Google
 

花田勝 エピソード&プロフィール

花田 勝(はなだ まさる、1971年1月20日 - )は、実業家、タレント、スポーツキャスター、元大相撲力士(第66代横綱)、アメリカンフットボーラー。東京都中野区出身。力士時代の四股名は若乃花 勝(わかのはな まさる)。父は元大関・貴ノ花利彰(本名・花田満)、母は女優の藤田憲子、弟は第65代横綱・貴乃花光司。義妹(弟の妻)に元フジテレビアナウンサーの河野景子、親戚に米米CLUBの石井竜也・金子美奈子兄妹がいる。得意料理はナスの浅漬け。


【来歴】
上背はなかったものの、強靭で巧みな足さばきを生かして多彩な技を繰り出し、技能派の名人力士として知られた。また人当たりのよい性格で話術にも長け、力士時代から「お兄ちゃん」の愛称で親しまれる。容姿や相撲の内容は実父・貴ノ花健士よりも伯父の初代・若乃花を髣髴とさせた。

1988年3月場所初土俵。弟の貴花田光司(貴乃花)と共に順調に出世し、1990年3月場所新十両。同年9月には新入幕を果たした。入幕して最初の頃は天性の勝負勘と強靭な足腰で相手の攻撃を凌いで技を繰り出して勝つという勝ち方が多かったが、1992年後半頃からおっつけに磨きがかかるようになり、成績も伸びていった。そして1993年3月場所に小結で初優勝。同年7月場所には13勝2敗で曙、貴乃花と共に優勝決定巴戦に出場。優勝は逃したものの、場所後大関に昇進した。

大関昇進後も順調に土俵を務めていたが、1994年11月場所前に右腰を痛めてからしばらく低迷する事になる。この間曙を倒して弟貴乃花の優勝の援護射撃をするという場面は見られたものの、自身が優勝を果たすまでにはいかなかった。1995年11月場所に弟貴乃花との優勝決定戦を制して漸く2回目の優勝を果たすが、翌場所は不調で一つも勝てずに途中休場してしまい、周囲をヤキモキさせた。しかし1996年中盤頃から復調の兆しが見え、1997年1月場所は初日から完璧な相撲で14連勝して14日目に3回目の優勝を決めた。千秋楽は武蔵丸に敗れて全勝優勝はならなかったものの、若乃花の土俵人生の中で最高の相撲を見せた場所となった。綱取りが大いに期待され、その期待に応えるように翌3月場所も絶好調だった。しかし3日目の旭鷲山戦で右大腿二頭筋を断裂し、途中休場で綱取りは全くの白紙となってしまった。しかも全治3か月の重傷で、7月場所に復帰したものの、序盤に3連敗する等、絶不調で引退を囁かれるまでになってしまった。

この場所は何とか勝ち越して引退の危機は乗り切ったが、怪我の箇所を考えると「もう上は望めないのではないか」と言われるまでになってしまった。しかし、1998年3月場所、突如爆発するかのように、初日から完璧な相撲を取り、14勝1敗で4回目の優勝。翌5月場所も中盤苦戦したものの、千秋楽に武蔵丸を破って何とか連続優勝を果たし、横綱昇進を決めた。12勝という低いレベルでの優勝だった為、「もう一場所見るべきではないか」という声もあったが、横綱審議委員会で反対論は全く出ずに、あっさり決まった。横綱土俵入りでは「短命」のジンクスと言われる不知火型を選択。隆の里が中心となって、琴櫻や初代若乃花までが登場して土俵入りを指導した。若乃花らしい切れのあるきびきびとした土俵入りであった(当初は弟貴乃花が土俵入りを指導するものと思われていたが、貴乃花は姿を見せなかった。そしてこの頃から二人の確執が噂されるようになり、これが明らかになるのは1998年9月場所前の事である)。

史上初の兄弟横綱として多くのファンに活躍を期待されたが、一方で約5年間の大関在位で多くの怪我に苦しんだ事も有り、また不知火型のジンクス通りに短命になるのではないかという懸念の声も聞かれ、その悪い予想は的中してしまう事になる。1998年9月場所と1999年1月場所は最後まで優勝を争ったが、それ以外の場所は故障等でガタガタで、1999年3月場所以降3場所連続休場する事になる。復帰した9月場所は10日目に左足の肉離れを起こしてしまい、周囲の休場勧告を無視して強行出場、結局7勝3敗から終盤5連敗して負け越した。横綱の皆勤負け越しは15日制が定着してからは史上2人目(大乃国以来10年ぶり)の不名誉な記録で、この場所限りでの引退を勧告する声もあったが、本人は現役続行を志願し、翌場所から2場所連続休場して再起を図った。そして2000年3月場所に復帰したものの、満足な相撲が取れず、5日目に栃東に敗れたのを最後に遂に引退を発表した。年寄藤島を襲名し、当初は後進の育成に専念するような発言をしていたが、引退相撲を終えて間もない2000年12月18日に突如日本相撲協会を退職し、タレントに転身した。

横綱時代は休場の方が多く十分にその役目を果たせなかったが、大関時代は大型力士が台頭する中で小兵の若乃花は下手をすると大負けしかねない状況だったが、休場明け等の場所を除いた場所では概ね二桁以上の成績を上げており、大関としては強かったと言える。その為に一部で「横綱に上がらなければ名大関として名を残せた」という声もある。また、力士生命にとって致命的になった足の怪我の容態は引退後も回復しておらず、後にテレビ番組において「将来、車椅子の生活になる事は避けられない」と医師から告げられた事を告白している。また、長男誕生直後に出演した『おしゃれカンケイ』(日本テレビ系)の中で、産まれて間もない長男とゲスト出演し「息子はお相撲さんには絶対させません」と笑っていたが、目は真剣そのものだった。

この若乃花の昇進を最後に日本生まれの横綱は誕生していない(2007年3月場所時点)。この間魁皇・千代大海・栃東が綱取りに挑戦しているが、いずれも失敗している。横綱昇進後は実弟・貴乃花光司との不仲や離婚問題等ワイドショーを賑わす騒動に巻き込まれることが多かったが、本人によると「(ワイドショーで)騒がれた場所ほどかえって相撲に集中出来た」らしく、実際に騒がれた場所は好成績を残している(1998年9月場所12勝3敗・準優勝、1999年1月場所13勝2敗・優勝同点)。

日本相撲協会退職後はスポーツキャスター、タレントとして活動するとともに、全国に店舗展開する「Chanko Dining 若」、さらに「Korean Dining 66亭」、「&kitchen」、「Onii Chan and Kitchen(おにいちゃん&キッチン)」をプロデュースし、運営母体ドリームアーク社の代表取締役として実業家として成功している。


【プロフィール】
■東京文化小学校卒。1988年3月 - 明治大学付属中野高等学校を中退し、藤島部屋(のちの二子山部屋、現在の貴乃花部屋)に弟の光司と同期入門、四股名は若花田 勝(わかはなだ まさる)。ほかに同期の力士は曙太郎、魁皇博之ら。名前は父で師匠の藤島親方が兄の勝治(伯父)にちなんで「勝」と名づけた。

■1990年3月 - 十両昇進

■1990年9月 - 幕内昇進

■1991年11月 - 小結昇進

■1993年1月 - 初の幕内最高優勝

■1993年5月 - 関脇昇進、四股名を若ノ花 勝(わかのはな -)に改める。

■1993年9月 - 大関昇進、伝達式口上で「一意専心の気持ちを忘れず相撲道に精進する」と述べる。

■1994年6月 - 元ファッションモデルで日本航空客室乗務員の栗尾美恵子と結婚。

■1994年11月 - 四股名を若乃花 勝(わかのはな - )に改める。

■1995年11月26日 - 十一月場所千秋楽、史上初の兄弟による優勝決定戦で、弟貴乃花を破り幕内最高優勝を果たす。

■1998年7月 - 横綱に昇進、史上初の兄弟同時横綱が実現する。横綱土俵入りは不知火型を選択。伝達式口上で「堅忍不抜の精神で精進していく」と述べる(この際、綱取りのかかった場所で12勝3敗という成績が昇進に値するかどうかで議論され、「全勝優勝を求めるべし」と昇進を見送る意見もあった)。

■1999年1月 - 千秋楽まで単独首位であったが、本割と優勝決定戦で関脇・千代大海に敗れ、横綱初優勝ならず。

■1999年9月 - 十日目の闘牙戦で、左太腿の肉離れを起こす。協会からの休場勧告を無視して千秋楽まで出場するも、7勝8敗で負け越し(横綱が皆勤しての負け越しは史上4人目(5例目)、15日制が定着してからは大乃国に次いで2人目)。

■2000年3月16日 - 三月場所5日目に現役引退を表明、年寄藤島を襲名する。最後の対戦相手* 2005年7月7日 は、奇しくも明大中野高校の後輩でもある、関脇(当時・のち大関)の栃東大裕だった。本人は高校の後輩として面倒を見ていた栃東ならば、最後の対戦相手として不足はない、と考えていたという。実際、現役最後の白星となった4日目玉春日戦の取組後、翌日の対戦相手が栃東と決定した時に、女将(当時)で実母の憲子から電話で「明日栃東でしょう。良かったわね」と話すと、若乃花も「そう。よかったよ、ダイスケで」と喜んだ。しかし、この電話で二人は「栃東戦が最後の相撲」と、通じ合っていたという。

■2000年9月23日 - 断髪式。若乃花最後の横綱土俵入りには太刀持ちに曙、露払いに貴乃花と両横綱が務めた。日本テレビ系列での中継は関東地区22.6%、関西地区25.6%(ビデオリサーチ調べ)の高視聴率を記録する。実弟、光司が鋏を入れた後、そっと勝の肩に手を掛けるシーンが涙を誘う。

■2000年12月18日 - 日本相撲協会を退職。

■以降、アメリカンフットボール選手を目指し渡米、さらに本名の花田 勝でタレント・スポーツキャスターとして活動を行う。

■2005年5月30日 - 実父で師匠の二子山親方(花田満、元大関貴ノ花)死去。6月2日に東京都港区の青山葬儀所で行われた告別式で喪主を務めた。その頃、弟の貴乃花親方との確執が再び明らかとなった。この一件では、貴乃花親方が一種の舌禍騒動の様な状態に陥ったのとは対照的に、何を言われても頑なに沈黙をつらぬいた。

