Google
 

上戸彩 エピソード&プロフィール

上戸 彩(うえと あや、1985年9月14日 - )は、東京都練馬区出身の歌手、女優、アイドル、タレント。オスカープロモーション所属。本名同じ。血液型O型。堀越高等学校中退。


【人物】
■3人兄妹の末っ子で、2歳年上と16歳年上の兄がいる。幼稚園の頃に長兄の子供が誕生しており、幼くして叔母となった。父親は北海道出身、母親は沖縄県石垣市出身。両親は上戸デビュー後に離婚し、現在は母と2つ上の兄と暮らしている。ただし多忙ななかでも父とも定期的に会うことを欠かさないという。

■上戸の母方の祖母は琉球民謡の歌手であり、上戸の母親も跡を継ぎたかったが断念した。そんななか、友人がエキストラをやったと嬉しがっていたのを聞いた上戸は「私もテレビに出てみたい」と上戸の母親に話す。それを聞き、ポストのチラシに入っていた「全日本国民的美少女コンテスト」に上戸に内緒で応募した。自分が断念した夢を上戸に託したのである。上戸の母は、今でもドラマのセリフ覚えの手助けをしたり、スケジュール管理を行うなど、陰のマネージャー的存在である。

■愛称はマシュー南からは「ウエッティ」と呼ばれている。また、デビュー前は「あやや」と呼ばれていた(本人談)が、これは松浦亜弥の愛称である。一部の女性ファンからは「あやと」と呼ばれているが、それほど世間に浸透してる愛称は無い。

■タレントのベッキーとは大の仲良しで、お互い認める親友である。また、俳優の石垣佑磨とも、映画「あずみ」の共演を期に親交がある。歌手の諫山実生とも仲が良く、自身の2ndシングルのリリースの際、音楽雑誌で友人の曲として諌山のデビューシングル「恋花火」をお気に入りの1曲に挙げていたことがある。ただし2006年1月の「空飛ぶグータン」で公私共々友人が少ないことを悩みとしてあげていた。

■好きなアーティストに、ケツメイシや宇多田ヒカルやTHE BLUE HEARTSなどを挙げている。

■好きな食べ物は納豆。何にでもかけて食べるという。料理はお世辞にも上手いとは言えなかったが、2005年、スケジュールに余裕があったのを活かして、料理上手な母から本格的に習い始め、メキメキ上達している。3年B組金八先生で共演した高畑淳子にも教えてもらっている。

■食べることが好きで、担当するラジオ番組では「○○と○○を食べて」と話すことが多く、大食いであると自覚している様子。

■毎日の睡眠時間は3時間も取れればいいほうだという。

■ストレス解消法は「泣くこと」。真夜中、誰もいない近所の公園でひとりで大声で泣いていると言われている。

■役に感情移入しやすく、普段も演じているドラマの役柄そのものになってしまう。「3年B組金八先生」の時は、鶴本直になりきってしまい、女子トイレに入れなくなってしまったほど。あまりの熱演振りに金八先生役の武田鉄矢が「金八先生シリーズで唯一本気で惚れてしまった生徒」としてあげている(2007年3月『メントレG』での発言。「実際に卒業式のロケの中で『あなたが好きでした』と言ったが本放送ではカットされてた」そうだ)。また、「アテンションプリーズ」で男勝りな美咲洋子を演じたときは、「何だよ、女臭え部屋だな!」などと口にし、共演者やスタッフを驚かせたという。唯一、母親は「またか」と慣れっこになっているという。


【略歴】
■1997年8月に第7回全日本国民的美少女コンテストの審査員特別賞を受賞。

■1999年7月に4人組アイドルユニットZ-1の一員としてデビュー。

■2000年にはテレビドラマ『涙をふいて』で女優としての活動を開始し、以降数々のドラマや映画に登場。2001年に出演した『3年B組金八先生』(TBS)第6シリーズで性同一性障害という問題を抱えた、影のある中学生「鶴本直」を演じ、一躍有名になった。

■2002年2月、第40回ゴールデン・アロー賞の最優秀新人賞を受賞。8月、Z-1としての活動を休止し、ソロデビューシングル『Pureness』を皮切りに歌手としての活動を行っている。

■2004年3月、第41回ゴールデン・アロー賞の映画新人賞を受賞。同年10月に第71回NHK全国学校音楽コンクール全国コンクール 小学校の部にて司会を務めた。同年末第55回NHK紅白歌合戦にトップバッターで初出場を果たした。

■2005年に国勢調査2005のCMキャラクターをダニエル・カール及び北村総一朗とともに務めた。同年にFIFA Club World Championship TOYOTA Cup JAPAN 2005では、日本テレビの番組マスコットガールを務めた。この大会で上戸は南米代表の「サンパウロ」のキーパー「ロジェリオ・セーニ」を応援していた。

■2005年にはベストヘアー賞、ベスト・スマイル・オブ・ザ・イヤー賞(武豊騎手と共に)、ネイルクイーン(親友のベッキーと共に)を受賞。

■2006年に『名探偵コナン』10周年企画として、スペシャル・サポーターに就任。10週にわたって番組内でクイズやコナンとCMに共演したり、情報番組でPRするなどコナンを全面的に支援していく。同年に小学館の12歳の文学賞の特別審査員に。理由は、上戸が小学生に絶大な人気があるからである。また、5月8日放送では「女優・上戸彩」としてアニメに登場。同年2月に日本テレビのトリノ冬季五輪番組でキャスターに初挑戦した。同年6月、法務省の第56回社会を明るくする運動のイメージキャラクターに起用。


【エピソード・特徴】
■バラエティ番組『さんまのまんま』にゲストで出演した時に明石家さんまから「胸薄いやん? ブラジャーしてるん?」と言われ、「彩だって、ブラジャーしてますぅ!」と半ば怒り気味に説得している。本人は、「身体のラインが強調されるようなファッションは嫌い」と言う。そのためか、着痩せするタイプのようだ。かつてはビキニなどのグラビアにも登場し、女優デビュー作の『涙をふいて』では中学3年生ながら上半身裸のセミヌードまで披露していたが、ブレイクしてからは一転して露出を封印。20歳の誕生日に発売された写真集は水着写真集と報じられたが、ふたを開けてみれば水着はほぼ皆無で、従来路線の継続が確認された。

■ソロデビュー当初はボーイッシュなショートヘアがトレードマーク(それ以前はロングヘアで、一度もショートヘアにしたことは無かった)だったが、2005年放映の『義経』(うつぼ役)、『アタックNo.1』(鮎原こずえ役 主演)出演にあたりロングヘアに変えた。またこの年にベストヘアー賞を受賞しているが、「本当はショートカットの方が好きです。できるなら、刈り上げにしたい」と仰天発言をした。2006年にはショートヘアに再び戻し、シングルCD「笑顔のままで」のプロモーションビデオには散髪シーンが収められている。またこれと同時に「アテンションプリーズ」(美咲洋子役)の役作りとして茶髪にしている。「下北サンデーズ」ではまた黒髪のおかっぱ頭になったが、おかっぱは上戸自身のアイデアという(週刊プレイボーイより)

■2000年、まだZ-1としての活動をしているときに、厚生労働省の「LQ(エルキュー、ロング休暇=長期休暇の意味)キャンペーン」ポスターが全国に貼られた。当時15歳でまだ全国的な認知度も低く、ポスターには「上戸彩(Z-1)」とキャプションがつけられていた。ちなみに厚生労働省のHPではポスターではないが、ポスターと同じ写真を表紙に使った報告書を閲覧することができる[1](PDFファイルにつき注意)。他にも国土交通省・消防庁等、官公庁のイメージキャラクターになることが多い。

■2005年3月26日にプロ野球パシフィック・リーグ開幕戦福岡ソフトバンクホークス対北海道日本ハムファイターズで始球式を務めた。Yahoo! BBのCMに出演している縁からであるが、始球式で対決したのはオロナミンCのCMで共演した新庄剛志外野手だった。一方でロッテのCMに出演(2005年末から2006年初頭までは担当しているラジオ番組の提供を受けた)している縁から、2005年シーズンを制した千葉ロッテマリーンズの「ファンフェスト」にゲスト出演し、ロッテリアの優勝記念キャンペーンのイメージガールを務めた。しかし、上戸自身は阪神タイガースのファンで、2004年のゴールデンスピリット賞受賞式で赤星憲広選手のヒッティングマーチを独唱するほど。さんまのまんまでは趣味は野球観戦と言っている。

■CM NOWの読者が選ぶ女性タレント部門で2004年〜2006年、3年連続第1位に選ばれた。

■2006年、「バレンタインチョコレートを貰いたい女性有名人」調査で1位になる。このアンケートはロッテがインターネットを通じて行ったもので、それによると彼女の支持世代層は10代から50代と幅広く、特に30代〜50代の世代にとっては、彼女が未だに「彩」と自分の事を三人称で呼ぶことから子供っぽいイメージが重なり、妹や娘にしたい女性有名人としても知名度は高いという。

■小学館の12歳の文学賞の特別審査員を努めた時上戸は「ノンフィクションものを書いてみたい。暴露モノとか。事務所は許してくれないでしょうけど」と発言。

■雑誌・SPAの女性による「許せるロリータ系有名人」の項目で堂々の1位に選ばれる。

■愛読書は意外にも週刊プレイボーイ。インタビューで「お兄ちゃんが買っているから、彩も自然と毎週読むようになった」との事。なお、週刊プレイボーイで「水着グラビアは、腹筋の跡が見えるようになったら公開します」と公言した。

■寝る間を惜しんで働いていた18歳の頃に「事務所の社長から(20歳までは)彼氏を作るなと言われている」と公言(これは上戸に限らずオスカープロモーションの規則でもある)。その反動か反発か先輩の米倉涼子や石川亜沙美らに「20歳になったら私は好き勝手に生きますよ」と発言した。それが何を意味するか不明だったが、それまで多忙だったが19歳の2005年はスケジュールに余裕があり、露出も控えめとなった。肝心の20歳を迎えた2006年、年頭に「今年は寝る間もないほど忙しいよ」とマネージャーに脅されたといわれる。連続ドラマが2クールも続き、音楽活動もアルバム2枚リリース、イベントも多数こなすなど、20歳の1年は忙しい年となった。このように稀にこう言った発言をするが、事務所の社長にはとても可愛がられており、いろいろなプレゼントをもらっている。

■初主演ドラマ「ひと夏のパパへ」(TBS)の平均視聴率が5.6%、最低時が3.6%という散々なものだったため、全11話の予定が10話に削減され、余りの数字に各メディアで大きな波紋を呼んだ。また「下北サンデーズ」(テレビ朝日)も低視聴率で1話削減で終了。上戸出演の連ドラは事務所の持ち込み企画が多くなっている。

(出典:Wikipedia)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?b=20070826-00000000-oric-ent

[PR]

「豆乳クッキーダイエット」祝1500万食突破!2006年、楽天年間ランキング総合第1位受賞商品です!!12秒に1箱売れてます☆
たったの146キロカロリーなのに、栄養も満足感も◎!!

