Google
 

小倉弘子 エピソード&プロフィール

小倉弘子(おぐら ひろこ、1974年9月4日 - )は、TBSの女性アナウンサーである。 本名は、水内弘子(旧姓:小倉)。


【来歴・人物】
東京都江東区出身。 身長:174cm。 血液型:A型。京華女子中学校・高等学校→ 東洋英和女学院大学社会科学部卒。 1997年、TBSに入社。特技は水泳。TBSの女性アナウンサーの中で最も身長が高い。学生時代には日本テレビの『恋のから騒ぎ』に出演したことがあるが、記念すべき第一回の説教部屋行きだった。

TBSの面接に凄く短いスカートで現れ、後に面接官だった小林豊にパンツがチラチラ見えてたと暴露されたことがある。

2005年3月28日からは、『イブニング・ファイブ』のニュースキャスターを勤めている。2005年4月に元プロサッカー選手、水内猛と結婚。

2004年5月に開催した『アテネオリンピック・バレーボールアジア最終予選』の期間中にTBSと共同放送したフジテレビでの特別番組で、フジテレビの渡辺和洋と共にキャスターを勤め、フジテレビの番組にTBSのアナウンサーが現れるという共同放送の象徴となった。その為、地上デジタル推進大使候補の1人だったが、休暇中に後任に竹内香苗を指名して退任(事実上辞退)した。

朝の情報番組『はなまるマーケット』の第2部「クイズママダス」(現在は終了)では、新人アナのお披露目と場慣れさせるためとしてアシスタントを半年間ほど新人アナウンサーに務めさせており、2代目新人アナアシスタントとして小倉、安住紳一郎、伊藤隆太の3人が出演した(ちなみに初代は木村郁美と広重玲子)。彼らの強烈な個性が功を奏し、翌年以降もこのパターンは続けられた。小倉は当時から新人とは思えない読みの安定感を見せ、その安定感は当時の進行役斎藤哲也以上とも言えるほどの評価があった。(その為か、爆笑問題カーボーイで「小倉アナの野望」というコーナーが作られる程人気だった)

同期入社のプロデューサー石丸彰彦が手がけたドラマ作品(『世界の中心で、愛をさけぶ』『白夜行』など)のDVD-BOX用の特典映像集で、ナレーションを務めることがある。女性アナウンサーとしては、異例な程の太い声で江角マキコに声が似ている。

(出典:Wikipedia)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?b=20070930-00000049-sph-ent

大場久美子 エピソード&プロフィール

大場 久美子(おおば くみこ、1960年1月6日 - )は、埼玉県川口市出身の歌手、女優。公称サイズは身長153cm・バスト80cm・ウエスト58cm・ヒップ83cm。血液型はA型。鳩ヶ谷市立中居小学校・鳩ヶ谷市立八幡木中学校を卒業し、その後東京成徳短期大学付属高等学校(現:東京成徳大学高等学校)普通科入学(芸能界本格的デビューの為、転校)→堀越学園卒業。料理の他に日本舞踊やダンス、30年以上も続けている洋裁など、多くの趣味・特技を持つ。好きな色はピンク色。鳩ヶ谷市の名誉市民である。


【略歴】
■1970年に劇団東京宝映に入り、児童タレントとして活動。堀越高校在学中に「あなたをスターに!」で特別賞を受賞したのを切っ掛けに芸能活動を開始。

■1977年、『あこがれ』でデビューした後は、「一億人の妹」というキャッチフレーズの下、立て続けにヒット曲を生み出す。また、1978年から放送されたTBS系のテレビ番組「コメットさん」のヒロインを務め、全国的にその名が知れ渡り、ブロマイドが爆発的に売れ、一躍トップアイドルになる。

■1979年の「さよならコンサート」で、「私は女優の世界にお嫁に行きます」との言葉を残し、歌手としての活動を一旦終了した。

■1984年発売の写真集『大場久美子』では、大胆なヌードを披露した。

■1990年からサイドビジネスで静岡県でレストランを経営していたが、経営不振のため2年で閉店になり、実質的な経営者まで失踪してしまった為、名義上の社長になっていた大場に1億2000万円の借金が残された。その後大場は分割で月600万円ずつ計1200万円を返済したが、借金はまだ1億400万円あり、体力的にも精神的にも限界に達し、1994年4月12日に自己破産申告が認められた。

■1999年に6歳年下のダンサー兼振付師の高橋てつやと結婚。

■2000年には林寛子、あべ静江、沢田亜矢子と共に自称“熟女ユニット”『女盛りゲザデレタ』を結成してCDをリリースした。

■2007年9月23日、関西ローカル番組の「週刊えみぃSHOW」でのVTR(収録)出演時に、2年前に離婚していたという事実(親戚にもまだ話してないという)を告白。

(出典:Wikipedia)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?b=20070924-00000047-spn-ent

[PR]

コンビニでのおにぎりやジュースなどちょっとした買い物から海外旅行まで、いつでも、どこでも、かしこく使える計画的なあなたにぴったりのKARUWAZAカード!サークルK、サンクスでもお得に使えます。

おぎやはぎ エピソード&プロフィール

おぎやはぎは、小木博明と矢作兼によるお笑いコンビ。プロダクション人力舎所属。1995年にコンビ結成。干支は、両方とも、いのしし。


【メンバー】
■小木博明(おぎ ひろあき、本名:こぎ ひろあき(字は同じで読み方が違う)1971年8月16日 -)

血液型B型。東京都板橋区ときわ台出身。ボケを担当。東京都立北野高等学校卒業。2006年10月10日渋谷区役所で森山良子の娘、森山奈歩と6年の交際を経て入籍。

■矢作兼(やはぎ けん、本名:松嶋 兼(まつしま けん)(母親が再婚したため名字が松嶋に)、1971年9月11日 -)

血液型A型。東京都豊島区池袋出身。ツッコミを担当、ネタ作りも行う。東京都立北野高等学校卒業。


【来歴】
■1995年 結成

■2001年 M-1グランプリ2001出場 決勝10位
(第1回のこの大会で大滑りしたことが有名。一時期ネタにしていた)

■2002年 M-1グランプリ2002出場 決勝4位


【芸風】
■2人とも視力が実際に低く、眼鏡を着用する眼鏡コンビ。当時のメガネブームの火付け役の1組。まったりとしたスローテンポと独特の言い回しのツッコミ(激しいツッコミはほぼ無い為、ツッコミというよりも「宥め」「許容と説得」と取ることもできる)で展開される漫才が特徴。

■つかみには必ず
小木「小木です」
矢作「矢作です」
小木・矢作「おぎやはぎです」
あるいは「おぎやはぎですけど何か?」、「おぎやはぎですけど何か質問でも?(もしくは「問題でも?」)」
と言い、漫才に入る。

■「何か」の部分はたまに変わることがある。例えば、「怪我をしないように頑張ります」や、お正月だと「あけましておめでとうございます」など。

■「何か問題でも?」は、長いためかTVでは「何か?」でネタに入るようになったという。

■この地味な芸風がウけ99年頃からアンダーグラウンド的な人気を博していたが、04年の後半辺りから番組出演数が異常に増え現在ではドランクドラゴン、アンジャッシュなどと共に人力舎の看板芸人であるといえる。


【エピソード】
■矢作の姉は靴と服のデザイナー。

■小木の家は歯医者。

■小木が入籍の際、婚姻届の証人の欄に矢作とまちゃまちゃ(小木に森山奈歩を紹介した)がサインした。

■小木が結婚したことを森山良子の歌にちなんで「ざわわした」と言われることがある。

■2人の出会いは高校だった。2人とも東京都立北野高等学校卒業。中学から電車が一緒でお互いに気になる存在だったそう。

■小木が高校一年から一年間付き合っていた子と、矢作は高三から七年間付き合ったといった「気持ちの悪い」エピソードが多々ある。

■矢作は高校生の頃お洒落でモテていた。

■小木は高校生の頃サッカーが上手くて、実業団のチームから声がかかるほどだった。

■23歳までお互いサラリーマンをしていた。

■異常なほどのコンビ愛も特徴とされてきたが、「ロンドンハーツ」の検証で、カメラの回っていない場面ではその異常なほどのコンビ愛は見られず、ネタであることが判明。(後に実はカメラが回っていたことを知らせると、必死に弁明していた)とはいえ、プライベートの旅行で別々にハワイに行ったのにも関わらず、滞在4日中2日一緒に遊ぶ等のエピソードからすると、仲の良いコンビである。また、小木の眼鏡を買いに矢作も一緒に買い物に行ったこともある。

■元々コントをやっていたが、漫才のみが対象の「M-1グランプリ」に出場するために漫才を覚えたという。第1回大会にて見事関東組で唯一決勝に進出したが、勝負どころでネタが大滑りし、全10組中ダントツで最下位と言う悲惨な結果となった。中でも大阪の一般審査員からは100点満点中、9点であった(この一般審査がなければ9位であり、最下位はチュートリアルとなっていた)。だがこの第1回大会に関しては、所謂、関東芸人に不利な状況であり、不平等だと酷評する見方がある為、おぎやはぎがこの様な結果だった事で以降ルールが変った。2002年の「M-1グランプリ」決勝では第4位と健闘し、立川談志に「リーガル千太・万吉を彷彿とさせる」と絶賛された。今では2001年のM-1で最下位だった事をネタにしている。

■共演者から、「第1回M-1で良い成績取ったんじゃなかった?」と言われて矢作が「あ〜、ビリです。」と答え、その後に「でも大阪じゃ良い点数取ったんじゃなかった?」と言われ、「大阪100票中9票ですよ。」と返すのが一般的。その後に「俺らのおかげでルールが変わった。」と付く事もある。

■矢作はまだ芸人になる前「天才・たけしの元気が出るテレビ!!」(日本テレビ)の企画「幸せの黄色いハンカチ」で彼女とよりを戻したいという内容で出演していた事がある。結果よりを戻したが、その後しばらくして別れた。

■二人とも過去の経歴に謎が多く、その大部分はTVではいえないブラックな内容らしい。

■矢作は元極楽とんぼの加藤浩次と非常に仲がよい。矢作がお笑いをやろうかと考えている時に地元の先輩が働いていたBARで加藤が働いていた。それからそのBARに通うようになり親しくなったようである。加藤曰く、名前で呼んでくる芸能人は矢作と中山の秀ちゃん(中山秀征)だけとのこと。矢作は浩次君と呼んでいる。

■デビュー後も加藤浩次からは様々なアドバイスを得ている。たとえば、二人そろって眼鏡をかけるようになったのは、加藤の助言によるもの。

■バナナマンと仲が良く、epoch TV square(BS日テレ)で共演したり、合同ライブを行った事もある。

■森山直太朗とも互いが有名でない時代からの旧知の仲であり、小木にとっては義弟にも当たる。

■鶴の間で矢作が出演した際笑福亭鶴瓶に絶賛される。(俺若手の中でおぎやはぎが一番好き)また、矢作は笑福亭鶴瓶のハワイの別荘を貸してもらったりする関係。

■サッカーゲームのウイニングイレブンが好きで、加藤軍団VSロンブー淳軍団で対決したりもしていた。

■さんまのSUPERからくりTVに出演することが夢だったらしく、プロレスラーの中西学が相談者の悩みを解決する「熱いプロレスラー中西学のお悩み相談バーベキュー相談亭」のコーナーに出演を果たしたが、おぎやはぎの冷たいツッコミからか人気は下がっているようだ。だが明石家さんまは絶賛している。

