Google
 

東国原英夫 エピソード&プロフィール

東国原 英夫(ひがしこくばる ひでお、本名:同じ、1957年(昭和32年)9月16日 - )は、日本の政治家、知事(宮崎県知事・第17代)。学歴は専修大学経済学部卒業 早稲田大学政治経済学部中退。元お笑いタレント、 ビートたけし率いる芸人集団たけし軍団の一員でビートたけしの最初の弟子。俳優、作家。タレント時代の芸名は「そのまんま東(そのまんま ひがし)」「東英夫(ひがし ひでお)」。


【略歴】
■1957年(昭和32年)
・9月16日:鹿児島県末吉町(現曽於市)にて出生。後に都城市に移転。姉がいる。

■1967年(昭和42年)
・両親が離婚。母方の姓となる(その後、母が再婚し現在の「東国原英夫」となる)。

■1976年(昭和51年)
・3月:宮崎県立都城泉ヶ丘高等学校全日制課程普通科を首席卒業。

■1980年(昭和55年)
・3月:専修大学経済学部経済学科卒業。

■1980年(昭和55年)
・12月:フジテレビ のお昼のバラエティ番組『笑ってる場合ですよ!』の「お笑い君こそスターだ!」のコーナーで漫才コンビ「オスカル・メスカル」で出場し、チャンピオンになる。

■1982年(昭和57年)
・3月:ビートたけし(ツービート)の最初のボーヤ(付き人)となる。

■1983年 (昭和58年)
・9月:『お笑いスター誕生!!』で「ツーツーレロレロ」として出場し、金賞を授賞。

■1985年(昭和60年)
・フリーアナウンサー片平きみよ(現・片平夏貴)と結婚。

■1986年(昭和61年)
・12月9日:フライデー襲撃事件。

■1989年(平成元年)
・片平きみよと離婚。

■1990年(平成2年)
・3月:女優のかとうかずこと再婚。

■2000年(平成12年)
・4月:早稲田大学第二文学部入学。

■2004年(平成16年)
・3月:早稲田大学第二文学部卒業。
・4月:社会人AO入試で早稲田大学政治経済学部政治学科入学。

■2006年(平成18年)
・2月3日:かとうかずこと離婚。
・3月:早稲田大学政治経済学部政治学科中途退学
・12月13日:オフィス北野(所属事務所)との契約を解消(事実上の芸能界引退)。

■2007年(平成19年)
・1月21日:第17回宮崎県知事選挙(無所属)当選。有効票数は266,807票。


【俳優“そのまんま東”として】
1993年、TBS系ドラマ『誰にも言えない』で栗林俊治・役(マンションの管理組合理事長)を演じたが、出演はこの一作品のみである。


【タレント“そのまんま東”として】
■1980年、フジテレビの『笑ってる場合ですよ!』の「お笑い君こそスターだ!」というオーディションに、「オスカル・メスカル」という漫才コンビで出場した際に、同番組に出演していたビートたけしの楽屋を訪ねて弟子入りを願い出て、1982年3月に付き人となる。デビュー当初の芸名は「東英夫」であった。

■その直後、コンビの相棒が芸能界入りする目的であった当時の人気アイドル歌手河合奈保子を生で見たことで満足し、芸能界を辞めるということでコンビは解散、やむなく京都産業大学の学生だった丸山昭範と3か月だけという約束で、コンビを結成。師匠たけしのコンビ名「ツービート」の「ツー」をもらって「ツーツーレロレロ」と名乗った。3か月後、芸能界を辞める丸山に、たけしに黙って失踪したという事にしてもらい、東国原は当時テレビ局でADをしていた大森うたえもん(当時の芸名は大森クンタ)とコンビを組んで「ツーツーレロレロ」を続ける。[2]人気漫才師ビートたけしの弟子と言うことで注目され、関東の有名大学をコキおろすネタを主にやっていた。1983年にたけし軍団の一員となり、「ツーツーレロレロ」のコンビを解消した。

■「そのまんま東」の名前の由来は、たけし軍団メンバー全員の芸名を変えるという宴席で、名前を決める順番がたけし軍団の新しいほうから順番に決めていくことになっていた。そのため一番最後で、全員が泥酔してしまっていたために自分だけ新しい芸名が与えられなかった東国原が「師匠。私は名前はどうなるのでしょうか?」と聞くと、芸名を思いつかなかったビートたけしが「お前はそのまんま、“東”だよ」と言ったのを書記係だったラッシャー板前がメモしてしまい、これがそのまま芸名となったという。

■加賀まり子の頭に自分の局部をのせて「ちょんまげ」と言い放ったことがあるエピソードが、2003年の夏に放送された壮絶バトル花の芸能界でせんだみつおに暴露される。加賀はまったく怒らずに呆れ顔で「はい、はい」といいながら頭から下ろしたらしい。

