察のご厄介になったのは6月だけでも計3回。小室との破局以降、不安になると睡眠薬や精神安定剤に頼る体質が断ち切れてないという。26日に今後について対応を電話で話し合ったが、回復状況が予想以上に思わしくなく、これ以上のマネージメントは不可能と判断と報道。尾木徹社長は「本当に残念でたまらない、断腸の思い」「早く治療すべきものは治療し、習慣になっているものはやめて、まず人間として再起再生してもらいたい」とエールを送ったという。レギュラー番組「新堂本兄弟」も降板となり、既に収録済みの出演シーンはそのまま放送された。7月から予定していたコンサートなどスケジュールも中止となり、公式ファンクラブ“Pretty Eye”は6月29日付で解散された。事務所の意向を受けて、所属レコード会社のユニバーサルミュージックとの契約も28日付で終了。29日深夜に本人から尾木社長へ「ごめんなさい。ご迷惑をかけました。クビにしないでください。」という謝罪の留守電が入っていたが、事務所は再契約について「病気を治すことが先決。本人の人生のためにも大切」としている。9月13日現在、他の事務所への移籍などは決まっていない。

(出典:Wikipedia)

[PR]

「豆乳クッキーダイエット」祝1500万食突破!2006年、楽天年間ランキング総合第1位受賞商品です!!12秒に1箱売れてます☆
たったの146キロカロリーなのに、栄養も満足感も◎!!

土居甫 エピソード&プロフィール

土居 甫(どい はじめ、1936年(昭和11年)10月8日 - 2007年(平成19年)9月14日)は、振付師。愛媛県北宇和郡津島町(現・宇和島市)出身。血液型A型。日本振付家協会常任理事。


【経歴】
1955年、作家の獅子文六を頼って上京し書生をした後、東京芸能学校(一期生)に入学。1957年に東宝演劇部所属となり、東宝ミュージカル・東宝歌舞伎・日劇ダンシングチーム・日劇ミュージックホール・新宿コマ劇場などに出演。

1961年から1969年まで日本テレビ「シャボン玉ホリデー」にレギュラー出演し、ザ・タイガース、ザ・ピーナッツなどの振付を担当。

1971年から「スター誕生!」で、桜田淳子、ピンク・レディーなどの振付を担当。また「笑っていいとも!」のいいとも青年隊の振付を1982年10月の番組開始時から担当している。

「笑っていいとも!」の「テレフォンショッキング」の第1回ゲスト桜田淳子から紹介され出演したのが土居甫だった(1982年10月5日(火))。(お友達紹介は元ピンク・レディーの増田恵子)

パーキンソン病を発症した後も、闘病しながら振付師としての活動を続けていたが、2007年9月14日に悪性リンパ腫で死去。享年72(70歳没)。

(出典:Wikipedia)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?b=20070914-00000205-yom-ent

[PR]

敏間肌だけど美白したい!そんな悩みをお持ちのアナタ、諦めないでください!優しいだけじゃなく、美白効果もキチンと実感できる!ぜひミラクルホワイトお試しキャンペーンであなたの望みを叶えてください♪

假屋崎省吾 エピソード&プロフィール

假屋崎省吾(かりやざき しょうご、1958年12月17日 - )は、日本の華道家、タレント。東京都練馬区出身。血液型はAB型。

元来、いけばなの作品を創作する人は「いけばな作家」などと称されたが、簡潔な表現ではないとして、「書道家」などにならって「華道家」という呼び名を考え出したと話している。

日本各地で個展を開催しているが、毎年秋の目黒雅叙園での個展は本人の企画による。目黒雅叙園の保存建築「百段階段」は、国の登録有形文化財に登録されており、普段は公開されていない。その華美な装飾で埋め尽くされた空間に大がかりな作品もいける。


【人物像】
■“假屋崎省吾花教室”を主宰。

■いけばな草月流に属している。早稲田大学在学中に本部教室に入門。家元の勅使河原宏氏に師事する。

■現在は、本人曰く、個展の開催、教室での指導、本の出版、花に関わるビジネス、そしてタレントという5つの仕事をしている。

■タレントとしては2000年頃からテレビに登場。温和な物腰で、しばしばカーリーと呼ばれる。

■一方、華道家假屋崎省吾は、生徒に説教するくらい厳しい。

■美輪明宏のおっかけ(本人公認)を自認しており、美輪から「美をつむぎ出す手を持つ人」と評されることを誇りにしており、美輪邸に花を飾らせてもらったことがある。

■「花は心のビタミンです」がモットー。

■園芸好きの両親のもとに生まれ、自称「園芸少年」であった小学生の頃から、NHK「趣味の園芸」「きょうの料理」「婦人百科」を定期購読していた。料理が得意で、近年はレシピ本も執筆している。

■10代の頃はピアニストを目指していたこともあり、クラシック音楽を好む。音楽会での演奏家とのコラボレーションとして舞台上で花をいけることも多い。

■ガラス花器の制作を長年やっており、個展ではガラス工場で自ら成型した花器にも作品がいけられる。

■アメリカ合衆国大統領クリントン来日時や、今上天皇の在位10周年記念式典の際、花のコーディネーターを務めた。

(出典:Wikipedia)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?b=20070915-00000052-sph-ent

[PR]

【オリコ「Orihime」カード〜美しい人生を紡ぐカード〜】女性におトクな特典満載。現在入会で全員に200ポイントプレゼント中♪ETCカード同時申込みでさらに100ポイント!

渡辺謙 エピソード&プロフィール

渡辺 謙(わたなべ けん、1959年10月21日 - )は、日本の俳優。

新潟県北魚沼郡小出町(現、魚沼市)出身。演劇集団 円を経て2002年よりケイダッシュ所属。ハリウッドでの代理はエンデバー・エージェンシーが担当。身長184cm、体重80kg。血液型はA型。「謙」の名は出身県である越後の戦国武将、上杉謙信に因む。日本国内・海外双方において映画を中心にテレビドラマ、舞台、テレビコマーシャルと幅広く活躍。2007年現在、生存している日本人で世界的に最も知名度の高い俳優の一人。


【来歴・人物】
《上京からデビューまで》
共に教師をしていた両親の元に生まれ、幼少期を新潟県高田市(現上越市)で過ごす。その後、親の転勤に伴い新潟県北魚沼郡(現魚沼市)に移る。新潟県立小出高等学校在学時には吹奏楽部に所属し幼少のころから親しんできたトランペットを担当。高校卒業後の1978年、音楽大学進学を目指し上京。しかし正規の音楽教育は受けておらず、また渡辺が中学生の時、実父が病に倒れ仕事が出来なくなったこともあり学費捻出の困難などの問題から断念。劇団ひまわりに入団するも、カリキュラムの問題から退団(同劇団の広告に「出身者」として渡辺の名が挙げられているが実際に在籍したのは3ヶ月ほどである)。

劇団ひまわり退団後の1978年、芥川比呂志演出による演劇集団 円公演『夜叉ヶ池』を観劇して感銘を受け、翌年に同劇団附属の研究所に入所。研究生ながら蜷川幸雄演出の『下谷万年町物語』で主人公の青年役オーディションに合格したことは大きな話題となった。後年、多くの演劇・テレビ・映画関係者達が、かなり早い段階から渡辺の才能に目を付けていたと語っている。

1982年、演劇集団 円の劇団員に昇格し、『未知なる反乱』でテレビデビューを果たすと、1984年には『瀬戸内少年野球団』でスクリーンデビュー。その後も『タンポポ』、『海と毒薬』などの映画に相次いで準主役級で出演。1986年のNHK朝の連続テレビ小説『はね駒』でお茶の間にもその名が知られるようになった。


《『独眼竜政宗』と闘病》
1987年のNHK大河ドラマ『独眼竜政宗』で主役の伊達政宗を演じ、39.7%という大河ドラマ史上最高の平均視聴率を獲得。卓越した演技力と存在感に加え、容姿と日本人離れした体躯にも恵まれた彼は一躍全国的な人気を獲得、一気にスターダムにのし上がる。

以降、舞台・テレビドラマなどで次々と大役を演じ、前途洋々に見えた1989年、映画初主演となるはずであった『天と地と』の撮影中に急性骨髄性白血病を発症し降板。再起はおろか生命も危ぶまれたが、約1年の闘病の後、治療を続けながらも俳優業に復帰。定期的に入院治療を続けながら、単発TVドラマ作品を中心に活動するが、大きな仕事は出来なかった。経過は良好に見え、一応治療が終了した1993年、NHK大河ドラマ『炎立つ』に再び主演、完全復活をアピール。しかし発病から5年経過し完治したとみなして良いと思われた矢先の1994年に再発。だが再治療の経過は良好で、翌年無事復帰を果たす。


