Google
 

波岡一喜 エピソード&プロフィール

波岡 一喜(なみおか かずき 1978年8月2日-)は大阪府出身の俳優である。えりオフィス所属。178cm、A型。


【概略】
2005年に『パッチギ!』のモトキ・バンホー役で注目を集め、続いて『幻星神ジャスティライザー』で神野司郎/デモンナイト役を好演。2006年10月から12月まで初主演作となる『ライオン丸G』が放送された。その後も映画やテレビドラマにと活躍中。いわゆる不良役のイメージが強いが、クールでシリアスなダークヒーローから、コミカルなホストヒーロー、不器用なやさしさを示す好青年など、幅広い演技をこなす。

2006年11月11日に一般人の女性と入籍。2007年9月24日に一児(女児)の父親となる。


《デモンナイト》
波岡が演じたこのキャラクターは、主人公たちの味方に転じて「リゲル」という本名を名乗ってからも、クレジットで「デモンナイト」と表示されたことが語り草に。波岡ファンの間では、彼の出演シーンの画像に「デモンナイト」のロゴをかぶせる遊びが、ネットで流行。現在も続いている。


公式ブログ「天下統一ゆえノ刻印

(出典:Wikipedia)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?b=20070927-00000000-oric-ent

[PR]

【住信カード】世界発行枚数No.1VISAカード 〜ドライバーの皆様へ〜ドライビングサポートVISAカードがダブル機能で誕生!!【話題のETC】と【無料ロードサービス】がセット

中島美嘉 エピソード&プロフィール

中島 美嘉(なかしま みか、本名同じ、1983年2月19日 - )は、日本の女性歌手、女優。鹿児島県日置郡伊集院町(現:日置市)出身。身長160cm・体重40kg、血液型はA型。


所属事務所はケイダッシュ、所属レコード会社はソニー・ミュージックアソシエイテッドレコーズ。2000年代の日本を代表する歌姫の一人として知名度は高い。女優としても活躍し、数々の賞を受賞している。

ファルセットを多用する歌唱スタイルでロック、ジャズ、レゲエなど様々な曲調を取り入れた独特の世界観を築き、2003年以降は大半の楽曲で作詞も手がけている。バラードの評価が特に高く『STARS』『WILL』『雪の華』『桜色舞うころ』などの多数のヒット曲をもち、日本のみならず東アジアでの人気も高い。


【来歴】
■1996年
 ・中学2年生の時に鹿児島市内に転校。転校先ではイジメを受けたという。

■1998年
 ・鹿児島市立天保山中学校卒業後、高校には進学せず約1年間地元のファーストフード店などを中心にアルバイトをした。

■1999年
 ・福岡県福岡市に出てアパートの一室で集団生活。福岡と鹿児島を行き来することが多かった。
 ・この間、多くのオーディションを受ける。当初は歌手ではなくモデルをしていたという。

■2001年
 ・レコード会社に送ったデモテープがきっかけとなり“ソニーオーディション”に合格。そのオーディションの結果、フジ系ドラマ「傷だらけのラブソング」のヒロインに抜擢され、主題歌『STARS』でCDデビューも果たし大ヒットを記録した。

■2002年
 ・フジ系ドラマ「天体観測」の主題歌として歌った『WILL』がヒット。これが1stアルバム『TRUE』の大ヒットに繋がり、オリコン初登場1位・ミリオンセラーを記録した。また、女優として、同時期に放送されていた日テレ系ドラマ「私立探偵 濱マイク」に準主演としてレギュラー出演したことも話題に。
 ・11月、初回限定生産ミニアルバム『RESISTANCE』を発売。オリコン2週連続1位。
 ・輝く!日本レコード大賞最優秀新人賞など、数々の音楽新人賞を総なめにし、「NHK紅白歌合戦」にも初出場を果たした。

■2003年
 ・9月公開の映画「偶然にも最悪な少年」に出演。
 ・11月、『雪の華』『FIND THE WAY』『愛してる』など数々のヒットシングルを含んだ2ndアルバム『LØVE』をリリース。オリコン初登場1位。発売から1ヶ月経たずにミリオンセラーを記録、累計150万枚以上を売り上げたこのアルバムは、日本だけではなく韓国でも大ヒットし、日本人で初めてミリオン級セールスを突破している。第45回 日本レコード大賞 にて、ベストアルバム賞・金賞・作詞賞を受賞した。

■2004年
 ・8月、「爽健美茶限定 中島美嘉ビューティフルライブ2004」と題した完全招待制プレミアム·ライヴで葉加瀬太郎とコラボレーション。伴ってリリースされた、コラボレート限定ミニアルバム『朧月夜〜祈り』は即日完売した。この二人は後にNHK紅白歌合戦でも共演した。

■2005年
 ・3月、シングル『桜色舞うころ』『SEVEN』などを含む3rdアルバム『MUSIC』をリリース。オリコンウィークリーアルバムチャートで2週連続1位を獲得し、大ヒットを記録した。
 ・矢沢あいの人気漫画を原作にした東宝系映画「NANA」に主演。映画は記録的大ヒットで、2005年邦画第1位になり社会現象も起こした。それと共に、自身が歌った主題歌『GLAMOROUS SKY』も大ヒット。自身初のオリコンシングルチャート1位を記録し、2週連続で首位をキープした。プラネットシングルチャートでは3週連続1位。また、この映画での演技が認められ、第29回日本アカデミー賞・優秀主演女優賞・新人俳優賞など数々の賞を受賞した。GLAMOROUS SKYはNANA starring MIKA NAKASHIMAの名義でリリースした。
 ・『GLAMOROUS SKY』で年間オリコンシングルチャートに女性で唯一のトップ10入りを果たす。『MUSIC』もトップ20入りした。第47回 日本レコード大賞 にて「特別賞」を受賞。
 ・12月、初のベストアルバム『BEST』をリリース。発売1ヶ月でミリオンセラーを達成した。綾戸智絵のプロデュースにより新録音した『AMAZING GRACE』が収録されている。

■2006年
 ・2月22日、17thシングル『CRY NO MORE』リリース。PV撮影などのためにアメリカ合衆国メンフィス市へ渡米し、そこでメンフィス名誉市民の称号を得る。この曲のプロモーションでは束ねたドレッドヘア(ブレイズ)や黒紫色の口紅など米国南部を意識した奇抜なファッションを取り入れていた。その後6月7日には、前年のハリケーンによって大きな被害を受けたニューオーリンズ(ルイジアナ州)へのチャリティー・シングル『ALL HANDS TOGETHER』をリリース。このシングルの売り上げの一部は、ニューオーリンズへ復興支援の為に寄付をする。
 ・8月、尾崎豊の名曲「I LOVE YOU」をカバー。尾崎のプロデューサーであった須藤晃の指名により実現した。ダイハツ・タントのCM曲に起用され音楽配信限定で発売されていたが、シングル「見えない星」にカップリングとして収録。次回アルバムにも収録される模様。
 ・12月9日、主演映画「NANA2」が公開。前作に引き続き、主題歌『一色』も手がける。またこのシングルもNANA starring MIKA NAKASHIMA名義。


【人物】
髪型を頻繁に変えることで有名。歌番組などで過去の映像が順々に流れるとはっきりと確認できる。またうたばんで以前中島がバイトしていた店の店長が当時の印象を聞かれ、「会うたびに髪の色が違った。」と答えている。

デビュー当時はどちらかというとギャルのような垢抜けないファッションであったが、次第に現在のような個性的なファッションへと変化していった。歌番組でデビュー当時の映像が出ると、中島は必ずと言っていいほど顔を伏せて見ないようにしている。またヴィヴィアン・ウエストウッドを好むという旨の発言をたびたび行っており、このブランドの何らかのアイテムを私品として身に着けている場面が公的な場でも確認されている。

チョウやクモの標本を集めるのが趣味である他、黒魔術に興味を示したり蛇を平然と首に巻いたりと一風変わった個性が注目を集めている。

デビューして間もない頃は、一部で苗字の「中島」を「なかじま」ではなく、「なかしま」と読む読み方を珍しがる声もあったが、中島自身の出身地である鹿児島も含め九州ではよくある苗字である(ちなみに、カンニングの故・中島忠幸(福岡県出身)も「なかしま」である)。

称号はアメリカ合衆国テネシー州メンフィス市名誉市民(日本人としては忌野清志郎に続き2人目の授与)。

仲の良い芸能人は持田香織、加藤あい。また、モーニング娘。の藤本美貴や、松浦亜弥はメル友だという。(番組における発言による)

ドラえもんの大ファンでもある。


【余話】
■彼女をこよなく敬愛するという若槻千夏は、NANAでの主演が決まる前から大崎ナナ役は彼女以外にありえないと確信していたとのことで、配役の決定が告知されたときには含み笑いを浮かべたという。

■年々痩せていっており、ファンの間では健康面を心配する声もある。(しかし、本人曰く体重は変わってないとのこと)

■「きらきらアフロ」(テレビ東京系列)の番組のファンで、2007年3月放送分で番組の収録を変装して一般客に混じって観覧席で観ていたことがある。そのとき、笑福亭鶴瓶はそのことを知っていたが、松嶋尚美は鶴瓶に言われるまで全く気がつかなかった。

(出典:Wikipedia)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?b=20070826-00000024-dal-ent

[PR]

敏間肌だけど美白したい!そんな悩みをお持ちのアナタ、諦めないでください!優しいだけじゃなく、美白効果もキチンと実感できる!ぜひミラクルホワイトお試しキャンペーンであなたの望みを叶えてください♪

長井秀和 エピソード&プロフィール

長井 秀和(ながい ひでかず、1970年1月3日 - )は、お笑いタレント、漫談家である。所属事務所はタイタン。血液型はO型。創価大学文学部卒業。既婚。


【来歴】
■東京都武蔵村山市出身。父は元武蔵村山市議(公明党)。新興宗教団体「創価学会」信者。

■創価大学文学部卒業後、親とは教師になる約束をしていたが、「東洋のチャップリンになる」と宣言して芸人の道を歩む。当初はパントマイム(同じ動きなのに違うもの)を持ち芸にしており、路上パフォーマンスなども行っていた。後に風刺漫談へシフト、現在に至る。しかし登龍門F(生放送)において放送日は他局の生放送を何件か抱えていた為、「喋るのが面倒だから」という理由で全身オレンジ色のつなぎで自身の持ち時間全てパントマイムを行った。

