Google
 

野口五郎 エピソード&プロフィール

野口 五郎(のぐち ごろう、 本名:佐藤 靖 さとう やすし、1956年2月23日 - )は岐阜県美濃市出身の歌手・俳優で、新御三家の一人として1970年代の日本を代表し、歌の上手さと人柄の良さをアピールして活躍した男性アイドルである。妻は三井ゆり。子供は一女一男。実兄は作曲家の佐藤寛。歌うギタリストとして絶大な評価を得て、現在は「Gプロデュース」の代表として会社経営をこなしている。


【生い立ち】
■本来、家族会議で「直樹」と命名するつもりだったが、父親が許可を得ずに「靖」という名前で、出生届けを出したという。血液型はA型。

■3歳から歌い始め、1966年10月にフジテレビの「ちびっこのどじまん」で、荒木一郎の『今夜は踊ろう』を歌い、優勝する。

■幾つもの、ちびっこのど自慢大会に参加する中で、幼い頃ライバルとして一目置いていたのが現在の天童よしみであるという。

■中部日本放送の「どんぐり音楽会」に出演し、ザ・ワイルド・ワンズの『青空のある限り』を歌い、1位に輝いた。のちにプロを目指し実母とともに上京、芸能事務所NPプロダクションに所属する。

■芸名は飛騨山脈の野口五郎岳に由来し、名付け親はポリドールレコードのディレクターといわれている。なお、黒部五郎岳にちなんだ「黒部五郎」も芸名の候補の中にあった。現在では、山の名前が歌手にちなんで付けられたと誤解している人さえいる。


【経歴】
■1971年5月1日に『博多みれん』で演歌歌手としてデビューしたが全く売れず、2曲目の『青いリンゴ』からポップス歌手に転向すると、甘いマスクとナイーブな性格が若い女性ファンの人気を獲得し、後にデビューした西城秀樹、郷ひろみと共に新御三家と呼ばれて、一躍スーパーアイドルとなる。

■非凡な才能が有望視され、1972年のNHK紅白歌合戦で異例となる最年少・初出場歌手に大抜擢される。

■オリコンのヒットチャートでは、1973年に『オレンジの雨』で初のベストテン入りを果たすと、続く『君が美しすぎて』が第3位にランクされる。そして1974年には『甘い生活』で遂に念願の第1位を獲得する。

■明けて1975年、実兄(佐藤寛)作曲による『私鉄沿線』が有線放送から火がつき、連続してオリコンのヒットチャートの第1位に輝く。日本有線大賞のグランプリ、日本レコード大賞の歌唱賞、日本歌謡大賞の放送音楽賞など、その年の各音楽賞を総なめし、一躍トップスターとして、脚光をあびる。以来、しっとりとして伸びのある歌声と技巧的な歌唱法には定評があり、「新御三家の中で一番歌が上手い」と言われ、日本歌謡大賞の放送音楽賞を5年連続受賞するなど、毎年の各音楽賞の常連となり、地味ではあるが息の長い大人の歌手として活躍する。

■2001年に三井ゆりと結婚し、2004年5月2日に2994グラムの第二子となる男児が誕生した。

■近年は六本木STBにおけるライブがゴールデンウィークの恒例となっている。

●ギタリストとして
■ギタリストとしても、卓越した音楽センスを披露した1982年と1993年のインスト・アルバムは高い評価を得ている。

■四人囃子から森園勝敏が脱退した際、その後任候補と噂された事もある。

■2005年にはヘヴィメタル専門番組ヘビメタさんに出演。元メガデスのマーティ・フリードマンと競演する。

●タレントとして
■『カックラキン大放送』では自身の短足を誇張した、当時のアイドルとしては珍しい捨て身のギャグが定番だった。

■バラエティ番組等ではダジャレ好きなタレントとして、歌手活動とは違った魅力を見せている。

■火曜ワイドスペシャルで放送された芸能人野球大会に投手として出場したことがあり、その時の背番号は560番だった。

■もはや本来の野口五郎のイメージとはかけ離れ、オーバーに脚色されて、一人歩きしつつあるものまねをして有名になったコロッケに対して、怒るどころか軽妙にトークする懐の大きさを披露し、人柄の良さを窺わせている。

■2006年、ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!にも時々出演し、コミカルな一面を披露している。

●俳優として
■俳優としても独自のポジションを確保しており、『カックラキン大放送』で既にその片鱗が見られる。

■1999年に放送された『ケイゾク』での怪演は記憶に新しい。

■2002年に放送されたNHKの連続テレビ小説『さくら』では、ヒロイン・さくら先生(演:高野志穂)の赴任先となる中学校の英語担当教師を熱演していた。

●音楽プロデューサーとして
■音楽プロデューサーとして、2005年に音楽映像配信サイト『音コレ』(2006年7月20日、『Gプロデュース』と改名)を立ち上げ、ものまね、インディーズ、オリジナル楽曲をプロデュース。網野泰寛などもプロデュースしている。NTTドコモの公式サイトにおいても、「音コレものまねMIX」として着うた、着モーションなどを配信中。

(出典:Wikipedia)

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。