《方向性の模索》
病気再発を経て再復帰した時期と前後して、初の本格的娯楽時代劇シリーズドラマ『御家人斬九郎』、2時間ドラマでは『わが町』『鍵師』などが当たり役となりシリーズ化されたが、渡辺はあまりにも強烈な「政宗」のイメージと、俳優としての評価以前にまず病気のことを持ち出されることなどに悩んでいたという。三十代の終わりを機にこれらの人気シリーズを全て終了させるとともに、従来彼のイメージにはなかった悪役・ダメ男役・格好悪い役柄などを積極的に演じるようになる。2000年には、『池袋ウエストゲートパーク』に出演。体当たりな役柄であったが若年層からの支持を得ることが出来た。2001年、久々に「演劇集団 円」の公演『永遠 Part2』で舞台に立つが、これが結局「円」での最後の舞台となった。2002年元日をもって演劇集団 円を退団、所属をケイダッシュに移す。


《海外進出と映画初主演》
海外映画初出演となった2003年公開の映画『ラストサムライ』での演技が各方面から多大な評価を受け同年度の第76回アカデミー助演男優賞ならびにゴールデングローブ助演男優賞にノミネート。これを機に現在はロサンゼルスに居を構え、『バットマン ビギンズ』や『SAYURI』など海外映画に立て続けに出演。当初通訳を要していた英会話に関しても猛勉強の末現在では殆どの会話を自らこなしている(現地での生活ぶりや英語学習の様子は「AERA English」に掲載中)。2005年には米国のTIME誌の表紙にグラビアが掲載されたりピープル誌が企画する「最もセクシーな外国人男性」に選出されたりするなど、現在米国における知名度が最も高い日本人俳優の一人である。

日本映画では2006年に荻原浩の小説『明日の記憶』映画化作品で映画初主演を果たす。同作品の映画化に当たっては各映画会社の駆け引きがあり、渡辺を含む複数の日本を代表する大物俳優達が候補に挙がったが、自らも闘病経験があり原作に人一倍の共感を持てた渡辺が荻原に映画化を熱望する旨の手紙を直接送付したことで(荻原は最初誰かの悪戯だと思ったが、紛れもなく渡辺本人からのものだと知り仰天したという)、渡辺の主演で映画化された。白血病の発症以降、患者役や医療関係者役、難病を扱った作品は避けてきたが、若年性のアルツハイマー病に冒されていく主人公を好演。また、映画公開と同じ時期に発表した自らの著書『誰?―WHO AM I?』で、かつて白血病の治療中頻繁に受けた輸血(主に血小板輸血)が原因でC型肝炎ウィルスに感染し、『明日の記憶』の撮影はその治療の副作用に悩まされながら敢行していた事を告白。幸いにも、現在は急性骨髄性白血病・C型肝炎ウィルス感染ともに問題のない良好な状態を保っているという。さらにこの作品で初めてエグゼクティブ・プロデューサーを兼任。映画の普及とアルツハイマー病への理解を促進するため全国各地を奔走した。(ただし渡辺本人は「自分はプロデューサーというよりも『イントロデューサー(紹介者)』である」と述べている)

2006年にはクリント・イーストウッド監督の映画『硫黄島からの手紙』に栗林忠道役で海外映画初主演。他の主要日本人キャストはオーディションの末選出されたが、渡辺のみ監督から直接出演要請があった。外国語映画賞を受賞したゴールデングローブ賞の授賞式において壇上のクリント・イーストウッド監督は「偉大なるケン・ワタナベに敬意を表したい」と渡辺に言葉を贈った。

かつては早川雪洲、上山草人、マコ岩松、ナンシー梅木、高美以子、谷洋子、岡田英次、丹波哲郎、高倉健、三橋達也、山村聡、若山富三郎、浜美枝といった日本人俳優が海外の映画を彩ってきたが、松田優作の夭折や三船敏郎の逝去により長らくハリウッド俳優と呼べる日本人の存在が途絶えてきた。近年、渡辺の他にも真田広之・役所広司といった日本を代表する俳優も海外作品に相次いで出演しており、新たな日本製ハリウッドスターの誕生が期待されているが、渡辺が海外において独自の地位を確立しつつあることがその大きな契機となっているとの見方も多い。

次回作として、ジョン・ウー監督の『三国志「Battle of Red Clif」』の曹操役(渡辺の出演は現段階では不確定)、ヒュー・ジャックマン主演『Wolverine』で、シルバーサムライ役などが予定されている。

2007年2月25日(日本時間26日)、第79回アカデミー賞授賞式に出席し、世界的に有名なフランスの大女優カトリーヌ・ドヌーヴと2人で非英語圏俳優代表として舞台に立ち、賞が設定されて50周年を迎えた外国語映画賞の歴史を紹介した。


《私生活その他小知識》
1983年に結婚した前夫人とは2年に及ぶ調停の末、2005年の3月に離婚。時を同じくしてサスペンスドラマの共演を機に知り合った女優の南果歩と本格的に交際を開始し同年12月3日に再婚。二人の交際に関しては日本の芸能マスコミもノーマークで、AP通信配信の写真で渡辺が映画『SAYURI』のニューヨークプレミアに同伴した「未確認ゲスト」の女性が南と判明すると同時に二人の結婚が公表され、世間を驚かせた。前妻との間に儲けた第1子(長男)の渡辺大は俳優として、第2子(長女)の杏はファッションモデルとして活躍している。また、南が前夫の辻仁成との間に儲けた1子(男子)とも養子縁組している。

趣味は乗馬や料理など多岐にわたる。無類の蕎麦好きでテレビ番組に出演した際、十割蕎麦を「ケレン」と評するほどのこだわりを持つ。スポーツではラグビーの神戸製鋼、プロ野球の阪神タイガースのファンとして知られる。特に阪神タイガースに関しては熱狂的なファンであり、阪神の試合結果はハリウッドに活動拠点を移した現在でもインターネットなどで随時情報収集しており、渡辺自身も多忙な中、2005年9月19日と9月20日には阪神甲子園球場に駆けつけ、阪神×中日戦を観戦。20日には関西ローカルの独立UHF局のナイター中継『サンテレビボックス席』に5回までゲスト出演した。

かつて京都などで多くの仕事をしていた経験上、関西弁が堪能である。関西ローカルのテレビ番組に出演すると、常に関西弁を話すわけではないが、言葉の端々で流暢な関西弁が出てくる。特に東日本出身者によく見られる、言い回しだけは関西弁でアクセントは全く違うといった聞き苦しさを感じさせることはほとんどない。

上記のアカデミー賞のプレゼンターを一緒に務めたカトリーヌ・ドヌーヴが、約2週間後の3月13日に「フランス映画祭2007」の代表団長として来日。東京・港区のフランス大使館での記者会見の時に渡辺の印象について聞かれ、「彼の英語は素晴らしいと思った。非常に才能があって、すてきな方ですね。」と語った。

高校卒業後に上京した際、飲食店でアルバイトを始めたが、そこで初めて「サワークリーム」というものに出会った。「生クリームが傷んでいる!」と思ったそうである。

(出典:Wikipedia)

[PR]

ゴルフを楽しむ専門ギア情報のサイト。最新の商品情報、豊富なプレゼント、クラブ相談やゴルフ関連企業への就職情報も満載。知りたい情報を一発検索、ゴルフ関連企業を業種ごとに分類したリンク集も便利。

円谷英二 エピソード&プロフィール

円谷 英二(つぶらや えいじ、本名:円谷 英一(つむらや えいいち)、1901年7月7日 - 1970年1月25日)は、福島県須賀川市生まれの特撮監督、映画監督。表記は圓谷英二で1949年の映画『幽靈列車』まで映画のクレジットで表記された。

昭和における特殊撮影技術の第一人者であり、独自に作り出した技術で特撮映画界に多大な功績を残し特撮の神様と呼ばれる。又、一家は全員カトリック教徒で、墓地は東京都府中市の教会にある。