内田恭子 エピソード&プロフィール

内田 恭子(うちだ きょうこ、本名:木本恭子(旧姓:内田)1976年6月9日 - )は、元フジテレビアナウンサー。現フリーアナウンサー、タレント。愛称は「ウッチー」。ドイツ・デュッセルドルフ生まれ、神奈川県横浜市出身、慶應義塾大学商学部卒。身長163cm。血液型A型。2007年4月からは夫とともに個人事務所を設立。


【来歴・人物】
1976年6月9日、父親の赴任先であった当時の西ドイツ・デュッセルドルフに生まれる。2才で日本に帰国したのち、小学校5年から高校2年生まではアメリカのシカゴで生活。イリノイ州デアーフィールド高等学校(Deerfield High School)から神奈川県立外語短期大学付属高等学校へ編入。このような生い立ちから英語は得意であり、英語検定準1級を所持するが、ドイツ語は乳幼児の頃にしかドイツに在住していなかったため、まったく話せない。生まれたとき、名前は当初「杏子」(読みは一緒)にする予定だったが、「杏」が当時人名用漢字の中に入っていなかったため「恭子」となった。1999年にフジテレビ入社。同局の看板アナウンサーとして活躍したが、2006年3月に結婚しフジテレビを退社。フリーアナウンサー・タレントとなり現在にいたる。


【エピソード】
■1999年フジテレビ入社。同期入社の大橋マキが注目を浴びる裏で報道記者として全国を駆け回る。「プロ野球ニュース」の終了および荒瀬詩織、宇田麻衣子、大橋マキの退社にともない2001年4月から5年間「感動ファクトリー・すぽると!」のキャスターを務めた。

■フジテレビの入社試験の際、カメラテストとして自己紹介をしなければならないが、内田は「人の心を読み取る力、観察する力は誰にも負けません」と自己分析している。

■ケタはずれの音痴である。そのレベルは同じく音痴として有名なSMAPの中居正広以上ともいわれ、真剣に歌ったにもかかわらず、「すぽると!」のパートナーで、先輩アナの三宅正治から「ウッチー(内田の愛称)、真剣に歌え!」と言われるほどだった。

■2005年2月、巨人の宮崎キャンプに先輩の三宅アナと取材に訪れた折、ブルペンにいた工藤公康投手の投球練習を妨害して退去させられている。詳しくは工藤・三宅の記事を参照。

■2006年1月10日、2003年春から交際中のダウンタウン・浜田雅功の元マネージャーで吉本興業社員の木本公敏と婚約、同年3月31日で寿退社をし、退社後はフリーアナウンサー、タレントとして活動している。2006年7月23日、都内にて挙式をあげた。

■「NNNきょうの出来事」の後番組、「NEWS ZERO」のキャスターを打診されたが、2007年3月まではCMを除いてテレビはフジテレビ系列の番組しか出演しない約束をフジテレビとしていることと、「NEWS ZERO」と放送時間が重なる「タモリのジャポニカロゴス」と「グータンヌーボ」に2006年10月以降も出演しているため断ったとされる。2007年4月からフジテレビ系列以外のテレビ出演が可能になったが、2007年7月現在フジ系以外のテレビ番組には出演していない(ラジオは2007年春からTOKYO FMでレギュラー番組を持っている)。

■金子さやかと似ていると言われることがある。

(出典:Wikipedia)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?b=20070825-00000030-nks-ent

[PR]

敏間肌だけど美白したい!そんな悩みをお持ちのアナタ、諦めないでください!優しいだけじゃなく、美白効果もキチンと実感できる!ぜひミラクルホワイトお試しキャンペーンであなたの望みを叶えてください♪

梅宮アンナ エピソード&プロフィール

梅宮 アンナ(うめみや あんな、1972年8月20日 - )は、東京都出身のファッションモデル、タレント。元スターダストプロモーション所属。父は俳優の梅宮辰夫。母はアメリカ合衆国出身。東横学園大倉山高等学校卒業。血液型はO型。いとこに女優の梅宮万紗子がいる。


【来歴】
1990年代に『JJ』の専属モデルとして活躍。「アンナが着れば売上が伸びる」と言われ、雑誌の発行部数にも大きく寄与して一時代を築いた。専属モデルとしては珍しい雑誌間での引き抜きに近い移籍劇があった。

今となってはあまり知られていないが、羽賀研二との交際以前に、当時人気の絶頂にあったJリーガー、武田修宏とうわさがあり、芸能記者のインタビューに対し、武田本人に告白したことを認める発言をしている。この頃から父・辰夫のアンナの交際相手に関する発言が注目されるようになった。

羽賀研二とは1990年代半ばに交際が明らかになった。交際歴が長く、事実上の婚姻関係にあった。しかし羽賀の借金問題(梅宮親子が連帯保証人になり肩代わりしたと後に述べられている)もあり父・辰夫が結婚に強固に反対していた事と羽賀が借金を重ねる事を止めなかった事などから結局は破局。篠山紀信撮影によるペアヌード写真集を出したこともあり、これは羽賀の借金返済の一環だったとも言われている。

その後2001年に別の男性(飲食店従業員)とできちゃった結婚。翌年に長女を出産するが、2003年に離婚。その後、その男性は2004年7月に違法カジノを経営していたとして逮捕された。長女は梅宮が引き取り、祖父である辰夫と共にテレビ出演することもある。

2005年には既婚者である中日ドラゴンズ内野手の立浪和義と2人きりで東京都内をドライブしている写真が週刊誌で暴露され不倫疑惑が取りざたされた(尚、梅宮がテレビ番組「森田一義アワー笑っていいとも!」のテレフォンショッキングに出演した際に、立浪名義の花輪が置かれていた事がある)。その後、あるインタビューで父・辰夫が「既婚者との交際は認めない」と立浪と交際していることを暗に認める発言をし、その後も立浪との交際は続いていたが、最近になって立浪が球団関係者に不倫関係を指摘され「将来の指導者への道が断たれる事になる」と釘を刺された事などが原因で破局していた事が明らかになった。

2007年6月30日付けでスターダストプロモーションと契約解除したことが7月4日に明らかになった。ちなみに元恋人の羽賀研二が同じ6月30日に恐喝容疑で逮捕されている。

今後は父親である梅宮辰夫が立ち上げた個人事務所に所属する予定(詳細は梅宮辰夫の項を参照)

羽賀との破局後、同じく恐喝容疑で逮捕された吉川銀二と交際していた噂がある。


【人物】
モデル業の他に1990年代半ばからバラエティ番組などで活躍した。2000年代半ば以降はテレビでの活動はほとんど見られなくなった。

2007年、父親の梅宮辰夫がレギュラー出演している特命係長・只野仁(3rdシーズン)最終回(第31話)にゲスト出演し、親子共演を果たす。なお主演の高橋克典とははとこ同士である。

同じくファッションモデル出身のタレント神田うの、梨花とは親友で、テレビやイベント等での共演がよく見られた。

漫才師の海原やすよ・ともことも親交がある。


【羽賀研二逮捕後の言動】
2007年7月9日放送分のスーパーモーニングにてようやく羽賀との交際期間で起こった事に対し、重い口を開いた「もう終わった事ですので」「彼の事を思い出しただけでも辛い」「7月9日発売の週刊誌(週刊ポスト7月20日号)で言った事が全てですので」と述べた上で、羽賀との交際期間中に起こった事を話した、当初は借金の事を否定したがすぐに認めた事、さらに自分にも返済に協力する様求めた上「愛があるなら一緒に借金返せるだろう、アンナ頼むよ」と毎回の様に言われ断り切れずに自分が金策に奔走していた事、融資先の名士に「父親が保証人になるなら」と説得する様に勧められた際、家族を巻き添えにしたくない一心から断っていた事(結局羽賀の策略によりその想いも打ち壊されてしまった)自身の収入を全て羽賀に渡していた事、一時期自分が羽賀の借金の肩代わりをしていた事、父親と共にこれまで渡した金を返還する様求めた所、父辰夫に対し「梅宮家の暴露本でも出しましょうか?」と脅迫めいた事を話した事をきっかけに羽賀とは一切の関わりを断つ事にした事を明かした上で「結果的に家族ぐるみで羽賀に喰い物にされた事になります」と話し、「私達家族以外にも被害者はいると思います」「今後は子を持つ親として自然体で生きていたい、羽賀研二とは二度と関わりたくない」と述べた。

上記の発言に加え、アンナ自身が羽賀にこれまで渡した金を返してもらおうとした所「お前が自分の為にと渡した物だから金は返さない」と反故にされ、借金も含めこれまで渡した金の大半が踏み倒された事も合わせて述べている、その後父である梅宮辰夫と共に羽賀に抗議をした所、上記の脅迫めいた発言が梅宮辰夫の携帯電話にかかってきたきっかけになったという。

沖縄にあった羽賀のレストラン、ブディック、美容室のプロデューサーをしていた、オープン当日に施設側から「残りの4000万円の支払いがまだなので店はオープンさせない」と言われた際に羽賀に偶然自分の知り合いの社長が「梅宮辰夫名義」で保証人になるなら貸してくれると言われ、梅宮辰夫が借用書にサインしようとしたが自分(アンナ)の制止を振り切り、涙を流しながらサインしたと語った、この事に関しては「今思うと話が出来すぎていた」と語っている、後にその名義は当時の所属事務所の社長に頼み自分名義に書き換えた事も明らかにした。

