Google
 

裕木奈江 エピソード&プロフィール

裕木 奈江(ゆうき なえ、本名:田沢 奈江 1970年5月12日-)は、女優、歌手。神奈川県横浜市瀬谷区出身。所属事務所は、劇書房。


【略歴】
1980年代末に映画女優としてデビュー。その後1990年代になってアイドル的な人気が出てテレビドラマ・CM・歌番組などテレビ番組での芸能活動にも進出し、ラジオ深夜番組のオールナイトニッポンのパーソナリティも勤めた。しかし、1993年に主演したドラマ、『ポケベルが鳴らなくて』の略奪愛的な役柄が契機となって週刊誌で「男性に媚びる女性に嫌われる女性」として槍玉にあがる。以後、女性誌やワイドショーなど各方面から連鎖的に同様の内容のバッシングを受け、社会現象のようになった時期もあった。

■1997年 所属事務所移籍。テレビ・ラジオ進出以前からの古巣であった映画界や、舞台を中心に活動する。

■1999年 写真集「UNRELEASED FILMS」では初めてオールヌードを披露した。

■2001年 映画「光の雨」では、永田洋子をモデルとする冷酷非情な新左翼幹部を演じ(厳密には「劇中劇」という扱い)、かつてのイメージを知る人々を大いに驚かせ、その演技力が話題となる。

■2004年9月 文化庁の在外研修生としてギリシャに一年間国費留学。この留学に関して、作家の麻生千晶を始め報道番組などでも、「彼女はどこが新進で、どこが芸術家なのでしょうか。」と批判が出た。

■2006年4月 クリント・イーストウッド監督の映画『硫黄島からの手紙』に出演。

■2006年7月 日本において舞台『無頼の女房』に出演。作家坂口安吾の妻役。

■2007年 7月14日から公開される鬼才デイヴィッド・リンチ監督の最新作「インランド・エンパイア」のラストシーンに重要な役で出演。

(出典:Wikipedia)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?b=20070802-00000177-sph-ent

[PR]
ガソリンが高く感じませんか?それならこうすればいいんです!

優香 エピソード&プロフィール

優香(ゆうか、1980年6月27日 - )は日本の女性タレント、女優で元グラビアアイドル。本名は岡部 広子(おかべ ひろこ)。東京都あきる野市出身、日出女子学園高校卒業。身長は157cm。血液型はO型。特技はフェンシング(中学時代の部活動)、バドミントン。趣味はお香、ドライブ、絵本を読むこと、ホリプロ所属。


【プロフィール】
愛称: ゆうかっち
ユッピー(グータンヌーボ)
生年月日: 1980年6月27日
現年齢: 26歳
出身地: 日本・東京都あきる野市
公称サイズ(出典不明)
身長 / 体重: 157 cm / ― kg
スリーサイズ: 87 - 59 - 85 cm
ブラのサイズ: F
靴のサイズ: 23.0 cm


【略歴】
■東京・池袋のピーダッシュパルコ前でスカウトされデビュー。芸名を雑誌『週刊プレイボーイ』とインターネットなどで一般公募し『優香』となった。由来は、当時の若者言葉「って、言(ゆ)うか」、及び「お香」が趣味だったこともあり「優しく香る」との意味も込めた。なお、「徹子の部屋」に出演した際の本人の言によれば、公募では「優香」という文字での応募は一通だけであり、「ゆうか」の読みでは「優花」「優華」などが散見されていたようである。なお、当初は「優奈」という案も多かったようだ。

■1997年のデビュー当初は、大手芸能事務所のホリプロが初のグラビアアイドルをプロデュースしたとして話題となった。デビュー後間もなくから各種雑誌の表紙などを席巻し、グラビアクイーンとして人気者になる。優香の成功により、イエローキャブの全盛期であったグラドル界に新風が吹き込み、これをきっかけとして他の芸能事務所もグラビアアイドルを育てる流れが生まれた。ホリプロも、優香の妹分として堀越のりをデビューさせるなど攻勢を続け、近年は積極的にグラビアアイドルを売り出すようになっている。

■1998年、当時のホリプロ所属のアイドル達でHIPというユニットが結成された。優香は初代メンバーとして参加し、後に2代目リーダーとなり、2002年8月にメンバーを卒業した。