■現在は東京都、大阪府、愛知県などでちゃんこ料理屋「Chanko Dining 若」を経営し、大相撲の本場所では懸賞の提供企業にもなっている。このちゃんこ屋は2006年8月現在兵庫県姫路市や岡山県、京都府、神奈川県などに進出し、遂には韓国にも出店した事で店舗数は23店舗。また、最近は「Korean Dining 焼肉66亭」「WAKAS' GRILL AND SEAFOOD」をオープンし、テレビのキー局でもコマーシャルを打つ程に至って盛業であり、自身のタレント活動も含めて、角界出身の実業家としては実に大谷米太郎以来の大成功とまで言われている。

■2005年7月7日 「Chanko Dining 若」が新宿にもオープン、それと同時に父の遺産の放棄を宣言している。遺産放棄の理由は明らかにされていないが、彼のタニマチによれば、「現在は実業家として、父親より稼いでいるから放棄した」と言われている。

■2007年10月2日 美恵子夫人と離婚。「正式に書面を提出し離婚という道を選ぶ事になりました。2人で時間をかけて話し合い、このような結果となりました。出逢えたこと、4人の子供を授かったことなど13年間の結婚生活に感謝しています。これからも2人を温かく見守って頂けると嬉しく思います」と所属事務所を通じてFAXでコメントしている。

(出典:Wikipedia)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?b=20071003-00000002-oric-ent

[PR]

敏間肌だけど美白したい!そんな悩みをお持ちのアナタ、諦めないでください!優しいだけじゃなく、美白効果もキチンと実感できる!ぜひミラクルホワイトお試しキャンペーンであなたの望みを叶えてください♪

橋下徹 エピソード&プロフィール

橋下 徹(はしもと とおる、1969年6月29日 -)は日本の弁護士、タレント。大阪弁護士会所属、橋下綜合法律事務所代表。早稲田大学政治経済学部経済学科卒業。所属芸能事務所はタイタン(業務提携。同社の顧問弁護士でもある)。東京都渋谷区幡ヶ谷生まれ、大阪府大阪市東淀川区東中島で育つ。血液型はB型。身長174.5cm。


【略歴】
渋谷区幡ヶ谷生まれ。小学6年生時に大阪へ移住。中学3年生時に母が再婚。大阪市立中島中学校を経て大阪府立北野高等学校卒業。中学・高校時代の同級生には現自民党衆議院議員の川条志嘉がいた。中学校・高校時代はラグビー部に所属[1]。北野高校3年時には、第67回全国高等学校ラグビーフットボール大会大阪予選を勝ち抜き全国大会に出場。3回戦で伏見工と対戦し敗退。後に高校日本代表候補に選ばれ東西対抗にも出場する。

高校在学中に、日本テレビの『全国高等学校クイズ選手権』に出場し、地方予選で敗退[2]。

高校での成績は進級が危ぶまれるほどだった。現役時代は早稲田大学の2学部のみを受験するも失敗し、1年間の浪人生活を経て、再び早稲田大学5学部を受験。全て合格した中で、早稲田大学政治経済学部経済学科に入学。大学時代に革ジャンの卸売業に携わっていた際、200万円の不渡り手形をつかまされた際に手形法などを勉強したのがきっかけで弁護士になることを決めた。1994年に司法試験に合格。


【人物】
ペ・ヨンジュンのような外見から「法曹界のヨン様」「弁護士界のヨン様」と呼ぶ人もいるが、これは「行列のできる法律相談所」での島田紳助の発言から広まったもので、本人は「似てない」と否定している。しかし「まさかのミステリー」でマフラーを巻いてモノマネをしたこともある。また、『週刊文春』の調査で、女性30-50代が選ぶ「テレビ出演しているイケメン文化人ランキング」で堂々の1位に輝き、日本テレビ『行列のできる法律相談所』では「茶髪の風雲児」と称されている。ハーレー・ダビッドソンを運転する。

政治スタンスは反米反中の立場。

申告漏れを報道されたため、産経新聞のことを嫌っているが、政治スタンスが近いため産経新聞を購読していると語っている。 競争の土俵に上がれる者は、徹底的に競争させるべきとの立場で、ニートにも厳しい立場。しかし、競争の土俵に上がれない人へのサポートは厚くすべきと主張。生活保護について「病気や障害・高齢者などでスタートラインにすら立てない人を『自己責任』として放置するのは健全な競争社会を破壊する」と発言している。

教育問題に関しては、厳しいしつけや体罰を肯定する発言が多く見られる。テレビ朝日の特番「発足!芸能人PTA」では、子供を50分近くも投げ続けたことを告白し、教育評論家の尾木直樹と議論になった。また、「たかじんのそこまで言って委員会」、「ムハハnoたかじん」等でも、田嶋陽子、原口一博と戸塚宏等と議論をしたことがある。

日本の単独自衛を主張しており、『たかじんのそこまで言って委員会』では「日本の一番情けない所は、単独で戦争ができない事だ」と述べた。核兵器保有を肯定し、テロ対策法などを一方的に批判する意見には反発している。男子皆兵制の復活を主張することもある。

反米左派で護憲派という弁護士が多い中では橋下は上記のように改憲・右派という数少ない部類にある。実際、地方での講演依頼の中には「憲法9条反対」や「核廃絶」などについての依頼もあって、「私は改憲派だし核保有肯定します」と断りを入れると先方がびっくりしていると常々関西ローカル番組内で語られている。そのためか政治的な内容の講演はなるべく関西を中心に「そこまで言って委員会」のネットエリア内に限られ、それ以外の地域では政治的な内容以外の講演なら引き受けている。


《テレビ・メディアへの進出》
大阪で弁護士活動をしている中、高校時代の先輩からラジオの代理出演を依頼され、偶然その時の放送を聞いていた朝日放送のプロデューサーに出演依頼を受け、朝日放送『ワイドABCDE〜す』にジャーナリストの大谷昭宏と共に出演するようになる。大谷とはその後もスーパーモーニングやムーブ!で共演するなどしている。この番組で火曜に出演していたデーブ・スペクターが橋下の存在を知り、東京に出演テープを送ったことから在京キー局各社に名前が知られるようになった。

2003年4月に全国ネットで日本テレビ『行列のできる法律相談所』に久保田紀昭弁護士に代わりレギュラーに、同年7月に読売テレビ『たかじんのそこまで言って委員会』のレギュラーになった。番組内での言動で次第に全国的に知名度があがり、同時期にデーブと共にレギュラー出演したTBS『サンデージャポン』での発言が問題となり降板した(詳細は後述)。

その後関西ローカルの番組を中心にレギュラー番組を持つようになる。現在、大阪を拠点とした弁護士活動、レギュラー番組の出演、また全国で講演会活動などを行っている。2005年10月24日放送の自身のレギュラー番組であった『笑っていいとも!』を過労により倒れたため休んでしまった。

芸能プロダクション・タイタンにマネージメントを依頼し、バラエティ等に積極的に出演している。

しばしば下ネタや、タレント・文化人を批判する発言(特に『行列のできる法律相談所』ではしばしば発言が問題になる)をする一方、ワイドショーなどでは事故・事件・時事問題に対し強く言及する行動も見られる。また、司法問題や法曹界全般、弁護士・裁判官の資質に至るまで幅広く批判している。そのため、所属の大阪弁護士会には懲戒請求が絶えないという。(本人談)

大阪に事務所があり、出演前後に公判を入れることがあるため、出演は関西ローカルの番組が多い。


《所得申告漏れ事件》
2006年5月23日、大阪国税局から本業である弁護士業務の経費計上等にかかわる約2500万円の申告漏れを指摘され、修正申告に応じたことが報道された。以降、出演番組(特に『たかじんのそこまで言って委員会』)で「脱税弁護士」「脱税の出来る法律相談所」「昔はトライ、今は税金ノックオン」等と揶揄されることがある。また、事件についての報道がされなくなった後も、島田紳助などにはこの件についてしばしば「税金を理解していない弁護士」などと揶揄されている。また、この件を報道した産経新聞をブログ内で批判し、それを報道した週刊文春にも、ブログ内で批判した。最終的には産経新聞に訂正記事を掲載させた。


《子沢山》
1998年に大阪市内に橋下綜合法律事務所を設立する。高校時代から交際の続いていた女性と同棲を経て結婚した。3男4女の父親であり、子だくさんとしても有名だが、2007年8月に7人目(四女)が誕生した。本人と夫人曰く「ライバルは笑点の山田隆夫と堀ちえみ」(子沢山で知られる山田隆夫は4人、堀ちえみは5人で、合わせて9人である)。

2006年6月、父の日にちなんで毎年日本で最も素敵なお父さんを選ぶベスト・ファーザー イエローリボン賞を受賞。この日の前日には、第六子(三女)が誕生したばかりであった。2006年、フジテレビ『スタ☆メン』の番組内で阿川佐和子に対し、ギャグとはいえ「今からでも阿川さんを妊娠させることができますよ」と発言し、周囲を唖然とさせた。

2007年の夏に、第7子が生まれることが「そこまで言って委員会」(2007年3月23日収録・3月25日放送分)収録中にやしきたかじんから暴露され、それを聞いていた勝谷誠彦によって、収録翌日関西ローカルの生番組で明らかにされた。行列の出来る法律相談所ではゲストが驚いたと同時に島田紳助からは「ワンボックスカーに乗れない家族なんて考えられない」と言われた。尚、橋下は同番組で島田紳助から「子供を作る過程が好きじゃないの」、「妻が妊娠している状態じゃないとまともに歩けない」と番組内で散々ネタにされている。丸山和也からは「8人を目指せ」などと言われた。


【発言】
■2006年10月2日放送の『徹子の部屋』で、戸籍での本来の苗字は「はしした」であったが、「はしした とおる」では「橋の下を通る」という意味になってしまうため、住民票を提出する際に「はしもと」へと変更したと語っている。

■『サンデージャポン』で日本人団体による中国広東省珠海市での集団買春問題に関して、「日本人による買春は中国へのODAみたいなもの」と発言し批判を受け、生放送で降板を宣言した(正確には降板させられた)。その後、2006年中期から時々ゲスト出演しており、その時には「青空有罪・無罪」の有罪という扱いで出演する(無罪は八代英輝)。先に『たかじんのそこまで言って委員会』で全く同様の発言をしたがこの時は問題に問われなかった。

■イラク戦争には反対の立場であり、「大量破壊兵器が無いのに戦争を仕掛けたブッシュ大統領こそA級戦犯として処刑されるべき」と発言している。

■建築偽造問題について、マンション住人に自己破産を勧める発言をし批判を受けた。その後、ベリーベリーサタデー!内において、「自己破産によって住人の負担を無くし、特例として再度ローンを組ませるという案があってのものである」と弁明した。

