Google
 

矢部太郎(カラテカ)エピソード&プロフィール

矢部 太郎(やべ たろう、1977年6月30日 - )とは東京都東村山市出身の吉本興業所属のお笑いタレント、俳優。相方である入江慎也とともにカラテカを結成した。血液型はAB型。タロウちゃんとも言われている。先輩に同じ苗字であるナインティナインの矢部浩之がいるため、「カラテカ矢部」と紹介されている。最終学歴は東京学芸大学教育学部国際理解教育課程欧米研究専攻中退。父は絵本作家のやべみつのり。


【来歴・エピソード】
■身長・体重 158cm・39kg。

■立ち位置は右で担当はボケ。

■趣味は読書と音楽鑑賞。

■『決定!これが日本のベスト100全国一斉○○テスト』では伊集院光らを抑え雑学王に輝いた。

■英語、フランス語、スワヒリ語、韓国語をはじめ、11ヶ国語もの外国語が話せる。その語学力は、自身初の全国区番組レギュラーとなった進ぬ!電波少年の企画「●●人(●●には国籍や人種が入る)を笑わ
しに行こう」などから垣間見える。

■緊張すると手で睾丸を押さえる癖がある。

■TM NETWORKの『CASTLE IN THE CLOUDS (YABE VERSION)』は、バラエティ番組内での彼の応援歌として作られた。

■『クイズ!ヘキサゴンII』の予選ペーパーテストでの街角予想順位は9位であったが、41点を取り江守徹らを抑え1位になった(ちなみにここでも睾丸を抑えていた。2006年9月6日放送分)。その後も、出演した全ての回で3位以内という好成績を残している。

■2005年より気象予報士の資格を得るために試験を三度受け、2007年3月に気象予報士の資格を取得した。

■2007年3月13日放送のTBS『はなまるマーケット』にて、気象予報士として第1歩を踏みだした。

■ちなみに2003年9月15日放送の『内村プロデュース』の未来年表には2004年に気象予報士の資格を取ると記している。

■また、2007年3月30日放送のフジテレビ『アパッチナイトフジ』にて2度目の天気予報を行った。

■気象予報士になりたいというきっかけは、福井敏雄の後を継ぎたいからである。

■相方の入江がナンパの達人であるのに対し、矢部は異性と接するのが大の苦手。『やりすぎコージー』にてAV女優に誘惑された際には、失神するほどの狼狽振りを見せた。なお、童貞であることを公言している。

■ナインティナインの矢部浩之からは「太郎くん」と呼ばれている。

(出典:Wikipedia)

[PR]

「キャッシングくらべる君」は、匿名かつ即時に複数の企業が借入条件をあなたに提示するサービスサイト。一番有利な条件を選んで、キャッシングのお申込みやカード作成をすることが可能なベストなキャッシング!

山田花子 エピソード&プロフィール

山田 花子(やまだ はなこ、1975年3月10日- )は、大阪府堺市西区出身のお笑いタレント、自称・女優。吉本興業東京本社所属。本名は渡邉京子(わたなべ きょうこ)。愛称は花子、花ちゃん。大阪府立福泉高等学校卒業。


【来歴】
「4時ですよーだ」に素人として出演した事をきっかけに、中学在学中からタレント活動をはじめる。デビュー時のエピソードとして、舞台に出るための「鼻水メイク」を自宅で行い、手で鼻と口を覆ったまま電車で会場(NGK)へ来たらしい。

その後、吉田ヒロに代わって「ダウンタウンのごっつええ感じ」レギュラーに抜擢されるなど活躍したが、高校卒業後、一時はプロレスラーを目指してJWP女子プロレスの練習生となった。しかし受け身ができず、練習中に頭蓋骨を骨折する重傷を負い断念、その後は再びお笑いの世界に戻り、吉本新喜劇にて人気を得る。

ずんぐりとしたユーモラスな外見と、テレビや舞台などの活動では「カモ〜ン」「汗ばむわぁ〜」などのセクシーな口調のギャグで有名に。

しかし、舞台が終わると吉本興業所属のタレントからよく可愛がられる。

酒癖が非常に悪いため、テレビ等でそのことをからかわれる事が多い。 ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!内の罰ゲーム「絶対に笑ってはいけない」シリーズ内で、酒に酔った花子が出演者に絡んでくるなど、実際テレビで何度もその姿を放送されている。

ナインティナインやロンドンブーツ1号2号よりも年下ではあるが、花子の方が先に事務所に在籍していたため、花子ねーさんと呼ばれている。だが、力一杯どつかれたり、基本的にはタメ口で「花子ねーさん、お前ええ加減にせぇよ」などとツッコまれるなど、実際は完全に後輩扱いである。

ファーストキスの相手は事務所の先輩・今田耕司。ただし吉本新喜劇の舞台上での話である。将来の結婚に備えて、現在もバージン(処女)を守っている(真偽は不明/森田一義アワー 笑っていいとも!でレギュラーとして初登場の際に、今年の出来事で「女になれた」とフリップに書いており、当時は処女ではないということを言っていた)。石田靖を先輩として尊敬しているものの、石田に関係を迫られた時は拒否したという。

テレビ東京系アニメ「とっとこハム太郎」のハナちゃんの声を務めたことがある。

2002年公開の映画「劇場版ポケットモンスター・ピカピカ星空キャンプ」では事務所仲間であるDonDokoDon、雨上がり決死隊と共に「ボケモン5」を結成、主題歌を担当した。 翌年2003年公開の「おどるポケモンひみつ基地」ではナレーションを担当した。

