Google
 

森昌子 エピソード&プロフィール

森 昌子(もり まさこ、本名:森田昌子(もりた まさこ)、1958年(昭和33年)10月13日 - )は、栃木県宇都宮市出身のアイドル・演歌歌手・女優。宇都宮市立細谷小学校から御田小学校に移り卒業、港中学校(現:三田中学校)から小野学園女子高等学校に進学し、堀越高等学校に移り卒業。前夫は森進一。元NEWSの森内貴寛(但し、親権が昌子側に行ったため、現在は森田貴寛)は長男。


【経歴】
■栃木県出身。本名、森田昌子。小学校4年生のとき東京に引っ越す

■1971年(昭和46年) 12歳で日本テレビ系スター誕生!(1971年10月開始)に出場。初代グランドチャンピオンとなる。ホリプロダクション(現ホリプロ)に所属。

■1972年(昭和47年)7月1日 徳間音工から「せんせい」で演歌歌手デビュー。翌年デビューした同学年の山口百恵、桜田淳子とともに「花の中三トリオ」と呼ばれる。尚、この中三トリオで最初にNHK紅白歌合戦に初出場を果たしたのも彼女であり、15歳最年少での出場であった(1973年)。

■1973年(昭和48年)、松竹の「男じゃないか・闘志満々」で映画デビュー。初々しい演技が好評を博した。同年、「としごろ」で主演に抜擢された

■1975年(昭和50年)、「花の高2トリオ・初恋時代」で初めて山口・桜田と共演。また、この年3〜4月に開催された、春のセンバツ高校野球大会に「おかあさん」が入場行進曲に選ばれ、森もセンバツ大会の開会式にゲスト出演した。

■1977年(昭和52年)、堀越高校を卒業。同期卒業生には岩崎宏美、岡田奈々、池上季実子らがいる

■1977年(昭和52年)の「なみだの桟橋」以降、本格的な演歌歌手への道を歩み始め、「彼岸花」など難易度の高い曲を歌いこなすことのできる実力派へと成長。1981年(昭和56年)の「哀しみ本線日本海」で出場9回目、弱冠23歳にして初の紅白・紅組トリを務め、1983年(昭和58年)の「越冬つばめ」で第25回日本レコード大賞・最優秀歌唱賞を受賞した。このほか、TBSの金曜ドラマ「想い出づくり」などドラマにも出演、女優としても活躍した。

■1979年(昭和54年)、新宿コマ劇場で史上最年少女座長として「森昌子公演」を行う

■1983年(昭和58年)、「越冬つばめ」で第25回日本レコード大賞最優秀歌唱賞を受賞。感激の余り受賞時に嬉し涙を流しながら歌ったが、何故かその後の紅白歌合戦でも、途中泣きながら唄い続けていた。

■1984年(昭和59年)、NHK「みんなのうた」で、「海へ来て」を歌う。放送期間は、1984年(昭和59年)8月1日〜9月30日。(再放送は5回。)

■1985年(昭和60年)、紅白歌合戦で初の紅組司会及びトリを務めた。「愛傷歌」を号泣により途中歌えなかった彼女の姿は、紅白史上に残る名シーンとして語り継がれている。

■1986年(昭和61年)10月1日 演歌歌手の森進一と結婚。これに先立ち8月、引退コンサート及び引退記念曲「〜さようなら〜」を発表し歌手業を引退。

■2001年(平成13年)12月31日 紅白歌合戦へ16年ぶりに出場。これを機に限定的ながら復帰(※夫婦共演形式でのコンサートツアー及びCD吹き込みのみ)。

■2005年(平成17年)2月 自宅で薬物を大量に飲んで倒れ、緊急入院。わずか1日で退院。さまざまな憶測がワイドショーや週刊誌に取り上げられることが多く、この事が後の離婚騒動に発展した。この頃から森進一との不仲説が大きく報じられる。

