Google
 

須藤理彩 エピソード&プロフィール

須藤理彩(すどう りさ、本名:川島理彩、1976年7月24日 - )は日本の女優。所属事務所はアミューズ。神奈川県横浜市出身。横浜市立希望が丘中学校卒、神奈川県立旭高等学校卒。身長164cm、スリーサイズはB85 W60 H86。足のサイズは25.5cm。


【来歴・人物】
高校時代にはインターハイ(全国高校総体)に出場した実績をもつ陸上競技選手(県内3位の実力)であり、将来を嘱望されていたものの、練習中の怪我により、選手生命を絶たれ断念する。姉の推めでアミューズのオーディションに応募し、見事合格。タレント活動を始める。1998年度上半期放送のNHK総合テレビ連続テレビ小説「天うらら」でドラマ初主演。大工棟梁を目指す少女を好演した。その後も順調に活躍を続け、現在は時代劇から現代劇まで幅広く活躍する女優として知られている。2006年11月6日にブンブンサテライツの川島道行と、できちゃった結婚を発表。2007年1月30日に第一子(長女)を出産した。


【余談】
■デビュー作天うららでは大工の役柄であったが、実家も建築業である。

■学生時代のあだ名は「すーさん」

■高校時代はローソンでアルバイトをしていた。

■寺島しのぶとよく間違われる。

■バスを追いかけるシーンを撮影する際は、たびたびバスを追い抜いてしまうほどの俊足である。

■プライベートではかなりの酒豪で、バラエティ番組にゲスト出演した時には「飲み会では周りが先に酔いつぶれてしまう」などとネタにされることが多い。

■高校の一つ上に米倉涼子がいた。

(出典:Wikipedia)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?b=20070805-00000001-sanspo-ent

[PR]

ヘルシーワンは新宿伊勢丹を始め全国に30店舗程ある日本初のサプリメント専門店。栄養士、薬剤師の資格をもったスタッフが、お客様の生活習慣や体質を考慮し嬢品質なサプリメントライフをご提案させて頂いてます。

スピードワゴン エピソード&プロフィール

スピードワゴンは、井戸田潤と小沢一敬からなるホリプロコム所属のお笑いコンビ。以前は名古屋吉本に4年間在籍していた。略称は「SPW」「スピワ」「スピワゴ」「ワゴン」。事務所の社長からは「スピード」と呼ばれている。


【メンバー】
■井戸田潤(いとだ じゅん、1972年12月13日 - 愛知県小牧市出身)ツッコミ担当。立ち位置は向かって左。

■小沢一敬(おざわ かずひろ、1973年10月10日 - 愛知県知多市出身)ボケ、ネタ作り担当。立ち位置は向かって右。


【来歴】
両者とも名古屋吉本の養成所に通っており、共に吉本興業名古屋事務所の2期生。小沢は幼馴染とオーディションを受け、井戸田は高校時代の同級生とコンビを組む予定であったが、オーディションにその同級生が現れず、結局1人で受ける。受験番号が前後であった事、小沢のコンビのネタの完成度が高かった事、井戸田は声も出ており陽気で騒いでいた事などから、互いに印象に残っていた。養成所では常にライバル関係で、名古屋に所属している芸人のオーディションがリーグ戦形式で行われ、小沢のコンビは毎回優勝、井戸田のコンビは、毎回2位(小沢のコンビが出場しなかったら1位)であった。余談だが小沢は名古屋吉本在籍時に「オールザッツ漫才」に出演した事がある。また、吉本時代は、育ての親である吉本興業の新田敦生(大阪制作チーフプロデューサー、当時は名古屋吉本の所長)に非常に世話になり、ホリプロに所属してからもラジオで共演を果たし、プライベートでも親しくしている。

その後、井戸田は上京、アルバイトをしながら活動。この頃、小沢がコンビを解消したと聞き、以前より小沢とコンビを組みたいと考えていた井戸田は、小沢に声をかけた。しかし、腰の重い小沢は名古屋からなかなか出ようとせずコンビ結成に意欲を見せない為、井戸田がトラックをレンタルして名古屋まで小沢を迎えに行き、小沢は身ひとつで上京した。小沢は住まいが見つかるまで井戸田の家に居候し、井戸田は小沢の昼食を作る為にアルバイトの昼休みに帰って来ていた。そして、1998年12月11日にスピードワゴンを結成。当時のM2カンパニー(現・ホリプロコム)社長の宮原匡彦に誘われ、同社所属タレントとなる。

