Google
 

Mie エピソード&プロフィール

Mie(ミエ、本名:立之美英 (りつの みえ)、1982年10月4日 - )は、ファッション雑誌『JJ』で活躍しているモデル。身長168cm。星座はてんびん座。血液型はO型。バラエティ番組を中心にタレントとしても活躍中。FILM FACTORYにて監督デビュー。


【プロフィール】
■愛称: ミエちゃん
■生年月日: 1982年10月4日
■現年齢: 24歳
■出身地: 日本・東京都八王子市
■公称サイズ(2005年時点)
・身長 / 体重: 168 cm / ― kg
・スリーサイズ: 81 - 58 - 83 cm
・股下 / 身長比: 80 cm / 47.6 %
・靴のサイズ: 24.5 cm


【略歴】
■特技 : 英語 (Bilingual)、ピアノ、料理

■趣味 : サーフィン、旅行

■資格 : 普通自動車、教員免許 (英語)

■ストレス解消法 : 運動、マッサージ、睡眠 

■尊敬する人 : 両親 

■好きな食べ物 : 和食 (ひじき、納豆、煮物)

■略歴 : 2001年、雑誌JJのモデルとしてデビュー(初登場は2001年8月号にて)

■八王子高等学校英語コース卒業

■2005春、青山学院大学文学部英米文学科卒業


【豆知識】
■現在はファッション雑誌『JJ』レギュラーモデルとして活躍。

■普段の私服はジーンズ派のMieではあるが、ワンピースの着こなしもけっこう上手い。コンサバなワンピースが好みである。

■『JJ』2003年9月号でMieはCaityと表紙を飾っているが、「CELINE」 (セリーヌ) のワンピース (Caityはピンクの、Mieは茶色のノースリーブのワンピース) を着ている。「CELINE」はLVMHのファッションブランドの一。ちなみに同号の表紙のCaityとMieのネイルは 「Reveal」 (Nail Salon Crèateur Reveal : 黒崎えり子が主宰するネイルサロン) 所属のネイリストが担当している。
JJ (2003年9月号) を参照。

■『JJ』創刊30周年記念号である2005年6月号で、金子絵里・有村実樹・桜井裕美とともに表紙を飾っている。

(出典:Wikipedia)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?b=20070804-00000161-sph-ent

[PR]

敏間肌だけど美白したい!そんな悩みをお持ちのアナタ、諦めないでください!優しいだけじゃなく、美白効果もキチンと実感できる!ぜひミラクルホワイトお試しキャンペーンであなたの望みを叶えてください♪

光浦靖子 エピソード&プロフィール

光浦 靖子(みつうら やすこ、1971年5月20日 - )は、愛知県田原市出身のタレント、お笑い芸人。大久保佳代子とお笑いコンビ「オアシズ」を組んでいる。 愛知県立成章高等学校を経て、1995年、東京外国語大学外国語学部インドネシア語学科卒業。血液型A型。プロダクション人力舎所属。


【人物紹介】
幼馴染であった大久保佳代子と早稲田大学のお笑いサークル・寄席演芸研究会でコンビ「オアシズ」を組みメジャーデビュー。

高学歴タレントとして著名で、『めちゃ²イケてるッ!』の「抜き打ちテスト」シリーズでは、開始から2004年まで出場した4回全てが優勝と言う前人未踏の大快挙を達成、先生役の岡村隆史等を驚かせた。特に2004年秋に開催された「国立め茶の水女子大学附属高等学校」では、最大のライバルと謳われた天敵・麻木久仁子との頂上決戦をわずか2点差で退けて(光浦453、麻木451)、遂には「デキまん」の称号までも得た、まさに抜き打ちテストシリーズ史上最強の女子生徒と言える。しかし、5回目の出場となった2006年10月7日放送の『めちゃイケ10周年SP』では、麻木の440点に対して光浦は433点と7点差で惜敗し2位となり、V5を逃してしまい屈辱の女王陥落。光浦黄金時代に遂に幕を下ろす形に成ってしまった。

または、2005年4月15日放送の日本テレビ系バラエティ番組『プリティガレッジ』内コーナー「資格家の人々」でさまざまな資格取得に挑戦。なまはげ伝道士の資格を取得した。

さらに2005年9月4日放送の『パネルクイズアタック25』(ABC系列)の特別企画「芸能人・知識人最強ペア決定戦」でモンキッキーとコンビを組み優勝を果たした。

売れない時代から現在まで毒舌系キャラとして地位を確立。特に学歴を活かした表現のボキャブラリーの豊富さは同系統の女芸人の中では随一である。

かつて事務所社長からピン芸人として活動するよう話があったが、「私はオアシズの光浦です。オアシズを解散するときは私が芸能界を辞めるときです。」と言って断っている。

「青木さやかとは犬猿の仲」と噂されているが、愛のエプロンで一緒に餅つきをしたり、ロンドンハーツの「格付けしあう女たち」では、隣同士に座ったり、意気投合したり、テレビ番組で何度も共演している所を見ると、犬猿の仲というのはリップサービスのようである。

愛知県田原市(東三河)出身ということもあり、三河弁も特徴的である。

料理は得意で、愛のエプロンでカニ爪フライとカニクリームコロッケを作ったときには特エプにランクインしたほどの腕の持ち主。特に和食・洋食が得意なのだが、中華・デザートは苦手なようでクリスマスケーキを作った時には、エプロン番付けで最下位になってしまい、チーズケーキを作ったときにはランキングボードに張られなかったりと、料理の腕には当たりはずれが多い。

団鬼六のファンである。

2007年7月20日に頭の血管にしこりが発見され、腫瘍の可能性もあるためその部分を除去する手術をすることとなった。


【光浦の悲しい話】
■裸でエプロンと言うものがどういうものか知らなかったため、風呂あがりに一人で裸エプロンをした。だが、エプロンがスヌーピーのエプロンしかなかったためそのエプロンを着てみたのだが、それは、上京するときに母親がくれたものだと気付き、スヌーピーと、母親の両方を汚してしまったと言う。その話を聞いてロンドンブーツ1号2号の田村亮は、「そんなに泣ける話ではない」と言った。