身長148cmと池乃めだかよりも身長が低いらしい。また、猫背の為に目立たないが、実はDカップの持ち主である。

非常に音痴なことでも知られる。過去何度も歌声を披露したことがあるが、音程やリズムを取ることに四苦八苦している。デビュー曲「虹色橋」(原曲はつんくが歌っていた)は大阪有線放送で放送禁止になった程である。

ロンドンハーツの「格付けしあう女たち」で、放送作家から上野樹里に似ているといわれた。

正月にある笑点の「振袖大喜利」では、三遊亭楽太郎の愛人または笑点のイメージガールと言って登場している。

30代なのだが、肌はかなりきれい。

敬虔なる創価学会信者である久本雅美に熱心に折伏されて入信したと言われている。

(出典:Wikipedia)

[PR]

女性のためのキャッシングサービス。スタッフは全員女性の安心対応。50万まで即日振込みのベティローン。5万まで15分快速審査のプチベティ。あなたの用途に合わせてお選びください。

矢井田瞳 エピソード&プロフィール

矢井田 瞳 (やいだ ひとみ、1978年7月28日 - ) は、日本のシンガーソングライター。青空レコード所属。大阪府豊中市出身。

豊中市立第九中学校、大阪府立箕面高等学校国際教養科、関西大学文学部卒業。専攻はフランス語フランス文学。

趣味はスポーツ全般(特に水泳)。愛称「ヤイコ」。血液型A型。


【概要】
人気ミュージシャンとなった現在でも生まれ故郷である大阪に在住の女性シンガーソングライター。地元のお店やCDショップにも平気で行くようである。愛称である「ヤイコ」は、彼女の子供の頃からのあだ名。19歳でギターを始め、2000年5月に関西限定シングル「Howling」を青空レコードよりインディーズでリリース。同年7月シングル「B'coz I Love You」を東芝EMIよりリリースしメジャーデビュー。同年10月に発表したシングル「my sweet darlin'」が全国的に大ヒットし、サビのフレーズが大流行する。

言葉遊びや回文、アナグラムが好きでアルバム「daiya-monde」はdaiya→ヤイダの逆読み+monde→フランス語で「世界」の意味=矢井田の世界や「i/flancy」→I can fly、「Air/Cook/Sky」→Yaiko rocksのようにタイトルとは別に意味を持たせたものがある。

ギターの他にもピアノも弾ける。自身のライブツアーでは1曲だけではあるが、ピアノ弾き語りがある。また、2003年9月にミュージックフェアに出演した際、当時の紅茶のCMに使われていた「チェイン」をグランドピアノで弾き語りをした。

飾らない素直な気持ちを歌った楽曲は多くのファンの心を捉え、2000年10月のファーストアルバムは見事オリコンチャート1位を獲得し、ミリオンセールスを記録。デビューから1年後の2001年には大阪ドームでカウントダウンライブを実施し、翌年には東京ドームでもクリスマスライブを行うまでに成長し、この年も大阪ドームでのカウントダウンライブも成功させた。このライブは恒例になるかと思われたが、大阪ドーム及び東京ドームライブについては自身のサイトにて撤退を発表した(詳しくはこちら)。その後も精力的にCDリリース、ライブ活動を行っている。

2005年4月24日、TOKYO-FMホールにおいてMTVアンプラグドに出演。過去にエアロスミス、マライア・キャリー、ポール・マッカートニーなど数々のビッグネームが出演している伝統のあるこの番組にMTVジャパン制作としては宇多田ヒカル、平井堅に次ぎ日本人として3組目の出演を果たす。

裸足でのライブが有名であるが、理由として本人曰く「気にしぃ」な性格であり、靴やブーツの靴ひもでさえ気になることもあるので、より演奏に集中するために裸足でいるとのこと。

しかし、2005年10月30日に行われた「京都文化祭典'05 京の華舞台 平安神宮幻夜コンサート第2夜公演」ではブーツを履いて登場。同12月13・14の大阪城ホールでのライブは靴を履いて登場した。多くのファンの疑問に対し「エフェクターを踏んだりするのに裸足では感触が悪く、気持ちよく音を踏み変えるには靴を履いたほうがいいので」という主旨の書き込みを自身のサイトでしている。

韓国出身の女優・タレントのユンソナのファンであり、ユンソナがフジテレビの「笑っていいとも!」の名物コーナー「テレフォンショッキング」に出演した際、出演祝いの花を贈った。

また、大のラーメン好きで、デビュー直前までラーメン屋の薩摩っ子ラーメン江坂店でアルバイトをしていた過去がある。

2007年1月12日・1月19日放送分の「探偵ナイトスクープ」にて顧問(ゲスト)として出演。

2007年7月28日、公式サイト上の日記にて結婚を発表。


【関連人物】
■中学校の先輩にお笑いタレントの藤井隆がいる。

■高校の一年先輩に元TBSアナウンサーの有馬隼人がいる。

■関西大学の同期生に現・南海キャンディーズの山里亮太(山ちゃん)がいる。山里はテレビ・ラジオ番組等で矢井田に一方的なラブコールを度々送っている。


【来歴】
■2000年
・5月:関西限定シングル「Howling」リリース。その後、このシングルは全国で発売される。
・6月:心斎橋クラブクアトロで初ワンマンライブ
・7月:シングル「B'coz I Love You」リリースし、このシングルでメジャーデビューを果たす。
・9月:「YAIKO」名義で英国デビュー。
・10月:シングル「my sweet darlin'」全国ヒット、「ダリダリ旋風」巻き起こる。