■M2カンパニー(現・ホリプロコム)等、何度か事務所の移籍を繰り返す。やがてフリーの身である所をタイタンに拾われ、現在の基盤を作り上げた。1999年からユリオカ超特Qと二人で定期的に都内でライブ「同行二人」を開催( - 2004年)。

■伊藤かずえの大ファンであることも有名。好みのタイプは元モーニング娘。の加護亜依らしい。

■運動神経はなかなかのもので、バック転も出来る。エアロビクスを愛好している。以前スポーツマンNo.1決定戦に出たこともあり、そのときの記録は総合13位であった。

■1999年に結婚。無名時代は自活することなく妻に食べさせて貰っていたと自認。2005年3月22日には長男が誕生した。

■結婚披露宴会場にうまなりクンの収録で井崎脩五郎がやってきた。井崎は、VTRはじめに「永井美奈子さんの結婚式会場にやってきました。」と言って視聴者を驚かせたが、CM明けに「結婚してナガイ(長井)美奈子さんになる人の結婚式です。」と言うオチになった。

■爆笑オンエアバトルでは第6回チャンピオン大会に出場。セミファイナルでは1006KB(オンバト史上初)と1位で通過し、かつ史上3位の記録を持つ。セミファイナル後のインタビューで「必ず優勝します!間違いない!」とかっこよくしめくくった。しかし期待されたファイナルでは途中で台詞を間違え、その影響かネタの語りが早くなるなど露骨に動揺してしまい、最下位を喫してしまった。以来、漫談のネタをやる時、間違えたりかんだりして自分で笑うことも多い。

■近頃は桜塚やっくんと顔つきや声質が似ているせいか、間違われるケースもある。


【持ちネタについて】
■地道な活動が花を咲かせ、2003年には決まり文句「間違いないっ!」で一躍時の人となり、以降はバラエティで精力的に活躍。尚、「間違いないっ!」は、劇団ひとりが長井の真似をする時に使っていたフレーズを逆に利用したものである。この言葉は一時期流行したが、前年のノミネートだった為流行語大賞に選ばれることはなかった。

■この他に、「○○だから気を付けろ!」「知るかっ!」「続けます」等の決め台詞がある。

■スタイルを青木さやかから、ネタをだいたひかるからよくパクッていると公言しており、時々自身のネタにもする。

■『エンタの神様』でほしのあきのネタを披露するときに最後に「エイ、エイ、オッパ〜イ!!」と言い、観客にも言わせている(この台詞は、ほしの公認のようで、安全剃刀の販促イベントで共演した際、一緒に「エイ、エイ、オッパ〜イ!!」と言っていた)。最近は「エロオヤジキャラ」を定着させつつある。ほしのあきの話は2006年5月27日で完結させ、6月3日は「女医の西川史子先生の話」に変更したが、最初の1週で終了した。7月8日の放送では、完結させた筈の「エイ、エイ、オッパ〜イ!!」のネタを突然持ち出して数回続けた後に封印し、2006年9月9日の放送で再び披露した。

■時折、さとう珠緒についてネタにしている為、天敵としても話題となっていたが、険悪な仲というわけではない。むしろ、さとうは長井のギャグの為にメディア露出が増える等相互に良好な関係を築いている。

■アーティスト関係ではよく「GLAYのTERU」ネタが多く見られる。このネタはバラエティでネタ披露する時や、ネタふりされたときに言うことが多い。

(出典:Wikipedia)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?b=20070823-00000008-oric-ent

[PR]

《セゾン》が発行する最大300万円までご利用いただけるカードローン。実質年率8%から選べて安心。スピード審査で、お支払日、お支払方法も自由に選べる便利なセゾンのカードローン。

なだぎ武 エピソード&プロフィール

なだぎ 武(- たけし、本名:灘儀 武(読みは同じ)、1970年10月9日 - )は、日本のコメディアン、漫談家である。実際にはピン芸人ではなく、お笑いユニット「ザ・プラン9」のメンバーの1人。大阪府堺市出身。血液型A型。身長170cm。桃山学院大学文学部卒業。


【来歴・人物】
学生時代に自分のネタで唯一笑ってくれた女の子から、自分が視力が落ちてしまう病気であることを告白される。手術を恐がる彼女を勇気づけるために、以前その子に言われた「灘儀が芸人になったら、私みたいに冷めてる人を笑かすんやろな」という言葉を受け「絶対に芸人になるから、手術して治った目で俺を見て欲しい」と約束したのが芸人を目指すきっかけになった。

1989年に大阪NSCに8期生として加入し、同年8月に同期の松村博司と「スミス夫人」結成。当時の芸名はナギナギオ。コンビ当時は「自分の顔をプリントしたTシャツを着て現れる」などといった変人キャラを演じる松村に対してなだぎが容赦なくツッコミを入れるが、松村はそれ無視するかのように延々とボケ続けるというスタイルのコントが多かった。シュールで奇天烈なキャラの松村とマシンガンのようなツッコミを繰り出すなだぎのコントラストが受け、一部のファンから絶賛されていたが、2001年に解散。翌2002年に活動名を本名の「灘儀武」とし、ザ・プラン9にヤナギブソンと共に追加メンバーとして加入した。

2005年6月に芸名をなだぎ武に改名している。最近ではザ・プラン9以外に、後述のディランというキャラクターを持ちネタとした活動も増えている。藤岡弘、のモノマネも現在イチオシである。

また、演技力にも高いものがあるため、プラン9本公演では主役や物語を大きく動かす役が多い。


【エピソード】
■ザ・ブラン9のメンバーである浅越ゴエとは1997年12月のオールザッツ漫才の一回戦で、お互いが当時組んでいたコンビの「スミス夫人」(なだぎ)と「デモしかし」(浅越)として対戦したことがある。

■メンバーの中で最年長かつ最も芸歴が長い。

■ナギナギオからなだぎ武に改名した理由は同メンバーのヤナギブソンと芸名がカタカナでややこしいからである。しかし初めはヤナギブソンが改名する予定だったがヤナギブソンが断ったため仕方なくなだぎが改名した。

■今でこそガタイが良いが、前コンビ時代は痩せていた。

■BON JOVIのファンで、PVを撮ったことがある。

■2005年には関西テレビの金曜深夜の番宣枠にて「カンテーレ〜真夜中のエンターテイナーなだぎ武〜」なる約10分のミニ番組を担当していた。好評につき翌年にも「帰ってきた真夜中のエンターテイナーなだぎ武」として復活している。番組宣伝の合間に1人で様々なネタを披露するというものである。それまでは水谷豊の物まねをよくしていた。

■中之島演劇祭2006で共演した島木譲二に、なぎさ武や柳田武、なぎなた武など、散々名前を間違えられた。

■2006年12月19日に友近との熱愛が週刊誌に報じられた。交際は両人とも認め合っていて、よくバラエティー番組で共演する。更に、後述のディランの相棒「キャサリン」に友近が扮したコント芸まで開発し、2007年2月10日に「ディラン&キャサリン〜難問続出!?恋の数式大パニック〜」というイベントを開催した。

■イメージカラーはオレンジ。

■平山昌雄、南海キャンディーズ、レイザーラモンなど多くの芸人に慕われている。

■PLANETはSaturn(土星)

■ディラン・マッケイのキャラで、腕時計を必要以上に目に近づけて「もうこんな時間だぁ!」というネタがあるが、これは「スミス夫人」の時に使っていたネタである。

■2007年6月、大阪府泉南郡岬町にある「みさき公園」の「ぷ〜るらんどRiO」イメージキャラクターに起用される。

■軽い潔癖症らしく、ポテトチップを食べる時、服や口の周りが汚れないようにチップを二本の指でつまみ、顔を上に向けてそっと口に落とし込むらしい。


【ディラン】
ディラン(ディラン・マッケイ)は、なだぎが演じるキャラクター。元ネタはビバリーヒルズ高校白書シリーズの同名の登場人物。2005年のオールザッツ漫才でテレビ初登場。

必ず自転車に乗って登場し、不必要に脚をピンと伸ばして「今自転車を降りているぞ…間違いなく今自転車から降りている…よぉし降りた。」といって降りる。さらに「自転車を置きに行っている…今自転車置きに行ってるぞ…よぉし置いた。」といって自転車を停める。このひとくだりがあった後、舞台のセンターに立つのがお約束。また自己紹介の際に「ビバリーヒルズ青春白書でお馴染みのディラン…マッケイだ」または「ビバリーヒルズからやってきたディラン…マッケイだ」と、必要以上のタメ(短くても3秒以上)を作るのも定番である。

当初は自転車には乗らず、「ブレンダ」「ケリー」「ピーチピットのナットさん」など元ネタに纏わる小ネタでマニアックな笑いを誘っていた。その後自転車は欠かせない小道具の1つとなり、アメリカンジョーク等の決め言葉を言った後は自転車のベルを鳴らすなどという行動もお約束になっている。そのため自転車特集を組んだ雑誌『ターザン』にディランのキャラでいつも使っている自転車と共に登場したこともある。

たまに人の話を聞く際、「にゃ…にゃ…」と あいづち をうつ。また、異常に体を後ろにそらす事がある(ネタ中で「これは日本の漫画「ジョジョの奇妙な冒険」の空条承太郎の真似だ」と話している。ちなみに、ディランの吹替えもアニメの承太郎も同じ小杉十郎太が演じている)。

ヘアスタイルは変化しており、当初はパーマがかった黒髪のリーゼント、2代目は茶髪のリーゼントであった。現在(3代目)は金髪のリーゼントである。

ディランのキャラは、もともと「ビバリーヒルズ青春白書」の日本語吹き替え版でディランの声を担当している小杉十郎太の真似がなだぎの持ちネタであったことと、当時の彼女が「ビバリーヒルズ青春白書」を見ていた事から発想された。さらには、ホフディランのシングル「キミのカオ」において、「ビバリーヒルズ青春白書」をパロディにした小杉のナレーションにも感銘を受けたと語っている。当初は楽屋で「ビバリーヒルズ青春白書」を知る芸人仲間等へ観せていたという。海外ドラマ特有の「大げさなセリフ回し」や「アメリカンジョーク」、「アテレコによる独特の空気感」をデフォルメした芸風だが、ビバヒルファンの今田耕司も認める激似ぶりである(最近では今田も言い回しを真似する事がある)。前述の2005年「オールザッツ漫才」において、レイザーラモンHGに続くキャラを探せという企画で披露された際、元ネタを知らない層にも好評を得る。これがこのネタのブレイクの最初の切っ掛けとなった。

