Google
 

吉田美和 エピソード&プロフィール

吉田 美和(よしだ みわ、1965年5月6日 - )はDREAMS COME TRUEのヴォーカルを務める北海道中川郡池田町出身のシンガーソングライター。DREAMS COME TRUEの全ての作詞と数多くの作曲を手がけている。 身長162cm。


【人物】
池田町立池田小学校、同池田中学校卒業。中学時代に学校祭でバンドを結成、自作の曲を発表。また、この頃は常に成績オール5をとるなど、優秀な生徒だった。北海道帯広柏葉高等学校進学後、高校時代の文集では、「将来bigになる」と記していた。元DREAMS COME TRUEの西川隆宏とは高校時代に出会う。中村正人と初めて会った時、彼に名曲「うれしはずかし朝帰り」「週に一度の恋人」を歌って聴かせたというのは、有名な話である。その後、小泉今日子や中山美穂のバックボーカルや、中村正人と共にとんねるずなどのバックバンドに参加しながら、DREAMS COME TRUEの前身と言える「CHA-CHA & AUDREY's PROJECT」を結成、ライブ活動を行う。

1995年にはアルバム「beauty and harmony」でソロデビュー。アルバムの題名は名前の「美」と「和」を英訳したところから名づけられた。ニューヨーク・LAで活躍するマイケル・ブレッカーやデイヴィッド・T・ウォーカー、ラルフ・マクドナルド、チャック・レイニー、ハービー・メイソン、グレッグ・アダムスらのトップミュージシャン達と共演を果たし、マリーナ・ショウの名盤「フー・イズ・ディス・ビッチ・エニウェイ」とほぼ同じバックが固める。ほぼレコーディング時のメンバーと共に全国ツアーを行った。

2004年5月に9歳年下の映像ディレクター末田健と結婚。交際期間中から末田氏が一児を持つ既婚者であった為、不倫の末の略奪婚として耳目を集めた。2007年9月26日、末田が胚細胞腫瘍で逝去。婚姻届は出さない事実婚だった。

2004年12月公開の映画「アマレット」を自主制作し、中村正人とともに初の原案・主演を果たす。

公式には認めていないが、FUNK THE PEANUTSのFUN・P2号や、中村正人のラジオの企画で結成したユニット「アンドレ中村とオホーツクボーイズ」の岡リーナの正体が彼女であることは公然の事実。また他のアーティストへ歌詞を提供する際には「観音崎すみれ」のペンネームを使用することがある(「アマレット」における彼女の役名でもある)。

(出典:Wikipedia)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?b=20071001-00000001-dal-ent

[PR]

敏間肌だけど美白したい!そんな悩みをお持ちのアナタ、諦めないでください!優しいだけじゃなく、美白効果もキチンと実感できる!ぜひミラクルホワイトお試しキャンペーンであなたの望みを叶えてください♪

横峯さくら エピソード&プロフィール

横峯 さくら(よこみね さくら、1985年12月13日 - )は、鹿児島県鹿屋市出身の女子プロゴルファー。身長155cm。血液型はAB型。エプソン販売所属。ゴルフ好きの父親横峯良郎の影響で8歳からゴルフを始める。長姉横峯留衣もプロ。鹿屋市立田崎小学校 ・ 田崎中学校、明徳義塾高等学校卒業。


【記録】
■2002年、日本ジュニア(15〜17歳女子の部)、サンスポ女子アマ優勝。2004年4月には「再春館レディース」で不動裕理らとプレーオフを演じた。8月プロテスト合格、チャレンジツアー(下部ツアー)の「穴吹工務店レディースカップ」でプロ初優勝。12月、当該年度のプロテスト合格者による「日本女子プロゴルフ新人戦・加賀電子カップ」優勝。2004年の獲得賞金は1734万7584円で27位。

■プロテストには2位で合格したため、当初はツアーの残りのうち前年成績によるものを含め3試合しか出場権を得られなかった。しかしデビュー戦の「フジサンケイレディスクラシック」で4位に入ると、続く2試合も10位、2位と健闘。更には「穴吹工務店レディースカップ」での優勝でツアー3試合の出場権を獲得、その試合も活躍し2005年のシード権を得た。