■テレビ番組で細木数子に「テレビに向いてない」と言われたことがある。

■日本テレビのお笑いバラエティ番組『ビートたけしの全日本お笑い研究所』(1988年4月〜1988年9月)で ニュースキャスター 「東国原英夫」として出演していた(出演者クレジットは「そのまんま東」)。

■上岡龍太郎に誘われ、石田純一らとマラソンに打ち込んだ時期があり、それが現在にも生かされている。


《作家活動》
不祥事で芸能活動を自粛していた1987年に書いた推理小説『ビートたけし殺人事件』がベストセラーになり、翌1988年にはTBSでドラマ化され、東国原自身もたけし軍団の面々と共に出演。後に結婚することになる、かとうかずこもヒロイン役で出演した。


《不祥事》
■1986年12月9日、ビートたけしに率いられ、たけし軍団と共に講談社を襲撃し、暴行罪で現行犯逮捕される。

■1998年10月13日、東京都内のイメージクラブ店が未成年の従業員を使っていたことで、児童福祉法違反並びに東京都の青少年健全育成条例 違反の容疑で経営者が逮捕された。その当時16歳であった少女が、性的なサービスをした客として東国原の名前を供述したことで、警察から任意の事情聴取を数回受けたが、「18歳未満とは知らなかった」と話した。 東国原本人と当時の妻のかとうもそれぞれマスコミを通じ、謝罪の文書を発表した。以後芸能活動を5か月間自粛した。東国原自身は法的に罪に問われることはなかったが、倫理的な性質の問題からマスコミでは「淫行事件」として大々的に報道され、社会の激しい批判を浴びることとなった。なお東は後に著書の中でタレントがいかがわしい施設で遊興をすること自体慎むべきだという意見は否定しない、としながらも自らは未成年である事は知らなかったし風俗そのものは違法ではなく謹慎する必要はなかった、仲間のタレントからももらい事故のようなものだと言われた云々記しているが実際には客の前で裸になる行為自体が風俗営業法で禁止されておりこの認識は事実誤認である。

■1999年11月22日、オフィス北野の忘年会で、たけし軍団の後輩タレントの側頭部を蹴り、頭部打撲等のけがを負わせたとして、傷害容疑で書類送検された。東国原は暴行の事実を認め、略式起訴で罰金を払い、そのことで一時芸能活動を再度自粛した。東国原の公式ウェブサイトでの説明によると、その後輩は普段からその言動が大変問題視されていたため、先輩として規律を正す意味で蹴ったが、暴行を加えたことを正当化するつもりはないとしている。このタレントは、現在は芸能活動をしていないと称しながらも、フライデーを刊行している講談社の雑誌である「週刊現代」の東国原知事追求キャンペーンの一環で登場、サイトでの説明に対して反論した。


【政治の世界へ】
かとうとの離婚後に「前々から政治家になりたいと思っていた」と言っていたことが明かされ、本人の発言やブログの記事からも政治への強い関心を見せるなど、タレント時代から政界への進出を考えていたという。謹慎中に入学した早稲田大学第二文学部では、卒業論文のテーマとして選挙活動を扱ったほか、卒業後も同学政治経済学部に再入学して地方自治を専攻している。同学部入試において出題された小論文の「入学後に学んだことをどのように社会に還元するか?」との課題に対して、「地方自治を学び、それを実践する」という主旨の論述を明確に展開しており、この頃までに地方自治への進出志向が確固たるものとなっていた。

2006年には本人を代表とする政治研究会「そのまんま会」を設立、同12月4日には故郷宮崎県の県選挙管理委員会に政治団体としての届け出を行い、地元での事務所開きにおいて、支援者を前に自らの出馬にかける思いを語った際には過去の不祥事についても自ら切り出し語った。その数日後には所属していたオフィス北野を退社。官製談合事件で当時の現職知事安藤忠恕が逮捕されたことに伴う宮崎県知事選挙へ無所属で立候補。当初は過去の問題行動や言動などのイメージもあって出馬を疑問視する声も多かった。

東国原は、選挙活動において、タレント候補にありがちなタレントの選挙応援を一切受けないことで、「脱タレント」を印象付ける選挙活動を展開した。遊説や立会演説では宮崎弁を使い、早稲田大学出身をアピールし、選挙活動最終日にはマラソンをしながら活動した。宮崎再建・宮崎自立のための具体策を打ち出したそのまんまマニフェストや無所属であることの「しがらみのなさ」を強調しての県政批判などは、政治に無関心な無党派層の関心を呼び起こしただけではなく、現状に不満を持つ政党支持層へも支持を拡大していくこととなった。

東国原をサポートする政務秘書には元たけし軍団のクロマニヨン吉川が就任して、多忙な東国原の生活面を助けている。

こうして、「しがらみのなさ」や「宮崎を変える」という期待感が県民に好印象を与えたことに加え、保守陣営の分裂という追い風も幸いして、県民の圧倒的な票を得て当選した。各マスコミによる出口調査では無党派層だけでなく各政党支持層からも一定の票を獲得したことが伺える。小学校の卒業文集に「夢は政治家とお笑い芸人」と書いていたが、図らずもその夢を2つとも叶えることとなった。


