Google
 

円谷英二 エピソード&プロフィール

円谷 英二(つぶらや えいじ、本名:円谷 英一(つむらや えいいち)、1901年7月7日 - 1970年1月25日)は、福島県須賀川市生まれの特撮監督、映画監督。表記は圓谷英二で1949年の映画『幽靈列車』まで映画のクレジットで表記された。

昭和における特殊撮影技術の第一人者であり、独自に作り出した技術で特撮映画界に多大な功績を残し特撮の神様と呼ばれる。又、一家は全員カトリック教徒で、墓地は東京都府中市の教会にある。


【来歴・人物】
■苗字の同じ円谷幸吉も同市(当時は町)の出身である。戸籍上の姓の読み方が「つむらや」であった点も同じであった。

■明治34年(1901年)7月7日誕生。戸籍上は、7月10日生まれとなっている。なお、当時は現在と違って、実際の誕生日と戸籍上の誕生日が違う人が、少なからずいた。

■3歳の時に母を亡くし、父とも別れて祖母に育てられる。兄のように尊敬する5歳年上のおじの名が「一郎」だったので、遠慮して「英二」を名乗るようになったという。

■操縦士を夢見て飛行学校に入学する(ちなみに『サンダーバード』のジェリー・アンダーソンや『スタートレック』のジーン・ロッデンベリーも航空関係の仕事についていた事がある)。だが一機しか無い飛行機の墜落や教官の死によって夢が破れ、電機学校(現・東京電機大学)を卒業する。

■花見の席で喧嘩の仲裁をした際、喧嘩相手だった天然色活動写真株式会社の枝正義郎に見初められ、映画界に入る。徴兵による兵役の後、衣笠貞之助、杉山公平らの衣笠映画連盟設立(松竹傘下)とともに、連盟に所属。『稚児の剣法』(監督:犬塚稔、主演:林長二郎)でカメラマンとしてデビューする。

■「アイリス・イン」、「アイリス・アウト」、「フェイド・イン」、「フェイド・アウト」などの撮影手法を、日本で初めて使用した。

■セットの奥行を出すために背景画を作る、ミニチュアセットを作る、一部の画面を合成するなど、後の特撮技術に通じることを行なっている。足元から煙を出して臨場感を高め「スモーク円谷」と呼ばれた。しかし当時主流だった時代劇ではいまいちアイデアを発揮できず、後に犬塚稔とともに日活に移籍。

■アメリカ映画なども熱心に鑑賞し、映画『キングコング』を見たのもこの頃である。

■スタア俳優の顔に照明で影を作り(当時はタブーであった)、その撮影手法を巡って日活の幹部と対立、東宝の前身であるJOに移る。

■1935年(昭和10年)2月〜8月、連合艦隊の練習鑑「浅間」に乗艦、長編記録映画『赤道を越えて』を撮影。これが監督第1作となった。また、ナチス・ドイツの宣伝相ゲッベルスの指示で製作された『新しき土』では、日本で始めてスクリーンプロセスの技術を使用し、山岳映画の巨匠として知られたアーノルド・ファンク監督を唸らせた。

■しかし、特殊撮影の技師としての姿は当時、他のカメラマン達には理解できず、「何をやってるのかわからないズボラヤだ」と揶揄された。


《東宝入社》
■1937年(昭和12年)、JOが別会社と合併して東宝が設立された際、森岩雄に招かれ、東宝東京撮影所に移る。が、他のカメラマン達から「ズボラヤをカメラマンと認めるわけにはいかない」と理不尽な反発を受け、森は円谷のために「特殊技術課」を設立し、課長待遇で迎えることとなった。しかしこれは、直属の部下のいない孤立無援の出発であり、のちに円谷も「部下なし課長」と自嘲気味に回想している。ここで円谷は、自前のオプチカル・プリンターの実験にかかる。

■1939年(昭和14年)「特殊技術課」に隣接する「線画室」に、鷺巣富雄が入社。鷺巣は、円谷から動画技術を指導され、隠れて円谷のオプチカル・プリンターの助手を務めた。