さらに「月の半分はブティックに顔を出す様に、アンナが店にいれば(商品が)売れるんだから」と羽賀に指示された事も明らかにしている、この事に関しては「彼は芸能人であるというより、お金を儲ける事にしか興味が無かった」と述べた。

羽賀と共に協力し合ってその4000万円を返し終えた1999年の初め頃、アンナの元に羽賀の連帯保証人になった会社から内容証明郵便が届き、「すぐに3000万返済しなければ法的手段を取る」という内容の書類が送られた、「借金が次から次へと降ってくる状況はまさに地獄絵図だった」と述べている。

羽賀の逮捕を知ったのは知人からの電話で知ったという、この事に対しては「別に驚く事ではなく、むしろ遅いくらいだと思いました、自分も最後には恐喝まがいの事をされましたから」と羽賀を批判し「今振り返れば、彼の目的は私自身ではなく私のパパであり、梅宮家のお金目的だったとしか思えない、私達家族はいいカモだと思われていたのでしょう」と切り捨てた。

上記の事から羽賀との交際期間中での出来事は、表向きには一見父親に反対されつつもそれなりに幸福そうに暮らしているカップルに見えたが、実態は幸福よりも修羅場の連続であったという事が伺える。

(出典:Wikipedia)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?b=20070726-00000008-oric-ent

[PR]

女性のためのキャッシングサービス。スタッフは全員女性の安心対応。50万まで即日振込みのベティローン。5万まで15分快速審査のプチベティ。あなたの用途に合わせてお選びください。

内博貴 エピソード&プロフィール

内 博貴(うち ひろき、1986年9月10日 - )は、日本のジャニーズ事務所所属の男性アイドルグループNEWS及び関ジャニ∞の元メンバー。2007年1月より同事務所の研修生となる。

同年7月から上演されている少年隊主演舞台『PLAYZONE 2007「Change2Chance」』で草野博紀とともに現場復帰。


【プロフィール】
■身長177cm。
■体重52kg。
■血液型AB型。
■出身地:大阪府羽曳野市(出生地は大阪府門真市)
■特技は野球
■好きなタイプの女性は女優の矢田亜希子。
■家族構成は父・母・3歳年下の妹と自分の4人家族である。
■好きな言葉は「おっぱい」


【愛称】
■うっちー
■内・内くん
■ハニートースト
■ひよこ・ひよ
■ピロキ
■エイトのプリンス
■しゃっくん
■ピンク


【概略・略歴】
■1999年5月29日、ジャニーズ事務所に入所。プロ野球選手になるのが夢だったが、母に500円で説得されてオーディションに行き、事務所入りする。関西ジャニーズJr.時代はV.WESTのメンバーとして活動。バラエティ番組『週刊V.WEST』やCM「焙りコーン」などに出演していたが、2002年12月、それまで出演していたバラエティ番組『J3KANSAI』の中で、関ジャニ8(現関ジャニ∞)のメンバーに選ばれる。

■2003年、テレビドラマ『僕の生きる道』の演技により、「第6回日刊スポーツ・ドラマグランプリ新人賞」を受賞した。同新人賞はこれまで6年連続ジャニーズJr.が受賞してきたが、関西ジャニーズJr.の受賞はこれが初となった。

■2003年9月、『バレーボールワールドカップ2003』イメージキャラクターとして結成されたNEWSのメンバーに選ばれ、11月15日にイメージソング『NEWSニッポン』でデビュー。以降関ジャニ∞と並行して活動していく事となる。

■2004年5月12日、NEWSとして『希望〜Yell〜』(ジャニーズ・エンタテイメント)でメジャーデビュー。

■2004年8月25日、関ジャニ∞として『浪花いろは節』(テイチクエンタテインメント)でデビュー。

■2005年5月、肺気胸にかかり手術を行ったのち、自宅療養を経て復帰する。

■2005年7月16日、本人の不祥事のため、芸能活動の無期限謹慎処分を受けた。

■2006年12月30日、ジャニーズ事務所の研修生となることが公式サイト・Johnnys netで発表された。

■2007年5月16日、ジャニーズ事務所から同年7月9日上演の少年隊主演舞台『PLAYZONE 2007「Change2Chance」』で現場復帰。


【ソロ曲】
■Master key
■believe my story

(出典:Wikipedia)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?b=20070716-00000052-sph-ent

[PR]

【シューストップ】体臭に効果的なサプリメント販売サイト。突然ですが、おなら、体臭、口臭、加齢等、ニオイっていろいろとありますよね。 周りの人達はあなたのニオイを気にしています!!

内山 信二 エピソード&プロフィール

内山 信二(うちやま しんじ、1981年9月25日 - )は日本のお笑いタレント。東京都葛飾区出身。身長174センチ、体重125kg。血液型O型。子役出身で、そのふくよかな体型を売りにしている。いわゆる「デブタレ」。愛称は「内山君」「ウッチー」「うっちゃん」「ウチヤマ」。石井光三オフィス所属。

実家は魚屋だったが閉店した。閉店した原因は本人の弁によると、当時店では鰻の蒲焼きを売っていたが、自分が店番をしている時は、いつも売り物の鰻をすべて食べてしまい経営が悪化したというが冗談であると思われる。


【来歴】
子役時代に『あっぱれさんま大先生』に出演し人気を博す。同番組のレポーターとしても活躍し、8年という長い期間レギュラー出演をしていた。

鉄棒の逆上がりが出来ず、悔し涙を流しながら練習して逆上がりが出来るようになった、というエピソードがある。「授業参観スペシャル」に登場する、個性的な父親も人気であった。また、同番組内で明石家さんまから「お前、大きくなったら何になりたい?」と聞かれた際、「AV監督!」と発言している。

あっぱれ時代にお笑いの基礎(ボケ方、突っ込み方など)を同番組の司会・明石家さんまから教えてもらっていたことは有名。現在のタレント活動の基礎はここから築き上げられた。弟子を取らない方針で知られているさんまが、かつて「内山が唯一の弟子かもな」とテレビで発言したこともある。

子役事務所を転々とし、あるTVディレクターの仲介により、現在所属の石井光三オフィスへ移籍。

その後は、数々のバラエティ番組に出演。今では子役時代以上にふくよかな体型となり、伊集院光、石塚英彦、松村邦洋らとともに日本の「デブタレ四天王」の一人と呼ばれるほどまでになる。若手のデブタレが出てくると、このデブタレ四天王の4人でその若手デブタレについて膝を交えて審議する時があるらしい。内山はデブタレの中では一番若手なので、同士が複数出演するような番組では補佐的な役割をする場合が多い。また、バラエティ番組でゲスト出演の時には、いじられ・おもちゃキャラの役割が強くなっている。デブタレと言われるが食生活は想像するより小食で、バラエティ番組内で牛丼屋ではいつも並を注文していると暴露され慌てる姿を見せた。その一方では『いきなり!黄金伝説。』(テレビ朝日)の高級中華料理店全メニュー食べ尽くす男に挑戦し、全て食べ尽くしたり、月約20万を肉の取り寄せに費やすという一面もある。また、最近では先輩の松村や石塚対策の為にザ・たっち、大地洋輔、関智大を自分が勝手に作った派閥に加え、デブ芸人養成に力を入れている。

髪型は子役の頃にはスポーツ刈りにしていたが、現在はスキンヘッドまたは丸刈りにしている。

子役の頃から「内山くん」と呼ばれることが多く、それが慣れてしまったため今になって後輩の芸能人から「さん」付けで呼ばれるのがあまり好きではないという。

松村邦洋が昔の思い出を語った際、再現VTRで松村の少年時代の役を演じたことがある。

また24時間テレビが大好きであり、19歳の時から仙台のメイン会場でパーソナリティを務めている。

趣味はビンテージ(年代)物を中心とした古着の収集。『あっぱれさんま大先生』では18万円のジーンズを穿いて出演し、それに関する知識を披露したことがある。あっぱれ学園を卒業した頃のテレビ出演では、私物と思われるビンテージの古着をしばしば衣装にしている。『ダウンタウンDX』出演の際にも内山が所有するコレクションの一部が紹介された。

仮性包茎であったが包茎手術を受け、直後に東京フレンドパークに出演しウォールクラッシュで激痛に耐えた。

■平成18年より実兄と訪問介護サービス「まごのて株式会社内山企画」を都内で経営する。
2007年7月、約8年同棲し同年1月に別れた女性(30)から、内山の浮気が原因で精神的苦痛を受けたとして、500万円の損害賠償を求める訴訟を起こされ、訴えられた。

(出典:Wikipedia)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?b=20070708-00000043-sph-ent

[PR]

宅配DVD&CDレンタル『TSUTAYA DISCAS』 は、 ネットで借りてポストで返す、日本最大のレンタルショップです。今なら無料でサービスをお試しできる“フリートライアルキャンペーン実施中!