【知事「東国原英夫」として】
■選挙活動は芸名の「そのまんま東」で行ったが、県知事に就任してからは本名の東国原英夫(ひがしこくばる ひでお)で活動している。

■作業服で初登庁したり、「椅子をパイプ椅子に変える」「こんな立派な机もいらない」「退職金は出来高払い。議会がいらないと言えばいらない」などの言動が地元では好意的に受け止められている。知事専用の公用車について、当初は「廃止する」と述べていたが、燃費や他の手段を使った場合のコストなどの問題を考え、車種をトヨタ自動車の「トヨタ・センチュリー」から、ハイブリッドカーである「トヨタ・クラウンセダン」へ乗り換え、これにより年60万円の公費削減となった。似たような理由で知事公舎にも住んでいない(置き換えられたセンチュリーは競売に掛けられ、255万円で譲渡された)。

■報道番組やワイドショーに連日報道されたり多くの特集が組まれるようになったとともに、積極的にマスメディアに出演して宮崎県の宣伝を行っており、自らを「宮崎県のセールスマン」と呼んでいる。バラエティー番組への出演も多いことから、「テレビに出演しすぎだ」「知事になってもタレントのつもりでいる」などの批判も挙がっているが、本人は効果的な宮崎県の全国に対するPR活動として重点を置いている。

■2007年1月23日の知事就任直前に清武町で、そして直後には日向市、新富町で鳥インフルエンザが発生した。この状況に素早く対処すべく、1月29日には中央省庁を訪れ、国からの財政支援などを要請した。また、県内の民放局で流す、県内産の鶏肉や鶏卵の安全性を訴えるCMに自ら出演したり、宮崎県の巨人軍キャンプとソフトバンクの練習場を訪れ、宮崎県産地鶏などを贈呈するなど、風評被害対策のため、鶏肉の安全性を盛んにアピールしている。これらの努力の甲斐もあり、宮崎の地鶏の消費量は、発生前より4割も増加した(その他にも県内特産品のPRも積極的に行っている)。ソフトバンクのキャンプでは監督の王貞治と会って、「王監督の手は神のようだ」と言っていた。

■2007年2月15日、「オール野党」とも評される県議会で所信表明演説を行った。その様子はMRT(宮崎放送)で午前9時55分から生中継(所信表明演説の中継は県議会史上初)され、普段は埋まることのない60の傍聴席を求めて93人の市民が訪れるなど、異例づくめの所信表明演説となった。その際に発した「宮崎をどげんかせんと(どうにかしないと)いかん」というフレーズは幾度となくマスコミに取り上げられ、注目を集めた。

■2003年に4億9600万円の公費を費やして建設された知事公舎を批判し、選挙前から住んでいるマンションに知事に当選後も住んでいたが、当選後は自宅マンションや近隣住民への悪戯が多く迷惑を掛けているとの理由で勤務先の県庁に歩いて行ける近場のマンションをローンで購入し、2007年3月29日から住んでいる。

■知事選で争った、自民党推薦の持永哲志を副知事に迎えるという人事構想を抱くが、「脱・官僚」を期待して東国原に投票した県民の反発を招き、起用を断念した。だが、2007年2月15日の、自身として初の議会において、やはり官僚の河野俊嗣(総務省から宮崎県に出向中)の起用を正式に表明した。

■2007年4月16日の定例記者会見において、「特に発表することがない場合は(会見を)カットしてもよいのではないか」、「毎日取材に答えているので、改めて話す内容はない。それでもやる意義はあるのか」などとして、各社の記者と20分間にわたり問答を繰り返した。後に出演した『サンデープロジェクト』(テレビ朝日)4月29日放送分でも「特に発表することがない場合でも、わざわざ12時まで会見時間を設けるのは効率が悪く、浮いた時間を公務に回すべき」(通常の定例記者会見が11:00〜12:00の1時間で行われるため)と発言したが、かつての長野県知事である田中康夫のように記者クラブを撤廃させようというものではなく、あくまでも県政の効率化のための提案であることを述べている。その際は一部保守系メディアから非難を受けた。

■2007年4月20日の宮崎日日新聞社の支持率調査によると、支持86.7%、不支持1.1%という高い支持率を示した。


【人物評】
■「東国原」姓は宮崎県都城地域や鹿児島県曽於地域において、見られる姓である。また、原の字を「ハル」と読ませるのはこの地域に限らず九州地方の地名等によく見られる(西諸県郡高原町、古墳で名高い西都原など)姓である。

■宮崎県立都城泉ヶ丘高等学校時代はハンドボール部に所属。高校総体にも2年連続で出場した。

■実父は手広く不動産業を営んでいたが、商売上のトラブルから、自宅を放火されたことがある。晩年は事業に失敗し、変死している。自殺かどうかははっきりとは語られてはいない。

■継父は、つむぎ職人。

(出典:Wikipedia)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?b=20070905-00000067-sph-ent