■妄想で恋愛をすることが趣味であり、SMAPの木村拓哉に誘われた妄想話をしたのだが、放送禁止の内容なため詳細は不明。

■長女なのに赤の他人のお下がりの服を着ていた。

■エレファントカシマシの宮本浩次のファンであるため、頻繁にライブを観に行くが、芸能人オーラがないため、周囲に全く気づかれない。

■大学時代に彼氏を相方の大久保佳代子に略奪されて(と言われている)以降、ずっと彼氏がいない。またお互いに彼氏について仮名で交際し本名を教えてもらえなかったため、「本当に彼氏は存在したの?」とよくツッこまれる。

■クリスマスの日に、一度も彼氏と過ごしたことがない。

■ファーストキスの相手は、ウド鈴木である。(番組の企画上の成り行きによる)

■東京外国語大学から直接手紙で、「『英語ができる』とテレビで言うな」とクレームがきた。

■スタイルは良いらしく、『めちゃ²イケてるッ!』では黒のパーティドレス姿を披露し褒められている。2004年夏期に日本コカコーラ社が発売した爽果発泡のCMでビキニの水着姿を披露したことがある。もちろん前者のめちゃイケはだまし討ちの期末テストというどっきり企画(褒められたのもどっきりと気づいた後)で、このような事が多かったことから後者のCMも実際に放映されるまでは、どっきりではないか? と光浦自身疑っていた。

■想像妊娠したことがある。

■『芸恋リアル』の前身のスペシャル番組で妻夫木聡に告白したが、芸能プロダクションから「光浦さんとお付き合いすることは考えられません」という返事が来た。(妻夫木本人が出演し、返事をするVTRはなかった)

■インフルエンザで寝込んでいたときに誰からも「大丈夫?」などと言われなかった。

■2005年3月8日に放送された『愛のエプロン』で中華丼を作ったときに、試食した勝俣州和から「死んでくれねぇかなぁ…。」と言われ、ショックのあまり涙を流した。ちなみにこの回を最後に愛のエプロンに出演していない。

■『めちゃイケ』の「おかもんたの朝メチャッ!」で、エステに20万円(自身の著書の印税で行ったらしい)をかけたことが発覚。全く変化がなかったため、おかもんたに「そんなところに金を使うぐらいなら夕張市に寄付をしろ」と罵倒された。

■飯島愛から「整形しないとダメ!!」と言われたが、勝俣州和からは「整形してもダメ!!生まれ変わるしかない!!」と言われた。

■小学生の子役に、「カマキリみたい。」と言われた。

■兄嫁に「靖子さん」と言われるだけで嬉しい気持ちになる。

■「光浦ぁ〜!!」と言われ追いかけられながら、石を投げられることがある。本人は「人気がある証拠」としている。

■「一人ぼっちで寂しいためペットを飼いたい」と、マンションの住民アンケートに書いたのだが、ペット禁止のマンションだったため、即刻却下された。

■12時間寝ても寝たりない・訳の分からないことを言う・突然泣き出すなどの症状から34歳で「更年期障害ではないか?」と言う疑いをかけられた。


【メガネのネタ】
■視力は0.1以下。コンタクトレンズは痛いからつけないとのこと。したがって、メガネは度入りで、決して一部で噂されるように伊達メガネではない。また、「メガネが似合う女性ランキング」(オリコン調べ)で、2006年7月、2007年1月の調査において2回連続の総合2位となった。

■両親が目が悪いため、兄と共にその遺伝子を受け継いでしまった。そのため、兄嫁以外の家族(両親・兄)全員がメガネをかけている。

■「メガネをかけてこれ以上ブスになったら困る。」と言う親の思いから2年間眼科に通い続け、よく分からない器具をつけながら視力矯正を図ったが、結局視力が良くなることはなかった。

■2007年6月9日のめちゃイケのシンクロナイズドテイスティング中、ハリセンボンがオアシズに変わって中国チームとして出場、その時に彼女らにテイスティングさせる係として出場し、ハリセンボンが水中に落ちて上がったとき近藤に「何でメガネを落として上がらないのよ!」と罵倒した。しかし、その後自分が水中に落とされて上がるときに顔にメガネがかかっていたことを近藤達につっこまれていた。

■「メガネ塚」と言う、壊れためがねのお墓があり、そこにメガネを保管している。メガネ塚に入っためがねは本人曰く「メガネ戦士たち」。


【外国人との話ネタ】
■若手の頃、相方大久保佳代子と、上野公園でネタの練習をしてたとき、通りかかったイラン人が、「チョットオ話シシテイイデスカ」と言われたので3人で話をしていると、イラン人が突然「ドッチデモイイデスヤラセテクダサイ」と言ってきたため、光浦はナンパをされたと思い込んでいる。

■母親から、「やっちゃんは日本じゃない。外国でモテる。」と言われ育ったため、外国に行けばモテると思い東京外国語大学を卒業したがロンドンハーツの「格付けしあう女たち」で「外国人ビジネスマンに聞いた 彼女にしたい女」で見事ワースト1位。しかし、光浦を第1位に選んだ人は韓国人からは「明るくて素敵」イタリア人から「僕が変えてみたい」と言われ、カナダ人の方は、「1位は光浦さんしか考えられない」と言う理由を書き、1位以外を空欄で書き、電話番号とメールアドレスついては、センスがいいとほめた。また共演した楠田枝里子にも、「光浦のようなタイプは外国の方にモテる」と言われたため、多数の外国語で外国人の恋人を募集した。

■中国の山奥で、「絶世の美女、黄金比率の顔」と言われた。


【その他のネタ】
■愛煙家である。

■自分が出演していない番組において、自分の名前が使われたら2000円、写真が使われたら3000円をもらうことになっているらしい。(島田紳助談)

■よゐこの濱口優に、かねて同性から褒められていた自分の胸が美乳である事を広めてもらおうと、皆に宣伝する事を条件に500円の対価で胸(乳首)を見せたことがある。ちなみに1000円で全裸を見せるとのこと。

■第19回メガネの国際総合展 (IOFT2006) で発表・表彰された、第19回日本メガネベストドレッサー賞〈芸能界部門〉を受賞した。

■グラビアトークオーディション出演時にウエストのサイズを測定した所、シャツとセーターとババシャツの上から測定したにもかかわらず61.5cmしかなかった。

■自宅の居心地の良さを追求していった結果、実家みたいになってしまった。

(出典:Wikipedia)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?b=20070720-00000075-sph-ent