■2001年
・1月:過労のため一時入院
・3月:関西大学文学部卒業
・3月-5月:全国ツアー、「I'm here…」Tour
・4月:英国ツアー
・8月:ライブイベント「SUMMER FESTIVAL SOUND of CLOVER」を大阪城ホールと横浜アリーナで開催、英国で発売した曲(自身の曲を英国風にアレンジしたもの)なども披露。メイヤと共演。
・11月:全国ツアー「Candle eyes TOUR」(2002年3月まで) 
・12月31日:大阪ドームで年越しライブ(矢井田瞳 COUNTDOWN LIVE 2001-2002)

■2002年
・7月:ライブイベント「summer festival Music Pool 2002」を大阪万博記念公園で開催 
・9月-10月:完全招待制アコースティックライブツアー「秋にはごゆるりと 〜acoustic live 2002 〜」開催
・12月25日:東京ドームでクリスマスライブ(Tokyo/flancy night〜ring your bell 12-25〜)
・12月31日:大阪ドームで年越しライブ(Osaka/lancy midnight〜Countdown live 2002-2003〜)

■2003年
・2月-5月:全国ツアー「i/can fly TOUR 2003」35公演。自身最多の公演回数となる。このうち2月22日の公演(静岡市民文化会館)は中断された。これは、本人の喉の調子が悪く、途中から歌えなくなってしまったためである。この日のライブでヤイコは「今日、喉の調子が悪くて。こんなこと初めてや。」と言ってメンバー全員がステージから引き下がり、緊急会議を行う。その後再び全員が再登場し、ヤイコが「やろうと思えばこのまま続けることができる。でもプロとしてはこのままの状態で音楽を届けるわけにはいかない。」とし、結局この日のライブは3月25日に延期された。
・9月:完全招待制アコースティックライブツアー「秋にはしっとりと〜acoustic live 2003 〜」

■2004年
・2月-6月:全国ツアー「YAIKO/ROCKS/50ROUNDS」50公演を開催し、最多公演回数記録を更新した。
・6月:50公演ファイナル翌日に「YAIKO/ROCKS/BORNUS/ROUND」を札幌で開催。50公演と曲順が異なっていた。
・8月1日:大阪万博記念公園、8月7日は横浜みなとみらい臨港パーク、そして8月8日には大阪城西の丸庭園(追加公演)で野外ライブ「SUMMER FASTIVAL GIRLS TALK 2004」を開催。
・“最後のドーム公演”として「HITOMI YAIDA DOME LIVE 2004 MUSIC IN THE AIR」を12月18日は大阪ドームで、12月23日には東京ドームで開催した。
・12月31日:名古屋レインボーホール(現・日本ガイシホール)で年越しライブ

■2005年
・2月:第54回別府大分毎日マラソンのテレビCMに出演。
・3月:キリンビールの発泡酒「やわらか」のテレビCMに出演。
・5月:アコースティックライブツアー「acoustic live 2005〜オトノシズク〜」
・7月-8月:いくつかの主要都市の野外ライブ(いわゆる夏フェス)に参加。そのうち東京公演(お台場冒険王)に出演した際は、アコースティック編成で登場した。
・10月:東芝EMIとの契約を終了し、インディーズレーベル「青空レコード」での活動に。「青空レコード」の販売はエイベックスグループの「エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ」が請け負う。
・10月30日:「京都文化祭典'05 京の華舞台 平安神宮幻夜コンサート第2夜」(アコースティック編成)公演。裸足ではなくブーツを履いて登場し話題となった。
・「矢井田瞳 HERE TODAY LIVE 2005」を大阪城ホール(12月13日・14日)と日本武道館(12月27日・28日)で開催。

■2006年
・7月-8月:「爽健美茶限定 矢井田瞳 LIVE」(東京2ヶ所2回公演、札幌、仙台、大阪、愛知、福岡、広島)開催
・11月22日:青空レコードで活動開始後初めてオリジナルアルバム「IT'S A NEW DAY」を発売

■2007年
・3月-4月:ライブツアー「矢井田瞳 TOUR 2007 “IT'S A NEW LIVE”」(全国21会場・23公演)を開催。この時も裸足ではなくブーツを履いてライブを行い、また初めてスカートで登場した。このライブツアーは、バンドメンバーが変わり、曲のアレンジが多くなされていた。
・5月8日(ZEPP NAGOYA)、9日(ZEPP OSAKA)、11日(ZEPP TOKYO)に「IT'S A NEW LIVE 追加公演」を開催。
・7月-8月:「矢井田瞳DoCoMoPRIME6 プレミアライブ」(札幌、福岡、大阪2回公演、仙台2回公演、名古屋2回公演、東京2回公演)開催。
・7月28日:自身の誕生日である「ナニワの日」に、音響関係の仕事をしている1歳年上の会社員と2年間の交際を実らせ結婚。

(出典:Wikipedia)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?b=20070728-00000018-spn-ent

[PR]

【シューストップ】体臭に効果的なサプリメント販売サイト。突然ですが、おなら、体臭、口臭、加齢等、ニオイっていろいろとありますよね。 周りの人達はあなたのニオイを気にしています!!