■附属池田小事件発生時、被告人を速やかに死刑にすべきという寄稿を週刊誌上で行った。その後、死刑を望んでいた被告人から弁護人を通じて早期の死刑実現への援助を依頼する手紙が届く。橋下は、遺族への謝罪という条件付で了承する旨、返答したが、折り返し被告人から来た手紙には、人生への恨みや苦しさが書かれていたが謝罪や反省のコメントは書かれていなかった。橋下は2004年に『たかじんのそこまで言って委員会』でこの手紙の内容を公開・朗読し、また、被告人に対して同情的発言をしていた真宗大谷派の僧侶を指して「こんな手紙を送る奴を援護する京都のクソ坊主に腹立つ」と発言した。

■2004年球界再編問題における選手会のストライキに際し、「野球選手がストライキをすると単なる労働者に成り下がってしまう。球団から一々指揮命令を受けないためにも労働者になるべきではない。個人の事業主として集団で契約更改を拒否すればいいだけである」と発言した。

■母親が再婚する間に、生活上の金銭の問題で市営団地に住む事を希望したがすぐに入居できなかった。その際地方の共産党に頼んだら入居できたので「共産党は国政では活躍しないが、その下では弱い人間のためになってるので必要」というスタンスを取っている。(たかじんのそこまで言って委員会談)

■関西系の情報番組で、飛鳥会事件が取り上げられた際、「私はこの飛鳥地区で育ち、ど真ん中で差別も利権の構造も見てきた。親の世代はまだまだ差別に苦しんでいた。」と体験談を語った。

■石原慎太郎を尊敬しているが2006年12月17日の『スタ☆メン』で当人が数々の疑惑を弁明するため生出演した際共演していた橋下は「失望した」と批判した。

■たかじんのそこまで言って委員会その他ニュース系の番組の中で、いわゆる学者の発言・言動に対して批判的であり、学者の研究活動に関して、「お金の無駄遣い」と発言している、

■橋下は、2007年2月23日のスーパーモーニングにおいて、共演者の大谷昭宏が「性的な乱れを助長するから」という理由で「赤ちゃんポスト」に反対したのに対し、「子供の命が最優先」として賛成を表明した。

■2007年4月12日の『ムーブ!』で、尼崎小学生女児暴行事件について「女の子が服を脱がされたのか、自分から脱いだのかによって話が変わってくる」と述べた。

■2007年5月27日放送の『たかじんのそこまで言って委員会』において、「あの弁護団に対してもし許せないと思うんだったら、一斉に弁護士会に対して懲戒請求をかけてもらいたいんですよ」と山口県の光市母子殺害事件の弁護団に懲戒請求を行うよう視聴者に呼びかけた。これにより大量の請求書が弁護士会に届き、有志弁護士508人が6月19日、「被告が弁護を受ける権利を否定する言動に抗議し、直ちに中止を求める」と緊急声明を発表した。これに対し、光市母子殺害事件弁護団懲戒請求運動の支持者は「懲戒請求は弁護士法で定められた制度である」として反発している。また、2007年7月28日放送の『あさパラ!』で、この508人から懲戒請求を受け、懲戒請求委員会にかけられる予定であることを公表した。さらに、この件で弁護団の今枝仁、足立修一ら数名から「理由なき懲戒請求を煽動し、業務を妨害された」として損害賠償請求を広島地裁に提訴された。

(出典:Wikipedia)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?b=20070927-00000903-san-soci

[PR]

【シューストップ】体臭に効果的なサプリメント販売サイト。突然ですが、おなら、体臭、口臭、加齢等、ニオイっていろいろとありますよね。 周りの人達はあなたのニオイを気にしています!!

浜口京子 エピソード&プロフィール

浜口 京子(はまぐち きょうこ、1978年1月11日 - )は、東京都台東区出身の女子アマチュアレスリング選手。

ジャパンビバレッジ所属。日本オリンピック委員会選手強化キャンペーン・シンボルアスリート制度適用選手。


【略歴】
中学時代は水泳をやっていた。当初は女子プロレスラーを志望していたが、気合満点の言動で有名な元プロレスラーの父・アニマル浜口が経営するアニマル浜口レスリング道場で父の指導のもとボディビルのトレーニングをするようになり、プロレスラー志望の男性選手に混ざって14歳からアマレスを始める。

その後、女子アマレス重量級のトップ選手として活躍し全日本選手権・世界選手権等で優勝を重ね、2004年のアテネオリンピックに女子レスリング72kg級の代表として出場し、銅メダルを獲得した。開会式では日本選手団の旗手を務めた。

持ち前のパワーで世界を極めてきたが、ここ最近は2年連続で世界選手権の決勝で敗れるなど、パワーに衰えが見えてきた感は否めなかったが、2007年5月にビシケクで行われたアジア選手権72kg級の準決勝で中国の王旭を圧倒的不利の予想を覆す2対1で下し、決勝でカザフスタンのオリガ・ジャニベコバを2対1で下して優勝した。


【戦績】
1996年 全日本選手権70kg級優勝
1997年 全日本選手権75kg級優勝
1997年 世界選手権75kg級優勝
1998年 全日本選手権75kg級優勝
1998年 世界選手権75kg級優勝
1998年 国際連盟女子最優秀選手
1999年 全日本選手権75kg級優勝
1999年 世界選手権75kg級優勝
2000年 全日本選手権75kg級優勝
2001年 全日本選手権75kg級優勝
2001年 東アジア大会75kg級優勝
2002年 全日本選手権72kg級優勝
2002年 世界選手権72kg級優勝
2002年 釜山アジア大会72kg級優勝
2003年 全日本選手権72kg級優勝
2003年 世界選手権72kg級優勝
2004年 アテネ五輪テスト大会72kg級準優勝
2004年 アテネオリンピック72kg級3位
2005年 世界選手権72kg級2位
2005年 全日本選手権72kg級10連覇、天皇杯受賞
2006年 ジャパンクイーンズカップ72kg級優勝
2006年 ワールドカップ72kg級準優勝
2006年 2006年アジア競技大会72kg級準優勝
2007年 アジア選手権72kg級優勝

(出典:Wikipedia)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?b=20070911-00000032-sanspo-spo

[PR]

「豆乳クッキーダイエット」祝1500万食突破!2006年、楽天年間ランキング総合第1位受賞商品です!!12秒に1箱売れてます☆
たったの146キロカロリーなのに、栄養も満足感も◎!!

白鵬 エピソード&プロフィール

白鵬 翔(はくほう しょう、1985年3月11日 - )は、モンゴル国ウランバートル市出身で宮城野部屋所属の現役大相撲力士。本名は Мөнхбатын Даваажаргал(Mönkhbatyn Davaajargal;ムンフバト・ダヴァジャルガル、Davaajargalは月曜日の幸福という意味)。得意技は右四つ、寄り、出し投げによる崩しも強烈。身長192cm、体重154kg。第69代横綱。星座は魚座、血液型はA型。


【来歴】
父ジグジドゥ・ムンフバトはブフ(モンゴル相撲)で、5年連続6度の優勝をした元アヴァルガ(モンゴル相撲の横綱に相当)。メキシコ五輪のレスリング重量級銀メダリスト(モンゴル初の五輪メダルリスト)となる。モンゴル国の国民的英雄。母タミルは元外科医。義父は実業家で元朝青龍全国後援会長の和田友良。来日前にブフは10〜12歳の時に遊びでやっていた程度で経験らしい経験はなく、バスケットボールに熱心に取り組んでいた。

大相撲で活躍していた同じモンゴル出身の旭鷲山をつてに、2000年10月25日に6人のモンゴル人と共に来日。大阪の摂津倉庫で相撲を習っていた。共に来日した猛虎浪(立浪部屋)、大想源(式秀部屋)、大河(式秀部屋)らの入門が決まるなか、小柄だった白鵬を受け入れてくれる部屋は最後までなかった。失意の帰国前日12月24日、彼を哀れんだ旭鷲山が師匠である大島(元大関・旭國)と会食中に相談し、大島親方は友人であった当時の宮城野(元幕内・竹葉山、現・熊ヶ谷)に受け入れを申し入れた。こうした経緯から現在の師匠は宮城野(元十両・金親)だが、もともと熊ヶ谷親方の内弟子であり、故に専ら熊ヶ谷親方の指導を受けている。

こうして角界入りとなるものの、部屋の元幕下訪竜に「若くてすらっとしている子」という条件で連れてこさせた少年を見た宮城野は、父親の実績を知る由もなく、その小柄な体から大きな期待はしていなかったという。しかし一方で、大きな手足と腰、柔らかい筋肉などから、もしかしたら化けるかもしれないと思い、入門してからの2カ月間は稽古をさせず、毎日吐く程に食べさせ、牛乳を飲ませた。

四股名は、横綱大鵬と柏戸に因んで柏鵬(はくほう)とする案があったが、色白だったことから白鵬と付けられた(十両・千代白鵬と四股名が比較されるが、命名は千代白鵬が先)。2001年3月場所に初土俵を踏むが、番付に名前が載った翌5月場所は身体の小ささもあり、後の横綱としては異例の序ノ口での負け越しを経験する。しかし、入門当時は身長175cm、体重68kgだった体は、食文化の違いを苦にせず大食漢だったことと熱心な稽古によって大きく成長し続けた。急激な肉体の成長と才能の開花に歩を合わせるかのように、番付を駆け上がっていく。


『十両』
2003年11月場所では、東幕下9枚目で6勝1敗の好成績を上げ、関取の定員増もあり翌2004年1月場所に新十両に昇進し、翌場所、十両2場所目で追風海との優勝決定戦を制し優勝。十両はわずか2場所で通過。


『新入幕』
2004年5月場所で新入幕となる。19歳1カ月での新入幕は貴花田(後の横綱・貴乃花)、北の湖、花田(後の大関・貴ノ花)に次ぐ当時史上4位の若さであった。その場所、千秋楽まで単独で優勝争いの先頭に立っていた北勝力を立ち合いの変化で破り、星1つの差で追っていた同じモンゴル出身の横綱朝青龍の「援護射撃」を果たし、自らも12勝3敗の好成績で貴花田(後の横綱・貴乃花)の18歳 7ヶ月に次ぐ19歳 2ヶ月の若さで初三賞、敢闘賞を受賞した。新入幕での12勝は、15日制になってから歴代3位タイ。


『幕内』
入幕1年目にして横綱最有力候補と目され、2005年3月場所には関脇に昇進し、直近の2場所で12勝・11勝を上げていた事から大関獲りの場所と目された。達成すれば貴乃花を上回る史上最年少での昇進となったものの、睡眠時無呼吸症候群による稽古不足に悩まされ序盤からまさかの3連敗で、終盤追い上げて8勝7敗と勝ち越しはしたものの、大関昇進を逃がした。