[PR]

国内旅行、バスツアー、海外旅行と豊富なツアー情報満載!!季節ごとのお薦めツアーや観光情報など盛り沢山!24時間インターネットにて予約可能です。

ビビアン・スー エピソード&プロフィール

徐 若瑄(シュー・ルオシェン、ビビアン・スー、1975年3月19日 - )は、台湾・台中県出身の、日本で外国人タレントとして知られるマルチタレント。吉本興業所属。本名は徐淑娟(シュー・シュージェン、拼音: Xú Shújuān)、血液型はA型。少数民族の高山族(アミ族)と漢民族とのハーフである。


【来歴・概要】
■1990年にアイドルグループ「少女隊」で台湾芸能界デビュー(※同名の日本のアイドルグループとは別物)。その後数本の映画に出演したが芽が出ず、「台湾的宮澤理惠」というキャッチコピーでヌード写真集『美神』『天使』を出版したり、香港ポルノ映画(現地は厳しい基準で成人指定だったが、日本で言うアダルトビデオには属さない、濡れ場シーンを含むVシネマ的作品)にも出演した。しかしこれも鳴かず飛ばずで、香港芸能界を諦め1995年に来日。ヘアヌード写真集を発売してタレント活動を開始。歌唱力は確かながらも歌手としてはあまり売れず、童顔の可愛らしいルックスと天然ボケのキャラクターが受け、バラエティ番組で成功した。ヌード写真集で話題になったことから、日本でもデビュー当初は「台湾の宮沢りえ」と呼ばれた。

■日本テレビの当時の大人気バラエティ番組「ウッチャンナンチャンのウリナリ!!」でウッチャンナンチャン、千秋、キャイ〜ンなどと共演し、人気を博する。南原清隆からは、「お前のボケはウド超えてるな」と評された。また、飲料水のコマーシャル(大塚ベバレジのMATCH)などにも出演し、世に広く知られることとなった。

■1997年1月にウッチャンナンチャンの南原清隆、キャイ〜ンの天野ひろゆきと「ブラックビスケッツ」を結成(※1999年5月から同じく外国人タレントで中国・上海出身のケディも加入)。1998年にはライバルであるポケットビスケッツと共に紅白歌合戦出場も果たした。1999年にブラックビスケッツは活動停止。

■1998年から2001年頃まで、LUNA SEAのギタリスト・SUGIZOとの交際が報じられたが、現在は破局している模様。

■2001年に佐久間正英を中心に土屋昌巳、ミック・カーン、屋敷豪太とThe d.e.pを結成し、同年5月9日アルバム「地球的病気」を発売。2003年には元SIAM SHADEの遠藤一馬とVivian or KazumaとしてMBS・TBS系TVアニメ「機動戦士ガンダムSEED」のオープニング曲を歌った。作中では声優としてアイシャの声を当てたものの、演技の稚拙さがファンの間で話題となった。そのためか、後に放送された特別編では同キャラクターの声は平野文に差し替えられている。

■日本では2004年に事務所をスカイプランニングから吉本興業に移籍している。

■「ウリナリ!!」レギュラー時も何度か母国・台湾での映画の撮影等の仕事のために芸能人社交ダンス部を休むことがあったが、1999年に正式降板して以降は完全に活動拠点を台湾に移す。2006年には日本での芸能活動も再開予定と言われていたが、台湾での映画・ドラマ出演や作詞の依頼が立て続けに入っており、あと2年はアジア全域で活動する予定。また台湾芸能界が『韓国への「華流逆輸入」』を計画、先駆者の1人として韓国での活動も任じられている。現在でもウリナリで仲の良かった千秋、杉本彩などとは連絡をとっている。

■持病の外反母趾が悪化し、2006年2月主演映画「靴に恋する人魚」の台湾上映PR直後に台湾の病院に入院、5時間の手術を済ませ、療養しながら仕事復帰。2006年7月、「靴に恋する人魚」公開前プロモーションのため来日。また、療養中に作詞に没頭、2006年9月に新アルバム「Vivi and...」を台湾で発売。香港・シンガポール・マレーシアの各国をプロモーションで廻った。

■スキューバダイビング関連会社のイメージキャラクターとしてプロフェッショナルのモデルダイバーを勤めたこともある。

■2007年2月より約2ヶ月間アメリカに留学し、英語、歌やダンスなどを学んだ。

■2005年末より翌年にかけて中国全域で放送された主演ドラマ「別愛我」が、邦題「天使の約束」として2007年1月下旬よりYahoo!動画およびクラビット・アリーナにて配信される。Yahoo!動画の無料配信終了後、同年3月下旬よりBIGLOBEストリームにて無料配信される。

■2007年3月より、クラビット・アリーナ「天使の約束」サイトにおいて、日本語による独占インタビューが配信されている。インタビューではドラマについてに加え、日本在住中の活動に対する感想や、芸能活動の拠点を台湾に移した理由などについても語っている。

