Google
 

松山ケンイチ エピソード&プロフィール

松山 ケンイチ(まつやま けんいち、本名:松山研一(読みは同じ)、1985年3月5日 - )は、青森県むつ市出身の俳優・モデル。大湊高校→東京都立代々木高等学校出身。血液型はB型。所属事務所はホリプロ。身長180cm、体重60kg、B86cm W73cm H83cm S28cm。

『NANA』『男たちの大和/YAMATO』『デスノート』シリーズなどの出演作で知られる。

特技は棒高跳び(中学時代東北大会4位)、車いすバスケットボール。

公式サイトで使われている略称は「松ケン」。


【略歴】
■2001年
・HORIPRO×Boon×PARCOの共同企画ホリプロ男性オーディション「New Style Audition」で16,572人の中からグランプリ受賞。PARCO
2001年「Looking for a new “NEW”」キャンペーンでモデルデビュー。

■2003年
・『アカルイミライ』で映画デビューを果たす。

■2005年
・『男たちの大和/YAMATO』オーディションにおいて、角川春樹に見初められ年少兵メイン神尾克己役に抜擢される。その際「薬師丸ひろ子や原田知世を発見した時より震えた」と言わしめ、続く『蒼き狼〜地果て海尽きるまで〜』『椿三十郎』と、新生角川春樹プロデュース映画に三作連続で起用されることとなった。

■2006年
・『デスノート』『デスノート the Last name』のL役を魅力的に演じ、一躍注目を浴びる。映画の大ヒットに伴い2007年にはLを主人公としたスピンオフ映画のクランクインが予定されている。公開は2008年2月の予定。

■2007年
・日本テレビ系ドラマ『セクシーボイスアンドロボ』で連続ドラマ初主演を果たす。


【人物】
■2007年より雑誌などの連載で対談や自身の言葉で綴った文章を発表しており、彼自身の考えに注目するファンも急増している。俳優としてだけではなく、若い世代に影響を与える人物として、特異な存在感を放っている。(参考:日本の新世代男優図鑑)

■戦争と平和について強く考えるきっかけとなり、一番印象に残る出演作として『男たちの大和』をインタビューなどでよく挙げる。

■音楽映画『神童』の撮影をきっかけにピアニストの清塚信也と仲がいい。

■兄弟は弟と妹がいる。

■演技では出ないが、普段は喋りに訛りがある。一人称は下北弁で「わい」(ただし、テレビ出演などで「僕」や「俺」も使う)。「東京に負けない」為にも訛りを直すつもりはないと熱く語る。「ずっと南部弁かと思ってたが、下北半島の下北弁」だったことが判明。

■絵本を読むのが好きで、戦争をテーマにしたものを書きたいと思っている。

■沖縄で手作りのハリガネアクセサリーに感動してから、ハリガネアクセサリー作りが趣味。


《俳優として》
■作品ごとに雰囲気が変わり、自身のイメージを固定させないことから、「カメレオン俳優」と呼ばれる。

■撮影現場では細部こだわったアイデアを監督に出し続けるなど、役作りに対してこだわりが人一倍強い。しかし同時に「俳優は監督の駒」と言い、多くの監督に愛されている。

■「(映画については)新しい視点を見せてくれる点では、それを反抗といってもいいと僕は思います。」「(演じる役については)全部自分に近い感じもするし、遠い感じもする。ただ、自分自身の生き方や考え方が役に影響を及ぼし、逆に役が自分に影響を与えているのは間違いないと思います。」などと、独自の考えを持っている。

■尊敬する俳優はゲイリー・オールドマンと中村獅童。ただ、CUT7月号(2007)では「モデルとしている俳優はいません」と話す。


《エピソード》
■芸能界デビューは、親の薦めによるが、本人は興味がなかったと話す。

■映画『NANA』に出演する際、ベースを一晩でマスターした。

■映画『デスノート』のLの登場シーンの「バーン」と銃を撃つ演技は、脚本では1回だったものを人数分撃つようにしたのは松山の案。同様にひょっとこのお面や、お供えを食べるのも彼のアイデアによる。

■体は硬いが、(ユメ十夜のアクション監督をした小原剛によると)かなり動けて、バク宙やバク転をさくさくやってしまうらしい。

■沖縄に行った際にオフで「ひめゆりの塔」へ行くも、「見ている途中でいろんな思いが込み上げて胸が苦しくなり、全部みることができなかった」ので、また行きたいと話す。

■映画監督・前田哲によれば、「普段、ぼそっとすごく面白いことをよく言う」らしい。

■上京してゴキブリを初めて見たときは、飛び上がった。(『メレンゲの気持ち』)

■『親指さがし』に出演した事により、親指を立てるのが癖になってしまった。映画『蒼き狼』の撮影現場にて振り向くシーンを撮る際「松山、振り向くと親指が立ってるぞ」と反町隆史に言われ、何度か撮りなおしたもののなぜか親指が動いてしまい、撮影終了後に共演者からからかわれる。

■『セクシーボイスアンドロボ』出演に伴い、ロボットアニメを見直したりその主題歌を聞くなどして役作りを行う。特に小学校高学年〜中学1年生の頃視聴していた『勇者王ガオガイガー』を見直した際、劇中の敵がストレスを持つ人々を選んで怪物化させているという内容を指し、奥が深いと述べている。

■小学生のころからあだ名が「まつけん」だが、マツケンサンバが流行っていたときは「サンバ」と呼ばれたこともあったらしい。

■本名の名前は漢字だが、画数が悪いと言われてカタカナに変えられた。しかしいつかは漢字に戻したいらしい。

(出典:Wikipedia)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?b=20071009-00000009-oric-ent

[PR]

【ラゼルの新商品】アクネ美白のゼッカ登場!!ゼッカのトライアルセット。にきびだけでなく肌のくすみにも効果的◎にきびをケアしつつやさしく美白、さらに未来のにきびもケアします!