同年7月場所では7日目まで6勝1敗と優勝争いをしていたが、中日の普天王戦で左足関節靭帯損傷及び内反捻挫の怪我を負い、初土俵以来初めて休場し翌9月場所では、平幕落ちした。翌11月場所は、2場所ぶりに小結に復帰し9勝6敗。


『大関獲り』
関脇に復帰した2006年1月場所では、12日目に朝青龍を小手投げで破る。千秋楽では大関昇進で先を越された琴欧州に寄り倒しで圧勝し、栃東との優勝決定戦を待ったが、栃東が朝青龍に勝ち優勝決定戦にはならなかった。この時初めて千秋楽まで優勝に絡んだ。

翌3月場所は、自身2度目の大関獲りの場所であった。11日目に全勝の横綱朝青龍との相星決戦で、左四つに組み合った後、左手で朝青龍の左ももを払いながらの上手出し投げで完勝し、大関昇進の基準といわれる33勝目をあげた。千秋楽では魁皇に敗れたが、優勝を争っていた朝青龍も栃東に敗れたため優勝決定戦で再び朝青龍と対戦。朝青龍に得意の右四つからの下手投げで敗れ優勝は逃したが、技能賞と殊勲賞を獲得するなど高く評価された。この一番はモンゴル国内において、瞬間視聴率は驚異の93パーセントを記録したとされる。

場所終了後の3月29日、日本相撲協会は大阪市内で番付編成会議を開き、白鵬の大関昇進を満場一致で決め、理事会で承認された。正使として友綱理事(元関脇・魁輝薫秀)、副使に春日山審判委員(元幕内・春日富士晃大)が、大阪府堺市の西本願寺堺別院に派遣された。師匠の宮城野(元十両・金親)夫妻とともに紋付き袴姿で出迎え、「謹んでお受け致します。大関の地位を汚さぬように、全身全霊をかけて努力します。本日は誠にありがとうございます。」と昇進口上を述べた。


『大関』
2006年5月場所の新大関で14勝1敗、本割で唯一負けた雅山との同点優勝決定戦で勝ち、新大関の勝ち星記録更新という快挙も成し遂げて初優勝を果たした。優勝パレードの旗手は、兄弟子の光法が務めた。


『綱獲り』
2006年7月場所、初の綱獲り場所初日、朝赤龍、9日目に雅山に敗れたが、その後順調に勝ち星を積み重ね、千秋楽ではここまで全勝の朝青龍に気迫の寄り倒しで土をつけ13勝2敗で場所を終えた。

横綱昇進が有力視されたが、日本相撲協会の放駒審判部長(元大関魁傑)は、朝青龍の独走を許したという理由で、理事会の召集も横綱審議委員会への諮問も行わず、横綱推挙は見送られた。千秋楽後の朝青龍の優勝インタビューの際、NHKのアナウンサーが白鵬の横綱推挙が見送られたことを朝青龍に伝えると、会場は失望ともブーイングともつかぬ大きなため息に包まれた。番付上、東横綱・朝青龍と東大関・白鵬との対戦が組まれるのは千秋楽であるため、そこまで優勝争いがもつれなかったという意味で「独走を許した」という表現となった(14日目の時点では横綱が14勝0敗で優勝決定、白鵬が12勝2敗)。横綱昇進を見送られた白鵬は、モンゴルの温泉で疲れを取るため帰国した。

翌9月場所で再び綱獲りを目指したものの、初日に稀勢の里に敗れ、その際右膝を負傷。12日目でようやく勝ち越すが、その後千秋楽まで連敗。8勝7敗で横綱への挑戦は白紙に戻った。

翌11月場所は、場所直前の11月1日稽古場のある公園内の階段でトレーニング中つまずき、左足親指を怪我、翌日、左母趾基節骨遠位端骨折と診断され福岡市内の病院で手術(ボルトを入れ4針縫う)し入院。9日に抜糸し退院したが、同日宮城野親方が会見を開き、怪我の回復を優先させる事から休場を発表、初の全休となった。次の2007年1月場所は、自身初の角番であったが、12日目で8勝目を挙げ、角番を脱した。

3月場所は千秋楽の優勝決定戦で立合い変化で朝青龍を下し優勝。変化ということで内容が十分でないとの意見もあったが、翌5月場所は全勝優勝で満場一致の横綱推薦となり、横綱に昇進した。横綱土俵入りでは不知火型を選択(土俵入りの指導は元横綱・旭富士の安治川親方)。


『横綱』
7月場所は初の横綱としての土俵。16連勝でスタートしたが、10日目に琴光喜に敗れ25で連勝はストップ。また、13日目の琴欧洲と14日目の千代大海に敗れ、横綱として初の連敗を喫し、この時点で3敗に後退して3連覇の可能性が断たれた。そして千秋楽には実に4年10か月振りとなる両横綱の対戦(2002年9月場所武蔵丸−貴乃花以来)で朝青龍に敗れ、3連敗を喫して11勝4敗に終わった。


【略歴】
■2001年3月場所 - 初土俵(一番出世)
■2004年1月場所 - 新十両
■2004年5月場所 - 新入幕
■2005年1月場所 - 新小結
■2005年3月場所 - 新関脇
■2006年5月場所 - 新大関
■2007年7月場所 - 新横綱


【エピソード】
■あまりにもよく寝るため、部屋の兄弟子が「死んでいるのではないか」と心配したことがある。

■今でも一日16時間以上の睡眠は欠かさない。場所中以外は朝稽古の後、6時間も昼寝をする。夜も多い時には10時間寝る。

■幕下時代に朝帰りをし、宮城野親方(現熊ヶ谷親方)が激怒し破門寸前。土下座し謝り許しを得る。

■入幕前、幕内で3場所33勝以上なら大関になれると思っており、相撲記者に「三役で33勝」と教わる。

■2006年5月場所十二日目、帰りの車の中で「君が代」を教わり以後練習し、初優勝を果たした千秋楽では、君が代を歌った。

■初の綱獲り挑戦の2006年7月場所後、16時間眠り続けた。

■大相撲中継で藤井康生アナウンサーが誤って熊ヶ谷親方の事を「白鵬の師匠の宮城野親方」と言い間違えた事がある。これは熊ヶ谷親方が以前宮城野を名乗っていたための間違い。

■父のムンフバト氏によるとモンゴルの新聞では毎場所の様に、結婚の話題が出て既に20人近くと結婚した事になっている。

■小さい頃、兄とプレーリードッグを獲りに行った時に、兄が獲物を鉄砲で撃つ事に夢中で遠くに行ってしまい、羊の群れと一緒に草原に置き去りにされた。そこで羊を狙う狼とコンドルと遭遇したが奇跡的に助かった。

■初土俵からわずか3年、18場所で入幕を果たした時に、「親方、一番強い人を倒したときの懸賞を持ってきます。待っていてください」と約束した。その年の九州場所11日目、白鵬は朝青龍を送り出しで破って初金星を獲得。その夜、この一番に掛かった懸賞を持って熊ケ谷親方の前にやってくると、「ここまで来られたのも親方のおかげです。受け取ってください」と差し出した。この懸賞は熊ケ谷親方の自宅の居間の一番見えるところに飾ってあるという。

■週刊現代が現宮城野親方(元力士・金親和行)が朝青龍に2006年7月場所の八百長依頼をした疑惑を取り上げたが、そもそも記事内容自体白鵬が直接関与したようなものではない。この件は一連の報道の4件目の民事訴訟の告訴となった。また、協会は週刊現代の刑事告訴も行っている。

(出典:Wikipedia)

[PR]

国内旅行、バスツアー、海外旅行と豊富なツアー情報満載!!季節ごとのお薦めツアーや観光情報など盛り沢山!24時間インターネットにて予約可能です。

パフィー(PUFFY)エピソード&プロフィール

パフィー(PUFFY)は、大貫亜美、吉村由美の2人から成る日本の女性歌手デュオである。複数名の歌手から成るグループは、巧みなハーモニーを駆使する事が殆どだが、「パフィー声」と称される、2人の声が渾然一体となった独特のユニゾン唱法を用いるのが特徴である。ソニー・ミュージックアーティスツ,Ki/oon Records所属。2002年からは北米ツアーを行い、アメリカ合衆国やカナダに於いては"Puffy AmiYumi"(パフィー・アミユミ)名義で活動している。


【来歴】
東京都出身の大貫は、高校在学中に男子生徒と結成したロック・バンド、ハノイ・セックスでカバーしたハノイ・ロックスの曲のデモテープを、「落選通知を受け取る為に」ソニーのオーディションに送った。結果は意外にも合格であったが、応募動機から判る様に気軽なアマチュアバンドであったハノイ・セックスは、進学準備の為解散してしまった。大貫もまた、志望職種であったスチュワーデスに必要な英語学習の為進学を決めたが、彼女の声質に魅力を感じたソニーのスタッフに説得され、神田外語学院に通う傍らソニー・ミュージック・アーティスツ(SMA)に所属して歌唱指導を受ける等、ソロ歌手としてデビューへの準備を進めていた。

大阪府出身の吉村は、当時所謂ヤンキーで、高校を中退して鉄筋工等のアルバイトを転々とする、フリーターの生活を送っていた。特に音楽等の文化活動は行っていなかったが、彼女の優れた容貌を惜しんだ知人によって、ソニー主催「ちょっとそこまでオーディション」に推され、大貫同様、意外にも合格した。どの様な類の芸能活動を行いたいか、と言うソニー側の質問に「歌手」と答えた吉村は、SMA所属のアーティストとして大阪府から上京する事になった。

SMAの事務所で初めて対面した大貫と吉村は、互いに魅力を感じたが、双方の内気な性格から当初は打ち解けなかった。僅かに年長の大貫に対し、吉村が敬語で対応する様な関係が暫く続いた。しかし、歌手として抽んでた能力を持てぬままデビューを待つと言う、同じ境遇にあった両名が抱える不安の解消先が互いの友情に求められる様になり、吉村が大貫の実家に出入りするまでに親密な関係となった。更に、音楽活動に於いても、デュオとして行うことで困難に対処出来ると考える様になった両名は、事務所にこれを提案し、既に大貫のソロ音源(後に吉村のソロも作られ、大貫亜美吉村由美名義のアルバム『solosolo』として発表された)が録音されていたにも関わらず、特に議論される事無く容れられた。同じ事務所に所属する奥田民生がプロデュースに関心を示していた事から、二人は彼に託される事になった。