[PR]

【引越し比較.com】70社以上の引越し会社から、最大8社に引越しの無料一括見積もり!お客様のエリアや条件に合わせ見積もり依頼が可能です。引越しに役立つ情報も掲載しています。

三原じゅん子 エピソード&プロフィール

三原 じゅん子(みはら じゅんこ、本名:宮谷 順子(みやたに じゅんこ)、1964年9月13日 - )は、東京都板橋区出身の女優、元歌手。以前は「三原順子」として活躍。血液型はB型。明治大学付属中野高校夜間部中退。


【来歴・人物】
小学校時代に「東京宝映」に入団し、「燃えろアタック」等に出演。後に1979年に「3年B組金八先生」に出演し、「山田麗子」役で役柄からの「つっぱり」のイメージで人気が急上昇した。リンチをするシーンでは自分では殴らず大人数を指揮し、「顔はやめな、ボディボディ(腹)を狙え」の名セリフはあまりにも有名で、三原を表す代名詞になった。

1980年にはビーイング創設者の長戸大幸が作曲した「セクシー・ナイト」で歌手デビューし、1986年までコンスタントにシングルを発表した。デビュー・シングル「セクシー・ナイト」は売り上げ30万枚を超える大ヒットとなった。デビュー年はアイドルブームに火が点いた年であり、同期歌手デビューには松田聖子、河合奈保子、柏原芳恵、岩崎良美、浜田朱里、甲斐智枝美などがいる。当時は山口百恵引退直後だったため、”ポスト百恵"と言われていたが、まもなくデビューした中森明菜にあっけなくその座を譲り渡すことになった。しかしながら、1982年には「だって・フォーリンラブ・突然」のロングヒットで第33回NHK紅白歌合戦にも出場。紅組トップバッターを「ホンキでLove me Good!!」で務めた。1984年二十歳の誕生日を機に「三原順子」から現在の「三原じゅん子」へ芸名を改める。お笑いコンビ「アニマル梯団」のコアラ(のちにハッピハッピー。と改名)こと宮谷信也と再婚。夫のダイエット記録本を出版して好評だったり、かなりのおノロケぶりであった。

1987年〜1999年、カーレーサーとしても活動。国際B級ライセンスを持つ。レース中の事故による骨折も7回経験しているという。2005年からはレーサー時代の経験を活かし、二輪レースチーム「weave×MIHARA PROJECT」のオーナー兼監督を務める。

現在は「ケントス」等でライブ活動の傍ら、バラエティ、女優業に幅広く活躍している。

(出典:Wikipedia)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?b=20070612-00000008-nks-ent

[PR]
キャッシングDr.によるスピード診断で、ベストなクライアントを選べるキャシング診断サイトです。
カンタン入力で限度額を一括審査

宮尾すすむ エピソード&プロフィール

宮尾 すすむ(みやお すすむ、1934年3月8日 - )は、日本のタレント、俳優。本名は山口 進(やまぐち すすむ)。旧満州(現・中国東北部)で生まれ、終戦後は鹿児島県阿久根市で育つ。


【来歴・人物】
鹿児島県川内市(現・薩摩川内市)で洋服店を経営し、その後、上京して漫談家の宮尾たか志に師事。歌手の司会などを務める後、タレントとしてテレビに進出。バラエティ番組の司会やリポーターなどの仕事を中心に活躍。

登場する時、顔の前で両手を交差させて、右手の平を右アゴに乗せて『....ハイッ!』と叫びながらとる決めポーズで一躍有名になり、井手らっきょをはじめとするお笑い芸人に真似されている。近年では太田光が、物真似という形ではないのになぜかこのポーズを使っている。




芸能界にデビューしてから永らく、「1939年生まれ」と年齢をサバ読みしていた。これはデビュー当時、事務所の意向で「昭和ヒト桁生まれでは若々しさがない」といわれたからだそうである。

リポーターを務めたテレビ朝日系『モーニングショー』の人気コーナー『宮尾すすむのああ日本の社長』は、日本各地の会社の社長、すなわち経営者・創業者に密着リポートする長寿シリーズとなった。イカ天ブームの時に、これにちなんだ宮尾すすむと日本の社長というバンドがデビューしている(宮尾自身は無関係)。

また、上記「'宮尾すすむのああ日本の社長」のパロディコーナーである「宮尾すすむの社長のお嬢さん」というコーナーを、1990年〜1991年にかけて放送されたバラエティ番組「GOB」(日本テレビ)で担当、こちらも密かな人気を得た。

その他、俳優としてテレビドラマや映画、テレビコマーシャルにも出演。

1994年夏、愛妻である山口明美が47歳の若さで他界。

長男でタレントの山口雅史は新日本プロレス実況ナビゲーターとして活躍。

(出典:Wikipedia)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?b=20070602-00000039-sph-ent

[PR]
車持ってるならこのカード!

宮崎あおい エピソード&プロフィール

宮ア あおい(みやざき あおい、1985年(昭和60年)11月30日 - )は、日本の女優。

東京都出身。所属事務所はヒラタオフィス。血液型O型。身長163cm。趣味は写真。特技はネイルアート。俳優の宮崎将は実兄。


【来歴】
■4歳の時、子役デビュー。主にCMを中心に活動。ドラマや映画にも出演していたが、名前の付かない役が多かったため、子役時代の彼女を知る人はあまり多くない。役名をもらい、本格的に女優業を始めたのは1998(平成10年)〜1999年(平成11年)頃。

■2000年(平成12年)、映画『EUREKA(ユリイカ)』における秀逸な演技力が高く評価される。(映画公開は2001年(平成13年))

■2001年(平成13年)、映画初主演の『害虫』で、第23回ナント三大陸映画祭コンペティション部門主演女優賞を受賞。(映画公開は2002年(平成14年))

■2002年(平成14年)、『EUREKA』で第16回高崎映画祭最優秀新人女優賞を受賞。
同年10月、BS-i連続ドラマ『ケータイ刑事 銭形愛』に主演。

■2003年初舞台で主演をつとめたミュージカル『星の王子さま』で、第41回ゴールデン・アロー賞演劇新人賞受賞。

■2004年(平成16年)、NHKドラマ『ちょっと待って、神様』の主役を務めて好評を博す。

■2005年(平成17年)、中島美嘉とダブル主演を務めた『NANA -ナナ-』が、2005年度実写邦画観客動員数第2位の大ヒット。社会現象になり、彼女の大ブレイクのきっかけとなった。