【来歴・人物】
■苗字の同じ円谷幸吉も同市(当時は町)の出身である。戸籍上の姓の読み方が「つむらや」であった点も同じであった。

■明治34年(1901年)7月7日誕生。戸籍上は、7月10日生まれとなっている。なお、当時は現在と違って、実際の誕生日と戸籍上の誕生日が違う人が、少なからずいた。

■3歳の時に母を亡くし、父とも別れて祖母に育てられる。兄のように尊敬する5歳年上のおじの名が「一郎」だったので、遠慮して「英二」を名乗るようになったという。

■操縦士を夢見て飛行学校に入学する(ちなみに『サンダーバード』のジェリー・アンダーソンや『スタートレック』のジーン・ロッデンベリーも航空関係の仕事についていた事がある)。だが一機しか無い飛行機の墜落や教官の死によって夢が破れ、電機学校(現・東京電機大学)を卒業する。

■花見の席で喧嘩の仲裁をした際、喧嘩相手だった天然色活動写真株式会社の枝正義郎に見初められ、映画界に入る。徴兵による兵役の後、衣笠貞之助、杉山公平らの衣笠映画連盟設立(松竹傘下)とともに、連盟に所属。『稚児の剣法』(監督:犬塚稔、主演:林長二郎)でカメラマンとしてデビューする。

■「アイリス・イン」、「アイリス・アウト」、「フェイド・イン」、「フェイド・アウト」などの撮影手法を、日本で初めて使用した。

■セットの奥行を出すために背景画を作る、ミニチュアセットを作る、一部の画面を合成するなど、後の特撮技術に通じることを行なっている。足元から煙を出して臨場感を高め「スモーク円谷」と呼ばれた。しかし当時主流だった時代劇ではいまいちアイデアを発揮できず、後に犬塚稔とともに日活に移籍。

■アメリカ映画なども熱心に鑑賞し、映画『キングコング』を見たのもこの頃である。

■スタア俳優の顔に照明で影を作り(当時はタブーであった)、その撮影手法を巡って日活の幹部と対立、東宝の前身であるJOに移る。

■1935年(昭和10年)2月〜8月、連合艦隊の練習鑑「浅間」に乗艦、長編記録映画『赤道を越えて』を撮影。これが監督第1作となった。また、ナチス・ドイツの宣伝相ゲッベルスの指示で製作された『新しき土』では、日本で始めてスクリーンプロセスの技術を使用し、山岳映画の巨匠として知られたアーノルド・ファンク監督を唸らせた。

■しかし、特殊撮影の技師としての姿は当時、他のカメラマン達には理解できず、「何をやってるのかわからないズボラヤだ」と揶揄された。


《東宝入社》
■1937年(昭和12年)、JOが別会社と合併して東宝が設立された際、森岩雄に招かれ、東宝東京撮影所に移る。が、他のカメラマン達から「ズボラヤをカメラマンと認めるわけにはいかない」と理不尽な反発を受け、森は円谷のために「特殊技術課」を設立し、課長待遇で迎えることとなった。しかしこれは、直属の部下のいない孤立無援の出発であり、のちに円谷も「部下なし課長」と自嘲気味に回想している。ここで円谷は、自前のオプチカル・プリンターの実験にかかる。

■1939年(昭和14年)「特殊技術課」に隣接する「線画室」に、鷺巣富雄が入社。鷺巣は、円谷から動画技術を指導され、隠れて円谷のオプチカル・プリンターの助手を務めた。

■日本が戦争に突入すると、当時の統制もあって、戦争映画を中心とした国策映画を撮るようになる。『海軍爆撃隊』で初めてミニチュアの飛行機による爆撃シーンを撮影。『燃ゆる大空』、『南海の花束』など特撮が重要な役目を果たす映画を製作。特撮を用いなかったものとしては『皇道日本』などが知られる。*1941年(昭和16年)、太平洋戦争が始まった後は、1942年(昭和17年)製作の『ハワイ・マレー沖海戦』。『加藤隼戦闘隊』、『雷撃隊出動』、『あの旗を撃て』などの戦意高揚映画で特殊な撮影法やミニチュアの使用や合成技術など、この時期に特撮技術を駆使した。しかし戦争を奨励するかのような内容に苦悩する。

■1947年(昭和22年)連合国軍最高司令官総司令部の公職追放によって戦意高揚映画を撮影したことから東宝を追放され、円谷特殊技術研究所を設立、大映などの映画の特撮部門を請け負った。

■1952年(昭和27年)、日本独立後の公職追放解除で東宝に戻り『太平洋の鷲』を本多猪四郎監督とともに作りあげた。

■1954年(昭和29年)11月3日、アメリカのSF映画を参考にした『ゴジラ』の公開により一躍脚光をあびた。その後は、『獣人雪男』、『大怪獣バラン』『モスラ』『キングコング対ゴジラ』などの娯楽怪獣映画の特撮技術を監督した。

■1963年(昭和38年)、株式会社円谷特技プロダクションを設立、日活映画『太平洋ひとりぼっち』の嵐の部分を製作。その後は、TBSで『ウルトラQ』、『ウルトラマン』などを製作、「特撮の神様」とまで呼ばれるようになった。

■子供にサインを求められると、自分の名前を図案化した「スキーボーヤ」を描き、大人には「子供に夢を」と書いた。

■1970年(昭和45年)1月25日、狭心症により世を去った。享年70(68歳没)。

■アイディアマンであり、公職追放中はさまざまな玩具や商品の発明・新案で糊口をしのいでいた。「自動スピード写真ボックス」(今で言う証明写真ボックス)などもその発明のうちである。

■映画音楽の伊福部昭とは飲み友達だったが、互いに名を知らず、「ゴジラ」の製作発表の場で、互いの素性を知ったという話がある。


【撮影的特撮と大道具的特撮】
円谷英二は戦前・戦中から知られた撮影が専門で特殊撮影をはじめたのである。スクリーンプロセスを得意とし、『ウルトラQ』制作時にオプチカル・プリンターを購入し、『ゴジラ』第一作の企画段階でモデルアニメーション撮影を主張するなど撮影側からのアプローチが多いのはそのためだろう。ゴジラシリーズによって「特撮の円谷」の名を不動のものにした一方、『ゴジラ』シリーズが結局(当事の撮影所用語で)ぬいぐるみ(着ぐるみ)撮影のみになっていったため日本で特撮といえば大道具的なイメージが強くなってしまった。余談だが「特撮」という言葉を創ったのも円谷である、それまでは「トリック撮影」などと呼ばれていた。東宝映画の“東宝マーク”を作ったのも円谷である。

(出典:Wikipedia)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?b=20070912-00000104-mai-bus_all


宅配DVD&CDレンタル『TSUTAYA DISCAS』 は、 ネットで借りてポストで返す、日本最大のレンタルショップです。今なら無料でサービスをお試しできる“フリートライアルキャンペーン実施中!

栗山英樹 エピソード&プロフィール

栗山 英樹(くりやま ひでき 1961年4月26日 - )は東京都小平市出身のプロ野球選手、スポーツキャスター。現白鴎大学准教授。


【来歴・人物】
東京学芸大学時代に小・中・高の教員免許を取得している。東京学芸大学の同級生にはフジテレビアナウンサーの吉崎典子がいる。

1984年、東京学芸大学からヤクルトスワローズにドラフト外で入団。シュアなバッティングと俊足そして体を張った守備でチームに貢献する。1988年には一時は首位打者争いに絡む活躍をしてレギュラーを獲得。1989年にはゴールデングラブ賞を受賞。しかし1986年に発病したメニエール症候群に悩まされ、1990年に29歳の若さで引退。打率.279の成績を残す。若くして引退したためか、現役時代の映像が流されることが少ない。

1991年からスポーツキャスターとして活動するかたわら、母校東京学芸大学の講師、また少年野球の普及育成に努める。

2004年から白鴎大学准教授。

TBSラジオ解説時のコピーは熱中先生国際派。2002年まであったテレビ朝日でのコピーは熱血先生(TBSラジオでのコピーを参考にしていると思われる)。

現役時、プレーぶりは渋い選手であったが、その端整な顔立ちで女性の人気は高く球界のプレイボーイの代表格とされた。「(何故結婚しないかを女性から聞かれて)それは君に会うためだ」などと口説いていたことを広澤克実にネタにされていた。若き日の池山隆寛も、彼を参考にしたという。

なお、一部週刊誌に創価学会員であると報道されたが、本人が以前に出版した著書によれば、これは誤報である。実家から近かった創価高校に通っていた為に、この様な誤解が生じたようである。