その頃、米国のロックバンド、ジェリーフィッシュが来日公演を行っていた。そのドラムスを担当し、優れた作曲家でもあるアンディー・スターマーは、才能を認め合う関係である奥田を通じて、SMAと関係があった。バーで大貫と吉村のマネージャーからグループ名の案を求められたスターマーは、"The Puffy"を提案し、これが採られた(後にTheは削られた)。

パフィーとなった大貫と吉村は、ラジオ番組を持つ、真心ブラザーズ『サマーヌード』のミュージック・ビデオに客演する(この時はトレードマークのジーンズではなく、スカート姿だった)、奥田の下でアルバム制作を進める、等を行っていたが、1996年5月、プロデュースと作曲を奥田、作詞を井上陽水が担当したシングル『アジアの純真』でメジャーデビューした。ELOに影響された、煌めく様な曲調と、不可解な歌詞を持つこの曲は、極めて高い音楽性と普遍性、何より気さくなユーモアを備えており、それをジーンズにTシャツ姿のパフィーが、「自然体」「脱力系」等と評された、力みの無い、しかし計算されたパフォーマンスで表現した。これは、当時Jポップシーンを席巻していた小室ファミリーの緊張感や露骨な向上心の対極に位置する物であり、僅かな市場の隙間かと思われたそのニッチは、実はかなり大きな物であった事が、小室ソングに馴染めない、或いは飽き足らない部分を持つユーザーによる支持が生んだ、『アジアの純真』のミリオン・ヒットと言う形で示された。

勢いに乗ったパフィーは、『アジアの純真』を収録したアルバム『amiyumi』、2ndシングル『これが私の生きる道』と相次いで奥田による質の高い作品を発表し、その年の音楽新人賞を総なめにした。NHK紅白歌合戦にも出演が確実視され、実際にNHK側からもオファーがあったのだが、当時レギュラー出演していたsaku saku morning call(TVKテレビ)の年末特番への出演が先に決定していた為、辞退した。ローカル局の為に紅白の出演を蹴った事で「天下のNHKがTVKテレビに負けた」と報道された。尚、この時は吉村が出演直前に自転車事故で左脛骨骨頭剥離骨折による全治6週間の怪我をしてしまった為、saku saku morning callへの出演は不可能となり、番組には大貫のみが出演している。

こうした成功は、単なる音楽的成功と言うより、より広範な文化的成功と呼ぶべき物であり、日本のみならず、台湾等の東アジア地域にも波及した。特に、一部の若い女性達は、パフィーの登場によって、初めて自分を表現出来るスタイルを見出し、安室奈美恵のスタイルを模したアムラーに対し、パフィラーが現れた。とは言え、傾向は大きく異なるものの、安室奈美恵とパフィーは、多くの資本とプロの技術により、巧みに作り出された商品、所謂アイドルであった事に違いは無かった。

しかし、奥田は、パフィーが過去のアイドル達の様に短期間で消費されてしまう事を嫌い、責任ある姿勢で指導に当たった。パフィーもまた、こうした彼の人間性とミュージシャンとしての抽んでた才能を、「先生ちゃん」と呼んで慕った。この様に、基本的には奥田がパフィーのプロデューサーであったが、彼はパフィーが特定の指導者に依って立つことを望まず、1999年のアルバム 『FEVER*FEVER』では、笹路正徳にプロデュースを託した。2003年のアルバム 『NICE.』及び2004年のミニアルバム 『59』 では、アンディー・スターマーがプロデュースに当たった。特に『NICE.』では、彼が全ての収録曲を作曲した。それにより、これまでの、複数の作曲者から作品の提供を受け、おもちゃ箱的な多彩さを持つが、ともすれば全体の脈絡を欠いたアルバムから、統一された雰囲気の中から大人の落ち着きを醸し出す、トータル・アルバムとして完成度の高い、パフィー作品の一つの到達点を実現した。

安定して優れた音楽作品を発表し続けた事が、パフィーの人気を確立した主な要因であるが、大貫と吉村のキャラクターとしての魅力も無視出来ない。シングルCDのジャケット等を担当していた、米国のイラストレーター、ロドニー・アラン・グリーンブラットによるキャラクター商品は人気を博した。又、彼は、1997年10月に放送開始されたパフィーの冠番組である「パパパパパフィー」に於ける、スタジオセットのデザインも行った。この番組は、デビュー直後のHEY!HEY!HEY!MUSIC CHAMP出演時に、内気な性格と経験不足から何も喋る事が出来ないパフィーに対し、「その様な事では、もし冠番組を持つ事になったら、どうするのか」として、司会の予行演習を行わせようとした松本人志が発した架空のTV番組のタイトルを、そのまま採用して生まれた物であった。この番組が、4年間に渡り毎週放送された事は、デビュー時のブームで獲得した認知度を定着させる上で重要な役割を果たした。ホスト役を務める事で経験を積んだパフィーは、徐々に息のあった話芸を見せるようになった。この番組は、音楽活動と併せて、パフィーの活動の両輪とも言うべき重要な位置を占めた。

又、パフィーを直接キャラクター化したものではないが、コナミの音楽ゲーム『pop'n music』に登場するキャラクター『ミミ(ウサギ)』と『ニャミ(ネコ)』は、明らかに大貫と吉村をモチーフとしていた。人気の高さが窺える。

2000年、パフィーは米国テキサス州で行われたロック・フェスティバルSXSW(サウス・バイ・サウスウエスト)に出演した。これは、有望な新人を売り込むショーケース・ギグに類する催しであり、ソニーが擁する日本人アーティストの米国進出のテスト・ケースとして、「本場」のアーティストには見られない個性を持ち、競合を避けられるパフィー達が送り込まれたのである。このSXSWで手応えを掴んだパフィーは、2002年には初の北米ツアーを行い、ソニーの現地レーベルとカナダのBar/None Recordsから、『SPIKE』の現地版と、ベスト盤である『An Illustrated History Of Puffy AmiYumi』を発表し、一定の評価を得た。北米で「Puffy AmiYumi」と名乗るのは、パフィーの愛称を持つラッパー、ショーン・コムズから警告を受けての事である。

2004年には、ツアーを通じてカートゥーン・ネットワークの重役がパフィーの存在を知った事から、同局の「Teen Titans」の主題歌を担当、更にパフィーをモデルにしたアニメ・「Hi Hi Puffy AmiYumi」が制作され、全米で放送された。この番組は低年齢層から高い支持を得て、CN開局以来の高視聴率を記録した。パフィーは、アイドルとミュージシャンの中間点に位置するグループであり、デビュー以来、徐々にアーティスト寄りの方向に進み、『NICE.』で一つの到達点を示していたのだが、"Hi Hi"の成功を受けて、キャラクターとしての魅力を再確認させられる事になった。

2005年、デビュー時から在籍していたEPICレコードからKi/oonレコードへレーベル移籍した。これはソニー・ミュージックエンタテインメント内の配置転換である。また、この年、「Dream Power ジョン・レノン スーパー・ライヴ」に出演し、ビートルズの「エブリボディーズ・ゴット・サムシング・トゥ・ハイド・エクセプト・ミー・アンド・マイ・モンキー」などを歌った。

2006年1月16日(月)、米国での活躍を認められ、国土交通省が中心となって推進する、2010年迄に日本へ1000万人の外国人旅行者を招こうと言う施策である『ビジット・ジャパン・キャンペーン』の重点市場国の一つである米国に於ける観光親善大使に、国土交通大臣より任命された。又アルバム『Splurge』を発表し、北米ツアー「Splurge! Splurge! Splurge! 2006」を行い、帰国後にロック・イン・ジャパンなどのロック・フェスに参加する等、盛んな活動を続けている。同年結成10周年を迎えた。曰く「こんなに続くとは思わなかった」(10周年記念日比谷野音でのライブMCより)

キャラクターの良さを評価され、近年はCM出演も多くなっている。

(出典:Wikipedia)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?b=20070726-00000029-nks-ent

[PR]

◆春!魅惑のボディを手に入れる◆
メリハリボディに効果有り【プエラリアロイヤル】のお試しキャンペーン中。通常価格3,600円の本品を1,980円でご提供★

浜崎あゆみ エピソード&プロフィール

浜崎 あゆみ(はまさき あゆみ、本名:濱崎 歩(読みは同じ)、1978年(昭和53年)10月2日 - )は日本の女性歌手である。福岡県福岡市出身。福岡市立原中学校卒業。堀越高等学校中退。

愛称は「あゆ」。英語表記は「ayumi hamasaki」。芸能事務所・所属レコード会社はエイベックス・エンタテインメント。血液型はA型。日本を代表する女性ポップス歌手のひとりである。


【来歴】
●〜1997年 モデルから女優へ
10代前半から地元福岡のモデル事務所に所属、当時は「浜崎くるみ」の芸名で福岡中央銀行のポスタ−やその他地元商業広告に登場。その後、東京の大手芸能プロダクションサンミュージックにスカウトされ(現在も都営地下鉄浅草線浅草駅のプラットホームにあるタレントスクールの広告に「浜崎くるみ」名で顔写真が出ている)、テレビドラマ『ツインズ教師』で女優としてデビュー(この作品の後、芸名を「浜アあゆみ[『崎』の異体字『ア』]」に改名)、1992年-1997年頃までテレビドラマや映画に出演していた(他のテレビドラマは『未成年』、『同居人カップルの推理旅行』、『闇のパープル・アイ』、著名な映画としては『すももももも』、『渚のシンドバッド』、『学校II』がある)。声優の経験もあり、アニメ『バトルスピリッツ 龍虎の拳』でユリ・サカザキの役を演じた(しかし現在発売中のDVDでは権利等の問題からか浜崎の声は別の声優のものと差し替えられている。なおアニメの原作となったゲームの続編『龍虎の拳2』の実写CMでもユリ役を演じている)。

●1998年〜2000年 歌手デビュー、女子高生のカリスマへ
1998年4月8日にシングル『poker face』でデビュー、オリコン最高位20位を記録し、同年8月3rdシングル『Trust』ではオリコンチャート初TOP10入りを果たす。化粧品会社、製菓メーカーのCMタイアップなどで注目度が上がり、1999年1月1日発売の1stアルバム『A Song for ××』でオリコンチャート1位を初獲得。約150万枚を売り上げた。表題曲「A Song for ××」をはじめ、自作の歌詞が当時の女子中高生を中心に大きな支持を受ける。

