Google
 

ベッキー エピソード&プロフィール

ベッキー(1984年(昭和59年)3月6日 - )は、神奈川県出身の女性タレント・女優・歌手。当初は「コメディエンヌ」(女性コメディアン)を名乗っていた。血液型はAB型。本名非公開。亜細亜大学経営学部経営学科卒業。学位は学士(経営学、亜細亜大学)。


【略歴】
■父親はイギリス人、母親は日本人。妹が1人いる。

■日本とイギリスの二重国籍だったが、20歳を機に日本国籍を選ぶ。

■サンミュージック所属。

■特技はピアノで、NHKきよしとこの夜では、氷川きよしやグッチ裕三が歌う際、ピアノ伴奏をこなすこともある。

■テレビ東京の児童向け早朝番組「おはスタ」のマスコットガールOhaガール出身。

■ポケモンの名前の英語バージョンを紹介するコーナー「ポケモン・ザ・ワールド」でデビューする。

■以降バラエティー番組を中心に活動している。

■タレント活動と学業を両立させながら、2006年3月に修業期限内(4年)で亜細亜大学経営学部経営学科を卒業した。将来、雑貨屋の経営を目指しており、ビジネスや起業を学ぶため経営学科を選んだ。この際、学費を全て自分で払っていたことを明かした。本人は「私は半分社会人ですし、当然です。親には今まで小中高と沢山お金を払ってもらいましたから」とコメントしている。また、在学中、友人に「本当に普通に学校に来てるね」と驚かれたり、学内で『ベッキー双子説』が流れたりしていたらしい。

■波田陽区に「(元気キャラと言うけど)ウザいだけですから!」と斬られたことがあり、その時は激怒し本当に落ち込んだとのこと。しかし、後に明石家さんまから「斬られたということは、それだけメジャーになったことだから」と言われ、今では斬られたことに感謝しているらしい。

■持ちネタは、「Don't Touch Me!」と「Shut Up!」である。

■頬がふっくらしているところから何度かTVのダイエット企画を持ち込まれたこともあるが、体自体は細く、「本当は細いんです!」と腕を見せながら語ることもあった。

■2005年と2006年度ネイルクイン(タレント部門2年連続)受賞した。浜崎あゆみ以来の連続受賞者である。

■アドリブが苦手。

(出典:Wikipedia)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?b=20070506-00000000-sanspo-ent

「ペ・ヨンジュン」プロフィール&エピソード

ペ・ヨンジュン(배용준、1972年8月29日 - )は、韓国の俳優である。ソウル出身。日本での愛称は“ヨン様”。身長は180cm、体重は84kg、血液型はO型。


【プロフィール】
子供の頃、テコンドーに興じている最中に他人の脚が目に当たり視力が低下した(この視力低下が原因で兵役を免除される)。ハンヨン高等学校卒業後、1994年にKBSの特別採用により、『愛の挨拶』でデビュー。成均館大學校芸術学部映像学科にも在籍したが、2005年3月に中退した。

【冬のソナタ】
日本では、BS-2で放送されたドラマ『冬のソナタ』のヒットによりブレイク、「ヨン様」「微笑みの貴公子」のニックネームが生まれ、主に30代以降の世代の女性に親しまれている。『冬のソナタ』のチュンサン役で、韓国において2002年 百想芸術大賞 人気賞(TV部門『冬のソナタ』) KBS演技大賞 最優秀演技賞、人気賞、ベストカップル賞、ベストドレッサー賞を受賞した。

【四月の雪】
2005年3月21日に、マスコミを集めた記者会見の席上で竹島問題に対し「独島(韓国名)は韓国領土」という発言を行ったこともあり、人気が落ちるかと懸念されたものの、9月に日本でも公開された『四月の雪』が日本での韓国映画史上最大のヒットを飛ばすなど人気は健在である。