【略歴】
■身長・体重:176cm 74kg
■投打:右投両打
■出身地:東京都小平市
■血液型:O型
■球歴・入団経緯:創価高 - 東京学芸大 - ヤクルト(1984年 - 1990年)- 野球解説
■プロ入り年度・ドラフト順位:1983年(ドラフト外)
■英語表記:KURIYAMA
■背番号:46→4
■守備位置:外野

(出典:Wikipedia)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?b=20070912-00000053-nks-base

[PR]

敏間肌だけど美白したい!そんな悩みをお持ちのアナタ、諦めないでください!優しいだけじゃなく、美白効果もキチンと実感できる!ぜひミラクルホワイトお試しキャンペーンであなたの望みを叶えてください♪

朝青龍 エピソード&プロフィール

朝青龍 明徳(あさしょうりゅう あきのり、昭和55年(1980年)9月27日 - )は、モンゴル国ウランバートル市出身の力士で、第68代横綱。本名Долгорсрэнгийн Дагвадорж(Dolgorsuren Dagvadorj;ドルゴルスレン・ダグワドルジ)。高砂部屋(入門時は若松部屋)所属。愛称はドルジ。身長184cm、体重148kg。

得意技は左四つ、寄り、突っ張り、星座は天秤座、血液型はO型、趣味は音楽鑑賞。特技は乗馬。

次兄のドルゴルスレン・スミヤバザルはブフ(モンゴル相撲)のアヴァルガ(モンゴル横綱)、三兄のセルジブデはリングネーム「ブルー・ウルフ」のプロレスラー(新日本プロレスに所属していた)。


【来歴】
■相撲勘が非常に良く、相手に応じて寄り、投げ、突き押し、足技などを繰り出す。足腰が強靱。

■1995年、15歳のとき、ブフ(モンゴル相撲)を始め、ナーダムの相撲少年の部で優勝した。

■1997年に朝赤龍とともに日本の明徳義塾高校に相撲留学し、2年後に退学して角界に入門した(後に卒業が認められた)。

■2001年に新入幕し、翌年9月にモンゴル出身の力士として初めて大関に昇進し、同年11月場所、翌年1月場所に連続優勝して場所後に第68代横綱に昇進。

■2003年11月場所に第67代横綱武蔵丸が引退した翌年の3月場所から2007年7月場所に白鵬が第69代横綱に昇進する前の5月場所までの約3年半(21場所)の間、朝青龍は一人横綱を務めた。これは史上最長の期間である。

■2004年1月場所・3月場所で、2場所連続全勝優勝(30連勝)を果たした。5月場所は、今まで実績のあまりなかった北勝力の大活躍で苦しい展開であったが、優勝決定戦で下して優勝。7月場所も13勝2敗で優勝。1996年の貴乃花以来である、4場所連続優勝。

■2005年11月場所では、2004年11月場所からの7場所連続優勝(従来は大鵬が2度記録した6場所連続優勝)、2005年の年6場所全制覇(従来は
1966年の大鵬、1978年の北の湖、1986年の千代の富士の年5場所)、年間成績84勝6敗(従来は1978年の北の湖の82勝8敗)と、3つの記録を更新した。

■2006年1月場所14日目、自身は新大関琴欧州に勝ち11勝3敗としたものの、この日同じく勝った大関栃東が13勝とし星2つの差となったため、この時点で優勝が消滅、自身が持つ連覇記録は7で止まった。

■2007年1月場所において、14日目に大関栃東をつり出しで下し、20度目の幕内最高優勝を果たし、大鵬、北の湖、千代の富士、貴乃花に続く大台に到達した。また、20回以上の優勝は外国人力士では初の快挙となった。

■翌3月場所は初日時天空、2日目雅山に連敗を喫した。初日からの2連敗は小結だった2001年7月以来であり、横綱昇進後初めての出来事である。しかしその後はその連敗を忘れさせるように連勝し、14日目にはそれまで1敗で優勝争いのトップに立っていた白鵬に勝ち、自らも優勝争いのトップに立った。両者は千秋楽の優勝決定戦で再び戦ったが、この時は白鵬のはたき込みに敗れ、優勝を逃した。

■2007年5月場所においては、12日目の千代大海戦、13日目の魁皇戦で自身2度目の連敗を喫し、この時点で3敗に後退。2002年11月場所の初優勝以来初めて2場所連続で優勝を逃した。さらに、14日目には琴欧洲にもあっけなく上手を取られて投げつけられた。千秋楽には白鵬相手に大相撲を取るも敗れ、大関戦4連敗を喫した。4連敗は、9勝6敗に終わった2004年9月以来2度目。対大関3連敗及び4連敗に限れば、横綱昇進以来初めての事である。


【旭鷲山との因縁】
2003年5月場所、同郷の先輩力士の旭鷲山との対戦で土俵際で逆転負けした時、土俵上で物言いを要求する態度を見せて物議を醸した。

2003年7月場所、旭鷲山との対戦でマゲを掴み反則負けとなる。取組後の風呂場で両者は激しい口論となり、そこに居合わせた大関魁皇が割って入り止めたという。怒りが収まらない朝青龍は、旭鷲山の車のサイドミラーを壊して弁償する騒動にまで発展した。力士の乗る車のドアミラーを損傷させるなど横綱にあるまじき行動だと日本相撲協会や横綱審議委員会から苦言を呈された。

なお、現在は和解していると報道されている。


【八百長疑惑】
2007年1月22日発売の週刊現代(講談社)に「横綱 朝青龍の八百長を告発する!」と題された記事が掲載されることが明らかになった。朝青龍が全勝した昨年九州場所を検証し、15番中ガチンコ(真剣勝負)が4番と指摘しているもの。[2]

記事に関し、北の湖理事長(元横綱)は「まだ何も分からない。コメントできないよ」と困惑の様子。朝青龍の師匠・高砂広報部長(元大関・朝潮)も「答えようがない。そういうことはないと思っている」と疑惑を否定した。また記事中で仲介役とされる旭天山の師匠・大島親方(元大関・旭國)は「誤解を招くようなことはすべきでない」と激怒し、旭天山を直接注意した。[3]

なお、朝青龍自身も八百長疑惑を全面的に否定しており、悪役扱いに既に慣れている朝青龍も今回ばかりは「強くなるのがそんなに悪いことなのかよ〜」と、ぷんぷん怒っていた様子であったと言う。1月30日には日本相撲協会に事情を説明したあと報道陣に「せっかく20回目の優勝をしたのに、あんなことを書かれて、つらかった。悲しすぎる」と語り、場合によっては訴訟を起こす可能性も示したが、日本相撲協会は朝青龍を相撲に専念させるためにも、朝青龍自身が法的措置を取ることを回避させ、日本相撲協会が講談社と記事を書いた人間を相手に告訴することを決定した。


【取り口】
■立ち合いに鋭く突っ込んで先手を奪い、常に先に技を出して相手に相撲を取らせないのが必勝パターンである。しかし、2006年以降は立ち合いがやや鈍り、後手に回る相撲も見られるようになっている。

■根は左四つだが、右四つでも充分力を発揮する。投げは左右共に強く、上手投げ、下手投げ、すくい投げに小手投げとなんでもこなす。特に右からの投げは切れ味抜群で、廻しの引き付けも強いとされる。また、突っ張りもあり、足技も得意。守れば強靭な足腰を持つオールラウンダー型である。

■もともともろ差しを得意の形としていた。だがそれはどの力士にとっても優位な形であると言えるので、彼の得意な形とは称しにくい。ただもろ差しを果たすスピード、巻き替えの速さは大きな特徴。ただ昔に比べると「朝青龍にもろ差しをされたら一巻の終わりだ」と他の力士の警戒も高まり、最近ではもろ差しを果たして勝つことはほとんどない。朝青龍ももろ差しに以前ほどこだわってはいない。

■元大関・栃東とは対戦成績が拮抗していて、通算成績は朝青龍の15勝10敗だったが、一時は栃東が朝青龍に勝ち越していたこともあった。

■逆に、琴光喜、魁皇、千代大海、琴欧洲、雅山には相性がいい。特に琴光喜とは大関昇進を争った仲で、昔は琴光喜が6勝3敗と勝っていたが、その後朝青龍が26連勝して現在は29勝6敗と大きく水をあけている。魁皇には2004年11月場所に敗れ、9勝9敗と相性がやや悪かったが、その後8連勝した。雅山にも2007年1月場所まで13連勝するなど26勝3敗と手玉に取っている。しかし、魁皇には2007年5月場所、雅山には2007年3月場所に敗れており、連勝は止まったが、対戦成績は依然朝青龍がリードしている。