同年4月7thシングル『LOVE 〜Destiny〜 / LOVE 〜since1999〜』でオリコン1位を獲得。

同7月、当時ライバルとして挙げられていた鈴木あみ(現:鈴木亜美)との同日発売シングル首位獲得競争(浜崎『Boys & Girls』vs鈴木『BE TOGETHER』)は熾烈を極め、初登場週は鈴木が1位、浜崎が2位となったものの、2週目は浜崎が抜き返し1位に、3週目も1位を獲得した。この『Boys & Girls』と10thシングル『A』がミリオンセラーを記録し、同年NHK紅白歌合戦に初出場。

2000年夏には初めてのコンサートツアー(第一幕、第二幕と題し全国を二巡する)に挑むも、左耳の疾患(内耳性突発難聴)により一部公演を延期。のちに左耳の聴覚が弱くなる後遺症を負ったことを公表している。この頃からマスコミなどで「女子高生のカリスマ」と呼ばれ始め、彼女のファッションや奇抜な行動は女子中学生、女子高校生を中心に多大なる影響を及ぼし、ファッションリーダーとしてネイルアート・大きなサングラス・ヒョウ柄などの流行を生み出す社会現象となった。

●2000年〜2003年 頂点 −レコ大三連覇−
2000年11月、全日本有線放送大賞でグランプリを受賞。以降、2001年と2002年のALL JAPANリクエストアワード、2003年のベストヒット歌謡祭でもグランプリを受賞し、4連覇を達成している。 2000年12月13日発売の19thシングル『M』では初の作曲を手がけ(『CREA』名義)、ミリオンセラーを記録する。また初のカウントダウンライブも開催。以来毎年の恒例となっている。

2001年3月28日、ベストアルバム『A BEST』を発売。 宇多田ヒカルの2ndアルバム『Distance』との同日発売が注目を集めたものの初動・累計ともに宇多田に敗れる。結果的にはどちらも400万枚以上の売り上げを記録した。 同年夏には、女性ソロ歌手としては安室奈美恵以来2人目となる東京・大阪・名古屋・福岡の4大ドームツアーを行った(札幌は完成直後の為、除外)。 同年秋にはアルバムの発売が延期されたとの情報で所属レコード会社エイベックスの株価が下落するなど、エイベックスの看板歌手としての側面も注目されるようになった。また、一時は同社の売り上げの4割を占めたこともあり、同社の経営体質の弱点として「あゆ依存」という言葉も生まれた。

この年の末に24thシングル『Dearest』で日本レコード大賞受賞。 以降2002年に『Voyage』、2003年に『No way to say』で史上初の3連覇を果たす。

2002年7月に発売した27thシングル『H』が、日本のシングルCD売り上げが全体的に低迷した同年において唯一のシングルでのミリオンセラーを記録した(オリコン・日本レコード協会では2002年度チャートでミリオンセラーを記録したが、プラネット・サウンドスキャンでは集計期間の関係上などから2002年度チャートではミリオンセラーを記録できなかった)。

2002年秋にはシングル28thシングル『Voyage』の発売に合わせて短編映画「月に沈む」(監督:行定勲)が公開(後にDVDとして発売)。歌手デビュー以来初めて女優業を行う。2002年10月、初のレギュラー番組「ayu ready?」がスタートする(2004年3月終了)。 ファッションリーダーとしての活躍も顕著であり、ベストジーニストやネイルクイーンでは殿堂入りも果たしている。

●2004年〜現在 松浦氏解任騒動、そして現在
2004年7月28日、エイベックスを退社した松浦勝人が立ち上げる予定の新会社に移籍する考えを明らかにしたが、松浦の復帰によりそれは免れた(→エイベックス参照)。 しかしこのお家騒動を理由に、同年の日本レコード大賞など一連の賞レースを辞退し、以後賞レースからは距離を置く様になる。

同年以降、爆発的なヒットはないものの、CDシングルは30万枚前後と安定したセールスを保っていたが2005年末から2006年初頭に発売された38th『Bold & Delicious/Pride』、39th『Startin'/Born To Be...』の両シングル(両作ともSWEETBOXとのコラボレーション)では、アルバムの先行シングルであったこと、一般受けの悪さなどの要因もあって累計15万枚程度にまでセールスを落とす。

2006年6月21日に発売された『BLUE BIRD』では売上を初動16万枚にまで回復したと同時にソロ歌手および女性ボーカルでは史上初のシングル総売上2000万枚を達成する(ちなみに、総売上2000万枚を達成しているのは他にB'z、サザンオールスターズ、Mr.Children、SMAPの4組のみ)。

2007年3月には、その先月末に発売されたベストアルバム『A BEST 2 -BLACK-』『A BEST 2 -WHITE-』がオリコン・チャート1位および2位を初登場で独占。この記録は、女性アーティストとしては、1970年の藤圭子の記録以来、実に36年ぶりの快挙であった。


【概要】
■名字の「浜崎」の正しい読み方は「はまざき」ではなく「はまさき」である。圧倒的に九州地方に多い名字である。

■家族構成は、母一人子一人。祖母は彼女のデビュー直前に亡くなっている。小学校5年生の3月に、同じ福岡市内を転居した。

■デビュー当初は、五反田に住んでいた。

■犬(小型犬)好きとしても有名でチワワ、ミニチュアダックスフンドなどを飼っている。仕事場に連れてくるのはもちろん2005年のツアーでは、MC中にステージに登場したこともある。

■バンドメンバーには、ギタリストに『よっちゃん』こと野村義男(マネージャーがよっちゃんファン)、ベーシストに元バービーボーイズのENRIQUE(エンリケ)がいる。

■デビュー以来、浜崎あゆみのオリジナル曲は全て自身で作詞している。ほとんどの歌詞は日本語。不得手の英語は使わないと宣言していたが、2002年のアルバム『RAINBOW』以降は英語詞を含めたものも発表している。

■また曲のタイトルは、「Hana」、「kanariya」、「HANABI」が日本語であるほかは、英語不使用宣言中も全て英語を使っている。(ただし「Voyage」は本来、フランス語なら『ヴォワイヤージュ』、英語読みなら『ヴォイージ』であるが、ローマ字読みで『ヴォヤージュ』と読ませている。)

■パチスロ「吉宗」の姫BIGで流れる歌「そこにあるかもしれない…」を歌っているのは浜崎あゆみではなく尼崎まゆみという歌手である。

■CNNのTalkasiaの英語のインタビューでは短い時間ではあったが英語を披露している。

■『人生はギャンブル』であるとしたうえで、自らの半生を『ハイリスク・ハイリターン型』であると語っている。


【主な記録】
●売り上げ記録
■CDシングル
 ・首位獲得数:27作 (歴代2位、女性ソロ歴代1位)
 ・TOP10入り:38作 (女性ソロ歴代1位)
 ・総売上枚数:約2001万枚
(2000万枚突破は史上5組目、ソロ歌手および女性ボーカル歴代1位)

■CDアルバム (ミニアルバム含む)
 ・首位獲得数:11作 (女性アーティスト歴代4位)
 ・8年連続首位獲得 (歴代2位タイ)
 ・ミリオンセラー:8作 (女性アーティスト歴代2位)
(以上オリコンチャートによる)


●受賞記録
主なものを抜粋。

■音楽賞
 ・日本レコード大賞
 ・大賞 (2001年,2002年,2003年)
 ・日本ゴールドディスク大賞
 ・アーティスト・オブ・ザイヤー (2001年,2002年,2004年)
 ・日本有線大賞
 ・大賞 (2001年,2002年)
 ・全日本有線放送大賞→ALL JAPANリクエストアワード→ベストヒット歌謡祭
 ・グランプリ (2000年,2001年,2002年,2003年)
※但し、2002年以降はポップス部門

■その他
 ・紅白歌合戦連続出場:7回 (1999年〜)
 ・ベストドレッサー賞 (2000年)
 ・ベストジーニスト
  一般選出部門 (2000年,2001年,2003年〜2005年)
  ※木村拓哉、草g剛に続いて3人目、女性では初の殿堂入り。
 ・ネイルクイーン (2001年〜2003年)
  ※殿堂入り。

他多数。

(出典:Wikipedia)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?b=20070713-00000208-sph-ent


1日1粒飲むだけで吐息がカラダがバラかほる。アロマ効果もあるこの「バラかほるサプリ」は春に向けて”華やかを目指す女性”に大人気間違いなしの商品です♪

羽賀研二 エピソード&プロフィール

羽賀 研二(はが けんじ、本名:當眞 美喜男(とうま みきお)、1961年7月21日 - )は、フロム・ファーストプロダクション所属のマルチタレントである。旧芸名は羽賀 健二。沖縄県沖縄市出身。父がアメリカ人、母が日本人のハーフ。血液型はB型。身長180cm、体重68kg。代表作は主演した『サギ師一平』シリーズ。


【略歴】
唯一の本土決戦の地であり、多くの戦争犠牲者を出した沖縄で、敵国である米兵と日本人とのハーフとして生まれた彼の幼少年期は凄惨なものであった。

■米兵の子を身ごもった事を知った叔父は、胎児を蹴り殺そうと母親を蹴りまくったそうである。

■生活は貧困を極め、住まいは長らく電気店の納屋であった。その為、早くから新聞配達をして家計を助けていた。

■小学校時代は、ハーフで赤毛であることを理由に執拗なイジメに合う。中学時代は、同様の理由で喧嘩を吹っかけられる毎日を送る。

■国際学園中央高校高等部時代はバスケットボール部に所属し、5番でインターハイ出場歴もある。

■卒業後、1981年にミュージカル『ザ・ファンタスティックス』で芸能界デビュー。また、劇男一世風靡が分裂する前の劇男零心会にも籍を置いていた。(劇男零心会には参加していたが劇男一世風靡に参加していない。)

■翌年フジテレビ系列の『笑っていいとも!』の初代いいとも青年隊に起用されたのを皮切りに、俳優・歌手として活躍。その後もタレントとして、また著書執筆など広く活躍している。

かつて梅宮アンナと長期にわたって交際しており、"ペアヌード"写真集を出すほどの熱愛ぶりだったが、梅宮辰夫の反対や羽賀自身の見栄を張りすぎた性格が災いして借金など数多くの問題を抱えていた。だが「誠意大将軍」と名乗り、梅宮パパや借金に対して誠意ある対応をしたことから次第に周囲から認められる。しかし、梅宮アンナとは仲違いをし1999年に破局することになった。

梅宮と交際していた時期に、グラビアアイドルの桜庭あつこが羽賀との関係をマスコミに告白した騒動があった。一般的には単なる桜庭の売名行為だったと認識されている。

2000年代前半にはあまりメディアに露出せず、宝石販売業で成功し地道に借金を返済した(と思われていたが、当時の金銭トラブルが元で2007年に恐喝事件で逮捕される)。近年はタレント活動よりもこちらの方が本業と言える。