宇多田ヒカル エピソード&プロフィール

宇多田 ヒカル(うただ ひかる、1983年1月19日 - )は、日本の女性シンガーソングライターである。本名:宇多田 光(読みは同じ)。アメリカ合衆国ニューヨーク州出身。身長158cm。血液型A型。コロンビア大学中退。日本とアメリカの二重国籍である為、日本人であると同時に日系アメリカ人でもある。


【来歴・概要】
演歌歌手であった藤圭子の娘としても知られる。愛称は「ヒッキー(Hikki)」で、ニューヨーク時代に友人からつけられた。 邦楽において、他の追随を許さない独自の音楽性によってカリスマ的な存在感を持ち、「日本の歌姫」と称されるほどの実力派女性シンガーソングライターである。 また、身近な出来事の中にある深層心理を描いた歌詞世界は宇多田ヒカル独特の雰囲気を形作っている。 10代から40代と幅広い人気を誇るシンガーである。

所属事務所は「U3MUSIC」で、父親で音楽プロデューサーの宇多田照實がU3MUSICの代表取締役で、母親で演歌歌手の藤圭子はU3MUSICの役員として所属し、宇多田一家の音楽活動およびそのサポート業務を行っている。レコード会社は主に東芝EMI。

●1993年〜2000年
■米国居住時代の1993年、U3(父:宇多田照實と母:藤圭子とのファミリーユニット)名義で『star』を発表。また同じく米国で1997年にCubic U(宇多田家の3乗の意味)としてソロシングル『Close To You』とアルバム『Precious』を発表。なお、日本では1996年に「藤圭子 with cubic U」としてシングル『冷たい月〜泣かないで〜』を発表、1998年5月28日に「Cubic U」としてNHK-BS2の番組「真夜中の王国」にテレビ初出演をしている。

■1998年12月、宇多田ヒカルとしてシングル『Automatic / time will tell』でデビュー。プロモーションはラジオ出演のみだったが、印象的なR&Bのサウンドやプロモーションビデオ、また宇多田が弱冠15歳で作詞作曲を手がけ、アメリカでデビューしている帰国子女である事や、かつての演歌歌手・藤圭子の娘だという事など、多くの話題性で一気にその存在を強く印象づけた。その結果、デビュー曲でいきなりのミリオンセールスを記録。

■1999年3月、1stアルバム『First Love』を発売。日本で860万枚以上(オリコンの売り上げデータは765万枚)、国外を含めると990万枚以上を出荷し、国内アルバム売り上げ史上歴代1位となる超メガヒットとなる(現在もこの記録は破られていない)この年に帰国し、活動拠点を日本に移す。それまでラジオ以外メディア露出はほとんどなかったが、6月18日の「ミュージックステーション」を皮切りに、「HEY!HEY!HEY!」「SMAP×SMAP」などのテレビ番組にも出演。いずれも番組最高視聴率を叩き出した。

■2000年、調布市野水のインターナショナルスクール「アメリカンスクール・イン・ジャパン」を12年生で卒業し、米国の名門コロンビア大学に入学。その後、約1年で退学。同大のジェラルド・カーチス教授の発言により退学していたことが露呈するまでの間、日本国内では
2002年から休学中であるという風に思われていた。「大学には私がおばあちゃんになったら戻るかもね」との発言をしている(アメリカの大学制度は、一度入学して在籍すると、復学が日本と違い容易。スティーブン・スピルバーグは、中途退学後に復学して卒業した。デーブ・スペクターによると、アメリカでは社会人の復学が多いとのことである。)。

■2000年7月、初めての全国ツアー「BOHEMIAN SUMMER〜宇多田ヒカル Circuit Live 2000〜」を開催。7月1日の国立代々木競技場 第一体育館を皮切りに、全国10ヶ所で開催。徳島公演の際には腰痛でダウンするという緊急事態もあったが、見事乗り越え、名古屋レインボーホールでの最終公演の後、千葉マリンスタジアムで3日間にわたって追加公演を行った。いずれの公演のチケットもプラチナチケットと呼ばれ、電話予約開始から瞬時に完売、ネットオークションなどで高値で広く出回った。千葉マリンスタジアム3日目の公演では、この日のためにJam_and_Lewis が初来日し、演奏に参加した。“最初で最後の全国ツアー”などとうたわれたが、2006年夏に2度目のツアーを開催した。

●2001年〜2003年
■2001年3月、2ndアルバム『Distance』を発売。発売日が浜崎あゆみのベストアルバム『A BEST』と重なり、「歌姫対決」と話題を集める。結果『Distance』の発売1週間の売り上げ枚数はオリコンで300.3万枚(邦楽アルバム初動売上1位)、プラネットで262.9万枚、サウンドスキャンで244.3万枚を記録し、日本の3大チャートのすべてで宇多田が浜崎を上回った。最終的に双方とも売り上げ400万枚を超える大ヒットとなり、結果的には宇多田が勝利した。売り上げ約450万枚(オリコン)。オリコン年間アルバムチャート1位獲得。

■2001年6月8日に起きた、附属池田小事件の被害者の1人が宇多田ヒカルのファンであったこと知り、本来リリースする予定であったシングルカット曲『DISTANCE』をバラード調の曲に作り直し、この子に捧げる曲『FINAL DISTANCE』としてリリースする。

■2001年7月、Tezuka Osamu @ Cinema企画のインターネットアニメ「ブラック・ジャック」で、ピノコ役の声優に起用される。声優の仕事は本人初の試みである。

■2002年1月、アメリカ合衆国のレコード会社「Island Def Jam Music Group」と契約。アメリカでのアーティスト名を「Utada」とし、本格的に米国進出を果たす。

■2002年4月、卵巣腫瘍(良性)と診断され摘出手術を受ける。テレビ出演などプロモーション活動の中止を余儀なくされ、出演予定だった「笑っていいとも!」のテレフォンショッキングは、急遽父親宇多田照實が代理で出演。術後も薬の副作用で体調が思わしくなくしばらく休養。

■2002年6月、3rdアルバム『DEEP RIVER』発売。テレビ出演はなかったが、雑誌・ラジオ番組でプロモーション活動を行った。発売1週間の売り上げ枚数はオリコンで235万枚、プラネットで189万枚を記録した。売り上げ約360万枚(オリコン)。オリコン年間アルバムチャート1位獲得。

■2002年9月6日、写真家で映画監督の紀里谷和明と電撃結婚する。
紀里谷はアルバム『Distance』のCDジャケットや『traveling』『光』『SAKURAドロップス』3rdアルバムのタイトル曲となった『Deep River』などのプロモーションビデオを手がけた。

■2003年1月19日、自身20歳の誕生日に、ライブストリーミング・イベント「20代はイケイケ!」を開催。トークの他ミニライブも行われ、井上陽水の「少年時代」のカバーなど全3曲を披露。約2130万件という驚異のアクセス数を記録している。

●2004年〜現在
■2004年3月、コンピレーションアルバム『Utada Hikaru SINGLE COLLECTION VOL.1』を発売。4週以上に渡ってオリコン1位を独走。250万枚以上のセールスを記録し、年間アルバムチャート1位に。

■2004年2月、3日/4日/7日/8日/10日に、ライブ「ヒカルの5」開催。武道館での5日間限定ライブ。定員5万人に対して100万件以上の応募があり、プラチナチケットとなった。

■2004年4月、シングル『誰かの願いが叶うころ』を発売。夫・紀里谷和明の初監督映画『CASSHERN』のテーマソングで、映画に関しては自ら音楽番組などでプロモーションに務めたおかげで興行的に成功したが、内容については評価が分かれた。(→CASSHERN参照)

■2004年10月、幾多の延期を経てアルバム『EXODUS』で全米メジャーデビュー。収録曲「Devil Inside」のリミックスシングルがダンスチャートで1位を記録するものの、アルバム自体はビルボードチャートで最高160位。2005年10月には同アルバムで全英デビュー。日本では全米発売から4週間早い2004年9月8日に先行発売され、全英語詞にも関わらずミリオンセラーを記録するヒットとなった。オリコンチャートで1位獲得。これ以降、日本でのシングルリリースがしばらく見られなくなる。

■2005年9月にシングル「Be My Last」を発売し、その後も立て続けにシングルを発売。再び日本での活動が盛んになった。また、プロモーションで出演したTV番組内で「去年診断された、慢性すい炎が少し良くなっていた。」と明かした。卵巣の摘出手術以降も体調はすぐれないものと思われる。2月リリースの「Keep Tryin'」は200万ダウンロード突破。その後NHKみんなのうたで、ぼくはくまが起用される。

■「誰かの願いが叶うころ」「Be My Last」「Passion」「Keep Tryin'」など、最近のシングルは作詞・作曲に加え編曲も宇多田自身が担当しており、活動の範囲を確実に広げている。NHK「トップランナー」では“シンガーソングライター”ではなく“音楽家”として紹介された。

■2006年6月14日、4年ぶりとなる4枚目のオリジナルアルバム『ULTRA BLUE』リリース。この発売に先駆け、収録曲「This Is Love」を配信限定シングルとして販売した。このアルバムは初動50万枚を突破し、1stアルバムからの初動50万枚突破記録を更新し、歴代1位となった。オリコン2週連続1位獲得。

■2006年、6年振り2度目となる全国ツアー「UTADA UNITED 2006」を開催。7月1日の宮城県総合体育館からスタートし、9月10日の代々木体育館まで全国11箇所全22公演行われた。国内でリリースされた曲の他にUtada名義でリリースした曲も披露し、まさに“集大成”となった。演出にはアリーナクラス最大規模のLEDを使い、夫・紀里谷和明もこれに演出監督として参加している。7月28日には、ZEPP大阪で限定シークレットライブ「One Night Magic」を開催。12時間の応募期間にも関わらず1万通を超える応募があり、プラチナチケットとなった。

■テトリスが好き。本人曰く「5才の頃から毎日プレイしている」ためか腕はかなりのもので、ニンテンドーDS版では、カンスト[1]を達成している([1])。2006年8月、任天堂が主催したイベント「宇多田ヒカルとテトリス対決!!」に参加。抽選で選ばれた一般者とテトリス対決を行い、26勝4敗という好成績を残した。テトリス開発者との対決も行い、1勝1敗。また、「テトリスはスポーツ」と発言している。

■2007年3月3日、仕事などお互いの生活のすれ違いを理由に夫・紀里谷和明と3月2日に離婚したことを、U3MUSIC公式サイトの日記「Message from Utada Hikaru/Utada」にて報告した。

(出典:Wikipedia)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?b=20070514-00000000-sanspo-ent



[PR]
☆★☆新規お申込みの方15〜18%!!☆★☆

◎こんなに便利なライブドアクレジット◎

☆使い道は自由!

ご利用使途はお客様のライフプランは併せてご利用下さい。

☆パート・アルバイトの方でもOK!

20歳以上の方で定期的な収入のある方であればお申込出来ます。
もちろん自営業の方やご主人がお勤めに出られている主婦の方でもお申込み
できます。

☆会員の方にはお電話1本でお振込!