■2006年(平成18年)、NHK朝の連続テレビ小説『純情きらり』で、ヒロイン・有森桜子役を好演。知名度がさらに上昇した。そしてその演技が評価され、第44回ゴールデン・アロー賞放送賞(ドラマ部門)を受賞。

■同年10月、日韓合作の映画『初雪の恋 ヴァージン・スノー』に出演決定。京都、ソウルなどでロケを行い、2007年(平成19年)5月に日韓同時公開予定。

■2008年(平成20年)に放送予定のNHK大河ドラマ『篤姫』で、主人公の篤姫を演じる。放送開始時の年齢は22歳1か月であり、大河ドラマの主役としては歴代最年少になる。また、朝ドラのヒロイン経験者が大河ドラマの主役を単独で務めるのは初めてである。


【人物】
■蒼井優と仲が良い。(蒼井は映画『害虫』やCMで共演している。)お互いを「あおい」「優」と呼び合う。

■2000年に放送していた秘密倶楽部o-daiba.com及び株式会社o-daiba.com美少女IT戦士リアルシスターズで共演した、栗山千明、須藤温子、ベッキー、松本まりかとも仲が良い。誕生日にはお互いに各メンバーのお祝いをしに行くほどである。

■写真が趣味で、NikonFM3A(シルバーボディ)を愛用。常用レンズはAi Nikkor 45mm F2.8P(どちらも発売終了)。DVD「OLARE」「foto por favor」が契機となった。ストラップは、自分で麻ひもを編んでつくったものを使用している。(宮崎あおいファンである香椎由宇も同じシルバーモデルを使用していると自分の番組で話していた。また、黒川芽以も宮崎あおいがシルバーモデルを使用しているのを見て、ブラックモデルを購入したとニコンのHPにあるインタビューで語っている。)なお、ポラでも写真を撮っていて、PolaroidのSX-70を愛用している。また、こうした写真愛好家である一面から、オリンパスのデジタル一眼レフカメラ、E-410/510のイメージキャラクターに起用されている。

■同世代の女優の中でも抜きん出た演技力で、各方面から高い評価を得ている。また、「純情きらり」に出演して以来、ファンの層を一挙に広げ、知名度も上がったことにより、CM等での活躍も多くなった。

(出典:Wikipedia)



[PR]
☆★☆新規お申込みの方15〜18%!!☆★☆

急な出費に今すぐお答えいたします! 融資額 1万円〜100万円!!

※新規お申込みのお客様に限り年率15〜18%にて契約中!!

http://ad.affipa.ne.jp/LK00078067/PS00026557/click.cgi

ご融資条件と商品のご案内

■実質年率 15.00%〜29.2%
■遅延損害金 21.9%〜29.2%
■申込対象 20歳以上70歳未満で定期的な収入のある方
(正社員・パート・アルバイト・派遣社員・主婦の方・自営業)
■契約期間 5年ごとの自動更新
■返済方式 借入金額スライドリボルビング方式
■必要書類 健康保険証・運転免許証・パスポート等身分を証明できる
 書類・通帳(キャッシュカード)のコピー
■資金使途 原則として使途自由
■融資限度額 1万円〜100万円
■担保・保証人 原則なし
(高額のご融資に関しましては収入証明・源泉徴収・給与明細・担保・
 保証人等が必要になる場合がございます。)

★お申込みはココ★
http://ad.affipa.ne.jp/LK00078067/PS00026557/click.cgi

水野美紀 エピソード&プロフィール

水野 美紀(みずの みき、1974年6月28日 - )は、アクション女優。血液型B型。本名は同じ。日出高等学校、明治学院大学社会学部中退。(正確には除籍。本人が2000年に「JUNON」インタビューで語っている)


【来歴・特徴】
■香川県高松市生まれ。三重県四日市市育ち。父親の転勤により各所を転々とし、デビュー直前は福岡市城南区に住んでいた。

■麻田華子が優勝した第2回東鳩オールレーズンプリンセスコンテストで準優勝し、それをきっかけに福岡から上京。グリーンプロモーションにスカウトされ芸能界入り。1987年に雑誌モデルとしてデビュー。その後、女優に転身し、多くのドラマ、映画、CMに出演。

■鶴屋華丸・亀屋大吉(現・博多華丸・大吉)が司会をする福岡のトーク番組に出演したとき、子供の頃は野山を駆け巡って育ち、虫を捕まえて生で食べる野生児だったとの話をし、司会の2人を驚かせていた。

■2007年1月18日の「スタジオパークからこんにちは」に出演した折、小学生の時に美内すずえの「ガラスの仮面」を読み、舞台の持つ華やかさと、その背後にある厳しさの両方に惹かれ、ずっと舞台に憧れていたと語った。

■中学生の頃に少林寺拳法を習い、デビュー後は「倉田アクションクラブ」で本格的にアクションの修行を積む。その経歴を活かして、アクションものにも積極的に出演。立ち回りシーンを吹き替えなしで演じられる稀有な女優である。

■1992年 俳優の唐沢寿明と共演した「チューして」の台詞が印象的な化粧品「コーセー ルシェリ」のCMが話題に。事務所は実際にキスシーンがあるとは知らされておらず、CMスタッフとしてははじめから事後承諾で押し切るつもりだったようである。水野は当時を振り返り「現場に入るとスタッフがみんな薄ら笑いを浮かべていて、詳細を知らされ驚いたがとりあえずそのまま撮影に臨み、後で事務所に怒られた」と述懐している。曰く付きの仕事ではあったが結果的には水野の知名度が上がるきっかけとなった。同時にキングレコードより「素敵な身勝手/瞬間KISS」で歌手としてもCDデビュー。数枚シングルを出す。