仕事も無く、月給3000円が続いていた頃、転機となったのは2002年『M-1グランプリ』へのワイルドカード(敗者復活)での出場である。無名コンビであった為、注目度も高まり、給料は30倍になったという。この時に小沢が井戸田に何のネタをするか話した際、井戸田は「来年から忙しくなるよ」と声を掛けた。その言葉通り、テレビ出演も増え、知名度も上がった。同年の大会では立川談志に「俺、下ネタ嫌いなんですよ。」とネタを酷評された。だが後日、談志に実力を認められ評価された。2003年には『M-1グランプリ』への敗者復活でない決勝進出を果たした。同年に『爆笑オンエアバトル』(NHK)でファイナル2位。勝率0.750、オンエア率15/20でゴールドバトラーの称号を与えられ、同番組の黄金時代を支えた芸人の1組でもある。

小沢がプライベートで使用していた「甘い言葉」をネタに使用、一気にブレークした。『爆笑オンエアバトル』では漫才でそれなりの定評を得ており、本分は漫才である為、古株のファンからは安易なネタに走りすぎたとの指摘もあったが、良くも悪くも、更に知名度、人気を上げるきっかけとなった。また若手芸人の登龍門的存在の『エンタの神様』(日本テレビ系列)に出演した事も知名度向上に大きな影響を与えた。同ネタを番組内で使ってもらおうと始まった(後に趣旨はずれるが)『激あま〜い』(TBS)に出演、キー局での初メインレギュラー番組となった。余談であるが、以前スピードワゴンと名古屋の正月特番で一緒になったナインティナインの岡村隆史は「正直、やっぱスピードワゴンって名古屋でくすぶってた感ありましたもん。」と発言しており、M-1決勝進出からこの時期にかけてが、やっと東京で花開いた時期でもある。

2005年9月14日、井戸田が安達祐実と入籍。この日は安達の誕生日だった(安達はこの時点で妊娠2ヶ月で、2人は「できちゃった結婚」となった)。また安達の母親で井戸田の義母である安達有里がヘアヌード写真集を発売した事や写真集発売とほぼ同時期に井戸田の不倫疑惑が写真週刊誌に報じられた事で、何かと話題を集め、メディア露出が格段に増えた。その一方で、井戸田と安達の芸能人としてのランクの格差を指摘する人達が多く、「現時点で女優と結婚する事が甘い」とギャグ交じりに皮肉られたり、「来年消える芸人ランキング」の上位にランクインし始めた。「甘い言葉」は以前からしていたネタであるが、井戸田が結婚してから出演するバラエティ番組で毎回と言っていい程、頻繁に使い、漫才を知らない人からは「甘い言葉」しかネタが無いと思われる事がある。漫才が色あせ始めたと指摘するファンが多く、「甘い言葉」でファンになった人と、漫才を好むファンの間で多少の意見の食い違いが生じている。

2004年の「M-1グランプリ」に出場するも、準決勝止まりで敗者復活戦も辞退(福岡でイベントがあった為辞退したという説が有力)。2005年も期待されていたが、不出場。ファンの間では、井戸田が結婚したおかげで決勝まで行けたと言われるのを嫌ったから、だとの憶測が飛んだが真相は不明である。何れにせよ、何の報告も無かった為、賛否両論を巻き起こして、ファンの間に波紋を広げた。2006年も未出場。スピードワゴンは2008年まで出場可能であるため出場を期待しているファンも多い。2006年12月27日放送回の「スピードワゴンのキャラメル on the beach」で、2007年に出場する(会話の流れで、という可能性もある。)という会話をし、ファンを驚かせた。


【特徴・芸風】
■小沢が荒木飛呂彦の漫画『ジョジョの奇妙な冒険』のファンであり、コンビ名は作中に登場する架空の人物・ロバート・E・O・スピードワゴン及びその人物が設立した財団の名称、スピードワゴン財団に由来する。その縁で、2007年公開の映画『ジョジョの奇妙な冒険 Part1 ファントムブラッド』にゲスト出演するが、皮肉にも構成上の理由から(元ネタの方の)スピードワゴンは登場しないことになった。