2006年からは本家「ビバリーヒルズ青春白書」には登場していない新キャラとして相棒のキャサリンが登場している。

なだぎは「R-1ぐらんぷり」でもディランネタで参加。2006年は準決勝で敗退したが、2007年は徳井義実(チュートリアル)と共に最高得点を記録し、審査員5人による決選投票で勝利し優勝を果たし、ザ・プラン9からは浅越ゴエに続き2人目のチャンピオンを輩出した。

2007年、ドラマで本物のディランを演じたルーク・ペリーや、日本語吹替えを担当した小杉十郎太との共演がそれぞれ実現している。


【関連項目】
■友近-ディラン&キャサリンのキャサリンの方を演じる芸人。なだぎと交際している。

■小杉十郎太-ディラン役の吹き替え声優。紙面には載らなかったが2007年7月5日に行われたイベントの記者会見で声優の三石琴乃と一緒に来訪して対面した。その後、なだぎがレギュラー出演中の番組「フジヤマ☆スタア」にゲスト出演。なだぎディランに小杉がアフレコするなど、夢のWディラン共演が実現した。

(出典:Wikipedia)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?b=20070825-00000009-sph-ent

[PR]

《セゾン》が発行する《セゾン》プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード。プラチナメンバーだけの特別なご優待サービス!世界450ヶ所以上、国内15ヶ所で最高の歓びをプラチナメンバーだけにプレゼント。

中居正広 エピソード&プロフィール

中居 正広(なかい まさひろ、1972年8月18日 - )は、日本のタレント、歌手、司会者、俳優。男性アイドルグループSMAPのリーダー。所属事務所はジャニーズ事務所。血液型A型。愛称は「なかいくん」、「マーくん」、「マー坊」、「広ちゃん」など。「中井正広」、「中居政広」ではない(「中井正広のブラックバラエティ」ではわざと「中井」としている)。身長168cm?、足のサイズ24.5cm。(身長は笑っていいとも!で計測。)イメージカラーは青。


【来歴】
神奈川県藤沢市出身。男3人兄弟の末っ子(三男)。藤沢市辻堂二葉幼稚園、藤沢市立鵠沼小学校、5年生の時に藤沢市立明治小学校に転入、藤沢市立明治中学校、私立平塚学園高等学校中退、東京都立代々木高等学校定時制卒業。この高校で木村拓哉とは同じクラスで、同じバスケットボール部に所属する。

中居曰く、高校時代の中居は「ヤンキー派」で、木村拓哉は「チーマー派」。中ラン・ボンタン、潰した学生カバンなどのエピソードは、テレビやラジオなどでたびたび紹介される。

1987年3月にジャニーズ事務所へ入所。

ソロの仕事のメインは司会業で、1997年、1998年とNHK紅白歌合戦の白組司会を2年連続で務め、2004年には、フジテレビ系27時間テレビでナインティナインとともに司会は4年ぶりに務めたほか、TBSテレビ系アテネオリンピック中継の司会進行を久保純子とともに務めた。また1996年と1997年にもニッポン放送のラジオ・チャリティー・ミュージックソンを担当している。

1997年、1998年、2006年のNHK紅白歌合戦の司会を務め、男性の司会者ではNHKのアナウンサーを除くと加山雄三、堺正章、古舘伊知郎と並び最多タイの3回となった。

その他、紅白もそうだが、フジテレビFNSの日も1998年〜2000年、2004年、2006年と5年も司会を務めた。


【人物】
■小さい頃、ハンガーが下まぶたにひっかかったことがある(金スマより)。

■少年隊の東山紀之の家にTOKIOの城島茂と一緒に3人で住んでいた時期がある。

■ジャニーズ史上初のバラドル男と称される。堂々とTV(SMAPのがんばりましょうにて)でパンツ姿を披露したのも、ジャニーズアイドルでは中居が初めて。

■ライブではN・マッピーの名で作詞作曲の曲を披露する。全員で歌うために作詞作曲したものもある。

■ロック (ダンス)が得意である。

■熱狂的な巨人ファンとして知られ、特に原辰徳のファンとされる(「原監督に抱かれてもいい」などと笑いをとっている)。(SMAP×SMAPのコント「マー坊」の中などで見せた)野球選手のモノマネはミヤーン(元大洋)、八重樫(元ヤクルト)など。また、足首だけで野球選手を言い当てることができる。また、正岡子規が「ファースト」、「セカンド」などの野球用語を日本語にした(「一塁」、「二塁」)ことを知っている。

■1992年デビュー当初、プロ野球aiに「巨人原辰徳や、阪神掛布雅之に憧れた世代」をアピール。しかしわずか3週間前に阪神ファンの機関紙月刊タイガースで「湘南出身なのに熱烈なタイガースファンの中居です」「SMAPもよろしくお願いします」とコメントを寄せていたことがことが阪神ファンに発覚、雑誌の投稿コーナー(「VOW」)に投稿される。

■自分が出演したドラマの台本は、とっておいている(笑っていいとも!の発言より)。

■めちゃ2イケてるッ!の総監督などで知られている片岡飛鳥とは、半年に一回飲みに行く仲である。そこでの会話はほとんどが仕事についてである(雑誌より)。

■木村拓哉とともに3年B組金八先生第3シリーズの生徒役のオーディションを受けたが、落選している(その際、ジャニーズ事務所から合格したのは森且行、長野博)。

■たばこは普段プライベートなどでは吸っているがヘビースモーカーではない。毎年恒例のフジテレビジョン FNSの日深夜企画「さんま・中居の今夜も眠れない」のセットのテーブルには自分のたばこ・ライターは一応は置いているものの、2000年のコーナースタート以来一度も吸ったことがない。

■人と物(洋服や靴など)がかぶるのが嫌い。SMAPメンバー内でもよくかぶってしまうことが多く、有名なのはMUSIC STATIONのときに、木村拓哉と私服で全く同じブランドのGジャン・ジーパンがかぶってしまったという話。本人は誰かとかぶってしまったものは、それから一切着たり履いたりしない。


【特徴】
■愛車は、1996年6月から2000年12月まで販売されていたFY33型・日産シーマ。時々、自ら出演するTV番組で披露する事もある。

■スポーツ歴は野球とバスケットボール。

■RIP SLYMEのSUの姉と、DJ FUMIYAの兄(EAST ENDのバックダンサーTAKE)は小学校・中学校時代の同級生でその時よくTAKEの家に遊びに行っていた。また、うたばんではその当時の事をSUとDJ FUMIYAに暴露されていた。

■神奈川県(特に、茅ヶ崎方面)の人にみられる方言(語尾に「〜だべ」をつける。

■単語の語尾に「〜っち」や「〜っぴー」をつけることが多い(例:子供っち、彼女っち、地元っぴー(じもっぴー)など)。

■「オリコン・モニターサーチアンケート」の「司会をしてほしいタレント」、「帽子が似合うタレント」の男性部門で首位を獲得した。

■最新の家電製品が苦手。家では未だにVHSのビデオデッキを使っている。携帯電話も2006年4月に壊れて修理不能となるまで、12年間同じ機種(NTTドコモのPシリーズ。購入時期からデジタルムーバPと思われる)を使い続けていたほど。ただし、並行して使用していた2台目の携帯電話は当時の最新機種であった。

■主演映画「模倣犯」の宣伝で2002年6月14日放送のぐるナイゴチ3にゲスト出演した時、値段予想で矢部浩之から「お前アホやろ」、後輩の国分太一から「だから先輩だと思えないんです」と酷評される。しかし最終的にはピタリ賞100万円をゲット、最下位となった国分から「やっぱSMAPってすげーなぁ」と言わしめた。ちなみにこの出演以降は、日本テレビでのゲスト出演はない(ただし、日テレでのレギュラー番組はもっている)。

■フジテレビアナウンサーの中野美奈子と葛西臨海公園で撮影したプリクラ写真が雑誌に掲載されたことがある。その後、様々な憶測が飛び交い、事態を重く見たジャニーズ事務所は、中居との連名で、「不確かな情報を鵜呑みにしないように」とのコメントをHPで発表し、交際報道を否定した。中野の名前は一度も使われていない。中居自身の口からメディアで直接のコメントは、2007年2月24日の中居のラジオ(中居正広のsome girl' SMAP)のオープニングトークで結婚式を挙げたという噂を、ネタっぽく話して否定した。在京キー局を始め、スポーツ新聞などの大手メディアは全く報道していない。地方局では休暇日程の一致や同時期の日焼けなど、詳細な取材が進められている。

■かつて、交際の噂が報道された中澤裕子については、「うたばん」の中で、中居自らが中澤本人の目の前で、「オレたち付き合ってるんだって?」と、熱愛報道されたことがあることをジョークのネタにしている。

■帽子(癖毛が嫌なこと、無意識に前髪を息で「ふーふー」してしまうこと、セットするのが面倒臭いという理由でほとんどと言っていいほど被っている。冬はニット多め)・アクセサリー・リストバンド・時計等が好きで数多く所有している。

■普段からアンクレットを2つ身に着けている。テレビ出演の際も基本的に外すことは無い。片方は親戚の子供から貰ったと番組内で公言しているが、もう片方については一切語ろうとせずに、なぜかこの話題が終息に向かってしまう。

■視力が悪い(右目が0.1〜0.2、左目が0.09)。車を運転する時と家にいるときなどは、いつもメガネをかけている。仕事などではコンタクトはしていない。

■家には、鶏のから揚げと生姜焼きの食品サンプルがある。

■2003年に草野球中に右手の中指の先を骨折してしまい、右手の中指の先が曲がってしまう。ドラマ「砂の器」でピアニスト役を演じる予定で、撮影直前でのアクシデントとなっている。

■帽子は家に60個ほどある。

■「おっぱい」「チュー」などはよく言うが、本人は下ネタは嫌いである。(本人談)

■「びっくり」などの「っ」を「つ」にしたりする。(びつくり など)