■2005年1月には米男子ゴルフ「ハワイ・パール・オープン」に参戦。予選で一時暫定5位につけるなど健闘し、通算6アンダーで17位(優勝記録は14アンダー)。ドライバーは男子顔負けの飛距離で、地元紙などで絶賛された。同大会では前年にミシェル・ウィー(アメリカ)が38位に入ったが、これを大きく塗り替える記録となった。

■2005年4月8日〜10日の「スタジオアリス女子オープン」はトップで最終日を迎えたがスコアを大きく落としこの大会での初優勝はならなかった。しかしその1週間後、前大会までキャディを務めていた本仮屋沙織に代わり父親がキャディーの下、2005年15日〜17日に行われた「ライフカードレディス」で、念願の国内女子ツアー初優勝を決めた。

■初優勝後はなかなか優勝争いに加わることができず、予選落ちも経験したが、2005年9月23日〜25日に行われた「ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープン」で見事2勝目を上げた。しかも父親以外のキャディーでの優勝ということもあり、プロゴルファーとして自立への一歩となった。

■2005年度ツアーの獲得賞金は6934万7016円で4位。

■2006年のニチレイレディスで2006年度初優勝を達成。自身初の完全優勝となる。

■2006年のベルーナレディースカップゴルフトーナメントで年間2勝目を達成。トーナメントレコードを更新し2位に5打差をつけて自身の目標だったぶっちぎり優勝を達成する。

■2006年の最終戦LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップでメジャー初優勝。年間3勝の目標を達成する。

■2006年度ツアーの獲得賞金は9638万7662円で3位。


【特徴】
■テイクバックでヘッドが地面を刺すほどの超オーバースイングが特徴。素人はおろか、他のプロにも真似のできない独特のスイングは、父・良郎がゴルフを生業とする人間(プロゴルファーやティーチングプロなど)でなかったからこそ生み出されたものだと言える。

■横峯は小学4年生で出場した全国小学生大会で優勝している。この時2位だったのが宮里藍。宮里とは同学年で、中学、高校と鎬を削った良きライバルである。女子ゴルフ新世代を担う2人として大いに期待されている。

■2004年、イチローの名付け親の仰木彬の勧めで、翌シーズンの選手登録名を「さくら」で申請したが、認められなかった。

■2005年、マイクロダイエットで有名なサニーヘルス(株)と所属契約を結ぶ。

■2005年プロ野球オリックス・バファローズの春キャンプ紅白戦MVP加藤大輔に横峯さくらと1日デート権が贈られた。

■2005年ツアー第1戦「ダイキンオーキッドレディス」の最終日を72以下で回ることができず父親に罰金290万円を科された。

■賞金は父が管理し、成績に応じて「給料」が支払われる。「ライフカードレディス」で国内女子ツアー初優勝したときの賞金1080万円は父親と折半し、全額の5%に当たる約50万円を専属キャディーである本仮屋沙織に支給している。これは、横峯さくらの取り分から控除している。

■「有限会社さくら」の社員。社長は父、副社長は母、社員に他姉2人。横峯の名前が有名になってからは「さくらゴルフアカデミー」という中学生を対象とした食堂・浴室付き全寮制の練習場を父親が立ち上げた。ただし、横峯さくらが教えに来る訳ではない。

■故郷、鹿屋市には父親が山林を切り開いて作った専用練習場がある。その恵まれた環境を生かして全長20m、幅5cmの竹をドライバーで打って割る「竹割り特訓」という練習法を行っている。横峯はこれを3回目でクリアした。

■2005年3月、各地へ移動するための空港も港も至近距離にあり、かつゴルフを練習する環境にも恵まれている宮崎市に移住した。

■父親である横峯良郎がガミガミうるさいらしく、よく良郎のことを「ウザい」とマスコミの前で言うことがあったり、キャディを務める父と試合中に大げんかして父を蹴る姿も目撃されている。「めちゃ2イケてるッ!」の企画でナインティナインの岡村隆史と対決した際に、岡村側のキャディーである良郎が文句を付けてきたために「ウザいんだけど…」と発言していた。ただそこまで嫌っているというほどではなく、父娘でのCM競演を果たしたり今でもキャディを務めたりしている。ちなみに岡村はこのゴルフ対決以降、ゴルフに夢中になり良郎とゴルフを回ったりしているらしい。