■「名古屋市出身のお笑い芸人」と紹介される事があるが、実際は小牧市と知多市出身である。しかし両市とも名古屋市に比べると余り知られていないため、2人共「名古屋出身」と言っている。

■自ら「態度の悪い芸人」と称している。

■東京を拠点としているが、地元愛知県の仕事も多い。

■コンビ仲が良く、プライベートや性格のことを互いにネタにしあっている。小沢が井戸田を支えている様に見られる事が多いが、実は人見知りな小沢を井戸田が持ち前の愛嬌でカバーし、精神的な面は井戸田が支えている。一方で、井戸田の天然ボケ(バカともいえる)を小沢がフォローしていたりする。これが井戸田が「スピードワゴンの愛嬌」、小沢が「スピードワゴンの頭脳」といわれる所以である。

■「甘い言葉」のネタしか知らない人と、漫才を知る人では、かなり評価が分かれるコンビである。

■ノーナ・リーヴスの西寺郷太から「スピードワゴンは、家族感覚みたいなきもちで見てしまう。他の芸人さんは、ネタがつまらなかったら『つまらなかった』で済むけど、スピードワゴンは心配になる。」と評されている。

■最近、井戸田は「ハンバーグ師匠」というキャラを確立、そのキャラに扮した時は小沢のことを「よぉ、ライス!!」と呼ぶ。井戸田はこのキャラが気に入っていて熱くなるが、それに反比例するかのように小沢は冷めた態度をとる。


【漫才】
コント「甘い言葉」がよく知られているが、本分は漫才である。漫才には定評があり、M-1覇者であるますだおかだが自身のラジオで「スピワはM-1十分狙えるコンビ」と評価している。フリ、ボケなどがしっかりして、分り易い、割りと正統派な漫才をするが、ベタなボケと大声で特殊なツッコミから、「新感覚のポップ漫才」「妄想漫才」と称されることがある。ネタは青臭いものが多く、空想に入り込んだ小沢を井戸田が「小沢さーん!」と名前を呼んで現実世界に戻すのが特徴的。本人達曰く「グダグダ」である。また、非常にマイナス思考でブラックなネタも多い。

本人達は漫才に対し「素を出せる漫才はネタじゃない」「井戸田と小沢を知ってもらってる、という前提(で漫才すること)が恥ずかしくて仕方ない」と語り、マネージャーにすら漫才の練習を見せない。


【甘い言葉】
1.井戸田が小沢に対し「さん」付けで呼びかけ、「全くモテない」または「自分もモテたい」という内容の話を振り、小沢に「モテる方法」のアドバイスを仰ぐ。

2.井戸田の質問に小沢は、『甘いセリフ』をサラッと言う事が、モテる上で大事だと答える。

3.井戸田を女の子に見立て『甘いセリフ』のレッスンが始まる。
・【旅行の計画】や【クリスマス】など様々な設定で行い、小沢が『甘いセリフ』を言うたび、井戸田が「甘い(甘過ぎる)」という内容で絶叫。
・小沢が両手を挙げて十字架のようなポーズを取り、それを井戸田が拝む。
・井戸田が『凍らせたスポーツドリンクの最初の溶けかけ』や『生類憐みの令』に例え、小沢のセリフの甘さを讃える。

4.途中、小沢が誰もが認めないことを言うと、井戸田が手を上げながら、認められない趣旨の突っ込みを追加。

5.最後に井戸田が、これで自分もモテるかどうかを小沢に聞くと、その考えが甘い、または井戸田に対して甘いという事を補足。

6.井戸田が「いい加減にしろ」、もしくは軽くコケながら突っ込み、幕。(後者は『エンタの神様』などで多く使われた)

・井戸田が結婚してからは、最後に井戸田が自らの新婚生活になぞらえて絶叫し、小沢がキレる、という締め方も生まれた。

・井戸田がオチで無い所で絶叫してしまう事が多々ある為、小沢が指を鳴らしたら絶叫、という形式にしている。

・このネタは漫才の途中で行っていたネタであるが「エンタの神様」(日本テレビ)で個別でやってから、確立した。ただ、同番組に出演し始めた時は本来しているネタや芸風と異なるネタをさせられていたので、「甘い言葉」もやらされた可能性が高い。