2004年頃から、ケツメイシ『君にBUMP』のプロモーションビデオに出演するなど、再び芸能活動を本格化させるようになる。

2006年、元テレビ制作会社社員で数年間羽賀の身の回りの世話をしていた女性と結婚。梅宮アンナとの破局の真相や妻との出会い、そして結婚式の模様はフジテレビ「Dのゲキジョー」内で紹介された。


《恐喝事件》
2007年6月30日、大阪府警に恐喝容疑で逮捕された。元プロボクサーの渡辺二郎、暴力団山口組系極心連合会相談役、同会関係者ら3人と共に知人男性を脅し、「羽賀容疑者から買った医療コンサルタント会社株が同社の破たんで紙くずになった」という約4億円の賠償請求権を放棄させた疑い。羽賀は容疑を否認している。

さらに、この男性に対し未公開株の価値を3倍高く偽って購入させ、差額を借金返済などに充てていた疑いも浮上。男性から3億7000万円を受け取った2001年は羽賀が借金の返済に追われていた時期で、宝石販売業とは別に違法な手段で金を作り返済していた可能性が出てきた。

他にも、遺言状を書いて借金を重ねたり、土下座や電話を繰り返して5000万円を借り「外部に漏らせばプロダクションから名誉毀損で訴えられる」などと脅して借金を踏み倒した事などが報道されている。


【逸話】
■有名になった後も発表される生年月日がコロコロ変わった。デビュー当時は1961年生まれとなっていたが、その後1964年生まれになっていたこともある。近年は1962年生まれの発表に落ち着いていたが、2007年6月の逮捕時に警察は45歳(1961年生まれ)と発表した。

■数々の伝説を作り上げたと周囲から言われるほど逸話には事欠かない。以下にいくつか例を挙げる。

■いいとも青年隊時代、楽屋で蚊に刺されて無性に刺された箇所がかゆくなった。羽賀は血が多量に出るまでかいたあげく、しまいには焼きごてを自分で用意しその傷口を塞いだ。

■単身でバイク横転事故を起こした後には自分を励ますためになぜか大声で「沖縄」と叫んだ。

■梅宮アンナと交際中、アンナの陰毛を「お守り」として財布の中に入れ常に持ち歩いていた。

■知人の連帯保証人となったため2億4000万円もの借金を背負い、その返済の為に芸能活動の傍ら宝石商として働き続け、商才もあったのか12年かけて完済した。その経験を活かして、今では宝石デザイナーとしての顔も持っている。

■上記の借金問題で野口五郎が怒って説教をした時に、何故か逆に羽賀に説得され、気がついたら野口が羽賀を励ますシチュエーションになっていた。

■ディズニー映画「アラジン」のアラジン役と、人気格闘ゲーム原作の「ストリートファイターII MOVIE」のケン・マスターズ役で本職声優さながらの演技を見せたことから、「声優業でも通用する」との声が未だ根強く聞こえる。

■後者は劇場版での演技が好評だったため、TV版「ストリートファイターII V」でも同じ役で出演。

■ちなみに「ストリートファイターII MOVIE」で共演した清水宏次朗とはプライベートでも親友関係である。

■自動車やレースが趣味で、日本自動車連盟公認の国内競技に出場するための国内A級ライセンスを取得している。

■実質的は母子家庭であり、そのため母親想い。母には家をプレゼントしている。

■沖縄県北谷町のアメリカンビレッジにある「南国食堂」のオーナーでもある。(現在は閉店)

■陰茎が非常に大きく、週刊誌の巻頭ネタにされたこともある(25cm、或いは23cmとも報じられている)。また、ビキニやTバックなどの際どい下着を1990年代まではよく身に着けており、深夜番組でTバック・ビキニ・競泳パンツのモデル役を堂々と務めたこともあった。更に「笑っていいとも!」でかつて共演していたタレントの多く(ドン川上・野々村真など)から、「かならずビキニパンツから大きな"ナニ"がかなりの割合ではみ出していた」と証言されている。
これらの「下ネタ」系の逸話の有無に関し、羽賀は積極的に肯定の立場を取り、更に自らの性生活をオープンにしたりする姿勢を取っている。

(出典:Wikipedia)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?b=20070708-00000018-spn-ent

[PR]

三井住友銀行グループのさくらカードは、世界190の国と地域、1,222万店で使える便利なJCBカード!JCB加盟店でお得にショッピングができたり、JCBトラベルで役立つ情報が満載です。

ハリセンボン エピソード&プロフィール

ハリセンボンは、吉本興業東京本社所属の女性お笑いコンビ。東京NSC9期生。2003年結成。略称「ハリセン」。

実年齢とはかけ離れているおばちゃん顔が2人の特徴。


【メンバー】
■箕輪はるか(みのわ はるか、1980年1月1日-)
東京都北区出身
早稲田大学第二文学部卒業。ちなみに2006年8月23日放送の『ワンナイR&R』にて、奨学金と自分で稼いだアルバイト代のみで卒業したことが明らかになった。
高校時代、バドミントンで都大会ベスト16になったことがある。
趣味はサッカーと剣玉とミニカー<トミカ>集め。
けん玉1級。図書館司書の資格を持つ。
あだ名は死神。歯が特徴で、前歯のうち一本の神経が死んでいる。
身長160cm、体重45kg。
血液型A型。

■近藤春菜(こんどう はるな、1983年2月23日-)
通称「春菜」(はるかと同じく先輩にそう呼ばれる)
東京都葛飾区出身。
国本女子高等学校、桐朋学園大学短期大学部(現・桐朋学園芸術短期大学)卒業。
趣味は音楽鑑賞とインターネット。
身長155cm、体重65kg。
血液型A型。


【略歴】
■吉本興業所属の若手芸人ユニット「劇団ガッツ」を結成。メンバーはハリセンボンの2人の他にミルククラウン・犬の心・グランジ・もう中学生。

■2005年、TBSテレビの芸人オーディション番組「ゲンセキ」にて、1年後輩のオリエンタルラジオらと共にコント番組「10カラット」のメンバーに選抜される。

■「10カラット」をきっかけに2006年からブレークし、様々なテレビ番組に出演。週刊誌「フラッシュ」では『久々に現れた大型女性コンビ』と評されるなど、森三中ら女性芸人を脅かす存在となった。近頃はレギュラー番組も増えてきて、いわゆる「売れっ子」の仲間入りを果たした。

■2007年3月7日にシングル「ともだちのうた」を発売しR and CからCDデビュー。「吉本のPUFFY」を目指している。オリコン最高195位。発売3週間の売上がわずか400枚であることが「オールスター感謝祭」(2007年3月31日放送)で出題されたことで明らかになった。


【エピソード】
■箕輪はるか
・通称「はるか」。

・アンガールズの山根良顕に似ていて、テレビに出演し始めた頃は女版山根良顕と言われていた。

・相方の春菜には「しゃれこうべ」などと呼ばれることがある。

・水道メーターの検針員のアルバイト経験がある。不審者と間違えられたことがある。

・『Goro's Bar』の企画で、整形外科医に「とんでもない原石」とコメントされた。

・初キスは2006年5月15日放送『アメトーク』のイケメンディレクターと。

・大学時代に友達が一人も出来なかったので、性格を明るくするために芸人を志した。

・前歯の一本が黒ずんでいるのは、前歯の神経が死んでいるから。(小学生の頃に道に転がってた鉄パイプに乗って転がして遊んでたら、顔面からこけて前歯の神経が死んだらしい。)

・前歯だけでなく奥歯も虫歯による欠損が多く、唐揚げを一個食べるのに1時間を要すほど咀嚼に時間がかかる。

・スレンダーでスタイルが良く、2006年8月3日放送『うたばん』では倖田來未のメイク指南により美人に変身した。その時の本人の発言→「女って綺麗じゃなきゃ意味無いし」

・エジプトの壁画の女性のものまねをする。フィフィにも似ている。
口元を隠すと堀北真希に似ていると言われるらしい。

・大喜利系に強く、『ダイナマイト関西』では女性初の決勝進出者となった。女性初の優勝も期待されている。

・2007年1月2日放送の『芸能人格付けチェックこれぞ真の一流品だ!!'07お正月スペシャル!』内、本職の映画監督と素人が製作した作品を見極めるという主旨の問題で、素人側として短編作品を製作。本職の方は阪本順治が監督したものだったが、多くの出演者が箕輪の作品を選び、彼女のクリエイターとしての才能を窺わせる結果となった。

・母は看護婦。幼少時代から母の仕事の都合上一人で過ごすことが多く剣玉をやっていた結果、とても剣玉がうまくなった。いまでも剣玉は良くやる。

●箕輪の入国審査トラブル
・番組の企画でアメリカに行った時、春菜やスタッフは通過できたがはるかが入国審査に引っかかり、取り調べを受けた。空港側には「日本人に見えない」「職業は何だ」と疑われていた。

・春菜が近づいてみると、空港側が「Are you Mexican?(あなたはメキシコ人ですか?)」とはるかに聞いていた。はるかはそれに対し「私は日本人です」と言うつもりで「I'm Japan!(=私は日本だ!)」と言ってしまった。さらに職業を聞かれ「Picture (写真です)」(これは本人曰く「人に見られる仕事だということを言いたかった」)。しかし当然のごとく理解されず、それどころか取調室へ連行されてしまった。

・取調室では日本語を少し話せる女性職員が出てきて「本当の事言わないとあなた二度と日本に帰れないよ!」と空港中に響き渡るほど声を荒げたという。挙句の果てに、女性職員がいたにも拘らず男性職員がはるかボディチェックし始め、日本人女性であるのにメキシコ人男性と思われていたことが発覚。本人は「もう二度とアメリカに行きたくない」と言っていた。

・2007年1月25日のダウンタウンDXと1月26日のライオンのごきげんようでこのことについて語っていた。


■近藤春菜
・顔はおろか、喋り方もおばちゃんそのものである。持ちギャグは「じゃかぁしいわ」(「誰々(主に角野卓造か彼に関わるフレーズ、「角野卓造じゃねぇよ!!」は鉄板ネタ。)さんですか?」と聞かれたあとに)「〜じゃねぇよ!」。まだ24歳だが実年齢よりかなり老けて見られるため30代と思われる事も多い。

・中学時代はバスケットボール部に所属していた。

・相方とは対照的に食べるのが早い。また、食事中に邪魔されることを極端に嫌うらしい。

・初キスは2005年12月6日、ヨシモト∞の生放送中の罰ゲームで。相手はリットン調査団の水野透。後日彼女はこの時のことを「ビジネスキス」と呼んでいる。

・2006年4月以降、『ロンドンハーツ』では「同じ言葉を返すだけで面白い」として注目されている。

・クイズプレゼンバラエティー Qさま!!の企画・10m高飛び込みでは、2時間悩んだ末リタイアした(女性チャレンジャーのリタイアは番組史上初。男性を含めるとロバート・馬場裕之、スピードワゴン・小沢一敬に次いで3人目)。その後「誰もやったことないことだからいいじゃないですか!」と逆ギレし、進行のアンタッチャブル・柴田英嗣にプールに落とされた。

・父親は警察官。

・グアムで「スモウレスラー?」と聞かれたことがある。

・また春菜、はるか共に二人とも嵐の二宮和也がタイプらしく、「嵐の宿題くん」ではるかは妄想デートを楽しんだ。


【ものまね】
■箕輪
死神
エジプトの壁画の女性
山根良顕

■近藤
角野卓造
仲本工事
カンニング竹山(竹山自身も近藤の顔を見て「他人とは思えない」と言うほど似ている。ちなみに二人はメガネの度も一緒だそうである。)
サンボマスター(山口隆)
マイケル・ムーア
吉村作治
古田敦也(東京ヤクルトスワローズ)

(出典:Wikipedia)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?b=20070623-00000001-oric-ent

[PR]
銀行系のモビットなら急な出費にも安心!10秒審査→カード受取りは当日『すぐモビ』で!パソコン・携帯から振込融資お手続き可能!