■公称身長165cmとしているが、それより低いのではないのか、という身長詐称疑惑がよく流れている。しかし、2007年8月5日放送の笑っていいとも!増刊号で身長測定をしてみたところ、170cmあったことが判明。だが、ニット帽を被っていたので正確には170cmより低い。タモリによると「168cmはあるよ」ということで、165cmより低いどころか少し高いことが判明した。

(出典:Wikipedia)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?b=20070815-00000045-spn-ent

[PR]

19800円〜より変則ギア付きビーチクルーザーの完全オリジナルカラーをご用意しており、大胆な色使い等、遊び心のあるデザインも大きな特徴。これからの季節にぴったりのビーチクルーザーがそろってます。

中川翔子 エピソード&プロフィール

中川 翔子(なかがわ しょうこ、1985年5月5日 - )は日本の女性アイドル、マルチタレント(女優、声優、イラストレーター、歌手、ブロガー)。父はミュージシャン・俳優の中川勝彦。東京都出身。血液型A型。

ワタナベエンターテインメント所属。愛称は「しょこたん」(「王様のブランチ」で共演した金田美香にはブログ上で「ショコタス」と呼ばれている)。戸籍上の本名は中川しようこ(「しょうこ」ではない。経緯は後述。通名:薔子)。左利きである。

憧れの人はブルース・リー。アイドルとしては松田聖子、二次元ではベジータ、トランクス、セフィロス等をあげている。

漫画・アニメ好きで有名であるほか、プロボクシング観戦が趣味という。


【来歴】
■1994年、9歳の時に父親の中川勝彦が白血病にかかり死別。母親によって育てられる。

■2001年、ポポロガールオーディションでグランプリを受賞、デビュー。

■デビュー当初は、ジャッキー・チェン事務所に所属。

■後にMUSIC ON! TVの『夢ヶ丘レジデンス』では、ゲストのミドリカワ書房にジャッキー・チェンの写真集を渡されたが、「ブルース・リーの敵と思っていた」など(『燃えよドラゴン』での事と思われるが、上記の事務所に所属していたことがあり、後述の通り本人とも面識があるので意味深ともとれる)と発言した。

■2002年にミス週刊少年マガジン2002に選ばれる。

■2004年にフジテレビ系『考えるヒト』にスポット出演した際に卓越したイラスト力を見せつけ、2005年の序盤に番組をマイナーチェンジしたフジテレビ系『考えるヒトコマ』にレギュラー扱いで出演して出番を勝ち取った形となった。

■2005年5月から1年弱にわたって、TBS系『王様のブランチ』にレギュラー出演、これが一般的に知名度を上げるきっかけとなる。

■2006年7月にシングル「Brilliant Dream」でCDデビュー。オリコン初登場29位、初動6313枚。


【人物】
女優・漫画・歌・ブログなど多方面での活躍を見せていることから、単なるアイドルやタレントではなくマルチタレントと分類される。

アイドルにしては珍しくオタク方面に関する知識が深い。これは中川によると父の影響だという。中川勝彦は、当時5歳の翔子に「これを読まないと大人になれない」と言い、『ゲゲゲの鬼太郎』と楳図かずおの『赤んぼ少女』をいきなり全巻買って与えたりするような人物だったというエピソードもある。父親の教育の賜物からか、昔のアニメ、1980年代アイドルソング、及びレトロゲームなどに詳しい。ただし、自身の価値基準が非常に明快であるため評価する作品としない作品もはっきりしている。爆笑問題の番組に出た際、「『シティーハンター』って、面白いんですか?」などと発言したこともあり、ある情報番組で、松本零士の話題になったところ、「『ヤマト』なんて観たことないし、今さら、観たくも無い。」と発言した。

自身のブログであるしょこたん☆ぶろぐは圧倒的な人気を誇る。このブログでは普段の生活を報告している形になっている。圧倒的な人気を誇る理由としてはテレビやラジオでの親しみやすいキャラクターなども起因しているようである。

特撮ではスーパー戦隊シリーズに好きな作品が多く、中でも『未来戦隊タイムレンジャー』のタイムピンクことユウリをネ申と崇めており、当時後楽園ゆうえんちで行われていた戦隊ショーに徹夜で並んで最前列で見ていた過去を持つ。そして自身も2004年の『特捜戦隊デカレンジャー』第38話で念願のゲスト出演を果たした(なお、『地球戦隊ファイブマン』に子役で出演した事もある)。自身は、自分が芸能界に目を向けたきっかけは、父よりもむしろユウリを演じた勝村美香への憧れであり、グラビアの仕事をする際のお手本も勝村の写真集やDVDだと語っている。その憧れの人・勝村とは後に『メンB』で共演を果たし、今では妹分のように可愛がられている。

芸能方面では、ブルース・リーのファンでありカンフー映画に関する造詣も深い。広東語を習い覚えたり、母親と共に何度も香港を訪れたりもしている(広東語については実はすぐにやめてしまい、ほとんど分からないがハッタリでプロフィールに書き続けていると番組内で告白している)。ジャッキー・チェンとは香港旅行の際、チェンの経営するレストランで偶然出会って知り合いになった。本人の描いたイラストは香港のジャッキー・チェンの事務所に飾られている。また自分用のトラックスーツ(13歳の頃に祖父にねだって購入してもらい、現在は4着所持している)や自作のヌンチャク(ピンクのファー付き)まで所有する。また、松田聖子の大ファンである。このほかSOUL'd OUTやモーニング娘。やカントリー娘。のファンとしても知られ、ライブの観覧経験もある。

特技は漫画とイラスト。楳図かずおを崇拝し、漫画家を目指していた。準レギュラー出演の『考えるヒトコマ』(フジテレビ)では楳図かずお風の絵を描きその片鱗を見せている。また、2006年5月11日放送の日本テレビ系『ダウンタウンDX』でも一部が公開され、高く評価された。

2007年現在、オフィシャルサイトで漫画『SHOCOTAN☆QUEST』を連載中。また芸能界入りした後も諦めずにイラストを描いていることを買われて、集英社『週刊少年ジャンプ』2006年13号から読者投稿コーナー「ジャンプ魂」のメンバー(投稿選考者)になっている。

料理は苦手であり、2005年8月に出演した『恋のエプロン』(テレビ朝日)のスペシャル版で、10年ぶりに立つキッチンで作ったロールキャベツは審査員を絶望させる出来であった。それがきっかけとなり、11月には引き続いて『愛のエプロン』にも出演したが、ここで作った「シュークリーム & コーヒーゼリー」もやはり散々な出来で、ランキングもこの日のエプロンガールズの中で最下位となった。

2006年6月頃には胃腸虚弱を告白しており、その件の際には深刻そうな表情やギャグめいた流れに本人自体が持っていくこともあった。

2006年11月25日の自身のブログにおいて、Wikipediaに関する話題にふれ、Wikipediaめぐりを楽しんでいることを明らかにし、特にオタク系の記事の充実ぶりを高く評価した。また、Wikipedia・Wikiと称されるシステムは、個々の文書が高度に連携した文書群を作成しやすいという特徴があるが、この点に対しても関連人物から飛ぶとキリがないと発言し一定の理解を示している。なお、「自分の項を無茶苦茶にしたい」とも冗談めかして語っている。

蝉の抜け殻の収集が趣味(集めた抜け殻は髪の毛にくっ付けて遊ぶという)であるとブログで公言したことから全国のファンより多くの蝉の抜け殻が送られてきたという。2007年2月24日放送の「未来創造堂」ではそのコレクションの一部をスタジオに持ち込んだ。

2007年3月14日に関西地方で放送されたマルコポロリ!という番組での占いコーナーで、中川翔子は将来は恵まれた人と結婚して幸せになれると予言されていた。

2007年7月14日放送の『ドッカ〜ン!』(TBS系)の「リヤカー先生」のコーナーで、不法投棄されたある雑誌の「小悪魔度チェック」というコーナーでは、小悪魔度が100%となった。


【コスプレ】
また、大のコスプレ好きとしても知られ、オークションを利用し服を買い込んでいる(主に『新世紀エヴァンゲリオン』・『ファイナルファンタジー』・『美少女戦士セーラームーン』など)。この趣味はグラビアアイドルとしての彼女の活動にも役立っている。

コスプレは1人ですることが多いが、自宅に友人の伊藤彩華や喜屋武ちあきが来たときには一緒にしている事が確認されている。その際、中川が長髪、伊藤または喜屋武が短髪のキャラクターを担当する事が多い(例えば『セーラームーン』の場合、中川:うさぎ、伊藤:亜美、『エヴァンゲリオン』なら中川:アスカ、伊藤:レイ、『プリキュア』なら中川:ほのか、伊藤:なぎさ…となる)。コスプレした日のブログの更新数は決まって普段より多い。また、ブログでは母と共にコスプレしている姿も披露されている。

2006年5月30日放送の『カスペ!』の『フジ銀行 芸能人査定係』で、『課長島耕作』も好きである事が判明し、司会をしていた青木さやかに「渋いねぇ」と言われていた。また同番組内で「趣味に関してはお金に糸目は付けない」と言っていた為、漫画やコスプレ衣装購入にかなりのお金を使っていると思われる。しかし、TVゲームを購入するかどうかは少し迷うようである。

2006年10月4日放送の『個人授業(プライベートレッスン)〜正しい和田アキ子の作り方〜』に講師役で出演した際は、冒頭から『涼宮ハルヒ』のコスプレでアニメのエンディングを踊りながら登場。ハルヒになりきった不遜な態度で「ヲタク学」を熱く語り続け、生徒役の和田アキ子を終始たじろがせていた(中川の「そんなのも知らないの?あんたバカ?」という発言に、和田は小声で「しばいたろか」とつぶやいている)。中川は更に『エヴァ』のミサト(本人が撮影したというビデオ映像)、『おジャ魔女』のどれみ、『ドラゴンボール』のベジータのコスプレを披露し、最後は和田にもコスプレをさせて中川:アスカ、和田:レイのツーショットをやってのけ、演技指導まで行った。

2007年2月26日放送の『浜ちゃんと!』にゲスト出演した際は、自前のトラックスーツを着用してブルース・リーのコスプレを披露。浜田雅功をカメラマン役にして「死亡遊戯」の名シーンを再現した。