■犬が大好きな小木は優しい言葉に弱い(矢作曰く「言葉をかけるのもかけられるのも好き」)。「クイズプレゼンバラエティー Qさま!!」(テレビ朝日)内の企画「10m高飛び込み」では、飛ぶのを1時間以上ためらった小木に対し、先に飛び込んだ矢作が「おいでおいでおいでおいで」と優しく声をかけると、そこから30秒ほどで飛び込んだ。

■現在はそれぞれ日本メガネ党の党首・幹事長として、メガネの素晴らしさを世にひろめる運動をすすめている。

■小木は森山良子のことを「ママ」と呼んでいる。

■小木は、テレビ朝日系ロンドンハーツにて、『結婚とかはまだ言わないで下さい。いろんな番組の都合上。』という森山直太朗に宛てたメールを暴露された。この事に関して「上目線だな〜」と突っ込まれ、小木は「もう義理の弟ですから」と切り返した。

■約30年ぶりに、行方不明だった矢作の父親の行方がわかった。父親は猿回しの芸人さんをしていた。

■矢作は歯並びの悪さをかなり気にしており、差し歯にしようかと本気で考えているが、一部のファンの反対もあり悩んでいる。

■二人とも東武東上線沿線出身で、「うたばん」に出演すると同じく東武東上線沿線出身の石橋貴明と「東上線組」としてゲストや中居正広をそっちのけで盛り上がることが多い。

■矢作はさまぁ〜ずの熱狂的なファンだが、本人達にはその事実を未だに伝えていないらしい。


【結成秘話】
■矢作が地元の先輩に「お笑いをやりたい」というような話をしていると、その先輩が勤務しているBARで加藤浩次が働いているという話になり、その店に通うようになる。加藤とそこで親しくなり、矢作は芸人になることを決意する。

■サラリーマン時代、上海勤務だった矢作はホームシックになり小木に助けを求めると、小木は数日後上海まで様子を見にきた。矢作は色々なことを小木に話し、そのとき初めて小木に「芸人になりたい」と話したという。その数日後、矢作は有休を使って小木と共に日本に帰国した。

■帰国後、矢作は上海に帰りたくないので有休を全部使って小木と遊んだ。小木はハワイでの広告代理店がバブル崩壊のあおりを受けて潰れ、新しくディズニーランドのマネージメント職についたばかりだった。当時就職したばかりで忙しかったようだが、矢作がディズニーランドに来てはミッキーに「小木どこ?」等と尋ねるので仕方なく小木も矢作の有休の間、仕事半分で矢作とゴルフやドライブに行ったりしていた。(ライブ情報)

■矢作は有休もほぼ使い切り上海に戻ることになったが、未婚で仕事ができる矢作は会社にとって、どうしても抜けて欲しく無い人物だった模様で、会社に戻ると上海から簡単に帰れないようにするために、「上海支部長」の席が用意されていた。だが、悩んだ矢作は「もう上海には帰りたくない」と上司に告げた。しかし、「日本に君の席は無い」という返事があり、矢作は会社を辞めることにした。会社を辞めて芸人になると矢作は小木に話したが、矢作「コンビ組むんだったら小木がいいけど、小木はどうなの?」小木「今、どうって言われてもね」と、コンビ結成の誘いはやんわりと受け流された。

■数日後、遂に矢作は辞表を提出し、「芸人になります。ワガママばっかですいません」と挨拶した。実際は芸人になるというのは口実でしかなく、その後は白紙状態であった。すると小木からゴルフの誘いがあり、二人で会う事になった。矢作が会社を辞めたということを言おうとすると、小木「俺、会社辞めてきた。明日から毎日ゴルフできるよ」矢作「一緒にお笑いしない?」小木「暇だし、なんにもすることないし、いいよ」そして、おぎやはぎは誕生した。小木は矢作のために会社を辞めたと思われる。

(出典:Wikipedia)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?b=20070909-00000152-sph-ent

[PR]

「豆乳クッキーダイエット」祝1500万食突破!2006年、楽天年間ランキング総合第1位受賞商品です!!12秒に1箱売れてます☆
たったの146キロカロリーなのに、栄養も満足感も◎!!

奥田民生 エピソード&プロフィール

奥田 民生(おくだ たみお、1965年5月12日 - )は、日本のロックミュージシャン。作詞・作曲家、ヴォーカリスト、ギタリスト、音楽プロデューサー。広島市東区尾長出身。血液型B型。


【人物紹介】
広島市立二葉中学校、県立広島皆実高校を経て、広島電子専門学校中退。同じ広島県出身で同年生まれに、吉川晃司、元T-BOLANの森友嵐士、高校の先輩には吉田拓郎、後輩には磯部正文(元HUSKING BEE)がいる。 メロディックハードコア、エモーショナルハードコア、ミクスチャーロック、ラップコアが台頭した現在でも、なおロックンロールにこだわり続ける。 また、ロッキング・オンからは、「ロックの大将」なる称号も授与されている(本人は若大将・加山雄三の大ファン)。

郷土愛が強く、広島東洋カープの大ファン。タワーレコードのポスターで元カープの達川光男と共演した程である。また、カープのロゴにある「カープ坊や」のイラストを変えて、「民生坊や」にした事もあった。

ソロデビュー時に芸能界からズレたキャラが面白かったのか、井上陽水やタモリが売り出しに貢献してくれた。

ギターコレクターでかなりのギターを持っている。レスポールの使い手で有名。

音質に対するこだわりは相当なもので、CDの音質に満足できず、カーオーディオにDATタイプがない事を嘆いていたほど。雑誌のCD評などでも「相変わらず音が良い」、「洋楽のようだ」と書かれる事が多々ある。

趣味は釣りと車。本人曰く「釣りをやる時間がないのでバンドを止めてソロになった」。バスプロの今江克隆、河辺裕和とはかねてから親交がある。また4歳で、車のエンジン音を聞いただけで「ありゃルーチェじゃろ。ありゃぁシルビアじゃろ。」と言い当てた、という逸話を持つ車好きである。

高校時代アーチェリー部に所属し、県大会で優勝した経験がある。


【来歴】
■父親が日本共産党員で広島市議会議員(引退後は飲食店経営)だったため、子供時代は『赤旗(現『しんぶん赤旗』)』配達などを手伝っていた。「民生(たみお)」の名も「民青(みんせい)」から来ている。風変わりな名前であるため、未だに雑誌媒体に「民夫」と誤表記されることがある。ナレーターの奥田民義と混同される事もある。選挙の応援時にミニライブなどもやったが、聴衆に年配者が多かったため反応は今一つだった。

■中学生の頃に初めてバンドを結成する。広島電子専門学校進学後も音楽活動を継続。当初は端でベースを弾いてたが、女の子がキャーキャー言い始めたため、引っぱり出されてフロントマンに。曲作りも始める。

■1986年 - ユニコーンを結成し、ボーカルを担当する。ソニーミュージックのオーディションに合格。

■1987年 - 広島から上京、アルバム「BOOM」でメジャーデビューを果たす。以後、疾走感溢れる「Maybe Blue」、サラリーマンの悲哀を唄った「大迷惑」や「働く男」、そして「ヒゲとボイン」、今や年末の定番曲となった冬のバラード「雪が降る町」と名曲を次々世に送り出す。のちにユニコーンはブルーハーツ、ジュンスカイウォーカーズと並ぶ、バンドブーム時代を代表するロックバンドと位置づけられる。

■ユニコーンは当時のロック誌・PATI-PATIなどに毎回巻頭で扱われる程、バンドブームの寵児となった。また何でもありの一筋縄ではいかない豊かな音楽性は、一般のファンのみならず、松任谷由実、氷室京介など同業のミュージシャンや音楽評論家など玄人筋のファンが多かった。

■1993年 - 9月21日 この日に放送された「オールナイトニッポン」(ニッポン放送)で、ユニコーンの解散を電撃発表。美しくも切ない「すばらしい日々」で有終の美を飾った。これ以後奥田は、充電期間と称して釣りに没頭する。「すばらしい日々」は2006年春のソニービデオのCMソングに使われている。

■1994年 - シングル「愛のために」でソロ活動を開始。ソロデビューシングルにして自身初のミリオンセラーを達成。我が事ながら戸惑う。

■1996年 - 女性デュオ・Puffyをプロデュース。彼女たちの特異な脱力感、無気力感、気だるそうな立ち振る舞いが話題になり大ヒット。「プロデューサー奥田民生」としても各方面でフィーチャーされる。

■1997年 - 井上陽水とのコラボレーションユニット「井上陽水奥田民生」として活動する。

■1998年 - ギター一本の弾き語りライブ「ひとり股旅」ツアーを行い話題となる。

■2000年 - 「鈴井の巣」(HTB)にて、大泉洋率いる「大泉バンド」のデビュー曲負け戦を作曲。

■2001年 - 「Dream Power ジョン・レノン スーパー・ライヴ」に出演。

■2002年 - 東京スカパラダイスオーケストラの楽曲「美しく燃える森」に、ゲストボーカルとして参加する。艶のある唱法で新たな魅力を引き出した。

■2003年 - 真心ブラザーズのYO-KINGらと4人組バンド「O.P.KING」を結成し、ミニアルバム『O.P.KING』をリリース。「Dream Power ジョン・レノン スーパー・ライヴ」に2回目の出演。

■2004年 - ソロ10周年を記念した、広島市民球場での「ひとり股旅」をはじめ、精力的に活動。ギター一本のアコースティックライブとして、初めて広島市民球場でのコンサートを実現させた歌手となった。また、自身がパーソナリティーを務めるラジオ番組「OH! MY RADIO」(J-WAVE、奥田は月曜日担当)も12月に復帰。惜しまれつつ3月で卒業。

■2005年 - 「ひとり股旅スペシャル@広島市民球場」のドキュメンタリーにドラマを加えた映画『カスタムメイド10.30』が完成。秋に公開。また、同じ事務所の「SPARKS GO GO」のメンバーとのバンド「THE BAND HAS NO NAME」が15年ぶりの活動を再開。なお、このバンド名は「名前のないバンド」の意味のため、新バンド名を募集中。「Dream Power ジョン・レノン スーパー・ライヴ」3回目の出演。

■2006年 - 前年に引き続き広島市民球場でカープ球団とタイアップした奥田民生観戦セット「OT Rock Seat」を販売。7月と8月の計14試合で入場券+奥田民生オリジナルキャラクター人形+弁当。

■2006年 - Char、山崎まさよしとの3人によるユニット、「三人の侍」の全国ツアーを4月から神戸を皮切りに敢行。ステージにはユニットの家紋が飾られ、侍語のアピールに歌詞以外は外来語を禁止、ビートルズの歌を歌う時は「次はかぶとむしの歌でござる」などと紹介する。