■日本が戦争に突入すると、当時の統制もあって、戦争映画を中心とした国策映画を撮るようになる。『海軍爆撃隊』で初めてミニチュアの飛行機による爆撃シーンを撮影。『燃ゆる大空』、『南海の花束』など特撮が重要な役目を果たす映画を製作。特撮を用いなかったものとしては『皇道日本』などが知られる。*1941年(昭和16年)、太平洋戦争が始まった後は、1942年(昭和17年)製作の『ハワイ・マレー沖海戦』。『加藤隼戦闘隊』、『雷撃隊出動』、『あの旗を撃て』などの戦意高揚映画で特殊な撮影法やミニチュアの使用や合成技術など、この時期に特撮技術を駆使した。しかし戦争を奨励するかのような内容に苦悩する。

■1947年(昭和22年)連合国軍最高司令官総司令部の公職追放によって戦意高揚映画を撮影したことから東宝を追放され、円谷特殊技術研究所を設立、大映などの映画の特撮部門を請け負った。

■1952年(昭和27年)、日本独立後の公職追放解除で東宝に戻り『太平洋の鷲』を本多猪四郎監督とともに作りあげた。

■1954年(昭和29年)11月3日、アメリカのSF映画を参考にした『ゴジラ』の公開により一躍脚光をあびた。その後は、『獣人雪男』、『大怪獣バラン』『モスラ』『キングコング対ゴジラ』などの娯楽怪獣映画の特撮技術を監督した。

■1963年(昭和38年)、株式会社円谷特技プロダクションを設立、日活映画『太平洋ひとりぼっち』の嵐の部分を製作。その後は、TBSで『ウルトラQ』、『ウルトラマン』などを製作、「特撮の神様」とまで呼ばれるようになった。

■子供にサインを求められると、自分の名前を図案化した「スキーボーヤ」を描き、大人には「子供に夢を」と書いた。

■1970年(昭和45年)1月25日、狭心症により世を去った。享年70(68歳没)。

■アイディアマンであり、公職追放中はさまざまな玩具や商品の発明・新案で糊口をしのいでいた。「自動スピード写真ボックス」(今で言う証明写真ボックス)などもその発明のうちである。

■映画音楽の伊福部昭とは飲み友達だったが、互いに名を知らず、「ゴジラ」の製作発表の場で、互いの素性を知ったという話がある。


【撮影的特撮と大道具的特撮】
円谷英二は戦前・戦中から知られた撮影が専門で特殊撮影をはじめたのである。スクリーンプロセスを得意とし、『ウルトラQ』制作時にオプチカル・プリンターを購入し、『ゴジラ』第一作の企画段階でモデルアニメーション撮影を主張するなど撮影側からのアプローチが多いのはそのためだろう。ゴジラシリーズによって「特撮の円谷」の名を不動のものにした一方、『ゴジラ』シリーズが結局(当事の撮影所用語で)ぬいぐるみ(着ぐるみ)撮影のみになっていったため日本で特撮といえば大道具的なイメージが強くなってしまった。余談だが「特撮」という言葉を創ったのも円谷である、それまでは「トリック撮影」などと呼ばれていた。東宝映画の“東宝マーク”を作ったのも円谷である。

(出典:Wikipedia)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?b=20070912-00000104-mai-bus_all


宅配DVD&CDレンタル『TSUTAYA DISCAS』 は、 ネットで借りてポストで返す、日本最大のレンタルショップです。今なら無料でサービスをお試しできる“フリートライアルキャンペーン実施中!

塚地武雅 エピソード&プロフィール

塚地 武雅(つかじ むが、1971年11月25日 - )は、お笑いタレント・俳優。お笑いコンビ「ドランクドラゴン」のボケ担当である。
相方は、鈴木拓。大阪府阪南市(当時は泉南郡南海町)出身。桃山学院大学卒業。血液型はA型。プロダクション人力舎所属。愛称は塚っちゃん。『はねるのトびら』で共演している同じ事務所の北陽は1年先輩にあたる。いのしし年。


【経歴】
大学時代は痩せていてモテたと言い張っている。大学卒業後は、仏壇メーカー(八木研)に就職し営業を担当していた。家族の猛反対を受けながら24歳でお笑いを志し、事務所の養成所(スクールJCA)に入学。そこで相方の鈴木拓と出会い1996年コンビを結成する。