矢部浩之 エピソード&プロフィール

矢部 浩之(やべ ひろゆき、1971年10月23日 - )は、日本のお笑い芸人。漫才コンビ「ナインティナイン」のツッコミ担当である。相方は岡村隆史。大阪府吹田市出身。吉本興業所属。最新の健康診断によると、身長173.2cm、体重58.1kg。独身。

愛称は「やべっち」、「ベーヤン」(堀内孝雄の愛称と同じだが、こちらは矢部から)、「ヒロくん」、「一郎(「花嫁は厄年ッ!」の役名)」。相方・岡村隆史からは以前は「矢部」だったが、最近は「矢部さん」や「相方」と呼ばれている。(高校時代は「矢部ジュニ」(岡村ほか高校時代の先輩から)、「信雄」)

実兄は元・お笑いコンビ「ちゃんねるず」のメンバーでファンタスタープロモーション代表取締役社長の矢部美幸(よしゆき)である。


【人物・来歴】
■小学生4年の時にサッカーを始める。当時の夢は、ヤンマーディーゼルサッカー部(現セレッソ大阪)に入団する事か、動物園のオオカミの飼育員であった。サッカーの腕前は本物らしく『めちゃイケ』においていくつかの大学からの誘いがあったことが明らかにされた。吉本博物館には『サッカー地区選抜』のセレクションに挑んだが周りのレベルの高さを知り、挫折したと紹介されている。

■吉本印天然素材時代、メンバーの中で一番の問題児であり、稽古中いつもふざけていた。夏まゆみ先生に「ちゃんとやってよ」と怒られ、逆ギレした矢部は「お前のためにやってんちゃうねん。ボケ。」と悪態を吐き、彼女を泣かせてしまった。

■吉本印天然素材時代は目立たない存在で、ボケもツッコミも上手くできず、いじられキャラだったという。

■その後ナインティナインがブレークするに従い、若手随一の「仕切り」の名手となり現在に至る。

■勉強は不得手で、大学受験に失敗し進学を諦めてお笑い芸人の道を選んだという経緯がある。「めちゃ×2イケてるッ!」のテスト企画では、常に最下位から数えて3番目。このため、同番組ではことあるごとに「プッチバカ」「御三家」等と言われている。特に英語が苦手とされ、それを示す具体例として、国際線の機内で機内食の希望について『肉か魚か』と英語で質問され、矢部は『鮭(salmon)』を頼むつもりで『Japanese shake(シャケ)』と答えたため、意図と全く無関係な『日本酒(sake)』を出され、訂正することもできずに仕方なくその日本酒を飲み、同行していた周囲のスタッフらから不思議な目で見られた、というエピソードが相方から度々紹介されている。

■後輩の芸人たちに対して面倒見のいい親分肌であり、羽振り良く食事に連れて行くことが多い。後輩たちからは「兄様(にいさま)」と呼ばれ慕われている。矢部が主催する芸人の飲み会は「矢部会」と言われる。矢部会のメンバーは原口あきまさ、アンバランスの2人、元おはよう。の2人、品川庄司の2人など。

■「ホアッ」という明石家さんまのような笑い方(引き笑い)をする。

■一時はテレビのバラエティ番組で落とし穴に落ちる芸が多かった。

■爪を噛む癖があり、手を口の前に持ってきたまま笑っている姿がよく見られる。また、甲高い笑い声が特徴的で、よくものまねの対象になる(原口あきまさ、山口智充ら。また、岡村に対する「岡村っさ〜ん」という呼びかけもよくものまねされる)。

■以前は高校の先輩である岡村に対し敬語で喋っていたが(「岡村さん」という呼び方もその名残である)、先輩芸人からのアドバイスを受け、タメ口にした。しかし、高校時代の思い出話になると途端に敬語に戻ってしまう事をタモリに突っ込まれていた。

■髪の色を茶色に染めているが、これは若白髪で白髪染めを使用しているためである。また以前は八重歯があったが、差し歯にし歯列矯正を行なった。

■自身のラジオ番組では、時期外れの映画の話題作を賞賛したり、突然「落ち武者を見たことがある」「俺は身体が柔らかい」「俺ソーセージは焼かなあかんのよ」などと口走るなど、奇妙な言動をしては相方やリスナーたちにからかわれている。

■大のサザンオールスターズファンで、好きな曲は「マンピーのG★SPOT」。カラオケでは最後に桑田佳祐のモノマネをしながら「旅姿六人衆」を歌うらしい。

■好きなファッションブランドは 「Number(N)ine」「SOPH.」「HYSTERIC GLAMOUR」など。相方・岡村隆史からは「ステューシーさん」「ポロラルフローレン君」「ローレックス」「吉本のブラピ」 「ヒステリックグラマー」などとネタにされている。

■映画『メッセンジャー』(ホイチョイプロダクション)で平成11年(1999年)第23回日本アカデミー賞 話題賞(俳優部門)を受賞。

■ラジオ『ナインティナインのオールナイトニッポン』のコーナー「矢部浩之のどりちんクラブ」では青少年の悩みを聞いて真剣に答えている。得意な体位は「立ちバック」。

■2006年7月から9月まで放送されたドラマ『花嫁は厄年ッ!』でドラマでは仲の悪い親子役だったが、母・安土幸恵役を演じていた岩下志麻とメル友になり、2007年のバレンタインデーにチョコメールをもらった。