■元ユニコーンの阿部義晴の40歳記念ツアーに参加。ジェット機もゲスト参加(このバンドに川西がいる)。

■9年振りに井上陽水奥田民生を再結成。12月にシングル「パラレル・ラブ」をリリース。初のツアーと2ndアルバムを発表。

■2007年 - 2月26日にフジテレビ笑っていいとものテレフォンショッキングに出演。タモリに内緒で井上陽水が一緒に登場するというドッキリ企画を決行。


【エピソード】
■奥田のファンと言う木村拓哉とテレビで競演した時、木村が一番好きな曲と言うPuffyに書いた「海へと」を演奏した。この時、木村が「こんないい曲、何で自分で歌わないんですか」と聞くと「いやぁ時間が無くて」と締め切りに間に合わず、やむなくPuffyに渡したことを明かした。後に「海へと」自体はライブ盤で民生バージョンがCD化された。

■Puffyへのアドバイスとして奥田に「おまえらは鵜飼いの鵜だ。飲み込まずに全部吐き出せ」と言われたことを、Puffy自身がTVで明かしている。

■Puffyプロデュースの動機は、小室哲哉や小林武史らが活躍し始めた時期で、ああいうこと、売れる音楽が自分に出来るかどうか、挑戦してみたかったと著書で述べている。

■ユニコーン時代の初期の頃の口癖は「そそそそ」であった。

■デビュー前、アルバイト先の喫茶店で「民生スペシャル」というから揚げ中心の定食メニューを考案した。

■そのアルバイト先の喫茶店の店長が後年当時のエピソードを綴った、アイドルやミュージシャンにありがちな暴露本を奥田に無断で出版、それに激怒した奥田は店長と絶縁したとされており、それを証明するかのように「悩んで学んで」のPVでは一瞬だけその本が燃えているシーンがある。

■鷲尾いさ子が好きだった。

■さとう珠緒がグラビアを中心に活動していた頃、大ファンで自身のライブ用の機材にグラビアの切抜きを片っ端から貼り付けていた時期があった。

■小泉今日子の大ファンであり、HEY!HEY!HEY!で共に出演した際にはまともに彼女を見ることも出来ず、ダウンタウンの2人に冷やかされるほどガチガチに緊張してしまった。

■上記のように非常にミーハーな一面があり、2004年にパーソナリティーを担当したOH! MY RADIOにおいても「ブリトニー可愛い」、「ブリトニーも可愛いがビヨンセはもっと可愛い、ポスターも買った」、「伊東美咲超可愛い」などミーハーぶりを発揮していた。が、「アヴリルはそうでもない」らしい。

■Jリーグ・ディビジョン2において、サンフレッチェ広島とアルビレックス新潟が激しい昇格争いを繰り広げていた2003年、新潟サポーターが、応援歌として使用しているユニコーン時代の曲「I'M A LOSER」の替え歌をCDに収録するために許可を取ろうとしたところ、奥田は「広島の敵に曲を提供することは出来ない」とにべもなく断った。カープのみに留まらない、奥田の郷土愛を示すエピソードである。

■大のテレビゲーム好きでユニコーン時代に阿部と二人で雑誌に連載を持つほどであった。ダウンタウンのごっつええ感じにおいて、松本人志とテトリスで対決し勝利したこともある。シンプルなゲームが好きなようで最近はWindowsのピンボールにハマっており、毎日2時間はプレイしている。

■奥田の楽曲のタイトルは、有名な書籍や楽曲などのタイトルのパロディとなっているものが多数ある。例:「ワインのばか」(元ネタはロシアの民話『イワンのばか』)、「AND I LOVE CAR」(ビートルズの「AND I LOVE HER」)、「怒りの別件」(ブルース・リーのドラゴン怒りの鉄拳)等。「マシマロ」はタイトルを考えてから歌詞を作ったため、曲の最後でその旨を律儀に説明している。

■漫画家のいくえみ綾は彼のファンであり、週刊ヤングサンデーにて楽曲を漫画化した作品を発表。

■「歌詞を覚えられない」とよく口にする。そのため、彼の楽曲には歌詞を少なくする工夫がされている。洋楽を愛好してきたせいか、歌詞にこだわりがないようだが、詞世界はファンなどの間で高く評価されている。

■楽曲「息子」は子どもが生まれる前に作った曲。


【関連人物】
■井上陽水‐陽水の息子がユニコーンのファンであり、雪が降る町の歌詞に感動した陽水がその歌詞を奥田に送ったことから交友が始まる。レコーディングについて「陽水さんは寝ていても平気」と語っている。

■吉井和哉‐吉井は奥田の書く詩を絶賛している。ツアーメンや釣りなど共通の面がある。吉井は年下だが、民生君と呼んでいる。

■スティーヴ・ジョーダン - 奥田と親交の深いニューヨークのドラマー。スティーヴのユニット、ザ・ヴァーブスのアルバム『アンド・ナウ...』の日本盤スペシャル・エディションには、奥田が参加した「ニューヨーク/東京」が追加収録されている。

(出典:Wikipedia)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?b=20070826-00000001-lisn-musi

[PR]

PCソフト、PCゲーム、写真集、動画から音楽まで無料お試し版や有料ダウンロードが楽しめる総合ショップ。おすすめ商品からランキングまで何でも揃う人気・実力ナンバー1の本格的な総合ダウンロードショップ!

オリエンタルラジオ エピソード&プロフィール

オリエンタルラジオは、吉本興業に所属する日本のお笑いコンビ。略称は「オリラジ」や「オリエンタル」、初期は「オリタル」とも呼ばれ、新聞には「Oラジオ」と書かれていたこともある。


【メンバー】
■中田敦彦(なかた あつひこ、1982年9月27日 - 大阪府高槻市・山口県山口市・東京都育ち)
■藤森慎吾(ふじもり しんご、1983年3月17日 - 長野県諏訪市出身)


【概要】
コンビ名は、お互いに好きな単語をくっつけたもの(オリエンタルが中田、ラジオが藤森)。結成当時のコンビ名は「中田藤森」であり、その後「アンディーシンディー」と名乗ったこともあった。コンビ名をオリエンタルラジオに決定した理由のひとつは、この単語がネット検索に1件もひっかからなかったからである。その後検索で5件ヒットしたときは、非常に嬉しかったと述べている(2007年4月現在では、Googleで877,000件のヒット数を叩き出している)。 東京NSC10期で、同期には大好物やオバアチャンなどがいる。NSC生の中でも出世が飛びぬけて早かった。


【来歴】
■自動車事故の受付のオペレーターのアルバイト(三井住友海上)で知り合う。初対面の時、中田はぼさぼさ頭に上下ペイズリー柄の服を着て室内にも拘らずサングラスをかけており、藤森は「すごいセンスのやつがいるなぁ」「暗そう」と思ったらしい。逆に中田は藤森の目を見て「なんてキラキラした宝石のような美少年なんだろう。」と感服した。互いを知り合う内に、元々お笑い好きだった中田の影響を多大に受けた藤森から逆に中田を誘う形で、大学に通いながらNSCへ入学することとなる。結成日は2003年8月1日。毎年、記念日を2人で祝っている。

■初めての会話は「好きなAV女優」の話だった(男子と仲良くなるには下ネタしかないという中田の思い込み)。

■M-1グランプリ2004では、NSC在籍中にもかかわらず武勇伝で準決勝まで勝ち進み一躍注目を浴びるようになった。

■『武勇伝』ネタの知名度が圧倒的だが、喋くり漫才もこなす。その時もボケは中田で、ツッコミは藤森が担当する。漫才の方がブラックなネタをする傾向が強いようである。「M-1~2005」には『武勇伝』ネタを封印して漫才で挑み、M-1グランプリ2005でも準決勝まで残った。

■2005年12月31日放送の「輝け!2005年お笑いネタグランプリ」ではブレイク賞を受賞。副賞として100万円を貰った。

■ニッポン放送の2006年度春のイメージキャラクター「だったらラジオ ニッポン放送」に任命され、その縁で「オリエンタルラジオのオールナイトニッポンR」(金曜27:00-29:00)のパーソナリティに抜擢されたが、「めちゃ²イケてるッ!」に出演した際、「オールナイトニッポンR」を担当しているといったが、ナインティナイン(「ナインティナインのオールナイトニッポン」(木曜25:00-27:00)を担当)は金曜と土曜のみ「オールナイトニッポンR」があることを知らなかったらしい。

■2006年10月より、『笑っていいとも!』のレギュラー出演が決定した。

■「オリキュン」(フジテレビ)が2007年1月17日より水10!枠の22:30〜22:54に放送時間が変更になった。デビュー数年でゴールデンタイムのレギュラー番組を持つという、異例の早出世に「ダウンタウンの再来」と伝えるスポーツ新聞もあったほど。

■お笑い芸人史上最速でゴールデンタイムの冠番組を持つことになった。(つまり芸人の中で一番早く売れたことになる。)ちなみにお笑い第5世代でこの時間帯の冠番組を持っているのは彼らのみである。

■2007年4月からは「週刊オリラジ経済白書」、「ドッカ〜ン!」の2
本のゴールデンでのレギュラー番組開始が決定している。


【武勇伝】
■代表的なネタは「武勇伝」というショートコント。もともとは「中田伝説」というネタでやっていた。武勇伝ネタを考えているのは中田である。「武勇伝 武勇伝 武勇デンデンデデンデン レッツゴー」という早口なリズム(これはただの早口でありヒップホップ風ともラップ風とも言えない。)(オリエンタルリズム)にのせて、色々な事に挑戦しているという“あっちゃん”(中田)が「伝説」を語り、その結果を“しんご”(藤森)が言ってオチにする。たまにあるあるネタ的なことを言うこともある。ネタの間に、日常のことをコントのようにして、しんごが日常的な行動をとり、あっちゃんがそこにツッコミを入れ名言的な言葉でまとめる、もしくはしんごが常識的なことをしてあっちゃんが呆れるといったコントが入る。最後に「意味はな〜い〜けれ〜ど〜ム〜シャクシャしたから〜」のフレーズで始まる歌を歌い、「ペケポン!」と言って出番が終わる。

■テンポがいいので観客からは手拍子されることがあるが、自分のリズムでやりたいため「手拍子はありがたいのですが、みなさんの心の中でお願いします」と中田がお詫びをする。

■「意味はな〜いけれ〜ど」のフレーズは中田が作曲したもの。

■このネタはかなり運動量が多く、藤森は「エンタの神様」でのネタ中に両肩が脱臼したことがあるという。また、このネタは通常は約2分30秒位なのだが、ある日中田はこのネタを4分間やり、泡を吹いて酸欠で倒れたという。そしてそこが一番観客にうけて爆笑がおこった。

■最初は「中田伝説」という普通の漫才だったが、スベる事を恐れてどんどん間を詰めていった結果、最終的に間がなくなり、ネタとネタをつなぐブリッジとして「武勇伝 武勇伝」のフレーズを挟んだ。