■スーパーファミコンソフト『ストリートファイターII』CMで春麗役としてコスプレをしていたこともある。

■1994年 (バーニングプロダクション)に移籍。連ドラ、踊る大捜査線などの人気作品に数々出演し、女子アナ。で連ドラ初主演を果たす。 

■英会話イーオンCMで坂口憲二と、ソニー·DVDレコーダー「スゴ録」CMで田村正和と共演。

■「クイズ!ヘキサゴン」にて番組史上初の正解率100%で優勝。セーブくずしも2回。

■普通自動二輪免許を所持。趣味は写真。特技はアクション、英語。

■2005年11月28日 公式サイト「SUNNY-day Miki mizuno Official Site」(1999年11月1日開設)が所属していた事務所(バーニングプロダクション)からの独立により閉鎖。このサイトは本人の日記、掲示板、チャット等からなり、掲示板やチャットに日夜集うファンは自らを「サニラー」と称した。

■2005年12月1日 新たな公式サイト「628DRIVE 水野美紀オフィシャルサイト」がオープンする。628は水野自身の誕生日6月28日にちなんだものと思われる。かつてはCMやテレビドラマの仕事が中心であったが、現在では舞台演劇への出演を増やしており、さらには雑誌コラムやブログの執筆にも挑むなど多方面に活動の場を広げている。

■2007年1月30日 TBSのバラエティ番組「リンカーン」でおぎやはぎの矢作兼と40回キスをした。

(出典:Wikipedia)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?b=20070428-00000002-gen-ent

みのもんた エピソード&プロフィール

みの もんた(1944年8月22日 - )は、日本のフリーアナウンサー、タレント、司会者、実業家。1967年4月から1979年9月まで文化放送社員。社員時代のほとんどの期間をアナウンサーとして業務を担当。東京都世田谷区、宮城県栗原郡鶯沢町(現・栗原市)出身。立教高等学校(現・立教新座高等学校)、立教大学社会学部卒業。神奈川県逗子市在住。血液型はA型。

現在の日本を代表するテレビ司会者であり、世界一メディアでしゃべり続けている男性として非常に有名である。2006年11月28日には、「1週間で最も長時間(21時間42分)、テレビの生番組に出演する司会者」として、ギネスワールドレコーズの認定を受けており、ギネスワールドレコーズ2006年版には、「世界一テレビでしゃべり続けている男」として掲載される見込みである[1]。また、水道メーター製造・販売会社ニッコクの社長でもある。この他、日本火消し保存会顧問や東北福祉大学客員教授も務めている。

徳光和夫、伊藤勉は大学放送研究会の先輩にあたる。古舘伊知郎と久保田光彦(元テレビ東京、現フリー)は大学の後輩。政治家の御法川信英は遠縁。

愛称は『みの』『みのさん』『みのちゃん』。ただし『みのちゃん』と公の場で呼ぶのは徳光和夫と和田アキ子ぐらいである。子供は2男1女がいる。愛犬はミニチュア・ダックスフントのテュフォ・フォーレ。


【来歴・人物】
本名は御法川 法男(みのりかわ のりお)。幼い頃から不自由なく育ったが、伊勢湾台風で父親が経営する工場が全壊し一転して家計が苦しくなった。そのため、高校を辞めざるを得ない状況に追い込まれたが、母親の言葉で奮起して退学を思いとどまる。そして、アルバイトをしながら学費を捻出し、夜は猛勉強に励む毎日を過ごす。

大学在学中から放送研究会に所属し、立教大学経済学部から社会学部に転属。大学卒業後、アナウンサーとしての基礎を築く。そして、就職の時期に近づいた頃、父親から経営する愛知県名古屋市の水道機器メーカー・ニッコクに入社を誘われるが、アナウンサーを目指すため拒んだ。

産経新聞に報道局社会部記者として入社するが、フジサンケイグループの新人研修後にAMラジオ局の文化放送に転属し、アナウンサーとなる(1967年4月入社、当初はニュース専門だった)。同期のアナには落合恵子などがいる。そして、ラジオ・野球中継ベンチレポーターの草分けで、深夜放送『セイ!ヤング』の初代パーソナリティー(1969年6月〜1973年3月まで担当)として、若者の教祖的存在になる。

ほぼ同じ頃、洋楽ランキング番組『オール・ジャパン・ポップ20』(『全国ポピュラーベストテン』の前身)では、オープニングで「♪みのみの〜、もんた、みのもんた」と、独特の節まわしでリスナーの関心を惹きつけた(高橋小枝子とDJを担当)。

後に、『ワイドNo1』、『ダイナミックレーダー〜歌謡曲でいこう!〜』等を担当し、文化放送と同じくフジサンケイグループに所属するフジテレビの番組にも出演。オールスター水泳大会の司会などで人気を博したが、人事異動で営業部へ配転される。

1979年9月に文化放送を退社。父親が経営するニッコクに勤務した。その傍ら、東海ラジオでニュース担当の契約アナウンサーも務めた。一時は東海ラジオへの番組出演も打診されたが、本人は「文化放送と東海ラジオの現場の雰囲気は違うから」と言って、断っている。

その後『プロ野球ニュース』の週末版にてキャスター業に復帰し、現在では、最もレギュラー番組の多い司会者の一人である。

(出典:Wikipedia)

三船美佳 エピソード&プロフィール

三船 美佳(みふね みか、本名:高橋 美佳(たかはし みか)、1982年9月12日 - )は日本の女優、タレント。東京都出身。血液型O型。スタッフアッププロモーション所属。身長160cm。体重51kg。横浜セント・ジョセフ・インターナショナル・スクールに入学(幼稚園〜中学)、横浜インターナショナルスクール卒(高校)。


【人物】
■天然ボケで毒気のないキャラクター、無邪気な笑顔、子持ちとは思えない抜群のスタイル等で人気を集めている。

■三船敏郎と元女優の北川美佳(喜多川美佳)の長女である。ただし三船敏郎と北川美佳との間には婚姻関係が無く、いわゆる妾腹の子である。父親である三船敏郎とは一般的な親子以上に年が離れている。

■16歳で24歳年上のTHE 虎舞竜のボーカル高橋ジョージと結婚。現在は一児の母でもある。

■所謂「親バカ」とまではいかないが、以前、子供は溺愛傾向と自認する発言があった。

■テレビ番組『クイズ!ヘキサゴンII』では珍解答を連発している。

■以前は、女優業を中心としていたが、最近はバラエティ番組の出演が多い。

■おしどり夫婦としても知られているため、夫婦共演も多い。

■以前、日本テレビで放送されていた討論番組『ジェネジャン』に出演した際に、「戦争は絶対に認めないし、自衛隊も本当は必要ない」と発言した。

■キリスト教系のインターナショナルスクール出身にもかかわらず熱心な創価学会の信者であり、夫である高橋ジョージと揃って学会員を勤めている。

(出典:Wikipedia)