(出典:Wikipedia)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?b=20070902-00000005-scn-ent

[PR]

ヘルシーワンは新宿伊勢丹を始め全国に30店舗程ある日本初のサプリメント専門店。栄養士、薬剤師の資格をもったスタッフが、お客様の生活習慣や体質を考慮し嬢品質なサプリメントライフをご提案させて頂いてます。

ヒデ(ペナルティ)エピソード&プロフィール

ヒデ(本名:中川 秀樹、1971年4月7日 - )は、お笑いコンビペナルティのツッコミ担当。吉本興業所属。身長175cm、体重67kg。千葉県船橋市出身で血液型はO型。1994年にコンビを結成した。専修大学法学部卒業。


【プロフィール】
相方のワッキーとは市立船橋高校のサッカー部で出会い、先輩後輩の間柄。同じ専修大学に進むもサッカー部の合宿所から脱走して戻ってきたワッキーを呼び出し、お笑い芸人になろうと説得し、芸能界入り。当時、横浜フリューゲルスからスカウトを受け、さらに内定をもらっていたのにも関わらず、「笑いで人を楽しませる仕事をしてみたい」と内定を断ってお笑いの道を選んだ。(内定を断ったのは「既にサッカーをやる自分に限界を感じていた」という発言もしている。)お笑いを目指すきっかけは、余興でのギャグが周囲から高い評価を受けていたこと。

その為、サッカーには詳しいが、「笑いの金メダル」(テレビ朝日)の結婚式のスピーチを競った際、過度の下ネタに加え日本ではマイナーな海外選手の名前も多用したため、審査の結果30点中12点に終わった。

長い下積み生活を経て、ようやく2003年ごろに人気が出る。しかし、ワッキーの面白さが目立っているため、地味な存在になっている。テレビ局に入る際にも警備員によく止められるらしい。「芝刈り機の持ち主」といわれたことがある。

吉本の若手芸人の中でも司会の上手さには定評があるが、ワッキーが目立つ為かあまり世間一般には知られていない。また「アメトーク」(テレビ朝日)での企画プレゼンでは、短時間で分り易くプレゼンする為、視聴者にも好評。名言(「僕主催のBBQに来た時は手ぶらで結構です。最後は楽しさと思い出でかさばりますから。」など)も残すがこれもワッキーが目立つ為、引き立たない事が多い。

ネタではボケ倒すワッキーに最後にドロップキックでツッコむことで有名(ただし、このとき腰を痛めることがしばしばある)。「笑いの金メダル」にボブ・サップが出演したときにもドロップキックをかましていた。また、「プロの半笑い」の1コーナー「愛のヒデ神様」ではザンゲする若手芸人にもドロップキックをかました。

2007年現在、ジパング上陸作戦のチャド・マレーンを自分の部屋に下宿させている。

節約上手らしく、しばしば「やりくり坊や」や「サラリーマン芸人」と言われることがある。ブレイク前は交通費を浮かせるため基本は徒歩移動、名古屋で仕事のあるときは事務所から渡された新幹線の切符を換金して夜行バス移動したこともあるらしい(約3千円節約できるらしい)。

4年前のお正月に『イボ痔』に悩まされた。自ら『吉本1のベスト・痔ーニスト』と言っていた。「アナオール」という痔を題材にしたコントもある。

アウトドア派で、「僕といったらBBQ」らしい。TBSの「関口宏の東京フレンドパーク」(2006年8月7日OA)では、キャンプのセットをダーツで獲得。出演しているラジオ「ペナルティのゴックンでございます」では「馬部久(うまべひさし、と読み、読み方を変えると『バ・べ・キュウ』となりバーべキューと読める)」というキャラクターに扮しコーナーを持っている。「やりたいと・思ったときが・BBQ」を格言としている。よくチャド・マレーン、くまだまさし、椿鬼奴、指圧野郎、ふくろとじ、グランジ、はいじぃら共に行っているらしい。

アニメ「サザエさん」が好き。

07/06/21放送の「アメトーーク」において、自身の持ち込み企画である「五反田芸人」を実現。蛍原などのツッコミに対して秀逸に切り返すなど、頭の回転が速いところを余すところ無く見せた。前述の司会の上手さを如実に表している。   フジテレビ働くおっさん劇場に関しては芸能人の中で一番ファンだと明言。

2007年7月7日に一般人女性と結婚。


【交友関係】
同期のロンドンブーツ1号2号の田村淳には、『サッカーばか蔵』と呼ばれることが多い。ロンドンハーツ出演時に、度々そのキャラを売りにしている(何事もサッカーに例えて話す、「わかりました」という意味で「ロナウジーニョ」と言う、など)。また、同番組内の「カミングアウト温泉」で、ワッキーの口からガン保険や自動車保険など、多くの生命保険に加入している等、堅実(悪く言えば堅物)な面も発覚した。過去には、女性フットサルチーム「よしもとマラティニーコ」の監督だった(現在はDonDokoDonの平畠啓史)。 後輩のガレッジセールの川田広樹とは仲がよくテレビでもセット扱いだったり たまにつっこみが同時になるなど息がぴったり合う。川田は「コンビ別々にして何ならヒデさんと組みたい」とのこと。 最近ではヒデは川田の事を「広樹」と下の名前で呼んでいる。