■芸に厳しいことで知られるオール巨人から、「あれは相当な稽古を積んでいるはず」と絶賛された。実際、部屋にこもって何時間、何百回と練習しているという。

■噛んだ時用の武勇伝がある。具体的には、しんごが「あっちゃん、カッコ悪いよ〜」中田が「しゃらくせえー」と怒るものである。

■ちなみに「武勇伝」は元々中田が、NSCのピンのネタ見せの授業でやっていたものである。ちょっとした悪ふざけのつもりで踊りを入れたり歌を歌ったりしていたらしい。それが講師陣の木村祐一や夜鯉利光等に好評で、色々とアドバイスを受け今の形になった。

■藤森は「笑い飯」の哲夫に飲み会に呼び出されてその場のノリで四時間全裸で「武勇伝」をやらされた。しかしその後哲夫の耳に「あっちゃん(中田)が「うちの相方になにしてくれてんだ」と凄く怒っている、という噂が届き、これはヤバイと思った哲夫が仲直りの為に二人を飲み会に誘ったがまたその場で今度は二人に全裸武勇伝をさせた。哲夫は武勇伝に対抗し、「奈良県立歴史民俗博物館(注・笑い飯のネタの一つ。)」の「パパ〜パ〜」というBGMっぽいのを口で言いながら奈良県立歴史民族博物館にある人形の物まねを裸で全力でやっていた。その後、哲夫は吉本興業からこっぴどくしかられたという。

■「学園祭などで漫才をしても、会場からは『武勇伝はまだか』という空気が出ているためやりづらいときがある」と語ったことがある。

■最近エンタの神様では中田が「俺の伝説ベスト10」と言っているが実は1回のオンエアで9つしか言っていない(初期を除く)。(実際には3つ+小ネタ+3つ+小ネタ+3つ+エンディング+一番最後に1つ、計10回言っている。オープニングの叫びはカウントしていない)


【漫才】
■一般にはあまり知られていないが、漫才ネタもいくつか持っている。

■10カラットなどで披露したネタの他にもいくつか持ちネタがある。

■基本的にネタは中田が作っている。少々ぶっ飛んでいる芸風の内容が多い。

■最近では「年を取ったら武勇伝はできない」と、漫才のネタ作りで深夜まで及ぶこともあるらしい。

(出典:Wikipedia)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?b=20070825-00000000-oric-ent

[PR]

ヘルシーワンは新宿伊勢丹を始め全国に30店舗程ある日本初のサプリメント専門店。栄養士、薬剤師の資格をもったスタッフが、お客様の生活習慣や体質を考慮し嬢品質なサプリメントライフをご提案させて頂いてます。

小倉優子 エピソード&プロフィール

小倉 優子(おぐら ゆうこ、1983年11月1日 - )は、千葉県茂原市出身のグラビアアイドル、女性タレント、バラエティアイドル。血液型はB型。アバンギャルド所属。

【プロフィール】
愛称: ゆうこりん
生年月日: 1983年11月1日
現年齢: 23歳
出身地: 日本・千葉県茂原市
血液型: B型
公称サイズ(2006年時点)
身長 / 体重: 162 cm / 43 kg
BMI: 16.4(低体重)
スリーサイズ: 80 - 56 - 83 cm
ブラのサイズ: C
靴のサイズ: 23 cm


【来歴】
■2002年、日テレジェニック2002に選ばれる。4月〜9月、MBSラジオ「オレたちやってま〜す」10代目パーソナリティを隔週で城島茂、極楽とんぼ、眞鍋かをりと務めた。同年から2005年まで4年連続でミスヤングアニマルに読者投票で選出される。

■2005年京楽産業イメージガール。2005年から日本小型自動車振興会のCMにも出演している。


【人物】
■愛称は中学生の頃のニックネームである「ゆうこりん」。

■言葉の語尾に「○○りんこ」、「○○りんこだプー」と付ける。

■家族は両親と兄、弟で3人兄弟の真ん中。

■幼稚園からピアノを学んでおり、他にフルートも吹ける。

■身長は161.2cmであるが、145cmくらいだったら良かった、と雑誌のインタビューで答えたこともある(→ジンクス)。デビュー当時はO脚であることを気にしていた。

■プロサッカー選手でコンサドーレ札幌所属の関隆倫は従兄。阪神タイガースやオリックスブルーウェーブで監督を務めた中村勝広は遠縁の親戚。中村は、最近まで小倉がタレント活動をしている事を知らなかった。

■名古屋のローカル番組『ノブナガ』(CBC)出演時にムチや木馬などを体験しマゾであることを自覚した。写真集では手錠シーンを撮影した。

■地元球団千葉ロッテマリーンズの始球式で登板したことが縁となり同球団のファンになる。2005年『THE・サンデー』の番組内においてパ・リーグ球団のファンとしては初めて巨人ファンの徳光和夫との応援バトルを展開した。結果は、同年の千葉ロッテの絶好調ぶりも手伝い小倉優子の圧勝。徳光は完全にぼやきモードに入り自棄食いをした。同年千葉ロッテのキャンプ地へ訪れ、ボビー・バレンタイン監督にチョコレートを贈呈した。

■テリー伊藤や秋元康からは、セルフプロデュースの上手なタレントと評価されている。

■好きな色は黒。普段の服装でも「黒が無難かな」と服装について語っている。近年は黒いオーバーニーソックスを穿くことが増えている。


【エピソード】
■デビュー当時からしばらくは雑誌インタビューなどで「主食はお菓子(特に甘物)」と発言していた時期があり、実際に他の食事を殆ど取らなかった。しかし仕事が忙しくなった途端に仕事先で貧血で倒れるなどが頻発したため、事務所の勧告を受けて食生活を改めた。自身のブログ「こりん星のお食事って?」も主に小倉の日々の食に関して書かれたものになっている。

■デビュー直後のセルフプロモーションビデオでは、笑顔で「うんちっ」と言ってポーズをとったり、当時出演した『THE夜もヒッパレ』(日本テレビ系)では、「三宅裕司さんとお泊まりしちゃったんです!キャー!!…でも、全部ウッソピョーン」といったネタを披露。

■ゆうこりんとしてのキャラが確立されていない当時、ある番組での小倉の態度に、関根勤が苦言を呈した事がある。「お父さんもいびきうるさい?」などと彼女の性格を知らずプライベートな事柄に触れた質問をし、「その話は置いといて」などと的確に答えようとしない彼女に、関根が不快感を抱き口をきかなくなった。「礼儀がなってないから本当はアタマにきてたんですよ〜」と、関根が後日『笑っていいとも!増刊号』(フジテレビ系)のトークの中で明かした。なお、現在では和解をし、関根が小倉の真似をしたり、『笑っていいとも!』のレギュラーとして共演したりしている。また、『さんまのスーパーからくりテレビ』(TBS系)で小倉が関根にゴルフの助っ人を頼んだ際、初めは「やだよ、何で俺が」と断られたが、バレンタインデーのチョコレートを渡すと、彼は張り切って助っ人を引き受けた。

■『愛のエプロン』に出演する際は、甘い食材を使うことが多い。代表的なものに、ビーフシチューやコロッケへのチョコレート、肉団子甘酢あんかけの甘酢あんへの蜂蜜など。審査員の藤田まことには「戦争が終わって砂糖の配給がきたとき母が作った甘いものをふんだんに使った料理の味だ」と評された。2006年6月14日の放送で、麻婆豆腐に水飴を入れた時は、自分で食べてみて「飲み込めない…」と言った。この時、VIP食材の豚肉を使わず、間違えて牛挽き肉を使ったため、下位ランクに降格した。

■2007年2月18日放送の『世界ウルルン滞在記』で南イタリア・プーリア州にある手打ちパスタで有名なレストランへ弟子入り。本当は料理上手なことを証明するも、最終日に料理評論家を前に緊張したのかオイルソースににんにくを入れ過ぎる、という失敗をしてしまった。なお、この時、衣類などを入れた荷物が誤ってベルギーに送られてしまった。

■2004年12月31日放送の『ビートたけしのTVタックル・嵐の大ゲンカ超常現象ファイナルウォーズ』で、早稲田大学名誉教授の大槻義彦が、フォトンベルトについて「フォトンとは光子のことで、これは電磁波の一種です」と説明している途中、「もっと簡単な言葉がいいな〜」と発言して話を中断させ、真剣に聞いていたビートたけしに「解んないなら黙ってろ!うるさい!」と一喝された。

■財団法人警察協会が作成したストーカー対策ビデオ『なくせ! ストーカー』に主演している。同級生からストーカー被害に遭う女子大生を演じている。ちなみにビデオの進行役は、竹中直人である。

■自称かなづちだったが、2005年11月27日放送の『さんまのスーパーからくりTV』において息継ぎを練習したところ、あっという間に25メートルをクロールで泳げるようになってしまったことから、明石家さんまや他の出演者から泳げないふりをしていたのではないか、とからかわれたため、収録後局内のトイレに2時間立てこもり、さんまらが小倉が出てくるまで楽屋で待機したというエピソードを持つ。同番組では、この企画を連続ものとして放送し、年末の特別番組までに小倉は泳げるようになるかという企画を予定していた。

■2005年10月30日、『がっちりマンデー!!』内で布団乾燥機の話題になった際、うっかり「日本人なんでお布団で寝ようと思って」と発言したところ、経済評論家の森永卓郎に「えっ!こりん星人じゃなかったんですか?」とツッコミを入れられ、司会の加藤浩次に「今、日本人って言ったろ?」と聞かれ「言ってません」と否定した。

■2006年4月2日の『さんまのスーパーからくりテレビ』で浅田美代子とゴルフ対決をした際、「ゴルフクラブに触るのは生まれて初めて」と語ったが、デビュー直後のセルフプロモーションビデオには楽しそうにゴルフをする小倉の姿が収録されている。ゴルフ歴の長い浅田は「絶対負けたくない」と語ったが、浅田に不利な条件で試合は行われたため、小倉が勝利し、浅田はショックで髪を切ってしまった。その後、浅田はリベンジを果たそうとしたが、助っ人の横峯良郎の不参加などの偶然も重なり、結局またもや浅田は敗北した。浅田の罰ゲームは同番組の「ご長寿早押しクイズ」に50歳の浅田が出場するという屈辱的なもので、「私は浅田さんのことが大好きですよ」と言う小倉に、浅田は「もう嫌い!顔も見たくない!」と半泣きで言った。そして、10月1日放送の特別番組で、小倉・横峯組はさんま・浅田組との対決に敗北。罰ゲームとして、替え歌で有名な元印刷業の酒井さんと一緒に替え歌コーナーに出演した。

■2006年7月29日の『恋のから騒ぎ』にゲスト出演した際、「生まれ変わったら何になりたい」という問いに「幼稚園(の先生)」と答え、さらに「(芸能活動に)疲れちゃった。でも現場に優子が行かなかったら大変なことになるから、行かなきゃなんない」と発言。司会の明石家さんまが「かわいいねぇ。でも裏で“よし!”とか思てるんでしょ?」といじられると、「そういうこと言うから芸能界を辞めたくなるんですよ」と返した。

■2006年8月24日、よゐこの濱口優との親密交際が報じられた。週刊誌「女性セブン」が2人のデート現場をスクープしたもの。この日、東京・六本木で行なわれたDVD自動レンタル機「アスタラビスタ」のお披露目会見に小倉が出席した際、取材レポーターが交際について尋ねるべく「濱口さん」の名前を出した瞬間、突然DVD販売会社のスタッフが、マイクコードを投げ飛ばし、「はい、終わり終わり!」と大声を出して取材陣に手をかざして遮るなどして、小倉を舞台袖に連れ去り強制撤収した。