■マイクロバスを改造した自作キャンピングカーで各大会を転戦し寝泊りしていたとき、まずスーパー銭湯を探すのが習慣になり、試合会場となるゴルフ場近くのスーパー銭湯を制覇してしまった。スーパー銭湯にこだわったのは試合の疲れをいやすため、ジャクジー設備を必要としていたためだった。

■高校時代に靭帯を断裂する大怪我をして選手生命の危機となったが、怪我で練習ができなかった際、父・良郎が「椅子に座って打て!」という無理難題をさくらに課した。そのおかげで治癒後、ドライバーの飛距離は落ちるどころか逆に20ヤード伸びた。

(出典:Wikipedia)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?b=20070520-00000017-nks_fl-golf


[PR]
ゴルフを楽しむ専門ギア情報 -ゴルフ用品界社-

吉澤ひとみ エピソード&プロフィール

吉澤 ひとみ(よしざわ ひとみ、1985年4月12日生まれ )は、女性歌手グループ、女性アイドルグループのモーニング娘。の4期元メンバーでグループの第4代リーダー。よっすぃ〜、よっちゃんなどの愛称で知られている。同期は石川梨華・辻希美・加護亜依(いずれもグループを卒業)。ハロー!プロジェクトのフットサルチームGatas Brilhantes H.P.(ガッタス ブリリャンチス エイチピー)のキャプテンも務める。埼玉県入間郡三芳町出身。血液型はO型。モーニング娘。の結成時期・吉澤ひとみの加入時期の解釈によってはモーニング娘。の在籍期間最長となる。(モーニング娘。のメジャーデビュー日を結成日、吉澤ひとみのオーディション合格直後を加入日と解釈した場合は飯田圭織よりも在籍期間は長くなる)


【注意】
■本人の話によると吉澤のよしの字は正確には上のつくりが『士』ではなく『土』である。(異体字)

■出演映画『ピンチランナー』のスタッフロールではざわの字が「沢」と明記されているが、正確には「澤」である。

■本人が名前を書く時は「吉」の字は正確に書いているが、「澤」の字を「沢」と略す事もある。


【人物・エピソード】
■オーディション時につんく♂に「天才的に可愛い」とまで評されるほどの美少女メンバーとして知られていたが、宝塚歌劇をモチーフにした「Mr.Moonlight〜愛のビッグバンド〜」(2001年10月)で男役のセンターポジションを務めて以降は男前なキャラとしてのイメージも定着する。同性ファンからの支持も高いが、メンバーの間では実は繊細で女性らしいとの声もある。

■幼年の頃から男子に混じってドッジボールやサッカーをやるほどのスポーツ少女で、特に小学校2年生から始めたバレーボールではスポーツ推薦で名門中学校に合格し、全国大会のメンバーとして選ばれるほどの腕前を持つ。これらの経験を生かして現在はハロプロのフットサルチーム、ガッタスのキャプテンとしても活躍している。

■ハロー!モーニング。でのコントにおいても「頑固一徹」や「ジョン・トラブルタ」など芸人顔負けの強烈なキャラを演じ、お笑いができるメンバーとしても認知されている。

■苦手なものは「ジェットコースター」などの絶叫系マシーンと蛇などの爬虫類。

■モーニング娘。のメンバーでは藤本美貴、プライベートではココナッツ娘。のアヤカやカントリー娘。の里田まいと仲が良い。プッチモニ時代は後藤真希とも仲が良かった。

■モーニング娘。の現行メンバーの中では最も長身の164cm。

■生まれた時に目が大きかったという事で、当初女の子ならと予定されていた『さやか』(漢字不明)を変更し、「ひとみ」と名付けられた。

■遠い親戚に、2000年のシドニーオリンピックの女子マラソン・ゴールドメダリストの高橋尚子と、ノーベル化学賞を受賞した白川英樹がいる。

■「しげさん(道重さゆみ)」の名づけ親。

■趣味はらくがき、特技は運動。


【略歴】
■2000年4月 テレビ番組『ASAYAN』内で行われた「モーニング娘。第3回追加オーディション」にて石川梨華・辻希美・加護亜依と共に合格。この時、番組内で吉澤の教育係として矢口真里がつけられた。