ご契約後もお電話一本でご登録頂いたお口座へお振込いたします。

★お申込みはココ★
http://ad.affipa.ne.jp/LK00078066/PS00026557/click.cgi
あのライブドアのクレジットサービスです!
[PR]

ウエンツ瑛士 エピソード&プロフィール

ウエンツ 瑛士(ウエンツ えいじ、Wentz Eiji、本名:同じ 1985年10月8日 - )は、日本の俳優、タレント、ミュージシャンである。東京都武蔵野市出身。てんびん座、O型。学校法人武蔵野東学園武蔵野東小学校-武蔵野東中学校卒業。日本大学櫻丘高等学校卒業。バーニングプロダクション所属。

小池徹平とのデュオ「WaT」のメンバー。


【略歴】
■1989年
・モデルデビュー(当時4歳)。天使系美少年と呼ばれ、以降数々の雑誌・CMなどで活躍。

■1995年
・劇団四季のミュージカル 『美女と野獣』 のチップ役で役者デビュー(当時9歳)。

・NHKの子ども番組 『天才てれびくん』『天才てれびくんワイド』にレギュラー出演。

・第46回 『NHK紅白歌合戦』 に森高千里のバックダンサーとして出演。

■1998年
・第49回 『NHK紅白歌合戦』 に西田ひかるのバックダンサーとして出演。

■2000年
・5年間に渡りレギュラー出演した『天才てれびくん』を卒業。
・CM 『森の水だより〜美少年編』 (コカ・コーラ社)で注目を集める。
・芸能界から一時引退。

■2001年
・日本大学櫻丘高等学校入学。芸能界に復帰。

■2002年
・NHK大河ドラマ 『利家とまつ』 で森蘭丸役を演じる。この頃からバラエティ番組に進出。(当時16歳)

・小池徹平とシンガーソングライター・デュオを結成。路上ライブを始める。

■2004年
・日本大学櫻丘高等学校を卒業。シングル 『卒業TIME』 でインディーズCDデビュー(WaT)。

・バラエティ番組 『プリティ・キッズ』(テレビ東京系)で初メイン司会を務める(2005年3月終了)。

■2005年
・愛の劇場 『正しい恋愛のススメ』 (昼ドラ)でドラマ初主演。熟女や男性とのラブシーンが話題に。

・シングル 『僕のキモチ』 でユニバーサルミュージックからメジャーデビュー(WaT)。

・第56回 『NHK紅白歌合戦』 にWaTとして初出場、メジャーデビューから2ヵ月という史上最短での出場となる。

■2006年
・『あいのり』『ポンキッキ』(フジテレビ系)など有名番組のメインレギュラーに抜擢(その他レギュラー増加)。

・フランスの高級ファッション誌 『Jalouse(ジャルーズ)』 からスカウトされ本誌に登場。

・『2006 バレーボール世界選手権』オフィシャルサポーターを勤める。(WaT)

・第43回 『ゴールデン・アロー賞』 新人賞受賞(WaT)

・第20回 『日本ゴールドディスク大賞』 ニューアーティスト・オブ・ザ・イヤー受賞(WaT)

・第39回 『ベストヒット歌謡祭2006』 最優秀新人賞受賞(WaT)

・第39回 『日本有線大賞』 特別賞受賞(WaT)

・第48回 『日本レコード大賞』 新人賞受賞(WaT)

・第57回 『NHK紅白歌合戦』 2年連続出場。(WaT)

■2007年
・初主演映画 『キャプテントキオ』 公開。

・プロ野球・パ・リーグ開幕戦「西武 VS 楽天」の始球式を務める。

・主演映画 『ゲゲゲの鬼太郎』 公開。

・シングル 『Awaking Emotion 8/5』 (映画「ゲゲゲの鬼太郎」主題歌)でソロデビュー。


【人物】
■ドイツ系アメリカ人の父と日本人の母を持つハーフ(ミックス)。肌は白く、瞳の色はヘーゼル・グリーン(薄茶・緑・灰・青など)。しかし、中身は日本生まれ日本育ちの日本語一筋なため、西洋的な容姿にコンプレックスを感じている。また密かに乳首がピンク色なことを気にしている。

■「笑い」に対して貪欲な姿勢を見せる。

■笑いと喋りが大好きだが、基本的にネガティブ思考。褒められることが大の苦手でかなりの恥ずかしがりである。デュオを組む小池はウエンツについて「よく喋る、真面目で大人、すごくシャイ」と語っている。製作人や共演者談の多くでは「礼儀正しい」「真面目」「賢い」など、ストイックな一面を持つと語られている。番組で共演した美輪明宏には「バカのふりしてるけど、本当は頭がいい。只者じゃないわ」と言われた。

■小池曰く、本人は無意識だが「奇跡は偶然じゃない」とよく言う。世界バレーのオフィシャルテーマソング「Ready Go!」にも「奇跡はきっと偶然なんかじゃない」というフレーズを入れている。曰く「努力したからこそ、奇跡が起きる」「努力しない人に奇跡は起きない、努力しない人にラッキーはない」という信念があり、確かにテレビ番組や連載していたコラムなどでもそのような話をしている。

■小学5年生の頃からお灸をたしなんでいる。本を読むことが好きで、いつもカバンに入れ持ち歩いている。また、ドラゴンボールマニアで漫画本やアニメDVDなどをコレクションしており、台詞や設定などの多くを記憶している。

■野球好きで大の西武ライオンズファンとして有名。2007年のプロ野球・パ・リーグ開幕戦、グッドウィルドームで行われた「西武 VS 楽天」で念願の始球式を勤める。中学生時代から当時の西武球場に足しげく通っており、始球式で西武のユニフォームに記した背番号「230」は当時住んでいた家から球場までの片道電車賃である。

■NBA選手に憧れ小・中・高とバスケットボール部に所属。中学時代には東京都代表選手に選ばれる。高校では芸能活動と部活動の両立が難しくすぐに辞めなければならなかったが、その後は地元のクラブチームに入っていた。また小学生時代からスキー・スノーボードを始め、器械体操と野球のクラブ活動もしていたことがある。スポーツ全般が好きで大相撲などもチェックしている。

■子どもと動物が好きで、自宅では犬と猫を飼っている。

■呼称として「ウエンツ」「ウエンツ君」の他に、親しい人物やファンには「瑛ちゃん」、『あいのり』では「ウェンティー」、『うたばん』では「ホラッチョ」といったあだ名がある。

■家族構成は父・母・5歳上の兄・ウエンツの4人。ウエンツ以外は全員英語が話せる。母親はECCで優秀賞を受賞するほどの腕前。兄も英語が堪能でアメリカの大学へ留学経験もある。幼い頃から非常に兄弟仲が良い。父親は叱るときなど感情が高ぶると英語が出るので、そういう時はひたすら「Yes… Yes…」でごまかす。両親は共働きなため、子供の頃は母方の祖父母の家で過ごすことが多かった。


【少年時代】
■1985年10月8日誕生。生まれた時は白に近い金髪で、大人になるにつれて徐々に色素が濃くなった。子どもの頃は金髪だったこともあり「金髪」「外人」などとからかわれ指を指されたり、仕事や外見による偏見で辛い経験をしてきている。英語が話せないことも含め、外見と中身の相違に強いコンプレックスを抱いてきた。自分の容姿や瞳の色が好きだと思えるようになったのは高校に入学してからである。これらのことに関して自ら多くを語ることはなく、話を振られても「こういう性格だから気にしませんでしたね」と明るく返す場合が多いが、19歳当時「なぜ顔を褒められることが苦手なのか?」という質問に「どうしても外見で判断されることってある、それをどう覆していくか…考えていた時期もあります。内面を磨いた方がいい。」と発言している。

■幼い頃、美味しくはないが癖になるという理由で蛍を食べていた。それを見た父親がビックリして叱るが、「エイジ、ホタル、タベタ!」とカタコトだったため理解できず。

■兄には厳しく、ウエンツはわりと放任主義で育てられた。幼い頃親に怒られ兄と共に家の外に締め出された時、何を思ったのか傍にあったおもちゃで窓ガラスを割り、家に入った。「この子はちょっとおかしい」と唖然とした親はさらに叱らなくなったらしい。また、小学5年生の時には、試験が嫌で教室を抜け出し逃走したことがあり、学校側から仕事先の母親の元に「誘拐された!」と連絡が行き騒動になる。小学校時代のあだ名はシタンツ。(他ウエンツスターソースなど)。野球の試合で、レギュラーではなかったのでベンチにいると、相手チームに「助っ人外人選手を入れてる」と勘違いされ、試合に出ていないのは最後の切り札であるためかと恐れられていた。

■高校1年生の時「痔」を発症。原因は不明で、本人曰く「5時の方向に切れている」。また、ベッドと壁の隙間に挟まることが好きだった。

●仕事、学業
■4歳でモデルデビュー、芸能活動を開始(詳しくは「モデル」「俳優」参照)。Suger & Spice所属。多くの雑誌・CMを始め、NHKの人気子ども番組『天才てれびくん』『天才てれびくんMAX』に5年間に渡りレギュラー出演。母親は俗に言うステージママではないので、1人で電車に乗り仕事に行くことも多かった。

■小学4年から5年間レギュラー出演したNHK『天才てれびくん』では、歴代の司会であるダチョウ倶楽部、キャイ〜ン、山崎邦正らと共演。天才てれびくん時代のウエンツは、お笑いキャラではなくどちらかと言うとクールな二枚目キャラで子ども達から大きな人気を集めており、小学生ながらに出待ちがいるほどだった。しかし、たまに驚くほど冷静にシュールな発言をする変わった子どもであったらしく、共演していた山崎邦正は当時のウエンツについて「子どもながらに(全体を)客観的に見てた」と語っている。

■『天才てれびくん』卒業後(14歳)、すぐにジャニーズ事務所からスカウトがあったが「お笑いが好きだから」という理由で断った。また、それまで所属していた事務所も辞め一時芸能界を引退。約1年半、普通の生活をしていた。その後、高校1年生(15歳)で現在の事務所から芸能界に復帰。ちなみに現在所属しているバーニングプロダクションへは、それまでの彼の活動に注目した郷ひろみが事務所側に推薦したことによりスカウトされて入った。