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?b=20070415-00000001-sanspo-ent

Mr.Children エピソード&プロフィール

Mr.Children(ミスターチルドレン)は、日本のロックバンド。一般的な略称はミスチル。音楽プロデューサーは小林武史。所属事務所は烏龍舎(小林武史が設立・経営)、所属レコード会社はトイズファクトリー。


【概要】
1988年バンド結成、1989年1月1日にMr.Childrenと改名し、1992年5月10日にミニアルバム『Everything』でメジャーデビュー。3rdアルバム『Versus』でシングル・アルバムを通じて初のトップテンを記録し、4thシングル『CROSS ROAD』は週間最高順位6位ながら、自身初のミリオンを記録。4thアルバム『Atomic Heart』でアルバムにおいても初のミリオンを記録した。その後も数多くのヒット曲を生み、「ミスチル現象」とまで評された。97年3月に6thアルバム『BOLERO』を発売後、突如「無期限の活動休止宣言」を発表する。その後98年10月に発売された15thシングル『終わりなき旅』で本格的に活動を再開させ、現在まで長きに渡り、好セールスを続けている。『innocent world』〜『フェイク』まで、日本記録保持継続中のB'zに次ぐシングルの連続初登場1位記録として現在もなお継続中。その他にも、10thシングル『名もなき詩』の初動売上は120.8万枚(オリコン集計)という驚異的な数字を記録し、シングル初動売上日本記録を塗り替え、現在も更新されていない。 ボーカルの桜井和寿がほぼすべての曲を作詞・作曲。小林武史とMr.Childrenが編曲を担当。桜井のキャッチーな作曲センスとメンバーが「イントロ大王」と称えるプロデューサー小林の編曲による、万人受けするメロディと歌詞が特徴である。当初はオーソドックスな歌詞のラブソングが多かったが5thシングル『innocent world』からはメッセージ性の強い歌詞が見られるようになった。 数多くのミリオンヒットをもつ。シングルは10作品(B'zの15作品に次いで2位)、アルバムは11作品(B'zの19作品に次いで2位)である。(2007年現在)。ちなみに、作品によってはグループ名を「mr.children」、「MR.CHILDREN」などにしている。なお、「歌で勝敗を決めたくない。」とのメンバーの意向により、紅白歌合戦には一切出演していない。


【メンバー】
■桜井和寿(さくらい かずとし)ボーカル、ギター。愛称 和君。クジラが好き。

■田原健一(たはら けんいち)ギター。愛称 田原っち、健ちゃん、一部のファンからは田原様、田原皇帝、田原唯一神とも。

■中川敬輔(なかがわ けいすけ)ベース。愛称 ナカケー。馬(競馬)と阪神タイガースファンでもある。

■鈴木英哉(すずき ひでや)ドラムス。愛称 Jen。お酒大好き。実は何故か、リーダーでもある。


【来歴】
●インディーズ時代
同じ中学や高校で出会った桜井、田原、中川がMr.Childrenの原型となる「Beatnik」を結成。当時はキーボードを含めた5人組だった(当時のドラムスは別人、キーボードは女性)。それから他バンドで以前から面識のあった鈴木が加入する。バンド名は「The Walls」など度々変えていたが、4人で食事をしていた時に改名について話していた時にふと組み合わせた単語が「Mr」と「Children」だった。

結成後

■1991年

・渋谷や新宿等のライブハウスを中心に活動。名阪方面へ遠征したりデモテープ製作をするなどプロデビューを意識し、このころからの固定ファンも多くいる。

■1992年

・5月10日 ミニアルバム『Everything』(1stアルバム)でメジャーデビュー。

・8月21日 アルバムから「君がいた夏」をシングルカットし、1stシングルとして発売。同曲はFM802のヘビーローテーションにも選ばれる。

・12月1日、2ndアルバム『KIND OF LOVE』を発売。このアルバムは、発売当時はヒットしなかったものの、94年のブレイク後に収録曲のひとつである「抱きしめたい」などの評判が口コミで広がったこともあり、数年かけてミリオンセラーを達成することとなった。

■1993年

・11月10日発売の4thシングル『CROSS ROAD』が、シングルとしては自己初となるミリオンヒットを記録。桜井は曲が完成したとき「ついに100万枚売れる曲が完成した!」と叫んだという。(本人談、ベストアルバムに記載)

■1994年

・4thアルバム『Atomic Heart』が発売される。売り上げは当時の日本における邦楽CDアルバムの歴代1位となった。ファンの間ではこの作品がミスチルの転機であり、最高傑作と称されることも多い。

・6thシングル『Tomorrow never knows』がダブルミリオンを突破する。現段階での自己記録。

・5thシングル曲「innocent world」が第36回日本レコード大賞を受賞した。Mr.Childrenは「海外でのPV撮影」という理由で授賞式を欠席しており、日本レコード大賞史上唯一の受賞者欠席での大賞受賞となる。当然、恒例である生演奏なども無く、代わりにTBSの別番組で収録された演奏が会場に流されるという稀に見る事件であった。原因は審査員の内紛があったと言われている。

■1995年

・サザンオールスターズの桑田佳祐との合同作品として、桑田佳祐&Mr.Children名義でシングル『奇跡の地球』を発売する。これはAIDS患者救済基金を集めるためのプロジェクト(Act Against Aids 通称AAA)の一環であった。ともに週間シングルチャート1位経験のあるアーティスト同士のコラボシングルとしては史上初めて1位を獲得した。

・9thシングル『シーソーゲーム 〜勇敢な恋の歌〜』の売り上げ金、アーティスト印税の全てを全額阪神淡路大震災の義援金として寄付。

■1996年

・5thアルバム『深海』が発売される。Mr.Childrenとしては初のコンセプトアルバム。暗い曲が多いことから、「ファンでいるための踏み絵」とまで言われた。
※1994年から1996年までは、発売したシングルのほぼ全てがミリオンヒットとなり、もはや社会現象であるとまで言われたため、「ミスチル現象」と一部で言われた。