また2007年の「世界コスプレサミット」では世界コスプレ親善大使を務め、外務省を表敬訪問している。


【ブログ】
2004年より公式ブログ『しょこたん☆ぶろぐ』の運営を開始し、2006年4月には総アクセス数が1億ヒットを突破するほどの人気を博している。凝り性の性格と、自身でもインタビューで認めているようにメモ帳代わりの感覚で書き込むことから更新頻度が極めて高く、また上記の各項目からも想像できるように、文中にオタク的な記述も非常に多い。2005年4月には1ヶ月600更新を記録し、自身の2ndシングル「ストロベリmelody」の発売日である2007年2月14日には1日の最多更新記録を87にまで伸ばした。おそらくアイドルのブログとしては更新回数の日本記録であろう。眞鍋かをりが“ブログの女王”と呼ばれていたのにちなみ“新・ブログの女王”と呼ばれるようになった。好評を博し、2005年9月にはブログの内容をまとめた同名の書籍『しょこたん☆ぶろぐ』がゴマブックスより刊行された。

過去にゲームの画面が掲載されたりなど著作権や個人情報保護法にに抵触する可能性のある記事も目立ったが、現在それらは削除されていて、最近は他のアイドルの写真集やゲームのパッケージなどもちゃんと肖像権に配慮して顔や絵が写らないようにして画像を貼っている(なお、更新数の多さや本人のオタク度、ブログの書籍化などから目立っているが、これらは通常のブロガーにも、まま見受けられる行為である。なお歌詞の著作権問題に関しては日本音楽著作権協会の項参照)。

2004年9月頃より、まだ開設間もないニュース速報(VIP)板で彼女のオタクな趣味やアイドルとは思えないイラストなどが注目を集め板のアイドルとされ女神的存在に祭り上げられた。そのため、ブログの文にVIP語の使用や、写真に内藤ホライゾンのマネ「⊂二二二( ^ω^)二⊃」が見られるようになった(但し、これらの語をメディアなどではVIP語ではなく「しょこたん語」として紹介されている)。

24時間テレビ出演後、アクセス数が増加したのに伴い、アダルトサイト、業者系、芸能ネタ関係のトラックバックスパムが相継ぎ、更新もままならない状態(題名が「non title」になる、送ったのに反映されないなど)になったためか、トラックバックが閉鎖され、ブログではなく公開日記帳形式になった。現在、ファンからリアルタイムにメッセージを伝えるには、携帯のゲストブック(有料)のみとなっている。

2007年2月、ブログの総アクセス数が5億件を突破した。


【猫】
撮影中に見つけた捨て猫を拾ってしまう程の猫好き。現在3匹の猫をペットとして飼っている。

■ちび太(オス、ブチ)
『きょうの猫村さん』に出てくる猫村ねこに似ていることから「猫村」とも呼ぶ。
■マミ(メス、キジトラ)
『魔法の天使クリィミーマミ』から命名、「マミタス」「マミトシ」「mmts」「マミたん」とも呼ぶ。
■ルナ(オス、黒)
『ドットシティ Presents 中川翔子 しょこたうん』内にて『美少女戦士セーラームーン』の黒ネコより命名。

このうち特にマミタスを溺愛しており、ブログにも頻繁に登場する。その愛らしい姿に「マミタスファン」も多い。テレビ番組や雑誌への出演経験もあり、2006年8月には写真集『ギザ☆マミタス!!』も発売。ブログ内で度々行われる「グッドスメル」(飼猫の大事な部分に鼻を当ててかぐ)という行為も、その溺愛ぶりとして有名である。また、マミタスに関しては飼い主のコスプレに付き合わされているが(特に『美少女戦士セーラームーン』のルナ役として)、最近黒ネコの「ルナ」にその座を奪われている。


【本名】
自身の著書の『しょこ☆まにゅ』によると、母親が彼女を出産したときは母子ともに危険な状態であったために入院し続ける必要があり、区役所に名前を届けにいくことができず伯母に代わりに区役所に行ってもらったという。本名の「中川しようこ」は、伯母が妹の娘の名前を「薔子」として区役所に提出しようとしたが、「薔」の字が常用漢字及び人名用漢字でなかったため受理されず憤慨、怒りのあまりその場でひらがなで「しょうこ」と書き殴って提出した事による。本来の意図としては「しょうこ」だったが、当時のミスで「ょ」と「よ」の区別が付かず戸籍上「しようこ」と登録された。この事を彼女が知ったのは、成人になってからである。手書きでは「しよ」が融合してしまい「はうこ」と書かれることがある。

ネット上では『はうこ』と呼ばれることもあるが、本人も悪くは思っていないようである。

(出典:Wikipedia)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?b=20070807-00000023-dal-ent

[PR]
中川翔子/cutie attack

中川翔子/cutie attack

長瀬智也 エピソード&プロフィール

長瀬 智也(ながせ ともや、1978年11月7日 - )は、日本の男性アイドル・俳優・タレントでありバンド形態のアイドルグループTOKIOのボーカルを務める。 所属事務所はジャニーズ事務所、所属レコード会社はユニバーサルミュージック。 横浜市青葉区出身。血液型はO型。身長185cm。(公式サイトによる情報)。

テレビドラマ『白線流し』、『ムコ殿』、宮藤官九郎脚本のドラマ『池袋ウエストゲートパーク』や、『マイ★ボス マイ★ヒーロー』などの主演で知られる。


【来歴】
1993年
■連続テレビドラマ『ツインズ教師』でドラマ初出演を果たす。

1994年
■9月21日にTOKIOのボーカルとして『LOVE YOU ONLY』でCDデビューを果たす。

1997年
■Tomoya with 3T 『ETERNAL FLAME』でソロデビュー。
■ドラマ『白線流し』で、定時制高校に通う青年(主人公)役を演じ、認知度を高めた。

2001年・2002年
■2001年、ソウル(映画)で映画初出演を果たす。また、この映画での自身の演技が認められ、2002年に第15回石原裕次郎新人賞を受賞した。

2006年
■自身が主演した『マイ★ボス マイ★ヒーロー』が最高視聴率23.2%を記録。平均視聴率は18.9%を記録した。最高、平均視聴率ともに自身が主演したテレビドラマの中で最高視聴率を記録した。


【人物】
■宮藤官九郎脚本の連続テレビドラマ『タイガー&ドラゴン』では昼は落語家、夜はヤクザの役を演じて落語ブームのきっかけを作った。また、このドラマは、2005年年間ドラマ満足度ランキングで2位にランクインした。ドラマの影響で、長瀬自身も落語にはまり、2006年1月1日放送の『大笑点』では三遊亭楽太郎の指導の下、初天神を演じきった。

■TOKIOではヴォーカルの他にギター、ブルースハープも演奏する。作詞・作曲・編曲を自ら手がけることもあり、シングル曲「明日を目指して!」の他にも、アルバムには「SONIC DRIVE!」「グルメファイター!」など、ハードな曲が収められている。

■長瀬曰く、「何事も自分らしく、格好つけず自然体」が自身のモットーであると公言している。

■フジテレビ月9史上最年少主演者(19歳2ヶ月)であり、連続テレビドラマの出演が数多い。シリアスからコメディまで役の幅が広く、特にダイナミックな演技に定評がある。

■自身が主役を務めた日本テレビの『マイ★ボス マイ★ヒーロー』では長瀬の個性を十分に生かした演技を発揮し、幅広い層からの支持を得た。このドラマのストーリーによって歴代の「ドラマ 高世帯視聴率番組」コメディ部門で第15位にランクインされた。また、夏ドラマ(7月〜9月期)のドラマ満足度ランキングでは2位に、2006年年間ドラマ満足度ランキングでは9位にランクインした。

■KinKi Kidsの2人とは、幼少の頃より親しく接している。堂本光一について長瀬自身、「光一は仕事をしていくうちに、自分の中にたまった埃をぽんぽんと払ってくれる存在」と発言しており、またお互いに最も親しい仲であると公言している。

■幼少のころからカートに乗り、小学1年からサッカー、スケボーを始める。中学ではサッカー部に所属。やりすぎたせいか、スケボーとサッカーで、少年時代だけで13回もの骨折を経験している。現在は、草サッカー&フットサルで数チームに所属している。

■ハードロック、ヘヴィメタル好きだと公言。R&Bが古くはディープ・パープルやラモーンズから、レッド・ホット・チリ・ペッパーズやフー・ファイターズまで。TOKIOのヴォーカルとしての自身の音楽性にも影響を与えた。

■ファッションはアメカジが中心で、ビンテージもの、古着が中心。自分で独自もデザインも手がける。

■2006年夏の初めてのライブハウスツアーを収録したDVD『TOKIO GIGs 2006』では、自身で監督・編集を手がけた。印象的な映像はIWGPを撮影したカメラマンによる。


【参加ユニット】
■SMAP学園
■J-FRIENDS
■TOKIO

(出典:Wikipedia)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?b=20070715-00000003-sanspo-ent

[PR]

三井住友銀行グループのさくらカードは、世界190の国と地域、1,222万店で使える便利なJCBカード!JCB加盟店でお得にショッピングができたり、JCBトラベルで役立つ情報が満載です。

夏川 りみ エピソード&プロフィール

夏川 りみ(なつかわ りみ、1973年10月9日 - )は沖縄県石垣市出身の歌手で、本名は兼久 りみ(かねく りみ)。旧芸名は星美里。
所属事務所は三井エージェンシー→フリー(ビクターエンタテインメント預かり、2007年1月〜)


【概要】
■幼少期から父親に連れられて各地ののど自慢大会に出場して主に民謡を歌い多数の賞をもらう生活だった。そのためねたみから地元でいじめにあうことが多く、早く石垣島を出たかった。中学時に上京、田辺エージェンシーに所属。堀越高等学校に入学し、ポニーキャニオンから演歌歌手星美里としてデビュー、ぱっとしないまま、一時帰郷し、姉の飲食店を手伝ったりラジオのアシスタントをして、再デビューした。

■『涙そうそう』で一躍有名となり、それ以降、「童神〜ヤマトグチ〜」、「ココロツタエ」、「愛よ愛よ」などのヒットを放つ。堀越高校卒業で、SMAPの稲垣吾郎とは高校の同級生(修学旅行で一緒の班だった)。

■現在では沖縄県出身であることを再認識し、沖縄関係のコンサートへの出演が多く、また沖縄関係の雑誌にコラムが載ることが多い。

■天性の歌声と実力がありながら、リリース曲の多さの割にそれらが生かされた曲にそれほど恵まれてはいない、という評価も多い。

■最近では、特に「涙そうそう」を歌うときなど、三線を弾きながら歌うことも多い。


【特徴】
■歌う時、手話のような振りをする時がある。「童神」での赤ん坊を抱く様子や、「さようなら ありがとう」での“笑ってね”という歌詞に合わせた“笑う”という手話、など。2006年の紅白歌合戦で「花〜すべての人の心に花を〜」を歌唱したときも、歌詞にあわせて手話を行なった。

■コンサートなどでは鼻緒付きの履物を履いていることが多い。沖縄の特産品であるおとひめサンダルを履いていることが多い。


【涙そうそう】
オリコンシングルチャートトップ100登場の歴代2位(2005年10月24日付現在で147週ランクイン)、オリコンカラオケチャートで37週1位(2005年11月14日付現在、ただし連続ではない)を記録しているロングセラー。

BEGINが歌っているのを耳にした夏川が、自身も歌いたいと申し出た。偶然にも、BEGINのメンバーと夏川の姉が同級生であったことも幸いし、BEGINも快諾したことから夏川の歌手人生が大きく変わりだした。

(出典:Wikipedia)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?b=20070514-00000005-ykf-ent



[PR]
☆★☆新規お申込みの方15〜18%!!☆★☆

◎こんなに便利なライブドアクレジット◎

☆使い道は自由!