春野寿美礼 エピソード&プロフィール

春野寿美礼(はるのすみれ、12月15日生まれ - )は東京都狛江市出身、宝塚歌劇団花組のトップスター。

77期生。同期に、元雪組トップスター朝海ひかる、星組トップスター安蘭けい、元宙組娘役トップ花總まりらがいる。

出身校國本女子高等学校、公称身長168センチ、血液型AB型、愛称オサ(本名の姓に由来)


【略歴】
1991年、宝塚歌劇団に入団、月組大劇場公演『ベルサイユのばら』で初舞台を踏む。同年花組に配属される。

1994年東京宝塚劇場公演『ブラック・ジャック 危険な賭け』新人公演で準主役に抜擢される。

1996年『ハウ・トゥー・サクシード』新人公演第2部で初主演。

1997年『失われた楽園』『ザッツ・レビュー』と3作品連続で、新人公演主演を務める。

1999年3月バウホール公演『冬物語』でバウホール公演初主演。

2002年東京宝塚劇場公演『琥珀色の雨にぬれて』『Cocktail』ではトップスター匠ひびき休演の為、代役として主演を務める。

同年8月匠ひびきの退団にともない、『あかねさす紫の花』(中大兄皇子/福岡・博多座公演)からトップスターに就任(入団12年目)。

劇団本拠地・宝塚大劇場でのトップ御披露目は同年10月の『エリザベート』(トート)となった。相手役の娘役トップは、『エリザベート』まで大鳥れい、2006年2月まではふづき美世を迎え、現在は桜乃彩音。2006年8月現在、在任期間が各組トップ中最長となっている。


【スター像】
歌唱力に定評がある正統派の男役。 そのほか演技、爽やかな舞台姿にも評価が高いトップスターである。

また、最近では妖艶さも加わり、より一層の魅力を増している。

2001年12月より、三井住友VISAカードのイメージキャラクターをつとめている。

(出典:Wikipedia)

長谷川京子 エピソード&プロフィール

長谷川 京子(はせがわ きょうこ、1978年7月22日 - )は、平成期(2000年代-)のファッションモデル、女優、タレント。レプロエンタテインメント所属。


【来歴・人物】
千葉県柏市出身。血液型はB型。LesPros所属。柏市立酒井根中学校、千葉県立松戸国際高等学校普通科、川村短期大学生活学科卒業。短大卒業後の1999年、女性ファッション雑誌「CanCam」(小学館)の専属モデルとなり本格的にモデル活動を開始し、以後、同誌の看板モデルとして活躍した。愛称は「ハセキョー」、「ハセキョン」、「京ちゃん」など。


【経歴】
1999年、格闘技の番組「SRS」(フジテレビ)の3代目司会者としてテレビデビュー。美人で明るい性格のため、人気を得る。2000年「らぶ・ちゃっと」(フジテレビ)で女優デビュー後、2001年放送の「夏休みのサンタさん」(日本テレビ)、「スタアの恋」(フジテレビ)への出演を皮切りに本格的に女優活動を開始する。2003年放送の月9「僕だけのマドンナ」(フジテレビ)ではジャニーズの滝沢秀明と共演。同年、ベストドレッサー賞を受賞。2004年にはCMの露出量が1位になり、NTTドコモやコーセーなど10社11商品に出演するなどCM女王の地位にまでついた。2006年4月より放送の「おいしいプロポーズ」(TBS)で連続ドラマ初主演となった。2006年8月放送の「沖縄従軍少女看護隊―最後のナイチンゲール」では、名演技で、戦争の悲惨さを訴えた。

(出典:Wikipedia)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?b=20070524-00000007-sanspo-ent

[PR]
【ライブドアクレジット】年率15.0〜18.0% 最高100万円

橋田壽賀子 プロフィール&エピソード

橋田 壽賀子(はしだ すがこ、1925年5月10日 - )は、日本を代表する脚本家、劇作家である。韓国の京城(ソウル)生まれ大阪府堺市出身。

【概要】
大衆に受け入れられてこそ価値のある作品であるという信念のもと、数多くのヒットを飛ばした。おしん(1983年〜1984年:NHK)、春日局(1989年:NHK)、渡る世間は鬼ばかり(1990年〜:TBS)など、後世に残る作品を数多く残している。


【来歴・人物】
・大阪府立泉陽高等学校(後輩に女優の沢口靖子がいる)、日本女子大学国文科を卒業後、早稲田大学文学部芸術科中退。

・1949年松竹に入社し脚本部所属。1959年に独立作家となる。

・1966年に岩崎嘉一(当時TBSプロデューサー)と結婚。1989年9月死別(岩崎、享年60)。

・1992年には、橋田文化財団を設立し理事に就任。

・現在は熱海に暮らしている。


【主な作品】
●ドラマ
となりの芝生(1976年:NHK銀河テレビ小説)
となりと私(1977年:NHK銀河テレビ小説)
夫婦(1978年:NHKドラマ人間模様)
幸せのとなり(1979年:NHK銀河テレビ小説)
女たちの忠臣蔵(1979年:TBS)
おんな太閤記(1981年:NHK大河ドラマ)
おしん(1983年-1984年:NHK朝の連続テレビ小説)
大家族(1984年:TBS)
男が家を出るとき(1985年:NHK銀河テレビ小説)
いのち(1986年:NHK大河ドラマ)
お入学(1987年:NHK銀河テレビ小説)
おんなは一生懸命(1987年:TBS)
春日局(1989年:NHK大河ドラマ)
渡る世間は鬼ばかりシリーズ(1990年〜:TBS)
おんなは度胸(1992年:NHK朝の連続テレビ小説)
春よ、来い(1994年〜1995年:NHK朝の連続テレビ小説)
番茶も出花(1997年:TBS)
百年の物語第1夜「大正編・愛と憎しみの嵐」(2000年8月28日:TBS)
ハルとナツ 届かなかった手紙(2005年10月2日〜6日:NHK)
涙そうそう この愛に生きて(2005年10月9日:TBS)
橋田壽賀子スペシャル・夫婦(2006年2月4日:テレビ朝日)

●著書
橋田壽賀子と素敵な24人(1989年:家の光協会)
渡る世間に鬼千匹(1997年:PHP研究所)
渡る世間は… 橋田壽賀子石井ふく子対談エッセイ (2001年:ワニマガジン)※石井ふく子と共著
ひとりが、いちばん! 頼らず、期待せず、ワガママに(2003年:大和書房)


【受賞】
NHK放送文化賞(1979年)
松尾芸能大賞
菊池寛賞(1984年)
紫綬褒章(1988年)
勲三等瑞宝章
東京都文化章
毎日芸術賞特別賞


【ドラマの特徴】
●構成
女性脚本家らしく、ドラマの中の女性の視点から物語が展開されている。

現代劇(渡る世間は鬼ばかりなど)の中では、10代〜20代の男性出演者は黒髪が多いこと(茶髪は不良の設定)、恋人同士でさえお互いにいつまでも敬語を使って話していること、恋人関係から結婚に至る過程が堅過ぎる(“できちゃった結婚”は絶対にあり得ない)など少々今の時代に即していない面も指摘される。また、結婚や生活に関して旧い価値観を貫いており、若者と年配者、あるいは嫁姑の対立という内容が必ずある。

●セリフ
妥協や甘えを一切許さない作風の持ち主で、ドラマの脚本執筆の際、役者に喋らせる台詞が長い事で有名。主役級の泉ピン子は「自分の台詞が台本1ページもある」と言っていた。加えて助詞(いわゆる「てにをは」)一字の発音違いも許されず、アドリブも一切禁止と言われている。これは松竹時代、担当したドラマの脚本で作成した台詞を、俳優達が一切使わなかったことが原因と思われる。

担当脚本の作品では、もはや死語となったような上品な台詞が多く発せられる。主なものに「作る」というところを必ず「拵える(こしらえる)」と言わせる、「味噌汁」を「御御御付(おみおつけ)」と言い換える、など。

●橋田ファミリー
橋田脚本のドラマには、泉ピン子などいわゆる「橋田ファミリー」と呼ばれる役者が決まって出演している。ベテランの役者が多く、橋田ドラマで鍛えられているため台詞や演技力は高いが、一方で橋田ドラマ以外ではあまり目にすることがない俳優もいる。

(出典:Wikipedia)


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?b=20070403-00000045-sph-ent

パク・ヨンハ プロフィール&エピソード

パク・ヨンハ(朴容夏、1977年8月12日-)は、韓国の男優、歌手である。中央大学校芸術学部演劇科在学中。

1994年に俳優デビュー。2003年に歌手デビュー。日本ではドラマ『冬のソナタ』でのペ・ヨンジュンの恋敵役として有名に。最近は俳優より歌手活動が中心になっており、日本でも多くのライブやイベント行ったり、音楽番組に出演している。

日本では「ヨンハ様」(ハニカミの貴公子)よりも、親しみをこめて「ヨンハちゃん」や「パクちゃん」と呼ばれることが多い。プロレーサーの国際ライセンスを持っている。

右利きであるが、箸だけはなぜか左。 2007年、眼球の水晶体の異常で兵役免除された。

(出典:Wikipedia)


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?b=20070403-00000000-ykf-ent

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。