■2006年10月25日放送の「笑っていいとも!」で、コーナ―の成り行きで千秋に嫌われていると告白した。不思議キャラがかぶるので止めるように言われているらしい。

■『運命の数字』(テレビ朝日系)でビビる大木が「レギュラー番組5本の内3本がバーター出演(業界用語で抱き合わせ出演)」である事を告白すると、自身も同事務所の先輩眞鍋かをりのバーターであった事を明かし、大木と共感し合った。

■最近ではメイドのコスプレをしてSDメモリーカードのキャラクターにもなっている(参照:BARKS「限定販売! 萌え萌えめがねメイド姿のゆうこりん[1]」ほか)など、アキバ系男子からの人気が根強い。

■酒井彩名とは実家が近所(父親同士が飲み仲間という説もある)であり、「(同郷の芸能界の先輩として)尊敬している」と言っている(年齢は酒井のほうが年下)。また、デビューの頃から一番尊敬しているタレントは、元モーニング娘。の辻希美である。

■テレビ番組での共演をきっかけに知り合った加藤美佳と仲が良く、互いの家に泊まりに行ったりしたこともある。本人曰く「よっちー(美佳=「よしか」から)は優子の彼氏」とのこと。

■ブログでは、同じ事務所の後輩・浜田翔子とのツーショット写真がたびたび掲載されている。ブログに登場する友達の芸能人としては、杏さゆり、スザンヌ、相沢真紀、マギー審司の妻・吉田有希などがいる。


【こりん星】
小倉は自らのことを「こりん星」という星からいちごの馬車でやってきた「りんごももか姫」だと事あるごとに発言している。これは小倉のキャラクターを語る上で外せないフレーズで、彼女なりのユーモアの1つであり、トーク番組などで自ら笑いのネタに使うこともある。

■「ももか姫」とは、中学の頃、自分に別名を付けることが流行り、「友達から『ももか』っぽい」と言われたのを気に入ったため使っている。

■こりん星での物語は、千葉県内にある自宅から東京まで電車で通勤する暇な時間に膨らませた空想であると、『グータン』(フジテレビ系)で発言した。

■前述の千葉ロッテキャンプ訪問の際、たまたま外気温が低く、小宮山悟選手から「こりん星から寒波を運んできたな」と言われた。

■岡村隆史がラジオ番組で「いちご姫と食事した際、いちご姫が「今の小倉優子は私のキャラをパクった」と発言した」と語った。ちなみにいちご姫は、「イチゴの馬車に乗りトイレではイチゴの用を足す」などと公言しているものの、真偽は不明である。

■『クイズ!日本語王』で、「ゆうこりん」の区切り方は「ゆう・こりん」なのか「ゆうこ・りん」なのかと言うことを司会のウッチャンナンチャン内村光良に問われたところ、後者が正しいと答えた。

■『謎を解け!まさかのミステリー』で、「こりん星から来てない事くらい承知してます」と発言し、スタジオに衝撃を呼んだ。しかし、本人はその後この発言を完全に忘れてしまい、後にこの時のVTRから「この後小倉優子は何と言ったでしょう」という問題が出た際はまったく違う答えを書いていた。

■『行列のできる法律相談所』で上記の『まさかのミステリー』での発言がVTRで放送された際に、こりん星の質問をしつこくしていた品川庄司の品川祐や磯野貴理子に、「バカ!」「うるさい!」と言い、他の出演者から総ツッコミを受けた。

■2005年11月27日放送の『さんまのスーパーからくりTV』では、こりん星は「(東京都)港区」にあると発言。

■2005年10月30日、『がっちりマンデー!!』内で布団乾燥機の話題になった際、うっかり「日本人なんでお布団で寝ようと思って」と発言したところ、経済評論家の森永卓郎に「えっ!こりん星人じゃなかったんですか?」とツッコミを入れられ、司会の加藤浩次に「今、日本人って言ったろ?」と聞かれ「言ってません」と否定した。

■2005年12月12日放送の『ネプリーグ』で、こりん星の王子は「みのる」であると発言。

■2005年12月24日放送の『明石家サンタ』で、こりん星から番組に電話を掛け、こりん星は「港区」にあると再び発言。『さんまのスーパーからくりテレビ』で明石家さんまに「あほんだら」と言われたことをネタに、八木亜希子から合格の鐘を鳴らされた。さんまは反対したが、中国旅行のプレゼントを手にした。

■2006年5月31日放送の『ザ・チーター』で、「こりん星から来たなんて嘘なのは知っている!!」と光浦靖子から突っ込まれ、「うそつきチーター」の烙印を押され、ゲーム追放決定直後に大泣きした。山崎邦正らの「これが演技だったらすごい」との意見に対し、「私、小倉優子は…うそつきチーターです!!」と告白。さらに泣きじゃくる小倉は、出演者全員になぐさめられ、一番当惑していた司会の田村淳も、「これはバラエティーだよ。もう俺にはどうする事も出来ないよ…」とフォローするのがやっとという状況に。淳が「スタジオまで何に乗ってきたの?」と質問しても「エスティマです」、「今日は何処に帰るの」と質問しても「マンション」と答え、こりん星の話題が出来ない程落ち込んでしまった。追放後の負け犬部屋ではなぜか腹痛を訴えた。

■2006年6月28日の『クイズ!ヘキサゴンII』に出演した際、「小倉優子がこれまでについた最大のウソは?」というお題が出され、他の出演者のほとんどがこりん星のこと自体がウソであると答えたのに対し、小倉本人は、こりん星は生まれた所ではなく育った所であり、こりん星出身であることがウソである、と答えた。当然ながら、出演者から一斉にブーイングを受けた。

■2006年2月19日開催のファンの集いで、「ゆうこりんが“萌え〜”となるときは?」の質問に「汗をかくのが大好きなので、暖かい所がいいですね〜」と回答。

■2007年2月18日放送の『世界ウルルン滞在記』で南イタリア・プーリア州にある手打ちパスタで有名なレストランへ弟子入りした際、「出身地は?」とホームステイ先に聞かれて「こりん星です」といつものように返事をするも、「こりん星って何?」と、通訳の人から突っ込まれて、「私は日本では『ゆうこりん』とよばれていて・・・」としどろもどろに解説するも結局、こりん星は星であるどころか「東京のどこかの地名だろう」とホームステイ先に結論付けられる破目となった。

■2007年4月17日、ネットプライスドットコムが企画したチャリティーオークション『熱闘プライス』のイベントが東京都港区白金台のアーフェリーク白金で行われた。その第1回目のゲストとして、小倉が出品した。その商品は『こりん星』の土地(およそ東京ドーム1個分相当とのこと)と3分間生電話できる権利、サイン付き写真集、小倉が描いたこりん星の絵の3点セット。落札したお金は地球温暖化対策を推進する国際環境NGO団体「FoE Japan」に全額寄付される。同年4月27日に入札が終了し、503,000円で落札された。

■2007年4月21日に放送された『恋のから騒ぎ』にゲスト出演した時に「マネージャーさんに、そろそろ、"こりん星は爆発させたいんだけど"と言われた」と発言。放送当時、こりん星の土地販売の入札中で、2ちゃんねるを始めとする多くの匿名掲示板やブログで波紋を呼んだ。 2007年5月9日放送の『クイズ!ヘキサゴンII』でも同様の発言をしたが、司会の島田紳助に「そんな相談はもうええねん。」と相手にされなかった。

■2007年5月3日の『ライオンのごきげんよう』に出演した際も、「こりん星が爆発される。マネージャーから小倉優子と呼ぶように指示されているかもしれないが、ゆうこりんと呼んで欲しい」と発言した。しかし、司会者の小堺一機は番組の開始直後、小倉の名前を呼ぶときに「ゆうこりん」と呼んだ後、わざわざ「小倉優子って呼ぶんだった」と独り言を言っているので、「演技なのでは?」という指摘もある。

(出典:Wikipedia)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?b=20070612-00000022-rbb-ent

[PR]
TSUTAYA DISCAS


小倉優子/陽〜ひなた〜

小倉優子/陽〜ひなた〜

織田裕二 エピソード&プロフィール

織田 裕二(おだ ゆうじ、1967年12月13日 - )は、神奈川県川崎市多摩区出身の日本の俳優、歌手。


【プロフィール】
・出生地: 日本, 神奈川県川崎市
・血液型: A
・生年月日: 1967年12月13日
・現年齢: 39歳
●活動
・ジャンル: 俳優、歌手
・活動時期: 1987年 -
・活動内容: 1987年:俳優デビュー
・1991年:『東京ラブストーリー』
・1997年:『踊る大捜査線』
・1998年:日本アカデミー賞受賞
●主な作品:
映画
『湘南爆走族』
『踊る大捜査線 THE MOVIE』
『踊る大捜査線 THE MOVIE2』
『ホワイトアウト』
『T.R.Y.』
ドラマ
『振り返れば奴がいる』
『東京ラブストーリー』
『お金がない!』
『踊る大捜査線』
『ラストクリスマス』
CDシングル
『LOVE SOMEBODY』
『Last Christmas』
●受賞:
ベストドレッサー賞(1991・1999)
ベストジーニスト賞(1992)
日本アカデミー賞主演男優賞
(1998・2001・2004)
報知映画賞最優秀主演男優賞
(2000)
第43回ブルーリボン賞
最優秀主演男優賞(2001)
第48回アジア太平洋映画祭
最優秀主演男優賞(2003)
日刊スポーツ映画大賞
石原裕次郎賞(2000・2003)
●その他
『世界陸上』キャスター


【人物・来歴】
身長177.5cm。体重70kg。左利きだったが、現在は主に右を使う。釣竿は左用を使っているなど今でも左を使う時がある。視力は右1.2、左1.2。血液型A型。

桐蔭学園中学校・高等学校卒業。中学1年から高校1年までテニス部に所属。

ピッツバーグ大学日本校中退後、役者の道へ。

最初にテレビに登場したのは、1986年、おニャン子クラブを生み出した『夕やけニャンニャン』内で行われた、その男版の息っ子クラブのメンバーの募集に応募。見事勝ち抜きメンバーになる事が決まったが、メンバー入りは辞退する。

その後、1987年4月に東映映画『湘南爆走族』で俳優デビューし、江口洋介と共演。1990年頃には吉田栄作・加勢大周とともに平成御三家とも呼ばれた。

子供から大人まで幅広い年齢層に人気を持つ。デビュー当初はトレンディ路線とアイドル色が強かった為、主に20代女性層を中心にブレイクしていたが、その後は積極的にコメディや映画にも出演している。