松本康太(レギュラー) エピソード&プロフィール

松本 康太(まつもと こうた、男性、1979年5月16日 - )は日本のお笑い芸人。レギュラーの坊主頭(丸刈り)の方。所属事務所は吉本興業所属。本名同じ。


【人物】
■ボケ・ネタ作り担当。立ち位置は向かって左。NSC大阪校21期生。

■京都府乙訓郡大山崎町出身。身長170cm。血液型B型。

■現在京都美山高等学校学校長である、大野実の教え子である。

■衣装はワイシャツにネクタイ。衣装は汗でかなり臭いらしく、河本準一が罰ゲームで松本の服を着ることになったとき、本気で嫌がっていた。

■1998年、西川晃啓とコンビ「レギュラー」を結成。2003年ごろ持ちネタである「あるある探検隊」がうけ、大ブレイク。

■気絶ネタは最初は彼がやっていたが、このネタが元で扁桃腺を腫らしてしまい手術。以来相方の西川がするようになった。

■非常に歌が上手い。尾崎豊のものまねや徳永英明が得意。

■中学時代は今よりもやせていてロン毛であり、袴田吉彦似であるとよく言われ、ファンクラブがあった程モテたと本人は言っていたが、後日テレビ番組による裏づけで実はそうでもなかったと判明。

■小学校5年生から歯を磨いたことがないが、歯医者も認める強力な唾液の持ち主の為、虫歯にもならなければ口臭も無いらしい。

■だが、本人がそう言っているだけだと指摘する人もいる。又、自分の口の方が汚染されている事にも気づかずに、人と鍋を食べる事は嫌がる。歯周病が心配である。

■ガチンコファイトクラブの漫才道に出演しており、オール巨人に「君、面白いって言われるやろ?」と言われていた。

■京都発!吉本決死隊(雨上がり決死隊とバッファロー吾郎のラジオ。KBS京都)、ロンドンブーツ1号2号のオールナイトニッポン、雨上がり決死隊べしゃりブリンッ!!のラジオ番組でハガキ職人をしていた。ラジオネームは「焼肉パンチ」。

■年齢よりも遥かに老けて見えるとよく言われている。

■次長課長の井上聡に「まっちゃん」と呼ばれて、売れる前から可愛がられている。

■次長課長の井上聡に半年間、河本準一に一年間ほど居候させてもらっていた。

■河本宅に居候していた頃、細かく貯金をすれば将来に役立つと言われ、貯金箱に貯金をしていた。居候ができなくなり、銀行でお札にしようとかなりの重さになった貯金箱の中を銀行員の前で出したところ、中がゲームセンターのコインにすり替えられ、河本に持ち去られていた。金額は数万円だったらしい。

■ますだおかだ・岡田圭右が主催する食事会(通称「岡田会」)に参加している。

■潔癖症。潔癖症すぎてキスするのが嫌だったほど。ファーストキスは23歳。ディープキスが「ずんべらぼっ」と入ってくる事に恐怖を覚えたらしい。

■下積み時代に今の妻に逆ナンされ、長期間同棲していた。

■一発ギャグが得意(例えばスーパーマリオブラザーズのマリオがジャンプする時の音など)。

■初Hの直後、よく恋愛相談をしていた先輩に報告をしようと思い、麒麟の川島明に電話をかけた。しかし気が動転してしまい、川島が電話に出た瞬間「お疲れ様でしたっ!」と言ってしまった。

■現在の妻との交際は初対面時の彼女の告白から。若手でお金もなく食事もろくにしていなかった松本にびっくりドンキーで食事をごちそうしたうえで、「そのかわり私を幸せでおなかいっぱいにしてください」と彼女に言われ、交際が始まる。

■2006年5月1日、大阪で出演していた舞台上で長年交際していたその彼女に公開プロポーズした。実行した理由は、彼女の父親が結婚に反対していたうえ、無許可で女性を東京に連れて行ったことで父親がさらに態度を硬化させていたため大勝負をかける意味をこめて。プロポーズすることを隠して、彼女とその両親を舞台に招待し、公開プロポーズは成功した。しかし、そのことが報道され、彼女が「私はお笑いのネタじゃないのよ!」と激怒しスムーズに結婚できなかった。真相は、スポーツ新聞数社が彼女の実名を掲載した事が直接の理由らしく、松本に落ち度はなかった。その後結婚。笑いの金メダルにて顔と名前を公表した。結婚会見では、キャイ〜ンが取った手法をパクり駄々スベリ。新聞では散々叩かれた。その後、『ド短期ツメコミ教育!豪腕!コーチング!!』で松本が料理を披露するために夫婦共演を果たしている。

■安田美沙子の大ファンである。

■太ったロナウドに似ていると言われる。

■笑金の共演者でたむらけんじとクロちゃん(安田大サーカス)は松本に結婚のお祝いを贈っていない(たむらは費用を捻出できなかったと弁明。さらに替え歌を披露した後で、三宅裕司も松本に結婚のお祝いを贈っていない事を自ら告白した)。

■地理が大の苦手。NSC大阪校を出ており、出身地も隣の京都府(しかも市町村で見ても大阪府に隣接)であるにもかかわらず、笑金の「都道府県クイズ」にて大阪府の日本地図上での位置を当てるのに山勘だった。

■出前の料金をすべて相方に払わせる、東京での仕事の際はホテルの歯ブラシなどを必ず持って帰るなどかなりのケチ。

■妻はバラエティ番組で乳デカ妻として紹介されたことがある。

■関西ローカルのマルコポロリの内で、松本がどの程度お金に執着心があるかを調査するためにドッキリ企画を敢行。仕掛け人の小籔千豊司会に扮し、クイズ対決で勝利すれば賞金が貰えるというウソの企画を松本の楽屋まで持ち込み、軽く打ち合わせした後、小籔がわざとクイズの答えが記された司会者用のカンペを残して立ち去った。案の定、松本はそのカンペを見逃さなかった。隠しカメラには、クイズの答えを熱心にカンニングする松本の姿が映し出され、さらに中身を開いて見たことが悟られないように、折り畳み式のカンペを上から体重をかけて証拠隠滅を図るという醜態までもが映し出されていた。クイズは松本と、相方の西川(こちらも仕掛け人)と争う形で行われた。クイズが始まると、松本は当然答えを知っているので、次から次へと正解していく。しかし、司会の小籔は途中から答えがカンペに記されていない別の問題を出題し始める。今度は予め答えを教えられていた相方の西川が正解し始める。正解を重ねていき、遂に西川が勝利。勝利を奪われた松本はどうやら本気で悔しがっていたようだが、その後ネタばらしされると、松本は笑って誤魔化すしかなかった。

(出典:Wikipedia)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?b=20070928-00000011-oric-ent

[PR]

