Google
 

石塚英彦 エピソード&プロフィール

石塚 英彦(いしづか ひでひこ、1962年(昭和37年)2月6日 - )は、日本のお笑いタレント。所属事務所はワタナベエンターテインメント。お笑いコンビ「ホンジャマカ」のボケ担当。愛称は「石ちゃん」。神奈川県横浜市保土ケ谷区出身。血液型O型。横浜市立岩井原中学校、横浜市立桜丘高等学校卒業。2年間の休学期間を経て、関東学院大学経済学部卒業。


【経歴】
高校時代に自主制作映画で才能を開花させ、20歳のときに劇団ひまわりに入団し、基礎からレッスンに専念する(現在でも俳優業などでは、当時の役者志向の片鱗を見せることがある)。

大学卒業後は渡辺プロダクションに所属し、お笑い集団「ホンジャマカ」のメンバーとしてデビュー。当時は痩せた二枚目タイプで、立花理佐のバックダンサーをしていたこともある。しかし当初男女混合の10人組グループだったホンジャマカだったが、次々とメンバーが脱退し、最終的に相方恵俊彰とのコンビとなり、その後人気を爆発させる。

現在でもホンジャマカとしての単独ライブなどで活躍しているが、近年ではソロ活動も目立つようになり、個性を発揮する。特に見た目を活かしてグルメ番組にピンで出演することが多い。ただ食べるのではなく、「駄洒落」を言いながら食べることが視聴者に受け、更にテレビ東京で放送していた深夜番組『debuya(現:元祖!でぶや)』での「まいうー」(「美味い」の業界用語)という言葉を世に広めるなど、「駄洒落とデブ」のポストを確保している。

ビデオリサーチが春と秋の年2回に行う「テレビタレントイメージ・男性部門」の2007年秋の調査でイチロー、明石家さんまを抑えて初の好感度1位に選ばれた。


【人物】
■その好人物そうな顔つきとキャラクターで、近年はビデオリサーチによる「テレビタレントイメージ」調査の上位に定着。2007年8月期調査では男性タレント部門の1位となった。[1]

■周囲の証言では実際に普段から好人物であるらしいが、車の運転中は性格が一変してしまい、歩くのが遅い老人に対して「バカ野郎!!」と怒鳴ることがあると暴露された。また相方の恵によると、ロケで車移動をする際も、自分が乗るロケバスの前を走る車が遅いと、放送禁止用語を連発するらしく、運転に限らず車に乗車するだけで性格が変わるようである。

■尊敬している人はウガンダ・トラであると称している。彼の「カレーは食べ物ではなく飲み物」という発言を受けてのこと。

■柏原芳恵の大ファン。2005年7月の元祖!でぶやの奄美大島編において、収録途中に周囲から柏原芳恵がゲストだと聞かされ「冗談だろ。こんな所に来たんじゃ仕事が釣り合わないだろ。どうせまた斎藤こず恵さんが・・」と言った瞬間に「石ちゃん」の掛け声と共に本人が現れ、何とも言えない素の石塚が垣間見えた。

■野球好きで、地元横浜ベイスターズのファンであることが、2005年8月5日放送の元祖!でぶやにて石塚本人の口から語られた。その日のでぶやで、ついに念願叶って、横浜スタジアムの始球式を、石塚が担当した。

■テレビ出演時は、真冬でもタンクトップとオーバーオール(柄はホルスタイン柄や迷彩柄など様々)を着るのが基本。たまにタンクトップ無しのオーバーオールのみ(上半身は裸)の場合がある。

■一年の内約半分は番組のロケで日本全国を食べ歩いており、仕事柄ありとあらゆるものをこれまで食べてきて嫌いなものはまず無いらしいが、唯一駄目な食べ物は長ねぎだと言う。ラーメンや蕎麦といった麺類の薬味として、少量の刻んだネギがのっているだけでもテンションが下がる。ただ、自由が丘にある漢江という焼肉屋のネギタン塩にのっかっているネギだけは食べられる。(TX「石塚英彦&パパイヤ 大東京!秘密の裏メニュー食べまくり大作戦」で放送)

■そのため料理にネギが使われている場合、平静を装い誰にも分からないようカメラの死角にネギを隠し、料理を食べるというテクニックを独自に習得している。だが2007年3月20日放送の、でぶや二時間スペシャルの伊勢編にて、伊勢うどんを食べるシーンで、薬味の青ネギをパパイヤ鈴木に取って貰っている場面が、偶然にも画面に映り込んでしまった。