【コントキャラクター】
ワンナイR&Rでは、雨上がり決死隊の宮迫博之と共にオカマのサッカー選手ジローちゃん(宮迫はアンコ姉さん)を2人でやっている。その他、中田ヒデ(中田英寿)、ヒデミチお兄さん(佐藤弘道)など、スポーツがらみのキャラが多い。

(出典:Wikipedia)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?b=20070712-00000014-oric-ent

[PR]

三井住友銀行グループのさくらカードは、世界190の国と地域、1,222万店で使える便利なJCBカード!JCB加盟店でお得にショッピングができたり、JCBトラベルで役立つ情報が満載です。

ビリー・ブランクス エピソード&プロフィール

ビリー・ブランクス(Billy Blanks、1955年9月1日- )は、アメリカのエクササイズの指導者で格闘家、俳優。そして独自のトレーニング「タエ・ボー」の考案者である。日本においてビリーズブートキャンプで一躍、時の人となった。


【プロフィール】
1955年アメリカ合衆国ペンシルベニア州エリーにて15人兄弟の四男として生まれる。14歳から格闘技の研究を始め、急速な上達をみせ、7度の空手世界チャンピオン、テコンドーの七段黒帯所持者となり、そのほか七種の武術で黒帯を取得する。1980年代、アメリカアマチュア空手チームのメンバーであり、アメリカ空手の殿堂であるアスリート・オブ・ザ・イヤーに選出。また、俳優としてのキャリアも歩み始め、近年では「ER」などにも出演している。1980年代後半、マサチューセッツ州クインシーで空手道場を開いていた頃にムエタイや空手、テコンドーの型を基にタエ・ボー・トレーニングを考案。格闘技とボクシングをミックスした「タエボー(Tae Bo)」という名前はテコンドーとボクシングを組合わせたもの。彼はこの新しいフィットネストレーニングを広めるためにロサンゼルスに自らのフィットネスセンターを開き、ポーラ・アブドゥルなどのクライアントを持つことに成功。このエクササイズの人気は急速に高まっていった。その後、陸軍の新兵のインストラクターの経験を生かし「ビリーズブートキャンプ」を発案、アメリカ国内に紹介する。そして近年日本にも紹介され、一大ブームを起こしている。劇団ひとりや島谷ひとみなどの芸能人が実践しているほか、その独特の動きや機械やサプリメントに頼らない、有酸素運動によるダイエットが逆に一番効果的であることや、メタボリックシンドロームや生活習慣病などに敏感になっていたという現状も日本においてブームとなった要因といえよう。また、もう一つブームの要因となったものとしてはビリーの言葉が上げられる(「ビリー語録」)。ビデオの中で「ここをどこだと思ってるんだ!」「声が小さい!」などと叱咤するかと思えば「僕は君の力になりたいんだ!」「ゆっくりでいい、とにかく続けるんだ。そうすれば必ず勝てる!」などと励ましの言葉も微妙に織り交ぜている。それが今までダイエットを途中でリタイヤした人にやる気を起こさせるというのだ。特に日本においてはビリー当人のファンまで出現し、今やダイエット・フィットネス界の「鬼隊長」として君臨している。現在、家族は妻に息子、娘・シェリーの四人。シェリーは「ビリーズブートキャンプ」のビデオに出演している。


【脚注】
■子供の頃に原因不明の失読症にかかったという。

■日本では「ビリーズブートキャンプの人」だがアメリカではTae Boで一世風靡しており、当時芸人がパロディのネタにする程有名だったため、今でもアメリカ人の間では「Tae Boの人」などと呼ばれることが多い。

■「ビリーズブートキャンプ」を始める事を「入隊する」という(ビリーがビデオの中で「入隊おめでとう!」と言う事から)。

■カプコンの格闘ゲーム「ストリートファイター」のキャラクター・ディージェイはビリーがモチーフとなっているという。


【ビリーと日本】
■「ビリーズブートキャンプ」は2006年7月の日本語字幕版発売以来、日本国内のネットコミュニティ上では社会現象となるまでに人気は高まり、ビデオは売れ続けている。またTVショッピング内で紹介される宣伝に興味をもって買う人もいる。

■日本での人気を受け、2007年6月20日にロサンゼルス発の日本航空機で来日した(初来日ではなく、2度目であるとインタビューで答えた。)成田ではピンク色の法被を着ていた。6月21日の日本テレビ系「ズームイン!!SUPER」へのテレビ出演を皮切りにマスコミめぐりが1週間に亘って予定されている。

(出典:Wikipedia)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?b=20070623-00000019-spn-ent

[PR]
楽天のカードローン『マイワン』新金利≪6.9%〜≫最大500万円!