国内旅行、バスツアー、海外旅行と豊富なツアー情報満載!!季節ごとのお薦めツアーや観光情報など盛り沢山!24時間インターネットにて予約可能です。

マギー審司 エピソード&プロフィール

マギー 審司(まぎー しんじ、本名:三浦 審(みうら しん)、1973年11月11日 - )は、お笑いタレント・手品師。4人兄弟の次男。
宮城県気仙沼市出身。血液型:RH-B型。宮城県気仙沼高等学校卒。


【概要】
■実家は気仙沼市で電器店を営む。審司ブレイク後は店頭に電気製品と共に、奇術の小道具も扱うようになった。

■小学生の時は一年中(真冬でも)半袖半ズボンで学校に通っていた。

■手品師のマギー司郎の三番弟子である。

■しゃべり方や奇術師としてのスタイルがどことなく師匠の司郎に似ており、芸風はマギー一門を正当に継承。

■2004年頃より奇術師として本格的なテレビ出演などをするようになるが、それ以前から奇術師として活動している。マギー司郎のアシスタントとして出演し、2人という点を生かしたネタで笑いを取る芸を披露していたこともある。

■主に赤い背広を着用して人前に出るが、マギー司郎のアシスタント出演が多かった頃には背広でなく薄緑色のベストを着用してステージに出ていた。

■「手品師」という職業名に拘り、「マジシャン」と自称することは稀である。本人曰く「本当はお笑い芸人になりたかった」と言う通り、お笑い芸人の一人として分類されることが多い。(オンエアバトルにも参戦したり笑いの金メダルにも出演)

■意外にもオンエアバトルでは10戦10勝の無敗である。

■マギー司郎に入門したのは「楽そうだから」という理由(弟子入り希望の際、マギー司郎宛てに手紙ではなくハガキを送ったらしい)。実際に入ってみると本当に楽だったという。

■意図的に下手糞なマジックや、誰もが知っているネタをやって笑いを取ることに特徴がある。得意なネタは、大きくなる耳。最近は小さくなる耳をやる。その後親指の小さな耳を突き出し、大木こだまの「チッチキチー」をやることも。

■マギー司郎に弟子入りしてから、逆に手品の技術が落ちたと公言している。

■相棒はぬいぐるみのラッキーとその妹のアンラッキー。巧みな指使いで、あたかも本当に生きているかのように動かすことができる。
2005年から玩具メーカーの増田屋と契約し、ラッキーの友達としてモーラーが新たにペットに加わった。

■松浦亜弥とともに「マギマギ先生」役で、日本テレビの「ティンティンTOWN!」のプリンセス☆アヤヤのハッピーマジックコーナーに出演した。

■柔道の有段者(二段)であり、最近は正月のテレビ番組で芸能人柔道対決のような場面でも活躍。

■マジックだけでなくものまねもやる(ゆーとぴあのピース、伊東四朗など ピースのものまねは明石家さんまも絶賛するほどの腕前)。

■マギー一門の所属事務所はオフィス樹木だが、審司は一人で舞台などを任せられるためマセキ芸能社に所属している。

■ふじいあきらとはネタを交換しあう程仲が良く、たまに共演もする。

■奇術道具の一部を東急ハンズより調達しているらしい。その道具の中で、紙幣を発生させる道具もある。

■その紙幣を発行したのは通貨偽造に当たるとしてめちゃ×2イケてるッ!の番組内でフジテレビ警察に逮捕されている。(その後護送中に護送車の鍵を入手するも鍵を大きくしてしまい、脱出不可になった)

■2006年8月25日にモデルの吉田有希(よしだ ゆき)と結婚。一部スポーツ誌で字が同じであるアイドルの吉田有希(よしだ ゆうき)と間違って報道された(アッコにおまかせ!より)

■2005年6月頃、交際が発覚。取材にも「付き合っています」と堂々と答え、更にはお互いのblogでは同じ日付に同じ場所で遊んでいる等共通点も多く、特に交際を隠してはいなかった。

■2006年9月2日、テレビ朝日系放送の「アメトークお笑い祭り1クールのレギュラーより1回の伝説SP!!」にて、本人曰く「19歳の頃はアメリカで寿司屋をやっていた」とのこと。その寿司修行中にTIMというマジシャンからマジックを習ったと言い、ショーの最後では「ちゃんとした」マジックを披露する。(ただ、英語が出来なかった事で、コミュニケーションが困難だったらしく、それが3か月トピック英会話の出演理由と思われる)

■近視であるため視力が悪くマギー司郎のアシスタント出演が多かった頃には眼鏡をかけることも多かったが1人で出演を行うようになった近年はコンタクトレンズを使用している。

(出典:Wikipedia)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?b=20070826-00000049-spn-ent

[PR]

19800円〜より変則ギア付きビーチクルーザーの完全オリジナルカラーをご用意しており、大胆な色使い等、遊び心のあるデザインも大きな特徴。これからの季節にぴったりのビーチクルーザーがそろってます。

松本隆博 エピソード&プロフィール

松本 隆博(まつもと たかひろ、男性、1961年2月10日 - )は、日本の会社役員、システムエンジニア、歌手。兵庫県尼崎市出身。芸名は「取締役 松本隆博」。血液型B型。身長180cm。

お笑いコンビ・ダウンタウンのボケ担当の「松ちゃん」こと松本人志の実兄。


【経歴】
中学1年に父に買ってもらった3千円の白いギターとの出会いをキッカケにギターに目覚める。アーティストとして南こうせつと長渕剛をこよなく愛する。

大学卒業後、豊中信用金庫(現:摂津水都信用金庫)に入社し、その後数回の転職を経て、松下グループの、松下システムソフトに入社。 その後、松下電器産業に出向し、2003年に同社とヒューマンアカデミーの合弁会社ヒューマックスを設立し、取締役に就任。 会社生活を経て学んだものは、「謙虚と笑顔」だと多くの雑誌インタビューで語っている。

システム開発事業を勧める傍ら、中学1年生の頃からの趣味であるフォークギターの教則DVDを発売した。長年ライブ活動を行っており、場所は路上で行うこともあるが、2007年頃からライブハウスで行っている。


【作品】
■DVD
・取締役 松本隆博のフォークギター教室(2006年)
本格的なフォークギターの教則。同DVDには「尼崎なオカン♪」のPVが収録されている。

■CD
・大阪エヴェッサ応援歌「商売繁盛でかかってこんかい」(2007年)- インディーズ盤
役員をつとめる、ヒューマックスの親会社ヒューマングループが運営する大阪エヴェッサの応援歌。