■「第2の石原裕次郎オーディション」の書類審査を突破したことがある。

■布施明や錦野旦と同じ美容室に通っている。布施には「ドラマで共演している篠原涼子と仲良くなれない」などと漏らしていた、と暴露された(「めちゃイケ」2007年1月20日放送)。

■約15年交際していた女性(一般に「ひとみちゃん」と言われる)がいたが、未だ結婚していない事を他の芸人や岡村に度々いじられてきた。一方で合コンで女性をお持ち帰りする現場などが写真週刊誌に度々報道された。2007年6月に破局し、その記者会見を6月20日に開いた(「めちゃイケ」の収録を兼ねて)。破局の原因は、矢部曰く「プロポーズしたが、遅すぎた」とのこと。

■好きな食べ物は納豆。

■嫌いな食べ物はきのこ(「ぐるぐるナインティナイン」の企画で毒キノコを食べさせられたのが原因)。「ぐるぐるナインティナイン」の企画で「催眠術できのこ克服」というのをやり、見事えのきを食べていたが、のちに「かかったフリをしていた」ことを『オールナイトニッポン』で暴露。

■岡村よりもピンの仕事が多いが、それをうらやむ岡村に対して気を使うそぶりは見せない。しかし逆に岡村のピンの仕事の話が出ると人一倍うらやむような発言をしている。


【プロフィール】
■兄・美幸(当時・高2)が相方・岡村隆史(当時・高1)を自宅へ連れてきた際に知り合う(当時・中3)。その後大阪府立茨木西高等学校に進学し、サッカー部に入部。岡村と先輩後輩の間柄となる。

■14歳下の弟がおり、矢部が出演する番組にしばしば登場する。2006年11月18日放送の『めちゃ²イケてるッ!』では、兄・美幸と出演し、何も知らされていなかった浩之を驚かせた。

■自宅は港区・六本木ヒルズ内の高級マンションであり、いわゆるヒルズ族。

■愛車はメルセデス・ベンツ E55AMG(桃)。その前はピンクのポルシェ(ひとみちゃんとのツーショットをスクープされたのはこの車に乗車中である)やボルボにも乗っていた。

(出典:Wikipedia)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?b=20070623-00000007-sanspo-ent

[PR]
UCSの【カルワザカード】<年率18.0%のお得なキャッシング>電子マネー「Edy」機能付き!

コンビニでのおにぎりやジュースなどちょっとした買い物から海外旅行まで、いつでも、どこでも、かしこく使える計画的なあなたにぴったりのKARUWAZAカード!サークルK、サンクスでもお得に使えます。

安田美沙子 エピソード&プロフィール

安田 美沙子(やすだ みさこ、1982年4月21日 - )は、日本のグラビアアイドル、女性タレント。

北海道生まれ。京都府宇治市出身。所属事務所はアーティストハウス・ピラミッド。血液型はO型。ニックネームは「みちゃ」、「みちゃこ」、「みーちゃん」、「やすみさ」など。


【プロフィール】
愛称: みちゃ
みちゃこ
みーちゃん
生年月日: 1982年4月21日
現年齢: 25歳
出身地: 日本・京都府宇治市
血液型: O型
公称サイズ(2006年時点)
身長 / 体重: 161 cm / ― kg
スリーサイズ: 82 - 60 - 85 cm
ブラのサイズ: D
靴のサイズ: 24 cm


【来歴】
京都府立東宇治高等学校卒業後、摂南大学に在学していたが、多忙になり中退。

大学在学中、京都駅前の伊勢丹でスカウトされる。2002年、「ミスマガジン2002」に於いて「ミスヤングマガジン」に選ばれる。

2003年、週刊プレイボーイ誌の第6回トレカ大賞で新人賞を受賞。又、この年から地元・京都に本社を構える消費者金融・アイフルのCMに出演し話題になる(その後アイフルに違法な高金利や取り立てなどの各種トラブルが存在する事が発覚し、2006年4月以降は放送が休止されているが、事実上の降板とも言える)。さらに、徳間プロモーションのe-niceレーベルより歌手デビューも果たした。

2004年、サントリービールキャンペーンガールに抜擢された。

2005年10月 - 12月に放送されたテレビ朝日のドラマ『熟年離婚』で連ドラ女優デビュー。また同年暮れ公開の「ルナハイツ」において初の映画出演を主演デビューで飾っている。

2006年3月には第43回ゴールデン・アロー賞“グラフ賞”を受賞。前年にミスマガジンの後輩・岩佐真悠子が同賞を受賞した際にも同賞の候補の一人に挙がっていた事もあり、満を持してといった感の受賞となった。


【人物・エピソード】
■二卵性双生児の弟がいる。バラエティ番組「カミングダウト」にて出演経験がある。

■中学・高校ではバスケットボール部に所属していた。テレビ朝日の番組『堂本剛の正直しんどい』では、堂本剛や山里亮太(南海キャンディーズ)らと共にママさん最強バスケチームと対戦。経験者だけあって良い動きで堂本らをフォローした。

■高校の先輩に坂下千里子がいる。親友には同事務所で同い歳のタレント熊田曜子、他に若槻千夏がいる。某クイズ番組では、風邪で出演出来ない熊田に代わり出演した。熊田はライバルだそうだが、普段は仲が良いとのこと。