■朝青龍の負け取組の決まり手は、寄り倒しや押し倒しによる負けがかなり多く占めている。その一方で寄り切りなどの負けは少なく、彼の下半身が強靭である事を裏付ける説でもある。

■土俵入りにおいては足の動きに特徴があり、NHKの大相撲放送でも度々、砂を噛むように動く足が映される。

■気合満点の表情で仕切るにも関わらず、いざ相撲が始まると極めて冷静に、計算高く事を運ぶ。研究心が旺盛で、相手十分の体勢には滅多にさせず、勝利に拘った相撲を取る。しかし、自分の計算どおりに進まなかった場合、顔を張られた場合など朝青龍にとって不慮の事態が起こった場合には、カッとなって下半身もおろそかに強引な張り手を連発する悪癖もある。

■2004年9月場所、2007年5月場所のように、優勝の可能性がなくなると力を抜く傾向がある。


【その他】
■朝青龍という四股名は、出身校である明徳義塾高等学校の近くにある四国霊場36番札所青龍寺にちなみ、下の明徳の名は同校にちなんで名づけられた。

■高校時代は「ダシバドリ」とも表記された。

■明徳義塾高校を2年で退学しているため、当初は中退扱いであったが、文部科学省の規定でモンゴルの高校での単位が認められたため、卒業が認められ、2003年9月24日に卒業証書を受け取った。

■2003年に結婚。またこの年、長女が誕生。2004年8月には故郷モンゴルで披露宴を挙行したが、同月日本でも日本式で盛大に行われ、テレビ中継も行われた。

■貴乃花との対戦は、貴乃花の怪我による長期休場のためわずか2回しかなく、朝青龍の2戦2敗に終わっている。朝青龍が新大関として臨み、最後の対戦となった2002年9月場所では、善戦するも敗れ、対戦終了後に花道を引き上げる際に「畜生!」と大きな声で叫んでしまい、その後に支度部屋で「(対戦で貴乃花の)怪我している足を蹴っ飛ばしておけばよかった」と発言し、非難を浴びるという出来事があった。

■2003年6月19日、麗澤大学へモンゴルからの留学生を受け入れるための「朝青龍奨学生制度」を発足。朝青龍の母校である明徳義塾高校校長の吉田圭一は、同学の出身。朝青龍は渡航費用を負担。

■2004年3月場所終了後の春巡業で、一門の枠を超え、モンゴル出身力士を集めて特別指導を実施した。この結果モンゴル出身力士の結束は深まり、白鵬、安馬らは部屋、一門が異なるにもかかわらず「援護射撃」を口にするようになった。また、安馬とは場所中に何度も夜の街へ繰り出す程の仲である。

■人気が上昇するにつれてテレビコマーシャルに出演することが多くなった。また祖国モンゴルでは2005年のモンゴル国大統領選挙に際して、同郷力士と共にナンバリーン・エンフバヤルを支持するテレビコマーシャルに出演した。

■2005年4月、明徳義塾高校へモンゴルの子供を留学させるための「朝青龍明徳教育基金」を設立。スポーツ留学に限らず、人選は朝青龍に一任されており、渡航費や生活費用等、年間約150万円を負担。

■2005年7月15日、高知県庁より、広末涼子と共に『高知県観光親善大使』に任命される。師匠である高砂と師弟二代で高知県の観光親善大使を務める。

■2005年12月8日、モンゴルのエンフバヤル大統領を表敬訪問した際に、モンゴルの英雄の名前を冠したスフバートル勲章が贈られた。

■横綱が平幕力士に金星を献上すると座布団が乱舞するのは、以前から良く見られたが、全盛期の朝青龍の場合は負けた相手が大関であっても座布団が飛ぶ。これは、朝青龍の強さが圧倒的であるためと思われる。

■高知新聞では、郷土出身力士として扱っている。

■2007年1月1日 元日放送のプロスポーツマンNo.1決定戦(TBS系列)のパワーバトル部門に出場。SPIN OFFで大関琴欧洲、THE-TAG OF WARで関脇琴光喜に惜しくも決勝で敗れるも、THE GALLON THROWで佐々木健介と共にNo.1にランクイン、得点で総合No.1となった。

■懸賞金を貰った後にカメラ目線で、カメラを睨む癖がある。仕切り前にも花道を睨むことがある。理由は、テレビを見ている妻への愛情をこめて目を向けているということもあるが、視聴者の中にはこの睨みを嫌う者もいる。


【朝青龍への批判】
■自分が勝ち続けている内は気分が良く取組直後の自分が負かした相手に手を貸したり、インタビューに穏便に答え舌先も滑らかであったが、自分が負けたりすると相手の手を強引にふりほどいたり気分で自分の態度が変わってしまう。

■かつては懸賞を受け取るとき左手で手刀を切るなど土俵上の礼儀・作法が問題になった。

■2003年10月、病気を理由に稽古総見を休むなどし、11月場所後に高砂親方に内緒でモンゴルに帰国をした。親方には風邪をひいたと説明していたが、帰国の翌日の日本のスポーツ誌にアントニオ猪木と握手している写真が掲載され、親方が驚いた。日本で大騒ぎになったが、猪木のパフォーマンスの一環である。このとき着物姿でなくスーツ姿であったことが横綱審議委員から問題視され、高砂親方も注意したい旨の発言を行う。しかしながら、現役力士は着物以外禁止という内規は特になく、高度成長時代には力士のスーツ姿が雑誌に掲載されていた程である。

■横綱としての実績が高くなるにつれ、次第に常に挑戦者と思って相撲を取る謙虚かつ油断のない姿勢や、本割で負けた相手には特に集中して稽古相手に指定するという負けず嫌いに立脚する向上心が、関係者に高く評価されるようにもなってきており、最近は横綱審議委員会から絶賛を受けるまでになっている。

■平成17年正月に放送された「志村・鶴瓶のお正月芸能人交流スペシャル」(テレ朝)にて、高砂部屋に来ていた外国人の子供達と稽古をして、その後、子供達とハイタッチを交わしていたが一番最後の太った子供だけはハイタッチせずに頭を叩いた。

■平成17年5月30日に亡くなった故・二子山親方(元大関:貴ノ花)の協会葬の時、ハワイに行って出席しなかった。

■2006年からは毎場所のように稽古不足が指摘されている。

■ムキになると過剰な押し出しなどをする。

■横綱昇進後は完全なヒール役となっており、週刊誌に「女性が嫌いなスポーツ選手」で堂々の1位に輝いたこともあった。これは旭鷲山戦で見せた醜態等彼の土俵態度が影響していると見られる。最近はやや丸くなり、横綱として十分な実績を残している事から、以前よりは嫌われなくなった。だからと言って人気力士の部類に入るわけでもなく、かつての北の湖と同じように負ければ館内は狂喜乱舞する。

■2006年11月場所8日目、前場所で敗れた稀勢の里に蹴手繰りを食らわせ、その場所で全勝優勝しながら場所後の横綱審議委員会で非難の声が続出。北の湖理事長も「横綱がやるような技じゃない」批判した。

■2007年5月場所、安美錦に負けて座布団を投げつけられたとき、花道で座布団に向かって蹴りを見舞った上、さらにテレビカメラに向かって怒りを露わにしてカメラ目線で吼えたシーンが全国に写された。


【出稽古に対する批判】
また、本割で負けた相手や力のある若手力士(モンゴル人を除く)を、その後の出稽古で対戦相手に指名し激しい稽古をしている。

標的となった力士は高見盛(右肩亜脱臼により医者から「完治しない」と診断される)、琴欧洲、稀勢の里、北勝力、千代白鵬、白乃波(稽古中に失神させられ古傷の首と膝を負傷)、琴奨菊(通常は5〜6番で済まされるぶつかり稽古を20回近く行う。稽古中うずくまっていた所を引き起こし、竹刀で尻を叩く。この後腰を痛めその場所負け越し)など多数。東関親方は高見盛が故障した際、高砂部屋への出稽古の中止を宣言した程だ。また横綱昇進前ではあるが武雄山も朝青龍との稽古で右膝を負傷している。