■馬が好きで、真面目に競馬学校への進学を考えていた(小学校の卒業文集には「騎手になりたい」と書いている)。しかし中学の3年間で身長が30cmも伸びたため断念。高校(日本大学櫻丘高等学校)のテストでは学年約400名中8位になったことがあり、また自身が高校受験の際に通っていた個人塾で小学生に国語や数学を教える塾講師のアルバイトをしていたことがある。

■自身で考えた勉強法として、「いつ家族が起きてくるかわからない緊張感」「冬は寒くて眠れない」という理由から夜中にリビングで全裸になり勉強していた。(当時17歳『踊る!さんま御殿!!』より)


【お笑い】
■ハーフの美形でありながら、笑いのためならケツも出すという程の芸人根性の持ち主であり、男性タレントで10代後半にして芸人に混ざりひな壇の常連になるなど、これまで前例が無いと言われる独自の路線を切り開いている。

■主にバラエティ番組でのトークに定評があり、ヘタレキャラや自虐ネタをベースとした泣き芸・キレ芸・リアクション芸、たまにそのシュールな思考回路を披露する。

■高校一年生で芸能界復帰後、NHKの大河ドラマ等に出演しつつ即バラエティ番組にも進出(マネージャーの勧めにより)。その後着実に出演本数を増やしていく。17歳頃には『踊る!さんま御殿!!』の常連になっており、さんま御殿史上で新人イケメン俳優として出演したにも拘らずそのまま常連になった例は無く、現役高校生(17歳)で常連になった例もウエンツ以外に存在しない。それについてさんまは、「あいつは毎回ちゃんとネタ用意してくるから、偉い」と発言している。

■高校卒業以降には年間100本以上のバラエティ番組に出演。パンツ一丁でクワガタに鼻と乳首を挟まれるなど、身体を張った芸にも力を入れだす。成人以降は『あいのり』などレギュラー出演番組が増えるが、WaTでの音楽活動やドラマ・映画への出演といった俳優として活動が急増し、バラエティ番組へのゲスト出演(ひな壇など)は減ってきている。

■笑いに対する貪欲さと勉強量は半端ではなく、その熱心さについては明石家さんま・関根勤・今田耕司など多くの芸人らからも語られている。また関根は「ウエンツをライバル視している」と度々発言しており、「ボケが速い」「心意気が怖い」「あいつには脅威すら感じる」と語っている。

■尊敬する人は「山崎邦正」。お笑い芸人の山崎邦正とは師弟関係にある。NHK『天才てれびくん』での共演がきっかけで知り合い、多大な影響を受けその当時からずっと慕い続けている。本人曰く、芸能活動を一時辞めている時に一緒に訪れた花火大会で言われた「お前は俺の息子みたいなもんやから」という言葉に感動して芸能界への復帰を決意したらしく、「師匠がいなければ今の俺はいない」と語っている。

■師匠からの教えは『困ったら大声を出せ』(他、「つまったら歌を歌え」など)。しかし、ウエンツにとって師匠は「神的存在」であるため、直接教えを請うのは今田耕司、宮迫博之、品川祐などお笑いの先生である。


【俳優】
■9歳の時、劇団四季のミュージカル『美女と野獣』のチップ役で役者デビュー。記念すべき初演のメンバーであり、ミュージカルでは日本初の国内2都市同時ロングランを実現し半年間公演した。また、現在でもウエンツは劇団四季が好きでほとんどの公演を観ている。

■16歳の時、NHK大河ドラマ『利家とまつ』に森蘭丸役で出演。大河ドラマの重要な役に無名の新人が抜擢されるのは異例のことだが、出演シーンは少なかいものの歴代の蘭丸の中でも人気は高い。撮影の際は黒のカラーコンタクトを着用し、濃い目のドーランで白い肌を隠した。しかし、この頃既に俳優としてはハーフ特有の顔立ちのせいで役どころが制限され、役者としてやっていくのに限界を感じていた。

■人気特撮ヒーロー「仮面ライダー」になりたくて2度オーディションを受けたが、2度とも落選。しかし、2005年公開の劇場版『仮面ライダー THE FIRST』で念願の出演を果たす。非常に重要な役であるがやはりライダーではない。また同年には愛の劇場『正しい恋愛のススメ』でドラマ初主演。男とのキス、母親ほどの熟女とのラブシーンなどで精神的に一回り成長する。

■2006年公開の小池徹平主演映画『ラブ★コン』に1カットのみ出演し、チアガールに紛れて乙女メイクに全身ピンクで登場。エンディングロールでは「ウエンツ瑛士(ドゲザ出演)」と表示される。

■2007年公開の映画『キャプテントキオ』で映画初主演(21歳)。

■2007年公開の実写化映画『ゲゲゲの鬼太郎』で主演の鬼太郎役に抜擢される。


【モデル】
■4歳の時、幼稚園の友達の誘いでモデルデビュー。天使系美少年と呼ばれ活躍し、数多くの雑誌や「ティンカーベル子供服」「森の水だより」などの有名CMをはじめ、LUNA SEAの「IN SILENCE」などのPVにも出演。

■14歳の時出演した、清涼飲料水「森の水だより」のCM『森の水だより〜美少年編』で注目され、テレビ・雑誌等で取り上げられる。ちなみにこのオーディションは上海、香港、北京、日本で行われ、候補者達の中から「瞳が印象的」という理由で選出された。

■2006年(20歳)、声優を務めたアニメ映画『ブレイブストーリー』のPRでカンヌ映画祭を訪問。そこで出席したパーティの帰り際に、フランスを代表する高級ファッション誌『Jalouse(ジャルーズ)』の編集者からスカウトされる。発売された同誌には、海外では無名の存在にも関わらず4ページにわたり掲載されるなど異例の扱いを受けた(ちなみにウエンツの隣ページはハリウッド女優の菊池凛子)。


【音楽】
■シンガーソングライター・デュオ「WaT」として小池徹平と音楽活動をしている。2002年に代々木公園近辺で路上ライブを始め、2003年12月には当初0人だった観客が1000人を越え路上ライブを休止。2004年に「WaT」(Wentz and Teppeiの略)として、シングル「卒業TIME」でインディーズデビューする。2005年にはメジャーデビューを果たし、デビューシングル「僕のキモチ」はオリコンランキングで初登場2位を獲得。

■WaTで主に担当する楽器は、ギター、ベース、キーボード・ピアノ、タンバリンなど。

■7歳からピアノを(しかしすぐに辞め高校時代に再開するまではキーボードを愛用)、10歳からベースを弾き始める。路上ライブでは主にアコースティック・ベースとキーボードを担当していた。ギターは17歳頃から始める。WaTの4thシングル、「ボクラノ Love Story」ではピアノの弾き語りを披露している。

■作曲はピアノ(キーボ−ド)で、作詞は主にトイレですることが多い。アルバム「卒業TIME〜僕らのはじまり〜」収録の『オトナシ』などはトイレで一気に書き上げた。

■「Mr.Children」「THE YELLOW MONKEY」の大ファンで、吉井和哉を崇拝している。バンド系の音楽が好きで、十代の頃などはよくライブハウスにも通っていたらしく、ラジオ番組レコメン!のパーソナリティであるK太郎が「毎週のようにライブハウスで見かけてた」と語っている。

■iPodを持っているのに、MDプレーヤーを愛用し続けている。

■ウエンツ瑛士&ガチャピン&ムックで、レギュラー出演していた「ポンキッキ」のコーナーソング、『ラッキーでハッピー』を子ども達と共に歌い踊る。ちなみに振り付けはラッキィ池田が担当。

■2007年4月25日、自身が主役を勤める映画「ゲゲゲの鬼太郎」の主題歌『Awaking Emotion 8/5』でソロデビュー。


【交友関係】
■ウエンツが友人として挙げる芸能人の多くはウエンツより一回り以上年上で、ほとんどがお笑い芸人である。特に親交の深い芸能人としては、今田耕司、品川祐(品川庄司)、山崎邦正、藤本敏史(FUJIWARA)、末高斗夢、大泉洋、小倉智昭などを挙げている。また、ボストン・レッドソックスの松坂大輔とはメール交換をする仲である。

(出典:Wikipedia)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?b=20070429-00000003-maia-ent

植木等 エピソード&プロフィール

植木 等(うえき ひとし、1926年12月25日(戸籍上は1927年2月25日) - 2007年3月27日)は、日本の俳優、コメディアン、歌手、ギタリスト。高度経済成長時代の日本を代表するコメディアンとして1960年代に一世を風靡し、数々のヒットギャグ、ヒット曲を放った。愛称は植木屋ん。

愛知県名古屋市出生。3歳の頃、父親が浄土真宗の寺の住職になったのを機に、三重県伊勢市に移り住んだ(公式ホームページでは、出身地を三重県としている)。

【経歴】
■1944年 東洋大学予科に入学。

■1947年 東洋大学予科卒業後、東洋大学文学部入学。

■1950年 東洋大学文学部国漢科卒業(在学中に東洋大学は新制大学へ移行しているが植木自身は旧制大学のカリキュラムで卒業している)、ジャズに傾倒してギタリストを志す。「萩原哲晶とデューク・オクテット」にギターリストとして加入。

■1952年 自身のバンド「植木等とニュー・サウンズ」結成。:植木のバンドが演奏していると、進駐軍として日本に滞在していたハンプトン・ホースがピアニストとして飛び入りで演奏に参加してきたという逸話が残っている。

■1954年 オペラ歌手の平山美智子からクラシックの発声レッスンを受けているときにフランキー堺に誘われ、シティ・スリッカーズに参加。

■1957年3月1日 シティ・スリッカーズから谷啓らのいるクレイジーキャッツに参加。「お呼びでない?」など歴史に残るギャグで爆発的な人気を得る。「無責任男」をキャッチフレーズに数多くの映画に出演。『スーダラ節』、『ドント節』をはじめ数々のコミックソングをヒットさせた。