■フォークデュオ・ゆずのファンである(いわゆる「ゆずっこ」)。以前に番組で共演する機会があり、その際2人に手作りのチーズケーキを振舞ったことがある。また、好きな男性のタイプに北川悠仁と答えている。

■藤崎奈々子、山口もえ、眞鍋かをり、小倉優子に続く「天然ボケキャラ」と呼ばれている一方で、井川遥、乙葉、吉岡美穂に続く「新・癒し系の女王」の呼び声も高い。また、番組のトークでは「うちは(私は)」や「めっちゃ」など関西弁(京言葉)を多用している。

■「ミスマガジン」出身ながら、「週刊少年マガジン」のグラビアに単独で登場したのは2005年が最初である。

■新幹線で移動中にビールなどを飲酒する事が多い。東京フレンドパークでは東海道新幹線で販売している弁当の種類の問題が出題された。

■かなりの沖縄好きで、自身のホームページにも、将来沖縄に住んでお菓子屋さんをしたいと掲載されている。

■好きな漫才師は笑い飯。2005年度のM-1グランプリにゲスト出演した際に、「笑い飯に頑張ってもらいたい。」とコメントした。

■最近「私、マゾ。」という発言や体験談などからドMということが発覚。

■出演番組「うまなで〜UMA to NADESHIKO〜」の関係で知った栗毛のGI馬・ダイワメジャーのファン。また、番組で栗東トレーニングセンターに取材をした時、皐月賞の共同記者会見でドリームジャーニーを管理する池江泰寿調教師に対して質問をした。

(出典:Wikipedia)


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?b=20070421-00000144-sph-ent

山口智充 エピソード&プロフィール

山口 智充(やまぐち ともみつ、1969年3月14日 - )は、日本のお笑いタレント、俳優。大阪府四條畷市出身。吉本興業所属。「ぐっさん」の愛称で親しまれている。身長175.7cm。血液型O型。既婚。本来は平畠啓史とのお笑いコンビ・DonDokoDonでボケを担当するが、現在は単独での仕事が多く、俳優、司会など幅広い分野で活躍中。


【経歴】
最終学歴は大阪府立四條畷北高等学校卒業。高校時代には友人とコンビを組んでコントのような事をしていた。芸能活動を始める前はマツヤデンキで営業担当として働き、優良社員賞を受賞するほど優秀な社員だった。ミュージシャンを目指す為に退職した後は職を転々とし、宝塚ファミリーランドで働いている時に相方の平畠と知り合い、お笑いの道へ進んだ。

全国区の知名度を得たのは『明石家マンション物語』(フジテレビ系列)から。同番組内では芸達者なラテン歌手「ガルシア」というキャラクターで登場。その多芸ぶりが好評を博し、以後、バラエティ番組を中心に活躍するようになった。 声帯模写や効果音など多彩なものまねを得意とする(後述)。またミュージシャン志望だっただけあり、その歌唱力はお笑い芸人屈指(その他ギター演奏もこなす)。宮迫博之(雨上がり決死隊)とのデュオ「くず」として音楽活動(作詞・作曲も担当)も行っている。くずの楽曲中では、演奏面でも「ギターを弾きながらハーモニカを吹き、同時に足の先に括り付けた鈴を鳴らす」という器用さを見せている。また、大阪・四条畷市の小学校(山口本人の母校が統合した先の小学校)の校歌を作詞・作曲した。他にも演歌歌手に楽曲を提供したり、『いただきマッスル!』(中京テレビ制作・日本テレビ系列) の挿入歌を作詞作曲するなどしている。なお、現在日本テレビ系列の音楽バラエティ番組『MusiG』においても、自身のボーカル、佐野元春の作詞作曲、山本耕史のギターによる「The Whey-hey-hey Brothers」として、1枚のシングルを出した。


【人物】
■プロレスラーのようながっしりとした体型をしており、周囲からは「芸人の身体じゃない」と言われる程だが、スポーツや格闘技を本格的にやったことは無いとのこと。久本雅美にその肉体形成の不可思議さをネタにされ、「ラグビーをしたことがないラガーマン」と表現されたこともある。自称:ナチュラル・ボーン・マッスル。

■腕力はかなり強く、特に左腕を用いた腕相撲は「黄金の左腕」と言われ、今まで誰にも負けたことがないという(自衛隊員にも勝ったことがあると本人談)。リンカーンにおいて出演者全員を相手にその力を披露し、連続20人斬りを達成していた。(ダウンタウン・さまぁ〜ず・雨上がり決死隊・品川庄司・FUJIWARA・おぎやはぎ・バナナマン・フットボールアワー・スピードワゴン・中川家の20人だが、そのうち礼二・品川・原西・宮迫・松本はかなり粘らせて負かした)

■味覚が鈍感らしく彼の舌には「美味しい」と「すごく美味しい」の二通りしかないということである。宮迫によれば「ぐっさんにとっては高級蒸しアワビも牛丼もおいしさは一緒」。リンカーンにて高級食材を使って作った中華料理で4品作り、2品のスープは山口は味見して「旨い」と言ったが、試食したダウンタウン、さまぁ〜ず・雨上がり決死隊からはマズいと評された。ちなみに他の2品はとても旨く作れたらしく、ウド鈴木に大絶賛された。