後にこの時、神経症であるパニック障害を発症したことが明らかになった。

■2005年(平成17年)3月 森進一と別居。

■2005年(平成17年)4月19日 離婚を発表(親権は長男が昌子側、次男と三男が進一側。養育権は3人とも昌子側)。ソロ歌手としての復帰が噂された。

■2006年(平成18年)3月27日 旧所属事務所のホリプロから歌手として復帰することを正式発表

■2006年4月、幻冬舎から初エッセー集「明日へ」を刊行。その後、和田アキ子・片平なぎさ・榊原郁恵らにより、「おかえり!昌子 激励の会」が開かれ、関係者700人が詰め掛けた。

■2006年(平成18年)5月、「NHK歌謡コンサート」でテレビに復帰。「哀しみ本線日本海」・「越冬つばめ」・「父娘草」を涙ながらに熱唱した。以降意欲的にテレビ出演などの活動を行う。

■2006年(平成18年)6月7日 古巣のポニーキャニオンから20年ぶりの新曲「バラ色の未来」をリリース(初登場14位で、初登場としては過去最高の順位。)

■2006年(平成18年)12月31日 年末恒例の紅白歌合戦へ5年ぶりに出場、「バラ色の未来」を歌唱する。元夫・森進一との競演が注目されたが、結局順序をずらしての出演となり、二人が同じステージに出演する場面は一度も無いままに終わった。

■2007年(平成19年)4月 NHK朝の連続テレビ小説「どんど晴れ」で女優業を本格再開。

(出典:Wikipedia)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?b=20070926-00000138-sph-ent

[PR]

【シューストップ】体臭に効果的なサプリメント販売サイト。突然ですが、おなら、体臭、口臭、加齢等、ニオイっていろいろとありますよね。 周りの人達はあなたのニオイを気にしています!!

森昌子 エピソード&プロフィール

森昌子(もり まさこ、本名:森田昌子(もりた まさこ)、1958年(昭和33年)10月13日 - )は、栃木県宇都宮市出身のアイドル・演歌歌手・女優。宇都宮市立細谷小学校から御田小学校に移り卒業、港中学校(現:三田中学校)から小野学園女子高等学校に進学し、堀越高等学校に移り卒業。前夫は森進一。元NEWSの森内貴寛(但し、親権が昌子側に行ったため、現在は森田貴寛。)は長男。


【経歴】
■栃木県出身。本名、森田昌子。小学校4年生のとき東京に引っ越す

■1971年(昭和46年) 12歳で日本テレビ系スター誕生!(1971年10月開始)に出場。初代グランドチャンピオンとなる。ホリプロダクション(現ホリプロ)に所属。

■1972年(昭和47年)7月1日 徳間音工から「せんせい」で演歌歌手デビュー。翌年デビューした同学年の山口百恵、桜田淳子とともに「花の中三トリオ」と呼ばれる。尚、この中三トリオで最初にNHK紅白歌合戦に初出場を果たしたのも彼女であり、15歳最年少での出場であった(1973年)。

■1973年(昭和48年)、松竹の「男じゃないか・闘志満々」で映画デビュー。初々しい演技が好評を博した。同年、「としごろ」で主演に抜擢された

■1975年(昭和50年)、「花の高2トリオ・初恋時代」で初めて山口・桜田と共演。また、この年3〜4月に開催された、春のセンバツ高校野球大会に「おかあさん」が入場行進曲に選ばれ、森もセンバツ大会の開会式にゲスト出演した。

■1977年(昭和52年)、堀越高校を卒業。同期卒業生には岩崎宏美、岡田奈々、池上季実子らがいる

■1977年(昭和52年)の「なみだの桟橋」以降、本格的な演歌歌手への道を歩み始め、「彼岸花」など難易度の高い曲を歌いこなすことのできる実力派へと成長。1981年(昭和56年)の「哀しみ本線日本海」で出場9回目、弱冠23歳にして初の紅白・紅組トリを務め、1983年(昭和58年)の「越冬つばめ」で第25回日本レコード大賞・最優秀歌唱賞を受賞した。このほか、TBSの金曜ドラマ「想い出づくり」などドラマにも出演、女優としても活躍した。