■1986年 『新・喜びも悲しみも幾歳月』で、キネマ旬報助演男優賞、日本アカデミー賞最優秀助演男優賞、毎日コンクール助演男優賞を受賞。

■1993年 紫綬褒章を受章。

■1999年4月29日 勲四等旭日小綬章を受章。

■2006年末、朋友である青島幸男の通夜に、酸素吸入器をつけて参列。1997年頃から、肺気腫を患っており、80歳をこえていることもあり、健康面が案じられていた。

■2007年3月27日 肺気腫による呼吸不全のため都内の病院で死去。享年80。


【人物】
「無責任男」のイメージとは裏腹に実際の植木等は真面目な性格であった。「スーダラ節」の楽譜を渡された時、植木は「この曲を歌うと自分の人生が変わってしまうのでは」と悩んだ。父親に相談すると「“わかっちゃいるけどやめられない”は、親鸞聖人の生き様に通ずる」と諭され、彼は歌うことを決意した。 名前は社会運動家の顔も持っていた父が「平等」にちなんで名づけた。

彼は正式に声楽のレッスンを受けており、よく通る声と個性的な声色はここから来ている。ジャチント・シェルシとのコラボレーションで知られる平山美智子のレッスンで発声を学んだ。1990年にリバイバルシングルがオリコンベスト10入りを果たしたが、還暦を過ぎてのベストテンランクインは植木のみである。

(出典:Wikipedia)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?b=20070427-00000089-mai-soci

内山理名 エピソード&プロフィール

内山 理名(うちやま りな、1981年11月7日 - )は、神奈川県出身の女優。スウィートパワー所属。血液型はO型。


【特徴】
■県立小田原城東高校時代にスカウトされ、1998年に女優としてデビューした。高校1年の夏休み最後の日に自宅で昼寝をしていた際、内山の友達から紹介されて訪ねてきた事務所スタッフによってスカウトを受けたというエピソードがある。

■現役女子高生としてデビューしたため、長らくそのイメージが抜けなかったが、ドラマ・映画出演を重ねて幅広い役柄をこなし、着実に女優としての地歩を固めている。

■特技は料理と書道(七段)。趣味は映画鑑賞、アロマテラピー、ネイルアートなど。

■生年月日が同じということで雑誌の対談で知り合った片瀬那奈とは、お互いに「一生の友達」と公言する親友関係。

■2007年1月1日、少年隊の東山紀之と交際中であるとスポニチが報道。2005年1月放送の「棟居刑事の捜査ファイル」(単発ドラマの項参照、東山主演)での共演がきっかけで、交際は2年に及び、デートする姿もたびたび目撃されているとの内容。この報道に対して、スウィートパワーは交際中であることを認め、東山の所属事務所(ジャニーズ事務所)も否定をしなかった。

(出典:Wikipedia)


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?b=20070429-00000006-gen-ent

上野樹里 エピソード&プロフィール

上野 樹里(うえの じゅり、本名同じ、1986年5月25日 - )は、日本の女優。兵庫県加古川市出身。所属事務所はアミューズ。身長167cm。血液型A型。愛称は”じゅりっぺ”


【略歴】
■2000年、小学館のファッション誌の専属オーディションに応募。落選はしたものの、モデル事務所ウィルコーポレーション(のちにアミューズに吸収合併)に所属することになる。

■2001年、当時P&Gヘルスケアから発売されていた「クレアラシル」の3代目イメージガールに選ばれ芸能界デビュー。

■2002年、NHK月曜ドラマ『生存〜愛する娘のために〜』で女優デビュー。

■2003年、NHK朝の連続テレビ小説『てるてる家族』で三女秋子役を演じ注目される。

■2004年、大ヒット映画『スウィングガールズ』の主人公鈴木友子を演じ、第28回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。その後一気に知名度が上がり、以降の出演作でも数々の映画賞を受賞する。

■2006年、月9ドラマ『のだめカンタービレ』の主人公野田 恵を演じ、再び注目を集める。

■2007年、映画やドラマで活躍したプロデューサーや俳優、作品を表彰するエランドール賞(日本映画テレビプロデューサー協会主催)の新人賞に選ばれる。

■2007年5月23日、エピックレコードジャパンからシングルCD「おなら体操」で歌手デビュー予定。


【人物】
■家族構成は、父親と姉が二人。6歳上の長姉は元陸上自衛官で、今は姫路市でDJをし、3歳上の次姉は東京でストリートミュージシャンをしている。

■幼稚園から小学校6年生までピアノを習っていた。

■日出高等学校を卒業(途中、全日制から通信制に変わる)。

■特技は『スウィングガールズ』で特訓したテナーサックスと、陸上短距離。小学校・中学校と陸上部に所属し、小学6年の時に兵庫県大会で100メートル走4位の経歴を持つ。

■趣味はアクリル絵の具で絵を描くこと、音楽鑑賞、料理。和食をよく作り、肉より魚が好物。


【エピソード】
●ドラマ・映画にて
■『てるてる家族』で共演した上原多香子によると「私もみんなから良く天然だといわれるんですけど、樹里ちゃんの方がすごい」という。普通に話していたら上野が真剣な顔で「ウン、ウン」としきりにうなずいていたので話を振ったら、それまでの会話を全く聞いていなかったという事がしょっちゅうだったらしい。また、秋子は原作ではマジメな優等生役だったのだが製作者が上野を面白がって煮詰まると突然マンボを踊り出す役にしてしまったそうだ。

■『スウィングガールズ』撮影中も演技が上手く行かず悔しくて泣いていた上野を、しばらくして監督が慰めようしたらゲラゲラ大笑いしていたという。また、主人公が鼻をほじるシーンで女性タレントとして超えていいラインなのか悩んだ上野は、所属事務所に電話確認をし「そんなにやりたいなら好きにしなさい」と言われる。その後監督に「君はアイドルになりたいの?女優になりたいの?」と訊かれると、すかさず「コッチです!」と鼻の穴に指を突っ込んだ。同作品は音楽を演奏する役なのに、何故か光るピアノしか出来ない事を必死にアピールして逆に監督に気に入られた。

■『エンジン』の撮影中、誕生日に木村拓哉と小雪から大人っぽい黒下着をプレゼントされて「すげ!」と絶句。打ち上げでは特技のサックスを生かして木村拓哉、泉谷しげると臨時バンドを組んだ。

■『虹の女神』では主人公の言動に納得が行かず、撮影を中断して監督や出演者とディスカッションした。プロデューサーの岩井俊二に自分の演技論を熱くぶつけたが、一蹴されたため泣き出してしまう。しかし岩井は上野の演技に対する熱意に一目置くようになった。

■『スウィングガールズ』撮影中は友子のままだと言われ『のだめカンタービレ』では素がのだめだと皆から言われていた。本人はどうやら不服らしい。

■映画試写会の舞台挨拶の際、試写が終わった後なのにも関わらず、「ではこの後映画を楽しんでください!」と言ってしまう失敗を何度もやっている。


●その他
■以前は小さな事務所に所属していたために、『スウィングガールズ』まではほとんどの役をオーディションで得ていた。『てるてる家族』の最終オーディションでは、なんと尻文字をやったという。

■普段は関西弁なせいで、標準語を話す時は敬語が抜けたり時々会話が変になってしまう。

■感情の起伏が激しいのか、しばしば大泣きしている。NHK の『土曜スタジオパーク』に出演した時は、父親からの手紙を突然朗読されて泣き出してしまった。

■レアルマドリードを招いてのパーティーの席上、スウィングガールズのメンバーとして、曲を披露することになり、ソロの場面があった上野は、必死で練習したが、本番では少しミスがあったため、終了後、舞台袖で悔し泣きし、負けず嫌いな一面をのぞかせた。

■『のだめカンタービレ』の番宣で『笑っていいとも!』でクイズに出演中、頭上のパネルの開く音に驚き書かれていたクイズの答えを堂々と見てしまう。

■『SMAP×SMAP』のビストロスマップでは、栗とトリュフを、またキンメダイの肝とフォアグラを間違えてしまう。また、同番組では天然っぷりを披露したため、SMAPの中居に「将来マラソンの松野明美さんみたいになる」と言われるが、上野は松野明美がわからなかったようだ。

■『ハイビジョン特集 輝く女』 (NHK BS hi) にて、2007年1月にイギリス訪問。農場でのホームステイを体験。ブリストルの大聖堂に涙し、愛読書『青空のむこう』の作者アレックス・シアラーに会いに行く。挨拶のキスに顔を真っ赤にして「はずかしー」と言いながら照れる。

■『のだめカンタービレ』で共演した、玉木宏とは、NECのCMでも共演している。

■2007年4月11日TBS『はなまるマーケット』に出演時、イギリスのブリストル大聖堂でオルガンを聴かせてもらったことを話したが、「その曲が『運命』だったんですよー」と言って、口ぐさんだ曲は明らかにバッハ作曲の『トッカータとフーガニ短調』であった。

(出典:Wikipedia)


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?b=20070418-00000000-oric-ent


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?b=20070418-00000002-sanspo-ent

ウド鈴木 エピソード&プロフィール

ウド鈴木(うど すずき、1970年1月19日 - )、本名、鈴木任紀(すずき ひでき)はお笑い芸人。浅井企画所属。山形県東田川郡藤島町(現・鶴岡市)出身。山形県立庄内農業高等学校卒業。宅地建物取引主任者の資格を持つ。

芸名の「ウド」は、名付け親である「夢麻呂」という芸人が「体だけ大きくて何も役に立たないウドの大木だな」と言った事から命名。


【来歴】
■山形から出てきた鈴木少年は浅井企画に飛び込みで面接を受けに行く。門前払いを食ったのだが、何も当てがなく東京に知り合いもいないため、たまたま事務所にいた「夢麻呂」という芸人が面倒を見る事となる。その後、夢麻呂座長の劇団「TEAM童里夢」(現YANKEESTADIAM 20XX)で初舞台に上がる。

■余談だが、その劇団には岡元あつこもいたため、同じ舞台に上がっていた事もある。

■ピン芸人として活動していたが、1991年、お笑いプロデューサーの山中伊知郎の進言により、天野ひろゆきとともにお笑いコンビキャイ〜ンを結成。ボケを担当。ビートたけしとの共演などで人気が爆発する。関根勤が座長を務めるカンコンキンシアターではピン時代から注目されていた。