2003年頃から俳優としても注目を集め、2006年公開の『間宮兄弟』(江國香織原作)では佐々木蔵之介とのW主演に抜擢された。なお、共演した佐々木は塚地の演技を「味のある演技が本当に良い」と絶賛している。その後、フジテレビ系の特別ドラマ『東京タワー 〜オカンとボクと、時々、オトン〜』で山本圭一(杉本春男役)の代役(撮り直し)を務めている。更に、芦屋雁之助亡き後途絶えていたテレビドラマ版裸の大将放浪記の山下清役に大抜擢される。

『はねるのトびら』で日産自動車とタイアップしたのをきっかけに、番組の企画で無理矢理エルグランド(それも最高級グレード)を購入させられ、さらにお台場冒険王において試乗車にされてしまった。


【特徴】
丸顔が特徴。ブサイクと言われるが、愛嬌のあるルックスで一部からは人気がある。
女子プロゴルファーの不動裕理に似ていると、よくネタにされている。2007年5月9日放送のはねるのトびらで鈴木が丸坊主にしたのを対抗して、特徴である太い眉毛を剃ってしまった結果、顔つきが変わってしまい、本人は結構後悔していた。

ネタにおいてはボケ担当だが、トーク番組では鈴木が天然ボケな為ツッコミ的な役割になっている。
コントでは数々の個性的なキャラクターを演じ分け、また引き出しの多さから一発ギャグの宝庫を思わせる多彩な才能の持ち主。
『はねるのトびら』内で行われた「はねトリノ2006 お笑いフィギュア選手権」でも、付けられたキャッチコピーは「最後の喜劇王」となっていた。結果は予選ショートプログラム1位、決勝フリー3位。予選ではつかみに漫談を取り入れた。

また、『笑いの金メダル』では2004年頃よく有田哲平などに「実家が貧乏」「砂を食べている」などといじられていた(一部視聴者から不評だった事と事実無根であった事、更には現在では麒麟の田村裕のエピソードが際立ったため現在は一切言われていない)。

幼少時代から現在に至るまで特撮ヒーローものの大ファンで、フィギュアの収集が趣味。また、大学の先輩には『ウルトラマンエース』でお馴染みの俳優・高峰圭二がいる。


【逸話】
■就職説明会の際のパンフレット写真で、仏壇にインコがとまっていたので「なんでインコがとまっているんですか」と質問したことが気に入られ、仏壇メーカーに就職。

■会社を辞めてから上京するまでの間はろくに家を出してもらえず、近所には「公務員になるための勉強をしている」という事にされていた。食事も他の家族がステーキにも関わらず、塚地はチキンラーメンだったなど家族から猛反対されていた。特に、父親には未だに完全には認めてられていないらしく、テレビを見て「男が女の格好(ネタでの女装)をするな」、「鈴木君の失敗話じゃなくいい話をしなさい」などと言われた事もある。

■スクールJCAでは一度は違う相方とコンビを組んだが、行き詰まり解散。その後、授業中に先生が話していた時、鈴木だけは他の生徒と違う反応をしていた為、期待してコンビを組む。しかし、鈴木はただ単に聞き流していただけだった事がわかり後悔した。

■一日タバコ5箱を吸う病的なヘビースモーカーを自認している。貧乏だった下積み時代は、タバコが吸いたくて公園に拾いに行き、しけもくをしていた。タバコを見つけたときは100円見つけるより嬉しかったと述懐している。一方で、タバコを吸わない鈴木が健康診断を受けた際、塚地の副流煙が原因で肺が真っ黒になっている事が発覚した。

■はねるのトびらにて芸人魂を忘れてドラマ(裸の大将)に力を入れる塚地に対して、芸人魂を思い出させる為に相方鈴木が自ら坊主になる。その後、塚地が落とし前をつける為(ドラマ出演を考えず)勢いだけで眉毛を剃った。

(出典:Wikipedia)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?b=20070811-00000006-sanspo-ent

[PR]

「豆乳クッキーダイエット」祝1500万食突破!2006年、楽天年間ランキング総合第1位受賞商品です!!12秒に1箱売れてます☆
たったの146キロカロリーなのに、栄養も満足感も◎!!