・尼崎なオカン♪(2007年7月11日)マキシシングルCD発売
母への感謝とささやかなことでも親孝行をしたいという思いがつづられている。

■書籍
・松本の兄(2007年)秋田書店
エッセイ本

(出典:Wikipedia)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?b=20070802-00000022-oric-ent

[PR]

製薬メーカーが原料からこだわった、生活習慣の改善、ダイエットに期待の成分【DNJ】を含む桑の葉青汁を中心としたサプリメントショップ。【身体の中から美しく】をコンセプトに美しさと健康をお届けします。

町田康 エピソード&プロフィール

町田 康(まちだ こう、1962年1月15日- )は、日本のパンクロック歌手、詩人、俳優、小説家である。旧芸名は、町田 町蔵(まちだ まちぞう)。本名は同じ漢字で「まちだ やすし」である。

大阪府堺市出身。1981年、ロックバンド「INU」のボーカリストとしてアルバム『メシ喰うな!』で歌手デビュー。同バンド解散後も様々な名義で音楽活動を続ける傍ら、俳優としても多数の作品に出演。1996年には処女小説『くっすん大黒』で文壇デビュー。2000年には小説『きれぎれ』で第123回芥川賞を受賞している。以後は主に作家として活動している。


【略歴】
《音楽活動》
大阪府立今宮高等学校在学中の1978年、セックス・ピストルズに触発され、パンク・ロックバンド「INU」を結成。町田町蔵 (まちだまちぞう)の芸名で歌手活動を始動する。「INU」は1981年にアルバム『メシ喰うな!』でデビューするが、間もなく解散してしまう。その後の町田は「FUNA」、「人民オリンピックショウ」、「絶望一直線」、「至福団」、「北澤組」、「グローリー」など、新しいバンドを作っては解散し、いくつかのアルバムを発表した。独特の殺気と洒落っ気に満ちたライブパフォーマンスで有名であった。音楽的には、特に初期にはパブリック・イメージ・リミテッドの影響が濃厚であったが、徐々に初期のニューウェーブ色は薄れオーソドックスなロックに接近していった。1980年代の日本のパンクロックシーンではザ・スターリンなどと並んで高い評価を得たものの、1997年の『脳内シャッフル革命』を最後に新たなアルバムを発表しておらず、活動の重点を小説に移している。ライブ活動は続けており、近年ではギタリストの布袋寅泰の作品の作詞を手がけ、ライブでの共演なども果たした。しかし二人が参加するロックバンドの活動方針について意見の食い違いがあり、布袋寅泰に顔や上半身に2週間のけがを負わされて町田本人が千葉県君津警察署に被害届を提出する事態にまで関係が悪化した。


《俳優活動》
独特の存在感が評価され、『爆裂都市 BURST CITY』(石井聰亙監督、1982年)『エンドレスワルツ』(若松孝二監督、1995年)、『H STORY』(諏訪敦彦監督、2004年)『鏡心』(石井聰亙監督、2005年)などいくつかの映画に出演している。『エンドレスワルツ』ではジャズミュージシャンの阿部薫役で主演をつとめた。そのほか、テレビドラマやCMへの出演もある。

細身な体型に端整な顔立ちで、ギョロリとした大きな目、鋭い眼差しが印象的。たびたび雑誌の表紙を飾ったり、モデルを務めるなどしている。『猫にかまけて』『人生を救え!』など、多くの著書でその姿を見ることができ、小説写真集『俺、南進して』では写真家・荒木経惟の被写体となっている。


《執筆活動》
1992年、『供花(くうげ)』で詩人としてデビューする。すでに「INU」でデビューした頃より特異な文体、鬱屈と反抗性に満ちた独特な詩世界を築いており、のちの小説家としての活躍を予感させるものがあった。

詩とエッセイが渾然一体となった作品集『壊色』(1993年)を経て、1996年、処女作『くっすん大黒』で小説家としてデビューする。自堕落な人間が反省せず、意味を放棄して脱力気味に疾走する勇姿もしくは醜態を描いた同作は、それまでの日本文学の常識を打破する作品だった。

デビュー当時から、独自の文体、スタイル、話法を確立。スラップスティックな笑いに象徴される物語、ナンセンスと馬鹿馬鹿しさの徹底振りは、上方落語を祖先とし、時代劇の影響がある。また、嘉村礒多や近松秋江等の第二次大戦以前の破滅的な私小説を彷彿させると評価されている。織田作之助の系譜に通ずるとの意見もある。

また、無茶苦茶に書いている様で、実は大変に計算高く、堅実でもある。『人間の屑』は、谷崎潤一郎の『猫と庄造と二人のおんな』をモチーフにして、馬鹿な男を更に滑稽に描いた。

2000年に『夫婦茶碗』収録の『人間の屑』、『屈辱ポンチ』収録の『けものがれ、俺らの猿と』を原作とした映画がそれぞれ製作されている。

(出典:Wikipedia)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?b=20070727-00000022-dal-ent

[PR]

宅配DVD&CDレンタル『TSUTAYA DISCAS』 は、 ネットで借りてポストで返す、日本最大のレンタルショップです。今なら無料でサービスをお試しできる“フリートライアルキャンペーン実施中!

益子直美 エピソード&プロフィール

益子 直美(ますこ なおみ, 1966年5月20日 - )は元バレーボール選手で、現在スポーツキャスター。東京都葛飾区出身。175cm。


【人物紹介】
バレーボール歴は中学生時代からで、1982年、地元の共栄学園高等学校に進学。在学中は春の高校バレーに出場したほか、1984年には3年生でバレーボール全日本女子代表メンバー入り。「下町のマコちゃん」のニックネームで美人の誉れが高く、山内美加らと共に1980年代の女子バレーボール界を席巻した。

1985年高校を卒業、イトーヨーカドー女子バレーボール部に入団。その後も全日本代表のメンバーとして活躍するもオリンピックには出場できなかった。

1992年引退後はアシスタントコーチ(イトーヨーカドー)を務め、1993年退社。NHKの『トップランナー』の司会を歌手の大江千里とともに長らく勤めるなど幅広い芸能活動をこなし、現在に至る。

2006年12月5日、12歳年下の自転車ロードレーサー・山本雅道と結婚。自身のホームページ上で報告した。


【エピソード】
■過去に歌手としてCDを発売したことがある。当時はTBSテレビニュースの森に出演していて、番組のエンディングテーマ曲になった。

■左右の眼球を別々に動かすことができる。スパイクの決定率を上げるにはどうすれば良いか悩んだ末、「ボールとコートの開いている場所を同時に見る」ことが目的だった。地道な努力により獲得した能力だったが、実際にはスパイクする際にボールに焦点が合わず生かすことができなかった。

(出典:Wikipedia)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?b=20070723-00000002-dal-fight

[PR]

【オリコ「Orihime」カード〜美しい人生を紡ぐカード〜】女性におトクな特典満載。現在入会で全員に200ポイントプレゼント中♪ETCカード同時申込みでさらに100ポイント!