・ダイノジの「もてる〜」というネタを似ている為、ファンの間で議論された時期がある。ダイノジが先にしている為、スピードワゴンがパクッたと言われているが、両コンビとも別物だと考えている様で、きちんと和解もしている。

・甘い言葉の前は小沢のオカマキャラでネタにはいっていき、最終的に井戸田が「あたし認めなーい」というネタだった。

・井戸田が結婚後初めて『笑いの金メダル』に出演した時、「俺モテたいよ」と言ったところ、観客からブーイングが起こり、小沢が「逆に教えてくれよ」と発言。オチでは井戸田の「俺の新婚生活くらい甘いよ」と言う台詞に小沢が「いいかげんにしろよ!」とキレて終わった。


【エピソード】
■以前は2人とも名古屋吉本(吉本興業名古屋事務所)に所属していた。当時はブレークしなかった為、雨上がり決死隊から「ギャラが安いから、お前ら辞めて正解だったよ」とも言われている。名古屋の番組では雨上がり決死隊と共演していたため、雨上がり決死隊とは仲が良い。

■ 両者とも相当な下ネタ好き。過激すぎる事がある為『芸能人専用タクシー し〜たく』(テレビ東京)では「危険コンビ」とまで称された。「M-1グランプリ2002」では、敗者復活で出場するものの、立川談志に下ネタを酷評されたことがあるため、以降下ネタを控えめにしている(酷評したのは立川がフェミニストであるからだと思われる。後日、立川から改めて認められた)。その反動か自身のラジオ番組「スピードワゴンのキャラメル on the beach」では下ネタのオンパレードである。

■M-1グランプリ2003のDVDでは、ネタの音声が著作権の関係で大幅にカットされてしまった(童謡「サッちゃん」の替え歌を扱ったネタだったため)。

■楽屋でテレビを見ていてどちらかが寝ると、小沢は音量を小さくし、井戸田は構わずそのままの音量で観続けるが、小沢に毛布をかけてあげるらしい。

■自身のラジオ番組で、番組内の自分達の駄目な所はどこかとリスナーに募集したところ、「私語が多すぎる」との意見が殺到したらしい。

■井戸田は小沢が大の犬嫌いにも関らず、引越し祝いとして犬を安達と共にプレゼントした。折りしも井戸田と安達が週刊誌で報道された直後であり、小沢が「本当に付き合ってるんだ…」とショックを受けていたことも相まって、犬をプレゼントされた事に対し「俺が犬嫌いなの知ってるじゃん!」と怒った。さらに「ボケに命を使っちゃ駄目だよ!」と井戸田にその犬を持って帰らせ、帰りの車内で井戸田と安達は喧嘩になった。その後、その犬は友人であるウエンツ瑛士に引き取られ、「オザワ」と命名されたらしい。テレビでも、度々登場している。

■『Qさま!』(テレビ朝日系列)で「解散する」旨のドッキリを仕掛けられた井戸田は、小沢を傷つけないように優しく説得し、相方思いの一面を見せた。一般的には小沢がフォローしているように見える関係だが、このドッキリで実は逆である事が明らかとなった。なおこの時、小沢は井戸田の「スピードワゴン面白いよ」という言葉に感動して泣いてしまった。

■関西テレビ「南海パラダイス」にて森下千里にアイドル食いまくってる芸人として挙げられる。ただしイニシャルトークなので真相は不明(お笑いコンビSのI、Oとして紹介)。森下は独身時代の井戸田に告白されたことがある為、何かにつけてこの話をする。

(出典:Wikipedia)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?b=20070513-00000155-sph-ent



[PR]
☆★☆新規お申込みの方15〜18%!!☆★☆

◎こんなに便利なライブドアクレジット◎

☆使い道は自由!

ご利用使途はお客様のライフプランは併せてご利用下さい。

☆パート・アルバイトの方でもOK!

20歳以上の方で定期的な収入のある方であればお申込出来ます。
もちろん自営業の方やご主人がお勤めに出られている主婦の方でもお申込み
できます。

☆会員の方にはお電話1本でお振込!