役作りでは、服装や小道具にこだわり、キャラクターをつかむのに時間がかかるタイプ(本人談)。なので、脚本は出来る限り早く欲しいそうでそれが企画、脚本段階から作品に関わる理由のひとつだそうである。続編(パート2)嫌い、というより「同窓会的」なゆるい作品作りが嫌いらしい(『踊る大捜査線』に関するインタビュー等)。役作りや演技へのこだわり、作品作りにかける意気込みの強さ故、共演者やスタッフからの評価は高いものの、批判的な見方もあり、ことあるごとに週刊誌のネタとされる。生真面目な性格ととるか、単なる傲慢ととるかで評価が分かれる俳優である。特に金子修介監督から、痛烈な批判を浴びたことがある。

主な出演作品に、ドラマ『東京ラブストーリー』、ドラマ『振り返れば奴がいる』『お金がない!』『踊る大捜査線』シリーズなど多数。

歌手としては1987年4月にデビュー映画『湘南爆走族』の挿入歌のシングルCD「BOOM BOOM BOOM」でデビュー。その他の代表曲に「Love Somebody」(1997年1月)などがある。俳優の余技ではなく、表現手段として音楽活動をする数少ない俳優でもある。2005年ゴールドディスク賞受賞。

主演ドラマの主題歌に本人の曲が使われる事が多い。これは、主題歌・挿入歌も歌うことを条件にドラマに出ているからである。そのためにドラマ出演は減りつつある。

2001年のドラマ『ロケット・ボーイ』で主演を務めるも、椎間板ヘルニア(持病の腰痛が悪化)による緊急入院で撮影を中断する事態となった。そのため『ロケット・ボーイ』は全11話の予定だったものが全7話に再構成され、第2話放映後の4週分は『ロケット・ボーイ』を休止し、同作共演のユースケ・サンタマリア、市川染五郎の新撮シーンを加えた『踊る大捜査線』の再放送で穴埋めするという異例の措置が撮られた(結果、この視聴率が高かったため「踊る」人気が不動のものということを証明することにもなる)。

基本的に20代から容姿・風貌が変わっておらず、外見的に年齢を見分にくいタイプである。20代前半なみの持久力と肺活量をもつスポーツマンでもある。2007年4月19日放送『うたばん』では、本人に説明なく行われた体力測定で実年齢39歳にして25歳と診断されていた。

俳優の石黒賢とは互いに親友の仲である。映画『ホワイトアウト』で石黒を親友・吉岡役に抜擢したのは織田らしい(『ホワイトアウト』公開当時の各媒体インタビューより)。 葉巻にはまっている(TVでの織田裕二ドキュメントにて。)

2004年、『東京ラブストーリー』以来13年ぶりに月9ドラマ『ラストクリスマス』に出演することになったが、13年もの間月9に出演していなかったことについて、本人はインタビューで「月9はドラマの王様であり、特別なものだと思うからあえて出演しなかったんです。だから僕は反対勢力にたって、レジスタンス的活動をしていたんですよ」と語っている(ちなみに『東京ラブストーリー』に関しては途中から役柄をつかみきれなくなり(原作と脚本と自分のイメージとのギャップが原因)、結果として演技的に失敗だったとしている(本人の弁によれば「途中放棄」とのこと))。この作品経験をターニングポイントとして、以降の作品では脚本段階から作品に関わる姿勢を強めることになる。 (NHK『トップランナー』での発言より)。

ファンや芸能界からも「主役なタイプ」と評され、あらゆるドラマ、映画では常に主演、主演級で出演。今現在でも、主演格俳優として織田主人公のドラマや映画が多い。2003年1月公開の映画『T.R.Y.』では、中国上海でロケを行い、中国語の台詞に挑んだ。演技面や性格面で、息がぴったりだった女優は、深津絵里だと言われている。大森一樹監督曰く「日本映画界で数少ない、名前で客を呼べる俳優」。

上半身裸での撮影を拒否していることで有名で、今までも自分の上半身裸の写真や映像の撮影を一切したことが無い。

基本的にバラエティ番組(特にお笑い系)へは出演しない方針で、「SMAP×SMAP」で、香取慎吾が「踊る!大捜査線」のパロディで織田の物まねをしている時に、本人には内緒でゲスト出演した際、織田は出演時に「バラエティは、ダメなんだよ。苦手。恥ずかしい。」と、しきりに言っていた。


【その他】
■世界陸上キャスター(1997年 - 、TBS)
中井美穂と共に二年に一度行われる世界陸上のメインキャスターとして活躍しており、軽妙なトークとおもしろおかしい語り口は、お茶の間の多くのファンを魅了している。その一方で、ハイテンションぶりが話題になり、陣内孝則や関根勤にものまねされるほど。織田いわく「自然に出てしまう」らしい。単純なキャスターだけにとどまらず、選手などの分析も細かく行っている。ちなみに、同番組中に織田が「この後すぐ!」と競技開始の予告をすると基本的に待たされることが多く、長い時で数時間後だったことがある。

■映画バック・トゥ・ザ・フューチャーの主人公マーティの吹き替えを担当したことがある。1990年4月のフジテレビ放映分を担当。ドク役は三宅裕司。Wユウジ吹き替えに挑戦! としてPRされた。その後もフジテレビでの放送の際にはそのまま放送されたたが、近年ではフジテレビでの放送はなく、今後もしフジテレビでの放送があれば視聴できる可能性があると見られる。

■スズキのCMに出演していた縁もあり、一時期ダートトライアル競技に出場していた。結果等についてはほとんど公にはされていないものの、通信教育のユーキャンのCMにおいて一瞬ではあるが運転シーンが挿入されていた。

(出典:Wikipedia)



[PR]
☆★☆新規お申込みの方15〜18%!!☆★☆

◎こんなに便利なライブドアクレジット◎

☆使い道は自由!

ご利用使途はお客様のライフプランは併せてご利用下さい。

☆パート・アルバイトの方でもOK!

20歳以上の方で定期的な収入のある方であればお申込出来ます。
もちろん自営業の方やご主人がお勤めに出られている主婦の方でもお申込み
できます。

☆会員の方にはお電話1本でお振込!

ご契約後もお電話一本でご登録頂いたお口座へお振込いたします。

★お申込みはココ★
http://ad.affipa.ne.jp/LK00078066/PS00026557/click.cgi
あのライブドアのクレジットサービスです!
[PR]

小野真弓 エピソード&プロフィール

小野 真弓(おの まゆみ、1981年3月12日 - )は、日本のグラビアアイドル・女優・歌手である。千葉県流山市出身。血液型はO型。サンミュージックブレーン所属。十文字学園女子大学短期大学部卒業。


【プロフィール】
生年月日: 1981年3月12日
現年齢: 26歳
出身地: 千葉県流山市
血液型: O型
公称サイズ(2006年時点)
身長 / 体重: 159 cm / 43 kg
BMI: 17(低体重)
スリーサイズ: 82 - 56 - 85 cm
靴のサイズ: 23.5 cm


【来歴】
■1998年、サンミュージックの新人タレントオーディションに合格。レッスンを経て芸能活動開始。

■初期には井村有希、猪浦里沙とともに、「リアリー・オムレット・パズル」(略称オムパズ)を結成、セガ・アミューズメントテーマパーク「ジョイポリス」のキャンペーンガールを務めたこともある。

■2002年からの、消費者金融・アコムのコマーシャル(CM)で社員役を演じ、「天使の笑顔」と評されて一気にブレイク。瞬く間に知名度も上がり全国的な脚光を浴びた。当然ながら間髪を入れず「はじめての××〜」をキャッチコピーとした写真集やDVDを発売。ドラマでもゲスト出演を経てレギュラーへ、また一方では映画や舞台へと活動範囲を一気に拡大した。なお、同コマーシャルに於いて小野は、初めの頃は制服に「佐藤」と表示された名札を着けて登場していたが、小野の知名度の上昇に伴い「小野」の名札を着けて登場するようになった。実在の社員だと思い込んだ他のアコム女子社員から所属支店を尋ねられ、止むを得ず「四谷」(サンミュージックがあるため)と答えたところ、“合コンに参加しないか”と誘われた事があるという(インタビューより)。

■2004年3月17日CDデビュー。

■現在は関西のテレビ出演が多く、上沼恵美子の番組に出演することが多い。

(出典:Wikipedia)




[PR]
合計5万9700円相当の無料プレゼント!
■無料プレゼント1】『裕福になるための10の方法』CD版-ダンケネディ
■無料プレゼント2】海外インターネットマーケティング情報をダイレクトに
仕入れる。“TOPGUNニュースレター”3か月分を無料でプレゼント!
■無料プレゼント3】再販売権付Eブック『100年前から伝わるダイレクトマ
ーケティングの真実』世界No.1のインターネットマーケター-ヤニクシルバー
■無料プレゼント4】音声セミナー『失敗知らずのインターネット起業法』
-インターネットマーケター宮川明(40分42秒MP3)
■無料プレゼント5】一日一分英語で学ぶマーケティング
なくならないうちに今すぐゲットしてください。
>>http://www.123marketing.jp/promo/index.php?jvcd=9909

オダギリジョー エピソード&プロフィール

オダギリ ジョー(本名:小田切 譲(おだぎり じょう)、1976年2月16日 - )は、鈍牛倶楽部所属の俳優・CMタレント。岡山県津山市出身。血液型O型。


【公称サイズ】
身長:176cm
体重:60kg
バスト:88cm
ウエスト:68cm
ヒップ:92cm
靴のサイズ:27cm


【来歴・概要】
●俳優デビューまで
■津山市立津山東小学校3年2組で次長課長の河本準一と同級生だった(河本が告白。ジョー、もっちと呼び合っていた仲らしい)。

■岡山県作陽高校1年の時に高校生クイズ選手権(日本テレビ)に出場している。岡山県作陽高等学校卒業後、高知大学理学部に合格するも辞退。ヒューマン国際大学機構大阪校にて英語を学んだ後アメリカに渡りカリフォルニア州立大学フレズノ校に入学。映画監督志望のオダギリであったが、入学願書の記入ミス(「drama」の文字を目にした時点で監督養成コースだと勘違いし、マークを付けてしまった)により不本意ながら俳優養成コースを受講。なお、この留学時に寮で同室であった男性に迫られたり、ゲイパーティーに誘われたりしたことがあると番組内で発言している。2年で大学を休学し帰国後、日本の俳優養成所を経て1999年、舞台『DREAM OF PASSION』で俳優デビューを果たす。

■オダギリジョー自体は本名だが、漢字ではなくカタカナにしたのは、「譲」だと『ゆずる』と読まれてしまうこともあるため、と語っている。


●イケメンヒーローから演技派俳優へ
■2000年、テレビ朝日系列で放送された『仮面ライダークウガ』の主人公、五代雄介(ごだい ゆうすけ)役を好演。

■以後、テレビドラマ、舞台、映画、テレビコマーシャルなど幅広い分野で活躍。映画初主演を果たした2003年公開の映画『アカルイミライ』が日本映画プロフェッショナル大賞で作品賞を受賞。オダギリ自身も主演男優賞を受賞し、一躍関係者からの注目を集めることとなった。