■2000年5月 『モーニング娘。コンサートツアー春 ダンシング ラブ サイト』の 日本武道館での公演でコンサートデビュー。

■2000年7月 プッチモニに加入。

■2001年10月 13thシングル「Mr.Moonlight〜愛のビッグバンド」でメインパートをつとめる。

■2002年1月 TBSの『モーニング娘。新春! LOVEストーリーズ』内の『はいからさんが通る』に「北小路環」役で出演。

■2002年12月 TBSの『モーニング娘。サスペンスドラマスペシャル』内の『おれがあいつであいつがおれで』に主役の「斉藤一美」役で出演。

■2003年11月 フットサル・ハロプロ選抜チーム(後のGatas Brilhantes H.P.)のキャプテンとなる。この月からモーニング娘。と共に2つの人気グループのリーダーとして2足の草鞋を履く。

■2003年12月 当時放送されていた『あなたがいるから、矢口真里』にゲストとして登場し生放送の深夜放送に進出。

■2004年5月 NHK総合テレビの連続ドラマ『もっと恋セヨ乙女』に受付嬢「深沢泉」役で出演。

■2005年1月 矢口真里が当時リーダー飯田圭織の卒業に伴いサブリーダーからリーダーに昇格したため第3代サブリーダーに就任。

■2005年4月 矢口真里の脱退に伴い、急遽4代目リーダーに昇格(一時サブリーダーが空席となるが、後に藤本美貴が就任)。

■2006年1月 アディダス主催のベストジャージスト賞にガッタスが特別賞を受賞。その代表として石川梨華・藤本美貴とともに表彰式に参加。

■2006年1月 「Hello! Project 2006 Winter〜ワンダフルハーツ〜」で全体のリーダーを務める。

■2006年1月 「Hello! Project 2006 Winter〜全員集GO〜」内で28-29日の2日間限定で2期プッチモニが復活。3期のメンバーと共に「BABY!恋にKNOCK OUT」を歌う。

■2006年4月 なでしこリーグのオフィシャルサポーターに任命される。

■2006年5月 西が丘サッカー場で行われたモックなでしこリーグ
2006の開幕戦で始球式を行う。

■2006年7月 「Hello! Project 2006 Summer〜ワンダフルハーツランド〜」で全体のリーダーを務める。

■2006年10月 早稲田大学スポーツ科学部の『トップスポーツビジネスの最前線』と題した講義で特別講師を務める。

■2006年11-12月 世界バレーのオフィシャルサポーターとなり、小林麻耶アナウンサーが不在時に番組の司会進行を務める。

■2007年5月6日 さいたまスーパーアリーナで行われる『モーニング娘。コンサートツアー2007春〜SEXY 8 BEAT〜』ファイナルでモーニング娘。を卒業。今後はソロとして活動する。

(出典:Wikipedia)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?b=20070514-00000001-ykf-ent



[PR]
☆★☆新規お申込みの方15〜18%!!☆★☆

◎こんなに便利なライブドアクレジット◎

☆使い道は自由!

ご利用使途はお客様のライフプランは併せてご利用下さい。

☆パート・アルバイトの方でもOK!

20歳以上の方で定期的な収入のある方であればお申込出来ます。
もちろん自営業の方やご主人がお勤めに出られている主婦の方でもお申込み
できます。

☆会員の方にはお電話1本でお振込!