■1979年(昭和54年)、新宿コマ劇場で史上最年少女座長として「森昌子公演」を行う

■1983年(昭和58年)、「越冬つばめ」で第25回日本レコード大賞最優秀歌唱賞を受賞。感激の余り受賞時に嬉し涙を流しながら歌ったが、何故かその後の紅白歌合戦でも、途中泣きながら唄い続けていた。

■1984年(昭和59年)、NHK「みんなのうた」で、「海へ来て」を歌う。放送期間は、1984年(昭和59年)8月1日〜9月30日。(再放送は5回。)

■1985年(昭和60年)、紅白歌合戦で初の紅組司会及び大トリを務めた。「愛傷歌」を号泣により途中歌えなかった彼女の姿は、紅白史上に残る名シーンとして語り継がれている。

■1986年(昭和61年)10月1日 演歌歌手の森進一と結婚。これに先立ち8月、引退コンサート及び引退記念曲「〜さようなら〜」を発表し歌手業を引退。

■2001年(平成13年)12月31日 紅白歌合戦へ16年ぶりに出場。これを機に限定的ながら復帰(※夫婦共演形式でのコンサートツアー及びCD吹き込みのみ)。

■2005年(平成17年)2月 自宅で薬物を大量に飲んで倒れ、緊急入院。わずか1日で退院。さまざまな憶測がワイドショーや週刊誌に取り上げられることが多く、この事が後の離婚騒動に発展した。この頃から森進一との不仲説が大きく報じられる。

■2005年(平成17年)3月 森進一と別居。

■2005年(平成17年)4月19日 離婚を発表(親権は長男が昌子側、次男と三男が進一側。養育権は3人とも昌子側)。ソロ歌手としての復帰が噂された。

■2006年(平成18年)3月27日 旧所属事務所のホリプロから歌手として復帰することを正式発表

■2006年4月、幻冬舎から初エッセー集「明日へ」を刊行。その後、和田アキ子・片平なぎさ・榊原郁恵らにより、「おかえり!昌子 激励の会」が開かれ、関係者700人が詰め掛けた。

■2006年(平成18年)5月、「NHK歌謡コンサート」でテレビに復帰。「哀しみ本線日本海」・「越冬つばめ」・「父娘草」を涙ながらに熱唱した。以降意欲的にテレビ出演などの活動を行う。

■2006年(平成18年)6月7日 古巣のポニーキャニオンから20年ぶりの新曲「バラ色の未来」をリリース(初登場14位で、初登場としては過去最高の順位。)

■2006年(平成18年)12月31日 年末恒例の紅白歌合戦へ5年ぶりに出場、「バラ色の未来」を歌唱する。元夫・森進一との競演が注目されたが、結局順序をずらしての出演となり、二人が同じステージに出演する場面は一度も無いままに終わった。

■2007年(平成19年)4月 NHK朝の連続テレビ小説「どんど晴れ」で女優業を本格再開。

(出典:Wikipedia)


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?b=20070409-00000027-dal-ent

森山未來 エピソード&プロフィール

森山未來(もりやま みらい、1984年8月20日 - )は兵庫県神戸市灘区出身の俳優。芸能事務所アトリエ・ダンカン所属。本名同じ。身長172cm、血液型はAB型。国立神戸大学附属住吉小学校・中学校、報徳学園高等学校卒業、拓殖大学外国語学部スペイン語学科中退。


【来歴】
両親はダンス教室を経営しており、9歳年上の姉と共に幼児期からその教室へ通っていた。 5歳からジャズダンス、6歳からタップダンス、8歳からクラシックバレエとヒップホップを始め、現在まで続けている。 本格デビューは舞台「BOYS TIME」だが、それ以前にも舞台経験がある。

記録的大ヒット映画「世界の中心で、愛をさけぶ」の主人公・松本朔太郎の高校生時代を好演。世間の注目を集め、人気に拍車をかける。 ドラマでは「ウォーターボーイズ」、「ラストクリスマス」など話題作に次々と出演し、2005年10月期の月9「危険なアネキ」が平均視聴率18.8%、初回・2話・最終回で20%を超えるヒット作になった。