■笑っていいともの「スポンサーはあなた!」のコーナーでは抜群のバランス感覚を見せた。「人差し指に傘を乗せたまま維持」「両手の指にハンガーの柄の部分をかけて回し続ける」、「お好み焼きのヘラでピンポン玉を弾き続ける」等のゲームで、ほとんどその場を動かないという余裕をもって成功している。

■『ぐっさん家〜THE GOODSUN HOUSE〜』(東海テレビ)の番組企画として名古屋の平針運転免許試験場にて大型自動二輪免許を取得。

■テレビ番組で度を越えた下品なものまねを披露し、一時干されそうになったことがある。

■「四角い物フェチ」である。角張った感触と、物がスッポリ収まる感覚(「スフォ感」と形容)がたまらないとのこと。『アメトーク』に出演した際には、四角いものに囲まれ終始興奮していた。中でも最も気に入っている四角いものは「天突き(ところてん切り器)」で、四角いところてんを四角い天突きに入れ、四角い棒で押すと四角がたくさん並んだ網から四角いところてんがたくさん出てくるから、とのこと。

■芸人には珍しく、大の愛妻家。松本人志からは、「ぐっさんだけはホンマに真面目や」と感心されている。

■習字や絵画なども趣味で行なっており、バラエティー番組やCMなどでその腕を披露している。

■野外のロケに出ると雨天となることが多く、自他共に認める雨男である。リンカーンの特番では浜田に「テンション上げたら雨が酷くなるからテンション上げんな!」と言われていた。


【エピソード】
■ギャグ路線からシリアスなものまで様々なものまね芸を持つが、かつてテレビ番組の本番中に大失敗をしたことがある。『爆笑そっくりものまね紅白歌合戦』(フジテレビ系列)においてデーモン小暮閣下のものまねをした際、歌い出しのタイミングを間違えフライングをしてしまった。その時はものまねをされた本人として登場した閣下に軽く突っ込まれていたが、後にこの出来事は『ものまね紅白』のエポックメイキング的出来事になった。

■『新選組!』(NHK)の劇中、芹沢鴨がオウムに馬鹿にされるというシーンにおいて、オウムに台詞を覚えさせる調教が撮影に間に合わず、スタッフは急遽山口にオウムの吹き替えを依頼。山口は見事にオウムを演じ切り、このシーンは無事放送された。

■2006年7月16日に放送された『FNS26時間テレビ』内の『笑っていいとも』増刊号生放送スペシャルで、小学生女子300人に聞く好きな男性レギュラーランキングで1位になった。その理由として「歌う姿にキュンときます」などがあった。

■四条畷の小学校の校歌の作詞曲は、母校が統合したために新校歌を作らなければならず、友人が山口本人に頼んだことで実現した。小学校には直筆の歌詞表が飾られた。しかし、書き間違えたのか、紙で貼って上書きされたような形跡があったことを、テレビ上でハイヒール・リンゴに指摘された。

(出典:Wikipedia)

谷澤恵里香 エピソード&プロフィール

谷澤 恵里香(やざわ えりか、1990年11月15日 - )は日本の女性アイドル。ホリプロ所属 [要出典] 。東京都出身。アイドルユニットアイドリング!!!のメンバー(アイドリング7号)。アイドリングのメンバーからはヤザワァーと呼ばれている。


【プロフィール】
身長-150cm
スリーサイズ-B88cm、W61cm、H86cm
血液型-B型
趣味-ピザ作り
特技-笑う事、ソフトテニス、変顔


【人物像】
■胸から太っていくタイプであると自称している

■目標とする芸能人は優香

■好きな男性のタイプは、平和主義でおとなしくて優しい人、メガネをかけている人、いじめられキャラの人(守ってあげたいから)

■三人兄弟の末っ子

■得意料理は目玉焼きともんじゃ

■小学生時代、あだ名は特になかったが、1度だけ男子に「モリゴリラ」と言われたことがあるらしい。

■カラオケの点数測定で測定不能になったことがある

■やれば出来る子であると自称している


【アイドリング!!! エピソード】
■バストサイズが豊かなこともあり、太ってるように見えるため、「大食いデブキャラ」を演じている(一人でよく吉野家に行き、ケーキは1日2個までに制限しているとの事)

■「20世紀アイドル 名曲でオープニング」での振り付け時や「マニアイドル」の関節技や相撲などで、かなり胸をアピールしている

■キャラとして根付かせようとしているのか満面の笑顔の後、急に険しい顔でにらみつけることがある。

■足クサキャラとしても扱われており、何かと自らのブーツや足のニオイをかがそうとしている。

(出典:Wikipedia)






山本コウタロー エピソード&プロフィール

山本コウタロー(やまもと - 、本名:山本厚太郎、1948年(昭和23年)9月7日 - )は、歌手・タレント・白鴎大学教授。東京都千代田区出身。芸名は、山本コウタロー(コータローという表記も多く見られるが、コウタローが正しい表記。)だが、作曲や大学で教鞭をとるときは本名である厚太郎としている。東京都立日比谷高等学校、一橋大学社会学部卒。


【略歴など】
上智大学に一浪入学し、その後も東大受験を志すも、東大入試中止により一橋大学に入学。在学中から、ソルティー・シュガーのメンバーとしてフォークソングを手がける。日本におけるコミックソングの代表のひとつともいえる『走れコウタロー』をリリース。その面白さから日本レコード大賞新人賞を受賞するヒットソングとなった。ソルティー・シュガー解散後高田渡、シバらとともに「武蔵野タンポポ団」のメンバーとして、中津川フォークジャンボリーに参加。このころからなぎらけんいち(なぎら健壱)らと親交を持つ。