【エピソード】
■体格の変化については、今の夫人とデートしていた際に、作ってくれた弁当を多いと思いながらも全部食べているうちに弁当の量がどんどん増えていき、結果太り始めたというのが石塚の弁。なお相棒の恵が痩せてからは「彼の分まで食べたので太った」というネタを披露することもある。

■関東学院在学中にラグビー部春口監督に入部を勧誘された事があるらしい。

■仕草にいくつか癖がある

■駄洒落を言った後に、笑いながら人差し指を前に出す。

■おちょぼ口にして少しずつ食べ物をほおばっていったり、舌を出し、舌の上に乗せてから口の中に運ぶ食べ方をする。

■手のひらが地面に平行になるように手首をそらして歩いていることが多い。

■テレビ番組で食べ物を食べる時に、よく『まいうー』を使うが、本当においしかった時は普通に『うまっ』と言ってから『まいうー』を使っている。すぐに「まいう〜」と言う時はあまり美味しいときではないらしい。なお大食いキャラとはいえ、流石に全部は食べきれずに料理を残すこともあるらしく、その処理をスタッフがしている事が明らかになっている。

■お笑いウルトラクイズの人間性クイズで、ホモ役のポール牧に迫られるという設定のどっきりにはまり、覚悟を決めて布団にもぐりこんだこともある。

■伊集院光・松村邦洋と共に「デブタレ御三家」、さらに内山信二、またはパパイヤ鈴木を加えると「デブタレ四天王」と呼ばれている。年齢順では石塚が最年長だが、体重順からいくと伊集院光の次に重い、125kgである(松村邦洋も以前は体重が最高140kgあったが、2006年初頭から大幅な減量を行っており、現在は石塚よりも体重は軽く90kg台になっている)。テレビでこの4人が揃って共演することはめったにない。伊集院、松村とは2001年12月29日放送・日本テレビの『マジカル頭脳パワー!! 復活スペシャル』(『スーパースペシャル'2001 マジカル頭脳パワー!! 21世紀芸能界No.1頭脳決定戦スペシャル』)やキリンビールのCMで共演していた。又、内山とは『元祖!でぶや』で共演中である(内山は現在レギュラーでない)。

■デブタレ界で伊集院は『反町隆史』(内山談)、石塚は『横綱』、松村邦洋は『KING』、ウガンダ・トラは『会長』、高木ブーはデブタレの間でも別格で『神様』という序列がある。

■元祖でぶやでは共演のパパイヤ鈴木から「お父さん」と呼ばれている。

■以前元祖でぶやの横浜編で、番組出演した地元のタカナシ乳業の担当者が石塚の高校の同級生で、石塚が「君はタカナシに入っていたの?俺ホンジャマカに就職しちゃった。」と言い爆笑を誘っていた。

■創造性IQが高く、フジテレビの「IQサプリ」で好成績を残している。ただ問題に納得がいかないとモヤッとボールの入った箱ごと投げる事も(通称「箱投げ」)。さらに石塚の娘が石塚に内緒で問題を考えたサプリ文字を今田耕司が答えてしまい、不機嫌そう(番組内では顔に怒りマークが付いていた)にモヤッとボールを投げていた。

■生放送中、自分の股間に虫刺され薬を塗り、悶絶したことがある。

■ある肉の名産地にロケに行き、肉を店頭で焼いていた店員に「肉は好きですか」と質問された石塚は「肉が嫌いでこんな体格をしている訳がないじゃないですか。」という周囲や視聴者を納得させる答えで即答。爆笑を誘っていた。

■よく母校である関東学院大学をネタにする事がある。

(出典:Wikipedia)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?b=20070927-00000066-sph-ent

[PR]

「豆乳クッキーダイエット」祝1500万食突破!2006年、楽天年間ランキング総合第1位受賞商品です!!12秒に1箱売れてます☆
たったの146キロカロリーなのに、栄養も満足感も◎!!

この記事へのトラックバック

[2人目]おお、石塚英彦様
Excerpt: 素敵です。 ラインアイが好きです。 生命力に一安心です。 ごちそうさまー、いただきまーす、まいう~、替玉~。
Weblog: 本日の男性 ~人の好みは十人十色~
Tracked: 2008-01-26 02:31

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。