松本人志 エピソード&プロフィール

松本 人志(まつもと ひとし、男性、1963年9月8日 - )は、日本のお笑い芸人、映画監督。

通称は「松ちゃん」。兵庫県尼崎市出身。血液型B型。左利き。逆子だった。現在、独身であり未婚。身長172.8cm。

お笑いコンビ・ダウンタウンのボケ担当。

相方は「浜ちゃん」こと浜田雅功で、1982年にコンビ結成。吉本興業(大阪本社)所属で、吉本総合芸能学院(NSC)の第1期生。


【概要】
1990年代以降のお笑い界で絶大な人気を得ているお笑い芸人。そのためミュージシャンや俳優、作家などにも多くのファンを持つ。

「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!」でのフリートークにおける即興的な笑いのスタイルに特徴を持つ。

また、コントでの役になりきる自らのスタイルを「憑依芸人」と名づけている。

「寒い(サブい)」「ブルーになる」「逆ギレ」「へこむ」等の新語の創作者としても知られる。また、性癖に限らず人をSとMに分ける考え方を広めた。松本自身は芸能界を代表するドMである。

自身のレギュラー番組や舞台などには出演者としてだけでなく、制作にも積極的に関わる。

漫才師として、自身、または浜田が裏番組に出ない限り、連年、M-1グランプリ決勝の審査員を務める。


【略歴】
■1982年に兵庫県立尼崎工業高等学校を卒業後、中学時代からの友人であった浜田雅功と共に吉本総合芸能学院(NSC)に入学(同校の1期生)。入学当初から浜田とコンビを結成。

■ダウンタウンとして様々なテレビ番組にレギュラー出演。「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!」(日本テレビ系列)「ダウンタウンのごっつええ感じ」(フジテレビ系列)等では出演のほか番組の企画・構成も担当した。

■1994年から1995年にかけて、松本が週刊朝日に連載していたエッセイを単行本化した「遺書」「松本」がベストセラーになる(「遺書」は250万部、「松本」は200万部)。また、1994年度の高額納税者番付でタレント部門の1位になる。

■1990年代後半より、「一人ごっつ」シリーズ(フジテレビ系)、入場料1万円のコントライブ「寸止め海峡(仮)」、料金後払い制ライブ「松風'95」、コントビデオ「松本人志VISUALBUM」など、個人での活動を主に行うようになる。

■1997年10月、「ダウンタウンのごっつええ感じ」スペシャルが、松本への事前連絡無しにプロ野球の優勝決定試合に差し替えられたこと等を理由に、同番組の打ち切りを決定する。(本人はそれ以外の理由があったと話している。)その後のフジテレビとの関係が心配されたが、この打ち切りは日曜20時枠とコント番組に対しての撤退に限定したもので、その他のレギュラーの降板は無かった。

■1998年、「ガキの使い」内のトークコーナーにおいて「髪を坊主にしたい」と発言し、その後に実際に坊主にし、現在に至る。又、雑誌「コマネチ」で因縁深いビートたけしとの初対談が掲載される。

■1999年、松本に密着したドキュメンタリー番組『松本人志の本当』(NHKBS)放送。

■2000年、自身の原案で『伝説の教師』(日本テレビ系、SMAPの中居正広と共演)に主演。

■2001年、構成作家の高須光聖とラジオ番組「放送室」(TOKYO FM)を開始。

■2001年10月12日、復活スペシャルとして「ダウンタウンのものごっつええ感じスペシャル」が放送される。視聴率は9.0%。期待していたものより高くなかったのと、フジテレビの編成や制作のまずさを指摘、「本当に面白い事はテレビではもう出来ない」と発言。そしてダウンタウンとしてはテレビ向けコントを制作しないことを宣言する。

■2006年、第2日本テレビの中でVODにて新作コント「Zassa(ザッサー)」を配信。

■2006年、レンタルビデオ店のアダルトコーナーにいる姿の写真を雑誌FLASHに無断で掲載され、その写真が防犯カメラの記録ビデオから転載したものであったため発行元の光文社らを訴え、勝訴した。これにより、「防犯カメラのビデオ映像からの写真転用は訴えられるほどの悪事である」という主張が認められた。

■2007年、本人が企画、脚本、監督、出演の四役を務めた映画「大日本人」を発表。


【人物】
■少年時代に漫画「天才バカボン」(赤塚不二夫作)等に影響を受け、漫画家を目指すが、赤塚不二夫著の漫画家教本に「漫画家は算数(九九)が出来なければならない」と書いてあり、九九が苦手だったことから漫画家への道を断念したと語っている。

■父親の仕事の関係上、様々な公演チケットがよく手に入る環境にあり、吉本新喜劇などの舞台をよく観に行っていた。テレビのバラエティ番組も好きで、ザ・ドリフターズなどの番組もよく観ていたほか、笑福亭仁鶴らの落語も好んで聴いていた。また小学校時代、友人と漫才コンビを組んで実際に人前で演じるなどしていた。

■裕福な家庭ではなかったため、限られたものを使って自分で遊びを発明するなど創意工夫の中で発想力や想像力が鍛えられたと語っている。

■特技は自動車の運転。趣味はビリヤード、ゲーム。

■フィンセント・ファン・ゴッホ、アンネ・フランク、黒田官兵衛を好み、NHK BSの番組『松本人志の本当』でアムステルダムにあるゴッホ美術館とアンネの隠れ家を訪れている。

■5人家族の末っ子。家族構成は父、母、兄、姉。家族の話を番組ですることが多く、番組に出演させることもある。

■実兄はヒューマックスの取締役であり、2007年に歌手デビューをした松本隆博。

■影響された芸人と公言しているのは藤山寛美、島田紳助、志村けん等。

■アダルトビデオ、風俗好きを公言している。

■AV女優・松本コンチータの名付け親である。

■毛じらみをうつされた経験があり、一時期自身の番組などで何度もネタにしていた。

■プロ野球をはじめ、スポーツ嫌いで有名だが、友人に辰吉丈一郎がいるように、ボクシングなど、一部格闘技は好む。ボクシングには自身も挑戦したことがあり、その習得する様子を番組にしたこともある。

■番組ではスーツを着用することが多く、ネクタイの先をズボンに入れている。

■ヘビースモーカーだったが、2003年から禁煙をしている。

■ザ・クロマニヨンズ(元THE HIGH-LOWS・THE BLUE HEARTS)の甲本ヒロトと親交があり、番組での共演や、ハイロウズのアルバムジャケットのデザインや、CM出演などをしている。

(出典:Wikipedia)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?b=20070520-00000003-flix-movi


[PR]
犬好き集まれ! 愛犬とオーナーのためのお役立ち情報いっぱい!