妻夫木聡 エピソード&プロフィール

妻夫木 聡(つまぶき さとし、1980年12月13日 - )は、福岡県山門郡三橋町(現・柳川市)出身で神奈川県横浜市戸塚区育ちのホリプロに所属する日本の俳優である。本名同じ、血液型はO型。 神奈川県立舞岡高等学校卒業。愛称はブッキー。


【公式サイズ】
身長171cm
体重55kg
チェスト81cm
ウエスト68cm
ヒップ83cm
靴27cm


【人物】
■1997年に300万人が応募した「スタアオーディション」でグランプリを獲得。

■1998年にドラマ『すばらしい日々』でデビューし、2000年に出演した『池袋ウエストゲートパーク』(TBS)でブレーク、2001年には『ウォーターボーイズ』(東宝)で映画初主演を果す。以後数々のドラマ・映画の主演で脚光を浴びた。代表作に、『池袋ウエストゲートパーク』(TBS)、『ブラックジャックによろしく』(TBS)、『ウォーターボーイズ』(東宝)など。

■兄はミュージシャンの妻夫木晋也でかつてRubii(現在は解散)というバンドに所属していた。現在ははなわのバックバンドを勤めるなど活動している。

■父は全日空の航空整備士。

■TBSの安住紳一郎アナウンサーや嵐の櫻井翔と仲が良い。

■日本だけでなく、韓国、香港、台湾などでも大変人気がある。1980年生まれであるので、いわゆる「松坂世代」といわれている。

■RADWIMPSの大ファンである。またMr.Childrenのファンでもある。

(出典:Wikipedia)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?b=20070601-00000007-sanspo-ent

[PR]
スジナシ 笑福亭鶴瓶×妻夫木聡×宮藤官九郎

スジナシ 笑福亭鶴瓶×妻夫木聡×宮藤官九郎

堤下敦 エピソード&プロフィール

堤下 敦(つつみした あつし、1977年9月9日 - )は、お笑い芸人でインパルスのツッコミ担当。吉本興業所属。東京NSC4期生。愛称は「つっつん」。


【プロフィール】
■血液型は非常に稀なRh(-)型。星座は乙女座。干支はへび年。

■神奈川県横浜市神奈川区出身。私立武相高等学校卒業。関東学院大学中退。

■高校時代は野球部に所属しており、キャプテンを務めていた。野球推薦で関東学院大学に入学したが、進学前からお笑いを志望し、大学に入ったのは相方を探す為だったという。

■因みに高校の先輩に出川哲朗やパンチ佐藤がいた。『はねるのトびら』「ABUCHANS」ではキャッチャーを務めているが、背番号上のネームは13文字(TSUTSUMISHITA)と、日本のプロ野球でもなかなかいない文字の多さである(現役プロ野球選手では横浜の堤内健投手が「TSUTSUMIUCHI」で最多(12文字)。引退した選手では元横浜の中野渡進「NAKANOWATARI」や源五郎丸洋「GENGOROUMARU」等がいる)。

■広島東洋カープの森笠繁は大学の一年先輩。

■同期の板倉俊之と1998年インパルスを結成。結成前は、別のNSC同期生とコンビ「プラス2トン」を組んでおり、当時はボケ担当だった。

■異常なほどの汗かきであり、テレビ番組等でいじられることが多い。

■母親がテレビに登場することが多い芸人の一人であり「デザインパーマ」と呼ばれる髪型について弄られる。

■顔が亀田史郎に似ている。また、メッセンジャーのあいはらにも似ている。

■やや珍しい苗字から、TBSテレビで放送された『DOORS 2006』では事務所の先輩でMCを務めていたナインティナインや司会の福澤朗に「腹包み」や「舌鼓」等と言われていた。『笑っていいとも!』ではタモリから「脇の下」と言われるのがお約束になっている。

■「ガチムチ」(ガッチリかつムッチリ)な体型から新宿二丁目界隈(つまりゲイ)に爆発的な人気があるという。そのためか出演番組では他の芸人に比べ裸になることが多い。ゲイ層をターゲットとした写真集「男写」を板倉がプロデュースした。携帯コンテンツとして公開され、2005年9月に写真集として出版された。