■1999年春には、堀越のり、吉井怜、唐沢美帆との1ヵ月の期間限定音楽ユニット『NITRO』で活動していた。

■初CMは1998年に出演したマツモトキヨシ。翌1999年秋に飯島直子と共演した缶コーヒー『ジョージア』のCMなどで国民的にブレイクした。そして『癒し系』という言葉が世間に浸透し、癒しブームの先駆けと言われている。これがターニングポイントとなり、以降はテレビのバラエティ番組やCM中心の仕事にシフトチェンジしていった。そして他のグラビアアイドルもこれを追うようにCMに進出していく流れが生まれた。

■2000年からはマルチタレントとして活動、自然体で明るい性格を生かして番組の司会やコントをこなす。そして女優としての活動の場も広げている。

■2004年に放送されたNHK大河ドラマ『新選組!』では、ヒロイン役に抜擢され1人2役(深雪太夫、お孝(深雪太夫の妹))を演じた。

■2005年舞台版『電車男』にヒロイン・エルメス役の声のみの形で舞台に初出演。

■2006年1月7日から主演ホラー映画の『輪廻』が公開され主人公の杉浦渚を好演し演技の評価を高めた。同年1月13日から7年目になる『ぐるぐるナインティナイン』の恒例コーナー『グルメチキンレース・ゴチになります!』では、2005年の第6回大会で年間最多自腹を払いゴチをクビとなった中島知子に替わり新メンバーとして登場。女性レギュラーとしては中島に次いで2人目だったが、12月22日放送で最下位に沈み、レギュラーの座を失った。優香本人は「またリベンジしたい」と言っている。


【エピソード・特徴】
■芸名については最終候補は、「優香」か「優奈」かで迷ったらしいが、「優香」のほうが響きが強い感じがするので(本人談)「優香」に決定した。応募が17000通もあったので中には面白い名前もあり、「パンサー舞」という女子プロレスラーみたいな名前があった事は本人がよくネタにしている。また名付け親に選ばれた人の特権は、優香と一日デートができる(といっても近くにスタッフ付きで)であった。

■以前は本名を公式プロフィールで公表していたが、2007年現在は公表はされていない。しかし、彼女が『空飛ぶグータン〜自分探しバラエティ〜』を含む各種バラエティ番組で自ら本名を名乗ったり、コント上の役名として本名を使うなどしているので、他の芸名を使っているタレントよりも、本名が知られている。

■元祖「癒し系」として有名だが、最近のグラビアアイドルのように、最初から「癒し系」として売り出した訳ではなかった。「癒し系」と呼ばれるようになったのは、ジョージアのCMの影響が大きく、水着グラビアを卒業する頃とほぼ重なっている。したがってグラビア時代を知るファンは「癒し系」に違和感があるという向きも少なくないようである。また最近では「癒し系」というより「天真爛漫」なイメージを云う向きもある。優香自身は「癒し系」と云われる事については、まったくこだわっていないとのこと(本人談)。なお、今でもグラビアのイメージを云う人がいるが、実際に水着グラビアで活躍していたのは1997年冬から2000年春までという比較的短い期間。

■愛犬家として有名で、「エアー」という名前のダックスフンドの一種でカニンヘンダックスという種類の犬を飼っており、このペットを主人公とした絵本『エアー』を発表している。優香の2006年度のカレンダーでも「エアー」と一緒に写っているページがある。

■お笑い好きとしても有名で、テレビはいつもバラエティ番組を中心に見るという(本人談)。志村けんとはデビュー直後の17歳の時から一緒にコントをやっており(フジテレビ系で放送される『志村けんのバカ殿様』で演じる優香姫などが有名)、今では「志村ファミリー」の一員と呼ばれている。関根勤にもデビュー時から可愛がられている。それゆえ他の芸人に対しても詳しい知識があるようだ。

■音楽はMr.Childrenやaikoの大ファンで、aikoとはプライベートでも親交が深い。そして相川七瀬とは家族ぐるみの付き合いをしている親友である。Mr.Childrenに関してはインタビューなどで理想のタイプとして桜井和寿と名前を挙げるほどのファンである。優香自身も、歌が上手いとは言い難いがカラオケ好きである。