ソルティー・シュガー解散後に結成した「山本コウタローとウィークエンド」でもフォークを手がけ、『岬めぐり』(1974年(昭和49年))がヒット。この曲も「走れコウタロー」と並んで、現在でも歌い継がれている。

後に、テレビ番組の司会(おもいッきりテレビの初代司会者だった)・タレントとして活躍している。

1989年(平成元年)、第15回参院選比例代表区に環境政党「ちきゅうクラブ」より出馬(名簿搭載第1位、落選)。現在は、地球環境問題に造詣が深いことから、白鴎大学教授として教鞭をとるかたわら、男女共同参画、食・農の問題、教育問題、平和問題等の講演活動などに勤しんでいる。

(出典:Wikipedia)

山本モナ プロフィール&エピソード

山本 モナ(やまもと もな、本名同じ、1976年2月11日 - )は、オフィス北野所属のフリーアナウンサー・女性タレントで、元・朝日放送(ABC)アナウンサー。広島県尾道市出身。福山暁の星女子高校、学習院大学法学部法学科卒。父親はノルウェー人航海士、母は日本人のハーフ。

小学校3年から高校まではピアノを習い音楽家を志した。父親はエルビス・プレスリーの熱狂的ファンで、ロシア語のプレスリー、朝鮮語のプレスリーのレコードなども収集し、家にはプレスリーとクラシックが混在した。


【プロフィール】
生年月日: 1976年2月11日
現年齢: 31歳
出身地: 日本・広島県尾道市
血液型: A
公称サイズ(2005年時点)
身長: 168 cm / 5′ 7″
体重: 48 kg / 106 lb
BMI: 17(低体重)
スリーサイズ: 89 - 60 - 90 cm
靴のサイズ: 25 cm


【略歴】
■1996年 - 「ミスハリーウィンストン」グランプリを受賞

■1998年 - 学習院大学法学部法学科卒、朝日放送入社。同期入社アナウンサーは上田剛彦。

■2001年 - 報道局に人事異動、アナウンス部兼務となる。

■2004年10月 - アナウンス部に復帰、ムーブ!の立ち上げにニュースキャスターとして携わる。

■2005年4月1日 - ニュースキャスターを務めていたムーブ!を降板。

■2005年6月、朝日放送を家庭の都合で退社し、オフィス北野へ移籍。

■2005年7月13日・14日のBATTLE TALK RADIO アクセス(TBSラジオ)の代打出演が移籍後初仕事。ムーブ!で共演した評論家宮崎哲弥の紹介による。

■2005年8月6日-「たかじんのそこまで言って委員会(SP)」で、朝日放送時代の先輩の宮根誠司と共演。

■2006年1月9日-この日から以前ピンチヒッターとして出演していたBATTLE TALK RADIO アクセス 月〜木ナビゲーター

■2006年9月から、リニューアルするTBS「筑紫哲也 NEWS23」で、膳場貴子とともにキャスターに抜擢されるが、2006年10月13日号の写真週刊誌「フライデー」に民主党政調会長代理(当時)の細野豪志代議士との不倫を報じられる。その影響で、10月2日から「NEWS23」の出演を見合わせ、10月23日付けで正式に降板した。リニューアル後わずか5日間しか番組に出演しなかったことになる。

■2007年1月1日-この日、11年ぶりに復活した日本テレビ系列「ビートたけしのお笑いウルトラクイズ」でテレビに復帰。スイカのかぶりものをして司会を務める。これを機に活躍の場をバラエティにシフトし始める。

■2007年1月16日-約4ヶ月ぶりに自身のブログ「もなろ〜ぐ」を更新し、「私のいたらなさから、去年は大変お騒がせしてしまって…、本当に申し訳ありませんでした。今年は、反省の上に立って、(中略)何かを見つけられる年になれるよう頑張っていきます」とファンにわびた。


【備考】
■彼女は現在ファイナルファンタジーXIに熱中している。blogで使われている顔文字はこのゲームで培ったもの。ヘビーユーザーぶりが高じて追加ディスク発表会の司会を担当したり、ゲーム雑誌ファミ通に不定期に連載を持っていたりする。英語、北欧語を話せる才女。

■「BATTLE TALK RADIO アクセス」内では、4月13日に「コンビニでコンドーム買うときは、店員が男か女か気になりますよね、分かる、分かる」と語ったり、9月には、出演直後の「たかじんのそこまで言って委員会」を「予定調和の番組だ」「(出演者は)本音で話していない」と批判するなど、大胆なところもある(ただし、同番組が「NEWS23」をよく批判している番組でもある)。アクセスに出演している井上トシユキ曰く「竹を割って発酵させたようなストレートな性格」と言われている。

■民主党の細野豪志代議士との不倫騒動について、所属事務所の創設者であるビートたけしが彼女の立場について「ビートたけしのTVタックル」などで同情する発言を行っており、復帰への仕事先を探していたとされている。結果、「ビートたけしのお笑いウルトラクイズ」を復活させ、同番組でのテレビ復帰となった。

■「ビートたけしのお笑いウルトラクイズ」DVD内で仲間由紀恵、伊東四朗のものまねを披露した。

(出典:Wikipedia)

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。