■内村光良と番組で共演する場合、必ず「(お前は)ブサイクだなぁ」と内村から言われ、それに対し激怒するというのがお約束となっている。内村に呼応したのか、最近では内村の相方・南原清隆も「ナンだ!?」に堤下がゲスト出演した際「お前ブサイクじゃん」と言ったことがあった。


【趣味・特技】
■献血が趣味(珍しい血液型のため)。

■好物はハンバーグ。自分で作るほか、行きつけのハンバーグ店もあり、一日に数件をハシゴすることすらある。一ヶ月にハンバーグを食べた回数が、一ヶ月の日数より多いこともある(ダウンタウンDXで明らかに)。

■コントでの演技には定評があり、主に板倉のボケに対する激しく鋭く重いツッコミが印象的でファンやスタッフ等からの評価が高い。

■それがきっかけで2004年10月に「ナースマンがゆく」でドラマ初出演を果たした。

■コントを見たビートたけしから、演技の高さを誉められ、機会があれば自分の映画に出演させたいと言われた。

■「ウンナン極限ネタバトル! ザ・イロモネア 笑わせたら100万円SP」では、普段ではめったに見せない一発芸やものまね(特にテディーベアー)などを披露し5人の観客を瞬時に笑わせて2回連続100万円獲得に結びつく活躍を見せた。

■AV男優キャラがあるらしいが、腰を振る芸はテレビではあまり披露出来ず、先輩のレイザーラモンHGが有名になってしまったので、見れる確率は更に減ってしまった。しかし、深夜にやっていた単発ドラマ「悪魔のエレベーター」にて、不倫相手と一夜を過ごすシーンがあった。


【エピソード】
■番組共演をきっかけに知り合ったある女優にアタックしたが振られたことを「はねるのトびら」で相方の板倉に暴露された。放送では名前が伏せられていたが、同番組のDVD Vol.4の隠し映像に実名入りの映像を収録されてしまった。

■中学校在学中に保健の教諭と交際していた。性的関係もあった。(テレビで堤下本人が発言)

■Qさま!!で、時速200キロのボールをキャッチしたことがある。大久保博元に「プロでやれる」と言わしめた。

■2006年10月17日放送分の『踊る!さんま御殿!!』で、土岐田麗子からマジ告白をされ、かなり汗だく状態になってしまった。その後、2007年1月9日放送分の同番組で友人として順調に交際していると語っていたが、2007年1月16日付けのサンスポで「正月バリ島旅行」をしていたと報じられた。婚前旅行とも書かれている。日刊スポーツによれば、年内にも結婚とのことで現在日程の最終調整に入っているとのことである。

■ラジオ番組では板倉に「お前はたぬきだ」といわれている。

■痛風を患っている。

(出典:Wikipedia)


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?b=20070422-00000000-oric-ent

辻希美 エピソード&プロフィール

辻 希美(つじ のぞみ、1987年6月17日 - )は、日本の歌手、タレントである。ハロー!プロジェクト所属の女性デュオW(ダブルユー)のリーダーで、元モーニング娘。の第4期メンバー。東京都板橋区出身。2007年2月15日現在の身長151cm。血液型O型。愛称は、のの、のん、辻ちゃん、ののたん、のんちゃん、つーじー。


【特徴】
■「のの」の由来は辻が小さい頃「のぞみ」の「ぞ」を発声出来ず「ののみ」になった為。

■口元の八重歯が特徴的。但し現在は矯正した為、良く見ないと分からない。

■同期の石川梨華の事を自分の母親の様に慕っている。又、先輩の安倍なつみや飯田圭織に抱きついたり膝に乗っかったりと甘えん坊な面も有る。安倍のモーニング娘。卒業時には辻が感極まって卒倒した場面も有った。

■後輩ではあったが、同学年の小川麻琴や紺野あさ美とも仲が良かった。紺野は「辻ちゃんに憧れて、(モーニング娘。の)オーディションを受けた」と告白している。

■共にWを結成している加護亜依とは一番の仲良しであり、又一番のライバルでもある。「この二人によってモーニング娘。は老若男女に知られる『国民的アイドル』になった」との声も有る。