これらの力士に避けられると持病に腰痛を抱える兄弟子の元小結闘牙に対して吊り落としを見舞い、腰痛を悪化させた。彼は吊り落とされた直後の2004年11月場所2勝13敗と大敗し十両に陥落、翌2005年も腰の状態が思わしくなく不振が続いた(十両優勝した九州場所も腰の状態は万全には程遠かった)。さらに2006年1月場所を休場し(途中から出場して4勝)、翌3月場所も初日からの7連敗もあって僅か2勝13敗と振るわず、翌5月場所に西幕下5枚目に陥落し、5月5日に引退を表明した。


《2007年4月30日の出稽古》
さらに2007年4月30日、時津風部屋へ出げいこを行った際、新小結豊ノ島にプロレスまがいの技を仕掛け、右ひざと足首のじん帯損傷の怪我(全治2週間)を負わせた。その後、豊ノ島は5月場所に強行出場。朝青龍との取り組みが初日に組まれたが、このときは立会いすぐに豊ノ島が腰から落ち、朝青龍が勝っている。

この事態が起こった際日刊スポーツ紙上で納谷幸喜(元横綱大鵬)から「横綱の稽古というものが分かっているのか。相手を痛めつけ、恐怖感を与えるのは間違いだ。故意ではなくても、プロレスまがいの技でケガをさせるのは、もってのほかだ。稽古にもルールがあることを忘れないでほしい」と苦言を呈された。また豊ノ島の師匠時津風親方は「豊ノ島を強くしようという稽古じゃなく、壊してやろうという感じだった」「過去の横綱で壊すことをする人はいませんでした。情けない」と苦言。さらに「みんな来るのを嫌がるんじゃないですか」と各部屋で出稽古を拒否する動きに発展することを示唆した。さらに朝青龍の行動に対し日本相撲協会には抗議の電話が殺到した。

また朝青龍は豊ノ島に「残ろうとしすぎだよ」と言った一方、後日高砂親方に注意されると「向こうが力を抜くので、流れでそうなりました。気をつけます」と謝るなど、完全に矛盾する発言をしている。また報知新聞の記者には「何だ?なんだ?じゃあな!」と吠えたり、日刊スポーツ記者には「俺は先場所(八百長騒動で)いじめられたから、そのお返しをしたまでだ」と、稽古という名の八つ当たりを決行したと言ってもよい。

6日に時津風親方が、2日に9部屋からなる時津風一門(荒汐部屋・伊勢ノ海部屋・井筒部屋・鏡山部屋・式秀部屋・錣山部屋・時津風部屋・陸奥部屋・湊部屋)として伊勢ノ海親方が高砂部屋に朝青龍の稽古内容を改めるよう抗議したことを明らかにした。しかしながらこの時点では高砂親方・朝青龍自身から謝罪がなく、時津風親方はこのまま再び出稽古に来て「あの内容の稽古を繰り返せば帰ってくれと言う」と激怒していた。

高砂部屋に所属する現役最年長の序二段力士、一ノ矢充は自らが管理する高砂部屋公式サイト上の日記で「怪我は99%が自分の体の使い方の間違い、未熟さによるものである(中略)相手のせいではないのである。」としている。また、豊ノ島自身もブログ上で「稽古場での事故」としている。その後高砂親方からも謝罪があり、時津風親方は朝青龍が態度を改めれば問題視しないとし、今回の件は沈静化しつつある。


《出稽古の意義》
高見盛の故障時から前述の東関親方を始め一部の間で朝青龍の危険性は指摘されていた。しかし当時各スポーツ紙ではそのキャラクターから高見盛を揶揄するかのような報道がなされ、右肩亜脱臼という事実はそれから2ヵ月後に一部スポーツ紙で報じられたのみであった。豊ノ島の故障により、4年近くを経てその危険性が表面化したことになる。

出稽古で先場所に負けた相手ととことん申し合いをして痛めつけ、相手に恐怖心を与えるというのはある意味心理的な作戦であり、千代の富士(現九重親方)など歴代の名横綱が行っていることである。下位力士に横綱の強さを徹底的に刷り込むと共に若手力士の弱点を探るという効果がある。一方出稽古を受け入れる側には横綱のような強い力士と実戦的な稽古をできる利点がある。

ただ朝青龍の場合、精神面ばかりではなく、肉体的にも休場に追い込むほどの重傷を負わせており、結果的に取り組みとは無関係なところで後進の発展を阻む事態となっている。稽古相手の故障率の高さにおいて千代の富士らとは明らかに異なっており、豊ノ島の師匠である時津風親方は「朝青龍には、下の力士に稽古をつけてやる、という気持ちはない。若手を壊して恐怖感を与えることしか考えていないように見える。悪意に満ちた稽古だ。」と語っている。


【エピソード】
■幼少期から手のつけられない悪ガキだった。本人曰く「墨田区の番長のようなもの」*: (2007年1月7日日刊スポーツ、日曜日のヒーローにて)

■大相撲中継においては近年、「白崎義彦アナが実況すると、よく横綱朝青龍が敗れる」とファンの間で言われている。実際に白崎義彦アナウンサーがテレビ実況を担当した日に限ると、朝青龍が3連敗したこともあった。あの横綱の成績が白崎アナ実況時には通算で5割に近い勝率となっている。中には2004年5月場所で朝青龍の連勝記録が35でストップとなったテレビの実況も含まれている。

■明徳義塾高校時代、普天王、豊真将、白乃波と対戦しており、豊真将、白乃波には勝ったが普天王にはインターハイで敗れている。

■2004年5月場所は6日目(同年5月14日)に平幕の北勝力に敗れて連勝が止まり、最終的にこの場所は2敗となったが、千秋楽(5月23日)の
優勝決定戦で北勝力を破り、3場所連続優勝を達成した。優勝決定後、星1つの差で追っていた北勝力を本割で立ち合いの変化で破り「援護射撃」を果たした同じモンゴル出身の白鵬と握手し、部屋・一門を越えたモンゴル人同士の結びつきの強さを認識させた。

■優勝インタビューでは当意即妙な発言をすることで知られ、(風邪を引いた場所で)「白星が最高の薬」、(史上最高の懸賞が懸かった場所で)「ごっちゃんでした」、大阪で開催される3月場所では、千秋楽には「大阪、ありがとう!(2004年)」、「大阪の皆様、おおきに!(2005年)」、「まいど、大阪!(2006年)」と述べて、ファンを沸かせた。またインタビューの際に両手を挙げて一回転し観客の声援に応える光景はすっかりおなじみである。

■モンゴルに帰国中は強さを維持するために、いつもトレーニングを欠かさない。滞在中も毎日のようにジムに通う。一方の腕ずつ持ち上げるダンベルカールでは、トップボディービルダーでも難しいと言われる52.5kgを上げる。山崎泰央トレーナーが「反動もつけないで上げる。腕の力だけでなく体幹の力が強いんでしょう」と驚くほどのパワーを持っている。

■2005年3月場所の金色のまわしは話題になったが、13日目に大関・栃東に負けたことによって次の日14日目から黒のまわしに戻した。それについては本人曰く「金のまわしは伸びる」からだということ[5]。確かに栃東戦ではまわしが伸びていなければ勝っていたように解釈可能だが、取り直しの一番は完敗だった。(おっつけの強い相手と対戦するときに若干まわしをゆるめるのは武双山などがよく使った戦術でもある)

■2005年10月6日に、長男が誕生し、10月4日に渡米していたラスベガス巡業より帰国後、長男と初対面しての感想は「いいところの社長さんみたい」。

■高校野球強豪校の明徳義塾高等学校出身であるため、野球にも関心があり母校の応援を欠かさないのはもちろんのこと、ワールド・ベースボール・クラシックの準決勝・決勝を支度部屋でテレビ観戦し日本チームを応援していた。プロ野球は阪神タイガースの大ファン。

■2005年11月場所、朝青龍は前人未踏の七連覇、年間六場所制覇を達成した。この時横綱は涙を流しマスコミでは大記録達成の涙と報じられたが、後に横綱はそれを否定、「あの場所、地元福岡出身の大関魁皇を観客のほぼ全員が応援している中たった1人、自分を応援している1人のファンと偶然目が合い、そして勝った瞬間にまた目があった。その人が泣きながらすごく喜んでいるのを見て、思わず涙が出た」と語った。