ご契約後もお電話一本でご登録頂いたお口座へお振込いたします。

★お申込みはココ★
http://ad.affipa.ne.jp/LK00078066/PS00026557/click.cgi
あのライブドアのクレジットサービスです!
[PR]

横山ノック エピソード&プロフィール

横山 ノック(よこやま ノック、本名 山田 勇(やまだ いさむ)、1932年1月30日 - 2007年5月3日)は、お笑いタレント、元参議院議員、元大阪府知事。兵庫県神戸市出身。愛称は「ピッカリくん」「タコ小僧」「明石のタコ」「ノック先生」。個人事務所のやまだ真企画に所属していた。長男は、ラジオDJの山田一貴。


【来歴】
1932年1月30日神戸生まれ。神戸市立楠木高等小学校卒業後、米軍施設に勤務後、1955年に宝塚新芸座に入団、吉本興業に所属。秋田Aスケ・Bスケの2代目のBスケに弟子入りし、秋田Kスケの名で漫才コンビ「秋田Oスケ・Kスケ」としてデビュー。解散後、友人である関西テレビの石田プロデューサーのツテで彼の実父・横山エンタツに再入門。横山ノックの名で漫才コンビ「横山ノック・アウト」を結成。解散後、1959年横山フック(初代・故人。のちの青芝フックは2代目)、横山パンチ(伊井パンチ・上岡龍太郎)と漫画トリオを結成し、ニュース漫才で話題になった。漫画トリオ結成当初は吉本興業に所属していたが、後にフリーとなり、東京新宿の松竹文化演芸場にも連続出演。同演芸場のレギュラーだった立川談志(当時・柳家こゑん)と兄弟分になる。平成14年タレントとして舞台復帰。平成19年、活躍を期待されつつも逝去。


【漫画トリオ】
ノックがボケ、フックとパンチがツッコミ。かつてトリオ漫才と言えばかしまし娘、フラワーショウ、ちゃっきり娘、三人奴、宮川左近ショーなどのように楽器を用いた音曲漫才であったが、ノックがトリオで正統漫才をやりたい、とこだわって編み出した。

レツゴー三匹と並び称されるところがあるが、レツゴー三匹が正児とじゅんの正統漫才に長作が歌や合いの手を入れるのと違い、あくまでも3人がタイミングよくネタをまわし続け、休む人物が基本的に発生しない。

例)ノック「今日」パンチ「君(ノック)んとこ行ったけど」フック「おらなんだ」

ノックが米軍に勤務し、パンチがジャズ喫茶に出入りしていたことからテンポを重視する傾向があったものと思われる(フックが代替わりしたのも、初代がノックの理想のテンポについていけなかったからである)。また、ノックがコンビ別れを繰り返し、今のスタイルではだめだ、と考え、新しいスタイルを模索していたことも遠因である。

ネタ自身もその影響が濃く、洋楽や米軍式行進なども取り入れていた。ニュースネタもそのノックの提唱した「新しいスタイル」の一環である。ネタはまず、パンチが右手、フックが左手を斜め上に差し出し、(3人で)「パンパカパーン、パンパンパ、パンパカパン」「今週のハイライト」と言って始まる。このニュースネタ収集のため各種のニュースに触れていった結果、ノックは政治家への転身を考えるようになる。

当時のノックはすでに禿げ上がっていたが、後頭部からヘアピンを使ってナポレオン1世のようなピンカールを付けていた。ところがある時、海外公演があり飛行機に乗ることになったため、探知機に引っかからないようヘアピンを外しピンカールかつらを付けることになった。帰国後、それを忘れていたパンチが「ええかげんにせぇ!」といつものように突っ込むとピンカールが観客めがけて飛んでいき、観客が「ギャー」と驚いたことがある。


【漫画トリオ解散・参議院議員に】
1968年に漫画トリオを解散し、参議院議員選挙全国区に無所属で立候補し当選。以後は参議院議員としては分かりやすい政治の広報として、また、タレント業も継続し、『ノックは無用!』などのトボケ司会、上方漫才での大御所「先生」の称号を得るようになりながらも、相変わらず(後輩芸人からも)激しい突っ込みにさらされる親しみやすさでで人気を博した。歌手としても 1976年にレコード『ガンバレ! たこやきちゃん』を発売、関西を中心にヒットした。参議院議員は全国区2回(1968年・1977年)、大阪選挙区で2回(1983年・1989年)の当選を重ねた(1974年は全国区立候補も落選)。院内では第二院クラブ、民社党・国民連合に属した。