丸川珠代 エピソード&プロフィール

丸川珠代(まるかわ たまよ、1971年1月19日 - )は、兵庫県神戸市出身の元テレビ朝日アナウンサー。


【経歴】
神戸大学教育学部附属住吉中学校→大阪教育大学教育学部附属高等学校池田校舎→東京大学教養学部文科V類入学・東京大学経済学部経済学科卒業。1993年4月にテレビ朝日へ入社。

東京大学の同級生に法学部出身のテレビ朝日アナウンサー西脇亨輔がいる。いくつかのゼミで一緒だったそうだ。ただ、西脇は大学在学中に司法試験に合格し、第47期司法修習を終えた後、1995年にテレビ朝日に入社した為、後輩になる。

『やじうま6』の司会を務めた後は報道番組を中心に活躍し、『朝まで生テレビ』で渡辺宜嗣アナウンサーと共に進行を務め、『スーパーJチャンネル』でも、『ザ・激戦区!』のリポーターなどで務めた。

チャームポイントの左目下のホクロがシンボルマークである。

昼間のANNニュースを境に髪型を右分けから、左分けに変えている。英語も得意。2003年6月にニューヨーク支局に赴任し、2004年5月、平石直之に引継ぎ帰国した。

同年12月より地上デジタル放送推進大使のテレビ朝日代表となる。なお、5月15日付で、テレビ朝日を退職したため、他のアナウンサーに変更となる。

入社1年目の時、生中継で熱々のたこ焼きを食べて大悶絶した。その後も中継を続けたのだがその時すでに、食道を火傷すると言う大事件に見舞われすぐに病院に搬送。13日間入院した経験がある。

2007年5月2日から3日間風邪をこじらせてしまっため、ANNニュースを、坪井直樹アナウンサーが代理担当。

2007年5月2日参院選の東京選挙区に自民党から出馬する予定であることが報道された。

2007年5月16日テレビ朝日を依願退職し、同日中に安倍晋三首相と会談したが、参院選の立候補については明言をさけた。

■参院選東京選挙区に出馬する予定であることから5月15日からテレビには出演していない。

■5月16日付で依願退職した。

■担当していたANNニュースは坪井直樹アナウンサーが担当することになった。

■丸川アナの情報、担当番組も16日付でテレ朝ホームページから削除された。

(出典:Wikipedia)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?b=20070523-00000002-ykf-ent

[PR]
ミナト製薬から無料サンプルプレゼント!

苦くない青汁を無料サンプルでお試しあれ

眞鍋かをり エピソード&プロフィール

眞鍋 かをり(まなべ かをり、1981年3月31日 - )は、日本の女性タレントで元グラビアアイドルである。愛媛県西条市出身。身長は公称165cmだが、自身のブログ内で162cmであると書いている。姓の「眞鍋」の「眞(真)」は本人の意志により旧字体の「眞」を使用している。ラテ欄では「真鍋」と表記される事が多い。


【プロフィール】
愛称: カオリン、ウォーリー、眞鍋ちゃんなど。
生年月日: 1981年3月31日
現年齢: 26歳
出身地: 日本・愛媛県西条市
血液型: A型 (RH+)
公称サイズ(2006年時点)
身長: 165 cm / 5′ 6″
体重: 45.5 kg / 100 lb
BMI: 16.7(低体重)
スリーサイズ: 84 - 55 - 85 cm
ブラのサイズ: D
靴のサイズ: 23.5 cm


【人物】
■趣味は写真に絵を描くこと、パソコンを使うこと(特にブログ)、料理をすること。

■特技は剣道など(これは事務所側が設定した事で、本人はある番組で、剣道が特技ではないことを発言している)

■3人兄弟の長女で、下に弟・妹がいる。

■自身のブログでの一人称は、「オイラ」。

■好きなバラエティ番組の衣装はセーラー服。2007年2月22日放映のくりぃむしちゅーのたりらリでイキます!!でヤンキー仕様の赤いセーラー服を着ていた際に「結構気に入っている。ずっと着ていたい」と発言した。


【来歴】
■愛媛県立西条高等学校卒業後、1999年に横浜国立大学教育人間科学部(国際共生社会課程)に入学。(同志社大学にも一般入試で合格)2003年に大学卒業。教員免許は持っていない。学位は学士(教養)。ちなみに卒業論文はアロマテラピーについて。

■大学の入学前に吉野家でスカウトされ芸能界入り。雑誌「ホットドッグ・プレス」のドリームガールグランプリを受賞し、2000年には東洋紡水着キャンペーンガールや、日本テレビ主催の日テレジェニックに選出される。

■少年誌などの水着グラビアで人気を博し、水着メインの写真集も次々と発売してきたが、その後「脱水着宣言」をしてからは大人っぽくてちょっとセクシーな路線に変更。グラビアを引退してからは、タレントとしてバラエティ番組や情報番組などに出演。女優としても2001年に映画「ウォーターボーイズ」で水泳部顧問の佐久間恵先生役を演じ、2003年にフジテレビ系でドラマ化された際にも引き続き出演。

■2001年からは志賀高原観光大使に任命。

■2005年、第56回紅白歌合戦に審査員として出演。

■2006年2月、テレビ東京のトリノオリンピック中継のキャスターを務めた。

■2007年4月、テレビ東京のスポーツニュース番組「メガスポ!」でキャスターとして本格デビュー。


【ネット】
■2004年6月30日から開設している自身のブログ「眞鍋かをりのココだけの話」には、驚異的な数のトラックバックがあり、一記事に対するトラックバック数がトラックバックスパムも含め3000を超える場合もある。そのトラックバック数は日本一といわれており、「ブログの女王」とも呼ばれている。ヤクルトの古田敦也選手(2006年より選手兼任監督)に「打倒眞鍋かをり」と、古田の公式ブログにてトラックバック数の目標にされたこともある。2005年8月に後日談などを大幅に加筆した上で書籍化された(インフォバーン刊、ISBN 4-901873-51-2。宣伝用に本に付けられる帯の文章は古田敦也が担当。逆に12月に古田のブログが書籍化された時には眞鍋が帯を担当)。なお、2004年7月の警察庁セキュリティポータルサイト@policeのインタビューによれば、公式ブログ開設前の2003年に名無しでブログを持っていたが、友達に止められたとの由。