■1997年

・6thアルバム『BOLERO』発売。初の東京ドームでのライブ後、突然の活動休止を発表。

■1998年

・全く告知もせず、14thシングル『ニシエヒガシエ』を発売。レコーディングは休止前に行われ、プロモーションビデオにも本人達は出演せず。しかし、最初に後頭部とラストにほんの一瞬、桜井だけ出演している。

・メンバーのほとんどが野球経験者で草野球チームを結成していたが、この頃からサッカーに転じ草サッカーが流行りだす。歌詞にもサッカー用語が使われるようになる。

・15thシングル『終わりなき旅』を発売し、本格的にバンド活動を再開する。

■1999年

・7thアルバム『DISCOVERY』を発売。ロックテイストの強い楽曲が収められたアルバムである。このアルバム発売の1ヶ月前には先行シングルとして16thシングル『光の射す方へ』を発売。また、収録曲の「I'll be」を大きくアレンジしてシングルカットし、17thシングル『I'LL BE』を発売。さらにこのアルバムのコンサートツアーである"Tour DISCOVERY"の音源を収録した初のライブアルバム『1/42』(8thアルバム)を発売するなど、このアルバムを中心とした活動を行った。

■2000年

・18thシングル『口笛』を発売。Mr.Childrenのシングルとしては最後の8cm CDとなった。

・9thアルバム『Q』を発売。『Atomic Heart』以降のアルバムとしては初めてオリコン初登場1位を逃し、2位となった(このときの1位は浜崎あゆみの『Duty』であった)。

■2001年

・初のベストアルバム『Mr.Children 1992-1995』『Mr.Children 1996-2000』(通称「肉盤」「骨盤」)を2枚同時発売。2枚合わせて400万枚以上の売り上げを記録する大ヒットとなる。

・ドラマ「アンティーク 〜西洋骨董洋菓子店〜」(フジテレビ系、2001年10月〜12月放送)では、Mr.Childrenの楽曲が多数挿入歌として用いられ、新曲の「youthful days」と「君が好き」も放送され、ファンの間ではいつ発売するか話題となった。21stシングル『youthful days』は年内に発売されたが、22ndシングル『君が好き』が発売されたのはドラマが終了し、その翌年の1月1日であった。

・また、FMフェスティバル '01にのちのBank Bandの前身となるAcid Testとしてジョン・レノンのカヴァー「MOTHER」で参加。後にMUSIC DELI端末で限定販売される。

■2002年

・5月10日、彼らのメジャーデビューと同じ日に、10thアルバム(スタジオ録音としては9枚目)『IT'S A WONDERFUL WORLD』を発売。

・7月、桜井が小脳梗塞で入院し、約半年間、音楽活動を中断する事態になった。

・12月21日、横浜アリーナにて一夜限りの復活ライブを行う。桜井が入院したため当初アルバム『IT'S A WONDERFUL WORLD』の発売に伴ったツアーを行う予定だったが全公演を中止。11日に24thシングル『HERO』の発売もあってかなり話題性のあるライブとなった。その後ドラムスの鈴木の「諸事情」により本格的な活動の再開が遅れた(ミュージックステーション出演時に桜井が発言)。

■2003年

・11月19日、初のダブルA面シングルとなる25thシングル『掌/くるみ』を発売。

■2004年

・5月に11thアルバム『シフクノオト』発売。初のカタカナ名のアルバムとなった。12月、26thシングル曲「Sign」が、日本レコード大賞・金賞(大賞候補)にノミネートされる(Mr.Childrenとしては94年の「innocent world」以来10年ぶり)。同月31日に大賞の受賞が決まり、1994年に続き2度目となり、グループとしては史上初のレコ大複数回受賞達成し、授賞式にも出席した。

・同じ頃にBank Bandを桜井和寿、小林武史を中心に結成し、活動を始める。

■2005年

・6月、27thシングル『四次元 Four Dimensions』を発売(13ヶ月ぶりのシングル)。全曲がタイアップされており、TVでもおなじみの曲ばかりとなった。特典として、収録曲の一つである「and I love you」のPVが見れるようになっている。この年のオリコン年間ランキング3位。

・7月16日から7月18日にかけて、「ap bank fes '05」に出演。この夏、多数の野外フェスに出演した。

・9月21日に、12thアルバム『I ♥ U』が発売された。

■2006年

・7月5日に28thシングル『箒星』を発売。

・7月15日から7月17日にかけて、「ap bank fes '06」に出演。

・8月27日、桜井と親交が深く、コラボレーションシングル『奇跡の地球』を発表し共演したサザンオールスターズの桑田佳祐の呼びかけにより、「THE 夢人島 Fes.2006」に参加。

・9月26日の名古屋公演を皮切りに、全国のZepp6会場にて、かねてから親交のあったthe pillowsと共に対バンツアーを行った。

・11月15日、29thシングル『しるし』を発売。

■2007年

・1月24日、30thシングル『フェイク』(40万枚限定生産)を発売。

・3月14日、13thアルバム『HOME』を発売。

・5月10日、初のカップリング集のアルバム『B-SIDE』を発売予定。

(出典:Wikipedia)


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070409-00000019-oric-ent
タグ:J-POP Mr.Children

宮崎あおい エピソード&プロフィール

宮ア あおい(みやざき あおい、1985年(昭和60年)11月30日 - )は、日本の女優。

東京都出身。ヒラタオフィス所属。血液型O型。身長163cm。趣味は写真。特技はネイルアート。俳優の宮崎将は実兄。


【来歴】
■4歳の時、子役デビュー。主にCMを中心に活動。ドラマや映画にも出演していたが、名前の付かない役が多かったため、子役時代の彼女を知る人はあまり多くない。役名をもらい、本格的に女優業を始めたのは1998(平成10年)〜1999年(平成11年)頃。

■2000年(平成12年)、映画『EUREKA(ユリイカ)』における秀逸な演技力が高く評価される。(映画公開は2001年(平成13年))

■2001年(平成13年)、映画初主演の『害虫』で、第23回ナント三大陸映画祭コンペティション部門主演女優賞を受賞。(映画公開は2002年(平成14年))