【参議院議員辞職、大阪府知事へ、そして転落-頂点からどん底へ】
1995年参議院議員を辞職の後、政党に頼らない無党派であることを旗印にし、大阪府知事に当選。ほんの一部を除いてタレント業を封印し、大阪府の赤字解消を目標に掲げて施策を行った。当初は議会のほとんどが野党という状態ではあったが、芸人としての知名度と愛着の持たれるキャラクターから府民の人気は高く、APECの成功など実績も評価されて1999年の2期目選挙には235万票という大阪新記録の得票によって当選した。しかしその選挙活動の際に自陣営の運動員をしていた女子大生にセクハラをしていたことが選挙終了後すぐに発覚し、当初は否定して2期目に就任したものの、同年12月に強制わいせつ罪で在宅起訴され、2000年1月に辞職した。この時AERAは「タコの次はイカす知事がいい」と広告を載せた。在宅起訴時、ノックは心労から病院に入院をし、心臓の手術を受けている。


【判決・芸能活動自粛】
2000年8月、女子大生に対する強制わいせつ罪により懲役1年6ヶ月・執行猶予3年の判決を受けた。判決を聞いた、当時吉本興業社長の林裕章は「二度とあの方には協力しない」と真剣な表情でコメントし、ノックと吉本との協力関係を解消した。また、松竹芸能は「うちも協力する意向はない」とコメントした。また、太田房江知事はコメントを拒否した。また、世間から「エロダコ」「エロダコハゲ」「エロダコノック」等の汚名をつけられた。NHKや在阪民放(準キー)各局も拒否反応を示して事実上、芸能活動を自粛する。


【執行猶予満了後、晩年、そして最期】
2003年、執行猶予も満了し芸能活動を再開した。晩年はラジオや他の著名人の講演会等で地道な活動をしていた。執行猶予期間満了直後の2003年10月に、KBS京都のテレビ番組『とっぴもナイト』にゲスト出演し、テレビ復帰するという話があったが、視聴者からの反感が大きかったため放送が見送られた。2006年7月にラジオ関西の番組にゲスト出演をし、7年ぶりに公の場に現れた。これが最後のラジオ出演となった。そして、同年9月には生國魂神社の「彦八まつり」にゲスト出演、漫談を披露した。これが最後の舞台となった。
2007年に入り体調不良などもあって、露出は大幅に少なくなる。同年2月に中咽頭ガンと判明、弟子たちにガンに侵されている事を告げ、そして「横山と言う名前を残したいんや」と告げ、復帰したいと言う意気込みを告げたが、2007年5月3日7時15分、中咽頭ガンのため兵庫県西宮市の病院で死去。享年75。

最後のテレビ出演は2006年2月18日にスカイパーフェクTV!で上岡龍太郎の弟子で気が知れた後輩のぜんじろうが司会のぜんタネが最後となった。


【関係する人物】
■桑原征平 (元関西テレビアナウンサーで、ノックが選挙活動時の「ノックは無用!」(番組タイトルもロックは無用!に変更される)の代役)

■西川きよし(弟子の横山やすしの元相方で、参議院議員の後輩でもあり、慕っていた人物)

■板東英二(ノックを芸能界の師匠と慕っていた人物)

●かつての相方
■秋田Oスケ 解散後、松竹芸能に移籍。平和ラッパ(初代)とコンビを結んで平和日佐丸(3代目)に改名。「ラッパ・日佐丸」の全盛期を築くが、ギャラの配分を巡って紛糾し、コンビを解消。のち、美人漫才師であった夫人とコンビを組むが、夫人が不倫の末駆け落ちして失踪しそのまま心中。これにショックを受け自殺した。1966年以降の演芸ブームに登場した「ラッパ・日佐丸」の日佐丸は4代目である。

■横山アウト 解散後、千日前・千日劇場の「センニチコメディ」に出演。コメディアンに転身する。千日劇場閉鎖後は梅田トップホットシアターに出演。「コマ新喜劇」の常連となるが、同演芸場閉鎖と共に引退。息子は東京のコメディアン、田中章(プリンプリン)。