ご利用使途はお客様のライフプランは併せてご利用下さい。

☆パート・アルバイトの方でもOK!

20歳以上の方で定期的な収入のある方であればお申込出来ます。
もちろん自営業の方やご主人がお勤めに出られている主婦の方でもお申込み
できます。

☆会員の方にはお電話1本でお振込!

ご契約後もお電話一本でご登録頂いたお口座へお振込いたします。

★お申込みはココ★
http://ad.affipa.ne.jp/LK00078066/PS00026557/click.cgi
あのライブドアのクレジットサービスです!
[PR]

成海璃子 エピソード&プロフィール

成海 璃子(なるみ りこ、本名:塚本璃子1992年8月18日 - )は、神奈川県出身の女優、ファッションモデル。研音所属。

血液型O型。趣味は読書、特技はピアノ・三線。


【略歴】
■1997年(平成9年) セントラル子供劇団に入団。

■2000年(平成12年)7月 『TRICK』で少女時代の山田奈緒子役でドラマデビュー。2002年のトリック劇場版では、南川の娘琴美を演じている。

■2004年(平成16年) 研音に移籍。

■2005年(平成17年)4月 ドラマ『瑠璃の島』で初主演を果たす。

■2007年(平成19年)4月 『神童』で映画初主演を果たす。


【人物】
■デビュー当時は本名の「塚本」で活動していたが、現在は芸名である「成海」で活動している。

■演技を「キャッチボール」と捉え、「私の唯一の表現」と語っている。役に自分を重ね合わせることはないという。

■女優の他にモデルとしても活動し、様々な雑誌に出ている。

■各雑誌·映画の公式サイト等で「大人びている」と評価されることが多く、実年齢より年上の役を演じる事も多い。

■将来は「幅広い演技の出来る女優」を目指している。また「映画では海外の作品にも出たい」「舞台やコメディもやってみたい」などと、幅広い方向に興味を示している。

■幼い頃からピアノを習っているためピアノが上手い。しかし、彼女主演の映画『神童』では「小学生の時に辞めてしまったので、勘を取り戻すのには苦労した」と語っている。三線はドラマ『瑠璃の島』への出演がきっかけで習い憶えたものだが、2007年の『瑠璃の島 SPECIAL 2007』では、三線を弾きながら歌うシーンが見られるほど上達した。

■2007年1月5日の『ズームイン!!SUPER』で、初恋は「幼稚園の頃」、「好きな男性のタイプは?」との質問には、「今はジョニーデップが好き」と答えた。

■初主演のドラマ『瑠璃の島』の主題歌がコブクロの『ここにしか咲かない花』であったために、コブクロのライブにはよく行く。また、コブクロの『Million Films』を基にして作った同名の
ドラマにも主演している他、『桜』のCMに出演するなどコブクロとは縁がある。

■ラジオ、インタビューなどでは椎名林檎のファンである事をたびたび公言している。「カラオケでも林檎さんだけでずっと歌い続けられる」と言う程の熱狂的なファン。

■普段は運動不足であると言い、水泳も苦手である。

(出典:Wikipedia)


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?b=20070423-00000013-oric-ent

長澤まさみ エピソード&プロフィール

長澤 まさみ(ながさわ まさみ、本名同じ、1987年6月3日 - )は、静岡県磐田市出身の女優。

東宝芸能所属。堀越高等学校卒業。身長168cm。血液型はA型。愛称はまぁちゃん、まっさん。父親は元ジュビロ磐田監督の長澤和明。


【経歴】
■第5回(2000年度)東宝「シンデレラ」オーディションに応募。35,153人の中から史上最年少の12歳でグランプリに選ばれ、芸能界入り。同年公開の『クロスファイア』でスクリーンデビュー。後年、本人は「シンデレラになったらすぐに有名女優になれるのかと思っていた」と語っている。その後ティーン雑誌『ピチレモン』の専属モデルとなる。

■2002年にヤマザキナビスコのCMに出演。これが好評で長澤の名前をまだ知らない人向けに雑誌やテレビでは「ヤマザキナビスコのCMに出ている美少女」と表現されることがこの頃多かった。

■2003年には『ロボコン』に出演。初主演作品でもあるこの作品は、やる気のない女子高専生が、ロボコン大会を通じて自立して行くと言う青春映画である。この作品により、第27回日本アカデミー賞新人俳優賞等を受賞。本人はこの映画を通じて演技に目覚めたとの事で、今もなお最も好きな作品に挙げている。

■同年公開のゴジラシリーズ第27作『ゴジラ×モスラ×メカゴジラ 東京SOS』、及び翌年のシリーズ最終作『ゴジラ FINAL WARS』では、同じ第5回東宝「シンデレラ」オーディションで審査員特別賞に選ばれた大塚ちひろと小美人役で共演し話題を呼んだ。『ゴジラ×モスラ×メカゴジラ 東京SOS』のサウンドトラックCDには、大塚と2人で歌った『モスラの唄』が収録されている。

■2004年には、社会現象となった興行収入85億円の大ヒット作『世界の中心で、愛をさけぶ』(以下セカチュー)にヒロインとして出演。白血病で逝く薄命の少女役を演じる。なお、この作品により、第28回日本アカデミー賞最優秀助演女優賞(すべての部門中史上最年少)等多数の映画賞を受賞した。また、役作りのために髪を剃り上げてスキンヘッドにした。

■『セカチュー』と同時期に公開された松竹作品『深呼吸の必要』を経て、『タッチ』『ラフ ROUGH』に主演した。最新主演作『涙そうそう』は興行収入30億円を超えた。

■2005年には各方面で話題を呼んだ『ドラゴン桜』に、2006年には大河ドラマ『功名が辻』に出演。同年秋には、かつて薬師丸ひろ子が主演して記録的大ヒットとなった映画『セーラー服と機関銃』のリメイクとなる連続ドラマに主演し、同名の主題歌を「星泉」名義で発表した。

■2006年3月にはオリコンスタイルにて「今最も輝いている女優」ランキングで1位を獲得。また、映画雑誌『キネマ旬報』では「若手映画女優でトップに位置する」とも評された。

■1952年からの歴史がある『東宝カレンダー』の表紙を、2005年から3年連続で飾っている。


【人物・エピソード】
■人見知りをするため、大勢の人がいるところではあまり話さなくなる。

■父は元サッカー日本代表MFで、ジュビロ磐田初代監督としてJリーグ昇格に貢献し、現常葉学園橘高サッカー部監督の長澤和明。長澤本人は小さい頃はサッカーが嫌いだった(詳しくは長澤和明の項目を参照のこと)が、第84回全国高等学校サッカー選手権大会に初出場した常葉学園橘高のサッカー部員へミサンガを送った。

■映画『世界の中心で、愛をさけぶ』の撮影が主に香川県で行われたため、2004年11月に「香川かがやき大使」に就任し、2005年8月から11月までJR山手線で車体広告電車が運行された。

■皮膚が薄くしわが目立ちやすいと言われることがある。しわに関して、「笑うと奴らは至る所に出てくる」 と自身のHPで語っているが、「チャームポイントの一つだと思っている」とも述べている。

■自身のバストの大きさには以前から自覚がある模様で、『学研BOMB』2003年10月号のインタビュー記事で、「まぁ、お母さん譲りでおっきいほうかなぁ」と語っている。

■理想の男性は、自分と目線が同じ位の人。これは価値観が似ていると言う意味ではなく、文字通り「同じ高さの身長」と言う意味。綺麗な靴を履いて夜の公園を散歩するのが夢。坊主頭がいい。また好きな異性のタイプは“ひげのある男性”と言っていたこともあるが、2006年夏の甲子園で全国を沸かせた斎藤佑樹投手がお気に入りらしく、新CMの告白は「ハンカチ王子を意識した」と話し、メディアを沸かせた。

■東宝「シンデレラ」オーディションに応募したきっかけは、母親とその友人が優勝賞金100万円に惹かれたため。父の教え子・中山雅史の夫人である生田智子(彼女も東宝所属)からも勧めがあったという。なおグランプリを受賞した際、自身も賞金の使い道を色々と考えたが、母親が使い道を決めたため、本人は使っていない。後に親孝行と考えたものの、「流石にがっかりした」と『メレンゲの気持ち』に出演した際に語っていた。

■岩手県で開催された、オシャレな髪型を決めるコンテストで2006ベスト・ヘア賞(グランプリ)を獲得した際、「ナスビのへたをイメージした」という髪型で登場。地元メディアから「岩手の人にメッセージを」とマイクを向けられた際、「ナスビヘアーを流行らせてください」と答えた。

■2006年10月発売の雑誌『日経エンタテインメント!』でのインタビューにおいて、好きなアーティストはYUI、尾崎豊、スキマスイッチ、なお、『僕らの音楽』(フジテレビ、2006年12月8日放送)でスキマスイッチと対面し、古くからの曲も聴いている事を含め告白していた。