■近視のため視力が悪く、コンタクトレンズを使用している。

■食べ物は辛いものが苦手であり、今でも唐辛子、わさびなどは食べられないらしい(本人談)。番組『空飛ぶグータン〜自分探しバラエティ〜』で寿司を食べた時もサビ抜きを頼んでいた。

■シンガーソングライターの稲田光穂に『この恋届きますように』という楽曲の詞を提供している。

■レギュラー番組である『クイズプレゼンバラエティー Qさま!!』で、高所恐怖症の青木さやかが「お仕置きQ」としてスカイダイビングで空を飛ばされた時、トイレの洗面所で青木さやかが落ち込んでいると、偶然入ってきた優香がその姿を見て「青木さんつらかったのよね」と言って2人でトイレで泣いた、というエピソードを青木が番組で話した。

■声優やナレーションと言った声だけの仕事が多いのも特徴。アニメ映画などの声優や、舞台版『電車男』のエルメス役の声だけの出演などの仕事に加え、『ポケットモンスター』の映画のナレーションや、『ニュースステーション』のドキュメント映像のナレーションの仕事も経験している。

■グラビアアイドルとしての活躍は高校時代からだが、スカウトされた当時に在学していた学校は芸能活動を許しておらず、2年次の途中にタレント活動専念のため日出女子高校に転校している。多忙のため単位が取れず補習を受ける事も多く、それは卒業式の直前まで続いたという。そのため、体育の授業は中学生と一緒のこともあったとファン向けのイベントで告白している。卒業式当日には日出女子高の屋上で単独記者会見を開いた。

■素人時代、都心近くに住んでいたボーイフレンドに、自分の実家があるあきる野市が田舎だと思われるのが恥ずかしかったようで、その彼に出身地を聞かれた時には立川と答えた事があったという(ちなみに生まれた場所は立川)。近年では、「もちろん、あきる野市が大好きです。」と公言している(『グータンヌーボ』より)。

■2007年1月23日放送の『ロンドンハーツ』(テレビ朝日)にて、ロンドンブーツ1号2号の田村淳に「初恋はいつ?」と話題を振られ「中3」と答えた。さらに、その初恋の相手とあきる野駅のホームで「ファーストキス」をしたことも語った。

■デビューして約10年だが、安定した人気を保っている。その理由はファン層の広さにあると言われ、司会から、コント、女優、グラビアなど幅広い仕事の影響で子供から中高年までファンがいる。視聴率で有名なビデオリサーチ社の年2回行われる『好きなタレントランキング』は、ランキング上位の常連である。

■優香ファンを公言する大物著名人も数多く、特に「俺は優香は好きなんかじゃない、大好物なんだ!」発言の作家、リリーフランキーや、『ホントコ』(TBS)で未来日記の主題歌を頼む際、見返りに優香の写真集を要求したアーティスト、桑田佳祐、アナウンサーの大塚範一、元来ファンで大河ドラマ『新選組!』のヒロインに抜擢したという脚本家の三谷幸喜、ドラマなどで度々共演するスーパーアイドルSMAPの香取慎吾や『情熱大陸』(TBS)で「一番撮ってみたい人は優香」と即答し撮影した写真家の梅佳代、オリンピック男子マラソンでメダリストのエリック・ワイナイナなどは有名である。

■2年に1度、世界のトップスイマーが一堂に会して開催される世界水泳では2001年の福岡を筆頭に2003年のバルセロナ、2005年のモントリオールそして2007年のメルボルン大会と4大会連続で日本勢の応援サポーター(キャスター)として出演している。オーストラリアが誇る競泳界のスーパースターのイアン・ソープには、最初の福岡大会では東京のスタジオ担当だったため一度も面識がなかったのだが、後に特番のオーストラリアロケで初対面した。キャスターとしての取材活動もしており、GetSports(テレビ朝日)ではシンクロナイズドスイミングのヴィルジニー・デデュー選手にインタビュー取材も行っている。福岡大会で銅メダルを獲得した、女子シンクロ飛び込みの大槻枝美選手は中学時代の同級生。(中継での掛け合いで、優香の中学時代のニックネームは「岡部ちゃん」だったことも判明した)

(出典:Wikipedia)

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。