■横山フック(初代。故人) 漫画トリオ初期メンバー。売れ始めた頃、ノックの志向と異なったのか解任され、そのまま引退。

■横山フック(二代目) 梅田OSミュージックでコメディアンをしていたところをスカウトされ、漫画トリオに合流。解散後青芝フックと改名し、当初赤井タンク、次に高校の後輩、青芝キックとそれぞれ漫才コンビを結成。和光プロダクションに所属し、道頓堀角座を中心に活躍した。現在はコンビを解消し、テレビ司会者など単独で活動。※

■横山パンチ のちの上岡龍太郎※

■横山ひとり

※青芝と上岡がノックの弟子と思われがちであるが、実際は師弟関係ではなく、漫画トリオ結成の時からの仲間である。

●弟子
・横山やすし(故人)
やすしの告別式で、ノックは「君の芸はとっくに僕を追い越していたよ。やすきよの漫才は漫画トリオをとっくに追い越していたよ。僕が死んだ時は一緒にネタ合わせして漫才をやろう」と弔辞を読んだ。
・横山プリン
・乃木貴寛
・旭堂南北
・横山なつ吉
・横山ひとり

●孫弟子
・横山たかし・ひろし
・横山ひとし

●曾孫弟子
・横山まさみ

(出典:Wikipedia)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?b=20070503-00000031-dal-ent

吉岡美穂 エピソード&プロフィール

吉岡 美穂(よしおか みほ、本名・日根 美穂ひね みほ1980年2月3日 - )は日本のタレント、女優。

元レースクイーン。
元トリンプ下着キャンペーンガール。
大阪府東大阪市出身、大阪府立布施北高等学校卒業。身長169cm、スリーサイズはB85 W59 H87。靴のサイズは24.5p、血液型はA型。ワンエイトプロモーション所属。


【来歴とエピソード】
■2000年サントリーDハイ小町及び全日本GT選手権マリオレーシングチームのキャンペーンガールとなり業界入り。翌2001年はトリンプの下着キャンペーンガールを務めつつグラビア等で徐々に頭角を現し、2002年には「掛けてミホ!?」のキャッチフレーズと共にアデランスのCMでブレイク、ドラマに初主演するなど一気にスターダムを駆け昇った。ちなみに、B.V.D.のキャンペーンガールも務めており、男性用・女性用両方の下着販促に関わった事になる。

■デビュー当初はインリン、榎木らんと共に「ミイラン」と言う期間限定ユニットを組んで活動した。また、グラビア等が活動のメインであった初期はいわゆる「癒し系タレント」の一人に数えられたが、現在ではバラエティ番組での天然ボケキャラの方がより認知されている。また、女優としてはさほど癒しのイメージではなく、むしろ強気な役柄にキャスティングされる。

■東大阪市出身ではあるが、テレビ、ラジオなどで一般に視聴される限りにおいて全くと言っていいほど河内弁が使われることはなく、イントネーションについても標準との違和感を感じない。しかし、ゴチャ・まぜっ!金スペでは周りがよゐこ始め関西人に囲まれてるせいか、自然な関西弁がでることが多い。そのため、ゴチャ・まぜっ!金スペは吉岡の関西弁が聞ける貴重な番組でもある。

■毎日放送関西ローカルのミニドラマ「美穂日和」内での会話シーンでは河内弁が使われた。

■料理は得意で、毎週土曜日夕方、テレビ朝日関東ローカル番組「ごはんがすすむホットテーブル」(東京電力提供)で自らその腕を振るい、主婦層からの人気もあると言われる。*競馬番組「あしたのG」に出演時には、あまりにも予想を外す事から「吉岡予想の裏を行けば当たる」、「吉岡が本命に選んだ馬はほぼ確実に連対から外れる」といった状況となり、「逆女神」、「本命クラッシャー」との称号が存在した。以下などは吉岡が本命と予想したコスモバルク号の例である。

■ジャパンカップにて2着となり、GI連敗を16で止めた。

■皐月賞、日本ダービー、菊花賞、有馬記念のすべてで吉岡が本命と予想した事で、コスモバルク号は制覇を逃したとの声がある。
など。尚、番組終了後は講談社の写真週刊誌「フライデー」などで競馬予想を継続している。

