Google
 

西田敏行 エピソード&プロフィール

西田 敏行(にしだ としゆき、1947年11月4日 - )は、日本の俳優、歌手。所属事務所はオフィスコバック。福島県郡山市出身。明治大学付属中野高等学校卒業、明治大学農学部中退。身長166cm。優しい顔とふっくらした体型がトレードマーク。映画「釣りバカ日誌」は1988年から続く代表作。


【来歴・人物】
1966年、明治大学入学と同時に日本演技アカデミー夜間部に入り、同年大学を中退して夜間部から昼間部に移り、翌年卒業。仲間と劇団「シアター67」を結成するが、失敗。1968年、青年座俳優養成所に入り、1970年に卒業、青年座座員となる。1970年の青年座公演『写楽考』では早くも主役に抜擢され大器の片鱗を見せる。

1967年にテレビドラマ『渥美清の泣いてたまるか』でテレビ俳優としてデビューしている。その個性的な演技と、愛嬌のある顔立ちや体型で人気が出て、1978年には『西遊記』、1980年には「池中玄太80キロ」などの連続ドラマで活躍。1979年にはいしいひさいち原作のアニメ映画『がんばれ!!タブチくん!!』で主人公のタブチくんの声を担当した。また、歌唱力にも定評があり、1981年に『もしもピアノが弾けたなら』を大ヒットさせた。ものまねを得意とし、特に丹波哲郎は秀逸であるとされる。1988年から映画の『釣りバカ日誌』シリーズに出演し、本人の素に近いコミカルな演技を見せる。

2003年、病気で倒れて以来、禁煙している。また、師事していた劇団青年座元代表の金井彰久(声優、かないみかの父)の死去により、青年座を退団。元青年座のスタッフが設立したオフィスコバックに、青年座所属の猪野学、緒形直人と共に移った。

NHK大河ドラマに数多く出演しており、初出演した1972年の『新・平家物語』から、2006年の『功名が辻』まで、出演作品数は計11作にのぼる。歴代の徳川将軍家の人物を演じることが多く、『八代将軍吉宗』では徳川吉宗、『葵徳川三代』では徳川秀忠、『功名が辻』では徳川家康、と、3名の徳川家将軍を演じている(ちなみに『功名が辻』では『八代将軍吉宗』で吉宗の息子徳川家重を演じた中村梅雀と11年ぶりに共演。中村は家康の三男・秀忠役)。また、『おんな太閤記』では、木下藤吉郎(羽柴秀吉)を演じ、西田の台詞「おかか」(妻のねねを呼ぶ時の台詞)は当時の流行語になった。このような歴代徳川将軍を演じた経歴から、後に出演した映画 THE 有頂天ホテルにおいて徳川膳武(全部)という役名となったという。

2007年、実写映画版ゲゲゲの鬼太郎に輪入道役で出演。 しかし、輪入道は牛車の車輪に男の顔が付いた妖怪のため、顔だけの出演となった。


【エピソード】
■高校進学で上京したが、言葉の訛りに劣等感をもち、登校拒否して上野動物園に入りびたっていたことがある。

■探偵!ナイトスクープで2代目局長となったが、起用された理由は「同番組の大ファン」だったからである。お涙頂戴ものの依頼が来ると、必ず涙を流す“いい人”ぶりを発揮している。号泣してしまうこともあり、他の出演者や観覧者から、なんでこれで泣くの?と見られることが多い。それが故に、大阪で移動にタクシーを利用すると、運転手に「なんであれで泣くの?」と聞かれることがある[1]

■「探偵!ナイトスクープ」の探偵である北野誠を中心として、西田敏行を囲む飲み会が時々開催されている。多くのタレントが参加を希望していて、芸能界を中心とした人望は非常に厚い。

■イメージ的に「いい人」的な役回りが多いため、白い巨塔の財前又一役では、意地汚いイメージを出そうと付け髭にカツラを着用して演じた。製作発表の席で駄洒落交じりで、「私の役名は財前又一(またいち)ですので、財前ヌーとは読まないで下さい。」と、笑いを誘った。

■「西遊記」シリーズでは、堺正章ら主要キャストが「西遊記II」に続投するなか、唯一出演を見合わせた(代役は左とん平)。1作目が大人気であったため、西田の娘が学校で「お前の父ちゃんは豚だ」と言われいじめられたので、IIの出演を見合わせたというエピソードが残っている。しかし、実際は舞台の仕事やスケジュールが重なっていたためらしい。

■娘と公園にいる時にも豚と言われ、悲しげな娘の顔を見て西田は言った少年の頬を両手でつねって微笑みながら「そんな事言っちゃだめだよ〜」とたしなめた事をトーク番組に出演した際語っていた。

■1996年渥美清の死去により「男はつらいよ」が終了し、替わりに西田主演の「虹をつかむ男」が公開され、男はつらいよに続く連続作品と期待されたが、2作で終わった。しかし同じ松竹の「釣りバカ日誌」の方は長寿映画となり、「男はつらいよ」に代わる松竹の国民的シリーズになった。