ご契約後もお電話一本でご登録頂いたお口座へお振込いたします。

★お申込みはココ★
http://ad.affipa.ne.jp/LK00078066/PS00026557/click.cgi
あのライブドアのクレジットサービスです!
[PR]

杉浦太陽 エピソード&プロフィール

杉浦 太陽(すぎうら たいよう、本名すぎうら たかやす(漢字同じ)、1981年3月10日 -)は、岡山県出生、大阪府寝屋川市出身の俳優。大阪産業大学附属高等学校出身。


【略歴】
1998年テレビ朝日系ドラマ『おそるべしっっ!!音無可憐さん』でデビュー。

2001年に毎日放送系ドラマ『ウルトラマンコスモス』で主演。

『ウルトラマンコスモス』放送当時までは、本名である杉浦太陽(すぎうらたかやす)として活動していたが、同番組放送期間中の2002年6月14日、2000年頃に起こしたとされる知人(実弟の友人)への傷害・恐喝容疑で逮捕されたことから、メディアで名前が公表されることが急増。その後、傷害行為について被害者の狂言(おそらくコスモスでの人気を妬んだ物と思われる)であった事が判明し、処分がそれぞれ不起訴・起訴猶予として確定。処分確定後の心境を語るため、生出演したワイドショーにおいて、名前が読みづらいと指摘され、また自身もファンから「たかやす」と正しく呼ばれることは少ないとして、読みを「たいよう」と改めることを発表した。

このようなトラブルがあったものの、ウルトラマン関連のイベントに好意的に出演している。

実弟は、ミュージシャンであり、俳優の杉浦太雄。2002年には兄弟で「Ex.Bold(エクスボールド )」を結成し、音楽活動を開始した。

彼の父親と大平サブロー(吉本興業のお笑いタレント)は、太陽が生まれる以前から親友の間柄であり、自身も日頃から親交が深い。

辻希美と結婚すると、2007年5月8日の一部スポーツ紙で報道された。なお、勘違いされやすいが、彼は2007年の自身の誕生日(つまり報道の2ヶ月ほど前)にプロポーズを行い、辻が受け入れており、妊娠が発覚したのは5月であり、俗に言うできちゃった結婚ではない。最初の報道では、会見前であったこともあり、情報の混乱も多少見られた。その後、双方の事務所とも結婚を正式に認めた。会見は5月10日に行なわれる。

(出典:Wikipedia)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?b=20070524-00000027-dal-ent

[PR]
犬好き集まれ! 愛犬とオーナーのためのお役立ち情報いっぱい!

杉田かおる エピソード&プロフィール

杉田 かおる(すぎた かおる、本名:橋本 薫(はしもと かおる)、1964年11月27日 - )は、日本の女優・タレントである。血液型はB型。左利き。 東京都新宿区出身。明星学園高等学校中退→日本放送協会学園高等学校(NHK学園高等学校)卒業。


【略歴】
7歳の時に日本テレビドラマ『パパと呼ばないで』に出演し、天才子役の名をほしいままにする。当時の月収は約1000万円だったと自称する。しかし収入の大半を母に使われてしまい、杉田自身は苦しい生活をしていたという。やがて仕事が激減し、両親は離婚。

その後、母に嫌気がさした杉田は、新しい芸能事務所を設立するが倒産し、13歳にして借金300万円を背負う。借金を返済するため新しい事務所に入って借金を立て替えてもらい女優業を再開。1979年から1980年に放送されたTBSのドラマ『3年B組金八先生』で妊娠する中学生を演じて再び話題を集めた。

1980年、日本テレビドラマ『池中玄太80キロ』などに出演し、その挿入歌として歌った「鳥の詩(とりのうた)」をリリースしてヒットするなど人気を集めたが、月給13万円のままで不満を持っていた杉田は事務所を出奔。しかし、事務所に買ってもらったマンションのローン約2000万円を背負うことになってしまった[要出典]。

新たに借金を背負った杉田は再び独立。写真集のグラビアモデルを皮切りにドラマ・映画出演でギャラをアップさせることに成功。更に残ったマンションを売却したお金で不動産の転売を続けたことで利け、借金を返済した[要出典]。

1982年には映画「青春の門 自立編」でヌードを披露。

26歳の時、父親の連帯保証人で再び借金1億円を背負う[要出典]。大半の財産を失い、残った全財産は小銭入れの中の800円だけだったという。当時は仕事も激減してどん底に。