■プライベートでは、乙葉、伊東美咲などとの交友が深い(2人とは「逮捕しちゃうぞ」で共演)。なお、乙葉とはジョージアのCMでも共演している。

■某クイズ番組で三角形の内角の和について聞かれた時真顔で「20度?」と発言し、周りがドン引きしたことがある。

■2006年07月01日「PRIDE無差別級グランプリ2006 2ndROUND」にゲストコメンテーターとして出演。番組中、フジテレビが中継していた頃のPRIDE(地上波?)を見ていたと言っていたが、実況の矢野武アナの振りの返しに困っていたため、格闘技を見たのは初めてに近いと思われる。同じくPRIDE観戦は初めてと思われる南明奈がフレッシュレポーターとして継続してPRIDE中継に出ているのに対し、吉岡はこの1回のみであった。

■ラジオ番組等座ってトークをする際によく片手、時には両手の人差し指を自分のほっぺにさしている。現在のラジオレギュラー番組ゴチャ・まぜっ!金スペ(GyaOのバラエティチャンネルで視聴可)でもしばしば見られることから、トークする時の癖だと思われる。

■福山雅治のGang★のPVで加藤晴彦と共演している。

■日本最大級の恋愛・結婚コミュニティーサイト「ピュアアイ」のイメージガールを務めた経験がある。

■2006年11月9日SHAZNAのIZAMとの結婚を報道された。報道時点で吉岡は妊娠3カ月という。

(出典:Wikipedia)

米倉涼子 エピソード&プロフィール

米倉涼子(よねくら りょうこ、1975年8月1日 - )は、日本の女優で元ファッションモデル。神奈川横浜市出身。神奈川県立旭高等学校卒業。オスカープロモーション所属。身長168cm。血液型はB型。


【概要】
5歳から15年間、牧阿佐美バレエ団などでクラシックバレエを続けた。(週刊文春で美しいレオタード姿を披露したことがある。)1992年8月、第6回全日本国民的美少女コンテストの審査員特別賞を受賞し、1993年にモデルとしてデビュー。ファッション雑誌『CanCam』などで活動した。

1999年6月30日、「女優宣言」を発表。以後は女優としてテレビドラマなどで活動する。デビュー当初はいわゆるトレンディードラマが中心だったが、「黒革の手帖」で演じた悪女役が見事にはまり、以後悪女キャラを演じることが多くなる。2006年秋には本人念願の舞台を公演する予定。

歌手の米倉千尋とは出身地が同じ横浜だが、血縁関係は無い(千尋の方は芸名)。

大の甘党であり、勝気な性格である。


【略歴】
1992年 - 第6回全日本国民的美少女コンテスト審査員特別賞受賞。
1995年 - ファッション雑誌『CanCam』専属モデルに。
1996年 - ユニチカ水着キャンペーンガール[1]、キリンビールキャンペーンガール。
1999年 - 『CanCam』専属契約終了。「女優宣言お披露目デビュー発表会」。
2003年 - 7月より1年間、大韓民国政府文化観光部による韓国文化観光親善大使として活動。
2004年 - 女性誌『アンアン』表紙などで「最初で最後」のセミヌード公開。
2006年 – 第14回橋田賞受賞(「黒革の手帖」、「ハルとナツ」などの演技により)。

(出典:Wikipedia)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?b=20070515-00000006-oric-ent



[PR]
合計5万9700円相当の無料プレゼント!
■無料プレゼント1】『裕福になるための10の方法』CD版-ダンケネディ
■無料プレゼント2】海外インターネットマーケティング情報をダイレクトに
仕入れる。“TOPGUNニュースレター”3か月分を無料でプレゼント!
■無料プレゼント3】再販売権付Eブック『100年前から伝わるダイレクトマ
ーケティングの真実』世界No.1のインターネットマーケター-ヤニクシルバー
■無料プレゼント4】音声セミナー『失敗知らずのインターネット起業法』
-インターネットマーケター宮川明(40分42秒MP3)
■無料プレゼント5】一日一分英語で学ぶマーケティング
なくならないうちに今すぐゲットしてください。
>>http://www.123marketing.jp/promo/index.php?jvcd=9909

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。