■1995年10月から『ウッチャンナンチャンのウリナリ!!』の番組内にて、ウッチャンナンチャンの内村光良と歌手の千秋とともにユニットポケットビスケッツ(ウドが命名)としても活動。このユニットの曲『グリーンマン』では、メインボーカルをつとめている(現在は活動休止)。

■テレビ番組『特上!天声慎吾』の企画からドラマ出演が決定。『FACE〜見知らぬ恋人〜』(日本テレビ系列)でドラマデビュー。

■2002年、映画『ナースのお仕事 ザ・ムービー』に出演。

■同年11月1日未明に東京・新宿区歌舞伎町の繁華街で若者と殴り合い、書類送検された。友人が危害を加えられたため、やむを得ず実力行使に至ったとされる。

■単独では2003年から『ウドちゃんの旅してゴメン』(メ〜テレ)に出演。2005年に番組本発売。発売イベントには相方天野が乱入。

■また、2004年より同年プロ野球に参入した東北楽天ゴールデンイーグルスのファンクラブ名誉創立会員となった。

■2006年、ウッチャンナンチャンの内村光良初監督映画『ピーナッツ』に出演。

■同年4月12日に2歳下のソムリエをしているBoA似の女性と、結婚(入籍)を発表。

■2007年2月23日山形県知事(斎藤弘)より山形の観光大使にあたる『おいしい山形大使』に任命される。山形県の特産品のPRのため。

■2007年4月13日東京・港区台場フジテレビ本社前の交差点でウドが青信号で直進したところ、対面車線から右折しようとした車に衝突され、その車を運転していた50代の女性が負傷した。ウドにはケガは無かった。


【エピソード】
■恐らくお笑い界一、相方を溺愛している。

■オフの日もよく一緒に遊びに行っていた(現在は不明)。そのことをダウンタウンの番組で話すと、松本・浜田から「信じられない」と非常に驚かれた。

■明石家さんまの番組で「天野君に彼女ができて以来、僕に構ってくれなくなって寂しい」と発言した。

■天野がタバコをくわえるとさっとライターを取り出して火をつけた姿を見て、他の芸人から「そんな関係なの?」と言われたことがある。

■以前、ヤクザとおぼしき人物に「キャイ〜ン、やれよ」と絡まれた時に「天野君と一緒じゃなきゃやりません!」と突っぱねた。

■しかしキャバクラでホステスに「キャイ〜ン、やって」と言われ、喜んでやっている姿を目撃されている。

■ごくたまに天野に突っ込みをすることがあるが、叩いたりせず、軽く頭頂部を撫でる程度。

■若手時代、事務所の社長と意見の対立があり口論の末、ウドは事務所を辞めると言って出て行った。社長もそのままクビにするつもりだったが、暫くして戻ってきたウドが「今日までお世話になりました。これからも天野くんの事を宜しくお願いします。」と言い残しまた出て行った。この発言に感心した社長はウドを事務所に残すことにした。

■タモリ曰く、「芸人で唯一スカウトされた奴」と称されている。

■内村光良の事を師匠、出川哲朗の事を隊長と呼び、どちらも相方の次に慕っている。

■芸人の町中野も相方同様に溺愛し、同じカンコンキンの共演者である剛州とずっと住んでいたが、結婚するとあっさり引っ越し、またもや周りを驚かせた。

■実家が農家でオリジナルブランド『キャイ〜ン米』(現在の名前は『親父の米』)を出している。この米は『SMAP×SMAP』のコーナー『BISTROSMAP』で木村拓哉・香取慎吾チームが使用した。

■バカなイメージとは裏腹に、記憶力は大変優れている。「100%キャイ〜ン!」の企画で漢字検定2級を取得。また、同番組の企画で1時間で天野の携帯に登録されている電話番号100件を全て覚えた(似たような企画で、卒業アルバムに載っている天野の同級生全員の名前を暗記したことも)。円周率を500ケタほど暗唱できる。

■同番組の企画でセイン・カミュを真似た「セイン・ウミュ」というキャラクターに扮してロケをしていたら、偶然にも近くで他番組のロケをしていたセイン・カミュ本人に遭遇したことがある。

■「60代でも若過ぎる」と発言するほどの、かなりの熟女好きである。テレビ番組の企画で熟女の年齢をピタリと当て、浜田雅功を感心させたことがある。またフジテレビの女子アナの中で一番好きなのは阿部知代である。にも関わらず年下の女性と結婚したため、事務所の先輩(コサキンら)やウドを知る業界の関係者からは驚かれた。

■「どうして熟女と結婚しなかったの?」と聞かれると、そのたびにウドは「『ゆりかごから墓場まで(もしくは灰になるまで)』がストライクなんですよ。」と答えている。事実、結婚前は若い女性と合コン、風俗のハシゴと節操がなかった。

■柔道初段の持ち主でもある。ピン芸人時代は、田村亮子(現:谷亮子)選手に似ていることを持ちネタにしていたこともある。

■飄々とした雰囲気があるが実は熱血漢で、曲がったことが大嫌い。友人(特に相方の天野)に危害を加えられると激怒する。不良にからまれてもガンの飛ばしあいにも一歩も引かない度胸がある。関根勤は「ウドちゃんはキレたら芸能界一怖い人物」と言ったことがある。

■かなり涙もろく、リンカーンの企画で山口智充が用意した数話の泣ける話で、ウド鈴木のみ号泣し、涙が止まらない状態になっていた。

■不良に「100円やるから殴らせろ」と言われ「う〜ん、もう一声!」と言って殴られずにすんだことがある。

■絵の才能もあり、漫画のキャラクターを書くのが得意。

■結婚願望が強かった。全国各地に「嫁探しの旅」と称してナンパに繰り出すほか、毎年クリスマスの時期になると、未来の彼女のためにホテルの一室を予約し、自分を追い込んでいた。ちなみにその時の「嫁探しの旅」のVTRを「情報ツウ」(日本テレビ系)で披露したのが評判よく、ソロ番組『ウドちゃんの旅してゴメン』(名古屋テレビ)が始まった。2006年4月に、美人ソムリエとの交際を女性自身によりスクープされ、交際を発表。4月12日めでたく結婚した。独身時代は宵越しの金は持たないといわんばかりに毎日仲間と飲む等遊び歩いていたが、結婚してからは真っ直ぐ家に帰るようになった。ちなみに結婚を決めるきっかけは、深夜に自宅のトイレが詰まりラバーカップが無いために一緒に出かけていき、数店ハシゴした末にラバーカップを購入、自宅のトイレの詰まりを2人で直したこと、と語った。

■『BISTROSMAP』に出演した際、以前木村拓哉から貰ったサーフボードを「ヒカルくん」にあげてしまったことでツッコミ入れられていた。この「ヒカルくん」とは、キャイ〜ンのスタイリストの夫で、同コーナーにも遅れて登場した。

■結婚前、映画「ALWAYS三丁目の夕日」をずんの飯尾和樹と見に行き、ボロボロ泣く程感動したのだが、映画館を出た直後に飯尾に言った一言は「キャバクラ行きましょう」だった。理由は、東京タワーが見える港区芝〜六本木周辺にキャバクラがたくさんあったから。また昭和45年・山形生まれであるにも関わらず、昭和30年代の東京を描いた同映画を見て「懐かしい〜」ともらしていた、とは飯尾の談。

■かなりの酒豪。かつてはビールをガブガブ飲んでいたが、尿酸値が高くなり、痛風の一歩手前までいった事から焼酎にスイッチ。でもガブガブ飲むのは変わらない。どうしてそんなに酒が好きなのか問われた時、しみじみと「酒は裏切りませんからねぇ〜」と答えていた。

■かつて叔父からもらったアウディを愛車にしていたが、『お笑いウルトラクイズ』にてブルドーザーに踏み潰された。その後の愛車キャデラックもピンクに塗装していたのに、『ウリナリ』で「グリーンマン」を発売した時に勝手にグリーンに塗装されてしまったことがある。

■女芸人光浦靖子のファーストキスの相手は誰あろう、ウドである。もちろん番組の企画上の展開であったのだが…

■すっぱい物が嫌い。内Pスペシャルで梅干とレモンの絞り汁を食し、苦悶の表情をする。「レモン」と聞いただけで嘔吐く事もある。また、アップルパイなど、加熱した果物、及びそれを使用した食品も食べられない。

■一回のトイレでトイレットペーパー一本まるまる使い切ってしまう程の潔癖性。前述の「結婚を決意したきっかけになったトイレのつまり」もこれが原因。所属事務所の社長宅のトイレもこれで詰まらせた事があり、汚水が逆流し社長宅のカーペットを全部取り替えさせてしまった事もあった(それでも社長は怒りもせず「ウドちゃんは可愛いからなぁ」と許していた)。

■何かというとかっこわるさが目立つウドだが、煙草を吸うときの姿が異様にかっこいいとカンコンキン女優たちからは好評。

■山形での高校生時代、すれ違った小学生に(何もしていないにもかかわらず)「あっ、バカだ!」といわれた事がある。また、海外で現地の子供がウドの顔を見るなり「Oh,My God !」と叫んだ事がある。事務所の先輩芸人である関根勤やルー大柴からは「(芸人として)ズルい顔」と賞賛されている(要するに顔だけで笑いを取れるから)。

■ウリナリ芸能人社交ダンス部では「アミーゴウド」として大活躍。


【髪型】
金髪のモヒカンという非常に特徴的な髪型をしているが、キャイ〜ンとしてデビューした当初までは手入れが簡便なのでパンチパーマであった。ちなみにデビュー当初は黒でその後、赤→緑と来て今の金髪になった。この赤→緑という流れは、ポケットビスケッツの3rd、4thシングル(Red Angel、GREEN MAN)にあわせてと思われる(ただし、赤くしだしたのはRed Angel発売の後)

キャイ〜ンを組む前、コサキンに一人で出ていた時に少し髪を伸ばしていた頃があり、そのヘアスタイルをコサキンに訊かれて「ボサノバです(本人としては『ボサッと伸ばした』の意らしい)」と答え、コサキンに感心されていた。

(出典:Wikipedia)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?b=20070413-00000024-dal-ent

[PR]
車持ってるならこのカード!

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。