【出演作品】
●ドラマ
 ・愛の挨拶(KBS 1994年)
 ・若者のひなた(KBS 1995年)
 ・別れる6つの段階(KBS 1995年)
 ・海風(PSB 1995年)
 ・パパ(KBS 1996年)
 ・初恋(KBS 1997年)
 ・愛の群像(MBC 1999年)
 ・ホテリアー(MBC 2001年)
 ・冬のソナタ(KBS 2002年)
 ・太王使臣期(MBC 2006年)
●映画
 ・初恋白書(1995年)
 ・スキャンダル(2003年)
 ・四月の雪(2005年)


【エピソード】
●ペ・ヨンジュンと社会貢献
■2004年10月23日、新潟県中越地震が発生。約5000人の死傷者を出し、10万人を超える人が一時避難した。2004年12月24日に、ぺ・ヨンジュンの日本関係者が新潟県の東京事務所を訪れ、日本で開催した写真展で得た収益から3000万円を寄付した。

■2004年12月26日にインドネシアのスマトラ沖で大地震が発生し、その後に起きた津波と合わせてインド洋沿岸国全体で20万人を超す死者を出した。この被害に対し、ぺは2005年1月4日、3億ウォン(日本円で約3000万円)を援助団体に寄付した。またこの行為に感銘を受けた多くの日本人が、ぺ・ヨンジュンの家族という名義で同団体に寄付した。

■ぺ・ヨンジュンの日本のファンクラブは、2005年8月29日のぺ・ヨンジュンの誕生日を記念して、5日前の8月24日、『冬のソナタ』の舞台となった韓国春川市内にある保育園に、100万ウォンを寄付した。

■2005年8月28日、日本テレビの『24時間テレビ 「愛は地球を救う」』にVTRで出演し、募金活動を行っている同番組に対して福祉車両費などとして2000万円を寄付した。


●空港パニック事件
■2004年4月に初来日した際には、到着日時・場所を公開していたこともあり羽田空港に5,000人のファンが終結したため警察隊が出動し、けが人まで出るパニックになってしまった。また、その後11月に成田空港に来日したときも空港発表で3,500人と言われるファンが集結、この時も空港ロビーをファンが埋め尽くすパニックになった。その後宿泊先のホテルニューオータニ前でもファンがパニック状態になり、けが人が出る騒ぎになりホテルを移ることになった。このため、2005年夏に来日した際は、羽田空港使用不可の方針が下される異例の事態となり、到着日時・場所を秘密にし、本人自らがウェブサイト上で空港出迎えを自粛すると言うことになったものの、およそ600人が成田空港に詰め掛ける騒ぎになった。

■2004年12月14日に福島空港に来日した際は極秘だったためマスコミも情報を手に入れられず、偶然空港内で行われていた水墨画展の取材をしていた福島民報だけが新聞に彼の写真を掲載した。

■2006年7月に来日した際には、ファンが30人集合した。


●投資家ペ・ヨンジュン
■2006年2月20日に韓国のコンテンツ企業で、KOSDAQ上場会社であるオットウィンテック社(キーイースト社に社名変更予定)に、ペ・ヨンジュンと、アジアのコンテンツ投資流通企業で、ペ・ヨンジュンの日本での活動をマネジメントしているインタラクティブメディアミックス(IMX)、日本の情報通信大手ソフトバンクの韓国現地法人と共同出資すると発表した。ペ・ヨンジュンは90億ウォンを出資、37.5%の株式を保有する筆頭株主となる。ペ・ヨンジュン自身は経営に直接関与しないものの、今後はキーイースト社をコンテンツの制作・流通・配給などを総合的に取り扱う企業にするとしている。この出資に関するニュースは韓国のみならず、日本のマスメディアでも大きく取りあげられている。

■2006年東京都港区白金台に韓国レストラン高矢禮を開店した。

(出典:Wikipedia)


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?b=20070410-00000009-sanspo-ent

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。