■浮気が発覚したときに、妻に取り上げられたため、携帯電話を持っていない(2007年現在)。

■中年の男女向けに実施されたアンケートで、「友達にしたい男性芸能人」で1位になったことがある。(ちなみに女性芸能人の1位はいしだあゆみ)

■ダチョウ倶楽部の上島竜兵は西田のものまねで有名だが、声は似せることができない。これを西田は残念がっていた。一方、これが縁となり、ドラマ「遠山金志郎美容室」(日本テレビ)では西田の弟役に上島が起用された。ちなみに松村邦洋は西田の声を似せる事ができる人物として有名である。

■元航空会社のフライトアテンダントだった妻との間に二人の娘がおり、娘が幼少の頃にCMで共演した事があるが、一般人の為、名前は公表されていない。

■プロ野球阪神タイガースのファンである。加えて上記の通り、『がんばれ!!タブチくん!!』のタブチ役を演じたことから、モデルである田淵幸一と今日まで長く親交を続けている。「探偵!ナイトスクープ」に田淵がときどきゲスト出演するのはこの縁からである。また2006年5月には、甲子園球場で行われた阪神対ヤクルト戦にて始球式を務めている。

■上記の通り阪神ファンではあるが楽天イーグルスのファンクラブの名誉会員になっている。この名誉会員の多くは東北地区出身の著名人が名を連ねており西田も同様の理由で会員になっている。

■上記来歴の通り、劇団青年座元代表の金井彰久(故人)とは師弟の関係であり、その縁で娘であるかないみかがまだ赤ん坊の頃に、彼女のおむつを取り替えた事もある。

(出典:Wikipedia)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?b=20070909-00000047-spn-ent

[PR]

敏間肌だけど美白したい!そんな悩みをお持ちのアナタ、諦めないでください!優しいだけじゃなく、美白効果もキチンと実感できる!ぜひミラクルホワイトお試しキャンペーンであなたの望みを叶えてください♪

ニール・ヤング エピソード&プロフィール

ニール・ヤング(Neil Young, 1945年11月12日 - )は、カナダ・トロント出身のシンガーソングライター。クロスビー、スティルス、ナッシュ&ヤングやバッファロー・スプリングフィールドのメンバーとしても活躍。1969年にソロデビューし、1995年にはロックの殿堂入りを果たした。

いわゆる「ウッドストック」世代の1人として、アメリカ国内の保守化や右傾化に対して「異議申し立て」の姿勢を貫いている。1990年の湾岸戦争の際には、コンサート会場でボブ・ディランの「風に吹かれて」を歌い、また2001年の「9月11日事件」直後には、放送が自粛されていたジョン・レノンの「イマジン」を敢えて歌った。そしてイラク戦争後は、ブッシュ政権打倒の姿勢を鮮明にしている。

同世代のミュージシャンから後進の若いミュージシャンたちまで、交友範囲は広い。ただ、それだけに、音楽界での悲劇的な死の多くを見つめ続けてきた。また、ニルヴァーナのカート・コバーンの自殺にも深く心を痛めた(コバーンの遺書にはニールの歌詞の一節が引用されていた)。


【ソロ活動】
ソロ活動で行動を共にすることが多いのが、クレイジー・ホース(Crazy Horse)である。もともとは6人編成のバンドだったザ・ロケッツから、ダニー・ウィットン(ギター)、ラルフ・モリーナ(ドラムス)、ビリー・タルボット(ベース)の3人がニールに見初められて、彼のバックバンドとしてクレイジー・ホースが結成された。しかし、1972年12月、ギタリストのダニーが死亡したため(ヘロイン中毒のため)、新メンバーとしてギタリストのフランク・サンペドロが加入した(なお、ニールとの活動とは別に、クレイジー・ホースとしてのアルバムも発表している)。

しかし、このクレイジー・ホースとともに作り出す、ハードで豪快なロック・サウンドが、ニール・ヤングのすべてではない。時として、がらりとサポートメンバーを入れ替えて、フォーク、カントリー、ロカビリー、テクノ、グランジなど、発表作品ごとに作風が変化することがある。一見まるで節操が無いようにみえる。そのため、発表される作品によって「当たりハズレが激しい」と評されることもある。

とはいえ、一芸に安住せず、また(大ベテランでありながら)巷の評価に拘泥することなく、絶えず新しいものに挑戦し続ける姿勢こそ、ニールの真骨頂であるともいえよう。新作発表が伝えられるたびに「次はどんな作品になるのだろう」と期待してしまうファンも少なくない。

ボーカルも個性的で、その鼻にかかったような弱々しい印象のハイトーンの声は、バラードには無垢な繊細さ、ハードなロック・ナンバーには悲痛な表情を与えている。 ギタープレイに関してはいわゆる「ヘタウマ」という評価があるが、過剰に歪ませた爆音の如きサウンドを引き出すその激情型プレイは、まさにオンリー・ワンと言うべきもので、根強い人気がある。 また無骨かつ繊細なアコースティック・ギターのプレイも人気が高い。

(出典:Wikipedia)

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。