■2004年公開の映画『血と骨』ではビートたけし演じる在日韓国人・金俊平の息子を名乗る男、朴武を演じた。出演シーンは極めて短かったが、ビートたけしとの過激な喧嘩シーンを中心に圧倒的な存在感を見せつけ同年度の国内の映画賞の助演男優賞を多数獲得した。また2005年公開の映画『オペレッタ狸御殿』ではチャン・ツィイーと競演。『メゾン・ド・ヒミコ』では柴咲コウ演じるヒロインの父親と同性愛の関係を持つゲイの青年という複雑な役柄を演じ切り昨年度に続き主演での男優賞を複数個獲得。イケメンヒーローから演技派俳優への着実な転身を遂げている。

■先に記したようにアメリカでの滞在歴があるオダギリは英会話に堪能で日常の会話は難なくこなせる。2006年公開の映画『BIG RIVER』では全編に亘って英語で台詞のやりとりをしている。


●映画監督として
■俳優として成功を収め独自の地位を確立したオダギリだが先に記したとおり当初は映画監督としての志が強かったため機会があれば自らメガホンを取り短編映画などを製作している。しかし当の本人は、公開に前向きではない。


●バラエティとオダギリ
■『仮面ライダークウガ』出演時〜出演後しばらくは、『秘密の爆笑大問題』のレギュラー出演者を務めるなど、バラエティー番組にも積極的に出演していた。『踊る!さんま御殿』では自らの過去の恋愛に纏わる話を(後年、別の番組で明石家さんまと共演した際、オダギリ本人はそのときのことを語っていたが、それによると、オダギリのトークを気に入ったさんまがその後何度もオダギリに話を振ってきたため「すごく怖くなった」そうである)、『ダウンタウンDX』ではアメリカでの学生生活におけるエピソードを披露していた。そのためそれらの番組の司会者(明石家さんまやダウンタウン)とは現在でも親交が深い。

■2000年12月からの3年間、BSフジの情報バラエティー番組『週刊BSデジタルマガジン』でタレントの阿部美穂子と共にレギュラー司会者を担当。お笑い芸人として駆け出しの頃の青木さやかや松田大輔(東京ダイナマイト)とも共演。毎回奇抜な衣装で登場し、オダギリ自身も独特のギャグセンスを発揮。「俳優」としての枠を超越した表情を垣間見ることができた。
オダギリの部屋には髑髏に関連した物品が多数揃えられており、それらが少なからず自身の心身に悪影響を及ぼしている。

■現在は俳優業に専念する意志が強く、バラエティー番組への出演機会は当初に比べて極端に減少している。先に記したような番組は現在、DVDなどの家庭視聴向けの販売はされていない(販売される予定もない)ため一般の視聴者が目にする機会が皆無に近い貴重な映像となっている。

■お笑いコンビ次長課長の河本準一が在籍していた小学校にオダギリが転校してきたため、両者は同級生同士である。河本は自らが人気を獲得すると事あるごとにオダギリとの関係を強調。転校先の土地に不慣れなオダギリを河本が案内したと発言したがオダギリ曰く「そんなことはなかった」。交流が断絶していた時期もあったが決して不仲であったりお互いが存在を忘れていたりということではなく、河本・オダギリの両者がそれぞれの業界で頭角を現しメディアへの露出が頻繁になったことでお互いの存在を再認識し合い、現在では10日に1回はメールで近況の報告などをしている。

■現在放送されているライフカードのCMがコメディータッチであることからもわかるとおり、映画やテレビドラマで演じることが多い「口数が少なく、つかみどころがない」役柄とは対照的に実生活のオダギリはトークも軽妙で雰囲気も柔和である。


●ファッション
■記者会見やインタビューなど、公共の場に姿を見せるときのオダギリのファッションは極めて大胆かつ個性的であり、現在でもファッション関連の雑誌で頻繁に表紙を飾る。ファッションに関連した有名なエピソードを以下に記述する。

■2005年に開催された第28回日本アカデミー賞では、片側だけモヒカンスタイルという奇抜な髪型で登場。最優秀助演男優賞の受賞が華を添えた。翌年度の授賞式にプレゼンターとして再度登場。前年度にも増して奇抜なヘアスタイル(寝起きに近い乱雑な髪型)とファッションには登場時より、会場中から驚嘆とも苦笑とも表現しうる囁き声が聞かれた。最優秀助演男優賞を獲得した堤真一が堪えきれず「受賞の喜びよりもお前の頭、何や!?」と全出席者の心の声を代弁。会場全体が安堵にも似た大きな笑いに包まれ、2年連続でオダギリの奇抜なファッションが受賞者の喜びに華を添えた(堤とはテレビドラマ『ビギナー』で競演)。

■カンヌ映画祭ではタキシードを腕まくりしてレッドカーペットを歩き、関係者を驚かせた。本人いわく「本当は上着を脱ぎたかったんだけど、脱いだら会場に入れないのでこうした」とのことである。


●オダギリと『仮面ライダークウガ』
仮面ライダークウガで自身の知名度を上げ、また実質イケメンヒーローブームの立役者であるにも関わらず、複数のメディアで「事務所の命令で、仕方なくクウガのオーディションを受けた」「変身して戦うヒーローは気持ち悪い」「クウガのオファーを受けた際は俳優を辞めるか死ぬか悩んだ」等と発言。多くのクウガファン・オダギリファンの物議を呼んだ。

「ライダーを演じる人間がライダー好きである必要は無い」「本人の思想はどうあれクウガは見事に演じきった」「自身をメジャーにしてくれたシリーズに対して失礼」「クウガファンの児童がオダギリの発言を知ったらどう思うんだ」等、賛否両論となった。特撮ヒーロー役を演じた俳優は以降、「ヒーロー役を超える知名度を得られない」「児童向け特撮番組で付いてしまったイメージから脱却したい」という傾向から、多かれ少なかれ特撮番組で演じた役に消極的な態度を示すケースが見受けられる。オダギリの発言は多くのファンの望んだものでは無かったが、ファンも寛容な姿勢を示せば、無益な論争は回避できると考えられる。

オダギリは先のような発言と同時に「クウガのスタッフは尊敬している」とも語っており、プロデューサーだった寺成紀によれば、オダギリと寺の交友は今でも続いている。また2005年に雑誌『ピクトアップ』のインタビューでクウガ出演のきっかけを問われたオダギリは、以下のような趣旨の回答をしている。

■クウガの前年にもある特撮番組のオーディションを受けさせられていた。しかし自分は変身ヒーローや特撮には嫌悪感が強く、審査員に「自分は本格的な演技がしたくて勉強しているからヒーロー番組には出たくない」等、特撮ヒーロー物を罵る発言を繰返したので、もうこんな話は来ないと思っていた。しかし事務所からの命令があり、クウガのオーディションに行った。

■不満を持ちながら命令に従った理由は、その前年のオーディションの際に会い、その才能に惚れ込んでこの人なら一緒に仕事をしたいと思ったという東映のプロデューサー(名指しはしていないが、内容から寺を指しているものと思われる。寺は先の一件についても現場に居合わせており、オダギリの発言が事実であることを認めている)が参加していることを知らされていたから。

■オーディションに合格した後、そのプロデューサーから一緒にこの番組を作りたい、と大変熱心な説得があったことが決め手になった。

■自分は「この役を自分が演じたらどうなるだろう」と言う興味を持つ作品のオファーを受けるタイプだと思う。振り返ってみれば、クウガ/五代雄介というキャラクターにはそういう魅力を感じたのだろうし、自分の役者としての姿勢は当時から一貫していたんだな、と思うことがある。

なお、テレビ朝日系列で放送されていた某ランキング番組の2002年9月8日放送分「あなたが選んだ日本のヒーローベスト100」でクウガが第1位にランクインした際に、オダギリは「(視聴者に)自分がクウガに出演していたことを忘れないでほしい」とコメントしている。

(出典:Wikipedia)


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?b=20070414-00000023-dal-ent

押尾学 エピソード&プロフィール

押尾 学(おしお まなぶ、本名同じ、1978年5月6日 - )は、日本の歌手、ミュージシャン、俳優。ロックバンド「LIV」(リヴ)のボーカル兼リーダー。東京都出身。血液型A型。 4歳から12歳までアメリカ合衆国のオレンジカウンティで育った。身長184cm、体重78kg。


【人物】
■自称「賢いイケメン」。

■平山あや、安倍なつみ、奥菜恵、財前直見、酒井美紀、長崎莉奈、眞鍋かをり、矢田亜希子(現在名:押尾亜希子)など、様々な女性タレントたちと交際していると報道されるプレイボーイとして有名だったが、2006年11月13日に本人の公式ファンクラブサイトにて、矢田亜希子との結婚を発表した。

【その他】
■「ネット上に「押尾学語録」なるものが流布しているが、そのほとんどは本人の言葉という確証が挙げられていない(その中にART-SCHOOLのVo木下理樹の発言と思われるものがある)。

■LIVとしてインディーズに移行後はあまりメディアに取り上げられる事はなかったが、女性芸人のにしおかすみこがライブ中のMCをネタにしたことでも再び話題となった。

■現在は活動の拠点を米国に移している。

(出典:Wikipedia)


http://news.livedoor.com/trackback/3119057

小栗旬 エピソード&プロフィール

小栗 旬(おぐり しゅん、1982年12月26日 - )は東京都小平市出身。平成期の日本の俳優である。トライストーン・エンタテイメント所属。


【人物】
■血液型:O型、身長:183cm、体重:62s、靴:27.5cm、趣味:音楽鑑賞

■父・小栗哲家(てつや)は舞台監督。

■兄・小栗了は父の仕事を手伝いながら俳優業もこなしている。(「劇場版 鋼の錬金術師 シャンバラを征く者」(2005年)、「間違いの喜劇」(2006年)で共演している。)

■小学校6年の時、内田有紀と共演したいという理由から児童劇団に入団し、子役エキストラからスタート。(2007年3月時点、未だ共演経験無し)

■芸能界との二重生活に苦しみ、明星学園高等学校を中退。しかし卒業式には友人らと共に紛れ込み、卒業写真にも写っている。

■単発やゲスト出演などを経て『GTO』のいじめられっこ役で連ドラ初レギュラー。

■「しあわせ家族計画」で映画初出演。

■左利きである。

■大の阪神タイガースファン。

■「中目黒上腕二頭筋」という野球チームに所属している。

■2006年3月時点までに松嶋菜々子との共演が多い。

■映画初出演後、しばらく仕事から遠ざかっていたが、『Summer Snow』の耳の不自由な弟役で復帰。

■『ごくせん』で注目され、その後、数々の舞台、映画、ドラマに出演。

■2005年は舞台、映画、スペシャルドラマ、大河ドラマ、全クールの連続ドラマに出演した。

■『花より男子』の花沢類役で人気が上昇した。

■『名探偵コナン10周年ドラマスペシャル「工藤新一への挑戦状〜さよならまでの序章(プロローグ)〜」』では工藤新一役に決定。この配役は、原作者青山剛昌の「新一は小栗君が似合うのではないか」という提案によるもの。

■2006年、蜷川幸雄演出による「タイタス・アンドロニカス」のエアロン役で、7月のイギリス公演において、スタンディングオベーションの快挙を成し遂げる。

(出典:Wikipedia)


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?b=20070406-00000008-sanspo-ent