楽天から登場したカードローン『マイワン』。ご融資枠最大500万円。6.9%〜の低金利.即日振り込みも可能。全国の提携金融機関のCD・ATM80,000台でご利用になれます。

久本雅美 エピソード&プロフィール

久本 雅美(ひさもと まさみ、1960年7月9日 - )は、日本のタレント、司会者、コメディアン、女優である。愛称は「ヒサモト」、「マチャミ」。大阪府大阪市平野区(生まれた当時は東住吉区)出身。WAHAHA本舗所属。創価学会員としても有名。身長154cm、体重37kg、血液型A型。大阪市立加美小学校、大阪市立加美中学校、大阪府立勝山高等学校、金蘭短期大学国文科卒。実妹はタレントの久本朋子。両親は徳島県出身。


【略歴】
■短大卒業後、上京して佐藤B作の主宰する劇団東京ヴォードヴィルショーに入団。 

■1984年、同劇団のメンバーだった柴田理恵や佐藤正宏らと共にWAHAHA本舗を設立。以後、舞台だけでなくテレビ番組の司会やゲスト、ドラマ,CMへの出演などで知られる。また、柴田は親友でもある。

■創価学会の熱心な活動家としても知られ、現在は学会内の全国副芸術部長である。

■1993年4月から『笑っていいとも!』に出演中で女性レギュラーでは最長である。


【WAHAHA本舗】
WAHAHA本舗(ワハハほんぽ)は、日本の劇団兼芸能事務所。所在地は東京都渋谷区渋谷二丁目5番7号。英表記はWAHAHA-HOMPO。

事務所側は、表記に関して“ワハハ本舗”でも“WAHAHA本舗”でも構わないとしている。


【概要】
小劇場ブームのおこった1980年代に産声を上げる。放送作家として第一線で活躍し、劇団東京ヴォードヴィルショーの若手公演の演出を手掛けていた喰始と、同劇団の若手団員であった佐藤正宏・村松利史(退団)・柴田理恵・久本雅美・渡辺信子(退団)らが意気投合し1984年に創立。旗揚げ公演『村の力』には、林家こぶ平時代の林家正蔵も参加していた。


エネルギッシュさとパワフルさ、そして何事もまるごと楽しむポジティブ思考を信条とし、観客と一体となるステージ構成は高い人気を持つ。 近年の劇団主催公演は、各メンバーのユニット&ソロ公演を含むと年間公演数は20公演以上になる。なお発足時から現在まで通じて下ネタが非常に多く、放送禁止用語を連呼したりするため、公演の大半はテレビでは放映できない(以前放送されていた北野ファンクラブの1コーナー「亀有ブラザーズ」や「全裸体操」を観客がいる舞台で演じているものと考えるとよい)。
1994年、元日夜に放送された『北野武政界進出宣言!?ビートたけしのお笑いウルトラクイズ』(日本テレビ)の中で、梅垣義明を筆頭にメンバー9人が「イヨマンテの夜」を唄った。その際、金粉を全身に塗り、コテカと半纏をまとい、腰を振り踊った。 その表現に対し、アイヌ民族の団体「レラの会」等が、差別的であるとして日本テレビ本社へ抗議に訪れた。

2000年以降、それまでオホホ商会で括られていた若手団員がワハハ本体に合流し、2006年2月にて合計28名となる。

2003年4月からWAHAHA本舗の新セクションとしてWAHAHA商店が誕生し、ガッポリ建設、猫ひろし、コラアゲンはいごうまんらが所属している。

(出典:Wikipedia)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?b=20070518-00000018-spn-ent



[PR]
☆★☆新規お申込みの方15〜18%!!☆★☆

◎こんなに便利なライブドアクレジット◎

☆使い道は自由!

ご利用使途はお客様のライフプランは併せてご利用下さい。

☆パート・アルバイトの方でもOK!

20歳以上の方で定期的な収入のある方であればお申込出来ます。
もちろん自営業の方やご主人がお勤めに出られている主婦の方でもお申込み
できます。

☆会員の方にはお電話1本でお振込!

ご契約後もお電話一本でご登録頂いたお口座へお振込いたします。

★お申込みはココ★
http://ad.affipa.ne.jp/LK00078066/PS00026557/click.cgi
あのライブドアのクレジットサービスです!
[PR]

東原亜希 エピソード&プロフィール

東原 亜希(ひがしはら あき、1982年11月11日 - )は、神奈川県横須賀市出身のグラビアアイドル、ファッションモデル、タレント。北鎌倉女子学園卒業。血液型A型。プラチナムプロダクション所属。


【プロフィール】
愛称: あきあき
生年月日: 1982年11月11日
現年齢: 24歳
出身地: 日本・神奈川県横須賀市
血液型: A型
公称サイズ(2007年時点)
身長: 165 cm / 5′ 6″
体重: ― kg / ― lb
スリーサイズ: 84 - 58 - 84 cm
靴のサイズ: 24.5 cm


