Google
 

ネプチューン エピソード&プロフィール

ネプチューンは1993年に結成されたお笑い芸人トリオ。ワタナベエンターテインメント所属。


【来歴】
■原田泰造、堀内健の2人による両ボケのコンビ・フローレンスに「ツッコミ無しではオチが決まらずグダグダになってしまう」為、二人が頼む形で、元ジュンカッツの名倉潤がツッコミとして加入したことによって誕生した。コンビ結成当初はフローレンスという名前だった。数ある候補の中に「ゲリマンダー」もあった。トリオ名の由来はキン肉マンに登場する超人・ネプチューンマン。 

■上記の結成過程を語ることは良くあるが、原田と堀内がいつどこで知り合ったかは不明。

■同期にはカンニングがいる。


【特徴】
■ネタ作りは主に堀内が担当。コントでは原田・堀内のボケ(二人で童謡やオリジナルのミュージカル風の歌を唄う事もある)に対し名倉が突っ込むも、更にボケ続けるという『ボケ倒し』『ツッコミすかし』のスタイル。名倉のツッコミは関西弁で声を張り上げるものの、頭を叩く・体を蹴るなどの強烈なモノではなく、むしろ常識人から見た的確な指摘というスタイルと言える。時に名倉は二人に巻き込まれる形でダチョウ倶楽部のようにギャグを繰り出したり、イジられ役に回る事もある。素の状態やフリートークの場面でも度々同様のやり取りを展開し、原田・堀内の天然性、名倉の常識人的バランスと面倒見の良い、ある意味お人好しな面などが垣間見れる。

■『ボキャブラ天国』時代、ネプチューンは原田・堀内の強烈な個性で一際存在感を放っており番組内での人気も絶大なものであった。その中において名倉の存在がやや薄く「名倉はいらない」などと番組内でネタにされる事もあったが、名倉の的確なツッコミは二人のボケに対しなくてはならないものであり、次第に三人揃った形でキャラを定着させることとなった。

■3人はそれぞれ「潤ちゃん」「泰造」「健」と呼びあっている。プライベートでの付き合いが殆ど無い芸人グループが多い中、三人はプライベートでもとても仲がよく、常に上記のようなやり取りをしているとの事。

■2000年代、特に名倉が渡辺満里奈と結婚した辺りから、名倉は司会・コメンテーターや雑誌の執筆活動、原田はCM出演を含めた俳優業、最も芸人としての資質が高いと言える堀内は、個性派俳優業に加え、ドリームボンバーKENと称してのネタ番組や、トーク番組に単独出演するなど、それぞれの特性を活かし、ソロでも活躍している。


【メンバー】
■名倉潤(なぐらじゅん)---ツッコミ、リーダー/1968年11月4日生/兵庫県姫路市/AB型

■原田泰造(はらだたいぞう)---ボケ/1970年3月24日生/広島県広島市→東京都立川市→東京都東村山市/B型

■堀内健(ほりうちけん)---ボケ/1969年11月28日生/神奈川県横須賀市/B型

(Wikipedia)

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。