■亀田興毅、細木数子、島田紳助、堀江貴文とも親交が深い。特に亀田との仲が良いらしく、2006年8月2日に行われた亀田の世界タイトルマッチ(詳細は亀田興毅のページを参照)の際には応援に駆けつけ、勝利を収め喜ぶ亀田を肩に乗せて祝福した。細木とも仲がよく、2005年11月場所では、細木のロールス・ロイスを借りて、それで場所入りした(過去に、輪島がリンカーン・コンチネンタルで場所入りしたことがあったが、ロールス・ロイスで場所入りする力士は史上初)。

■亀田以外でも格闘技の会場ではよく姿を見かける。引退したら格闘技界への進出も噂された。なお、兄2人が前述のとおり格闘家であることも噂の要因になりがちである。

■河島英五の「時代おくれ」を愛唱している。ORANGE RANGEの花もよく歌うらしい。

■2006年11月4日、広島県廿日市市宮島の大本山大聖院にて仏教行事に参加していたダライ・ラマ14世を九州場所前であったが訪問した。これはモンゴルがチベット仏教国であるためである。

■平成15年3月場所3日目に旭天鵬に敗れた後、腹癒せに大阪府立体育会館の空調設備を破壊した。

■リハビリの為モンゴルで合宿をしていた朝青龍は専属トレーナー山崎泰央と共にざんばら髪のポニーテールで成田空港降り立つ。協会より厳重注意(これと似た事件で、関取になりたての貴乃花が女性とデートしている所をフライデーに載せられ、師匠の二子山に「女と遊ぶなとは言わんが、力士らしい格好をしろ!」と大目玉を食らっている)。

■平成16年の7月場所後、高砂部屋で師匠の高砂親方と結婚披露宴の件で揉めた後に「朝潮のアホ〜!!」と暴言を吐き、大トラになった上に部屋の看板を足蹴りし、ドアを破壊しパトカーを呼ぶ騒ぎを起こす。この時、記者会見で泣きながら「もう、酒は飲みません」とコメント。

■琴欧洲には妙に嫉妬したような態度をとる事が多い。2006年1月場所前日、「あのヤローなんか目じゃねぇよ!俺は眠れる虎だ、見とけよ!」と暴言を吐いたり、琴欧洲のCM出演に「アイツばっか、何でCMに出るんだよ!アイツは大関で、俺は横綱なんだよ!」と激怒したりしている。しかし、琴欧洲が入門して間も無い頃は「日本語を覚えるにはカラオケに行ったらいい」とアドバイスをしている。

■彼が出演したCMは不思議と外れるジンクスがあり、2006年にNTTドコモのCMに出演した時は、2006年の携帯登録者数の首位と売り上げをauに初めて奪回された。また彼のCMは、すぐに打ち切り気味に見られなくなる特徴がある。

■2006年有馬記念のプレゼンターに登場する事が決まった際「私が好きな馬は風格があり、強さと気品があるディープインパクトです」とも言っている。

■稀勢の里に対して勝負がついたあとに膝蹴りを食らわし苦言を奏された。

■2007年5月場所千秋楽で白鵬に破れ彼の横綱昇進が確実になった際「土俵に上がったら、ただの人間になっちゃった」と、この日ばかりは弱気な発言もした。

(出典:Wikipedia)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?b=20070912-00000041-sph-spo

[PR]

国内旅行、バスツアー、海外旅行と豊富なツアー情報満載!!季節ごとのお薦めツアーや観光情報など盛り沢山!24時間インターネットにて予約可能です。

アニマル浜口 エピソード&プロフィール

アニマル浜口(アニマルはまぐち)のリングネームでの活躍で最も知られる濱口 平吾(はまぐち へいご、1947年8月31日 - )は、ヘビー級の元プロレスラーでボディビル指導者。島根県浜田市出身。ボディビルダー出身で国際プロレスや新日本プロレスで活躍し、闘将のニックネームで呼ばれた。

浜口京子(アマチュア女子レスラー)の父であり、容姿言動から怪物と言われている熟年男性というイメージの方が一般的に知られている。

熱狂的なジャイアンツファンでもある。


【略歴】
父親が事業に失敗したため、小学5年生の時(1958年)、母親と妹と一緒に親戚の住む大阪府堺市へ移る。中学卒業後は工事現場を転々とする毎日だった。1964年、17歳でボディビルを始め、1969年にミスター兵庫コンテスト準優勝を受賞。その後、ボディビル界との繋がりが強かった国際プロレスに入団、プロレスラーに転向する。

浜口には格闘技の経験がなく、身長も公称178cm(実測170cmほど)とレスラーとしてはけっして恵まれた体格とは言えなかった。だが国際プロレス社長で著名なアマレス選手でもあった吉原功からレスリングの直接指導を受け基礎を築き(このときの経験が後の京子への指導に生かされることになる)、効率的なトレーニングの工夫と頭脳的(ときに狡猾)なプレーで頭角をあらわす。1972年にはディック・ザ・ブルーザーが主宰するアメリカ・インディアナポリスのWWAへ遠征、ブルーザーとの抗争を展開しトップスターとなる。

1973年の帰国後は、国際プロレスのメインエベンターのひとりとなる。しばらくタイトルには恵まれなかったが、1977年、グレート草津とのタッグでIWA世界タッグ王座を獲得、その後は主にタッグ戦のエキスパートとして、末期国際プロレスの中心選手となった。特にマイティ井上とのチームはIWAタッグの他にアジアタッグ王座も獲得し、和製ハイフライヤーズ、浪速ブラザーズなどと呼ばれた名コンビだった。1979年のプロレス夢のオールスター戦では後の盟友長州力とコンビを結成し全日本プロレスの「極道コンビ」グレート小鹿&大熊元司組と対戦している。一方で怪我や病気に襲われることも多く、国際プロレスが活動を停止した1981年8月は肝臓疾患のため欠場中であった。

1981年9月23日、新日本プロレス田園コロシアム大会にラッシャー木村・寺西勇とともに来場。このときリング上で新日本に宣戦布告するはずのところ木村がいきなり「こんばんは」とやってしまいドッチラケになりかけた状況を救ったのが浜口のマイクアピールであった。10月に新日本プロレスとの全軍対抗戦に出場、そのまま木村・寺西と共にはぐれ国際軍団'を組み新日に参戦する。国際時代とは一転、ヒールとして新日ファンからの憎悪を買った。なかでもアントニオ猪木1人と旧国際軍団3人(ラッシャー木村・アニマル浜口・寺西勇)の変則マッチは今でも当時を知るプロレスファンの語り草になっている。この試合では中堅をつとめ、フォール負けを喫するが アントニオ猪木のエネルギーを消耗させ、五分で渡り合った。そして 主将であるラッシャー木村の勝ちに貢献した。さらに長州力とは維新軍団を結成して新日正規軍と対戦、同軍団の副将格、そして長州の参謀として大活躍した。なおこのときに始まる長州との交流は立場を違えてからも続き、浜口の引退時、長州は陰で声を上げて泣いたという。

1984年に突如、長州力・マサ斎藤らとジャパンプロレスを結成し全日本プロレスに参戦する。浜口自体に無類の強さという感じは無かったが、タッグとして主役級の相棒(タッグパートナー)を引き立てる”助演”の旨さに定評があり、ジャイアント馬場からも評価されていた。これは浜口とタッグを組んだグレート草津、マイティ井上、ラッシャー木村、寺西勇、長州力、キラー・カーン、谷津嘉章らが異口同音に浜口を評する言葉である。(なお馬場は、鶴田vs浜口シングル戦のTV解説時、最初に「全日本のエース鶴田、負ける要素は何もありません」と言った実況アナウンサーの倉持隆夫に「あなたの言うようだと浜口には勝つ要素は何もないみたいだけど、浜口はそう軽い相手じゃありませんよ」とたしなめたことがあり、試合終了後も浜口のファイトを絶賛していた。)

1987年にジャパンプロレス分裂→長州らの新日復帰に合わせ、現役を引退。浜口の引退は新日からジャパンプロレスに移籍する際に交わした、「トラブルを起こした場合は引退する」という約束を貫くため(キラー・カーンも同様)、また体調を崩しシリーズ欠場中でもギャラを支払ってくれたジャイアント馬場への恩義が影響していると思われる。引退セレモニーで「私はこの四角(リング)の中に魂があったんですよ。ありがとうプロレス。さよならプロレス」という浜口節と10カウントで締めた。その後 アニマル浜口トレーニングジムを東京都浅草に開設。指導者となる傍ら、自らも一から体を作りあげて、ボディビルの大会(シニア部門)に出場した。