■モーニング娘。として出した曲に於いてメイン・センターで歌った事は無く、ソロパート自体も少なかった。4期で唯一タンポポ・プッチモニに加入する事が出来なかった。加護亜依の謹慎迄、純粋な意味でのソロ活動も皆無であった。それ故、本人は「自分は娘。の補欠だ」と言うコンプレックスを持った時期も有った旨をエッセイで語っている(当時のオーディションでは3人加入の予定だったが、どうしても外せない子が一人居た為に4人となったと云う。それが辻だった)。

■オフショットでは目を寄り目にする等、「変顔(へんがお)」をして写真に写る事が多い。

■自他共に認める大食いキャラ。そのハングリー精神(?)からか、2001年夏のハロモニ。シャッフルユニット対決スペシャルでは、10人祭が優勝を逃し、賞品の焼きそばを獲得する事が出来なかった際、「ら(だ)ってみんな自慢すんら(だ)も〜ん」と悔し泣き。「焼きそば事件」「辻・悔し涙ぽろり」として伝説となった。

■好きな食べ物はアイスクリーム。地元のスーパーでは「8段アイス(ソフトクリーム)」を良く食べていた。大食いだが早食いではない、美味しそうに食べると複数の人間から言われている。

■勉強は大の苦手で、特に英語が苦手。めちゃ×2イケてるッ!の特番「私立岡村女子高等学校。」の岡女期末試験では、数学は上位だったが英語の点数が殆ど取れなかった。結果発表の後、その英語の珍回答を公開されてしまいバカ女(ばかじょ)となる。翌年夏に行われた真の馬鹿(「サマージャンボバカ」)争いでは何とかその座を逃れた。更にその2年後の秋に行われたWBC(ワールド・バカ・クラシック)決定戦迄の間に英会話教室に3ヶ月通ったが、その成果が発揮される事は無かった。しかし、辛くもWBCの座からは逃れた。

■本人曰く歴史も大苦手で、「ハロー!モーニング。」で博多華丸に平安時代に関して聞かれると、「へいあん・・・江戸とかですよね」と答えてしまった。

■「世界バリバリ★バリュー」で消費税の計算が出来ない事も発覚した。

■「辻」の字は国字なので、中国では「过 希美」と書く事も有る。「过」(しんにょう+寸)は「過」の簡体字であるので、これに倣い、繁体字でも「過 希美」と書く事も有る。

■2006年新春開催の「Hello! Project 2006Winter 〜ワンダフルハーツ〜」で衣裳に付けられていた番号は「22」。苗字の「つじ」の語呂合わせと考えられる。デビューコンサートである2000年5月の武道館公演でもこの番号の付いた衣裳を着用、以来事ある毎に「22」は辻を象徴する番号となっている。


【スポーツ】
■スポーツが苦手な加護亜依と正反対に身体能力が高い。ハロー!プロジェクト全体の中でもトップクラス。特に瞬発力に優れており、短距離走、腕相撲、フラフープ、バレーボール等の種目が得意な事で知られる。

■フラフープに関してはギネスブック記録保持者でもある。

■その運動能力を生かし、ハロー!プロジェクトフットサルチームGatas Brilhantes H.P.のゴレイロ(GK)を務め、最近ではFPと兼任している。背番号は2003年迄は12番だったが、2004年以降は1番となった。

■2004年頃より、髪飾りに大きなリボンを頻繁に使い、辻のシンボルマークとなった。特に試合で着用し、辻曰く「元気の源」。「リボン担当の辻希美です」「リボン無しでは生きていけない」「(リボンを着ければ)フットサルのボールが捕れる」等の発言も。リボンは年々大きくなる傾向にある。


【略歴】
■2000年

・4月1日 - テレビ番組『ASAYAN』(テレビ東京系)内で行われた「モーニング娘。第3回追加オーディション」にて石川梨華、吉澤ひとみ、加護亜依と共に合格。当時12歳。辻に指導した「教育係」は飯田圭織。

・5月17日 - モーニング娘。10thシングル『ハッピーサマーウェディング』でCDデビュー。(オリコン初登場1位:99.1万枚)

・7月 - 矢口真里、加護亜依と共に身長150cm以下のユニット、ミニモニ。を結成。(同年10月にミニモニ。はミカ・トッドを迎え4人ユニットとなる。)