■2004年7月12日のブログに伊達眼鏡をかけた写真を「なりきりTommy february6」と称して掲載したところ大受けしてアクセス数が急増し、トラックバックの最高記録を打ち立てた。この事で眼鏡が似合う女性タレントとしても認知される(近頃の眼鏡ブームの火付け役とも言われる)。また同じ頃、コオロギが後ろ脚を大股開きにしている写真を「インリン・オブ・ジョイトイ」と題し掲載するなど、かなりシュールな感覚の持ち主である。

■現在では、中川翔子が「新ブログの女王」と呼ばれることから、「元祖-」を付けて呼ばれることがある。ちなみに中川も古田同様、眞鍋かをりを尊敬(崇拝)し、目標としている。

■2005年12月5日にはニフティ(彼女のブログはニフティの「ココログ」に開設)が開設したサイト「ブログ普及委員会」の委員長に就任した。

■2006年1月、安全にPCを利用するための啓発活動として、キャッチフレーズ「マナベにまなべ」を掲げ、「CHECK!PC」キャンペーンのイメージキャラクターに起用される。

■かつて制作ソフトに頼らずWordで個人サイトを作ってファンと直接コミュニケーションを取っていたが、仕事が多忙になり管理が行き届かなくなったことと、それに付け込んだ一高校生を名乗る変質的な人物に執拗に攻撃されて閉鎖に追い込まれた。(ハンドル名「Q」を名乗り『殺す』と書いた脅迫書き込みがあり、直後に開催された写真集イベントでは一時警備が増強された。眞鍋は自分のサイトが原因で周りに迷惑をかける事態が起こったことに責任を感じ、閉鎖決定後に「閉鎖理由」としてファンへのお詫びと共に書き込んだ)当時はこの程度で済んだが、ネット犯罪が広く知れ渡った現在では間違いなく「脅迫行為」として逮捕可能な犯罪であり、その走りとなる事件だった。またこれと付随して販促イベントに現れては女性タレントに卑猥な言葉を吐いてその反応を隠し撮りしていく輩(「暴言男」と呼ばれた)がいたことやそのビデオテープを買取りDVD化して売り出す一部雑誌も存在したため、この2つの事件以降に女性タレントに対する会場警備が殊のほか過敏になった。

■この事件が根にあるのかどうかは定かではないが、2004年10月に「爆笑問題のススメ」の中で森村誠一をゲストに迎え「言葉の暴力」について論じていた時、2ちゃんねるでの悪意の書き込みをする輩に対し森村と太田光が批判した際、眞鍋は「(そういうタイプは外にも出れないし、友達も居ないのだから)やらせてあげましょうよ」と発言する。ネット社会での無責任な放言に対する大人の対応としての発言だったが、これによって人格攻撃されたと受け取った一部の2ちゃんねらーの反発を招いた。

■2006年5月29日、ポッドキャスト番組「Tokyo Local」がスタートした。制作は「ブジオ!」(後述)を放送していたTBSラジオ&コミュニケーションズの協力のもと、ニフティが手がけている。


【エピソード】
■2006年2月、スキンケアブランド「プロアクティブ」の日本市場キャスターに就任。ニキビで悩んで「引きこもりだった」ことを告白。社長から「NO!ニキビーナス」の称号を贈られる。

■2005年に「ウチくる!?」(フジテレビ)に出演した時に、「よく横浜国立大学に合格しましたね」の質問に「入試の時に解答欄を間違えて記入したのに受かっちゃいました」と受け流した。

■お酒の飲みっぷりがよく、「「ぷっ」すま」(テレビ朝日系)「笑瓶観光(後述)」などでお酒が出てくると勢いよく飲み始め、ほどよく酔っ払って収録に参加している姿が見受けられる。

■元彼がいつもレモン飴を舐めていたらしく、「行列の出来る法律相談所」にてレモン飴を舐めた時に元彼とのキスを思い出したと発言した。島田紳助から「若いのにええエピソードやわ〜」と絶賛された。

■「ロンドンハーツ」(テレビ朝日系)で、タレントの森下千里に直接“嫌い”と言われ「私の方が年上でしょ!」と激怒したがその後は余り気にしていない様である。

■「井の中のカワズ君」(フジテレビ系)で「IT企業の社長って上から見下してるんじゃないかと思うんで何か嫌ですね」や「「昨日○○のパーティーいってさ〜」とか言われるとはぁ〜?って感じで」と言いIT関連の男性が苦手であると語っている。

■西条高校1年時の同窓生が『第16回全国高等学校クイズ選手権』に出場し優勝(クラスメイトであったかは不明)。

■ボタンフェチという独特の趣向の持ち主でもあり、「行列の出来る法律相談所」等でボタンを噛んだり、体にこすったりすると語っている。またボタンを飲み込んで窒息しかけたことがある。本人曰くボタンにも良いボタンと悪いボタンがあるとの事。

■まだグラビア中心の仕事だった時代に「人気者でいこう!」の『芸能人常識チェック』で「三杯酢の材料を3つ揃えよ」にとんでもない珍答をしたことがあった。

■猫ひろしのネタを見て、カメラが回っているのにも関わらず、死ぬほど爆笑したことがある。

■本名である「かをり」の由来は母親の友人の名前と告白。(中山道2005年9月22日放送分より)

■2006年6月17日のハッスル・エイド2006にて、ゲストコメンテーターとして参加。当初フジテレビ系列で全国放送が予定されていたため(フジテレビによるPRIDE放送撤退にて同じDSEが主催するハッスルも自動的に地上波放送中止になる)、「地上波要員」などという言われ方もしたが、PPV放送中、数々の名言を残し(え!?大根おろしで子供を!?等)、ハッスルファンに強烈なイメージを残し、また好意的に受け止められた。