1995年、それまで入信していた創価学会を脱会。日蓮正宗の信徒となる。

1998年、篠山紀信撮影による初のヘアヌード写真集「女優ごっこ」を出版した。17歳時に撮影したヌード写真と、34歳を迎えるに当たって撮り下ろしたヘアヌード写真で話題を呼んだが、武田鉄矢に酷評される。

2000年頃からそれまで殆ど出なかったバラエティ番組に進出。『わらいのじかん』などに出演し、毒舌キャラが人気となりお笑いタレントとしてブレイク。「無頼派タレント」の異名を取るようになり、出演番組も激増する。

2004年7月14日にかつてヒットした「鳥の詩」をポニーキャニオンから再リリース。オリコンチャート(週間)では初登場40位だった。ジャケットは、杉田のマネージャーを務める実妹によるデザイン。この時の印税は、現時点で7300円だった事をダウンタウンDXにて告白。

2004年8月21日〜8月22日に放送の日本テレビ「24時間テレビ」で24時間チャリティーマラソンに挑戦。女性としては2001年の研ナオコ、2002年の西村知美、2003年の山田花子に次いで4人目だった。番組開始が15分遅れたため、20時5分のスタートとなったが、見事100kmを完走した。記録は25時間15分。

2005年1月11日に、日産コンツェルン創始者・鮎川義介の孫である鮎川純太(株式会社テクノベンチャー会長兼社長)と結婚し、1月13日にマスコミ各社にFAXで発表した。これをワイドショーは「セレブ婚」と騒ぎ立てたが、結婚生活は順調とはいかず、同年6月30日に夫が離婚を決意したと報じられた。杉田は「離婚は誤報」と生放送で語ったが、2005年7月25日に関西のローカル番組で、芸能ジャーナリストの井上公造が鮎川が家庭裁判所に離婚調停を申し立てたことを暴露する。結局、結婚から7ヵ月後の2005年8月11日に離婚。

なお、杉田との離婚騒動の際に、杉田が関西テレビの「たかじん胸いっぱい」に出演して鮎川との結婚生活等を赤裸々に語ったことに関し、鮎川が「バラエティー番組における元妻の発言等によって、名誉・プライバシー権の侵害を受けた」として放送倫理・番組向上機構の人権委員会に訂正放送や謝罪などの人権救済の措置を申し立てた。委員会は検討の結果、杉田の発言が人権侵害に該当すると認定し、編集によるカットを怠った関西テレビに名誉・プライバシー侵害の責任があるとした。これにより関西テレビは、人権委員会の処分では最も重い「勧告」の処分を受けることとなった。これにより、みのもんたは杉田と、やしきたかじんの番組を批判した。

2005年頃からは再び女優としてテレビドラマに出演するようになり、『不信のとき〜ウーマン・ウォーズ〜』などに出演。

杉田かおる自身の借金については、テレビ朝日系バラエティ番組『愛のエプロン』内で完済したと語っていた。

杉田かおると母との関係は現在修復し、一緒に酒を飲みに行く仲になっている。だが、飲み屋で母が酔って若い男をナンパして困ると語っていた(ちなみに本名の橋本姓は母親の姓である。)。

2006年11月23日にザ・ワイド生放送中の日本テレビのスタジオに乱入。司会の草野仁を殴ろうとしたがマッチョな体系を見たためやる気をなくし結果未遂に終わっている。


【キャラクター】
■テレビ朝日系バラエティ番組『ロンドンハーツ』のコーナー「格付けしあう女たち」で、青田典子が、「今すぐその元カレの電話番号を教えて。今すぐ電話をかけるから」と言ったことを暴露したが覚えていないらしい。さらに、ロンドンブーツ1号2号の田村淳が、「杉田さんは酔っ払うと凄い。男の人にあんたとねぇ、SEXしたい。11月2日空いてるわ。この日にしましょう」と言ったことを暴露したが、本人は全く覚えてない。他にも日本テレビの深夜番組にて、偶然新幹線で出会った男とその日のうちにホテル街へ消えたことも自ら暴露した。最近では2006年9月25日に50代で妻子ある男性と路上でキスをしたり派手に痴話ケンカをした末、ラブホテルに入っていく姿を写真週刊誌に取られた。その後に開かれた記者会見の中で「お城みたいな建物だったのでついつい入ってしまった」「嫌いな人間に対して激しくキスしてしまう」「ラブホテルの中では相手は服を脱いだが、自分は服を脱いでいない」などと発言した。