【来歴】
2002年、ファッション雑誌「JJ」の専属モデルとしてデビュー。

2003年5月、長谷川京子の後を受け、フジテレビの深夜格闘番組『SRS』の4代目格闘ビジュアルクィ-ンに抜擢され、一気に知名度が上がる。同年アサヒビールイメージガールに就任。 2004年FLASH11月23日号で、『井上康生×格闘ビジュアルクイーン東原亜希「熱愛同棲」撮ったッ!!』と掲載される。

2006年5月、『SRS』卒業。

2007年、事務所の先輩で親友でもある若槻千夏の後を受ける形で、フジテレビ系競馬情報バラエティー『うまなで』のメインパーソナリティーに抜擢。


【人物】
■バラエティーから演技、ファッションモデルまでそつなくこなす非常に多彩な面をもっている。

■趣味は、格闘技観戦、ピアノ。競馬の仕事をやりだしてからは競馬も。

■書道5段、ベジタブル&フルーツマイスター(野菜ソムリエ)の資格を所持。


【エピソード】
『うまなで』の番組内企画でバランスボールゲームに勝った吉田隼人騎手にモーニング・コールをすることになり、寝起きドッキリの末にモーニング・コールをかける場面が放送された。東原は社交辞令で「今度は食事でも」と言い、吉田騎手はVTRで「早く起こされたけど嬉しかった」と笑顔で答えていたが、すぐさま番組キャラクターのうまなでさんから「実は吉田騎手は沢尻エリカが一番好み」と聞かされ、思い切り凹んでその日の収録はテンションがガタオチだった。

(出典:Wikipedia)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?b=20070601-00000005-sanspo-ent

[PR]
オリコOrihimeカード

氷川きよし プロフィール&エピソード

氷川きよし(ひかわ きよし、1977年9月6日 - )は、福岡県福岡市南区出身の演歌歌手である。本名:山田清志(やまだ きよし)。福岡市立高宮中学校を経て、最終学歴は福岡第一商業高等学校卒業。血液型はA型。レコード会社はコロムビアミュージックエンタテインメント、芸能事務所は長良プロダクションに所属する。J-POPの楽曲を発売する際は芸名KIYOSHIを使用する。


【人物像】
■2000年2月に「箱根八里の半次郎」でデビュー。歌手以外にも、タレント活動や歌謡劇なども行っている。

■常に、自分を応援するファンに対する感謝の心を忘れず、コンサートグッズにも「感謝」の文字。

■容姿はアイドルタレントとも見まごうものの、その礼儀正しさ、抜群の歌唱力。まさに「演歌界の貴公子」。

■老若男女に知られており、特に、演歌をあまり聞かないとされる20歳代にもファンが多い。

■ファンを大切にするその人柄から、熱狂的な中高年女性ファンが多い。

■股旅物など、時代劇の定番の曲を、和服ではなく洋服で歌っていることが多い。

■春日八郎などの往年の高音の演歌をアルバムの中に取り入れている。

■プライベートでは両親や祖父・祖母を大切に想い、仕事でもチャリティーに積極的に参加している。

■デビュー以来茶髪とピアスをしていたが、ある時期より大人の歌手を目指し黒髪に戻した。

■歌を歌う時の踊りはファンが覚えやすいよう、複雑な動きを取り入れず比較的簡単な振り付けとなっている。


【芸名の由来】
■「氷川きよし」の名付け親は映画監督・タレントのビートたけし(北野武)である(たけしがまともに芸名を付けた唯一の例である)。

■「氷川」は東京都港区赤坂六丁目にある氷川神社から、「きよし」は本名の清志から採った。これに関し名付け親のたけしは「自分の相方(ビートきよし)と同じ「きよし」で大丈夫か?」と言って周囲を和ませた。

 ■氷川神社は、たけしがバイク事故にあった時、母が回復を願ってお参りした神社。

■ポップス曲のCDも年に1回程度発売しており、ポップス歌手での芸名は「KIYOSHI」。


【豆知識】
■氷川きよしは2001年に、『オリコン ウィーク The Ichiban』(現・『oricon style』)誌の表紙になった。演歌歌手が同誌の表紙になるのは『オリコン・ウィークリー』時代から数えて松村和子、城之内早苗に続いて3人目、男性演歌歌手では初のことだった。

■中学の先輩にタモリ、森口博子、博多華丸がいる。

■高校の先輩にCHAGE&ASKAがいる。

■T.M.Revolution西川貴教とは、氷川のデビュー以来、仲がよい。NHKきよしとこの夜にて競演を果たした。

■2003年頃より通信カラオケシステムDAMの機種改良に伴い、同機種で配信する氷川の代表曲で背景映像に氷川本人が出演する映像が多く採用されている。主な作品は以下の通りである。
 ■箱根八里の半次郎
 ■きよしのズンドコ節

(出典:Wikipedia)

[PR]
【ライブドアクレジット】年率15.0〜18.0% 最高100万円

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。