■スキマスイッチの大ファンで、『ラフ ROUGH』のスキマスイッチ生ライブ付試写会では、シークレットゲストとして、登場。舞台袖裏で、このライブを聞いて感激。二人に会うなり、「大好きです!」を連発。

■好きな映画は『パッチギ!』(『タッチ』公開時に行われたムービーウォーカーのインタビューでは『ジョゼと虎と魚たち』を挙げている)

■目標の女優は松たか子であると語っている。

■『やべっちFC』(テレビ朝日、2007年1月1日放送)で、中山雅史から小学校1,2年生の頃に求婚されたと語った。のちに中山は生田智子と結婚したが、長澤はかなりショックだったらしく「大人ってうそつき」と思ったという。

■視力が悪いため、小学5年生の頃からコンタクトレンズを使用している。

(出典:Wikipedia)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?b=20070601-00000003-ykf-ent

[PR]
長澤まさみ

長澤まさみ

中田カウス・ボタン エピソード&プロフィール

中田カウス・ボタン(なかたかうす・ぼたん)は、漫才コンビ。吉本興業大阪所属。コンビ結成は1969年3月。

なんばグランド花月劇場(NGK)で大トリをとる大御所である。


【略歴】
二人の出会いはカウスがアルバイトをしていたバーの常連客がボタンであった事から。日に日に仲良くなった頃カウスからボタンを誘いコンビ結成。

その後は遊園地やストリップ劇場などで漫才を披露。漫才・ネタの特徴としては、カウスの、ボタンの私生活や過去を引き合いに出しておちょくる(からかう)ようなボケと、それに対するボタンのノリツッコミ。漫才師はコンビで揃いのスーツを着ることが定番だった時代に、はじめてジーパンとトレーナーで演じたことで有名。

若手の頃はアイドル並みの人気を博した。ネタ作りも当時の女子高生にウケるネタを研究して作るなど、若者にターゲットを絞った漫才を発表し続ける。現代では当たり前のように存在するアイドル漫才師のパイオニアと言える存在であった。


【メンバー】
■中田カウス(なかたかうす、本名:野間 勝道、1949年6月29日 - )
ボケ担当。愛媛県今治市(旧越智郡伯方町)出身。2002年からM-1グランプリ決勝戦の審査員を務めている。予選からずっとチェックしており、2005年は1回戦から舞台袖ではなく、客席側からチェックしているのが目撃されている。
ひょうひょうとした語り口でボタンに毒舌を吐くのが特徴。「悪戯の帝王」の異名を持ち、ターゲットになった芸人は浜田雅功から人生幸朗まで幅広く、ターゲットとして一番狙われたのは坂田利夫である。
故横山やすし、オール巨人、チャーリー浜と並ぶ弟子育成の厳しさで知られるが、私生活のだらしなさから「弟子には厳しいが自分には甘い」と非難を受けることもある(借金問題が表面化し、芸能活動を自粛する事態に追い込まれた時期もある)。
投機で成功した時期があり、その頃は『金持ちで真っ当な』カウス、『貧乏で犯罪者チックな』ボタンというパターンでボケを担当していた。現在でも、『金持ち』は抜いたが、真っ当そうに見えて不思議なボケを使う。
芸人論には一家言ある。1980年代後半に上岡龍太郎を中心として『楽屋を垣間見せる』という演出が多用されたが、『芸人が見せてはいけない部分』と論じて、痛烈に批判した。
ビートたけしとも親交が深く、たけし司会の番組でしばしばゲスト出演する。カウスは「おじさん」とよび、たけしは「あんちゃん」と呼び合う仲。
2004年に桂三枝・笑福亭仁鶴・西川きよしら年上の芸人を押しのけ初の吉本興業特別顧問に就任(2007年に同職辞任)。

■中田ボタン(なかたぼたん、本名:藤長 明、1948年4月12日 - )
ツッコミ担当。香川県小豆郡出身。若手時代はアイドルタレント並みの人気があったが、私生活上で主に借金や逮捕を原因とした様々な伝説(借金を完済し、暫くは借りる必要がなかったのに、今後の『張り』のためにわざわざ会社から借金をした、など)を形成。結果としてその多くが今日のネタの基となっている。
1988年10月27日、同年4月23日に大阪府藤井寺市内で山口組系暴力団の開いた賭博に客として加わっていた事がわかり、賭博容疑で逮捕された。ボタンは容疑事実を全面的に認めたため同日夕方釈放されたが、しばらく謹慎処分となった。ここから、謹慎処分で借金漬けのボタンを、裕福なカウスが笑う、というパターンが生まれた。
あまりの借金伝説のため、かつて明石家さんまが、斉藤由貴の「卒業」の歌詞「制服の胸のボタンを〜」を「生活苦の中田ボタンを〜」と替え歌で歌っていた。
漫才のネタでは「嫁さん」と「奥さん」が一人ずついるらしい(カウス談)
また若手の頃浜田雅功はボタンのツッコミを舞台の袖から見て勉強していた。


【中田カウスのイタズラ伝説】
■毛布事件〜ある日の飛行機で人生幸朗と乗り合わせたカウスは、人生幸朗が寝ているスキに飛行機に備え付けてあった毛布を人生幸朗のカバンの中へこっそりと入れた。その後、深夜3時頃に人生幸朗宅へ「航空会社の者ですが、うちの毛布が無くなったのですが…」という電話を入れる。「こんな時間に相手を誰だと思って電話してるんだ!」と怒った人生師匠だが、カバンの中を調べると本当に毛布が入っており、一転して平謝りしだした。

■メガネ赤塗り事件〜昼寝中の人生幸朗のメガネのレンズを赤のマジックインキで塗りつぶし、カウスは耳元で「火事や!」と叫ぶ。目を覚ました人生幸朗は目の前が真っ赤な上に強度の近眼だったので何がなんだか分からず、慌てふためく一方だった。

■浜田縛りつけ事件〜素っ気無く漫才をしていた浜田雅功を舞台の淵にガムテープで縛りつけ、次の自分たちの出番までそのまま浜田を放置した。

■首吊り事件〜当時住んでいたアパートにあった木に、深夜にこっそり縄をくくりつけ、マネキン人形の首をそれに引っ掛けておいた。暗闇の中からそれを見たアパートの管理人は腰を抜かし、庭にあった池へ落ちてしまった。

■今いくよ・くるよ事件〜テレビ局のプロデューサーを装い、今いくよ・くるよに「一生懸命に漫才の稽古している姿を撮りたいので、正月海辺で晴れ着を着て稽古していて下さい。」と電話。実際に晴れ着で稽古をしていたいくよ・くるよを船に乗って見て笑っていたという。

■ホテルプラザ花火事件〜かつて大阪福島の朝日放送横にあったホテルプラザの一室で愛人と花火を打ち上げスプリンクラーと非常ベルが作動し大騒動となった。


【師匠】
■師匠に付かずに独自の活動をしていた頃、カウスのアルバイト先のバーに客として現れた中田ダイマル・ラケットと親しくなり劇場に招待される。劇場での中田ダイマル・ラケットの姿に感動し弟子入りする事になる。
一般に中田ダイマル・ラケットとされるが、正しくはその弟子の
中田アップ。前名の中田チャック(相方は中田ファスナー)時代に吉本の専属になり、道頓堀角座のトリから外された師匠を憂い、師匠を吉本に移籍させた張本人。相方は中田ダウン。既に引退。

■あまり有名でないためか、通常カウス・ボタンの師匠は大師匠で名付け親でもあるダイマル師とされている。ボタン自作HPでも、師匠はダイマルと明記されている。

(出典:Wikipedia)


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?b=20070428-00000082-sph-ent

中村獅童 エピソード&プロフィール

二代目 中村 獅童(にだいめ なかむら しどう、昭和47年(1972年)9月14日 - )は、歌舞伎役者、日本の俳優。本名、小川 幹弘(おがわ みきひろ)。日本大学芸術学部卒業。「獅童」は父・小川三喜雄の俳優時代の芸名で、祖父三代目中村時蔵の俳号に由来する。


【家系】
歌舞伎の名門・小川家(旧播磨屋、現・萬屋)に生まれる。同業者の親族が多いことが一般的な歌舞伎役者の中でも特に、豊富な人脈・背景も含めて恵まれている。

・曽祖父 中村歌六(3代目)
・従伯父 中村吉右衛門(初代)(播磨屋)立役 六代目菊五郎と「菊吉」と並び称せられた名優 中村吉右衛門劇団創始者
・祖父 中村時蔵(3代目)(播磨屋)女方
・従叔父 中村勘三郎(17代目)(中村屋) 文化勲章
・伯父 中村歌六(4代目)(播磨屋)立役
・伯父 中村時蔵(4代目)(播磨屋)女方
・父 初代中村獅童(播磨屋) - 本名の小川三喜雄でも活動。ある俳優に羽二重を投げつけて歌舞伎を辞める。
・叔父 萬屋錦之介(萬屋)
・叔父 中村嘉葎雄(萬屋)
・従兄弟 中村歌六(5代目)(萬屋)立役
・従兄弟 中村歌昇(3代目)(萬屋)立役
・従兄弟 中村時蔵(5代目)(萬屋)女方
・従兄弟 中村錦之助 (2代目)(萬屋)立役 信二郎
・従兄弟違 中村勘三郎(18代目)(中村屋) 勘九郎
・はとこ 中村七之助(中村屋)
・はとこ 松本幸四郎(9代目)(高麗屋)立役
・はとこ 中村勘太郎(中村屋)
・はとこ 中村吉右衛門(2代目)(播磨屋)立役 日本芸術院会員
・はとこの子 松たか子 女優
・はとこの子 市川染五郎(7代目)(高麗屋)立役
・妻 竹内結子 女優


【歌舞伎】
1981年、8歳で歌舞伎座にて初舞台を踏む(萬屋3人(歌六・時蔵・歌昇)の襲名興行。『妹背山婦女庭訓』)。当初から二代目中村獅童を名乗る。1983年『春日局』竹千代役で松竹社長賞を受賞し脚光を浴び、1996年『狐狸狐狸ばなし』おそめ役で歌舞伎座賞を、翌年には「歌舞伎の見方」解説にて国立劇場特別賞を受賞、2003年に『義経千本桜』『毛抜』にて初の主演を務める。