近年では自らが主演するダンスライブの演出も手掛けるなど、俳優業だけに留まらず幅広い分野での活躍が期待されている。

(出典:Wikipedia)

森下悠里 プロフィール&エピソード

森下悠里(もりした ゆうり、1985年1月30日 )は東京都出身の癒しエロス系のグラビアアイドル。血液型はA型。所属事務所はNASAエンターテイメント。

【プロフィール】
生年月日: 1985年1月30日
現年齢: 22歳
出身地: 日本・東京都
血液型: A型
公称サイズ(2007年時点)
身長: 160 cm / 5′ 4″
体重: ― kg / ― lb
スリーサイズ: 90 - 55 - 90 cm
ブラのサイズ: G
靴のサイズ: 24 cm


【略歴】
■公式プロフィールでは東京都出身とされているが、ブログでは広島県から上京してきたと書いており、生まれは東京だが思春期を広島で過ごしたことが伺える。上京してきた当初は、週5日日サロに通うガングロで金髪のギャル系だった。

■2003年から2005年にかけて、イベントコンパニオン等として活動。また、この間にJobAIDEMのテレビCMにも出演している。
 ・2003年 東京モーターショー ジャガーモデル
 ・2004年 Docomoキャンペーンガール
 ・2004年 TOYOTAイベントモデル
 ・2004年 フォトエキスポ NIKON イベントモデル
 ・2004年 2004年度 日本さくらの会候補生
 ・2005年 日本オートサロン ベイルサイドモデル
 ・2005年 東京モーターショー パイオニア イベントモデル

■跡見学園女子大学短期大学部家政科食物専攻卒。浪人や留年をせずにストレートで卒業していれば、卒業は2005年3月である。

■2005年8月に「日刊ゲンダイ」の“@失礼します”というコーナーに登場。人気投票で1位を獲得してDVD「@失礼しますVOL.3 森下悠里」を発売。

■2005年9月から「テレビ東京系深夜番組「OUT★PUT」のグラビアアイドル・オーディション出演。人気投票1位になった。上記の通りDVDの発売は決まっていたにもかかわらず、この番組では番組の人気投票で1位になったのでDVDが発売されるかのような告知がされた。


【プロフィール】
■所属事務所は、現在はNASAエンターテイメントとされているが、2006年1月には、アンジェリックとNASAエンターテイメントの両方を所属事務所だと言っていた。これは活動分野によってマネージメントを別の会社が行っていた可能性などが考えられる。

■NASAエンターテイメントの公式プロフィールによると、スリーサイズは2006年2月のB88cm・W58cm・H84cm[6]から、2007年2月現在のB90cm・W55cm・H90cm[7]へと大きく変化しており、スタイルを磨くために努力を欠かしていないことが伺える。

■秘書技能検定二級、パソコン技能検定2種二級、サービス接遇検定三級、ビジネス実務マナー技能検定二級など数々の資格を有する。

■キャビンアテンダントを目指していたこともある。

■あこがれの人は、チャン・ツィイー。日本人では、川原亜矢子、SHIHO、安室奈美恵。

■話し方はおっとりとしており、セクシー系でもあり癒し系でもある。また同じ事務所の酒井一圭によれば、森下は霊感があるらしく酒井が何も感じないところでも、雰囲気がイヤだと言っていたことがあったという。

■官能的なポーズをとることも厭わない。

■得意料理は肉じゃが。

■J君という名前のキャバリアキングチャールズスパニエルのペットを飼っている。

■テレビ朝日の深夜番組「中山秀征の年忘れ!!女だらけのビリヤードバトル!!」で処女であると主張。ファン受けを狙って処女でなくても、処女であることを公表するアイドルが多く、森下もそれを狙った発言だと思われるが、MCの中山秀征と眞鍋かをりから「そんなわけない」と指摘され、更に強く主張すると「まだ言い張るか」と激しく突っ込まれていた。

(出典:Wikipedia)


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?b=20070423-00000000-sanspo-ent

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。