■2002年(平成14年)、『EUREKA』で第16回高崎映画祭最優秀新人女優賞を受賞。

■同年、BS-i 『ケータイ刑事 銭形愛』主演。

■2003年に初舞台で主演したミュージカル『星の王子さま』で、第41回ゴールデン・アロー賞演劇新人賞受賞。

■2004年(平成16年)、NHKドラマ『ちょっと待って、神様』の主役を務めて好評を博す。

■2005年(平成17年)、中島美嘉とダブル主演を務めた『NANA -ナナ-』が、2005年度観客動員数実写邦画第2位の大ヒットとなり、社会現象になる。大ブレイクのきっかけとなった。

■2006年(平成18年)、NHK朝の連続テレビ小説『純情きらり』で、ヒロイン・有森桜子役を好演。知名度が上昇した。その演技が評価され、第44回ゴールデン・アロー賞放送賞(ドラマ部門)受賞。

■同年10月、日韓合作の映画『初雪の恋 ヴァージン・スノー』に出演。京都、ソウルなどでロケを行い、2007年(平成19年)4月に日韓同時公開予定。

■2008年(平成20年)に放送予定のNHK大河ドラマ『篤姫』で、主人公の篤姫を演じる。放送開始時の年齢は22歳1か月であり、大河ドラマの主役としては歴代最年少になる。また、朝ドラのヒロイン経験者が大河ドラマの主役を単独で務めるのは初めてである。


【人物】
■蒼井優と仲が良い。(蒼井は映画『害虫』やCMで共演している。)お互いを「あおい」「優」と呼び合う。

■写真が趣味で、NikonFM3A(シルバーボディ)を愛用。常用レンズはAi Nikkor 45mm F2.8P(どちらも発売終了)。DVD「OLARE」「foto por favor」が契機となった。ストラップは、自分で麻ひもを編んでつくったものを使用している。(宮崎あおいファンである香椎由宇も同じシルバーモデルを使用していると自分の番組で話していた。また、黒川芽以も宮崎あおいがシルバーモデルを使用しているのを見て、ブラックモデルを購入したとニコンのHPにあるインタビューで語っている。)なお、ポラでも写真を撮っていて、PolaroidのSX-70を愛用している。また、こうした写真愛好家である一面から、オリンパスのデジタル一眼レフカメラ、E-410/510のイメージキャラクターに起用されている。

■同世代の女優の中でも抜きん出た演技力で、各方面から高い評価を得ている。また、「純情きらり」に出演して以来、ファンの層を一挙に広げ、知名度も上がったことにより、CM等での活躍も多くなった。

(出典:Wikipedia)

見栄晴 プロフィール&エピソード

見栄晴(みえはる、本名及び旧芸名藤本 正則 ふじもと まさのり、1966年11月13日 -)は、日本のタレント、俳優。浅井企画所属。東京都府中市出身。血液型A型。東海大学工学部中退。

【来歴・人物】
一人っ子として出生も幼少時実父が急逝し、飲食店を開業した母の手ひとつで育つ。劇団いろは所属時代に「ケンちゃんシリーズ」、仮面ライダーアマゾン(1974年)、仮面ライダーストロンガー(1975年)で子役として出演経験がある。

1982年、「欽ちゃんのどこまでやるの!?」の番組リニューアルで学生に成長した見栄晴を選ぶオーディションに優勝し、同番組のレギュラーとなる。当初は本名で活動していたが、その後この番組でのキャラクターが受け入れられたのか、見栄晴をそのまま芸名として使用するようになる。

また、府中競馬場が実家至近にあり、母の店にも競馬場利用者がおおく、彼らにも幼少時代からかわいがられていたことから競馬の熱烈な愛好者で、競馬情報番組の司会で知られるほか、クラブ法人である有限会社ゴールドレーシングの代表取締役も務めている。麻雀も趣味の一つ。

その反面、大のギャンブル好きだった為、競馬の馬券を買い、それが祟って、数百万円の借金を2回し、母親に返済させた。更に当時小学5年生であった間下このみから5000円を借り、見栄晴はなかなか返さず、これに見かねた関根勤は見栄晴に「返すように。」と一声掛けても結局、効果が無かった為、関根が見栄晴不在の隙に、彼の財布から5000円を抜き取って返してもらったと言う逸話がある。 2007年4月3日に10歳下の女性と4~5年の交際をえて入籍した。


【付記】
・『欽どこ』見栄晴役の最終オーディションで2名だけ残った。悩んだ萩本欽一はこの二人にジャンケンをさせ、「パー」を出して勝った藤本が見栄晴役を得た。

・『欽どこ』での妹役である倉沢淳美に片思いだったことを同じ妹役の高橋真美に暴露された。

・お互い35歳までに結婚していなかったら松本明子と結婚する約束をしている(ネタ?)ということを『DAISUKI』の中で話していたが、松本の結婚により消滅。『DAISUKI』で共演した中山秀征とも仲が良い。

・『1年B組新八先生』に生徒役で出演していたが、印象が薄かったらしく、後に桜中学シリーズのOBによる音楽祭が放送された時、他の生徒達は役名もしくは芸名で呼ばれていたが、見栄晴だけは先生役の岸田敏志から生徒役の名前でも、本名でもなく「見栄晴」と呼ばれていた。ちなみに、この頃はまだ本名の藤本正則で活動していた時期である。

・木梨憲武とは共通の趣味である競馬を通じて親交がある。一時期「とんねるずの生でダラダラいかせて!!」の準レギュラーとして出演していたが、これは木梨の馬券購入のお使いをしてきたお礼に出演させてもらっていたという逸話がある。だが、そのまんま東とのボクシング対決で敗れ、番組降板となった。それから1994年のラスタとんねるず'94(フジテレビ)ではジャイアント将棋(GIANT SHOWGI)の企画でミスターサイボーグ8号として出場。2戦連続でボクシングで対決してフラフラになり、観客に笑われるだけでなく敵側の木梨にも罵倒される有様。敗戦後は石橋貴明にまで「最初から捨て駒としてボロボロにするつもりだった」と言われる始末となった。

・東海大学を僅か8ヶ月で中退した。その理由は、「やっぱり芸能界の方が楽しいから。」との事。

(出典:Wikipedia)


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?b=20070406-00000013-oric-ent

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。