■2006年11月23日のハッスルマニア2006 にて、同じ事務所である海川ひとみが参戦したことにより、ストーリーの流れで眞鍋もリングにあがり、アン・ジョー司令長官、海川の対戦相手のジャイアント・バボとマイク合戦をやりあった。また、この番組中、自分の体脂肪率が26%であることを暴露する。

(出典:Wikipedia)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070612-00000020-spn-ent

[PR]
キャッシング・カードローン・ローンは安心の東京三菱UFJ銀行系の「モビット」

松嶋菜々子 エピソード&プロフィール

松嶋 菜々子(まつしま ななこ、本名:野口奈奈子(旧姓:松嶋)、1973年10月13日 - )は、日本の女優・ファッションモデルである。

神奈川県座間市出身。血液型はA型。seventh avenue所属。 普通自動車免許と普通自動二輪車免許を所持している。 ViVi専属モデル時代から美肌・美髪を保ち、ファッションモデルとしても評価が高かった。 極度の近眼である。裸眼視力が0.02の為、コンタクトレンズを使用している。 夫は俳優の反町隆史。女児が1人いる。


【プロフィール】
愛称: ななちゃん
生年月日: 1973年10月13日
現年齢: 33歳
出身地: 日本神奈川県
血液型: A
公称サイズ(2006年4月1日時点)
身長: 173 cm / 5′ 9″
体重: 55 kg / 121 lb
BMI: 18.4(低体重)
スリーサイズ: 89 - 61 - 89 cm
ブラのサイズ: c
股下: 89 cm / 35″
股下身長比: 51.4 %
靴のサイズ: 25 cm


【略歴】
■神奈川県相模原市の私立相模女子大学中学部、相模女子大学高等部卒。

■元旭化成工業水着キャンペーンガール。当時はバブル崩壊の時代を反映、バブル期に流行ったボディコン(ボディ・コンシャス)に対抗したキャッチコピー“ハート・コンシャス“と言うもので、スレンダーな松嶋が選ばれた。1992年にはViVi専属モデルとして流行のファッションを着こなして、OLからの支持を集める。1995年には日産・アベニールのCMに出演。

■1996年、NHK朝の連続テレビ小説『ひまわり』のヒロイン役で女優デビュー。1998年のドラマ『Sweet Season』で民放連続ドラマ初主演、同年の『GTO』で爆発的人気を博す。1999年には3本の連続ドラマ(『救命病棟24時』『魔女の条件』『氷の世界』)にいずれも主演(ただし、救命病棟24時』は江口洋介主演)、好評を博す。2000年は8月に三夜連続で放送されたスペシャルドラマ『百年の物語』に主演し平均視聴率29.6%を獲得、『やまとなでしこ』でも30%越えを達成するなど、人気を確実なものとした。

■2001年2月、ドラマ『GTO』で共演した縁で反町隆史と結婚。2004年2月、妊娠が公になる。2004年5月31日に女児を出産。8月には住友生命のCMで復帰し、翌2005年1月スタートのドラマ『救命病棟24時』で本格的に女優復帰した。

■2005年11月ドラマ・コンプレックス「火垂るの墓― ほたるのはか ―」で冷酷な叔母役を演じ、ドラマ・コンプレックス史上最高視聴率21.2%を獲得した。しかし松嶋はテレビ誌で、アニメの叔母の冷酷さを知っていたため火垂るの墓の澤野久子役のオファーを聞いたとき、当初非常に「やりたくない」と思ったことを告白している。

■2006年1月に出演したドラマ『古畑任三郎ファイナル 第3夜 ラスト・ダンス』では視聴率29.6%を獲得し、出産後も変わらぬ人気を証明した。

■2006年より、グローバルな貧困根絶キャンペーン「ほっとけない世界のまずしさキャンペーン」に参加。

(出典:Wikipedia)

[PR]

「豆乳クッキーダイエット」祝1500万食突破!2006年、楽天年間ランキング総合第1位受賞商品です!!12秒に1箱売れてます☆
たったの146キロカロリーなのに、栄養も満足感も◎!!

松下奈緒 プロフィール&エピソード

松下奈緒(まつしたなお、1985年2月8日 - )は、日本の女優、モデル、ピアニストである。兵庫県川西市出身。兵庫県立川西北陵高等学校卒業。身長174cm体重48s スリーサイズB83W65H92、血液型AB型。東京音楽大学在籍中。2006年3月まで研音所属。2006年4月からジェイアイプロモーション所属。2007年夏に東京音楽大学を卒業見込み。


【来歴・エピソード】
3歳よりクラシックピアノを習い、高校進学後、師に恵まれ音大進学を決意。

2000年、エリートモデルルック日本グランプリ獲得を経てモデル活動を開始。その活動の中で芸能事務所からスカウトされ、活動の幅を拡げる。

2001年、冨永愛、滝沢沙織とともに爽健美茶のCMキャラクターに抜擢され、6代目爽健美人を務めた。しかし音大進学の夢を優先させるため、高2、3年時は芸能活動をセーブしていた。

2004年、兵庫県立川西北陵高等学校の英語コースを卒業し、演奏家を育てるコースの開設で著名な東京音楽大学に進学。現在はピアノを学びながら主に女優として活躍している。自動車免許を取得している。

2007年4月1日、東京芸術劇場において日本フィルハーモニー交響楽団とモーツァルトのピアノ協奏曲第20番を共演した。

(出典:Wikipedia)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?b=20070402-00000007-oric-ent

「松田純」プロフィール&エピソード

松田 純(まつだ じゅん、1977年6月7日 - )は日本のグラビアアイドル。本名は林由佳子(はやし ゆかこ)。東京都出身。身長160cm、スリーサイズはB84 W59 H85。靴のサイズは23.5cm、血液型はAB型。世田谷の(株)ZUYI所属

【概要】
■学生時代の経験でマリンバ演奏が可能。
■数々のグラビアで徐々に知名度を上げ、グラビア業界内に確固とした足場を築くと共にタレント活動も展開。
■NTV系『THE 夜もヒッパレ』においては、番組内ユニット「てん・むす」のリーダーとして活躍。毎週なにがしかのメドレー曲などを唄うなどアイドル的活動で人気を博す。尚、同ユニットのメンバーは山川恵里佳、有坂来瞳、大谷みつほ、酒井彩名。
■唐津競艇のイメージキャラクターになっている関係か、最近、競艇にはまっている。
■2007年3月30日、自身のブログにて結婚を発表。

(出典:Wikipedia)

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。