■『愛のエプロン』の常連出演者で、57回で番組史上最多出場になるのだが料理はほぼ失敗している。結婚を機に一時番組を降りていたものの離婚したという事情もあり、2005年8月24日の放送分から復帰したが初登場から現在まで同番組内でのエピソードは事欠かない。しかしまれにみごとな料理を作るらしく、数回ほど中エプになったことがある。またワーストエプロン大賞候補に入っているもののワーストエプロン大賞は一度も取ったことはない。
[例]

■復帰第1回の料理はどじょうを使った柳川鍋と唐揚げだったが、やはりというべきか拙い物で、細川茂樹らをエチケットタイム行きにしている。細川からは「回し蹴りに対抗してライダーキックをかます!」(細川は同年に仮面ライダー響鬼を演じている)と怒りをぶちまけ、それを聞くや「そうきたか…」と愕然としていた。

■杉田の母と共に同番組で親子で出演し料理を作ったが、母も料理がへたで娘と同様の評価を受けてしまい、後日娘と共に同番組の企画で料理修行の旅へ行かされた。

■お米を炊くこともまともにできず、ご飯を炊けばかならずベチャベチャになる。

■2006年3月15日の放送に出演した片岡鶴太郎のブログには、料理がすさまじいと書かれている。そして、ランキングには多岐川華子と最下位に並んだ。

■その次の回では、カレー南蛮うどんを作ったが、カレーうどんが好きだった男に嫌なことをされたことがあったため、その時の恨みが出てしまったせいか、食べた人はみんなとり憑かれたのように苦しんだ。

■2007年のお正月スペシャルでは、うなぎを動かなくなるまで足で踏みつけたことがある。

■2007年3月21日の放送では「何故初出場から数年経った今でも料理が上達しないのか?」を検証するため、杉田の自宅のキッチンと冷蔵庫がVTRで初めて公開された。しかし冷蔵庫の中は、「味噌」がいっぱい入っており、野菜室には泥つきレンコンとゴミが入っており、冷凍庫には大量のお茶が入っていた。

■しかし2007年5月2日の放送ではたこの唐揚げとたこ飯を作ったのだが奇跡が起こり、あの神田川俊郎先生も「見直した!!」と言われるほどの美味しい料理を作り、95点を叩き出しこの日の大会のトップ賞に輝いた。ちなみに杉田が奇跡で美味しい料理を作ったのは1年前に作った鶏の釜飯以来。

(出典:Wikipedia)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?b=20070504-00000019-spn-ent

鈴木杏 エピソード&プロフィール

鈴木 杏(すずき あん、1987年4月27日 - )は、東京都世田谷区出身の女優である。フォスター所属。身長163p、靴のサイズ24.5p、血液型B型。堀越高等学校卒業、和光大学人間関係学部在学中。

7歳年下の妹がいる。


【来歴】
小学生の頃から子役として芸能活動をしており、同年代の芸能人に比べると比較的芸歴は長く、実力派の女優として知られている。一般には、ローソンや大塚製薬の「ポカリスエット」のCMで、注目されるようになった。

堀越高等学校を2006年卒業。長澤まさみ、黒川芽以と同級生だった。

なお、「杏」のアルファベットのスペルは「Anne」としている(本来はAnである)。 舞台、映画など幅広く活躍し、その演技力は高く評価されいる。 ドラマで共演した錦戸亮は彼女のことを心から尊敬しているとラジオで公言している。

dreamの高本彩とは親友。東京出身の鈴木が、時に関西弁を発するのは彼女の影響とのこと。 ドラマや映画などでは、常に気配りを忘れずに接しているため、スタッフや共演者に好かれる。

小学校低学年時から眼鏡を使用しており裸眼視力が極端に悪く、普段はコンタクトレンズを装用している。

(出典:Wikipedia)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?b=20070426-00000020-oric-ent
タグ:鈴木杏 女優

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。