大山のぶ代 プロフィール&エピソード

大山 のぶ代(おおやま のぶよ、1936年10月16日 - )は昭和後期・平成期(1950年代後半〜)の女優・声優。アクターズ・セブン所属。東京都出身。本名:山下 羨代(やました のぶよ)。東京都立三田高等学校卒業。

テレビ朝日版『ドラえもん』において、ドラえもん役を長年担当していたこと等で知られる。血液型はO型。


【来歴】
1956年、NHKドラマ『この鐘』でデビュー。冨士眞奈美も大山と養成所の同期で同ドラマでデビューしている。もともとは女優であり、数々のドラマに出演している。

声優業では、かつては『ハリスの旋風』の石田国松のように、高いガラガラ声でやんちゃな喋り方をする演技が特徴だった。しかし、『ドラえもん』の放送開始後、キャラクターの作画デザインが変わるに連れ、1986年後半ごろから、演技も徐々にベタッとした低い声でゆったりと喋る演技に変化。最終的にはこちらの喋り方が世間に定着し、ものまねでドラえもんの声が真似されるときも、後者の喋り方である。

『ドラえもん』のドラえもん役は1979年4月から担当し、26年間演じた。キャストの高齢化等に伴う番組リニューアルにより、2005年3月の『ドラえもん! オールキャラ夢の大集合スペシャル』を最後に降板したが、2006年第11回アニメーション神戸ではその功績が称えられ、小原乃梨子ほかレギュラー陣4人とともに特別賞を受賞した。降板は大山ドラ世代(1970年代〜1990年代前半)には特に惜しまれた。

アニメ歌手としても活躍。1980年には、EP『ドラえもん音頭』等大山が歌ったドラえもん関連のレコード売り上げが100万枚を突破し、日本コロムビアのゴールドディスクを受賞した。

料理研究家としても活動し、著書に『大山のぶ代のおもしろ酒肴』(主婦の友社、1981年)、『おかずのアイディア180』(小学館、1995年)、『大山のぶ代の毎日のおかず』(グラフ社、2000年などがある。中でも『大山のぶ代のおもしろ酒肴』は136万部のミリオンセラーを記録した。

2007年現在声優業はせず、講演やタレントとしてのテレビ・ラジオ出演を中心に活動しており、2007年4月から、東京港区西新橋(御成門)にある音響芸術専門学校の校長に就任した。同校において本格的に後進の指導に当たる予定である。


【人物像】
『太陽にほえろ!』の脚本を担当したこともある。主婦の立場で書いた脚本は評判であったといい、5作(共同)書いている。夫はタレントで『おかあさんといっしょ』初代体操のお兄さんでもある砂川啓介。

無類の麻雀好きとしても知られ、美空ひばりとも麻雀友達だったという。またかなりのゲーマーでもあり、『アルカノイド』(タイトー)が大のお気に入り。自己記録の「およそ120万点」は、公式2位の記録に匹敵する。空港の待ち時間等で暇つぶしとして始めたのがきっかけで、それ以降ゲームセンター等を巡り回ったという。しかし他のゲームは苦手で実は機械オンチ。『とんねるずのみなさんのおかげでした』のコーナー『ムダベストテン』でもその腕を披露。三原じゅん子の石頭に意識が持っていかれて一機ミスしたり、収録が終わって(このときアルカノイド28面)一人だけになったりしたが、全ステージ攻略した。その経歴を買われてか、1日ゲームセンターの店長を勤めた事もある。

優れた味覚・嗅覚を持っており、水を一口飲めばそれがどこの水かを言い当てることが出来るという。そのため、水の研究家としても名の通った存在であり、旧厚生省「おいしい水研究会」、旧国土庁「水を語る女性の会」の委員も務めている。健康・カルチャー番組にもよく出演している。特に『ためしてガッテン』での出演頻度は高く、1クールに1度は必ず出演している。

『スーパーロボット大戦シリーズ』で、1977年当時に声優出演していたアニメ『無敵超人ザンボット3』の主人公の声優のオファーを断った理由は、「ドラえもんを演じている間は他の役をやらない」と過去に公言していた為としている(但し、ドラえもんを現役でやっていた頃、ラジオドラマ『封神演義』で白鶴童子の役を演じていたこともある)。

尚、『サザエさん』の初代磯野カツオ役は番組開始後3ヶ月ほどで降板しており、公式には体調不良を理由にしている。しかし、後にラジオ番組TOKYO FM『恵俊彰のディア・フレンズ』に出演した際、「あれだけは自分で降りた」と吐露している。

ワイドショーや料理番組では物腰のやわらかい喋りだが、フジテレビで放映された『快進撃TVうたえモン』で、声優オーデションのゲスト審査員として神谷明や野沢雅子らと参加した際は、辛辣なコメントを連発。辛口なコメントの数々に驚いた今田耕司から「ブラック・ドラえもん」と呼ばれる一幕もあった。


【大山とドラえもん】
『ドラえもん』を勇退して久しいが、ドラえもんの声と聞いて大山が当てたもの(その逆も同じ)を連想する人は未だ多い。ドラえもんのガラガラ声はほぼ地声だが、若い頃は自分の声に対し、かなり思い悩んでいたという。結果的にはその声がドラえもん役に繋がることになり、またテレビ朝日版『ドラえもん』のパイロット版「勉強べやのつりぼり」アフレコ時には、原作者の藤子・F・不二雄が「ドラえもんはこういう声をしてたんですね」と発言したというエピソードもある。『ハリスの旋風』などの演出者から、ドラえもんの声をやらないかと誘われ、当時8巻まで出ていた単行本を買って読むと、あまりにおもしろかったらしく一晩で読んだという。大山のドラえもんのイメージとして知られるものに、「ぼくドラえもんです」のセリフや独特の「ふふふふ」という笑い声などがある。ドラえもんの物真似ではほぼ必ず使われる浸透ぶりだが、これらは実は原作では存在せず、大山がアドリブで演じたものである。

自宅には家中にドラグッズがそろっており(「ドラえもんボックス」という箱に入れている)、1999年に『徹子の部屋』に出演した際は、毎朝自分の声のドラえもん目覚まし時計で起床していると語っていた。ドラえもんの金のブローチ(腹の部分には時計つき)をつけていたこともある。ただし目覚まし時計は、勇退後に「ドラえもんの卒業」を理由にオークションに出していた。『大山のぶ代の毎日のおかず』では、表紙に大山がドラえもんのエプロンを着ている写真が載っている。この他、諸事情により没にはなったものの、実写版『ドラえもん』でも役に選ばれていた。

バラエティ番組等に出演した際、ゴールデンタイムではドラえもんの声を披露することははほとんどないが(クイズ番組で歌った際、その声がどう聞いてもドラ声のため周りの出演者から笑いの声が漏れる一幕もあったりする)、一方で2006年2月にTBSラジオ深夜番組の『極楽とんぼの吠え魂』に出演した際は、ドラえもん声を披露。また同年6月の『徹子の部屋』出演時にも、打ち明け話と共に黒柳徹子の前でドラえもんの声を披露している。その他、2007年2月15日放送のとんねるずのみなさんのおかげでした内の「ムダ・ベストテン」のコーナーでは久々にゴールデンタイムでドラ声を披露している。この他、『大沢悠里のゆうゆうワイド』には、ドラえもん声でのサウンドステッカーが存在する。

T.K.O、パラシュート部隊、林家たい平、石塚英彦など、大山のドラえもんの物真似にしていた芸人も多い。勇退後はその頻度が下がっているが、現在でも物真似をしている人物もいる。

2006年5月、26年間のドラえもん声優時代を振り返った自伝エッセイ『ぼく、ドラえもんでした。 涙と笑いの26年うちあけ話』(小学館)を発売した。

ドラえもんの声優として浸透している一方で、原作派やテレビ朝日版以前に放送されていた日本テレビ版世代を中心に、「イメージと異なる」等の否定的な意見も存在する。

(出典:Wikipedia)


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?b=20070405-00000167-sph-ent

押切もえ エピソード&プロフィール

押切 もえ(おしきり もえ、1979年12月29日 - )は、女性ファッションモデル。本名同じ。千葉県松戸市出身。パール所属。


【プロフィール】
生年月日: 1979年12月29日
現年齢: 27歳
出身地: 日本・千葉県松戸市
血液型: A型
公称サイズ(出典不明)
身長: 169 cm / 5′ 7″
体重: ― kg / ― lb
スリーサイズ: 82 - 56 - 84 cm
靴のサイズ: 24.0 cm


【来歴・人物】
■松戸市立第五中学校卒業後、昭和学院高等学校に入学するも中退し、翌年千葉県立市川西高等学校の一学年下に転入。

■まだ『読者モデル』という言葉がない時代のポップティーン、その後雑誌「egg」の読者モデル時代にファンを増やし、再び雑誌「ポップティーン」の読者モデルへとステップアップしていく。

■読者モデル時代には“トップのコギャル”と呼ばれ、押切は「もえ」として、同じく当時の読者モデル「花子」と共に、女子高生達のカリスマ的存在でもあった。「ポップティーン」卒業後も、当初は何度か紙面にゲスト登場したことがある。

■一度ViViのモデルに転身をはかるも失敗し、ポップティーンに出戻る。そして2001年に大人系女性を目指して「CanCam」の専属モデルとなる。2006年現在、同誌のTOP3専属モデルである。なお他の2人は、山田優、蛯原友里とされている。

■家庭崩壊に恋人の死、2005年2月のハワイの海での大怪我などさまざまな経験をしている。

■若い女性に絶大な人気を誇る。現在、知名度が高まるとともに男性ファンも増加している。

■2006年の春と秋に発売され、好評となり、2007年3月から月刊化されることになったAneCan専属モデルにも抜擢された。

■サイバーエージェントが提供する「アメーバブログ」でブログを開設しており、同社の人気ランキングで1位になっていた事があり、2006年12月時点でもベスト3に入っている。

■2006年9月22日、表参道ヒルズで行われた、紳士用ブランド「ダンヒル」のイベントで、プロ野球のソフトバンクホークスに所属する、新垣渚投手との恋愛関係にあるのでは…との一部ネット掲示板への書き込み・マスコミ報道について報道陣から質問があり、「(交際は)ありません。なぜ、そんな話が広まるのか不思議です。」と否定した。彼女の熱愛説(あくまで噂)はこれが初めてである。

■2006年2月、週刊誌に石田純一から高級ワインを渡されているところを撮られた。ただ、疚しい関係ではないと言う。

■ギャル時代に渋谷でトップレスで喧嘩をしたことがある。

■本人が考案したという内巻き・縦ロールの髪型は『押切巻き』と呼ばれ、若いOLを中心に人気である。

■愛読書は太宰治で特に「津軽」がお気に入り。

■テレビ番組で、ファーストキスは16歳と告白。

■好きな歌手は中島美嘉、安室奈美恵。

■2003年、第31回ホノルルマラソンを女子総合1130位(4時間32分17秒)で完走。

■2004年の第32回ホノルルマラソンには、盲人ランナーの伴走として参加。

■お笑い好きでもある。特に好きな芸人は次長課長の河本準一、ムーディ勝山

(出典:Wikipedia)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?b=20070524-00000033-nks-ent

[PR]
ボディーに革命!【プエラリアロイヤル】キャンペーン中

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。