【映画】
映画では、オーディションで採用された『ピンポン』(2002年)のドラゴン役で、ブルーリボン賞、ゴールデン・アロー賞、日本アカデミー賞、日本映画批評家協会賞、毎日映画コンクールの各新人賞計5冠を受賞。さらに、『阿修羅のごとく』(2003年)の興信所所員役(日本アカデミー賞優秀助演男優賞受賞)、『アイデン&ティティ』(2003年)でのロックバンドのヴォーカル、『赤線』(2004年)では色街のならず者、『いま、会いにゆきます』(2004年)では妻を亡くし息子と静かに暮す男と、一作ごとに異なる役柄を演じ分け、そのイメージを刷新し続けている。『いま、会いにゆきます』で竹内結子と夫婦役で共演し、そのまま本物の夫婦になった。(2006年10月、妻・竹内結子からの離婚協議を求める書面が送付され、竹内結子とは既に別居状態である。)


【音楽】
一曲だけ参加したものも含め、現在4枚のCDを出している。また、日大芸術学部在籍時にはアマチュアバンドを結成しており、前述の映画『アイデン&ティティ』もバンド活動をしていた頃の経験が生きている。

1990年代に、お姐ちゃんトリオ・団令子の息子である団優太と「UNIT33」を結成。

他にも、元LUNA SEAのベーシスト・J、元JUDY AND MARYのギタリスト・TAKUYA、元Oblivion DustのFURUTONらと共に、伝説の飲み屋RED SHOESで初めて組まれたバンド、西麻布アウトサイダーズのボーカリストとしても活動をしている(ちなみにCDなどは出しておらず、これからその活動が広がっていくのかは不明)。


【その他】
テレビ出演も、『木更津キャッツアイ』(2002年、TBS)、『HR』(2002年 - 2003年、フジテレビ)、『赤い月』(2003年、テレビ東京)、『新選組!』(2004年、NHK)、『丹下左膳』(2004年、日本テレビ)など、時代劇からシットコムやコメディまで多岐に渡る。また、舞台『浪人街』(2004年)や初座長公演の『丹下左膳』も成功のうちに幕を収めた。

ドキュメント系番組にも出演しており、2004年には当時彼がイメージキャラクターを担当していた、スバル・インプレッサが登場するWRC(世界ラリー選手権)の特別番組(テレビ東京)や、2006年には『今世紀最大の謎 真・聖杯伝説 キリストの暗号』(テレビ東京)などにも出演した。

2006年7月には、高岡早紀との深夜の密会スキャンダルなど、女性問題が多く報じられ、更に11月に入って中村側は現・中村獅童の後継者を前提としていた長男の親権を巡っての離婚問題なども浮上している。

しかし竹内は、マスコミ各社から中村の重要なスケジュールを無視し自分のスケジュールを優先させることも多いと報じられている。梨園の妻としての自覚が無いと、嫁姑問題もあるようで、離婚問題は嗣子を絡めて複雑な様相を呈している。

この件に関して、和田アキ子はマスコミを通じて中村に「(下記飲酒運転騒動に際して)一般女性と嘘をついたのがダメだった」「高岡と2人で仕事の打ち合わせをしたと言うが、マネージャー不在での打ち合わせは有り得ない」と苦言を呈した。


【人物】
■マーケティング会社ブライト・ウェイ(東京)が2006年9月7日にまとめた有名人の子育てイメージに関するアンケートで、子育てに不熱心な父親の一位に中村獅童が選ばれた。(子育てに不熱心な母親には広末涼子。)

■愛煙家である。


【年譜】
■1972年9月14日 東京都に生まれる。初代中村獅童の長男。祖父は三代目中村時蔵、叔父は時代劇俳優の故萬屋錦之介、中村嘉葎雄。

■1981年6月 歌舞伎座『妹背山婦女庭訓』御殿の豆腐買の娘おひろで二代目中村獅童を名のり初舞台。

■1995年3月 団優太(お姐ちゃんトリオ・団令子の息子)とのコンビ、「UNIT33」としてCDデビュー。

■1998年 名題試験合格。ただし披露をしていないので名題ではない

■2001年11月 平成中村座試演会にて『狐忠信』を初主演。

■2002年6月 国立劇場 鑑賞教室 『俊寛』の成経、解説『歌舞伎のみかた』

■2003年1月 浅草公会堂にて『義経千本桜』の狐忠信、『菅原伝授手習鑑・車引』の松王丸をダブルキャストによる初の主演。

■2003年6月 文化村シアターコクーンにてコクーン歌舞伎『夏祭浪花鑑』の玉島磯之丞。

■2003年8月 歌舞伎座にて『どんつく』の門礼者、『野田版 鼠小僧』の辺見勢左衛門。

■2003年11月 錦秋花形歌舞伎全国巡業にて『三人吉三』の和尚吉三、『棒しばり』の曽根松兵衛。

■2004年1月 浅草公会堂の新春浅草歌舞伎にて、ついに歌舞伎十八番に挑戦。『毛抜』の粂寺弾正、『三人吉三』のお坊吉三など。

■2004年5月 - 6月 青山劇場にて『浪人街』(赤牛弥五右衛門役)に出演。

■2004年10月 三越劇場の三越歌舞伎にて『双蝶々曲輪日記・引窓』の濡髪長五郎、『白浪五人男』の南郷力丸。

■2005年5月 中村屋の披露目で野田の『研辰の討たれ』再演。

■2005年5月10日 オフィシャルサイトで、『いま、会いにゆきます』で共演した竹内結子と結婚を前提にした交際をしていたことを発表し、6月に婚姻届を提出。その後の会見で、竹内が妊娠3ヶ月であることも公表。

■2005年6月 京都南座 『船弁慶』の弁慶。

■2005年11月21日、第一子となる長男が誕生。

■2006年1月 浅草公会堂の新春浅草歌舞伎 歌舞伎十八番のうち『鳴神』の上人。

■2006年10月 妻・竹内結子からの離婚協議を求める書面が送付される(一時「離婚届」が送付されたとのマスコミ報道があったが、通常、弁護士を立てた離婚協議の場合、条件面で合意していない段階で離婚届に署名することはない)。これに対し、中村獅童は離婚そのものを拒否しているが、竹内結子とは既に別居状態であることなどが報じられた。


【飲酒運転騒動】
■2006年7月12日 酒気帯び運転と信号無視で警視庁に検挙された。当初の会見では、同乗者は妻・竹内とも知り合いである一般女性と発表していたが、実は女優岡本綾だった事が発覚し、誠意を見せるための謝罪会見で嘘をついたこととなった(同年7月13日付の新聞等各種)。なお、仕事であると妻に伝え行っていたニューヨークから、予定より1日早い帰国であった(実際この旅行はプライベートであり、仕事は一切なかったといわれている)。さらに会見で帰国の際の機内で酒を飲んで、1度帰宅したのち加えてバーで飲み、車で帰宅する途中だったと説明。苦しい説明と虚偽の日程、ここで女性関係の乱れの端緒が発覚した形となった。

■2006年7月13日 記者会見をし警察から家に帰り家族の顔を見て、人を轢いていたらと思うと反省するしかないと思い来ていた仕事の殆どを辞退し「一からやりなおす」と話した(既に撮影の終了していた11月公開の映画『DEATH NOTE the last name』の声の出演は、差し替えせず使用される)。

■2006年7月14日 イメージキャラクターを務めるマンダム、森永製菓、UCカードは、CM、HPなどの露出を自粛することを決定。契約については検討中。

■2006年9月5日 検挙直後に行った会見以来の公の場で、主演舞台「獅童流 森の石松」のキャーンペーンに出席したが、スキャンダルが清算しきれていない時期の事実上の復帰に、世間の風当たりは強かった。

■2006年9月8日 警視庁世田谷署により、7月12日に起こした道路交通法違反(酒気帯び、信号無視)の疑いで東京区検に書類送検される(なお、同乗者は"嫌疑なし"とされた)。

■2006年9月11日 『デスノート(アニメ)』リューク役で活動再開が報道される。その後新作出演が続々発表され、事実上の復帰となる。

■2006年9月29日 東京簡裁が、道交法違反(酒気帯び運転)で罰金20万円の略式命令を出した。

(出典:Wikipedia)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?b=20070524-00000184-sph-ent

[PR]
オリコOrihimeカード

中尾彬 プロフィール&エピソード

中尾 彬(なかお あきら, 1942年8月11日 - )は、千葉県木更津市出身の俳優、タレント。千葉県立木更津高等学校卒業、武蔵野美術大学中退。古舘プロジェクト所属。 妻は女優の池波志乃。前妻は女優の茅島成美で一児(俳優の中尾守)を設けるも離婚。実家は酒屋を営んでいる。


【来歴・人物】
1962年、日活ニューフェイスに合格し、映画デビュー。1964年に劇団民藝に研究生として入団する。同年、中平康監督、加賀まりこ主演の日活映画『月曜日のユカ』に助演し、一躍期待の若手俳優として注目を浴びる。1970年に日活と民藝を離れフリーとなってからは、各映画会社やテレビで活躍を始める。横溝正史原作、高林陽一監督作品『本陣殺人事件』(1975年、ATG)では、金田一耕助役で主演した。

■ネクタイが嫌いで(ビジネスマン役や学校の教頭役のように役のときはしょうがないとしても)、夏でもマフラーをしている。マフラーのぐるぐる巻き(いわゆる「彬巻き」「ねじねじ」)は中尾のトレードマークである。1990年代前半、海外ロケの移動中に飛行機の中でイライラしながらマフラーをよじっていたら取れなくなり、そのままにしていたら「オシャレだな」と周囲から褒められたことがきっかけ。ネジネジコレクションは自宅に200本あり、春夏秋冬、冠婚葬祭により使い分けている。ちなみに、葬儀の時は、黒のマフラーを着用する。また、ネジネジをプリントしたオリジナルTシャツもある。

■俳優の江守徹とは旧知の仲であることも有名で、この二人のコンビでの出演も多い(この二人は仲が悪いと言われているが、あくまでネタである)。

■絵画や陶芸が趣味。住まいは都内だが、沖縄にアトリエを構えている。その関係からか琉球放送毎週土曜日午後5時から中尾彬・沖縄時間というラジオ番組を持っている。

(出典:Wikipedia)


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?b=20070414-00000011-sanspo-ent
タグ:芸能 中尾彬

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。