Google
 

松山ケンイチ エピソード&プロフィール

松山 ケンイチ(まつやま けんいち、本名:松山研一(読みは同じ)、1985年3月5日 - )は、青森県むつ市出身の俳優・モデル。大湊高校→東京都立代々木高等学校出身。血液型はB型。所属事務所はホリプロ。身長180cm、体重60kg、B86cm W73cm H83cm S28cm。

『NANA』『男たちの大和/YAMATO』『デスノート』シリーズなどの出演作で知られる。

特技は棒高跳び(中学時代東北大会4位)、車いすバスケットボール。

公式サイトで使われている略称は「松ケン」。


【略歴】
■2001年
・HORIPRO×Boon×PARCOの共同企画ホリプロ男性オーディション「New Style Audition」で16,572人の中からグランプリ受賞。PARCO
2001年「Looking for a new “NEW”」キャンペーンでモデルデビュー。

■2003年
・『アカルイミライ』で映画デビューを果たす。

■2005年
・『男たちの大和/YAMATO』オーディションにおいて、角川春樹に見初められ年少兵メイン神尾克己役に抜擢される。その際「薬師丸ひろ子や原田知世を発見した時より震えた」と言わしめ、続く『蒼き狼〜地果て海尽きるまで〜』『椿三十郎』と、新生角川春樹プロデュース映画に三作連続で起用されることとなった。

■2006年
・『デスノート』『デスノート the Last name』のL役を魅力的に演じ、一躍注目を浴びる。映画の大ヒットに伴い2007年にはLを主人公としたスピンオフ映画のクランクインが予定されている。公開は2008年2月の予定。

■2007年
・日本テレビ系ドラマ『セクシーボイスアンドロボ』で連続ドラマ初主演を果たす。


【人物】
■2007年より雑誌などの連載で対談や自身の言葉で綴った文章を発表しており、彼自身の考えに注目するファンも急増している。俳優としてだけではなく、若い世代に影響を与える人物として、特異な存在感を放っている。(参考:日本の新世代男優図鑑)

■戦争と平和について強く考えるきっかけとなり、一番印象に残る出演作として『男たちの大和』をインタビューなどでよく挙げる。

■音楽映画『神童』の撮影をきっかけにピアニストの清塚信也と仲がいい。

■兄弟は弟と妹がいる。

■演技では出ないが、普段は喋りに訛りがある。一人称は下北弁で「わい」(ただし、テレビ出演などで「僕」や「俺」も使う)。「東京に負けない」為にも訛りを直すつもりはないと熱く語る。「ずっと南部弁かと思ってたが、下北半島の下北弁」だったことが判明。

■絵本を読むのが好きで、戦争をテーマにしたものを書きたいと思っている。

■沖縄で手作りのハリガネアクセサリーに感動してから、ハリガネアクセサリー作りが趣味。


《俳優として》
■作品ごとに雰囲気が変わり、自身のイメージを固定させないことから、「カメレオン俳優」と呼ばれる。

■撮影現場では細部こだわったアイデアを監督に出し続けるなど、役作りに対してこだわりが人一倍強い。しかし同時に「俳優は監督の駒」と言い、多くの監督に愛されている。

■「(映画については)新しい視点を見せてくれる点では、それを反抗といってもいいと僕は思います。」「(演じる役については)全部自分に近い感じもするし、遠い感じもする。ただ、自分自身の生き方や考え方が役に影響を及ぼし、逆に役が自分に影響を与えているのは間違いないと思います。」などと、独自の考えを持っている。

■尊敬する俳優はゲイリー・オールドマンと中村獅童。ただ、CUT7月号(2007)では「モデルとしている俳優はいません」と話す。


《エピソード》
■芸能界デビューは、親の薦めによるが、本人は興味がなかったと話す。

■映画『NANA』に出演する際、ベースを一晩でマスターした。

■映画『デスノート』のLの登場シーンの「バーン」と銃を撃つ演技は、脚本では1回だったものを人数分撃つようにしたのは松山の案。同様にひょっとこのお面や、お供えを食べるのも彼のアイデアによる。

■体は硬いが、(ユメ十夜のアクション監督をした小原剛によると)かなり動けて、バク宙やバク転をさくさくやってしまうらしい。

■沖縄に行った際にオフで「ひめゆりの塔」へ行くも、「見ている途中でいろんな思いが込み上げて胸が苦しくなり、全部みることができなかった」ので、また行きたいと話す。

■映画監督・前田哲によれば、「普段、ぼそっとすごく面白いことをよく言う」らしい。

■上京してゴキブリを初めて見たときは、飛び上がった。(『メレンゲの気持ち』)

■『親指さがし』に出演した事により、親指を立てるのが癖になってしまった。映画『蒼き狼』の撮影現場にて振り向くシーンを撮る際「松山、振り向くと親指が立ってるぞ」と反町隆史に言われ、何度か撮りなおしたもののなぜか親指が動いてしまい、撮影終了後に共演者からからかわれる。

■『セクシーボイスアンドロボ』出演に伴い、ロボットアニメを見直したりその主題歌を聞くなどして役作りを行う。特に小学校高学年〜中学1年生の頃視聴していた『勇者王ガオガイガー』を見直した際、劇中の敵がストレスを持つ人々を選んで怪物化させているという内容を指し、奥が深いと述べている。

■小学生のころからあだ名が「まつけん」だが、マツケンサンバが流行っていたときは「サンバ」と呼ばれたこともあったらしい。

■本名の名前は漢字だが、画数が悪いと言われてカタカナに変えられた。しかしいつかは漢字に戻したいらしい。

(出典:Wikipedia)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?b=20071009-00000009-oric-ent

[PR]

【ラゼルの新商品】アクネ美白のゼッカ登場!!ゼッカのトライアルセット。にきびだけでなく肌のくすみにも効果的◎にきびをケアしつつやさしく美白、さらに未来のにきびもケアします!

この記事へのトラックバック

メレンゲの気持ち 松山ケンイチ
Excerpt: 松山ケンイチ エピソード&プロフィール上京してゴキブリを初めて見たときは、飛び上がった。(『メレンゲの気持ち』) ■『親指さがし』に出演した事により、親指を立てるのが癖になってしまった。映画『蒼き狼..
Weblog: 松山ケンイチ
Tracked: 2008-02-20 15:22

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。