1990年、長州力が昔とは別人のような、精彩を欠いた試合を続けていた頃、浜口は引退後初めて新日の会場に現れる。長州がその日も不甲斐ない試合をしたのを見届けた浜口は、突如、その試合後のリングに乱入する。「おいっ長州、お前何やってるんだよ。こんな試合をして恥ずかしくないのか。」と、涙ながらに叫んで長州を張り倒し、馬乗りになってなおも張り手を見舞っていった。その後「昔のようなギラギラとした奴に戻ってほしい」と、長州の景気付けのつもりで、長州とのタッグマッチの対戦限定で現役復帰をし、暫くの間ビッグバン・ベイダー等と共闘し、長州と対戦する。後年にキーワードとなる「燃えろー!!」「気合だー!!」は、この頃に初めて発したものである。(その後、長州とは一騎打ちを経て和解し、ジャパンプロレス時代以来のタッグを復活させたりした。)

1994年、セミリタイヤ状態を経て、WARに舞台を移して再度現役復帰。1995年には天龍源一郎、北原光騎と組んでWAR6人タッグ王座を獲得する。王座陥落後はリングからは遠ざかっているが、正式な引退表明はしていない。しかし、ボディビルに専念する為に、受身に必要な脂肪を減量により無くしてしまった事と、現役時代に肉体を酷使した影響で首を痛めている為、レスラーとしてリングに上がる事は無いと思われる。
その一方、この頃からは名伯楽としてもクローズアップされ始めた。ジムからは小島聡、大谷晋二郎、大森隆男、小原道由、SUWA、本間朋晃らを送り出した。また、長女の浜口京子をアマチュアレスリングの世界チャンピオンに育て上げる名コーチとして注目を集めた。

2004年アテネ五輪における「気合だー!!」という言葉の連呼(同年流行語大賞トップテンに選出)と、場合によっては周囲の迷惑を顧みないと非難された派手な応援(とくに掲示板の得点表示ミスに関する抗議)は海外のメディアからも一定の注目を集めた。同オリンピックを国民的に盛り上げた第一の功労者ではとの見方も一部にはある。娘に向かって「気合だー!! オィッ!! オィッ!! オィッ!!」と叫ぶ姿で世間に顔を売ったとも言われている。

現役時代のトレードマークはターザン風のワンショルダー、赤・青ツートンカラーのタイツ。得意技はダイビングエルボードロップ、ジャンピング・ネックブリーカー・ドロップ、エアプレン・スピン。ネックブリーカーは本家のジャイアント馬場からも褒められた。エアプレン・スピンはアンドレ・ザ・ジャイアントを回すのが現役当時の夢であった。入場テーマは「マタドール」(曲:日野皓正)。国際プロレス及び新日本プロレス参戦時には「フリーライド・サーファー(ZERO TO SIXTY IN FIVE)」という曲もテーマ曲にしていた。

見た目は強面だが、優しく涙もろい性格である。その人柄を慕う若者は多い(愛弟子・小島聡がプロレス大賞MVPを獲得した時のインタビューでは泣きながら喜んで語っていた)。

1995年5月、「リングの魂」(テレビ朝日系)の企画で、”憧れの人に会いたい”という企画で浜口の憧れの人→沢たまき(女優・故人)と一日デートが実現した。いつもの気合は何処へやら、終始デレデレした意外な浜口が見られた。

(出典:Wikipedia)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?b=20070911-00000032-sanspo-spo

[PR]

19800円〜より変則ギア付きビーチクルーザーの完全オリジナルカラーをご用意しており、大胆な色使い等、遊び心のあるデザインも大きな特徴。これからの季節にぴったりのビーチクルーザーがそろってます。

浜口京子 エピソード&プロフィール

浜口 京子(はまぐち きょうこ、1978年1月11日 - )は、東京都台東区出身の女子アマチュアレスリング選手。

ジャパンビバレッジ所属。日本オリンピック委員会選手強化キャンペーン・シンボルアスリート制度適用選手。


【略歴】
中学時代は水泳をやっていた。当初は女子プロレスラーを志望していたが、気合満点の言動で有名な元プロレスラーの父・アニマル浜口が経営するアニマル浜口レスリング道場で父の指導のもとボディビルのトレーニングをするようになり、プロレスラー志望の男性選手に混ざって14歳からアマレスを始める。

その後、女子アマレス重量級のトップ選手として活躍し全日本選手権・世界選手権等で優勝を重ね、2004年のアテネオリンピックに女子レスリング72kg級の代表として出場し、銅メダルを獲得した。開会式では日本選手団の旗手を務めた。

持ち前のパワーで世界を極めてきたが、ここ最近は2年連続で世界選手権の決勝で敗れるなど、パワーに衰えが見えてきた感は否めなかったが、2007年5月にビシケクで行われたアジア選手権72kg級の準決勝で中国の王旭を圧倒的不利の予想を覆す2対1で下し、決勝でカザフスタンのオリガ・ジャニベコバを2対1で下して優勝した。


【戦績】
1996年 全日本選手権70kg級優勝
1997年 全日本選手権75kg級優勝
1997年 世界選手権75kg級優勝
1998年 全日本選手権75kg級優勝
1998年 世界選手権75kg級優勝
1998年 国際連盟女子最優秀選手
1999年 全日本選手権75kg級優勝
1999年 世界選手権75kg級優勝
2000年 全日本選手権75kg級優勝
2001年 全日本選手権75kg級優勝
2001年 東アジア大会75kg級優勝
2002年 全日本選手権72kg級優勝
2002年 世界選手権72kg級優勝
2002年 釜山アジア大会72kg級優勝
2003年 全日本選手権72kg級優勝
2003年 世界選手権72kg級優勝
2004年 アテネ五輪テスト大会72kg級準優勝
2004年 アテネオリンピック72kg級3位
2005年 世界選手権72kg級2位
2005年 全日本選手権72kg級10連覇、天皇杯受賞
2006年 ジャパンクイーンズカップ72kg級優勝
2006年 ワールドカップ72kg級準優勝
2006年 2006年アジア競技大会72kg級準優勝
2007年 アジア選手権72kg級優勝

(出典:Wikipedia)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?b=20070911-00000032-sanspo-spo

[PR]

「豆乳クッキーダイエット」祝1500万食突破!2006年、楽天年間ランキング総合第1位受賞商品です!!12秒に1箱売れてます☆
たったの146キロカロリーなのに、栄養も満足感も◎!!

温水洋一 エピソード&プロフィール

温水 洋一(ぬくみず よういち、1964年6月19日-)は日本の俳優。宮崎県都城市出身。身長165cm、体重52kg。血液型AB型。宮崎県立都城西高等学校卒業。日本福祉大学卒業。


【人物】
中学時代、「ぬらりひょん」と呼ばれていた。

永瀬正敏とは同じ高校で、永瀬は2年後輩にあたる。

1988年から劇団「大人計画」に在籍、1994年に退団。 在籍中は、松尾スズキとともに「鼻と小箱」というコンビを組んでいたことがある。

1998年には安斎肇、村松利史らとオフィス「ワン・ツゥ・スリー」を創立。

舞台やドラマだけではなく、バラエティ番組でも活躍。1994年に竹中直人のコント番組「竹中直人の恋のバカンス」にレギュラー出演したことから、独特のキャラクターがお茶の間にも知られるところとなり、それ以降TV番組での活躍が増える。

明石家マンション物語に出演した際、明石家さんまから「ぬっくん」という愛称をつけられた。最近ではダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!の罰ゲームの仕掛け人(旅館の浴場で着替えている客、肩を壊した野球部のエース、死後硬直の実験体、他)として出演した。

同郷の東国原英夫宮崎県知事と同様に頭が薄くなっている事をネタにされよく周りにいじられるが、本人は嫌がるどころかまんざらでもなさそうな所がある。

2006年には大田クルーとコラボし、「大田クルーと温水洋一」として8月9日に「マハラジャスーパースター」を発売した。

(出典:Wikipedia)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?b=20070910-00000030-nks-movi

[PR]

安心・便利な三井住友銀行グループの個人向けローン『アットローン』。全国の三井住友銀行ATM が利用可。最短申込当日のキャッシングが可能です。実質年率15.0%〜18.0%で限度額は最大で300万円

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。