・12月 - NHK紅白歌合戦に出場。以降2005年迄、モーニング娘。、Wで連続出場。

■2001年

・1月17日 - ミニモニ。として『ミニモニ。ジャンケンぴょん!』でデビュー(オリコン初登場1位:76.3万枚)

■2003年

・10月 - ハロプロフットサルチーム、『Gatas Brilhantes H.P.』のゴレイロ(GK 背番号12番)としてメンバーに選抜される。背番号は2004年以降は1番となる。

・11月10日 - 初のソロ写真集「のの♥」を発売。

■2004年

・1月3日 - Hello! Project 2004 Winter 〜C'MON! ダンスワールド〜の中野サンプラザでの公演で加護亜依と共に「モーニング娘。」からの卒業を発表。

・3月 - 加護亜依と共に新ユニットW(ダブルユー)を結成。

・5月19日 - Wとして『恋のバカンス』でデビュー(初登場10位:3.9万枚)

・8月1日 - 加護亜依と共にモーニング娘。を卒業。

■2006年

・2月 - 加護の喫煙スキャンダルでWとしての活動を休止。以降は単独でバラエティー番組にゲスト出演している姿が目立つ。

・7月22日 - Hello! Project 2006 Summerワンダフルハーツランドコンサート公演中、ステージから転落、右足関節三角靭帯を損傷。翌7月23日の紺野あさ美の卒業公演には松葉杖をついて登場した。

■2007年

・3月27日 - 加護が再び喫煙スキャンダルを起こし、加護が事務所の契約を解除されたため、Wの活動が事実上不能となった。Wとしてのその後に関しては全くの白紙。ソロ活動は続行する。

・4月1日 - アテナ役として声の出演をするTVO・テレビ東京系アニメ『ロビーとケロビー』が放送開始。

・4月24日 - ギャル曽根、時東ぁみと共に新ユニット「ギャルル」を結成(芸名は「つじじ」として)、土浦のイベントでデビューした。

・4月26日 - 5月4日から石川梨華とのダブルキャストの舞台「何日君再来」を急性胃腸炎のため、降板することが発表された。代役は吉澤ひとみ。

・5月8日 - 妊娠2ヶ月であると報道される。相手の男性は杉浦太陽で結婚も視野に交際を続けている。

・5月16日 - 『ロビーとケロビー』の主題歌『ここにいるぜぇ!』を"アテナ(唄:辻希美)"名義でリリース、歌手としてソロデビューする予定。同曲は、リリース当時自身も在籍していたモーニング娘。のシングルのカバーである。


【記録】
巨大フラフープ回転(30秒)世界記録 12.8メートル (2005年ギネスブック記載)尚ギネスブックには名前が「tsuji」とあるべき所が「tsuju」と誤って記載されている。

(出典:Wikipedia)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070510-00000004-oric-ent

[PR]
犬好き集まれ! 愛犬とオーナーのためのお役立ち情報いっぱい!

次原かな プロフィール&エピソード

次原かな(つぎはら かな、1984年8月25日 - )は東京都出身のグラビアアイドル。フィットワン所属。

【プロフィール】
愛称: つぎちゃん
かなちゃん
生年月日: 1984年8月25日
現年齢: 22歳
出身地: 日本・東京都
公称サイズ(2006年時点)
身長: 158 cm / 5′ 3″
体重: ― kg / ― lb
スリーサイズ: 87 - 60 - 88 cm
ブラのサイズ: G
靴のサイズ: 23 cm


【その他のプロフィール】
・血液型:O型
・趣味:ショッピング
・特技:バドミントン
・家族:4人兄弟の末子
・好きな男性のタイプ:包容力のある人、やさしい人
・好きな食べ物:納豆、肉じゃが、サトイモ、魚、豚足、とろろ
・好きなお酒:日本酒、焼酎
・性格:「ほんわかした性格」と表現されることが多い。本人いわく「しっかりした性格」とのこと
・北陽の虻川美穂子のモノマネが得意
・スコラ 2003年9月号 No.464 「全国夏の白ビキニクィーン決戦大会」でグラビアデビュー

(出典:Wikipedia)

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。